切抜き速報科学と環境版 発売日・バックナンバー

全131件中 46 〜 60 件を表示
1,528円
記事掲載期間:2020年7月16日~2020年8月15日
●巻頭特集
【SDGsと環境教育-地球と生きていく-】
SGDsという言葉が使われ始めてしばらく経ちました。報道や教育現場や企業など、様々な場面で社会に浸透してきた言葉だと感じます。様々な目標が設定され、地球上の「誰一人取り残さない」を掲げています。多岐にわたる目標の中でも地球環境については多くの賛同を集め実際に動いている団体も少なくありません。今回は子どもたちが学び実践する「環境教育」についての記事を集めました。



●PICKUP TOPICS
◯データサイエンスと社会
◯コロナ禍の科学館
◯コロナ禍の政治と科学
◯新型コロナのいま
1,528円
記事掲載期間:2020年6月16日~2020年7月15日
●巻頭特集
【ウイルスとヒト-「善」と「悪」の二面性-】
新型コロナウイルスの感染拡大により、世界中の人々がウイルスの脅威を実感しました。まだまだ油断できない状況の中で「ウイルスは恐ろしいもの」と考える人も少なくないでしょう。しかし地球や人類の歴史から見ると、悪者というだけではないようです。感染症などの原因となって死をもたらすものもあれば、ヒトと共存し、無害、または進化の一端を担っているものもあります。私たちは常にウイルスと共にあるようです。



●PICKUP TOPICS
◯九州の豪雨から
◯地震後の地球の変化
◯地産地消エネルギー
◯新型コロナのいま
1,528円
記事掲載期間:2020年5月16日~2020年6月15日
●巻頭特集
【特許を巡って-知的財産の対価と活用-】
研究から生まれた財産をいかに守り、対価としてそれぞれの収益の正当性を守れるか。研究を世に出した時にぶつかる問題のひとつです。知的活動を正しく評価してもらいたいというのは当然の要求ですが、それぞれに様々な事情や主張があります。日本はノーベル賞受賞者も多く、研究開発において盛んな国だと言えるでしょう。知的財産の保護と対価、活用はどうなっているのでしょうか。



●PICKUP TOPICS
◯スーパーシティ構想
◯AIと囲碁・将棋
◯地震予測に挑む
◯新型コロナのいま
1,528円
記事掲載期間:2020年4月16日~2020年5月15日
●巻頭特集
【フードテック-食の未来を担う-】
「食╳テクノロジー=フードテック」。科学技術の駆使により、まったく新しい形で食品を開発したり、調理法を発見したりと、新たな食の可能性として注目されています。3DプリンターやAI(人工知能)、ロボットなど様々な先端技術が活用されています。食の追求・発見、人材不足、食料危機、食品ロスや技術継承など、これからも避けて通れない私たちの食の未来の担い手になっていくのでしょうか。



●PICKUP TOPICS
◯花嫁はAI
◯外出制限中の地球は
◯休園中の動物園・水族館
◯新型コロナウイルス
1,528円
記事掲載期間:2020年3月16日~2020年4月15日
●巻頭特集
【福島第一原発のいま-東日本大震災9年-】
東日本大震災から9年が経ちました。廃炉作業には作業員の安全確保や人材確保、放射性廃棄物、汚染水など問題は山積みです。様々な研究が進み、最新のテクノロジーが導入され少しづつ進んでいるものの、作業工程には早くも一部遅れが出ており、見通しが立っているとは言い難い状況です。9年経ったいま、福島第一原発はどのような状況に置かれているのでしょうか。記者や生徒のルポや取材を中心に現在の姿を追います。



●PICKUP TOPICS
◯地層から知る地球
◯ツナグものづくり
◯「ABC予想」証明
◯新型コロナウイルス
1,528円
記事掲載期間:2020年2月16日~2020年3月15日
●巻頭特集
【新型コロナウイルス-新興感染症の世界拡大-】
新型コロナウイルスへの感染が世界各地で急速に広がっています。未知のウイルスへの各国の対応は終息の目処が付かないまま、模索が続いています。刻一刻と変わる世界の状況を掴みながら、医学や科学はどう立ち向かっているのでしょうか。わからないことが多い中で少しずつ明らかになっていることもあるようです。世界を混乱させている異常事態を新聞記事から読み解きます。



