日本最大級の雑誌オンライン書店

管球王国の定期購読

オーディオの原点・徹底探求!最新の真空管アンプとウェスタンエレクトリックなど、ヴィンテージ・オーディオの音を聴いて魅力を探求!
オーディオの究極を模索する人の到達点はそれぞれですが、ひとつの究極は真空管とアナログレコードによるサウンドです。それをひとたび体験すれば、その魅惑から決して逃れることができないでしょう。管球アンプで聴けば、最新のSACDもアナログレコードも新しい魅力を聴かせます。『管球王国』は最新の真空管アンプから、歴史的価値のあるヴィンテージ・スピーカーやアンプの魅力を考察する記事を満載します。真空管やトランス、スピーカーについての豊富なデータを紹介して、実際に聴き比べます。キットや自作派のための製作記事もあり憧れのマイアンプが作れます。あなたもこの異次元ワールドの扉をたたいてみませんか?!
定期購読のメリット
初めてのご利用の方は
500 円割引
ご注文金額合計が 5000 円以上で使えます。
バックナンバー読み放題

2019年07月29日(月)発売号から閲覧が可能です。
定期購読中に限り、デジタル版の閲覧が可能です。

毎号、お手元に
送料無料でお届けします

※購読プランごとに内容は異なります。

500割引の詳細 500割引の詳細
レビュー投稿で500割引の詳細 レビュー投稿で500割引の詳細

管球王国のレビュー

総合評価: ★★★★☆ 4.22
真空管に興味のある方にはマストバイ
★★★★☆2022年11月07日 なかじま 会社員
表題の通りです。値段は高いですが、季刊ですので真空管アンプや自作オーディオに興味がある方には最適です。
総合評価: ★★★★☆ 4.22
全てのレビュー:10件
真空管に興味のある方にはマストバイ
★★★★☆2022年11月07日 なかじま 会社員
表題の通りです。値段は高いですが、季刊ですので真空管アンプや自作オーディオに興味がある方には最適です。
類似の雑誌はない
★★★★★2022年05月16日 髭熊 無職
長年愛読しているが管球アンプに特化したオーディオ誌はないので毎回楽しんでいる。
改善して欲しい点あり
★★☆☆☆2021年05月04日 真空管マニア 医者
長らく定期購読していましたが、今回から内容を見てからの購読に切り替えました。理由は、最近のアンプ製作の内容に疑問ある考え方があること、真空管やそのアンプの評価の表現にその方々の趣味趣向が強く感じられること、最大の理由はその評価する方々の年齢がかなり高いことです。人間の記憶力と聴覚は間違いなく年齢とともに低下していきます。オーディオ評価において聴力と記憶力という点で、30歳代〜50歳代の方々の評価が主体になるべきと思います。残念ながら「管球王国」の評価メンバーは明らかに高齢者のため、聴覚以上に個性による想像力がそれを補っていると思われる表現が多く見られます。
いつも大変参考にさせていただいております
★★★★★2021年04月27日 ヒゲまー 会社員
真空管の特集など自分では比較できないような詳細比較を読ませていただいて管球購入の参考にさせていただいております。 ハイエンド機には手が出ないですが自作のための情報収集と言い聞かせて読ませてもらっています。
いつも楽しみにしています
★★★★☆2020年10月24日 タケ 会社員
振り返れば20年以上も読み続けてました。 いつもどんな真空管が取り上げられるのか、新しいアンプはどうなのかを楽しみに3ヶ月待ってます。 これからも真空管の良さを広めてもらいたいです。
初心者には やや敷居が高いかもしれません。
★★★☆☆2019年08月16日 waiwai 会社員
庶民的なオーディオファンで、単品コンポーネントも20万円から50万円程度で楽しんでいます。真空管アンプに興味があり導入の参考になればと当誌を購入しました。紙面の構成、記事の内容も趣味性が追求されていて楽しめましたが、エントリークラスの導入を考えている者にとっては敷居が高かったです。しかし、車にたとえると高級輸入車を取り上げる雑誌を読んで楽しむということに対する訴求力のある内容で、そうとらえるなら 見て、読んで楽しい雑誌です。
真空管のマニアなら必読!!
★★★★★2019年03月09日 真空管マニア 医者
毎回、詳細な記事を楽しみにしています。上杉さんがお亡くなりになってからはどうなるかと思いましたが、アンプ製作記事も充実しています。
評論
★★★★★2018年10月27日 dean 自営業
色々とオーディオの歴史と現状がよくわかり読んで楽しい雑誌である。
管球好きのバイブルです
★★★★★2013年06月16日 ドイツの球好き 会社員
ドイツのフランクフルト在住。楽好きで原音追求というより、ノスタルジックな管球アンプのムードが大好きです。 2005年35号以降、管球王国を定期購読してしております。仕事場”年寄り趣味”、”化石”扱いを受けていますが、自作派にも既成品のコレクターにも非常にバランスのとれた記事内容です。 小生の様な、管球アンプを作りながら、死ぬまで持ち続けようという同好の士にとっては バイブル的な雑誌です。
真空管と音楽
☆☆☆☆☆2004年03月20日 GIN 会社員
湾岸戦争で米軍の無線機が砂嵐で使用できなくなり、第二次世界大戦時代の真空管方式の無線機を引っ張り出してきたという話は有名です。オーディオの世界でもひずみが多いはずの真空管の方がいい音がすると言われています。ノスタルジーではなく、最新の技術を使用した真空管アンプの世界は、多くのユーザーを魅了しました。管球王国はそんなユーザーのための雑誌です。
さらに10件のレビューを見る

