今市隆二 掲載ページ

名前:
今市隆二

今市隆二 掲載ページについて

「今市隆二」のテキスト を含むデジタル版のページを発売日順に表示しています。同キーワードで、一部他の内容を含む場合がありますがご了承ください。
5 ページ目
中指]レザーリング参考商品/すべて Louis Vuitton(ルイ・ヴィトンクライアントサービス)【今市隆二】シャツ¥ 341, 000/ Saint Laurent by Anthony
87 ページ目
Vol.95 (2024年03月23日発売)
1,430円
デジタル
900円
先人たちが築いた技術を現代に継承する。 C L I N C Hは東京・世田谷にある B R A S Sというシューリペアショップから誕生したオリジナルのブーツ&シューズブランドである。と書けば、規模感の小さな話に感じてしまうかもしれない。しかし、このブランドは日本だけでなく、世界中に多くのファンを持つブランドへと飛躍を遂げた。本誌 2 0 2 4年 2月号の表紙に登場した三代目 J S O U L B R O T H E R Sのボーカル、今市隆二さんが、表紙撮影の際に、自前の C L I N C Hブーツを、自らの強い希望で履いて臨んだ。彼は熱狂的なヴィンテージデニム愛好家として知られて
112 ページ目
ないだろう。そんなウールを使用したヴィンテージのニットウエアや、新作のカタログ、スナップなどコンテンツ盛り沢山でウールの魅力を紹介する。表紙には三代目 J SOUL BROTHERSのボーカル、今市隆二
116 ページ目
盛り沢山でウールの魅力を紹介する。表紙には三代目 J SOUL BROTHERSのボーカル、今市隆二さんが登場!誌面では〈リーバイス〉の大戦モデルなど、私物のヴィンテージコレクションを披露してくれた
125 ページ目
Vol.94 (2023年12月22日発売)
1,430円
デジタル
900円
their vast collections. Photo by Masahiro Nagata永田雅裕 Text by CLUTCH Magazine編集部 Profile今市隆二。 1986年生まれ。京都府出身
144 ページ目
する今市隆二さんとØM Iさん。ちなみに僕は、 1次予選でたった 20秒しか歌えずに敗退しました。その頃の僕には、歌の次にもうひとつ、「ディズニーランドで働きたい」という夢があって。以前、看護の実習をしてい
145 ページ目
、ティファニーの美しい門出を祝う夜に集結! 1, 2今市隆二さんと N i s syさんのアーティスト勢。 3川口春奈さん。 4無二の個性を誇る、実力派俳優でグローバルアンバサダーのフローレンス・ピュー。幻想的な
70 ページ目
2024年1月号 (2023年11月25日発売)
1,200円
デジタル
1,000円
そのすべての時間は、過ぎ去ってしまう。ひとつひとつがラストシーンなんだ、という感覚を持ってつくりあげました」このフォトエッセイ集では、 E L L Y、岩田剛典、今市隆二らメンバーと杯を重ねたことで
日経エンタテインメント!
2023年11月04日発売 (2023年12月号)
該当のデジタル版号は販売が終了しました
BAILA(バイラ)
2023年09月28日発売 (2023年11月号)
該当のデジタル版号は販売が終了しました
FINEBOYS(ファインボーイズ)
2023年06月09日発売 (2023年7月号)
該当のデジタル版号は販売が終了しました
GINGER(ジンジャー)
2023年04月21日発売 (2023年6月号)
該当の号は取り扱いが終了しました
総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.