若元春 掲載ページ

名前:
若元春

若元春 掲載ページについて

「若元春」のテキスト を含むデジタル版のページを発売日順に表示しています。同キーワードで、一部他の内容を含む場合がありますがご了承ください。
58元春が朝乃山を寄り切り 9勝目(千秋楽)朝乃山が大関経験者の意地を見せて尊富士を寄り切る、尊富士は車椅子で退場する( 14日目)復活、台頭元春大関とりの再起点、夢を目指して歩み出せ元春は平幕に落ちた初場所、初金星で関脇に復帰した。二桁に届かなかったが九勝を挙げて、一度は諦めかけた大関とりの再起点とすることになった。十両に戻った弟の隆景とともに迷いを捨て、夢を目指して長い道のりを歩み出してほしい。朝乃山三役復帰は通過点、元の地位に戻るまでは朝乃山は西の前頭筆頭まで番付を戻して迎えた春場所、前半から黒星が続き、優勝争いに加わることができなかった。一四日目に尊富士と対戦が組まれ意地を
8 ページ目
← L“’ j j「¨1-”’-「- 1 3日目○元春(寄り切り).゛・一ミ・'.●’冖噸 l 2r“~・. 1差で追づていた大の里(左)に快勝し、初日から無傷の 1て)連勝子二左を差すと右からおっつけ?ざ気に寄り切り、賜杯に王手をかけた'qF 4. 4. a-~.、 W癇● t冫`= j丶 1_。。? 1'。丶、、 4-- 11/-.み・ノ゛・-’ 7}-.´---ミー 7日目○湘南乃海(寄り切り) l-ごい|や泳こ jj S 3 3年ぶりに新入幕力士が単独卜 rヴ
、大関・琴ノの最初で最後の優勝ということになる。琴ノの昇進によって、大関陣が霧島、豊昇龍、貴景勝、琴ノの 4人になり、 1横綱、 4大関に。三役陣の注目は、再び関脇に上がった元春。先場所は横綱
、大関・琴ノの最初で最後の優勝ということになる。琴ノの昇進によって、大関陣が霧島、豊昇龍、貴景勝、琴ノの 4人になり、 1横綱、 4大関に。三役陣の注目は、再び関脇に上がった元春。先場所は横綱
上を目指して幕内十両カラープロフィール大の里付録幕内十両星取表定価 1300円(税込)日新聞出版毎琴ノ独占インタビュー琴ノ、大の里元春保存版カラーグラビア激闘!初場所レビュー琴ノ大関印付直筆手形プレゼント元春令和 6年春場所号大正 11年 3月 31日第三種郵便物認可通巻 5824号 2024年 3月 16日発行( 2月 29日発売・増刊) NHKグローバルメディアサービス編集サンデー毎日増刊 3月 16日号
週刊ポスト
2024年01月22日発売 (2024年2/2号)
該当のデジタル版号は販売が終了しました
61 ページ目
59大相撲中継令和 6年初場所号元春は貴景勝に敗れて終わってみれば 6勝 9敗、三役から陥落( 12日目)途中出場の朝乃山は阿炎には勝ったが、 4勝 4敗 7日の休みで終わった(千秋楽)地元出身力士の応援が盛ん。琴恵光はケガで 10日目から休場だった( 2日目)元春いま一度、三役さらに上目指せ元春が、ここまで失速するとは誰も予想できなかった。九勝止まりが名古屋場所、秋場所と続き、九州場所二桁の勝星で大関とりの起点としたかったはずだ。本人は語らないが、何か故障があったのかもしれない。いま一度、三役さらに上を目指してほしい。朝乃山元の山に出直す夢は朝に見る朝乃山は場所前の秋巡業で左のふくら
25 ページ目
『料亭時葉山』の 2階に通された力士「隆元」こと兄の大波渡さん(右)と、「元春」こと弟の港さん(左)。ふたりとも食い倒れツアーに出かけるほどの食好きで、「東京カレンダーを愛読している」と渡さん「常磐もの」の旨さを体感する“歴史ある老舗ちゃんこ店で”
61 ページ目
59大相撲中継令和 5年九州場所号塩をまく元春( 14日目)朝乃山は熱海富士を寄り切り 9勝目(千秋楽)て、二桁勝星もならず大関とり継続は微妙になった。千秋楽は意地を示して九勝目を挙げ、九州場所に臨む。元春大関とり、出直しで気持ちも新たに元春は大栄翔と共に、名古屋場所からの大関とりが続くかどうかは成績次第と見られていた。大事な秋場所だったが、一一日目に五敗、そして千秋楽は琴ノに敗れて、二場所続けて二桁勝星を挙げられず大関とりは出直しとなった。九州場所は気持ちも新たに向かいたい。朝乃山大関経験者の気迫で新鋭破る朝乃山は右足の親指にケガをしての秋場所出場となった。初日白星発進し「負けて
週刊ポスト
2023年09月15日発売 (2023年9/29号)
該当のデジタル版号は販売が終了しました
30 ページ目
28隆元が福島県警の暴力団追放 PRなどに協力ウクライナ出身の獅司も人気上昇中この日の主役は地元福島市出身の元春( 8月 5日・福島市国体記念体育館)サインを求めるファンが殺到し元春は前に進めない元春が新大関豊昇龍と稽古する元春隆元地元出身大波兄弟で盛り上がる五日には、幕下の隆元と関取の元春隆景の「大波家三兄弟」の出身地、福島市で巡業が行われた。隆景はケガの治療で休場中だが、会場は約三二〇〇人の観客で埋まり、大波兄弟人気で盛り上がった。「きゃあ」という歓声が上がったのは関取との記念撮影コーナーに次男の元春が登場したとき。次々とファンが集まったが、時間に限りがあって
週刊ポスト
2023年07月31日発売 (2023年8/11号)
該当のデジタル版号は販売が終了しました
総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.