ソトコトの編集長インタビュー

編集長プロフィール

木楽舎
「ソトコト」編集長 小黒一三さん

おぐろかずみ 1950年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部卒業後マガジンハウスに入社、『月刊平凡』『ブルータス』『クロワッサン』『ガリバー』などの雑誌編集に携わる。90年に退社後、トド・プレス設立。92年、ケニアのマサイマラにリゾートホテル「ムパタ・サファリ・クラブ」をオープン。99年、月刊『ソトコト』創刊。「スローフード」「スローライフ」「ロハス」など、時代のキーワードとライフスタイルをいち早く提唱し続ける。

編集長写真

第40回 ソトコト 編集長 小黒一三さん

面白い仕掛けでヨノナカに波風をたてるのが僕の仕事

―エコ関係のイベントが本当に多くなりましたが、近く何か仕掛けておられることはるあるのですか。

高橋尚子さんのスマイルプロジェクトとして「サファリマラソン」というのを昨年から開催しているのですが、履かなくなったシューズを日本全国から集めて現地に寄贈しています。10月16日にお台場でそのイベントがあるので、ちょうどこれからその仕込みに入るところです。創刊10周年記念イベントの一環ですよ。

―創刊が1999年で、いわゆる環境ものの先駆けだったと思います。時代がようやく「ソトコト」に追いついてきたってところでしょうか。

打ち合わせスペースには各種お土産も
打ち合わせスペースには各種お土産も

そう。でもみんな遅いよね。本当は3年くらいで来てほしかったですよ。あのときすでにプリウスはあったし、パタゴニアは認められていたわけですから、もっとみんながこっちに来てもおかしくなかった。でもあまり来なくって、どっちかというと社会運動家みたいな人たち、お題目としての環境問題みたいなのがクローズアップされたりしてね。
僕たちのような人生楽しみましょう派は、エコを自分たちの遊び場として考えていたので、ちょっと違うかなと。でもそれからまた潮目が変わって、いままたいろんなところがうちに注目してますよ。
僕は雑誌の編集者ですからね。長いことずっと遊びながらやってきてますが、いまでもだいたい3年くらい世の中の先をいってる感はあるんですよ。ってか人と同じことするの嫌いなので、みんながわーっと言い出すころはもういいいやって。ちょっと前までは神楽坂で飲んでましたが、もう人がいっぱい集まって来ちゃったら行かない。このごろは下町でばっか飲んでる。予期しなかったことといえば東京スカイツリーが来ちゃったことか(笑)。

―先日久々にご一緒させていただきました(笑)。

中国で出版されている「ソトコト」
中国で出版されている「ソトコト」

いま本所とか下町だね。で、3年先くらいをイメージして動きをつくってきたつもりですが、近ごろは若い人たちの感度が鈍くなったのかな。「ソトコト」への食いつきにしても予想以上に遅かった。面白いと思ってもすぐ来ないんだね。
だからもう中国人のほうがいいやって(笑)。彼らとこのごろ一緒に仕事をする機会が増えたのですが、日本の若い人たちよりセンスいいですよ。英語もうまいしファッション・センスだっていい。中国の大手メディアもLOHASに注目していて、彼らは考え方がインターナショナルだし、いろいろと動きも早いしスマートですよ。僕も国際会議に呼ばれたりして活発に交流しています。

―そういえば「ソトコト」は中国でも出版されています。

空港やスタバに置いて、あとは勝手に有力者に送りつけたりして始めたんですよ。雑誌としては売れるものじゃないんだけど、ライフスタイルとしては進んでる人たちのなかでは浸透したんじゃないかな。もともとは台湾でLOHASブームがあったんです。もちろんわれわれの影響ですが、それが北京に飛び火したって感じです。
いまはこちらからデータを出してあげて、向こうが2冊分いいとこどりで勝手にまとめて出してるみたい。
今年の10月にも上海で日中合同のLOHASシンポがあって、福岡伸一さんや隈研吾さんと参加する予定です。
われわれ日本人は、中国からいろんなことを学んでそれを見事に磨いてお戻しする、と。そんな謙虚な気持ちが先方に通じたのか、このごろ僕は向こうでは思想家扱い(笑)。日本のメディアは僕のこと嫌いだから誰も書かないけどね(笑)。

―世が世なら充分革命家だったと思いますが(笑)。

ソトコト新書も好評
ソトコト新書も好評
雑誌から生まれた単行本も多い
雑誌から生まれた単行本も多い

中国ってやっぱり長いこと共産主義でやってきてたのが、いま実態として資本主義に移行しる。これってなんだろうって若い人たちは思ってて、いろいろ考えているその先端部分にうまくLOHASというのはフィットしたんですね。福岡伸一さんの「ロハスの思考」(ソトコト新書)といった本の影響も少なからずあったみたいです。

