佐藤浩市 掲載ページ

名前:
佐藤浩市

佐藤浩市 掲載ページについて

「佐藤浩市」のテキスト を含むデジタル版のページを発売日順に表示しています。同キーワードで、一部他の内容を含む場合がありますがご了承ください。
46 ページ目
442号 (2023年10月27日発売)
デジタル
770円
。結果は次の通り。〈個人・一般の部 A級/ 14人〉仁太坊賞=大塚晴也(静岡)【キャプ_03:大塚晴也氏】白川軍八郎賞=佐藤晶(青森)/黒川桃太郎賞=田中志穂(神奈川)・遠藤百恵(北海道)/大條和雄賞=藤村由慈(岩手)・加藤大誠(北海道)/入賞=川上浩市(千葉)/特別賞=マテウス・ビテンクウ・オリベイラ(ブラジル)〈個人・中高生の部/ 7人〉優勝=山下雄飛(静岡)/準優勝=福士奏(宮城)/ 3位=菊池
CINEMA SQUARE(シネマスクエア)
2023年11月01日発売 (vol.144)
該当の号は取り扱いが終了しました
118 ページ目
《フジテレビのセンスの枯渇もここまできたか》《月 9枠を終わらせようとしているテロか?》 S N S上で酷評されているのは放送中の月 9『 O N E D A Y〜聖夜のから騒ぎ〜』。主演に二宮和也、中谷美紀、大沢たかおとビッグネームをそろえ、脇に佐藤浩市、江口洋介、中川大志などこれまた贅ぜい沢たくなキャスティングをしているにもかかわらず世帯平均視聴率は下降の一途をたどっている。「初回から 7・ 8%の低空飛行で第 2話、第 3話は 5%台と〝爆死〞の状況です。物語はクリスマスの 1日を舞台に二宮さんの逃亡編、中谷さんの地方テレビ局編、大沢さんのレストラン編と 3つのパートに分かれているのですが
124 ページ目
悪化しているような気がします。――だから、その居心地の悪さを無視できない人たちが、双方に登場しているわけですね。『愛にイナズマ』の不器用な家族の中でもとりわけ印象的だったのが、父親役である佐藤浩市さんの
124 ページ目
悪化しているような気がします。――だから、その居心地の悪さを無視できない人たちが、双方に登場しているわけですね。『愛にイナズマ』の不器用な家族の中でもとりわけ印象的だったのが、父親役である佐藤浩市さんの
SPRiNG(スプリング)
2023年10月23日発売 (2023年12月号)
該当の号は取り扱いが終了しました
GINGER(ジンジャー)
2023年10月23日発売 (2023年12月・2024年1月合併号)
該当のデジタル版号は販売が終了しました
明星(Myojo)
2023年10月20日発売 (2023年12月号)
該当のデジタル版号は販売が終了しました
61 ページ目
。 11月から始まる「連鎖街のひとびと」も楽しみです。愛にイナズマ 10月 27日より全国で公開監督・脚本:石井裕也出演:松岡茉優、窪田正孝、池松壮亮、若葉竜也/佐藤浩市 2023年/日本/ 140分
リンネル
2023年10月20日発売 (2023年12月号)
該当の号は取り扱いが終了しました
週刊女性自身
2023年10月17日発売 (2023年10/31号)
該当の号は取り扱いが終了しました
素敵なあの人
2023年10月16日発売 (2023年12月号)
該当の号は取り扱いが終了しました
総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.