日経コンピュータ エンジニア応援キャンペーン 日経コンピュータ エンジニア応援キャンペーン

ITの企画・開発・活用を牽引するマネジャー/リーダーに送る

定期購読の特典

定期購読のお申込み・予約

STEP1 雑誌の形式を選択

今すぐ使える500円割引
初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
日経コンピュータのレビューを投稿する

日経コンピュータの内容

「ITを活かした投資対効果の高い戦術策定と意思決定」に役立つ情報と、「ITを事業の成長に結びつける戦略立案」に役立つ情報をタイムリーにお届けします。
企業改革を支える優れた情報システムの構築には、導入企業と、メーカーやシステム・インテグレータの協力が不可欠です。「日経コンピュータ」は、この両者にとって、真に有益な情報をタイムリーに提供する総合誌です。誌面コンセプトは「わかりやすさ」と「豊富な事例」。導入企業にとってはライバル企業が取り組む情報化の実態、メーカーやシステム・インテグレータにとっては顧客企業のニーズを知る上で、これ以上の情報源はありません。その誌面は、業務でコンピュータやネットワークを活用する多数のITキーパーソンから高いご支持をいただいております。

■競争力のあるビジネスに欠かせないITの最前線を詳報!

  • ほかでは読めない
    ITの最新情報をいち早く掲載

    ・20名以上の専門記者が本当に知るに値するテーマを厳選し、鋭く切り込みます。
    ・業界の最新動向がわかる独自調査を行い、IT業界の激動の変化をいち早くお伝えします。
    ・創刊以来の人気コラム「動かないコンピュータ」では失敗事例の真相に切り込み、リスク回避のノウハウをお届けします。

  • ユーザー視点に立った
    豊富な実例をお届け

    ・IT業界の道標となる先進事例やキーパーソンのインタビューなどを掲載し、IT導入のための参考情報をお届けします。
    ・多くの実例から新規開発、システム運用の要点を捉え、解説します。
    ・生成AI、DX、セキュリティー、クラウド、量子コンピューターなど、注目のデジタル技術やトレンドを検証します。

  • 情報システム部門から
    経営層まで圧倒的な支持

    ・IT部門や各事業部門でIT化を牽引する約3万人のキーパーソンに購入いただいています。
    ・読者層の業種は、製造業から情報処理サービス、商社、金融・保険、サービス業など多岐にわたります。

  • この雑誌の申込みにつきましては、他の商品同様ご購入可能ですがご契約は日経BPとの直接契約となります。
    富士山マガジンサービスは購読料金の受け取りを代行しています。
  • ここでの年間購読のお申し込みは、新規のご購読で日本国内専用とさせていただいています。
  • ご登録いただいたE-Mailアドレスに、関連のメールマガジンをお送りさせていただく場合があります。
  • なお、これ以外に日経BPおよび日経BPグループ会社から、各種ご案内(刊行物、展示会、セミナー等)やアンケート、広告主等の製品やサービスのご案内をさせていただく場合があります。ご同意の上お申し込みください。
  • 購読料は改定させていただく場合がございます。ご購読期間中の方はご契約時の購読料で期間満了まで送本いたします。
  • 雑誌の発行日、発行頻度、誌名および誌面内容を変更する場合がございます。また、万一、雑誌の発行を継続できなくなった場合は、お支払いいただいた購読料を冊数割で精算し、未送本分の購読料をご返金させていただきます。

日経コンピュータの商品情報

商品名
日経コンピュータ
出版社
日経BP
発行間隔
隔週刊
発売日
隔週木曜日  
参考価格
1,430円

「デジタル版の取扱い開始のお知らせ」を希望の方はこちら

「日経コンピュータ」デジタル版定期購読・月額払い購読が取扱いされた時にお客様にお知らせいたします。ご希望の場合はメールアドレスをご登録ください。メールにてご案内いたします。ご登録は無料です!
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

日経コンピュータの無料サンプル

2015年12月01日発売号
2015年12月01日発売号をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

