林野宏 雑誌一覧

名前:
林野宏

林野宏 雑誌一覧について

林野宏が掲載された雑誌を一覧でまとめています。表紙と掲載ページは発売日が新しい順、目次は関連度順の表示となります。同キーワードで、一部他の内容を含む場合がありますがご了承ください。

林野宏 表紙 (全 3 件)

林野宏 目次

「林野宏」のテキストを含む目次の号を表示しています
■TALKING■ 林野 宏◎クレディセゾン代表取締役会長CEO 独自の経済圏で「総合生活サービスグループ」へ ─────────────────────────────────── 70種類...
2017年8月号 (2017年07月10日発売)
2,098円
デジタル
2,200円
勝ち残る企業の条件 林野 宏 クレディセゾン 代表取締役社長 │HBR翻訳論文│ 戦略 いま企業に外交政策が必要な理由 地政学リスクの増大にどう対処するか ジョン・チップマン 国際戦略研究...
ィセゾン会長CEO・林野宏が語る「何事も、『生き筋』!」  最終回 環境激変の中を生き抜くには、「自分で力を付けることが大事」 ■インタビュー 貝印会長CEO 遠藤 宏治 ...
2022年08月23日発売号
713円
デジタル
レディセゾン 会長 林野 宏 ■新聞の盲点 金融庁が問題視する「名ばかりESG投信」に規制の網 ■News Square 国交省が統計不正の点検結果と改善策を公表 大手生保の6月期決...
ディセゾン 社長  林野 宏 一人一冊 『林原家 同族経営への警鐘』 林原 健 著 柴田・鈴木・中田法律事務所  柴田 堅太郎 マーケットを読む<外為市場> ECBはユーロ下落を促すものの、...
Vol.32 (2017年11月07日発売)
デジタル
660円
] クレディセゾン 林野 宏さん 今月の仕事運 【Information】 Coming Up! Information 関連カテゴリ: 雑誌 > WOMAN > 2017年...

林野宏 掲載ページ

「林野宏」のテキストを含むデジタル版のページを表示しています
5第 3830号 2024年 1月 1日(毎週月曜日発行) 8253東証プライムクレディセゾン今週の株金利先高感が追い風のクレジットカード流通系最大手で、林野会長の存在感大。「セゾンカード」は女性層に人気。高島屋( 8 2 3 3)と提携。持ち分会社にスルガ銀行( 8 3 5 8)。インド子会社は将来の現地上場も視野。現在は新 N I S Aをにらんで積み立て投信カード決済サービスを強化中。今 24年 3月期はショッピング、リボともに残高積み増し、キャッシングも底打ち。持ち分法投資利益計上で純益膨らむ。連続最高益更新。特配を上乗せし大幅増配。株価は長期下降トレンドから歴史的転換。 20年
78 ページ目
する金融機関の間では、議決権のある株かない株なぜ「天皇」林野氏と「王子」中野氏は決裂したかセゾン投信襲ったトップ解任劇投資信託業界に激震が走った。「積立王子」の再始動に注目が集まる。春先からせきを切ったように話が進んだ中野氏のセゾン投信会長退任をめぐる経緯(出所)各種リリースや取材を基に東洋経済作成 2023年 4月 5日林野・クレディセゾン会長から呼び出され、中野晴啓氏がセゾン投信会長を退任するよう告げられる 5月 GW~中旬林野氏と園部鷹博・セゾン投信社長から計 3回、電話や SNSで意思確認を求められる 5月 31日セゾン投信の取締役会で中野会長退任を決定 6月 1日「中野会長退任」との報道
36 ページ目
2023年9月号 (2023年08月01日発売)
1,100円
デジタル
1,100円
経営責任者)の林野( 80)は「今が第 3の創業期。楽天やオリックスに負けない金融ビジネスを築け」と部下に発破をかけ、今夏までに経営再建中のスルガ銀行(静岡県沼津市)との資本業務提携や、傘下のセゾン
72 ページ目
直接販売する「直販」を重視してきた。しかし、親会社のクレディセゾンと対立、退任に至った。クレディセゾンの林野会長 CEOとの間で何が起きたのか。本誌単独インタビューで中野氏が胸中を語った。(聞き手
50 ページ目
2023年8/5号 (2023年07月31日発売)
850円
デジタル
780円
力強い後ろ盾となってくれたクレディセゾンの林野代表取締役会長 C E Oに呼ばれ、次のように言い渡された。***「あなたのやり方では遅過ぎる。販売会社を使ってファンドを大々的に売って、(現在 6 0 0
59 ページ目
提携。それに神経をとがらせているのが金融庁だ。投資用不動産ローンではない。交渉の内幕にいた〝ある人物〞に対してだ。複数の関係者によれば、提携はセゾンの林野会長に社外取締役の富樫直記氏が助言したことから
総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.