管球王国の ご注文

定期購読プランを選んでください。

月額払い
最新号は 2,970円
送料: 無料

■開始号をお選びください

注意事項:
  • 対応端末: PC・iOS・Android (印刷可)
  • 2019年07月29日(月)発売号から閲覧が可能です。
  • 定期購読中に限り、デジタル版の閲覧が可能です。
  • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。

お客様情報とお支払い方法をご入力ください。

  • 初めての方
  • ご登録済みの方

■お客さま情報

※すでにご登録されている方は、「ご登録済みの方」のタブに移動してください。

下記のいずれかのボタンをクリックしますと、お客様情報をご記入するページへ移動します。

■ご登録される法人の方

お見積書の発行も行うことができます。

■ご登録される海外にお住まいの方

紙の雑誌は、海外住所には配送できません。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

趣味・芸術 雑誌の売上ランキング

1 BIRDER(バーダー)

文一総合出版

BIRDER(バーダー)

2024年07月16日発売

目次: 特集 ブンチョウ

・これが野生のブンチョウだ!  文・イラスト●一日一種
・ブンチョウのふるさとを訪ねて  文●田仲謙介 写真●Go Indonesia Tours
・意外と知らない体のヒミツ  文・写真●海老沢和荘
・ALOHA!ブンチョウのハワイ暮らし  文・写真●小島奈緒美
・ブンチョウ研究最前線─その隠された能力を探る
 - 繁殖成功の秘訣は、目ヂカラと嘴パッチン  文・写真●相馬雅代
 - ブンチョウ流芸術鑑賞  文・写真・図●一方井祐子 文●渡辺 茂
・北斎が描き、漱石が記した異国の小禽 日本人と文鳥 400年史  文●細川博昭
・白文鳥の町、弥富の文鳥文化復活を目指して ブンチョウプロジェクトの歩み  文・写真●佐屋高校文鳥プロジェクト
・“ブンチョウの楽園”に行ってみた  構成●BIRDER 協力●相模原麻溝公園動物広場
・白文鳥のこと  文・写真●中村 文

BIRDER Graphics
・“野生”のペットバード  文・写真●岡本勇太

[Pick Up!]
・【連載】高柳明音の推し鳥に会いたい! #番外編|TSUBASA とり村  文・写真●高柳明音、BIRDER 取材協力●認定NPO法人TSUBASA
・【連載】鳥の“都会暮らし はじめました”|世界各地で都会暮らし・ブンチョウ  文●柴田佳秀 イラスト●安斉 俊

