シュロモ・ミンツ 雑誌一覧

名前:
シュロモ・ミンツ

シュロモ・ミンツ 雑誌一覧について

シュロモ・ミンツが掲載された雑誌を一覧でまとめています。表紙と掲載ページは発売日が新しい順、目次は関連度順の表示となります。同キーワードで、一部他の内容を含む場合がありますがご了承ください。

シュロモ・ミンツ 表紙 (全 1 件)

シュロモ・ミンツ 目次

「シュロモ・ミンツ」のテキストを含む目次の号を表示しています
219号 (2020年12月24日発売)
1,320円
デジタル
特集 チャールス・ミンガス 【カラーページ】 My Best Memory Phpto -Charles Mingus-中平穂積/チャールス・ミンガス・アルバムカバー・ギャラリー/アナログ盤...
ーズ・アップ 巨匠 ュロモ・ミンツ(ヴァイオリニスト/指揮者)名実ともに、巨匠ヴァイオリニストとしての風格を持つシュロモ・ミンツ。彼へのインタビューを掲載します。印象的だったアイザック・スタ...
398号 (2021年07月25日発売)
700円
デジタル
 (株)ジー・エフ・ー/宮澤 宏 さん [経営・コラム]  ○メッセージはトイレの中に  文:アントイレプランナー・白倉正子   尿石、テレビデビュー? 〇50年の轍:全国協会が初の指定...
154号 (2014年08月21日発売)
デジタル
1,324円
INDBELLのインュレ ―ターを試す〉 田中伊佐資 ピュアオーディオファンに薦めたいネットオーディオ 「DSD対応ネットワークプレーヤー マランツとルーミン」山之内 正 小林貢のコンポーネ...
を探究し批判的リテラーを育む 東京学芸大学大学院 教育学研究科 教授 西村圭一 社会科学とデータサイエンスを「融合」 一橋大学 ソーシャル・データサイエンス学部長/研究科長(予定) 渡部敏...
456 (2022年07月01日発売)
950円
デジタル
ときだった  キン・オタニ(イラストレーター) 写真・佐坂和也 44  奇跡の一枚! 愛すべき微生物たち  児玉弓枝(東京都下水道サービス株式会社) 絵・カツヤマケイコ 46  東池袋雨...

シュロモ・ミンツ 掲載ページ

「シュロモ・ミンツ」のテキストを含むデジタル版のページを表示しています
76 ページ目
321 (2023年12月20日発売)
1,080円
デジタル
980円
ヴェルディ:《椿姫》から「乾杯の歌」、他コンサートブラームス:弦楽六重奏曲第 1番増田朱紀(ソプラノ、プロデュース)ドヴォルジャーク:弦楽六重奏曲、他宇都宮直高(テノール)、竹内真紀(ピアノ)、他ュロモ・ミン、高木和弘(ヴァイオリン) 11月 3日、ハーモニーホールふくい大ホール既知の音楽に未知の発見が重なった 1年だった。来日公演が増えただけでなく、発見をさせてくれる演奏会が多かったのがうれしい。ミ
66 ページ目
2023年7月号 (2023年06月16日発売)
1,210円
デジタル
1,210円
ヴォルジャーク《スターバト・マーテル》に注目。 8月 17~ 30日・草津音楽の森国際コンサートホール、他〈出演・講師〉ブルーノ・カニーノ、岡田博美(以上 p)、カリーン・アダム、ュロモ・ミン(以上 vn
469 ページ目
2023年1月号 (2022年12月20日発売)
デジタル
1,800円
番/同:カンタービレ/同:魔女たちの踊り/フランク:ヴァイオリン・ソナタ~第 1, 2, 4楽章,他全 22トラック〕■ヘンリク・ェリング( vn)チャールズ・ライナー( p),チョン・キョンファ( vn)フィリップ・モル( p),ュロモ・ミン( vn)クリフォード・ベンソン( p),アルテュール・グリュミオー( vn)ピエロ・ベルージ指揮モンテ・カルロ国立歌劇場 o.,ユリア・フィッシャー
140 ページ目
2022年12月号 (2022年11月10日発売)
1,430円
デジタル
1,426円
お知らせが出ていた.「マルコヴィチが急病で出演不能,代演はュロモ・ミンで,曲目もメンデルスゾーンの協奏曲に変更」とあった.このときはアルヴィド・ヤンソンス(言うまでもなく, 2019年に亡くなった指揮者
287 ページ目
・ショー=ド=フォン,スイス EP:スティーヴン・ポール■ュロモ・ミン( vn)イェフィム・ブロンフマン( p) P:①②ヴォルフガング・ュテンゲル③ヴ●旧 UCCG5284( 2012年 5月)の再発売。ミンの初の vnソナタ集で,ブロンフマンのデビュー盤ォルフガング・ミットレーナーであった。 2人はこの後 1986年にフォーレの, 1987年にプロコフィエフの vnソナタ第 1, 2番を録 E
225 ページ目
2022年8月号 (2022年07月20日発売)
デジタル
1,430円
指揮フランス放送 po〈 2019〉[グラモフォンⒹ UCCG45003]●チョン・キョンファ、ュロモ・ミン、ヒラリー・ハーンの 3者は、皆若く、テクニック的にも、どれも素晴らしい。ただ、定評のあるチョンは、ホールの残響の関係か、少し音がこもる感がある。ミンはヴァイオリンが細身でシャープ。何よりバックがアバド&シカゴ響ですごい。ハー AUG. 2022【今月の作品】プロコフィエフ:ヴァイオリン
総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.