小泉今日子 雑誌一覧

名前:
小泉今日子

小泉今日子 雑誌一覧について

小泉今日子が掲載された雑誌を一覧でまとめています。表紙と掲載ページは発売日が新しい順、目次は関連度順の表示となります。同キーワードで、一部他の内容を含む場合がありますがご了承ください。

小泉今日子 目次

「小泉今日子」のテキストを含む目次の号を表示しています
が教えてくれたこと 小泉今日子☓久世朋子☓久世 烈 師をめぐる対談 相米慎二が残した映画の未来 小泉今日子☓田辺順子 淀川美代子との心地よい関係 小泉今日子☓鉄尾周一 十〇代の私の人生を変えた...
9/6号 (2013年08月23日発売)
デジタル
がとう 能年玲奈、小泉今日子、橋本愛 薬師丸ひろ子・・・打ち上げで「いい顔」
ャツ好き ■夏帆、小泉今日子、MEGUMI、森七菜「Tシャツと私」 ■おしゃれクリエイターのTシャツスナップ ■小松菜奈インタビュー ■山下智久、ディオールの香りを纏う 〈SPECIAL〉 ...
もに生きていく ■小泉今日子が導く明日 ■長澤まさみの撮休日 ■町田啓太をもっと知りたい! 〈SPECIAL〉 「セルフラブ、私の場合」 ・小泉今日子が導く、もっともっと楽しい明日 ・ジ...
2月号 (2012年12月20日発売)
デジタル
竹内結子 内田有紀、小泉今日子 祝25周年 世界が熱狂する ジョジョ考察 お世話になりました!! さよならエマニエル スピルバーグ最新ドラマ 「テラノバ」本編収録
12/30号 (2012年12月19日発売)
デジタル
356円
2012年」総集編 小泉今日子、中井貴一の「円熟」を見習え

小泉今日子 掲載ページ

「小泉今日子」のテキストを含むデジタル版のページを表示しています
54 ページ目
たころの話。大学の先生が女生徒の肩を抱いて慰めてやったのをセクハラだと訴えられるという芝居で、最初は若村麻由美さん、再演(九九年)は永作博美さんと共演しました。でも僕は、どちらかと言えば大勢が出る群像劇より、一人芝居とか二人芝居とかが好きですね。一人芝居は、息子の圭史の書いた作品を演じたりしたこともありました。では映画『 U M A M I』(二〇二二年)について。日本側からは長塚さんの他に、柄本明、小泉今日子などが出演している。――フランスの名優ジェラール・ドパルデューが、以前に権威あるコンクールで負けたライバルのシェフ(僕です)を捜すために来日する話で、僕のところに彼を連れてくる
152 ページ目
映画『ディア・ファミリー』映画『ディア・ファミリー』家族決起会見家族決起会見撮影/北村史成撮影/北村史成菅野美穂菅野美穂大泉洋大泉洋川栄李奈川栄李奈新井美羽新井美羽福本莉子福本莉子小泉今日子小泉今日子
151 ページ目
「娘役の清原(果耶)さんは若いのにしっかりしていて頼もしかったし、 25年以上ぶりに共演した小泉今日子さんは、すごくかっこよかった」白石和彌監督初の時代劇映画『碁盤斬り』に主演する草彅剛。冤罪事件
24 ページ目
さまぁ~ずボケ担当の大竹一樹(左)とツッコミ担当の三村マサカズによるお笑いコンビ。高校の同級生として出会い、'88年デビュー。 6月 20日~ 27日まで東京芸術劇場プレイハウスにて「さまぁ~ずライブ14」を開催予定昭和&令和の歌謡曲を語る!マカえん、だよ!を聴きながら海の家でバイトしていた 2人が歌番組の MCに初挑戦 24大竹中学生時代、僕らが夢中になっていたアイドルが(松田)聖子ちゃん、(中森)明菜ちゃん、キョンキョン(小泉今日子)。'85年以前ですね。三村本当に夢中だったな~。聖子ちゃんと明菜ちゃんの映像は何回観てもいいぐらい。当時の歌番組には毎週登場していたので、同じ曲でも毎回「おっ
35 ページ目
2024.5.20 (2024年05月13日発売)
デジタル
450円
(笑)。演技を始めた頃に出会った先輩役者たちとの再会にも心が躍った。今回、共演した小泉今日子さん、市村正親さんとは、若い頃に共演していて。とくに小泉さんが中井貴一さんと主演されていたドラマ「まだ恋は始まらない」に僕も小さな役で出演させてもらったときのことを思い出し、グッときました。神様がくれたご褒美小泉さんには、とくに可愛がってもらった記憶があって、僕は“自称キョンキョンっ子”。じつは、 17年ほど前に小泉さんに頂いた Tシャツがあって、どんなに引っ越しを繰り返してもそれだけは手元に置いてあったんです。でも、時間が経つにつれ記憶が曖昧になり「これって、本当に小泉さんにもらったものかな?じつは違う
171 ページ目
面白いんですよ。前半は“僕も江戸に住んでみたいな”“桜の景色は風情があるな”と、うっとりしちゃうんだけど、格之進が復讐に走り始めると、映画全体の熱がじゅわーっと上がっていく感じがする。キョンキョン(小泉今日子)が演じるお庚さんも優しかったのに、急に怖い顔を見せたりして…。ただじゃ終わらせない白石(和彌)監督のこだわりが満載です。格之進を演じることは、そんなに難しくなかったです。お芝居はパッと集中するのが
総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.