※最新号の表紙とは限りません

医薬経済

医薬経済社
新聞だけじゃわからない!医薬品業界の深層を徹底究明月額払いなら初回2号50%OFF!
深く取材し独自の切り口で迫る医薬ビジネス誌
医療・医薬品を取り巻く錯綜した状況に対し、明確なオピニオンを打ち出すと共に、オリジナリティーに溢れた記事、掘り下げた”調査報道”を読者に提供、好評を博している。

医薬経済の
定期購読 雑誌・電子書籍(デジタル版)

おすすめの購読プラン
すべての購読プラン
初めてのご購入で500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、500円割引(5000円以上のご注文にご利用可)となります。 ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に表示されます。
レビュー投稿で500円割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、すぐにメールで500円割引ギフト券(5000円以上のご注文にご利用可)と、10%割引ギフト券(5000円以下の定期購読にご利用可)が届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
医薬経済のレビューを投稿する
  • 紙版
  • 毎号価格
    50%
    OFF
    最新号は1,100円(税込)
    (3冊目以降は通常価格です)
  • ◆ 送料:
    無料
  • ◆ 月額払いとは?
    • 毎号、停止の依頼があるまでお送りします。
    • お支払いは、毎月自動引き落としとなります。
    • 最低契約期間の180 日以降は、解約可能となります
    • 詳しくはこちら
  • 紙版
  • 25,080円(税込)
    5%
    OFF
    1冊あたり2,090円
  • ◆ 送料:
    無料
  • 紙版
  • 39,600円(税込)
    25%
    OFF
    1冊あたり1,650円
  • ◆ 送料:
    無料
  • 紙版
  • 68,640円(税込)
    35%
    OFF
    1冊あたり1,430円
  • ◆ 送料:
    無料
  • デジタル版
  • 毎号価格
    最新号は2,090円(税込)
  • ◆ 月額払いとは?
    • 毎号、停止の依頼があるまでお送りします。
    • お支払いは、毎月自動引き落としとなります。
    • 最低契約期間の30 日以降は、解約可能となります
    • 詳しくはこちら
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android
    • プリント版と発売日が異なる場合がございます。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。
  • デジタル版
  • 19,800円(税込)
    25%
    OFF
    1冊あたり1,650円
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android
    • 海外にお住まいのお客様は中途解約できません。
    • プリント版と発売日が異なる場合がございます。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。
  • デジタル版
  • 31,680円(税込)
    40%
    OFF
    1冊あたり1,320円
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android
    • 海外にお住まいのお客様は中途解約できません。
    • プリント版と発売日が異なる場合がございます。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。
  • デジタル版
  • 52,800円(税込)
    50%
    OFF
    1冊あたり1,100円
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android
    • 海外にお住まいのお客様は中途解約できません。
    • プリント版と発売日が異なる場合がございます。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。

医薬経済の商品詳細

  • 出版社名:医薬経済社
  • 発行間隔:月2回刊
  • 発売日:毎月1,15日
  • 1冊定価:[紙版]2,200円 [デジタル版]2,090円
深く取材し独自の切り口で迫る医薬ビジネス誌
医療・医薬品を取り巻く錯綜した状況に対し、明確なオピニオンを打ち出すと共に、オリジナリティーに溢れた記事、掘り下げた”調査報道”を読者に提供、好評を博している。

医薬経済の無料サンプル

1587号 (2019年05月01日発売)
1587号 (2019年05月01日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

