人気記事ランキング

  • 日
  • 週
  • 月

連載記事

今週の【週刊経済誌】の読みどころ

今週の第1位は『日経ビジネス』 世界に誇るニッポンの商品

今週の第1位は『日経ビジネス』 世界に誇るニッポンの商品

今週の第1位は『日経ビジネス』 日経ビジネス … 世界に 誇るニッポンの商品週刊エコノミスト … 本当にお得な中高一貫校週刊ダイヤモンド … 富裕層のカネと知恵週刊東洋経済 … 介護で選ぶ老後の住まい『日経ビジネス』が好調を 持続しています。今週も1位は同誌の特集です。世界に誇ることができるニッポ ンの… >>続き

2012/10/16 12:48公開

『少年マガジン クロニクル』

最終回 そして、「少年マガジン」の今(2011年)

最終回 そして、「少年マガジン」の今(2011年)

2012/01/11 11:00公開


BOOK STAND ~旬の出版ニュースから、本の世界を読みとく~

雑誌の魅力は「時代との調和」。冬の時代を迎えた雑誌の本来の姿

雑誌の魅力は「時代との調和」。冬の時代を迎えた雑誌の本来の姿

2012/01/06 15:01公開

旅ドル歩りえこの「世界のお国柄ダイエット&美容紀行」

世界の楽園に塗るだけで白くなる伝説の泥を発見!パラオ女性の輝く健康美は美肌と笑顔から!

世界の楽園に塗るだけで白くなる伝説の泥を発見!パラオ女性の輝く健康美は美肌と笑顔から!

2012/01/01 10:00公開


この雑誌がスゴイ!~雑誌に見る現代トレンド探訪録

神に誓ってガチですよ! 出版人の生き残り方[2012年度版]

神に誓ってガチですよ! 出版人の生き残り方[2012年度版]

2011/12/30 11:00公開

川上未映子のエッセイ りぼんにお願い

何年たってもベリーハード

2011/12/29 11:00公開


新着記事

今週の第1位は『日経ビジネス』 世界に誇るニッポンの商品

今週の第1位は『日経ビジネス』 世界に誇るニッポンの商品 今週の第1位は『日経ビジネス』 日経ビジネス … 世界に 誇るニッポンの商品週刊エコノミスト … 本当にお得な中高一貫校週刊ダイヤモンド … 富裕層のカネと知恵週刊東洋経済 … 介護で選ぶ老後の住まい『日経ビジネス』が好調を 持続しています。今週も1位は同誌の特集です。世界に誇ることができるニッポ ンの商品100を選んで、まるでカタログ雑誌のように大胆にレイアウトして掲 載しているのです。見るのが楽しい雑誌づくり… >>続き

今週の第1位は『日経ビジネス』 タブレット覇権

今週の第1位は『日経ビジネス』 タブレット覇権 今週の第1位は『日経ビジネス』 日経ビジネス … タブレット覇権週刊東洋経済 … 中国炎上週刊ダイヤモンド … 大学 全比較週刊エコノミスト … 邦銀の逆襲 今週特集に持ってくるの は「中国」かなと思っていました。だが、実際に特集を組んだのは、『週刊東洋経済』だけでした。時間的な制約があったので仕方があり ませんが、しかし、各誌「緊急特集」的に扱ってはいました。では、その『週刊東洋経済』が今週… >>続き

今週の第1位は『日経ビジネス』 インドで売る

今週の第1位は『日経ビジネス』 インドで売る 今週の第1位は『日経ビジネス』 日経ビジネス … インドで売る週刊東洋経済 … 読めば若返る!週刊ダイヤモンド … カメラ 劇変!週刊エコノミスト … 円・ド ル・ユーロ 相場が動く 先週はちょっと停滞気味か な?と感じた経済誌ですが、1週間経ってまた力を取り戻してきた感じです。そんななかで、順当な企画構成で「視点」を提供したのは『日経 ビジネス』でしょう。お得意の海外ものですが、2020年には人口で中国を… >>続き

今週の第1位は『週刊東洋経済』 アジアで失敗しない「人の活用法」

今週の第1位は『週刊東洋経済』  アジアで失敗しない「人の活用法」 今週の第1位は『週刊東洋経済』 週刊東洋経済 … アジアで失敗しない「人の活用法」週刊ダイヤモンド … 心理入門日経ビジネス … 日本株  復活の条件週刊エコノミスト … 米国経済崖っぷち 今週の経済誌はちょっと こじんまりとまとまってしまった気がします。エアポケットのようなひずみに入ってしまったのかな? と思わせる地味さです。そのなか で、唯一気を吐いて切り口を鮮明にさせたのが「週刊東洋経済」… >>続き

