貴景勝 掲載ページ

名前:
貴景勝

貴景勝 掲載ページについて

「貴景勝」のテキスト を含むデジタル版のページを発売日順に表示しています。同キーワードで、一部他の内容を含む場合がありますがご了承ください。
61大相撲中継令和 6年夏場所号霧島場所前の好調むなしく大不振霧島は場所前、いちばん好調が伝えられていた。優勝候補の筆頭という見方もあった。しかし、場所が始まると好調という情報がむなしくなるほどの大不振。五勝一〇敗で夏場所はカド番に追い込まれた。この試練を乗り越えれば強い霧島が戻ってくるだろう。景勝大関の地位を誇りに再起の道景勝は首の痛みに苦しみ続けている。令和元年夏場所、当時幕内最年少の
34 ページ目
586号 (2024年05月01日発売)
840円
デジタル
840円
2023年 9月 23日投稿使用枚数と紙の形:各 2枚/正方形本体 Bodyざぶとん基本形より開きます④ 34 ORIGAMI No. 586- 2024. 7①おすもうさん Sumo wrestler by Sayoko KUWABARA伝承のおすもうさんからできました。後ろ姿だと見る人によって違う力士の名が出てくるのがおもしろいなと思います。あんこ型※を基本に工夫すると個性的な力士も加わります。ちなみに私は、景勝だ!と思いました。(作者)※魚のアンコウを連想させるところから、太った体型の力士。反対にやせた体型の力士は「そっぷ型」。ソップはスープの古風な表現で、スープに使う「がら」を連想させること
今まさに開催中の大相撲三月場所。いちばんの注目はなんといっても新大関・琴ノ若!琴ノ若といえば、父は元関脇・琴ノ若、祖父は元横綱・琴櫻のサラブレッド。生家が相撲部屋のため、 2歳のときからまわしをつけ、下駄で小学校に通っていたそう。大関昇進を機に祖父の四股名「琴櫻」を襲名する予定だったけど、今場所だけ、父が成し得なかった「大関・琴ノ若」を叶えるために 1場所名前を変えずに土俵に上がることに。優勝すれば、大関・琴ノ若の最初で最後の優勝ということになる。琴ノ若の昇進によって、大関陣が霧島、豊昇龍、景勝、琴ノ若の 4人になり、 1横綱、 4大関に。三役陣の注目は、再び関脇に上がった若元春。先場所は横綱
今まさに開催中の大相撲三月場所。いちばんの注目はなんといっても新大関・琴ノ若!琴ノ若といえば、父は元関脇・琴ノ若、祖父は元横綱・琴櫻のサラブレッド。生家が相撲部屋のため、 2歳のときからまわしをつけ、下駄で小学校に通っていたそう。大関昇進を機に祖父の四股名「琴櫻」を襲名する予定だったけど、今場所だけ、父が成し得なかった「大関・琴ノ若」を叶えるために 1場所名前を変えずに土俵に上がることに。優勝すれば、大関・琴ノ若の最初で最後の優勝ということになる。琴ノ若の昇進によって、大関陣が霧島、豊昇龍、景勝、琴ノ若の 4人になり、 1横綱、 4大関に。三役陣の注目は、再び関脇に上がった若元春。先場所は横綱
63 ページ目
を利用し、中国南部の街「桂林」を視察した。桂林は 20元紙幣の絵柄にも採用される、有名な景勝地を有する古都だ。川の両岸に無数の石灰岩の岩峰「タワーカルスト」がそびえ立つ幽玄な景色をテレビや写真で見知っ
59大相撲中継令和 6年春場所号新小結宇良は負け越すが、大技の伝え反りで竜電を破り観客を沸かせた(千秋楽)豊昇龍は二枚蹴りで霧島に敗れ、右膝を痛めて翌日から休場( 13日目)景勝は若元春に突き出され首を痛めて 4日目から休場( 3日目)出入りはあるが 9日目を終えて休場者は 7人に景勝ケガを完治し万全の体調で戻ってほしい景勝は満まん身しん創そう痍いで土俵に立ち続けていた。首の痛みで場所前の稽古も十分にできない中、初日から連勝して好調な出だしと見えた。しかし三日目若元春に突き出されて首が悪化、途中休場した。カド番の春場所、ケガを完治させ戻ってほしい。豊昇龍結びが不戦敗、汚名返上の覚悟
週刊ポスト
2024年02月26日発売 (2024年3月8・15日合併号)
該当のデジタル版号は販売が終了しました
50 ページ目
Vol.27 (2024年02月09日発売)
デジタル
700円
と共に生きて死ぬ〟という義の心を植えつけたのである。「個人的には行動を共にする茂助や、忍者の次郎坊との会話が好きなんです。茂助役の川本成なるさんのまっすぐなお芝居と、次郎坊役の郷田ほづみさんの強面だけど軽快な感覚。演じていても楽しかったですし、あの独特な空気感を生み出せたのは、お二人に助けていただいたおかげだと思います」ちなみに作品が作品だけあって、キャストにも実に男らしい役者陣が配置されている。兼続の主・上杉景勝はアニメ『 B L E A C H』で茶さどよしとら渡泰虎を演じた安元洋。上杉謙信は『インファナル・アフェア』シリーズなどアンディ・ラウの吹き替えで知られるてらそままさき。石田三成
76 ページ目
’ 23年 12月 27日、景勝( 27)は「ジェラートピケ化粧まわし贈呈式」に出席。景勝は、モコモコパジャマが代名詞のジェラピケ特製まわしを見て「この唯一無二の化粧まわしに恥じないような相撲をとっていきたい」と、一月場所の意気込みを語った写真・梅基展央次号の F L A S Hは月日(火)発売です。 3 13 16 18 20 28 29 36 40 47 53 61 62 64 66 68
154 ページ目
景勝化粧まわし贈呈式撮影/矢島泰輔景勝
週刊ポスト
2024年01月04日発売 (2024年1/12・19合併号)
該当のデジタル版号は販売が終了しました
4 ページ目
NHK金杯を受け取る(写真はすべて九州場所千秋楽)賜盃を手に万歳(代表撮影) NHK福岡放送局からサンデースポーツに出演旗手の時疾風(左)と優勝パレード景勝に突き落としで勝って 13勝を挙げた霧島が大関になって初通算二回目の優勝 2
総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.