藤田真央 掲載ページ

名前:
藤田真央

藤田真央 掲載ページについて

「藤田真央」のテキスト を含むデジタル版のページを発売日順に表示しています。同キーワードで、一部他の内容を含む場合がありますがご了承ください。
144 ページ目
「野島賞」藤田真央が受賞東京音楽大学は、前学長である故・野島稔の名前を冠した「野島賞」を創設。第 1回の受賞者にピアニストの藤田真央( 2 0 2 0年 3月卒業)が選ばれ、 10月 26日に授賞式が行わ
182 ページ目
契約外の選手達も解禁初日かて、すごく良かったです」女子ツアーでは解禁初週の試合から西郷真央藤田さいきなど契約外の 7選手が使用していた。終盤戦を迎える日本ツアーでは、早くも『 A i– O N E旋風
267 ページ目
唯一の安息の場とする高校生・真央の密かな背徳を描いた「深海魚」などの全 6編。すべてを読み終えた後、さて、あなたの脳裏には、どのような絵が浮かぶだろうか。 A rt『開館 1周年記念特別展二つの頂─宋磁
192 ページ目
/持田正憲電気設備大瀧設備事務所担当/大瀧牧世ランドスケープ E-DESIGN担当/忽那裕樹山田匡石田真実仲山真央照明 TILe担当/岩壁泰良積算フジキ建築事務所担当/高橋紀之堀合保弘施工──────────────────建築東海建設鋸南支店担当/栗林圭一島塚哲也仲山学電気幸洋電設担当/石井仁鈴木慎機械青木酸素商店担当/青木崇鉄骨ハートランドエンジニアリング担当/藤田靖人鉄工坂本鉄工建設担当/曽田明丈わっか木工事
AERA(アエラ)
2023年10月30日発売 (2023年11/6号)
該当のデジタル版号は販売が終了しました
132 ページ目
319 (2023年10月20日発売)
1,080円
デジタル
980円
“人間らしさ”が反映されていて、多くの人と共有したいと思いました。この演奏が 80代のピアニストによるものであることを考えると、その威力に圧倒されます」とコメントしている。野島賞に藤田真央東京音楽大学は、前学長・故野島稔の名前を冠した「野島賞」を創設。第 1回の受賞者はピアニストの藤田真央( 2020年 3月卒業)に決まった。授与式は 1 0月 2 6日(木)、東京音楽大学中目黒・代官山キャンパス TCM
78 ページ目
2023年11月号 (2023年10月19日発売)
1,320円
デジタル
1,100円
14チーム)。池原は 2、 2、 4、 1得点して、通算 10ゴール。藤田明日香(ビストリシャ・ナサウド/ルーマニア女子 1部)ビストリシャ・ナサウドは 9月 9日のクライヨーヴァ戦を 28−30で落としたが、 16日のザラウ戦を 23−21、 23日のチスナディエ戦を 35−25と連勝して、 4勝 1敗の 3位(全 14チーム)と好調だ。藤田は産休中。田邉夕貴(チューリンガー/ドイツ女子 1部
123 ページ目
2023年11月号 (2023年10月18日発売)
1,100円
デジタル
1,100円
も増えた。人の活躍だ。 9月 2日には藤田真央( p)の当音楽祭初リサイタルが開かれた。昨年リッカルド・シャイー指揮ルツェルン祝祭管弦楽団との共演でデビューしたときはスタンディング・オヴェーションを受けたが、それを知らない聴衆もまだ多い。晴天の土曜の午後、 2階席までは 8割がた満席という集客率は藤田に対するポロネーズ》」は幻想的性格を前面に出し、サロンで弾いているショパン自身が人生を振り返って
113 ページ目
. 41大石真央静岡 B1 4. 30▲高憧四季大阪 A1 6. 20黒明花夢岡山 B2 3. 35福山恵里奈山口 B1 2. 77中尾彩香福岡 B1 2. 65野田彩加山口 B1 3. 42山下奈緒大阪
106 ページ目
2023 Autumn no.2 (2023年09月27日発売)
1,100円
デジタル
1,100円
○(大将同士)△佐世保工江頭結衣○縦四方固△大石紗津貴江頭結衣○背負投△前田充希江頭結衣○背負投△草野照代江頭結衣△小外刈○河野未憂田邊優音△支釣込足○河野未憂新谷真央△合技○河野未憂湯木志乃芙引分河野未憂
75 ページ目
159 18田中真央 1 153<今年の目標>全中出場(九州大会ベスト3)。<チームの特徴>小さな選手が多いので、全員で守り、全員で攻めることを意識している。<得意の戦術パターン> 2対 2からのカット
142 ページ目
318 (2023年09月20日発売)
1,080円
デジタル
980円
大戦バレエ・リュスジャズ無調への展開百花繚乱多様な魅力特別インタビュー下野達也 P.ヤルヴィ沼尻竜典 2023年 2月号きらめく。ピアノ協奏曲藤田真央インタビュー日本と海外の若手ピアニスト在庫少数
総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.