日経コンピュータ 24年7月11日号 (発売日2024年07月11日) の目次

▲2024年7月11日号 no.1124 7月11日発行


■特集1 タイパ高める 「超圧縮」 仕事術

●タイパ高める 「超圧縮」 仕事術(010p)
●さらばダラダラ在宅 5つの要諦で脱却へ(012p)
●週3日副業のゆとり 繰り返し作業撲滅で(015p)
●子供と毎日夕食を 「作業設計」 術で実現(018p)
●業務を滞らせない 「ふわっと依頼」 対応術(021p)
●仕事を1人で抱えない 未了タスク引き継ぎ術(024p)


■特集2 今こそ脱 「安月給」

●IT技術者の給与を どう上げる(028p)


■編集長セレクト

● 「事実は法定調査の中で明らかに」 富士通時田社長が英郵便局の冤罪事件を陳謝 ほか(006p)


■ITが危ない

● 「サポート詐欺」 が急速に悪質化 一度に100万円の被害も偽のセキュリティー警告でユーザーをだます(008p)


■フォーカス メガファーマに挑む 創薬AI 「DAIIA」 の実力

●(038p)


■インタビュー

●米アマゾン ウェブ サービス 日本マネージングディレクター ハイミ ・ バレス 氏2兆円の対日投資、高品質インフラ提供 顧客に最適な生成AIを提示する(046p)


■ニュース&リポート

● 「見積もり遅延」 「有効化できない」 値上げだけではないVMware問題ユーザー企業は 「脱VMware」 を検討(050p)
●骨太の方針2024が閣議決定 「デジタルによる課題解決」 3本柱でAIは研究開発力強化と安全 ・ 安心を一体で推進(052p)
●知らぬ間に住民登録抹消 静岡県磐田市で起きた珍事の理由窓口支援SaaS導入のテストで本番データを利用(053p)
●AWSが東京リージョンでClaude 3 アンソロピックのLLM活用を推進生成AIの海外活用事例も披露(054p)
●NTTデータGが生成AIに400億円 技術開発や海外大手との提携進めるNTTのLLM 「tsuzumi」 をAzure上で提供(055p)
●マイクロソフトのCopilot+ PC発売 注目機能リコールは間に合わず国内出荷製品はすべてクアルコムのSoC搭載(056p)


■乱反射

● 「生成AIでコードを自動生成」 今後利用すべき技術の第1位に(057p)


■データは語る

●生成AIの活用効果 「期待を大きく上回る」 は9%(058p)


■日経XTECK 好評記事 2024年6~7月

● 「私にしかできない仕事」 、月100時間残業の社員の異動で分かったこと ほか(060p)


■ケーススタディー

●JR東日本 アプリ開発人材を5000人育成 現場の課題をデジタルで自己解決(062p)


■CIOが挑む

●伊藤忠商事 准執行役員 IT ・ デジタル戦略部長 浦上 善一郎 氏DXで組織の縦割りを打破 基幹刷新を変革の基盤に(066p)


■動かないコンピュータ

●KADOKAWAランサム攻撃で 「ニコニコ」 停止 身代金を支払うもデータ復旧できず(068p)


■極言正論

● 「めちゃコミ」 と 「楽天トラベル」 出自を巡る意外過ぎる共通点(072p)


■キーワード

●トリアージ (Triage) (073p)


■トラブルに学ぶデータベース構築

●準備不足が招くまさかのトラブル 運用フェーズ前に原因あり(074p)


■日本企業のDXを阻む3つの誤解

● 「デジタル導入がDX」 は誤解 社員の自主性に頼らない仕組みを(078p)


■ 「スキル可視化」 が開くIT業界の未来

●求人票データ10億件が語る 次の職業の 「スキル」 と 「賃金」 (082p)


■社長の疑問に答えるIT専門家の対話術

●12の行動でリーダーシップ 強いシステム部門をつくる(086p)


■読者の声

●働き方改革(088p)


■モバイル一刀両断

●突如中古スマホが使えなくなる どうなる 「ネットワーク利用制限」 (095p)


■中田敦のGAFA深読み

●アップルとマイクロソフトが注力 オンデバイス生成AIのコスパは? (096p)


■大森敏行のプログラミングで行こう

●プログラミング学習はもう無意味? コード生成AIで加速する人材不足(097p)


■勝村幸博の 「今日も誰かが狙われる」

●パリ五輪狙うサイバー攻撃激化か 生成AI駆使の偽ビデオも続々登場(098p)

