オクサーナ・リーニフ 雑誌一覧

名前:
オクサーナ・リーニフ

オクサーナ・リーニフ 雑誌一覧について

オクサーナ・リーニフが掲載された雑誌を一覧でまとめています。表紙と掲載ページは発売日が新しい順、目次は関連度順の表示となります。同キーワードで、一部他の内容を含む場合がありますがご了承ください。

オクサーナ・リーニフ 表紙 (全 1 件)

オクサーナ・リーニフ 目次

「オクサーナ・リーニフ」のテキストを含む目次の号を表示しています
気の置けない仲間 スニフ ■ムーミン谷事件簿 天文台でわかった新事実! 彗星を追って天文台へ ■今号の組み立て フィギュア スニフ ハウス 1階の壁紙、天井の梁 家具 バスルームの鏡
くた集めが大好きなスニフの父 ロッドユール ■ムーミン谷事件簿 スーツケースの中身をめぐってひと騒動 小さなお客さまとモランの裁判 ■今号の組み立て ハウス 1階の階段 小物 ダイニング...
ミン谷の住人たち スニフの母でボタンのコレクター ソースユール ■ムーミン谷事件簿 ムーミンママのバッグがなくなった!? トフスランとビフスランの宝物 ■今号の組み立て ハウス 1階の階段...
321 (2023年12月20日発売)
1,080円
デジタル
980円
ギーナ、オクサーナ・リーニフ 特別記事 内田光子withマーラー・チェンバー・オーケストラ 植村遼平 特別記事 ギルバート指揮エルプフィル ブラームス・プロで直球勝負! 萩谷由喜子 特別記事 プ...
317 (2023年08月19日発売)
1,080円
デジタル
980円
音楽監督オクサーナ・リーニフ  中村真人 ネルソンス=ベルリン・フィルのヴァルトビューネ 内藤眞帆 樫本大進が語るブラームス、ペトレンコ←中くらいに大きく 名門・個性派 来日オーケストラ 競演の...

オクサーナ・リーニフ 掲載ページ

「オクサーナ・リーニフ」のテキストを含むデジタル版のページを表示しています
55 ページ目
321 (2023年12月20日発売)
1,080円
デジタル
980円
ポチョムキン』の舞台ともなった港近くの階段。グレギーナは「ウクライナが勝利したら、ポチョムキンの階段で歌いたい」と平和を願う。ボローニャ歌劇場を率いて来日した音楽監督、オクサーナ・リーニフは、ウクライナ
28 ページ目
2024年1月号 (2023年12月18日発売)
1,210円
デジタル
1,210円
26ボローニャ歌劇場来日公演の初日は、昨年から音楽監督に就任したウクライナ出身の女性指揮者オクサーナ・リーニフとマリア・グレギーナ( S)、マルセロ・アルバレス( T)、アンブロージョ・マエストリ( Br)というヴェテランを揃えてのプッチーニ《トスカ》。ドイツでキャリアを積み、 2 0 2 1年のバイロイト音楽祭に女性指揮者をして初めて登場したリーニフのイタリア・オペラやいかに。今回のみの指揮ぶり
87 ページ目
319 (2023年10月20日発売)
1,080円
デジタル
980円
を配した外客席数およそ 1 0 0 0、釣鐘型をした劇場はふわりとした音響で、とても居心地がいい。昨シーズンからはウクライナ出身の話題の女性指揮者、オクサーナ・リーニフを音楽監督に起用。女性指揮者が
277 ページ目
2023年11月号 (2023年10月18日発売)
1,100円
デジタル
1,100円
キョードーか 0570-200-888いマリア・ホセ・シーリマルセロ・アルバレスアンブロージョ・マエストリ(以上声楽)指揮―オクサーナ・リーニフ同歌劇場管弦楽団&合唱団ジョヴァンニ・スカンデッラ(演出)他
109 ページ目
318 (2023年09月20日発売)
1,080円
デジタル
980円
者としてデビューしたことだ。彼女は自由と厳格さを併せ持つアプローチ、感情表現の豊かさで絶賛を博した。《さまよえるオランダ人》 3年目公演では、バイロイト初の女性指揮者オクサーナ・リーニフの棒によるバイ
203 ページ目
: 30/名古屋市|愛知県芸術劇場・大ホール《第 41回名古屋クラシックフェスティバル》●プッチーニ…歌劇《トスカ》(字幕付原語上演)いマリア・グレギーナマルセロ・アルバレス(以上声楽)指揮―オクサーナ・リーニフ同歌劇場管弦楽団&合唱団他¥ S38000 A29000 B24000 C19000 D9000 E6000学生( 26歳以下) 3000あ中京テレビクリエイションか 052-588-4477す 11月 12日(日) 15: 00/大阪府|フェスティバルホールいマリア・ホセ・シーリマルセロ・アルバレスアンブロージョ・マエストリ(以上声楽)指揮―オクサーナ・リーニフ同歌劇場管弦楽団&合唱団
総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.