医薬経済 1606号 (2020年02月15日発売) の目次

**【特 集】********************
■乱立する基本法の「旨味」ー脳卒中・循環器病対策予算に期待する面々

■血管内視鏡に映った「不都合な真実」ー急がれる疾病モデル再検証
■細胞シート再生医療を拓くー医工連携の実践者⑯ 岡野光夫 米ユタ大学教授・東京女子医科大学特任教授
■残された時間は「少ない」専業中堅ー加速する制度改革と後発品市場の行方(下)
■ノバルティスが切り拓く工場大改革ーマイクロソフトとアマゾンと組んで何を狙うか(下)
■「後戻りできない時代」をどう生きるかー世界を生き抜くための知恵と心得(下)
■アマゾンファーマシーの用意周到な戦略ー「デジタル」と「オンライン」で他社を出し抜くか
■自己負担増以外できぬ「改革」ー外来受診時定額負担は必ず導入される
■「予定調和」で決着した20年度改定ーフォーミュラリーも医療用保湿剤も外れる
■医師不足対策で連携する6県知事の「大敵」ー地域医療崩壊の危機、政府をどう動かすか
■流通業界が抱える底知れぬ不安ー新型コロナウイルスと景気低迷で右往左往
■「働き」がまるで見えぬ医務技監ー新型コロナウイルス感染、厚労省医系トップの疎外感

==【連 載】====================
◆OBSERVER=岡田美保子 医療データ活用基盤整備機構理事長
◆躍動するヘルスデータサイエンス=RWDとの出会い、そして対話
◆技術革新と製薬企業の明日=イノベーションが挑む中国発脅威
◆医薬経済気象台=世界経済に生じた暗雲
◆製薬企業の経営診断(大研医器)=現場ニーズの製品化で成長
◆医政羅針盤=いつまで続く?「必要度」の見直し
◆Dear Tomorrow 新しいヘルスケアマーケティング=「環境災害」としての感染症
◆鳥集徹の口に苦い話=淡々と受け入れた父の死と残された薬のメッセージ
◆読む医療=進化続けた和食の豊かさ
◆時流遡航=哲学の脇道遊行記―実践的思考法の裏を眺め楽しむ⑩
◆平時医療体制の破錠に備える=平時の対策・教育の重要性
◆データズームイン=後年度予算に見る肌寒い改革
◆薬のおカネを議論しよ=役割増す患者団体への製薬マネー
◆眺望「医薬街道」=特定保険医療材料の見直しを実施
◆世界の医薬品業界=高い薬が選ばれる米国流通の「闇」
◆薬剤経済学=遺伝子療法―治療効果に応じる分割支払いが有効
◆支払いと結果=新規症例も医療費も安定したなかのESRD支払い改革
◆変革期迎えた中国医薬品業界=副作用報告が過去最多

