坂本冬美 掲載ページ

名前:
坂本冬美

坂本冬美 掲載ページについて

「坂本冬美」のテキスト を含むデジタル版のページを発売日順に表示しています。同キーワードで、一部他の内容を含む場合がありますがご了承ください。
65 ページ目
'67年 3月 30日生まれ和歌山県出身『祝い酒』『夜桜お七』『また君に恋してる』『ブッダのように私は死んだ』など幅広いジャンルの代表曲を持つ。現在、最新シングル『ほろ酔い満月』が好評発売中!坂本冬美坂本冬美の連載第 75回演歌の女王が 38年の芸能生活で出会った〝人生交差点〞 N O N S T Y L E石田明 N O N S T Y L E石田明初対面のその日に、わたしの家で「あやこ〜〜〜〜〜〜っ!」と大絶叫した〝大酔っ払い事件〞初対面のその日に、わたしの家で「あやこ〜〜〜〜〜〜っ!」と大絶叫した〝大酔っ払い事件〞さん( 44)題字・坂本冬美「友達を連れて行ってもいいですか?」そう言って、歌手の
構成して作詞をした坂本冬美の「夜桜お七」は、 1 9 9 4年に発売され大ヒットに。『 MARS☆ ANGEL』(沖積舎)に収録。だれからも愛されないということの自由気ままを誇りつつ咲け枡野浩一現代の
28 ページ目
和歌山県出身『祝い酒』『夜桜お七』『また君に恋してる』『ブッダのように私は死んだ』など幅広いジャンルの代表曲を持つ。現在、最新シングル『ほろ酔い満月』が好評発売中!坂本冬美坂本冬美の連載第 74回演歌の
28 ページ目
’ 67年 3月 30日生まれ和歌山県出身『祝い酒』『夜桜お七』『また君に恋してる』『ブッダのように私は死んだ』など幅広いジャンルの代表曲を持つ。現在、最新シングル『ほろ酔い満月』が好評発売中!坂本冬美坂本冬美の―南こうせつさんといえば?きっと多くの方は、ニヤリと笑みを浮かべ「そりゃ、なんといっても『神田川』でしょう?」とおっしゃると思いますが、当時わたしは 3、 4歳で、大人たちが口ずさんでいた記憶は
64 ページ目
2024年6月号 (2024年05月05日発売)
1,095円
デジタル
767円
同僚、地域・保護者向け同僚、地域・保護者向け歌が聞こえるこえる食育資料学がっがっ校こうこう給きゅうきゅう食しょくしょく法ほうほう公こうこう布ふから 70から 70年ねんねん!ぜんぶ大切!ぜんぶ大切!給食お七給食お七〜元歌:『夜桜お七』(坂本冬美, 1994) 6月 6月学がっがっ校こうこう給きゅうきゅう食しょくしょくの目もくもく標ひょうひょう「給きゅうきゅう食しょくしょくお七しちしち!」!」食育フォーラム 2024-6 62学がっ校こう給きゅう食しょくの普ふ及きゅう・実じっ施しとそのために必ひつ要ような事こと柄がらを定さだめた学がっ校こう給きゅう食しょく法ほうが公こう布ふされて、 2024年ねんで
48 ページ目
No.453 (2024年05月07日発売)
2,000円
デジタル
2,000円
。「クリアアサヒ」は「東京ブギウギ」を替え歌にした「クリアブギウギ」を CMソングに使っており、新 CMでは俳優の北村匠海、吉岡里帆、歌手の坂本冬美がそれぞれ歌い出す楽しい雰囲気の CMに仕上げた。 CM内で
28 ページ目
和歌山県出身『祝い酒』『夜桜お七』『また君に恋してる』『ブッダのように私は死んだ』など幅広いジャンルの代表曲を持つ。現在、最新シングル『ほろ酔い満月』が好評発売中!坂本冬美坂本冬美のえっ!?さかもと…ふ・ゆ・や・す・み?ふ・ゆ・みの間違いじゃなくて?間違いじゃない!?ものまねタレントさんで、わたしのまねをされている?それで芸名が坂本冬休みさん?は、は、は、は、は、は、は、は、おもしろ〜〜〜〜い。事前に
・ヌッツォさん、ポップスからは五木ひろしさん、さだまさしさん、坂本冬美さんといった大御所がずらり。総勢二十六組の方々がサントリーホールで、オーケストラをバックに歌い、演奏してくださったのだ。素晴らしい
・ヌッツォさん、ポップスからは五木ひろしさん、さだまさしさん、坂本冬美さんといった大御所がずらり。総勢二十六組の方々がサントリーホールで、オーケストラをバックに歌い、演奏してくださったのだ。素晴らしい
69 ページ目
和歌山県出身『祝い酒』『夜桜お七』『また君に恋してる』『ブッダのように私は死んだ』など幅広いジャンルの代表曲を持つ。現在、最新シングル『ほろ酔い満月』が好評発売中!坂本冬美坂本冬美の〝〞〝〞安住紳一郎さん
46 ページ目
、こう彼女を追悼している。大の「ちびまる子ちゃん」ファンであり、自身の持ち歌『花はただ咲く』にさくらさんが歌詞を提供した縁で親交を深めた坂本冬美( 5 7才)も「まる子ちゃんのお声は T A R A K
梨汁ブシャーもおすすめなっし。「今年もきれいな桜を見られてよかったなあ。この時季はついつい桜が出てくる歌を口ずさんじゃうよ」「ふなっしーは、桜の歌といえば森山直太朗さんの『さくら(独唱)』なっし!」「僕は坂本冬美さんの『夜桜お七』が好き。夜、この曲をかけながらよく桜並木の道をドライブしたなあ。今までの桜のイメージと全く違う、妖艶な大人の桜を見せてくれた歌なんだよね」お悩みその一大学生の息子がおしゃれに目覚めました。髪を青色に染めたりピアスをしたり、服も派手になりました。私は別にいいと思っているのですが、夫は「そんな格好をして!」と怒り、息子に口うるさく注意します。そんな夫を嫌がって息子は冷たい
総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.