ニック・ファジーカス 掲載ページ

名前:
ニック・ファジーカス

ニック・ファジーカス 掲載ページについて

「ニック・ファジーカス」のテキスト を含むデジタル版のページを発売日順に表示しています。同キーワードで、一部他の内容を含む場合がありますがご了承ください。
58 ページ目
川崎ブレイブサンダース・篠山竜青の連載第 45弾は、特別編として今季限りで引退したニックファジーカスとの対談をお届けする。ニックファジーカス×篠山竜青写真/石塚康隆取材・文/堀内涼(編集部)※取材はファン感謝祭当日の 6月 1日に実施 vol. 45特別編 56
114 ページ目
特集 Next One次号予告ピンチをチャンスに変えて、バスケ愛で仲間を元気に!世界を元気に!➡日本代表パリ五輪カウントダウン➡高校ブロック大会選手名簿➡篠山竜青×ニックファジーカス対談※内容は変更することがあります。 IIDA HIRO TAKE MAKO HORI NAOKI AMA LINE-UP 8月号は頂点に立ったのは!? 6月 25日(火)発売! BリーグFINALレポート Editor'S Room★女子選手たちからいろいろな話を聞いた今月号。トップの選手たちが貪欲に成長を求めていることをヒシヒシと感じる取材となった。また、吉田亜沙美さんは、引退からコーチを経験して復帰という貴重
120 ページ目
CASTAラ・カスタアイシーアロマヘアソープ汗と紫外線ダメージをクールにケア!人気ヘアソープに今年も念願の限定登場ハーバルミントの香りで涼やかに頭皮と髪のクーリングケア。アーティチョーク葉エキスなどで保湿&光老化から防御、オーガニック植物成分で肌荒れを防止しながら、低刺激な弱酸性で優しく汚れをオフ。汗や皮脂のベタつきを一掃し、快適な頭皮環境へ。 300㎖¥ 2, 200(アルペンローゼ) 5 WED 22
11 ページ目
9 PROFILEニックファジーカス Nick FAZEKAS 207cm・ 114kg/ C/ 1985年 6月 17日生( 38歳)/アメリカ合衆国出身/ネバダ大リノ校→ダラス・マーベリックス( N B A)→タルサ・ 66ers( NBADリーグ)→ロサンゼルス・クリッパーズ( NBA)→ベースオーステンデ(ベルギー)→ A S V E L(フランス)→ J D Aディジョン(フランス)→リノ・ビッグホーンズ( NBADL)→ペトローン・ブレーズ・ブースターズ(フィリピン)→サン・ミゲル・ビアーメン( ASEANリーグ)→川崎(加入当時は東芝神奈川)
139 ページ目
SG 195–〇〇 19西田優大 SG 190シーホース三河〇〇 20寺嶋良 PG 179広島ドラゴンフライズ〇 22ニックファジーカス C 207川崎ブレイブサンダース〇 32シェーファーアヴィ幸樹
108 ページ目
ラインナップの引き出しはもちろんですが、 4 Qの勝負どころでニック(ファジーカス)を下げてパブロ(アギラール)とジェイ(ジョーダン・ヒース)でディフェンスを固めて勝ち切る、という引き出しを増やせたのはすごく
102 ページ目
100ニックファジーカスはチャンピオンシップでも川崎の“キング”ぶりを遺憾なく発揮したが及ばず…宇都宮とのセミファイナルでは、相手のフィジカルなディフェンスに封じ込められてしまった藤井祐眞だが、このままでは終わらないはずベンチからエナジーを注入する篠山竜青の存在が川崎を支えたパブロ・アギラール不在のピンチに気を吐いたマット・ジャニング。彼の得点が何度もチームを救った天皇杯を連覇し、次は悲願の
174 ページ目
を突き放し、 46-31と 15点差を付けて後半へ。主導権を握った川崎は、その後も優位にゲームを展開。 2桁の得点差をキープしつつ試合を進め、最終的には 82-72と逃げ切りを果たした。㉒ニックファジーカスがチームトップの 28得点を記録。㉓ジャニングが 18得点、⓪藤井祐眞が 14得点と続いた。一方の宇都宮は㊵ジョシュ・スコットがチーム最多の 18得点、 11リバウンドを記録した。川崎はこれで
165 ページ目
憧れのクラブだったそうですが、そんなクラブから実際にオファーが来たときはどんな気持ちでしたか?前田もちろんうれしかったです。ただ、正直かなり迷いました。川崎には帰化選手のニック(ファジーカス)がいて
125 ページ目
はすごく大切なことです!大変なところは?アナウンスにメリハリを付けて試合中の情報を正確に伝えることゲーム中のアナウンスに関しては、極力間違えてはいけません。最近だとニック(ファジーカス)とパブロ
anan(アンアン)
2021年05月19日発売 (2021年5/26号)
該当のデジタル版号は販売が終了しました
週刊プレイボーイ/週プレ
2020年02月03日発売 (2020年2月17日号)
該当のデジタル版号は販売が終了しました
総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.