浅村栄斗 雑誌一覧

名前:
浅村栄斗

浅村栄斗 雑誌一覧について

浅村栄斗が掲載された雑誌を一覧でまとめています。表紙と掲載ページは発売日が新しい順、目次は関連度順の表示となります。同キーワードで、一部他の内容を含む場合がありますがご了承ください。

浅村栄斗 表紙 (全 1 件)

浅村栄斗 目次

「浅村栄斗」のテキストを含む目次の号を表示しています
5号 (2013年11月15日発売)
デジタル
勉氏 岩隈久志投手 浅村栄斗選手 田中一徳氏
ッシュ 底力の源 浅村栄斗 頼れる背番号3 岸 孝之 帰ってきたエース 松井裕樹 守護神の宿命 2019最強ラインアップは? 序盤戦 12球団打線診断 交流戦開幕! プロフェッショナルの...
 外崎修汰[西武] 浅村栄斗[楽天] 則本昂大[楽天] 吉田正尚[オリックス] 今永昇太[DeNA] 大野雄大[中日] 村上宗隆[ヤクルト]ほか 新春スペシャル対談!! 野村祐輔[広島]× 小...
 山川穂高[西武] 浅村栄斗[楽天] 吉田正尚[オリックス] 福田秀平[ロッテ] 近本光司[阪神]ほか 最強LINE-UPはどこだ!? 12球団新打線診断 PACIFIC LEAGUE 西武 ...
 20歳の怪物 Ⅱ浅村栄斗[楽天] 重圧を楽しむ 高橋由伸[前巨人監督]が語る 「なぜ岡本和真を抜てきしたのか」 新井貴浩が語る鈴木誠也[広島]の進化 [CLOSE-UP]四番打者たちの...
パ・リーグ本塁打王 浅村栄斗[楽天] 【TOPICS】 2024オープン戦日程 山本由伸もドジャースへ! 【連載】 やくみつるの「12球団ドガチャカ交流試合」 石田雄太 「閃・球・眼」 あ...

浅村栄斗 掲載ページ

「浅村栄斗」のテキストを含むデジタル版のページを表示しています
39 ページ目
満年齢、△は左打ち。アミカケは規定打席到達者 39最先発、救援ともに左腕は充実も、バックアップとしてさらなる補強は必要となりそうだ。一方の野手は次代の内野手が必須。浅村、鈴木大地、阿部寿樹ら高齢化が進み、遊撃の村林一輝、二塁の小深田大翔は固定されているものの、どちらも 20代後半の中堅選手。二遊間の育成、三塁・浅村の後継者は急務だ。黒川史陽、平良竜哉、入江大樹、育成の永田颯太郎ら生きのいい若手も
63 ページ目
林一輝浅村の三塁コンバートなど、ポジション変更が多いチームだが、遊撃を不動のものとしている 63
146 ページ目
ファーストを守ることがプロ野球では首脳陣が打撃に専念させたい選手を、守備の負担が少ないポジションにコンバートさせるケースがある。体力が落ちてきたベテランが対象になることも多く、今季は楽天の浅村( 33歳
36 ページ目
代えました。――実際、その起用に応えて佐藤龍選手はホームランを打ちました。渡辺そのベンチでの姿があったから龍世を出したんです。普通は代えていないと思います。昔、浅村(現楽天)にもやったことがありましたが、とにかく、私は気持ちの入っている選手を出そうと思っています。そして、ミスをした選手にも、挽回のチャンスは必ず与えます。――前回監督時には、若手だった浅村選手や秋山翔吾選手(現広島)などをどんなに
137 ページ目
() 171 e『落合博満のオレ流チャンネル』でも監督再登板について触れ、「オファーがあれば、会って話は聞きます。条件によっては考える」と明言している。その発言が示すように、落合氏の元にはある球団からオファーが届いているという。その球団こそ 5月 26日に松井稼頭央監督( 48)が休養し、渡辺久信 G M( 58)が監督代行に就いた西武ライオンズだ。ここ数年、西武は浅村(現楽天)、秋山翔吾(同広島)、森友哉(同オリックス)、山川穂高(同ソフトバンク)と主砲が立て続けに他球団へ F A移籍した。逆に言えば、低迷の原因が「主砲の流出」とはっきりしているだけに、打開策は打ち出し易い。そこで西武
115 ページ目
ラン。敵地・甲子園での阪神戦( 6月 4~ 6日)では、 1戦目が 1対 1の延長 10回に茂木五郎が勝ち越し打、 2戦目が 1対 2とビハインドの 9回に小郷裕哉が逆転弾。小郷は 11日の巨人戦(楽天モバイル)で 9回逆転サヨナラ打も放つなど、チーム全体として試合終盤の勝負強さが光った。非情の采配も功を奏した。交流戦前までは島内宏明が 28試合、浅村が 15試合で四番を務めたがともに振るわず。すると、島内を交流戦開幕前に二軍降格通告。主砲・浅村を 1日のヤクルト戦(楽天モバイル)で 8年ぶりの六番に打順を下げ、 4日からのビジター 6連戦はスタメンから外した。「チームはファミリー」と語るボスの
総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.