[連載]
・アートカレンダー 作家の手仕事 #08|オナガの立体切り絵  制作●ともだあやの
・叶内拓哉セレクト 厳選!投稿鳥写真|「海の鳥」「気象」  選評●叶内拓哉 写真●三橋直樹、田中 洋
・標す・識る・調べる・査べる─足環とともに100年 #08|アホウドリの年齢を“正しく”知るには?  文・写真●今野 怜
・Zoomersの個視探々 #17|イイジマムシクイ 識別と渡り個体の探し方   文・写真●加藤銀次 構成●Zoomers
・鳥たちの素敵な名前の物語 #56|キクイタダキ(菊戴)  文・写真●大橋弘一
・鳥の形態学ノート #173|アオバズク うろこがない!   文・イラスト●川口 敏
・Field Report #164|タマシギをもっと知りたい。III  文・イラスト●水谷高英
・ぶらり・鳥見 散歩道|四国で見つけた夏鳥のホットスポット(香川県高松市・ドングリランド)  文・写真●♪鳥くん 協力●すだち山
・BIRD CHALLENGE by Jizz #62|高山帯の小鳥  文・写真●神戸宇孝
・アートカレンダー 作家の手仕事 #08|オナガの立体切り絵 制作裏話  制作・文・写真●ともだあやの
・博物館発!鳥のお宝ツアー #41|どこに行くかもう決めた!? 2024年夏の特別展!  構成●出口翔大、中原 亨、平田和彦
・方舟の鳥たち─希少な鳥を動物園で守る #08|アカモズ  文●高見一利
・鳥研究の裏ばなし #24|トラブルだらけのフランス生活 謝れないならお礼を言えばいいじゃない?   構成●鳥類学若手の会 報告●五藤 花

その他
・よい鳥撮は、よい観察から「BIRDER観察・撮影会」参加者募集
・「お食事中のカラ類」写真「ご当地のカラ類混群メンバー」情報大募集

今月のプレゼント
BIRDER’s BOX
BOOK REVIEW

参考価格: 1,100円

日本で唯一のバードウォッチングマガジン。野鳥観察愛好者必携!

  • 2024/06/14
    発売号

  • 2024/05/16
    発売号

  • 2024/04/16
    発売号

  • 2024/03/15
    発売号

  • 2024/02/16
    発売号

  • 2024/01/16
    発売号

2 将棋世界

マイナビ出版

最大
50%
OFF
送料
無料

将棋世界

2024年07月03日発売

目次: ●特別企画
・山崎将棋の破天荒な魅力 語り/糸谷哲郎八段 構成/住吉薫

・WEBで応募しよう! 第37期竜王戦挑戦者予想クイズ

●連載インタビュー
 特典で取材動画が付いてくる!
・私の戦い方 vol.6 増田康宏八段
「繊細さと向上心」 インタビュー/島田修二

●公式戦ほか
・第82期名人戦七番勝負 藤井聡太名人vs豊島将之九段
【第5局】驚嘆すべき応用力の高さ 解説/広瀬章人九段 記/大川慎太郎
・第9期叡王戦五番勝負 藤井聡太叡王vs伊藤匠七段
【第4局】ポスト八冠時代の光景 記/會場健大
・第95期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負 藤井聡太棋聖vs山崎隆之八段
【第1局】「負けるべくして負けました」 解説/山崎隆之八段 聞き手/今井和樹
【第2局】藤井盤石 異筋の桂とがめ完勝 記/編集部
・第35期女流王位戦五番勝負 福間香奈女流王位vs加藤桃子女流四段
【第3局】防衛決めた芸術的サバキ 記/編集部
・特選譜 第37期竜王戦ランキング戦6組決勝 藤本渚五段vs山下数毅三段
 藤本6組優勝―プロの矜持を見せる  ポイント解説/藤本渚五段 構成/下村康史

●戦術特集
 進化する力戦向かい飛車 阪田流再び!
 ―現代調は端歩と囲いのタイミング― 総合監修/冨田誠也五段
Chapter1 講座「ここが違う! いまどきの阪田流」―現代に通じる力戦振り飛車のパイオニア―
Chapter2 好局鑑賞「並べて学ぼう 現代調阪田流の熱戦」
Chapter3 次の一手「押さえておくべき阪田流の手筋」