●PICKUP TOPICS
◯津波を知る
◯分身ロボットでかなえる
◯人工衛星と日本
◯南極観測のいま
1,528円
記事掲載期間:2020年1月16日~2020年2月15日
●巻頭特集
【認知症の研究と技術-超高齢社会に挑む-】
高齢化が急速に進む日本で「認知症」への対応が急務となっています。病気の原因も詳しく解明されておらず画期的な治療法もない認知症は、誰もがなり得る病気であり、社会全体で避けては通れない問題となっています。様々な角度からアプローチされていますが、科学は認知症とどのように向き合っているのでしょうか。病気の実態解明の研究を中心に認知症へ挑む研究・技術に迫ります。



●PICKUP TOPICS
◯新型肺炎COVID19
◯植物工場のいま
◯URAとは
◯世界の核施設から
1,528円
記事掲載期間:2019年12月16日~2020年1月15日
●巻頭特集
【環境危機に動く-若者たちが変える-】
2019年、スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさんの活動が注目を集めました。地球温暖化や気候変動に対する危機感は多くの若者に影響を与え、活動は海を越え、世界中に広がりました。「将来にツケを回さない」ためにも今動くことが求められています。若者たちが自ら考え、行動し、訴える記事を中心に見ます。自分たちの住む地球の環境を、今一度「自分ごと」として考えてみませんか。



●PICKUP TOPICS
◯水力発電の可能性
◯阪神大震災25年と研究
◯データサイエンス教育
◯外国人材が支える
1,528円
記事掲載期間:2019年11月16日~2019年12月15日
●巻頭特集
【動物福祉の動物園-ZOOっと幸せに-】
動物園には種の保存や学習機関、研究など様々な役目がありますが、近年「動物福祉」の考えが広がっています。動物園での動物福祉とは人間から見た動物園だけでなく動物目線での考え方が重要となってきます。生き生きと動物達が快適に生活出来る環境とはどのようなものなのでしょうか。獣舎や飼育法、医療体制など様々な角度から考えられた、動物福祉の考えに沿った動物目線の園づくりについて考えます。6ZOOっと幸せに動物福祉の動物園



●PICKUP TOPICS
◯動物園脱走
◯台風19号の環境影響
◯進む科学捜査技術
◯まちづくりに先端技術を
1,528円
記事掲載期間:2019年10月16日~2019年11月15日
●巻頭特集
【アグリテック-農地を駆ける技術-】
農業にロボットやAI、情報通信技術などの最新技術を活用するスマート農業が注目されています。農業の現場は高齢化や人材不足、農地管理など様々な課題に悩まされています。人の手で行われてきた農業が動物の手を借り、機械が導入され、さらに先端技術により進化しています。近い未来、ロボットのみで農作物が作られる日が来るかもしれません。先端技術が叶える新しい農業とはどのようなものなのでしょうか。



●PICKUP TOPICS
◯寺テック
◯進化する「働く車」
◯五感が支えるものづくり
◯赤ちゃん×科学
1,528円
記事掲載期間:2019年9月16日~2019年10月15日
●巻頭特集
【生物の起源-いのちの軌跡をたどって-】
地球上の生物はいつどのようにして生まれ、現在に至ったのでしょうか。私たちの生きる地球には多くの種類の生物が存在します。人間もそのひとつです。人類はどのように生まれ大陸を渡り、なぜ生き残ることが出来たのか、世界中の多くの研究者がその謎を解き明かそうとしています。生きるために必要な進化や退化、生き残れなかった生物、地球上のいのちの歴史を人類を中心にひも解きます。



●PICKUP TOPICS
◯2019年ノーベル賞
◯イルカと日本
◯ゲノム編集とは
◯教育現場のAI活用
1,528円
記事掲載期間:2019年8月16日~2019年9月15日
●巻頭特集
【人為的温暖化-迫る現実の危機-】
世界的に多発した異常気象や地球温暖化は人間によるものではないかという研究成果が多く示されています。気温の上昇や異常気象の多発は環境や生態系に大きな影響を与えます。国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)も穀物や食生活と地球温暖化に関する特別報告書を公表しています。人間による地球の異変はどこまで進みどのような未来が予測されるのでしょうか。人為的温暖化の現状を見ます。