今週の第1位は『週刊東洋経済』 … 貧食の時代

今週の第1位は『週刊東洋経済』 … 貧食の時代 今週の第1位は『週刊東洋経済』 週刊東洋経済 … 貧食の時代週刊ダイヤモンド … 堕ちた 金融日経ビジネス … クスリの未 来週刊エコノミスト … 今 読む本 今週読んで面白かったのは 『週刊東洋経済』でした。この雑誌は時々すごく新鮮な切り口を見せてくれます。それとタイトルに創造性がある(売れるかどうかは別です よ)。今週号で言えば「貧食」という言葉を持ってきて、日本も世界でも食がひどいことになっ… >>続き

新着編集部ブログ

(486)家庭内分煙を徹底しよう

「受動喫煙」という言葉があります。 これは、タバコの先から出る煙(副流煙)や、タバコを吸っている人が吐き出した時の煙(呼出煙)を吸い込むこと。 自分ではタバコを吸っていないのに、吸っている人と同じように有害物質を体に取り込んでしまうことです。 厚生省の委託として行われた研究の結果によると、副流煙は主流煙より燃焼温度が低く、フィルターも通さないため、有害物質や発がん物質の含有レベルが深刻なのだそうです。 … >>続き からだにいいこと

(485)ペットボトル飲料の衛生管理

暑さはまだまだ尾を引いており、水分補給は欠かせません。 水分補給によく使うのが、コンビニ、スーパー、自動販売機などで売っているペットボトル飲料。再びフタができたり、携帯できるのが便利ですね。 多くの方は、ペットボトルに直接口をつけて飲んでいると思います。 でも、複数の研究所やメーカーの検査によると、その飲み方では口の中の細菌がペットボトルに入り込んで、時間とともに増殖していくそうです。 24時間以内に飲みきれば、多… >>続き からだにいいこと

(484)朝食を抜いてカロリーを抑える?

朝食を食べないという人がいます。医師でも「ぼくは、毎日夕食しか食べません」と公言する方がいます。朝食はいらないのでしょうか? 理由を聞いてみると、「現代の食事は栄養価が高すぎるため、1日3食食べていると肥満になってしまう。だから、1日1食程度のカロリーがいいのだ。」と答えてくれました。 そして、「毎食のカロリーを抑えることができるなら、3食食べてもいいでしょう」とのことです。 お付き合いなどで会食が多い… >>続き からだにいいこと

(482)薬味を使って食欲増進

今年は体温より気温のほうが高いという日もありますね。 昔から言われる「夏バテ」とは、食欲がなくなる、体がだるい、無気力になるなどの症状です。そんな夏バテ対策を、食事からしてみましょう。 食欲がないときには、食べたいと思うものを食べればいいのですが、そんなときに食べやすいのが、うどん、そば、素麺などの麺類。 そして、麺類を食べるときに欠かせないのが「薬味」です。 薬味は、見た目の彩に加えて、食欲を… >>続き からだにいいこと

『からだにいいこと』 2013.11月号 9/14(土)発売!

『からだにいいこと』 2013.11月号 9/14(土)発売! 今月の大特集は、「“若く見える人”になれる美習慣ワザ」。見た目年齢の差は、ちょっとしたワザの積み重ね! 小誌で人気の“美の6賢人”に密着してわかった、忙しくても老けない習慣を大公開します。美しすぎる専業主婦の水谷雅子さん、ネイリストの松下美智子さん、美容家の田中愛さん、エクササイズクリエイターのあめのもりようこさん、ボディワークプロデューサーのkyoさん、大学教授の伊東まり子さんが登場。 特別付録は、「この一冊で安心!“乳が… >>続き からだにいいこと

新着レビュー

ロック雑誌の老舗

BURRN!(バーン)
BURRN!(バーン)
投稿日: 2017/07/11 14:26 | 投稿者: たは

中学のころから30年近く定期購読しています。ビッグアーティストの日本の印象などが興味深いです。

この雑誌レビューをもっと見る

短い時間で有意義な勉強

NHKテレビ おとなの基礎英語
NHKテレビ おとなの基礎英語
投稿日: 2017/07/11 12:53 | 投稿者: ログ耕作

1日10分程度でストーリーも現実的で面白く勉強が続きます。

この雑誌レビューをもっと見る

なかなか勉強が進まないです

ゼロからスタートEnglish
ゼロからスタートEnglish
投稿日: 2017/07/11 12:13 | 投稿者: ログ耕作

ゼロからスタートのタイトルに期待しましたが思ったように勉強が進みません・・・

この雑誌レビューをもっと見る

投資手帖

投資手帖
投資手帖
投稿日: 2017/07/11 11:33 | 投稿者: TL125

実際に株の購入の参考にと思い購読を始めましたが、実際購入時には値上がりしていたりしますが 長期の株の選定には有効と思います。

この雑誌レビューをもっと見る

クロスワード

Mainichi Weekly(毎日ウィークリー)
Mainichi Weekly(毎日ウィークリー)
投稿日: 2017/07/11 11:22 | 投稿者: タケシ

クロスワードパズルは2週間前の記事の単語から出題されているので、再読して解くのが楽しみです。なかなか難しくて、苦労しています。短時間で解けるようになりたいです。

この雑誌レビューをもっと見る