―福岡教授を見出したのは「ソトコト」ですね。

そう。あの人、最初会ったとき面白い顔の人だなって思って気に入ったの(笑)。それで翻訳家だったから原稿書いてもらったらこれがいいんですよ。いままで「ソトコト」周辺に理科系ではロボット工学や建築といった人は多かったのですが、生物の人は少なかった。ちょうどよかったんです。

―小黒さんのつくる雑誌ってだいたい独特の匂いがあって、やっぱりデザインがものすごく強いんですね。なんでデザインにそんなにこだわるんですか。

へそまがりだからだよ(笑)。人と同じことをするのが嫌なだけ。雑誌って、デザインとキーワードと写真を選ぶセンス、これだけだからね。だからデザインは大事。
「ソトコト」のアートディレクターは創刊時こそ奥村靫正(ゆきまさ)さんだったけど、2年目からはずっと本田晶大。元博報堂でいま電通のクリエーター。
中刷りやったりパッケージやったり広告的に目立つようなことを「ソトコト」ではよくやってるんですが、それは編集も広告も表現ということでは同じでしょって考えが僕にあるから。お金かかってるけど、広告クリエーターのトップに編集の表現をやってもらうことで垣根をとっぱらおうとしたのかな。

―キーワードも得意ですね。「スローフード」「LOHAS」ときて、「懐かしい未来」と。

おやつもいろいろとユニークです
おやつもいろいろとユニークです

なんか大貫妙子さんがラジオ番組のタイトルにしちゃってるけど。この言葉にいつだったかピンときて、お得意の商標登録をしようとしたんだけどできなかった(笑)。BS朝日では「懐かしい未来への旅」って番組やってますよ。
もともと僕が読んだ本のなかにあった言葉なんです。でもみんな使っているので、このごろ僕が言ってるのは「孫(まご)の力」。

―孫(そん)の力と読んでソフトバンクからいただき、と(笑)。

そうそう、いろんなところから(笑)。でもこれはもう登録しましたよ。いや雑誌の名前ですよ。季刊で出すんです。昔のいわゆる家族形態は崩壊してしまったけど、そのなかから今度は新しい未来を模索するんです。子供はもういいや。次は孫だよ。

―でも広告は厳しいですよね。

「ソトコト」でいえば2割くらい広告収入は落ちてますよ。ピーク時は年間6億以上ありましたけどね。でも今年になってまた少しずつ回復してる。やっぱり競合媒体がないからでしょうね。
それに企業のなかの人でもクリエイティブなことに参加したいって人は結構いるんです。そんな人たちがサポートしてくれるんですよ。不動産会社なんて常にこちらの動きを見ていますよ。次は何を打ち出してくるんだって。

―雑誌をとりまく環境をどうご覧になりますか。

紙がなくなってデジタルになってとか最近いろいろ言ってるけど、僕はあんまりどうでもいいんだな。要は、コンテンツっていうか、つくってるものに価値があるかどうかだけのことなんです。
ある考え方を提示して、そこに市場が立ち上がっていく。そのひとつの出口が雑誌であっただけで、面白い仕掛けでヨノナカに波風をたてるのが僕の仕事だから、表現は紙の雑誌でも、テレビでもラジオでも同じなんです。
でも「ソトコト」がなかったら日本の環境問題もここまで立ち上がってこなかったでしょうね。だからやる意味はあった。
この前、シー・シェパードをとりあげたのも、マスコミでは犯罪者扱いされているけどビル・ゲイツが資金提供しているような連中って何なんだ、ってことでやってみただけ。あんまりやるなって後から叱られたけど、ヨノナカとは違う角度で物事を切ることって、雑誌をやる以上は必要なことでね。

―編集部の構成はどうなっているのですか。

編集部の風景。入校で忙しい最中
編集部の風景。入校で忙しい最中

指出(さしで)が副編集長だけど、実際彼が全部取り仕切ってる。僕は表紙を見たり、年に2回ほどちょっかい出すくらい。彼の下で男6人、女2人のチームで全部やってます。
でも近ごろの男の子は驚かせてくれないからつまらないな。女性のほうがいろんな意味で面白いし時代をつくっている感じがしますね。
編集部では「環境」「ファッション」「フード」「旅」の4つの柱で、新しい価値観を伝えられるかどうかを考えてつくっています。そこで新しい価値観が出せないなら、こんな雑誌やってる意味ないね。

―ネット社会になると、小黒さんのような強烈な個性が出にくい、フラットな社会になると言われますが。

小林愛(mana)ってヨガのインストラクターやってる子がいるの。銀座で働いたり苦労してる人なんだけど、彼女なんかも、パソコンがあったから自分の立ち位置をつくれたような人で、そんな人はネット社会の恩恵を受けたんだと思う。つまりネット社会っていままで社会的弱者だった人たちが、いろいろ物を言えるようになり、いままでの社会との関係をつくり始めたまだまだ創成期なんですよ。
いまはTwitterだとかMixiだとかいろいろ言っててブームなんだろうけど、みんなそのうち飽きるんじゃない?
やっぱりそれなりのことをしっかり言ってくれないとダメでね。ネット社会なんて、まだまだとにかくサルから歩き出したヒトって感じだな。

―編集者はいまのヨノナカに必要ですか。

広い打ち合わせスペースではお酒も飲める
広い打ち合わせスペースではお酒も飲める

編集者は必要ですよ。やっぱりいろいろ玉石混交だから、ちゃんと選べる人がいなきゃダメですよ。ちゃんと選べる人が偉いの。ネットでもみんなの中から選ばれる人っているじゃないですか。彼ら彼女たちもいわゆる編集者的な立ち位置になっていくんでしょうね。

―小黒さん、老後はどうします?

