ユニコーン 掲載ページ

名前:
ユニコーン

ユニコーン 掲載ページについて

「ユニコーン」のテキスト を含むデジタル版のページを発売日順に表示しています。同キーワードで、一部他の内容を含む場合がありますがご了承ください。
133 ページ目
(*)安齋肇とみうらじゅんが日本各地を視察、観光ポスターやご当地マスコット、ご当地ソングを文字どおり勝手に作る旅行企画。雑誌連載やラジオ番組、 BSテレビ番組など各メディアで展開された。タイトルと絵◉安齋肇構成◉尾谷幸憲安齋肇 1953年生まれ。東京都出身、池袋育ち。イラストレーター、アートディレクター。『タモリ倶楽部』(テレビ朝日)の「空耳アワー」にて"ソラミミスト"として出演。ユニコーンや奥田民生のツアーパンフレットのアートディレクション、宮藤官九郎原作の絵本『 WASIMO』の原画などを担当。ラジオ番組『キイテル』( FMヨコハマ、深夜 2: 30~ 3: 00)の水曜『安齋肇のちょめ
109 ページ目
グレード用パーツには FFMもがみ型用のエッチングパーツが新登場。特徴的なユニコーンアンテナやホイップアンテナなど真鍮製パーツで再現されており、精密なモールドが一層リアリティを高めてくれること間違いなしだ
30 ページ目
2024年7月号 (2024年07月20日発売)
2,640円
デジタル
2,200円
(ユニコーン・メディア)」や、 AIによるサイネージ広告自動配信システム「ロボティクス・アド・プラットフォーム( RAP)」、狙った場所にだけ音を届けることができる超指向性スピーカー、そして同社の LED
2 ページ目
たエンジニアが続々と帰国し、起業ブームが起きたのだ。インドは伝統的に財閥系が強いが、近年はスタートアップが増え、ユニコーン企業(企業価値評価額 10億㌦以上、かつ創業から 10年以内の未上場ベンチャー
12 ページ目
)の開発を進める。日本の企業もアメリカなどで果敢な M& Aを進めてきたし、 A I開発のような先端部門でも「 S a k a n a A I」社はグーグル脱藩組に日本の元若手外交官が加わった痛快なユニコーンだ。企業の経営部門は急速にグローバル化していて、人種・民族の混在は当たり前。外国人を「おもてなし」する外部の存在としてしか見ることのできない日本人の常識では理解ができない。グローバル企業やグローバル
141 ページ目
タイトルと絵◉安齋肇構成◉尾谷幸憲安齋肇 1953年生まれ。東京都出身、池袋育ち。イラストレーター、アートディレクター。『タモリ倶楽部』(テレビ朝日)の「空耳アワー」にて"ソラミミスト"として出演。ユニコーンや奥田民生のツアーパンフレットのアートディレクション、宮藤官九郎原作の絵本『 WASIMO』の原画などを担当。ラジオ番組『キイテル』( FMヨコハマ、深夜 2: 30~ 3: 00)の水曜『安齋肇のちょめラジ』に出演中。 ANZAiFURUTA『う〜ゆばりあ』のアナログ盤が好評発売中。妻のこと⑤別れは大きな涙とともに Vol. 32―今週も安齋さんの奥さま・香代子さんのお話です。晩年の
9 ページ目
生産能力を 30年までに 4 0 0万台へ拡大させる計画だ。またモディ政権下の 10年間には、デジタル化が顕著に進んだ。現在はスマートフォン利用者が 10億人に達し、関連した起業も盛んだ。インドのユニコーン企業の数は 1 0 0を超えている。その割に日本企業の間で、「インドブーム」というほどの熱気は感じられない。同国のインフラの弱さ、法制度の不備などの課題は依然として残る。 19年 11月に東アジア
20 ページ目
トップスを合わせても、存在感がありながらもしっかり馴染む。イヤリングもあり。 9ユニコーンドリームピアス、ユニコーンドリームイヤリング¥ 13, 200シルバー救華世や主かにさながる足!りない時のリボンや星のモチーフが右と左でモチーフが異なるアシメトリーなデザイン。ユニコーンと流れ星の愛らしい組合わせが大人のアソビ心を演出します。いつもと違う煌めきで気分も晴やか。
26 ページ目
4しろバービーと~ってもかわいいサイズのミニバービーたち。ちょっとむずかしいさがしっこあそびに、 3白とくろのチューブトップのミニバービーチャレンジしてね♪カラフルたてじまスカートのミニバービー撮影*松原敬子スタイリスト*村上みつえデザイン*菅野加代子構成*桑原美保 2み見つパステルグリーンのユニコーンミけニらバれおおるー 1~ 4は、大きな 2つのしゃしんのどこかにいるよ。さがしてね。★こたえは 125ページにあるよ。 1ビかなー?ピンクのうさぎ© 2024 Mattel. All Rights Reserved.ランドであそび
14 ページ目
2024年7月号 (2024年07月01日発売)
デジタル
1,080円
アップへの投資額を 8 0 0 0億円から 10兆円に増加させることを目指す。 2.ユニコーン企業の創出 5年後には 1 0 0社のユニコーン企業(注 2)を創出することを目標とする。 3.スタートアップ
日経ビジネス電子版【雑誌セット定期購読】
2024年07月01日発売
該当のデジタル版号は販売が終了しました
66 ページ目
なったユニコーンSの 1、 2着馬だった。東京ダービーはそのユニコーンSを制したラムジェット( JRA)が 1番人気に応えて圧勝。直線ではエンジン全開の走りで 2着サトノエピック( JRA)に 6馬身差を
総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.