西本幸雄 雑誌一覧

名前:
西本幸雄

西本幸雄 雑誌一覧について

西本幸雄が掲載された雑誌を一覧でまとめています。表紙と掲載ページは発売日が新しい順、目次は関連度順の表示となります。同キーワードで、一部他の内容を含む場合がありますがご了承ください。

西本幸雄 目次

「西本幸雄」のテキストを含む目次の号を表示しています
西本近鉄 1974-1981 魂の記憶 [カラーグラビア] PROLOGUE COVER STORY 西本幸雄 「見捨てない心」 インタビュー再録 伝えたい、西本語録 ...
MAN STORY 西本幸雄の人間力 上田阪急、黄金時代の情景 勇者の記憶 SPECIAL INTERVIEW Ⅰ 山田久志 「西本さんがいてくれたから」 SPECIAL TALK 福本 ...
2リーグ初代日本一と西本の挫折 山内和弘と榎本喜八とミサイル打線 【1962-1972】 東京スタジアムと、1970年の栄光 小山正明「東京オリオンズを変えた男」 成田文男&木樽正明「ダブルエ...
ムファイターズ 本村幸雄選手教育ディレクターに聞く若手育成論 Ⅲ広島東洋カープ 水本勝己二軍監督に聞く若鯉育成論 2019年12球団ファーム事情 哀愁の多摩川ブルース 航空写真で見る19...
「1時間19分」 Ⅱ西本幸雄と「スクイズ」 Ⅲ古葉竹織と「江夏の21球」 Ⅳ落合博満と「山井交代」 Ⅴ星野仙一と「マー君連投」 SELECTION 名将のセリフ集Ⅱ INSIDE REPOR...
ら敵味方、上田利治と西本幸雄 MONOCHROME 蘇る「知将」の言葉 Ⅰ黄金の季節 1974-1978 SPECIAL INTERVIEW 山口高志 「太く短く、剛腕の記憶」 SPEC...

西本幸雄 掲載ページ

「西本幸雄」のテキストを含むデジタル版のページを表示しています
37 ページ目
No. 1[歴代ショートストップベスト 5] No.担が独断と偏見で選ぶ 2石渡茂 1971-82 OSAKA KINTETSU BUFFALOES大阪近鉄バファローズ「江夏の 21球」の最後の打者 1970年代後半に西本幸雄監督によって強くなった時代の近鉄の正遊撃手で、ショートとしての 918試合出場は球団史上最多。 79年の広島との日本シリーズ第 7戦(大阪)の 9回裏一死満塁の場面で江夏にスクイズを外され、空振り三振で最後の打者になったことで有名だ。吹石徳一 1975-88ショートにまつわる豆知識 2年連続ダブルヘッダーで先発真喜志康永と言えば遊撃手としての通算出場が 325試合で
47 ページ目
いくものだ。「再生工場」と言われた野村克也、西本幸雄、広岡達朗ら過去の名将のほとんどがそうだった。だが、星野は違った。中日の第 1期政権時代、トレードで 39人もの選手を放出し、 28人を獲得した。第
64 ページ目
2024年6月号 (2024年05月07日発売)
1,430円
デジタル
490円
Stage, Movie, Music, Book... and Art!蜷川幸雄のもとでシェイクスピア全 37戯曲上演を達成した彩の国さいたま芸術劇場が、蜷川からの信頼が厚かったシェイクスピアリアン・吉田鋼太郎による新シリーズをスタート。他の 36作とは別格の思い入れがあるという『ハムレット』で吉田が白羽の矢を立てたのは、繊細な表現力に定評ある柿澤勇人。ベストキャストだと思う。『ハムレット
51 ページ目
2024年6月号 (2024年05月02日発売)
1,390円
デジタル
1,390円
―近鉄日本シリーズ最終戦、「江夏の 21球」の阿修羅の投球に屈した直後のことだった。当時の西本幸雄監督と和歌山県白浜・椿温泉の監督の別荘で残念会をやろうとなってほろ苦い酒を飲んだ。その帰路に峠の植木屋さんで筆者は酢橘の苗木を記念に買った。西本監督は「俺はやめとくわ」となったが、その酢橘の実が季節になるとたわわに実る。のちに西本さんが我が家に立ち寄ったときに「これですよ、あの『江夏の 21球』のときの記念の記憶は」と言えば、〝悲運の名将〞は「お、これか」と何とも言えない表情をチラッとのぞかせた。西本さんは苦笑すると、「俺のことを悲運の将と言うけど、俺は負けたけれど、みんなにあれだけ声援を受けて
32 ページ目
芝と、シカゴのリグレー・フィールドなど当時の MLBの球場を参考に設計された前年に叶わなかった地元 Vでリーグ連覇を遂げた 1968年。ファンもなだれ込み、多くの人の手で西本幸雄監督を胴上げ 1981
56 ページ目
起こす。大音量の軍歌に叩き起こされたのは、高知で春季キャンプを行っていた阪急ブレーブスの選手たちだ。山田久志、福本豊、加藤英司……昭和 40年代、名将・西本幸雄監督のもとでパ・リーグを 5度も制しながら
総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.