清水宏保 掲載ページ

名前:
清水宏保

清水宏保 掲載ページについて

「清水宏保」のテキスト を含むデジタル版のページを発売日順に表示しています。同キーワードで、一部他の内容を含む場合がありますがご了承ください。
115 ページ目
マシン側面をヒットするシーンも見られたが、全日本勢では最上位となる 10位でフィニッシュした。 2023年のラリージャパンを語るうえで、欠かせないトピックスが、スピードスケートで活躍した清水宏保の参戦だ。ご存知のとおり、清水は長野オリンピックで金メダルを獲得したアスリートで、ヴィッツレースや 86/ BRZレースを経て、 2021年よりラリー競技を開始。 2023年には全日本ラリー選手権に 2戦出場し、経験を重ねていた。そんな清水が、ヤリスCVTで WRCにデビュー。デイ2の SS3でクラッシュを喫してデイリタイアを決断したが、再出走後は安定した走りで総合 28位でフィニッシュ。 Text●廣本泉
、初めての WRC参戦に挑戦。 SS9でマシントラブルでデイリタイアとなり。「次回は、全 SSを走り切っての完走を目指したい」# 48清水宏保/保井隆宏 TGRラリーチャレンジ、全日本で経験を積み迎えた
113 ページ目
2023 Vol.38 (2023年10月26日発売)
デジタル
1,900円
Motorsport/トヨタ・ヴィッツ蔭山恵 JRCar3清水宏保 Muscle Rally/トヨタ・ヤリス保井隆宏 JRCar3相原泰祐 D-Sport Halfway Racing Rally Team/ダイハツ
92 ページ目
2023年4月号 (2023年03月27日発売)
1,047円
デジタル
1,047円
90新連載清水宏保さんからの YELLいくつ気があれば、何歳になってもチャレンジで元きる」そうしみじみ語るのは、スピードスケートの金メダリストにして、現在札幌で通所リハビリ、訪問看護ステーション、フィットネススタジオ、サービス付き高齢者向け住宅などを経営する、清水宏保さん。「 90歳で腕を骨折した男性なのですが、うちの通所リハに通って地道にトレーニングを続けたら、繊細な絵を描けるぐらいにまで機能回復
111 ページ目
No.21 (2023年04月07日発売)
デジタル
700円
歌手のザ・ピーナッツ︑マラソンの宗兄弟︑百歳を超えたおばあさんのきんさんぎんさんなど︑日本には各界に著名な双子がいるが︑昭和 50年男にとって最も有名かつインパクトがあったのは︑この人たちではないだろうか︒スキーノルディック複合の選手として活躍した荻原次晴︒ 1 9 9 8年の長野五輪で双子の兄・荻原健司とデッドヒートを繰り広げた名場面は多くの人の目に焼きついている︒長野五輪は異様なまでの盛り上がりを見せた大会だった︒「やっぱり五輪といえば“夏”だろうと思っていたんです︒でも︑開幕してみたら清水宏保さんのスピードスケートでの“金”に始まり︑モーグルの里谷多英さんの“金”など︑期待されていた選手
120 ページ目
2022年11月号 (2022年09月30日発売)
1,500円
デジタル
1,500円
ある。今後もこういった活動はぜひとも続けてほしいと思った。また、日産ニスモのワークスドライバーで自他共に認める G T– Rオタクの松田次生選手と、長野オリンピックのスピードスケート金メダリスト・清水宏保氏もサプライズで登場!ともにプライベートで十勝に遊びに来たとのことだが、清水氏は R 35の所有経験があり、 MY 22ニスモの納車待ちという噂も!?今回、日産プリンス札幌と合同でイベントを開催した G T–
スキーグラフィック
2022年03月10日発売 (2022年4月号)
該当のデジタル版号は販売が終了しました
38 ページ目
2/24号 (2022年02月16日発売)
デジタル
204円
、モーグルに限スピードスケートといえば、今から 24年程前、日本で開催された長野五輪で、清水宏保選手が出場した、スピードスケート 5 0 0㍍決勝のレースを、生中継で殿や番組のスタッフと見ていた時のこと。殿がレース前の清水選手の険しい表情を見て、「頑固ないい顔してんな。こりゃあ、やるんじゃねーか」と、ポツリと漏らすと、その数分後、見事に清水選手が日本人初の金メダルを獲得。歓喜に沸いたシーンを今でもよく覚えてい
Tarzan(ターザン)
2022年02月10日発売 (2022年2/24号)
該当のデジタル版号は販売が終了しました
スキーグラフィック
2022年02月10日発売 (2022年3月号)
該当のデジタル版号は販売が終了しました
POTATO(ポテト)
2022年02月07日発売 (2022年3月号)
該当のデジタル版号は販売が終了しました
ハチマルヒーロー
2022年02月01日発売 (2022年3月号)
該当のデジタル版号は販売が終了しました
総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.