◆Current Issues
◆明快語録
◆ニュースダイジェスト
◆時感/編集後記

医薬経済 1597号(2019-10-01発売) の特集を少しご紹介

期待値だけ吊り上げて去った進次郎氏
「計算ずく」で終えた厚労部会長
P.6~P.7
鳴り物入りで、自民党・厚生労働部会長に就任したのは18年10月のことだ。ただでさえ地味な根本匠厚労相の存在が、より霞んでしまうほど、「小泉進次郎厚労部会長」の船出は華々しかった。就任後の本誌インタビューで、小泉氏は厚労部会長を希望した理由について、こう語っていた。「一番大変な世界で、一番課題も多く、すべての省庁のなかで(厚労省が)一番予算も大きい。一番国民の関心も高い。残された最大の改革分野と言っていい。将来『社会保障は大丈夫なのか』と国民の不安が大きいということは、不安を解消できれば希望に変わる。それを必ずやらなければいけないし、できると思っているから自分から手を挙げて、この世界で働こうと」そして、小泉氏の“引き”の強さを証明するように、厚労行政に関連する懸案が相次いで浮上する。
打ち上げ花火で終わる社会保障改革
ポスト安倍候補に躍り出た西村氏では「役不足」
P.8~P.9
安倍晋三首相は「安定と挑戦」を掲げ、第4次安倍再改造内閣を発足させた。「最大の挑戦」として「急速に進む少子高齢化への対応」を挙げ、厚生労働相に加藤勝信氏(63)を再任、「全世代型社会保障検討会議」を新設し、舵取り役に西村康稔経済再生担当相(56)を任命した。ともに首相側近で、社会保障改革を官邸主導で進める狙いが透ける。ただ、自民党内からも「腰砕けに終わる」との懸念が早くも漏れてくる。首相は9月11日の内閣改造・自民党役員人事で、加藤氏のほか茂木敏充外相、河野太郎防衛相、小泉進次郎環境相、岸田文雄政調会長らの首相候補を党・内閣の要職に就けた。ポスト安倍候補を横一線で競わせる配置だ。19ある閣僚ポストのうち17閣僚を入れ替え、「アベ友」と言われる側近を多く登用した。保守的な国家観を共有し、首相を支えてきた面々を重用する「報恩・側近偏重の滞貨一掃人事」の感が強い。
遠隔ICUシステムが変える医療
昭和大病院が導入に成功した理由
P.12~P.13
東京都品川区にある昭和大学病院は18年4月、関連病院のICU(集中治療室)をネットワークでつなぎ、本院の集中治療専門医が遠隔サポートするシステムを国内で初めて導入し、医療界内で一躍脚光を浴びた。米国で始まった遠隔ICUシステムは、人数の少ない集中治療専門医の知識とスキルを効率的に生かして医療資源を適正配分し、医療の安全と質向上に役立てる仕組みである。昭和大病院は、米国で普及しているeICUを、日本貿易振興機構の支援を受けたフィリップスとの共同研究事業として導入した。ICU近くに設置されている支援センターから、院内の救急の重症病棟(ER)、ICU、CCU(心血管疾患集中治療室)、昭和大江東豊洲病院のICU、CCU、計54床を遠隔モニタリングしている。ベッドサイドには全身の状況を見られるカメラがあり、その場にいる医師とやり取りするためのモニター、スピーカーなどが設置されている。

医薬経済 1596号(2019-09-15発売) の特集を少しご紹介

改革の土台は「保険制限路線」
健康な生活を維持させ「使わせない」
P.6~P.8
12年12月に第2次政権が発足してから7年。安倍普三首相はついに社会保障制度改革のグランドデザインの策定に踏み切る。執筆が9月9日時点なので残念ながら11日の内閣改造の詳細はお伝えできないが、新会議の設置と担当相を置くという。安倍首相は「全世代型の社会保障制度への転換」を主張しているが、それは「ばら色」の世界ではない。有識者会議は歴代政権の鬼門「安倍首相の7年間の社会保障制度はどちらかと言えばバラマキ型だった。旧民主党政権が、野党だった自民党と公明党がともに『社会保障と税の一体改革』をまとめたが、旧民主党を全否定する首相はこの改革に見向きもしなかった。消費税は10%となるが、軽減税率に加え、税の配分も学費などに充当された。今後何をしても暗い話しかない」こう厚労官僚は指摘する。古くは80年代後半から社会保障制度の持続可能性が懸念されていたが、改革は中途半端に終わり続けた。
「大ダメージ」に傾く毎年改定
対象範囲縮小へ“劣勢”の製薬業界
P.10~P.11
20年度薬価制度改革に向け、検討が本格化する時期が訪れた。12月にかけて、中央社会保険医療協議会・薬価専門部会で集中的に議論が行われる。新薬創出・適応外薬解消等促進加算の対象拡大などがメインテーマとなる見込みだ。その後、21年度からは、いよいよ薬価の毎年改定(中間年改定)が始まる。製薬業界の多くの関係者には当然、その認識はある。毎年改定に関する政府の公式見解は、次のとおりだ。「18~20年度までの3年間継続して、全品目の薬価改定が行われることから、この間の市場実勢価格の推移、薬価差の状況、医薬品卸・医療機関・薬局等の経営への影響などを把握したうえで、20年中にこれらを総合的に勘案して、具体的な範囲を設定する」この内容から「具体的なことを決めるのは20年中だから、まだ先の話」と受け止めることもできる。
花粉症薬「保険外し」提言の現実味
健保連、打ち上げ花火の火の粉はどこへ
P.12~P.13
いったい、どうやって収拾させるつもりなのか。「花粉症薬を保険から外すべき」とする健康保険組合連合会の提言は、花粉症に悩む多くの一般国民を巻き込み、蜂の巣をつついたような大騒ぎに発展してしまった。「薬代で破産しそう」「花粉症以外で病院なんか行かないのに」提言が出た翌日には、早速テレビのワイドショーが特集を組んだ。ご丁寧にも、街頭インタビューで老若男女にご意見を求めている。ただ、保険外しがすでに決まったとの誤解も散見され、大手メディアのセンセーショナルな報道を経て、提言がかなり大げさに伝わっている感は否めない。健保連の幸野庄司理事は8月、20年度診療報酬改定に向け、健保連が持つレセプトの分析をもとにした新たな政策提言を発表した。