知らねえよ、そんなこと(笑)。
いまでも毎日飲んでるだけだからね。それが続くだけじゃないの。
もう遊ぶだけ遊んだら、あとはアフリカにでも行って木の下(「ソトコト」の意味)で死ぬよ。ライオンにでも食われりゃ本望だね(笑)。

編集長の愛読誌

(2010年7月)

取材後記
先日、小黒さんと久々に下町に遊び、おれも還暦だぜって聞かされて驚きました。「ブルータス」の名編集者として時代を確実にリードしてきた小黒さん。誰よりも面白いことを知っていて、誰よりも愉しく飲んで騒げるナイスな兄貴分でした。80年代、多くの人たちは彼の生き方やつくるものに憧れたのではないでしょうか。
彼がアフリカの大地に建てた素晴らしいホテルには私も宿泊させていただきましたが、そのあたりの話は伊集院静さんの小説「アフリカの王」に詳しいのでご一読を。
そんな小黒さんが12年前、環境マガジンを出すというので皆驚いたようですが、私はなんだかしっくりきました。その時代がもう来ていたのです。天性の優れた嗅覚を持つ小黒さんだから、どうあろうが形にするだろうな、と思っていたら流石ですね。「ソトコト」はいまや中国でも発売され、この世界をリードするブランドになっています。なんかいつも面白いこと新しいことやって周りを驚かせる。そして「やっぱりバカだね~お前は」と大笑いしながら酒を飲む。それがこの人の原動力なのでしょう。本当にすごいクリエーターだと思います。
自虐系の借金ネタでいつも周りを笑わせながら、おれに割り勘などという言葉はない、と豪語してお金をばらまく人。しかし、人や時代やものを見る感性がこれだけ鋭く、優しく、かつ、でたらめでナイーブな人はみたことがありません。
最後に老後の話をふったのは、たぶんアフリカの話で落としてくれるだろうな、と思ったから。文明などに飽き飽きした詩人アルチュール・ランボオはテッポー持ってアフリカ行っちゃいましたからね。
というわけで、こんな諧謔的茶人が遊んでくれなくなったら私もおしまいかな、と思うこのごろ。

インタビュアー:小西克博

大学卒業後に渡欧し編集と広告を学ぶ。共同通信社を経て中央公論社で「GQ」日本版の創刊に参画。 「リクウ」、「カイラス」創刊編集長などを歴任し、富士山マガジンサービス顧問・編集長。著書に「遊覧の極地」など。

小西克博写真

ソトコトの商品詳細

  • 出版社名:RR
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月5日
  • サイズ:A4
日本のソーシャル・カルチャーをリードするソトコト
「社会や環境がよくなって、そしておもしろい」をテーマとしたソーシャル&エコ・マガジン。地元を盛り上げたい、地方に移住したい、周りの人たちと楽しいことがしたい、おいしいごはんが食べたい、無理なく社会に貢献したい…そんな思いを後押しする情報とアイデアを毎月お届けしています。 1999年の創刊以来、「スローライフ」「ロハス」「ソーシャル」「ローカル」など、社会をリードするさまざまなキーワードを発信してきました。『ソトコト』は類似の媒体がありません。いつもオリジナルのスタンス。ひらめく記事から知識が磨かれ、楽しい行動につながるアイディアが生まれます。

+   ソトコトの目次配信サービス

ソトコト定期購読のプレゼント

期間限定!(2019年09月09日迄) ソトコト20周年記念「木のうちわ」
対象購読プラン:1年・月額払い
  • プレゼントの種類が複数ある商品をご購入の際は、定期購読ページのプルダウンでご希望の種類をお選びの上、「買い物かごに入れる」を押してください。
  • プレゼントは品切れ等の理由により、代替品をお送りする場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • プレゼントは、原則として、お申し込み後の変更は承りかねますので、ご注文の際は、ご注意ください。
  • 読者へのプレゼントに関しましては、雑誌とは別便でお送りする場合があります。
  • また、お届けまで、1ヶ月ほどお時間をいただく場合がございますので、ご了承ください。

ソトコトの今すぐ読める無料記事

ソトコトを買った人はこんな雑誌も買っています!

健康・生活 雑誌の売上ランキング

ソトコトの所属カテゴリ一覧

ご存知ですか?
Fujisan.co.jpにはお得なサービスが満載です!
定期購読
雑誌は定期購読がお得です!初めての方500円割引♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