●PICKUP TOPICS
◯文化の保存と解明
◯ピラミッドを解き明かせ
◯アポロ月面着陸50年
◯魅力溢れる水族館へ
1,528円
記事掲載期間:2019年7月16日~2019年8月15日
●巻頭特集
【データサイエンス-ヒトを操作する「情報」-】
21世紀はデータの時代と言われ、生活のあらゆる場面でデータを収集し活用しています。自分には関係ないと思いがちですが、身近な所で言うとSNSやネットショッピングなどでも私たちの情報は収集され活用されています。うまく使えば社会に多くの利益を生み出すものも個人情報の漏洩や特定など危険要素も含みます。データは人が動かしているのか、それとも人がデータに動かされているのか。データと私たちの関係をもう一度考えましょう。



●PICKUP TOPICS
◯最先端コンピューター
◯宇宙を見つめる望遠鏡
◯強い競走馬をつくる
◯自由研究のヒント
1,528円
記事掲載期間:2019年5月16日~2019年6月15日
●巻頭特集
【生物と絶滅-つなぐ地球上のいのち-】
地球には長い歴史があり、地球上に生きる生物も変化してきました。生物は種の繁栄を目的として様々な生命活動を行いますが、環境に対応できず絶滅してしまったもの、今まさに絶滅の危機に瀕しているものもいます。生命は地球の一部であり、生態系が崩れると全体に影響を及ぼすこともあります。近年、マンモスなどの絶滅種復活研究など生物絶滅に関して様々な研究や取り組みが行われています。



●PICKUP TOPICS
◯南極へ行って
◯元素の周期表150年
◯眠りを科学する
◯楽しく教える理科教材
1,528円
記事掲載期間:2019年4月16日~2019年5月15日
●巻頭特集
【AIが招く未来-「見えざるリスク」の仮定-】
気付けばすぐそばにAI(人工知能)が存在する生活が現実になりつつあります。意識をしていなくてもAIが搭載された機器やシステムに私たちは日常的に触れて生活をしています。こうした技術革新は生活を便利に、そして豊かにしてくれています。一方で忘れてはいけない「リスク」があることも事実です。目まぐるしく進む技術とともに、私たちはリスクや疑問を問い続ける必要があります。



●PICKUP TOPICS
◯プログラミング教育
◯VR防災教育
◯熊本城修復の現場から
◯動物園飼育員の奮闘
おすすめの購読プラン

切抜き速報科学と環境版の内容

全国85紙の新聞から科学と環境に関する記事をまとめた新聞スクラップ誌(月刊)
科学に興味がある方々に。少しずつ明らかになっていく謎と、さらに多くの新しい謎がどんどん収め続けられていきます。新聞記事を掲載していますので、科学の専門知識がない方も気軽に読むことが出来ます。科学者や理科の先生方にももちろんオススメ。検索方法も充実!キーワード検索(索引)からは気になる単語から、新聞記事見出し一覧からは面白い新聞記事の見出しから記事を探すことが出来ます。

切抜き速報科学と環境版の目次配信サービス

切抜き速報科学と環境版最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

切抜き速報科学と環境版定期購読のプレゼント

期間限定!(2024年07月14日迄) バックナンバー1冊(2024年6号)
対象購読プラン:1年
切抜き速報 科学と環境版 2024年6号 2024年5月14日発売/記事掲載期間:2024年3月16日ー2024年4月15日 【巻頭特集】原発回帰の背景-福島原発事故13年- 【PICKUP TOPICS】 ◯ブルーカーボン ◯サクラ花事情 ◯兵器と科学 ◯研究者の育成
  • プレゼントの種類が複数ある商品をご購入の際は、定期購読ページのプルダウンでご希望の種類をお選びの上、「買い物かごに入れる」を押してください。
  • プレゼントは品切れ等の理由により、代替品をお送りする場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • プレゼントは、原則として、お申し込み後の変更は承りかねますので、ご注文の際は、ご注意ください。
  • 読者へのプレゼントに関しましては、雑誌とは別便でお送りする場合があります。
  • また、お届けまで、1ヶ月ほどお時間をいただく場合がございますので、ご了承ください。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

切抜き速報科学と環境版の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.