アイルトン・セナ 雑誌一覧

名前:
アイルトン・セナ

アイルトン・セナ 雑誌一覧について

アイルトン・セナが掲載された雑誌を一覧でまとめています。表紙と掲載ページは発売日が新しい順、目次は関連度順の表示となります。同キーワードで、一部他の内容を含む場合がありますがご了承ください。

アイルトン・セナ 表紙 (全 2 件)

アイルトン・セナ 目次

「アイルトン・セナ」のテキストを含む目次の号を表示しています
021 (2018年09月26日発売)
デジタル
永遠の英雄 セナ マクラーレン セナでアイルトン・セナの偉業をたどる エストリルからモナコまで 伝説となったアイルトン セナの復活を願う旅 フェラーリ 488 ピスタ クリス ハリ...
No.500 (2019年04月01日発売)
デジタル
1,528円
ボルでもあった英雄 セナが日本人に愛された理由 記憶に残る41の勝利といくつかの逸勝劇 世界が味わった「セナのいない四半世紀」 安岡章雅と津川哲夫が回想するセナ インタビュー 中嶋 一貴 初...
日本GP以来の快挙 セナ没後25年&本田宗一郎の誕生日に見せたフェルスタッペンの強さとホンダパワー フェラーリ同士討ち! 問われるチームメイト管理 特集 受け継がれるアイルトンの遺志 ト...
ペンは止められず! アイルトン・セナに並ぶ41勝を記録、レッドブルが 通算100勝の今季開幕8連勝も、アロンソがまた続く! F2岩佐も絶好調! 各種レポートも好評掲載中!
ムも分析 F1速報とアイルトン・セナの新連載開始、2024年も全力取材!
No.509 (2020年10月01日発売)
デジタル
1,600円
証言する“命の恩人”セナの決意 F1GP STARS and LEGENDS ファン-マヌエル・ファンジオ ジム・クラーク エマーソン・フィッティパルディ ジル・ビルヌーブ ニキ・ラウダ アラ...

アイルトン・セナ 掲載ページ

「アイルトン・セナ」のテキストを含むデジタル版のページを表示しています
アイルトンセナ逝去から 30周年にあたるメモリアルイヤーに、その激闘史を振り返る特別連載今回は、フェラーリ移籍後のアラン・プロストがセナ追撃を開始した 1990年メキシコGPだ序盤の独走楽勝ムードからまさかの敗退予選 13位から追い上げてきたプロストに敗れる勝ちにこだわりすぎ、痛恨のノーポイント 040アイルトンセナとの確執からマクラーレンと袂を分かち、 1 9 9 0年フェラーリに移籍した
65 ページ目
Vol.48 (2024年06月10日発売)
1,350円
デジタル
1,300円
も素晴らしく、身体全体がセンサーになっていました。彼はそこで感じ取ったことを、あまり感情的にならず伝えてくれるのです。第二期の頃に私が経験した(アイルトン)セナや(アラン)プロスト、ベルガーらは自分が
25 ページ目
2024年7月号 (2024年05月31日発売)
1,290円
デジタル
980円
DUCATI MONSTER SENNA価格、発売時期未定伝説のヘルメットカラーを再現したグラフィック 1994年 5月 1日、 F1サンマリノGPでこの世を去った F1ドライバー、アイルトンセナ。 2024年は没後 30年で、 5月に開催された F1のエミリア・ロマーニャ GPのレースウイーク中には数々のイベントが行われたが、それに合わせてドゥカティが発表したのがモンスター・セナだ。セナ自身がドゥカティを所有してい 25セナ自身バイクが好きでドゥカティを所有しており、初代モンスターにも乗っていた。写真は生前彼が M600に乗っていた時のもの。セナの没後もドゥカティは「セナマーク」を
10 ページ目
No.531 (2024年05月30日発売)
1,760円
デジタル
1,700円
10今号は「ド直球メジャー」な前号(アイルトンセナ没後 30周年記念特集)とは打って変わって「マイナーツーリング」を特集する。まさかセナの次に 1 9 7 0〜 80年代の、すなわち「ザ・昭和」で超ドメスティックな小排気量ツーリングカーレースを持ってくるあたりは自分でも酔狂な雑誌だと思うが、もちろんこれにも理由はある。 3年前に土屋春雄さんの訃報に接したときからずっと「いつかはやりたい、やらなくちゃ」と思っていたことがひとつ。そう思って識者に知恵と回想を乞い、規則と趨勢を理解し始めたら「こいつはおもしろい、これならやらねば」と思ったことがひとつ。さらにウェッズさんが当時の「レ
16 ページ目
No.1597 (2024年05月29日発売)
デジタル
1,100円
として世界選手権初優勝 WRC第 5戦でヘンリ・トイボネンがクラッシュにより死去全日本 F3000選手権がスタート中嶋悟が日本人初の F1フル参戦 F1日本グランプリが鈴鹿で開催アイルトンセナが F1で
112 ページ目
denim in artアートが映すデニムの本質誕生以来、若者文化や女性解放の象徴として語られてきたデニム。時代の価値観を映し出す、極めてシンボリックなテキスタイルだ。デニムを扱う現代アーティスト2名の作品から、浮かび上がる眺めとは。 Text: Akane Naniwa Edit: Keita Fukasawa 124 1.伝説の F1レーサー、故アイルトンセナの肖像作品。セナの家族が提供したデニムを用いている。『 Ayrton Senna Sempre』( 2014年) 2. 3.光や水の表現に注目。『 Hotel California』シリーズより( 2019年) 4.都市生活の一
総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.