吉高由里子 掲載ページ

名前:
吉高由里子

吉高由里子 掲載ページについて

「吉高由里子」のテキスト を含むデジタル版のページを発売日順に表示しています。同キーワードで、一部他の内容を含む場合がありますがご了承ください。
121 ページ目
部]紫式部と藤原彰子・[ SPECIAL INTERVIEW]吉高由里子さん(紫式部/まひろ役)ほか時空旅人 Vol. 80空海と密教魔を打ち破る言霊の力定価 1164+税・[巻頭特集]創建 1200
109 ページ目
全国書店で好評発売中隔月刊/奇数月 26日発売定価 1280円(本体 1164円)時空旅人別冊定価 1091円+税大人が読みたい水滸伝梁山泊に集う百八星の豪傑たち・横山光輝の『水滸伝』とは?・水滸伝を読む・[ SPECIAL INTERVIEW]中村敦夫(俳優・作家)ほか時空旅人別冊定価 1182円+税紫式部~藤原道長と彰子が生きた心の時代~・[第一部]藤原北家・[第二部]藤原道長と紫式部・[第三部]紫式部と藤原彰子・[ SPECIAL INTERVIEW]吉高由里子さん(紫式部/まひろ役)ほか時空旅人 Vol. 77無惨絵最後の浮世絵師定価 1164円+税・[大特集]魁題百撰相・誕生の章
25 ページ目
村塁ヌートバー村上宗隆芦田愛菜小池栄子北川景子長澤まさみ吉高由里子 5000万円二宮和也 4800万円佐藤健竹内涼真長谷川博己渡辺謙石田ゆり子伊藤沙莉川口春奈橋本環奈永野芽郁 4500万円江口洋介高橋
17 ページ目
2024年7月号 (2024年05月20日発売)
1,360円
デジタル
590円
17ドラマが終わったあと、自分は何を感じるんだろう?今から楽しみです。吉高由里子 Profile:よしたか・ゆりこ 1988年生まれ、東京都出身。 2006年、映画『紀子の食卓』でスクリーン
58 ページ目
d oo r of c ur io sit y光る君へ vol. 2期の N H K大河ドラマ『光る君へ』が実におもしろい。もともと、小学校 4年生の頃に見た『篤姫』( 2 0 0 8年期・宮﨑あおいさん主演)で日本史に興味が湧いてから、大河ドラマはずっとチェックしているのですが、今回はその題材にも、描かれ方にも惹き込まれて、毎週楽しみに見ています。舞台は平安時代中期、『源氏物語』の作者、主人公・紫式部(吉高由里子さん)の生涯を綴った物語なのですが、当時の社会的背景も、説明的でなく自然に作劇に描かれている点が秀逸だと思っています。恋愛要素今超私的トレンド文化論山やま崎ざき怜れ奈な 1997年生まれ
107 ページ目
、堀田真由など多くの才能を発掘してきた。’ 09年、誰かの推薦による〝完全他薦〟によるオーディション「 T福山雅治や吉高由里子らが所属するアミューズが、事務所初のボーイズオーディションを開催。応募総数約
115 ページ目
・日本テレビ系)ではヒロイン・波瑠の相手役を務め、『最愛』(’ 21年・ TB S系)でも吉高由里子演じるヒロインの相手役で評価を高めた。神無月さんは、「『リモラブ』は優秀だけど変わり者、というキャラだったせい
が、平安時代の衣装で待ち時間に描くことも。ストーリーを考えるのは道具すらいらないから、リハーサル中、吉高由里子さんの後ろで笠を持ちながら『 4コマ目はどうしよう』と考えることもあります」自身も受賞した
1 ページ目
アナ女王様隠れマゾ最新分布図ダダ漏れ vs真性 16 NEWSスクイーズ吉高由里子「大河ドラマ」に濡れ場コーディネーター石原さとみ「年ぶり」カラミ/本田翼「ハセキョー化」が止まらない 12発見!大阪万博
139 ページ目
大河ドラマ『光る君へ』 NHK総合日曜 20時~ほか。吉高由里子演じる紫式部を主人公に、長編小説『源氏物語』を生み出した女流作家の波乱の一代記を描く大河ドラマ『光る君へ』 NHK総合日曜 20時~ほか。吉高由里子演じる紫式部を主人公に、長編小説『源氏物語』を生み出した女流作家の波乱の一代記を描く跡目も継げず妻と子にも去られて自暴自棄に道長の腕の中で最期を迎える〝とっとと死ね!〟〝汚れ仕事は俺の役目だ〟ったのですが、今回、道兼を演じてみて、改めていろんなクズを自分はまだやれるんだなと感じました。今後のやりがいでもありますし、この作品のやりがいでもありました」父・兼家(段田安則)の命令に従い
8 ページ目
。ただ……いい人の役をやりたいんですよ、本当は!」横暴、クズ、サイコパス……。大河ドラマ『光る君へ』の第 1回で、まひろ(吉高由里子)の母・ちやは(国仲涼子)を惨殺。藤原家の汚れ仕事を引き受け続けたのは
33 ページ目
ENT! T 2024. 5 35年ぶりに女性を主人公に、平安時代中期の貴族社会を描いた大河ドラマ『光る君へ』( N H K)が現在放送中。『源氏物語』の作者・紫式部/まひろ(吉高由里子)の生涯を描いた物語だが、通常の大河ドラマに比べ、女性人気が圧倒的。その理由は、平安絵巻の世界観や登場人物の情感豊かな恋模様に加え、魅力的な男性俳優陣がキーポイントと言える。制作統括を務める内田ゆきチーフ
総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.