BRUTUS TRIP 表紙
※定期購読のイメージ画像
この商品は現在取り扱っておりません。

BRUTUS TRIPのバックナンバー

BRUTUS TRIPの内容

常に刺激を求める読者にさまざまなジャンルのテーマを新しい切り口で発信!
「TRIP」は短い航海。遠足。つまずき。軽快な歩み。幻覚。など・・・人生は、「TRIP」の繰り返しである。人は皆「TRIP」することで刺激的な毎日を送ってきた。[BRUTUS TRIP]は自らの欲求のために、世界を縦横無尽に駆け巡る。日常を離れ、どこかへ移動する行為。それが、人を成長させ、大きくする。新しいスタイルマガジン[BRUTUS TRIP]が、今、あなたを[TRIP]させるはずだ。
「BRUTUS TRIP(ブルータス トリップ)」、いよいよ発売です!

 BRUTUSからスピンオ フした新雑誌。早速手にしていただいた読者の方々は、その版型の 大きさやコンテンツ、ページデザインに、独特の世界観を感じ取っ ていただけたかと思います。加えて、付録についた6都市120アドレ スのガイドブック「TRIP IN HAND」の充実ぶりに、今すぐどこかに 行きたくなった人も多いはず。BRUTUS TRIPは「日常を離れ、何処かへ移動する行為=TRIP」を集めたスタイルマガジン。年末年始に海外旅行を楽しむ方も、家でまったり読書をして過ごす方も。刺激を求め人生を楽しむ人々全てが「TRIPPER」です。BRUTUS TRIPを読みながら、それぞれの脳内トリップをお楽しみください。


[ TRIPしてますか? ]

 今回、この新しい雑誌を作る行為、それ自体がまさに「TRIP」でした。BRUTUSとは、版型、デザイン、コンセプトが違っているので、一つ一つのストーリーについて、レイアウト、原稿が完成していく度に、新しい場所に到着した旅気分を味わったわけです。手に取ってくれた読者がページをめくっていく時、同じようなワクワク感を少しでも感じていただけると嬉しいです!

 人は、一つの「TRIP」を経験する度に、成長する!? そんなことを思ったり……。次号は、来年3月発売予定です。実は、そこに向かって、新たな「TRIP」が始まっております。

●石渡健文(BRUTUS TRIP編集長)


商品情報

商品名
BRUTUS TRIP
出版社
マガジンハウス
発行間隔
ムック

BRUTUS TRIP取扱い開始コール♪

「BRUTUS TRIP」定期購読・月額払い購読が取扱いされた時にお客様にお知らせいたします。ご希望の場合はメールアドレスをご登録ください。メールにてご案内いたします。ご登録は無料です!
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

レビュー

  • 総合評価: ★★★★☆ 4.14
  • 全てのレビュー: 7件
女子に優しい雑誌さん💖
★★★★★2016年05月31日 竹中歩望 社長
10代の頃より、拝見させていただいています。仕事上、年上の方とお話しをする際には必ず読んでから、目上の方と会うようにしています。情報が、とにかく真新しいので助かります。いつも、アィディアをいただける雑誌です。ありがとうございます
旅行雑誌のジャンルでくくれない
★★★★☆2010年07月06日 あんこ 自営業
旅行雑誌のジャンルでくくれない雑誌です。雑誌の造りが面白いです。もう今は販売されてないと思いますが、過去の持っている分を今でもたまに見返します。(読み返すではないです)
新しい感性を磨く雑誌
★★★★★2008年10月25日 末永えい子 主婦
デザイン系の仕事をしている私にとって、この雑誌はとても刺激的でした。海外に目を向けることが自然にでき、海外に行ってみたくなる雑誌。完成度の高い雑誌で、いつも手元に置いておきたいなぁ、と思いました。
感性を刺激!
★★★★★2008年04月13日 LOTTA 自営業
読み応え充分な1冊です!手塚治虫をフィーチュアした項が印象的。装丁もすごくクール!!あえてかがり綴じを持ってくるあたりもサスガですね~
写真がキレイ!
★★★★★2008年03月02日 tyoy 自営業
異国の香りがとにかくプンプンします~。紙面も大きめなので見やすい!大切においておきたい一冊デスもっと出てほしいなぁ~
感性が合わなかった・・・
★★☆☆☆2008年02月27日 のぶ21 会社員
独特の視線でいくつかの都市にクローズアップした旅行情報誌だと思いました。BRUTUS読者にはしっくり来るのかもしれませんが、自分にはちょっと視点が合わなくてあまり興味をそそられませんでした。
ちょっと違う視点
★★★☆☆2008年01月04日 kyon アルバイト
家に送られてきたときからちょっとびっくりしました。「これって乱丁?」というような背表紙のない装丁です。出版社に問い合わせていただいた結果、「和綴じ」をイメージしているとかで乱丁ではないことがわかりました。ありきたりの切り口ではなく、私の興味のある視点での旅の紹介に納得しきりです。ただ一つ、海外に行く機会があまりないので、国内に的を絞ったものにして欲しいとは思いますが(海外に軸足が偏りすぎ)。

BRUTUS TRIPの所属カテゴリ一覧

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.