日経コンピュータの目次配信サービス

日経コンピュータ最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

日経コンピュータのレビュー

  • 総合評価: ★★★★☆ 4.21
  • 全てのレビュー: 63件
モチベーション
★★★★★2024年01月06日 すーさん 会社員
仕事に関連する情報が詰まっており、全て読み込んではいませんが、興味のある記事や自身の業務に関連する記事を読み、学び共感した際に、仕事へのモチベーション維持向上に役立っている気がします。
とても役に立つ内容です
★★★★★2023年06月18日 Mark 会社員
イマドキのコンピュータの情報を広く知ることができ、とても役に立つ情報です。
ITビジネスの道案内
★★★★★2022年07月17日 Bob 会社員
ITシステム企画部門に配属されて19年になる。コンサル会社やベンダー会社からの提案はどれも自信満々で素晴らしいプレゼンに見えるが、時にシステム集約を推奨し、時にシステム分散を推奨し、言われた通りに従うとITコストがうなぎ上りになり、その本質の見極めが大事である。そのために自ら勉強すべきテーマは広く、毎月新しいITワードが出てくる中、しっかり自社システムを守り、新技術導入といった攻めの判断をする上で、正しい知識と自分なりの考えをもつことが大事と痛感している。他社はどうしているのか、あのシステム障害では何が起きていたのか、そうした情報を惜しげもなく提供し続けているのは、日経コンピュータだけである。圧倒的な情報収集力と魅力的な特集記事において他に比すべき雑誌はなく、IT業界で唯一無二の雑誌である。ITビジネスから引退する日まで定期購読を続けるつもりである。
ひさびさに
★★★★☆2022年05月08日 ひろひろ 会社員
久々にみると勉強になります。定期購読復活したいですね
定期購読
★★★☆☆2022年04月13日 ノブ 部長
コンピュータの動向について書かれている。 内容を確認したので定期購読。
定期購読をしてみます
★★★☆☆2022年04月12日 ゆき 部長
コンピュータの動向がわかる情報が欲しく探している中でこの本を見つけました。 一度本屋で立ち読みして自分の求めている内容でした。
日経コンピュータ
★★★★☆2022年01月31日 優駿 役員
日経コンピュータは もう30年以上の読者になる。コンピュータ関係の業務に着いてから手放せない雑誌の一つである。コンピュータ関係については 他にも専門的に特化したものもあるが 私のように利用者側のコンピュータ関係者にとっては 網羅的に記事やテーマがある日経コンピュータの方が 実際に多くの利用者と話をするには役に立つ。
GOOD!
★★★★☆2021年11月28日 yama 高校生
ひじょうによみやすく、べんきょうになります。
大変勉強になる
★★★★☆2021年09月19日 あき 会社員
私は金融機関のITに関わる仕事をすることが多いですが、本誌を読むことで業界の動向やシステム障害における知見まで、さまざまな情報が満載であり、有意義に利用させていただいています。 また、最近管理者の立場となり、リーダーとして知っているべき知識も満載です!
@
★★★★☆2021年06月18日 けん 会社員
安く利用してます。面白く今後のシステム開発担当者にはうってつけの内容です。
レビューをさらに表示

日経コンピュータをFujisanスタッフが紹介します

日経コンピュータは企業の効率的な業務活動を支える情報システムの構築に関する有益な情報を提供する雑誌です。株式会社日本経済新聞社の子会社である日経BP社によって発行されています。企業の業務を効率化するためには優れた情報システムが必要です。実際に情報システムを導入する際には企業とメーカー、システム・インテグレーターの協力が不可欠とされます。日経コンピュータは企業とメーカー、システム・インテグレーターにとって有益な情報をタイムリーに提供しています。分かりやすさと豊富な事例が同誌の誌面コンセプトです。情報システムの構築に関する有益な情報が総合的に提供されているという特徴があります。

日経コンピュータを読めば、企業が新たな情報システムを導入する際に競合企業の取り組みの実態について知ることができます。また同誌にはメーカーやシステム・インテグレーターの顧客となる企業の需要に関する情報が掲載されています。メーカーやシステム・インテグレーターは同誌を活用することで効果的な営業戦略を立てることができます。ITを活用して投資効率を高めたり、事業成長を図るのに役立つ雑誌です。同誌はIT業界でコンピュータやネットワークを使って働く多数の読者から支持されています。

日経コンピュータの所属カテゴリ一覧

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.