神宮寺勇太 掲載ページ

名前:
神宮寺勇太

神宮寺勇太 掲載ページについて

「神宮寺勇太」のテキスト を含むデジタル版のページを発売日順に表示しています。同キーワードで、一部他の内容を含む場合がありますがご了承ください。
週刊女性自身
2023年05月30日発売 (2023年6/13号)
該当の号は取り扱いが終了しました
週刊女性セブン
2023年05月25日発売 (2023年6/8号)
該当のデジタル版号は販売が終了しました
118 ページ目
5月 23日、 Kinɡ& P r i n c e(以下、キンプリ)がデビュー 5周年を迎えて、新たなスタートを切った。「 5月 22日で平野紫耀さん、岸優太さん、神宮寺勇太さんの 3人がグループを脱退。髙橋海人さんと永瀬廉さんによる 2人体制となりました」(スポーツ紙記者、以下同)平野と神宮寺は、脱退と同時にジャニーズ事務所も退所。「岸さんは、 8月 25日に公開される主演映画『 Gメン』の
SODA(ソーダ)
2023年05月23日発売 (2023年7月号)
該当のデジタル版号は販売が終了しました
明星(Myojo)
2023年05月22日発売 (2023年7月号)
該当のデジタル版号は販売が終了しました
週刊女性セブン
2023年05月18日発売 (2023年6/1号)
該当のデジタル版号は販売が終了しました
5 ページ目
グループのファンながら購買に参加している人も。以前、本誌がメンバーを取材した際、初のベストアルバム『 Mr. 5』の収録曲の中から特別な 1曲を選ぶとしたら?という質問に、神宮寺「特別といえば、デビュー曲神宮寺勇太 25の『シンデレラガール』ですかね」永瀬「〝デレラ〟ね(笑)。いっしょ!」と、語ってくれた神宮寺勇太と永瀬廉。このときに撮影した未公開カットをご紹介します。たくさんの思い出をくれたメンバーたち
週刊女性自身
2023年05月16日発売 (2023年5/30号)
該当の号は取り扱いが終了しました
週刊女性セブン
2023年05月11日発売 (2023年5/25号)
該当のデジタル版号は販売が終了しました
22 ページ目
Kinɡ& P r i n c e(以下、キンプリ)の平野紫しょう耀と神宮寺勇太が 5月 22日でジャニーズ事務所を退所する。岸優太は同日にキンプリを脱退し、 8月 25日に公開される主演映画『 Gメン』のプロモーション活動を終える秋ごろをもって、退所する。キンプリは永瀬廉と髙橋海人の 2人でグループ活動を継続するが、事実上の〝分裂〞まで残り 2週間を切った。「 5月 23日のデビュー 5周年
週刊女性自身
2023年05月09日発売 (2023年5/23号)
該当の号は取り扱いが終了しました
Duet(デュエット)
2023年05月06日発売 (2023年6月号)
該当のデジタル版号は販売が終了しました
総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.