パク・ギュリ 掲載ページ

名前:
パク・ギュリ

パク・ギュリ 掲載ページについて

「パク・ギュリ」のテキスト を含むデジタル版のページを発売日順に表示しています。同キーワードで、一部他の内容を含む場合がありますがご了承ください。
71 ページ目
2024年5月号 (2024年03月22日発売)
1,350円
デジタル
1,350円
』配信 Netflix独占配信中【全 16話】出演:キム・ジウォン/キム・スヒョン/・ソンフン/・ドンヨン『社長ドル・マート』 Hulu独占配信中【全 10話】出演:イ・シニョン/シウミン( E
66 ページ目
が一新。地下鉄、エコール・ミリテール駅にほど近いレール通りには、おいしい惣菜屋さんが目白押し。テイアウトして、野外ランチを楽しんで。約 130年前から親しまれてきた名店。昨秋、人気レストランやホテルの仕掛け人として知られるパリ・ソサエティによってメニューが一新され評判に。名ティシエ、ヤン・ヴルールが手がけるデザートも見逃せない。 Mon Petit Pouletモン・プティ・プレ放し飼いの
50 ページ目
2023年11月号 (2023年09月22日発売)
1,350円
デジタル
1,350円
片思いに戸惑いながらも、積極的に自分の思いをアピールする。フレッシュな俳優たちの演技に注目。配信 Story気に入らない親友好き好きキム・ミンジェ(ヒョン・ウソ)応援団に憧れ二浪して入学。内気な性格。チン・ソンホ(キム・ヒョンジン)医学部 1年生。ヘイに興味を持ち応援団へ。テ・チョヒ(チャン・ギュリ)応援団副団長。団員からの厚い信頼を誇る。・ジョンウ(ペ・イニョク)応援団団長。後輩たちを厳しく
日経エンタテインメント!
2023年08月04日発売 (2023年9月号)
該当のデジタル版号は販売が終了しました
49 ページ目
できるだろうかという不安もありました」と打ち明けた。現役で入隊ナム・ジュヒョク남[주혁]ミュージカル『ドリームハイ』に出演ギュリ박[규리]ペ・イニョク배[인혁]新週末ドラマの主人公を任され
184 ページ目
PROFILE●ギュリ●162㎝、 AB型。 2007年からのオリジナルメンバーであり、リーダー。グループ最年長でメンバーから慕われており、お姉さん的存在。ファンの間でのニックネームは「女神」。 Gyu
MORE(モア)
2023年01月27日発売 (2023年3、4月合併号)
該当のデジタル版号は販売が終了しました
50 ページ目
イノク(キム・ギュリ)を連れてくるよう頼まれる。死線を乗り越え、無事にイノクを引き渡したプンサンケだったが韓国諜報員の裏切りに遭い捕らえられてしまう。一方のイノクは老いた高官の嫉妬に愛想を尽かし、プンサンケに思いを寄せるように。’ 9 2年、核開発疑惑が持ち上がっていた北朝鮮。実態を探るため、国家安全企画部(現・国情院)の指令を受けたコードネーム「黒金星」こと・ソギョン(ファン・ジョンミン)は一介
68 ページ目
2022年12月号 (2022年11月22日発売)
1,200円
デジタル
990円
。『禁婚令、朝鮮婚姻禁止令』『금혼령,조선혼인금지령』金・土後 9: 50〜 11: 00,キム・ヨンデ/・ジュヒョン原作は同名のウェブ小説。 7年前に王太子妃を亡くした悲しみから、婚姻の禁止を命じた王イ・ホン(キム・ヨンデ)。彼の前に、王太子妃の魂を自分に憑依させられるとうそぶく結婚詐欺師ソラン(・ジュヒョン)が現れる。結婚が禁じられた朝鮮社会を舞台に繰り広げられる恋の騒動を描いた、ファンタジー時代劇だ。共演はキム・ウソ、ヤン・ドングン、・ソニョンなど。原作者のチョン・ジヘが自ら脚本を書き、『魔女たちの楽園~二度なき人生~』の・サンウPDが演出を務める。 12月 9日放送スタート
64 ページ目
2022年11月号 (2022年10月21日発売)
1,200円
デジタル
990円
チェ・デフンが演じるほか、イ・ドクファ、・ジヌ、コン・ミンジョンらが共演。脚本はヒット作『被告人』『胸部外科』のチェ・スジン、チェ・チャンファンの姉弟が務める。 KBS『法に則って愛せ』( KBS2
21 ページ目
11月 24日に、メンバーのひとりであった・ハラさん(享年 28)が自ら命を絶ったことだ。「’ 19年にハラさんが日本の芸能プロダクションと契約を結んだとき、彼女は K A R Aの再結成に強い意欲を
68 ページ目
2022年10月号 (2022年09月22日発売)
1,200円
デジタル
990円
扮するほか、イ・ドクファ、・ジヌ、コン・ミンジョンらが共演。脚本はヒット作『被告人』『胸部外科』のチェ・スジン、チェ・チャンファンの姉弟。 9月 23日放送スタート予定。 KBS『黄金の仮面
総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.