人気記事ランキング

  • 日
  • 週
  • 月

消費者

“American Baby Magazine”、雑誌もカスタマイズされる時代?

“American Baby Magazine”、雑誌もカスタマイズされる時代?   めっちゃ美味しい蟹を食べた!魚介類とか特に生だと本当に新鮮でないとダメなのだけど、この蟹はとっても美味しかったよ。家族でニューヨークに住んでいた頃によく蟹を食べに行ったのを思い出した。確か"side walker"って名前のお店だったかな。懐かしいな。   ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆    "American Baby Magazine" 雑誌もカスタマイズされる時代?     … >>続き

ポスト3.11のマーケティング 企業は、消費者は、どう変わるか? デジタル コンサルティング パートナーズ 著 ~必要な改革を包括的かつ具体的に論じる

ポスト3.11のマーケティング 企業は、消費者は、どう変わるか? デジタル コンサルティング パートナーズ 著 ~必要な改革を包括的かつ具体的に論じる 評者 津田倫男 フレイムワークマネジメント代表取締役  デジタル時代のマーケティングのプロが「震災後の日本にマーケティングが果たすことのできる役割とは何か」を考察する提言集である。「従来の需要喚起型のマーケティングがそのまま通用する環境ではなくなる」「消費者のマインドが、(何をしても)踊らされていると感じやすい」と反省し、「節電による新たなライフスタイル、ワークスタイルが始まる」とまえがきにあるが、おのおのが選び取ったテーマで、大震災後のマーケティングのあ… >>続き 週刊東洋経済 9月24日 2011/09/20

テーマはずばり“肉牛”「肉牛ジャーナル」って知ってる?

テーマはずばり“肉牛”「肉牛ジャーナル」って知ってる? こんな雑誌知ってる?! <連載第3回> テーマはずばり"肉牛"「肉牛ジャーナル」って知ってる?! ゲスト 月刊「肉牛ジャーナル」編集長(株式会社肉牛新報社) 荒木太郎さん X ホスト 富士山マガジン編集長 小西克博 夏はやはりビールと焼肉・・・と思っても、昨今の原発事故と風評被害をもろにかぶってしまった牛肉業界。お店もすいてるし、スーパーの特価でも売れ残りがでたりと、本当に気の毒な状態が続いています。牛肉、それも生… >>続き

「家電批評」 沢井竜太編集長 ―広告に縛られないホンモノの価値を公平に紹介したい―

「家電批評」 沢井竜太編集長 ―広告に縛られないホンモノの価値を公平に紹介したい―   <編集長プロフィール>さわいりゅうた 1975年秋田生まれ。早稲田大学法学部卒業後、立風書房に入社、数社の出版社を経て、2009年より晋遊舎へ。2010年に副編集長、2011年から現職。     ―晋遊舎さんはいろんな種類の雑誌を出しておられますが、いつごろ創業された出版社なのですか。   創業は平成7年です。出版社に勤務していた現社長が独立して立ち上げた、まだ若い出版社です。私も2年前に入社… >>続き

店ざらしにされる個人情報保護法の見直し

 内閣府・消費者委員会(委員長=松本恒雄・一橋大学大学院法学研究科教授)の個人情報保護専門調査会(座長=長谷部恭男・東京大学大学院法学政治学研究科教授)は6月22日、同調査会の「個人情報保護法及びその運用に関する主な検討課題」(7月26日公表)のたたき台となる座長試案を公表した。今回の見直しは「法改正も視野」がうたい文句だが、表現・報道の自由に絞って言えば、その内容は、政治家や官僚など公人による法を名… >>続き Journalism 2011年8月号