柄本佑 掲載ページ

名前:
柄本佑

柄本佑 掲載ページについて

「柄本佑」のテキスト を含むデジタル版のページを発売日順に表示しています。同キーワードで、一部他の内容を含む場合がありますがご了承ください。
16 ページ目
へ』だ。紫式部役の吉高由里子さんや藤原道長役の柄本さんら主要キャストや、脚本は大石静さんが書くことなど概要も発表され話題になっている。制作統括であるメディア総局第 3制作センターの内田ゆきチーフ
32 ページ目
に出かけていました」連続ドラマの撮影は時間に追われざるを得ないが、夫である俳優・柄本のサポートによって、現場に集中することができた。「夫が撮影中に子育てに徹してくれて、娘との生活のすべてを担ってくれ
33 ページ目
を迎えたピンク映画業界を舞台に、 1人の女と元カレ 2人の奇妙な三角関係が描かれる。映画ライターが解説する。「さとうが演じるのは売れない女優・祥子で、肛門性交の相手は、柄本( 36)扮する脚本家の卵
156 ページ目
、栩谷は大家からアパート住人への立ち退き交渉を頼まれる。その男は脚本家志望だった伊関(柄本)。映画を夢見た二人の男は、会話を重ねるうちに本気で愛した女が同じ女優・祥子(さとうほなみ)だと気づく。原作は
122 ページ目
テレビ小説『まんぷく』が大ヒットしたことで評価が急上昇。運気の追い風を受け、一気に国民的女優への道を駆け上がっていきました。プライベートでは、平成 24年に俳優の柄本さんと結婚し、平成 29年に第 1子
InRed(インレッド)
2023年11月07日発売 (2023年12月号)
該当の号は取り扱いが終了しました
週刊女性セブン
2023年11月02日発売 (2023年11/16号)
該当のデジタル版号は販売が終了しました
Cinema★Cinema
2023年11月01日発売 (2023年11月号)
該当のデジタル版号は販売が終了しました
93 ページ目
シナリオライターの井関(柄本)の部屋を訪れる。 2人はかつての恋人を語り合うが、偶然にも彼らが愛した女性は栩谷の親友の監督と心中したピンク映画女優の祥子だった。多くの表現者は表現せざるをえない何かを抱えて生きる
86 ページ目
。今回、新作となる「やみのおふくろ」は、政治家になる前の若き田中と、母フメの話だ。国政選挙に出馬するも落選した息子に、母は「なぜ政治家になりたいのか」と問いかける。今回脚本・監督荒井晴彦出演綾野剛、柄本
22 ページ目
欠かせない存在となっている。そして彼女の夫、柄本も俳優の柄本明と故・角替和枝さんの長男であり、幅広い役柄を演じる実力派だ。その弟、柄本時生も同様に、個性的な役を演じて唯一無二の存在感を放つ。どうやら令
128 ページ目
319 (2023年10月20日発売)
1,080円
デジタル
980円
」監督:塩田明彦出演:内野聖陽、北香那、柄本、白川和子、安達祐実、ほか性愛を赤裸々に描いたポルノと誤解されがちだが、江戸時代には「笑い絵」と呼ばれ、人々に広く愛されていたという春画。塩田明彦監督の新作
総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.