●講座&読み物ほか
・読み切り講座 一手損△3三金型角換わりの不思議
・不定期連載 プロも驚く仰天妙技
 第9回 藤井システムから生まれた玉形・前編 記/勝又清和七段
・角換わり水匠定跡の深層
 第5回「▲4五桂△2二銀型③」 記/谷合廣紀四段、杉村達也(将棋AI「水匠」開発者)
・プロ棋界の最新定跡 記/あらきっぺ
・現代四間飛車新論 第9回「対△5三銀左急戦②」 講師/森本才跳四段
・それも一局 vol.07 野原未蘭女流初段
・リレーエッセイvol.44 「偶然に感謝」【文】八代弥七段

●付録 ABEMA地域対抗戦 次の一手集

定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:460円

幅広い内容で迫るビジュアルな将棋総合雑誌。※デジタル版についてのご注意: 棋力認定問題には応募できません。懸賞への応募ができない場合があります。

  • 2024/06/05
    発売号

  • 2024/05/05
    発売号

  • 2024/04/05
    発売号

  • 2024/03/05
    発売号

  • 2024/02/05
    発売号

  • 2023/12/28
    発売号

3 WIRED(ワイアード)

コンデナスト・ジャパン

送料
無料

WIRED(ワイアード)

2024年06月25日発売

目次: Spatial × Computing
空間コンピューティングの“可能性”

実空間とデジタル情報をシームレスに統合することで、情報をインタラクティブに制御できる「体験空間」を生み出す技術。または、あらゆるクリエイティビティに2次元(2D)から3次元(3D)へのパラダイムシフトを要請するトリガー。あるいは、ヒトと空間の間に“コンピューター”が介在することによって拡がる、すべての可能性──。それが『WIRED』日本版が考える「空間コンピューティング」の“フレーム”。情報や体験が「スクリーン(2D)」から「空間(3D)」へと拡がることで(つまり「新しいメディアの発生」によって)、個人や社会は、今後、いかなる変容と向き合うことになるのか。その可能性を、総力を挙げて探る!


EDITOR’S LETTER
潜在空間とトマトスープ


WIRED WHITE LIST
イノベーションとアイデアのありか


SPECIAL FEATURE
Spatial × Computing
空間コンピューティングの“可能性”

When Atoms Meet Bits
「電脳空間」のトビラは(今度こそ)開くのか?
稲見昌彦、空間コンピューティングを語る

情報から体験へ。そんな大転換を早晩引き起こすと目される空間コンピューティング。果たしてそれは、いかなる技術であり概念なのか。いまだ全貌が見えないなか、その起源、ポテンシャル、ユースケース等々をうかがい知るべく、人間拡張工学の泰斗・稲見昌彦(東京大学先端科学技術研究センター教授)の元を訪れた。


We are All Newcomers
An Immersive Trip in London
名門だって、新参者
ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー/ロンドン芸術大学/ロンドン大学
DNEG/ソニーデザインセンター・ヨーロッパ

3Dのストーリーテリングといえば劇場。劇場といえば英国。そんな思い付きで調べ始めたら、この国では演劇から建築やファッションの教育、VFXまで、その道の名門と名高いプレイヤーが物理とデジタルの融合に乗り出していた。ともすると伝統が足かせになるこの技術分野に彼・彼女らはどう飛び込み、可能性を探究しているのか。新しい技術や概念を前に気後れしている人におくる、「伝統の国」からのメッセージ。


Spatial AI Walkthrough
空間AI入門

空間コンピューティングの重要ないち要素である、空間AI。「空間AIって?」「なぜ必要なの?」という人に向け、建築家/研究者の豊田啓介率いる東京大学豊田研究室……ではなく、同研究室のレクチャーを受けた豊田家の愛犬マメに嚙み砕いて解説してもらった。聞き手は編集Aだ。


