北川大介 掲載ページ

名前:
北川大介

北川大介 掲載ページについて

「北川大介」のテキスト を含むデジタル版のページを発売日順に表示しています。同キーワードで、一部他の内容を含む場合がありますがご了承ください。
日経エンタテインメント!
2022年01月04日発売 (2022年2月号)
該当のデジタル版号は販売が終了しました
5 ページ目
2021年12月21日発売号
デジタル
943円
(メディアプロモーション部)北川剛士▽メディアプロモーション部勤務(メディアプロモーション部課長)小板橋章仁▽ハナコ編集部編集長(ブルータス編集部副編集長)杉江宣洋▽アンドプレミアム編集部副編集長(ギンザ編集
BRUTUS(ブルータス)
2021年12月15日発売 (2022年1/15号)
該当のデジタル版号は販売が終了しました
92 ページ目
2022年1月号 (2021年11月25日発売)
1,200円
デジタル
1,200円
Taka Nagao 96| FORBES JAPAN| JANUARY 2022京都フュージョニアリングの長尾昂は土地柄をこう総括する。 Atomisの浅利大介は、京都市成長産業創造センターでの巡り合わせによっていまがあると言う。「産学連携を推し進める施設に京都大学北川研究室の分室が入居し、セミナーで瀧本哲史さんと出会えたことが Atomis誕生のきっかけです。京都大学で客員准教授を務め、エンジェル投資家で
32 ページ目
4位【所在地】神奈川県【主な診療科】軟部外科、整形外科・運動器科、麻酔科、一般内科、消化器内科、血液科、神経科、呼吸器内科、循環器科、放射線腫瘍科、皮膚科、臨床検査科【評価コメント】説明がとても丁寧/外科の浅野和之獣医師は、他の二次医療施設で断られた症例に対しても果敢に手術をし、成功している/技術が高い、患者を実験動物にしない、親身に診察してくれる/各分野において、最前線を走るスペシャリストである獣医師が多数在籍している。具体的には、神経科の北川勝人氏と伊藤大介氏、外科の浅野氏と枝村一弥氏、内科の亘敏広氏、坂井学氏、呼吸器内科の山谷吉樹氏/専門知識と経験に裏付けられた確かな診療。引き継ぎ報告と
STAGE SQUARE(ステージスクエア)
2021年10月27日発売
該当の号は取り扱いが終了しました
75 ページ目
企業もある」(データ活用を支援するスマートドライブの北川烈 C E O)という。「『いかに車をスマホのように身近な存在にできるか』というのが自動車メーカーにとっての課題。例えば車載向けで生体認証や行動解析のベンチャーと組む意義は大きい」と、国内大手 V C・グローバル・ブレインの西田大介氏は語る。腰を据えた有望ベンチャーとの連携は、日本勢にとっても未来を開く一歩となる。(二階堂遼馬)ニコラは直前に
185 ページ目
清水建設北陸支店新社屋(本文 66頁)●案内図は新建築 Onlineへ http:// bit. ly/ sk2110_map所在地石川県金沢市玉川町 5-15主要用途事務所建主清水建設設計・監理───────────────清水建設建築担当/堀部孝一岡崎真也構造担当/竹田拓司稲垣啓輔穐山貴志機械設備担当/天田靖佳宮村泰至電気設備担当/北村信之瓦大介田川章裕ワークプレイス担当/奥山昌則高田裕章小河麻衣子 FFEフィールドフォー・デザインオフィス担当/原田靖之伊藤公美梅本悠暉ランドスケープフィールドフォー・デザインオフィス担当/鈴木葉菜子施工──────────────────建築清水建設担当/稲垣準二両角隆希北川真広廣田尚大村中瑠
面白いが北川智也セガサミー福井工大福井 21 167 75右左△大物打ちが揃う打線の中で、いいアクセント。脚力もありつつ、意外性の長打も近畿福永裕基日本新薬専修大 25 180 83右右○春の不調を脱し
127 ページ目
北川×加藤佐藤×山田福永×山口㈹○福永メ―松和▼女子団体戦準々決勝翔凜 2― 0館山幕張本郷 3― 0ちはら台南東海大浦安 1(本)― 1柏南部茂原 2― 0君津▼準決勝幕張本郷 2― 1翔凜東海大浦安 3― 2茂原▼決勝幕張本郷 2― 1東海大浦安吉村×中平◯江﨑㋙メ―メ藤岡櫻井×山口◯栗原㋱コ―河合北山―◯ド清水◯〈男子個人戦〉優勝森凰介(幕張本郷 3年) 2位山口大介(東海大浦安 3年) 3位
53 ページ目
合田朱里 02. 06. 18( 19) DF MF FW 53 2浦川璃子 98. 01. 14( 23) 4三浦紗津紀 96. 06. 16( 25) 14北川ひかる 97. 05. 10( 24
WiNK UP (ウィンクアップ)
2021年09月07日発売 (2021年10月号)
該当の号は取り扱いが終了しました
総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.