ラフマニノフ 雑誌一覧

名前:
ラフマニノフ

ラフマニノフ 雑誌一覧について

ラフマニノフが掲載された雑誌を一覧でまとめています。表紙と掲載ページは発売日が新しい順、目次は関連度順の表示となります。同キーワードで、一部他の内容を含む場合がありますがご了承ください。

ラフマニノフ 表紙 (全 2 件)

ラフマニノフ 目次

「ラフマニノフ」のテキストを含む目次の号を表示しています
epot 【特集】ラフマニノフ生誕150年、没後80年 ・ピアニストが語るラフマニノフの魅力 上原彩子 及川浩二 外山啓介 松田華音 ・ラフマニノフの生涯 一柳富美子 ・ラフマニノフの作品 一柳富美子...
319 (2023年10月20日発売)
1,080円
デジタル
980円
特集 生誕150年 ラフマニノフをもう一度 ピアノ編 阪田知樹 全協奏曲公演レポート 萩谷由喜子 インタビュー 阪田知樹 全曲演奏を語る インタビュー 小山実稚恵 ラフマニノフの演奏分析 44歳...
286 (2021年01月20日発売)
デジタル
980円
、チャイコフスキーとラフマニノフを中心に特集を組んでいます。一世代違う2人は、ロシアの抒情を感じさせるあまたの作品を残しました。  「チャイコフスキーとラフマニノフの音楽を貫いているのは『ロシアン・リリ...
310 (2023年01月19日発売)
1,080円
デジタル
980円
2023年は、ラフマニノフ(1873~1943)の生誕150年の年。本号のピアノ協奏曲特集の演奏会案内を見ると、第2番や第3番のピアノ協奏曲の不滅の人気がわかります。交響曲第2番や《交響的舞曲》も...
3月号 (2013年02月20日発売)
デジタル
 現代名盤鑑定団(ラフマニノフ:交響曲第2番)  ディスク遊歩人(長木誠司)  「クラシック版」インターネット配信音源ガイド  ピアノ名曲解体新書  LP芸術 ・・・ほか *記事のタイトル、内容...
6月号 (2012年05月19日発売)
デジタル
団……満津岡信育 〔ラフマニノフ:交響曲第1番~第1楽章&第4楽章(ラザレフ指揮)を完全収録〕 [今月のアーティスト(表紙)] ●レイフ・オーヴェ・アンスネス(ピアノ)……青澤隆明 吉田秀和 之を楽...

ラフマニノフ 掲載ページ

「ラフマニノフ」のテキストを含むデジタル版のページを表示しています
14 ページ目
2024年5月号 (2024年04月19日発売)
1,200円
デジタル
1,100円
×ショパン《マズルカ第 13番》 p. 17-4 9 2023年⽉号特集もっと躍動する演奏に!リズム感を磨きたい課題曲 W. F.バッハ《春》付録楽譜左右の手の判別シート&指番号カード福間洸太朗×ラフマニノフ
120 ページ目
2024年5月号 (2024年04月18日発売)
1,210円
デジタル
1,210円
」その衰えぬ意欲に多くの若いアーティストが触れてほしいと願う。大嶺のライフワーク、ラフマニノフ。生誕 1 5 0周年の昨年、「組曲」のサブタイトルで「ラフマニノフ・ピアノデュオリサイタル vol1」を開催。第 2回の今回は「舞曲」。共演は若手実力派の桑原志織。「桑原さんは、私が教えていた時期があって、元生徒というより、いまや若手の実力派。国内外のオーケストラとラフマニノフの協奏曲も多く協演していますから、最も弾きたい《交響的舞曲》は彼女と演奏したいと思っていました。この曲には管弦楽版もありますが、各楽器がそれぞれ際立つ書きかたで、それでいて邪魔せずまとまっています。ラフマニノフというと壮大な楽曲という
むずかしいことばかり言う。ラフマニノフがどうした、リヒテルがああだったとか、とてもついていけない。そんな私がオペラ大好きになってから、少しずつクラシックの扉を開けるようになった。オーケストラの公演にも時々行く
49 ページ目
2024 SPRING vol.83 (2024年04月05日発売)
1,680円
デジタル
1,600円
r i G 5の長所の一つに挙げるべきだろう。ラフマニノフの交響曲は低音から高音まで音離れが良く、ホール空間に広がる余韻の動きにも一体感が感じられた。特にフワッと広がる低音の感触は歴代の G u
177 ページ目
193 25ansデジタルの連載もチェック!キャプション内 SP:ショートプログラム FS:フリースケーティング EX:エキシビションの略です。フィギュアスケートの曲と聞いて多くの人が思い浮かべるのはクラシックでしょう。ラフマニノフやチャイコフスキーの名作と並び、ヴィヴァルディの『四季』は大勝負をかけた演技に多く使われてきた曲。まずステファン・ランビエルさんが、トリノ五輪で銀メダル、世界選手権で連覇を決めた渾身の FSが思い出されますし、宇野昌磨(うの・しょうま)選手を平昌五輪銀メダルに導いた SP演技も。今季は佐藤駿(さとう・しゅん)選手の FSが開幕当初から「表現面での新境地!」と評判
16 ページ目
弾いてみようと考えています。あと、ポンセやセゴビアの念頭にはラフマニノフのピアノ曲〈コレッリの主題による変奏曲〉があったような気がするんです。この変奏曲はラフマニノフの渡米直後の 1931年に作曲された大作で、二人の書簡には彼の名前は出てきませんが、ラフマニノフの曲は主題と 20の変奏とコーダという構成で、同時期に完成したポンセの曲とほぼ同じですよね。ラフマニノフは時代の寵児としてもてはやされた花形ピアニストであり、優れた作曲家でもありましたから、憧れの気持ちはあったんじゃないのかな。ポンセの〈南の協奏曲〉のオーケストレーションにも影響が伺われますし、やはりラフマニノフのことは相当に意識していたんじゃ
総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.