Be Lighthearted and Intelligent
マクルーハンへの回答
津久井五月/玉城絵美/ガリット・アリエル/梶谷健人/スティーヴン・フェイナー
鳴海拓志/藤井直敬/渡邊信彦/山口裕之/キャシー・ハックル

「社会が新しいメディアを発展させたとき、社会は、新しいメッセージを表明する権利を得る」と語った文明評論家のマーシャル・マクルーハン。では、空間コンピューティングが発展したこの先、社会はいかなるメッセージを発信しうるのか。手にする「権利」のありようを、10名の識者たちが空想する。


Acting as a Translation Layer
次代のコミュニケーション革命
「Archetype AI」は物理空間との対話を“通訳”する

建物やクルマなどから得られる複雑なデータを読み解き、それらを制御できたときこそ、空間コンピューティング技術の本領発揮というところだろう。実現可能性の希望は、シリコンヴァレーに拠点をもつ物理AIスタートアップが開発中の大規模“行動”モデルにある。


Spatial Memory Transcends Space-Time
川田十夢の「時空間コンピューティング論」
通りすがりの天才、空間記憶をめぐって“四番勝負”
日比野克彦/本明秀文/大原大次郎/中野信子

奇しくも巻頭で稲見昌彦が同じ言葉を使っていた。露骨にうれしいタイプの共時性、わたしはわたしの必要性に駆られて定義しておいたのである。アカデミアと拡張現実の現場では、時空間の及ぼす範囲も異なるであろう。例えば先史時代に描かれた洞窟画、2万年前の最新テクノロジーといえば炎であったはずで、それを駆使した絵の鑑賞には揺らぎがあったはずだ。空間コンピューティングがやがて提供する新しい商取引は、大航海時代のようなダイナミズムをもって新しい地平線を見せてくれるのかもしれない。産業革命によって印刷や流通が爆発的に進化して現代におけるグラフィックデザインにつながる基礎ができ上がったわけだが、新しい空間利器を使い続けることで識字率が上がるように空間把握能力が格段に上がってゆくのは自明である。現代に於いては、読解力の意味さえ変質してゆくだろう。4人の識者とともにこの真新しい分野を開拓、論理化、文章化、可視化してゆく。


It Will Change How We( )
あれもこれも、空間コンピューティング

空間コンピューティングの定義も可能性も、まだ模索され始めたばかり。でも、あらゆる技術が過去の技術の積み重ねの上にあるという事実は変わらない。よく知られたデヴァイスから最新プロジェクトまで、発想の種を探しに行こう。


SF
ONE ROOM ONE ROOM
ワンルーム・ワンルーム
柞刈湯葉

過去の体験がトラウマとなり、人を自室に招くことが生理的に受け入れられなくなった「僕」。しかし、眼鏡型ディスプレイのバッテリー稼働時間が延び、使えるアプリも増え、デザインもこなれてきたあるとき、「僕」は、とある実験に取り組み始めた──。「2024年の小説依頼は受付終了します」とSNSで悲鳴(?)を上げるほど多忙を極める偉才のSF作家・柞刈湯葉が、「空間コンピューティング」というテーマに対し、珍しく恋愛をモチーフにすることで来たるべきライフスタイルを描き出す!


AS a TOOL
ALT-LIVING
新しいインターフェイスのこちら側

空間コンピューターを身につけて暮らす日常の到来はどうやら近い。モニターから解き放たれたインターフェイスがわたしたちの可能性を更新するように、生活の様式もまたアップデートが必要だ(例えばコップで水は飲みにくい)。その次なるリアリティにふさわしいツールは、すでに準備されている。


The Forgotten Space.
覆い隠された都市の裏側へ
JACKSON kaki × 藤倉麻子 × 荘子it

空間そのものがメディアとなる、スクリーンなき未来に“表現”はどのように更新されるのだろう。フィジカルとデジタルを往還する先鋭的な表現を追求してきた3名のアーティスト─JACKSON kaki、藤倉麻子、荘子it(Dos Monos)のまなざしから、空間コンピューティングの見過ごされた論点を探ろうと思う。


