富士山マガジンサービス、DCコミックス「サンドマン」日本語版の定期購読を受付開始

アメリカのDCコミックス社コミックシリーズ「サンドマン」の日本語版が、新たにインターブックスより刊行され、定期購読を「Fujisan.co.jp」のみで受付開始。
雑誌の定期購読を軸に会員型ビジネスを展開する株式会社富士山マガジンサービス(本社:東京都渋谷区、代表取締役:西野伸一郎 以下、富士山マガジンサービス)は、株式会社インターブックス(本社:東京都千代田区、代表取締役:松元洋一 以下、インターブックス)刊行の「サンドマン」日本語版を、オンライン書店「Fujisan.co.jp」にて定期購読販売します。第一弾として「サンドマン 序曲」の先行予約を、2023年3月23日に受付開始します。

TM & © 2023 DC. All Rights Reserved. ※「サンドマン 序曲」画像

富士山マガジンサービスでは、雑誌定期購読の実績を軸に、書籍やコミックスなど取り扱う商品を拡大しています。また、雑誌販売で積み上げた顧客データベースを活用した販売促進にも取り組んでいます。

この度、アメリカのDCコミックス社コミックシリーズ「サンドマン」の日本語版が、新たにインターブックスより刊行され、定期購読を「Fujisan.co.jp」のみで受付することになりました。シリーズ第一弾として、「サンドマン 序曲」を2023年4月11日に発売、その後、3か月ごとに「サンドマン3」まで刊行を予定しています。

販売促進の取り組みとして、定期購読販売にけるイセンティブ設計なども支援しています。今回は、定期購読者に対する先着での限定特典を用意しました。さらに、従来のアメコミファン以外にもアプローチできるよう、富士山マガジンサービスの顧客データベースを活用したメールプロモーションを行う予定です。

今後も富士山マガジンサービスでは、顧客データベースを活用したプロモーションや会員サービスの強化、デジタル活用によるコスト削減、EC事業への展開などを通して、出版社の販路拡大をサポートしてまいります。

※定期購読者限定特典のタロットカード

【定期購読および限定特典の概要】
定期購読
・コミックスの定期購読として月額払いで受付
・先行予約を2023年3月23日に開始

定期購読者限定特典
・タロットカード(1巻あたり2枚セット)※先着300名

詳細は以下の販売ページをご覧ください。
「サンドマン」定期購読ページはこちら

【お客様のお問い合わせ先】
株式会社富士山マガジンサービス 「Fujisan.co.jp」カスタマーサポート
Email: cs@fujisan.co.jp

■「サンドマン」について(原題:The Sandman)
ニール・ゲイマン原作、アメリカのDCコミックス社から1989~1996年にわたり刊行されたコミックシリーズ。夢の王・ドリーム(サンドマン)を中心に描くダークファンタジーで、その壮大な物語と高い芸術性から幅広い層の読者を獲得、グラフィックノベルの普及に大きく貢献した。1991年、シリーズ中の短編『真夏の世の夢』が世界幻想文学大賞最優秀短編賞を受賞。コミックブックとしては異例の受賞である。アメリカのコミック界で権威あるアイズナー賞はオリジナルシリーズだけで20回近く受賞している。

■株式会社インターブックスについて
1991年創業以来、翻訳会社として、編集プロダクションとして、さらには出版社として、「言葉の壁をなくし、真のコミュニケーションで世界の人々に貢献する」というミッションを掲げて事業を推進。「真のコミュニケーション」とは、単に、言語を他の国の言語に置き換えるのではなく、相手の国の文化や歴史、環境などさまざまな要素を理解して相手に伝える事であると考え、多言語の翻訳・編集・出版を通して、高品質なグローバルビジネス、コミュニケーション支援を実現している。
WEBサイト:https://www.interbooks.co.jp/

■富士山マガジンサービスについて
国内外10,000誌以上を取り揃える、日本最大級の雑誌オンライン書店Fujisan.co.jpを運営。定期購読販売を中心に、月間100万件以上のサービス利用があります。電子雑誌配信では、国内外18の大手電子書店へ雑誌データを提供。雑誌コンテンツを軸に、定期購読者をコアな雑誌ファン=メンバーシップと位置付け、新しい会員型ビジネスの開発も行っています。雑誌出版社へ向けては、編集・制作プロセス効率化ツールの提供、デジタル活用や収益構造の改善などを支援しています。出版社と読者をつなぐ役割を担い、雑誌ビジネスの未来を創造してまいります。

プレスリリース TOPへ