荒磯親方 雑誌一覧

名前:
荒磯親方

荒磯親方 雑誌一覧について

荒磯親方が掲載された雑誌を一覧でまとめています。表紙と掲載ページは発売日が新しい順、目次は関連度順の表示となります。同キーワードで、一部他の内容を含む場合がありますがご了承ください。

荒磯親方 表紙 (全 3 件)

荒磯親方 目次
該当する雑誌がないため検索できませんでした

荒磯親方 掲載ページ

「荒磯親方」のテキストを含むデジタル版のページを表示しています
96 ページ目
元小結松鳳山断髪式元小結で昨年の夏場所後に引退した松鳳山・松谷裕也さんの断髪式が、二月一一日、東京両国の国技館で行われ、関取や親方をはじめ、地元福岡から参加した後援会関係者ら、約四〇〇人がはさみを入れた。最後に先代師匠の荒磯親方(元大関若嶋津)が大おおいちょう銀杏を切り離すと出席者から大きな拍手が起こった。松谷さんは「一緒に稽古して戦ってきた関取衆にはさみを入れてもらってうれしかった。いい
31 ページ目
で二四年春場所には小結を務めた。断髪式には新型コロナウイルスの影響で木瀬親方や同じジョージア出身の栃ノ心などは参加できなかったが、元横綱白鵬の宮城野親方など約一七〇人が髷まげにはさみを入れた。今後は
28 ページ目
26 26 26 26 26 26 26新しい建物で部屋開き元横綱稀勢の里の二所ノ関親方が故郷茨城県に新しく部屋を建て、六月五日に部屋開きを行った。また、元関脇玉乃島の放駒親方は先代師匠で元大関若嶋津の荒磯親方から引き継いだ部屋を東京都足立区の建物に移し、四月九日の部屋開きで再スタートを切った。二所ノ関部屋敷地一八〇〇坪に土俵二面二所ノ関親方は田子ノ浦部屋で後進の指導にあたったあと、昨年八月に独立して茨城県つくば市を拠点に活動してきたが、親方の出身地の茨城県牛久市に隣接する阿見町に建設していた部屋が完成し、六月五日に部屋開きが行われた。初めに二所ノ関親方と部屋付きの中村親方(元関脇嘉風)や
週刊ポスト
2022年06月10日発売 (2022年6/24号)
該当のデジタル版号は販売が終了しました
65 ページ目
荒磯親方となった先代に報告すると「『おめでとう』と喜んでくれました」と笑顔を見せた。会見には現在の師匠、放駒親方(元関脇玉乃島)が同席し「稽古場で頑張ってきたので当然の結果。先を見て頑張ってほしい」と
週刊ポスト
2022年01月24日発売 (2022年2/4号)
該当のデジタル版号は販売が終了しました
総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.