THE QUALIA IN SPACE
空間に宿るクオリア
金井良太 × 豊田啓介

環境側から人やロボットといったエージェントを制御する「空間AI」の文脈において、あらゆる情報を統合する空間には果たして主観的な意識のクオリアが宿るだろうか?著書『AIに意識は生まれるか』を上梓したAI研究者の金井良太と、建築情報学の視点から空間コンピューティングを拡張する建築家・豊田啓介の見立てとは。


THE ESSENCE OF SPACE
先生、「空間」は何次元ですか!?
理論物理学者・野村泰紀に訊く
素粒子~宇宙スケールで捉える「空間」の正体

「空間」×「コンピューティング」の可能性を模索してきた本号だが、まだ掘り下げるべきことが残っている。「空間」自体を定義することだ。しかし問いが深遠過ぎて、生半可な掘り下げでは生焼けになることは目に見えている。ここはぜひ、当代屈指の理論物理学者の叡智に与りたい── 。というわけで、米国・カリフォルニア大学バークレー校(UC Berkeley)物理学部棟を訪れた。野村先生、「空間」とは一体、何なのでしょうか?


Tokyo Gendai
A THREE days FEAST
世界水準のアートフェアは何をもたらすか

7月5日からの3日間、パシフィコ横浜で国際アートフェア「Tokyo Gendai」が開催される。昨年の初開催にしてすでに、国内外のアートコミュニティに大きなインパクトを残した現代アートのイべントが、質量ともにスケールアップ。鑑賞し、交流し、購入する。“世界水準”のフェアならではの体験がここに。


NEW TRUST, NEW SOCIAL CONTRACT
水野祐が考える新しい社会契約
〔あるいはそれに代わる何か〕

第18回 人格権のマルチモーダル化と認知の自由
法律や契約とは一見、何の関係もないように思える個別の事象から「社会契約」あるいはそのオルタナティブを思索する、法律家・水野祐による連載。今回は、「人格権のマルチモーダル化」と「認知の自由」というキーワードから空間コンピューティング時代の法の論点をあぶり出す。


DON’T LOOK BACK IN
なみちえのドライブ進化考 VOL. 05

まさにいま、モビリティは進化中。アーティストのなみちえがクルマと暮らしの新しい関係をドライブしながら考える連載だ。今回はアルファロメオが初めて手がけた美しいグリーンのPHEV。


Way Passed Future
川田十夢の「とっくの未来」
第30回 円安と崇高

文学が記述した「ジャンル分けされる前の未来」の痕跡を見いだし「いま」と接続することで、文学とテクノロジーを新たなパースペクティブで捉える本連載。今回は、本誌の特集において川田が挑んだ「空間記憶をめぐって“四番勝負”」で得た「崇高(サブライム)」なる視点を、別アングルから掘り下げる。

参考価格: 1,300円

1993年に米国で創刊、世界で最も影響力のあるテクノロジーメディア『WIRED』の日本版

  • 2024/03/28
    発売号

  • 2023/12/18
    発売号

  • 2023/09/21
    発売号

  • 2023/06/16
    発売号

  • 2023/03/16
    発売号

  • 2022/12/16
    発売号

送料
無料

学年習字

2024年07月01日発売

目次: ◆学年習字のカタカナ表

◆スカラシップ生紹介

--------------------------------------------------------------

◆硬筆の部
  ●課題
    ○学年別
      ・ようねん、小学1年生
      ・小学2年生、小学3年生
      ・小学4年生、小学5年生
      ・小学6年生
      ・中学生
    ○フェルトペン
    ○たて書き文章
      ・小学1、2年生
      ・小学3、4年生
      ・小学5、6年生
      ・中学生
    ○よこ書き文章
      ・ようねん
      ・小学1年生、小学2年生
      ・小学3年生、小学4年生
      ・小学5年生、小学6年生、中学生

