島田朗伸 掲載ページ

名前:
島田朗伸

島田朗伸 掲載ページについて

「島田朗伸」のテキスト を含むデジタル版のページを発売日順に表示しています。同キーワードで、一部他の内容を含む場合がありますがご了承ください。
106 ページ目
SUNRISE・岩下大輝(ロッテ)/極意を語る「 THE変化球」・山岡泰輔(オリックス)/インタビュー・野々村直通監督(開星高)ほか 4月 27日号●高卒ルーキー特集(松坂大輔&奥川恭 BBMカード付)徹底分析・佐々木希(ロッテ)/クローズアップ・奥川恭(ヤクルト)、石川昂弥(中日)/全高卒支配下新人カタログ/衝撃の記憶・松坂大輔(西武)、近藤真一(中日)、王貞治(巨人)、張本勲(東映)、尾崎行雄(東映
Megami Magazine(メガミマガジン)
2020年04月30日発売 (2020年6月号)
該当のデジタル版号は販売が終了しました
106 ページ目
・野々村直通監督(開星高)ほか 4月 27日号●高卒ルーキー特集(松坂大輔&奥川恭 BBMカード付)徹底分析・佐々木希(ロッテ)/クローズアップ・奥川恭(ヤクルト)、石川昂弥(中日)/全高卒支配下新人
45 ページ目
399号 (2020年03月27日発売)
デジタル
770円
/和力和力(加藤木〈太鼓・他〉・木村俊介〈笛・太・他〉・小野越郎〈津三・太・他〉・帯名久仁子〈箏・ 17・胡〉)/他綾打ち/忍者/想月歌/東風/母燈路/来ぬか雨/野渡り/山の神楽/竹田の子守唄【 CD
84 ページ目
←←←←←←谷口邦幸←←←←←三浦大輔←宮下嗣(正彦)←堤内健←←←←←神田大介荒木大輔バークベック渡部高史←←高田博久松村高明←←←後藤伸也←←←←←←←←島田直也←成田幸洋←ホルトズーバー←←阿波野秀幸葉室
109 ページ目
2020年2月号 (2020年01月28日発売)
デジタル
1,100円
)、信田潤一(駒場学園)■オフェンスコーチ:高濱陽一(足立学園)、藤井寛淳(明学東村山)、齋藤新吾(日工大駒場)、岩井悠二(日大豊山)、秋山光(日大第二)、福岡広祐(日大櫻丘)、安部奈知(日大第三)、坂井成(都立富士)、小林孝至(佼成学園)、桒原信一郎(都立三田)■ディフェンスコーディネーター:松本亮(都立戸山)、佐藤祐作(堀越)■ディフェンスコーチ:橋本洋(足立学園)、神山泰一(都立三田)、木村
3 ページ目
2020年01月17日発売号
デジタル
550円
の安定運用の課題(柏崎礼生)<特集:「京」の後の時代を支えるスパコン>編集にあたって(大山恵弘)日本のスーパーコンピュータの現在の状況と今後(朴泰祐、田浦健次)次期フラッグシップスーパーコンピュータ
29 ページ目
、☆=プロ・アマスカウト部長、◎=アマチーフスカウト、○=編成調査氏名★=スカウト部長、☆=アマスカウト顧問氏名★=編成副部長、☆=グループ長々木希の獲得に成功佐したスカウト陣はさらに増強された。目玉は前オリックスの中川隆治氏。主力に成長した吉田正尚や山岡泰輔を担当してきたスカウト歴 20年のベテランの加入で発掘力はより強化される。中川氏が関東を中心に担当することで、昨年は佐々木の密着を含めて東日本広域を
131 ページ目
2020年1月号 (2019年12月02日発売)
デジタル
1,540円
1 0(投)小池優太② 2 0 0 0 1投田中大智② 0 0 0 0 0犠 5併 0残 13 36 11 2 3 6回打安振球責△井坂漱之介 70/3 32 8 3 4 2丸谷義仁 3⅓ 15 3 0 2 0小池優太 5 23 6 3 2 2田中大智 5 24 5 4 0 0▽盗塁小池、畠山、荒井、和田虎▽失策和田虎▽暴投小池▽捕逸浅野 2▽試合時間 2時間 18分 135■ 1 0月 1 5
44 ページ目
井一久 G Mがドラフトの目玉・佐々木希(大船渡高)を初めて視察したのは、 8月 26日に行われた侍ジャパン高校代表の壮行試合、大学代表との一戦だった。「良い球を投げていましたね。即戦力に近い
234 ページ目
佐藤圭③高木明 25日①藤巻敏②作間矩子③赤石健 31日①小崎一博②高木明③五味渕裕樹加古川将棋倶楽部土日トーナメント優勝者井口颯人山中邦夫橘廉也山口敬晶家大祐迫川広行芦田実里谷魁人佐藤倫久大原圭太田
はないか。その中で甲子園の申し子ともいえる奥川恭(星稜高)を推したい。佐々木希(大船渡高)が 1球でわかるすごさなら、奥川は 1試合を通してすごさを感じさせる投手だ。変化球の制球に少し不安はあるが
総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.