  ●競書作品・評・優秀作品
    ○学年別優秀作品・競書評
    ○たて書き文章優秀作品・競書評
    ○よこ書き文章優秀作品・競書評

  ●競書成績名簿
    ○学年別
    ○フェルトペン
    ○たて書き文章
    ○よこ書き文章

--------------------------------------------------------------

◆毛筆の部
  ●学年別課題
    ○小学1年
    ○小学2年
    ○小学3年
    ○小学4年
    ○小学5年
    ○小学6年
    ○中学生(かい書、行書)
    ○大字参考手本

  ●競書作品・評・優秀作品
    ○学年別優秀作品・競書評
    ○大字優秀作品・競書評

  ●競書成績名簿
    ○学年別
    ○大字作品

参考価格: 625円

就学前のお子さんから中学生まで。一冊で、硬筆と毛筆(書道)の両方を練習できます。

  • 2024/06/01
    発売号

  • 2024/05/01
    発売号

  • 2024/04/01
    発売号

  • 2024/03/01
    発売号

  • 2024/02/01
    発売号

  • 2023/12/28
    発売号

6 BRUTUS(ブルータス)

マガジンハウス

最大
20%
OFF

BRUTUS(ブルータス)

2024年07月16日発売

目次: 世界中から珍妙美麗な昆虫を集めた「珍奇昆虫」特集、再び! 
太陽のようなまばゆい輝きだったり、どことなくフォークロアな雰囲気の模様だったり、雄々しい角のフォルムだったり、デザインの根源的な要素が凝縮された、魅惑の昆虫の世界にどっぷりと浸かっていただきます。
人間が思いつく前に、とっくに虫はやっていた! 
地球上で確認されている生物種の半数以上、約100万種という多様性を誇る虫こそ、モードの最先端であることをヒシヒシと実感する一冊です。
「虫は少し苦手」、そんなあなたにこそ手にしてほしい。すべてはここにあります。

特集
珍奇昆虫
Bizarre Insects Handbook 2

モードな虫図鑑。
プラチナコガネ/コメツキムシ/フンチュウ/ハナムグリ/ハムシ/ホウセキカミキリ

イタリアンコレクター列伝。

イタリアの昆虫即売会『エントモデナ2024』のバイイングレポート!

大英自然史博物館のバックヤードセレクション。

ダーウィンの蒐集品も眠る、大英自然史博物館潜入記。

英国最古の標本商で見るヴィンテージキャビネット。

写真家・法師人響が行く、昆虫探索紀行。カメルーン&コスタリカ編

モードな虫図鑑。
ツノゼミ/カメムシ/ゾウムシ/テントウダマシ
カブトムシ/クワガタムシ/ヒシバッタ/ハキリバチ

麗しき、蛾の世界。

標本道具蒐集録。

昆虫標本のメンテナンス術。

袋とじ Beautiful G Handbookを読む前に。

Book in Book
Beautiful G Handbook
あなたの知らない、美しきゴキブリの世界。

袋とじ Beautiful G Handbookを読んだ後に。

デザインのいい、標本箱。

参考価格: 600円

徹底的な特集主義で読者の興味を引くものの入り口を探す

  • 2024/07/01
    発売号

  • 2024/06/17
    発売号

  • 2024/06/03
    発売号

  • 2024/05/15
    発売号

  • 2024/05/01
    発売号

  • 2024/04/15
    発売号

BE-PAL(ビーパル)

2024年07月09日発売

目次: 特別付録 NANGA×BE-PAL 折りたたみ“スチール”テーブルSOLO/大特集 “2034m”日本標高の高いキャンプ場から“水温13度Cの渓谷まで避暑キャンで最涼の夏!/小特集 ソトでも家でも簡単にマネできる!絶品アウトドア「冷」レシピ24

アウトドアといえばBE-PAL(ビーパル)!

  • 2024/06/07
    発売号

  • 2024/05/09
    発売号

  • 2024/04/09
    発売号

  • 2024/03/08
    発売号

  • 2024/02/08
    発売号

  • 2024/01/09
    発売号

8 美術手帖

美術出版社

最大
50%
OFF
送料
無料

美術手帖

2024年06月07日発売

目次: SPECIAL FEATURE
先住民の現代アート
原田真千子=監修

なぜ、いま「先住民の現代アート」なのか?
原田真千子=文

INTERVIEW
ジェフリー・ギブソン
ジョーン・クイック=トゥ=シー・スミス
レイヴェン・チャコン
ニコラス・ガラニン
原田真千子=聞き手・構成

マユンキキ
田村かのこ=聞き手・構成

「先住民の現代アート」を知るための基礎知識
岸上伸啓+山本浩貴=文

ARTIST
ケント・モンクマン/リチャード・ベル/レベッカ・ベルモア/
ブルック・アンドリュー/ブレット・グラハム/マタアホ・コレクティブ/
デニウソン・バニワ/タニヤ・ルキン・リンクレイター/
ダーナ・クラクストン/カーラ・ロメロ/チャヌーパ・ハンスカ・ルガー/
ウィル・ウィルソン/マーカス・アマーマン ほか

第60回ヴェネチア・ビエンナーレ
Hãhãwpuá パビリオン
原田真千子=取材・文

藤戸康平
五十嵐聡美=取材・文

宇梶静江
永峰美佳=取材・文

COLUMN
Va Fealoa' i
木原雪=文 村上佳代=翻訳

栖来ひかり、鵜澤加那子、田村ゆりか=文

先住民のアートと文化に関する世界の施設・団体
神道朝子=文

[論考]
先住民の現代アートの到来!
マリオ・A・カロ=文 村上佳代=翻訳

[論考]
隠された傷を照らす─表現を通じたアイヌの解放と快方
北原モコットゥナㇱ=文

SPECIAL FEATURE
第60回ヴェネチア・ビエンナーレ 日本館
毛利悠子「Compose」展
危機に直面する世界で、循環する「共生」を奏でる
飯田真美=取材・文

========
ARTIST IN FOCUS
OPEN GROUP
鴻野わか菜=取材・文

ケイト・ニュービー
三木あき子=取材・文

横山奈美
近藤健一=取材・文

WORLD REPORT
New York/London/Berlin/Sharjah/Chiang Rai

ARTIST INTERVIEW
エレナ・トゥタッチコワ
崔敬華=聞き手

REVIEWS
池田一憲、本田健二人展「霧のふるさと」
椹木野衣=文

長谷川繁、城戸保「ペイン天狗とホト愚裸夫」展
清水穣=文

青柳龍太「我、発見せり。」(33)
安藤裕美「前衛の灯火」第10話
プレイバック!美術手帖 原田裕規=文
BOOK
月刊美術史

参考価格: 1,980円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:1,100円

美術の専門雑誌という枠組みにとらわれず、さまざまなジャンルを横断する斬新な内容に定評。

  • 2024/03/07
    発売号

  • 2023/12/07
    発売号

  • 2023/09/07
    発売号

  • 2023/06/07
    発売号

  • 2023/03/07
    発売号

  • 2022/12/07
    発売号

最大
8%
OFF
送料
無料

月刊ホビージャパン(Hobby Japan)

2024年05月24日発売

目次: 巻頭特集:巻頭特集:マクロス バルキリーモデリング

 各プラモデルメーカーが企業の垣根を越えて、『マクロス』という作品を盛り上げていくために共闘する「マクロスモデラーズ」発足から9年。各メーカーからリリースされるアイテムはラインナップの拡大とともにプロダクツとしても進化し、さらなる充実を遂げています。そこで「マクロスモデラーズ」発足10周年を目前にして今現在における「マクロスモデラーズ」展開を集約。“マクロスモデラーズ参画メーカーのアイテムを使用”して“歴代作品の主役バルキリーを揃える”ことをメインテーマとし、本誌モデラー陣がそれぞれのアイテムに向き合い、最適な製作法で仕上げていきます。

別冊付録
マクロス バルキリー図鑑
B5判・オールカラー84ページ

参考価格: 1,210円

ホビーファンのための総合ホビー誌

  • 2024/06/25
    発売号

  • 2024/04/25
    発売号

  • 2024/03/25
    発売号

  • 2024/02/24
    発売号

  • 2024/01/25
    発売号

  • 2023/12/25
    発売号

カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌
総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.