医薬経済 1595号(2019-09-01発売) の特集を少しご紹介

「想定外」だった高橋氏の理研退職
遅れる再生医療事業に焦燥の大日本住友
P.6~P.7
理化学研究所で網膜再生医療研究開発プロジェクトのリーダーを務める高橋政代氏(58)が7月31日に突然、退職した。高橋氏と言えば、?PS細胞から作製した網膜細胞を眼の難病患者に移植する世界初の手術を14年に手掛け、日本を代表する再生医療のトップランナーとされる人物だ。そんな彼女の退職に、理研と提携して研究を進めてきた大日本住友製薬は「影響はない」と表向き答えるが、果たしてどうか。ヘリオスとの「関係悪化」彼女の退職は突然だったが、まったく?予兆?がなかったわけではない。高橋氏の周辺では以前から、大日本住友に加え共同研究を行うバイオベンチャー「ヘリオス」(本社・東京都)との関係悪化が噂されていた。ヘリオスは高橋氏が行った研究成果の実用化を視野に11年に創設した。高橋氏が研究に専念する一方で、眼科医で実業家でもある鍵本忠尚氏が社長を務める役割を分担してきた。
リリカの「凄まじき」特許防衛
後発品申請企業10数社が足踏み、続くファイザーの独壇場
P.8~P.9
ファイザーの疼痛治療薬「リリカ」(一般名=プレガバリン)領域に、10数社が後発品の承認申請を出していたが、次回薬価収載(19年12月)の対象となる8月15日付の承認は見送られた。医薬品医療機器総合機構(PMDA)は、後発品申請各社に見送りの理由を「用途特許の有無をめぐる係争が決着していないため」と説明している。仮に年内に特許庁の審決が出て用途特許が無効となっても次の後発品承認は最速で20年2月、薬価収載は20年6月となる。それまでリリカのマーケットは、先発企業、ファイザーの独壇場が続く。リリカは10年4月、「帯状疱疹後神経痛」の適応症で承認を取得、同年6月、ピーク時(10年後)予測売上高84億円で薬価収載されたが、その後、複数の適応追加が認められ、売上高は当初予想を大きく上回って伸長した。18年度の売上高は推定約1000億円。
首位返り咲きマツキヨはこの先「何をする」
利益率向上などを説明するが「核」が見えない
P.10~P.11
経営統合に向けた協議に入ることで合意したマツモトキヨシホールディングス(HD)とココカラファインは8月22日、両社長が出席して、東京駅八重洲口駅に近接するグラントウキョウノースタワーで会見を開いた。しかし、2社の会見ではマツキヨHDが主導権を握る方向性が滲み出ていたうえ、ココカラは好条件を引き出そうとして、スギHDと二股外交を仕掛けた姿勢が見え隠れしてしまった。ドラッグストアで初の1兆円企業が実現する見通しとなったが、高揚感のない会見だった。いきなりPBを披露なぜ高揚感がなかったのだろうか。一言でいえば頭打ち傾向が強くなってきた、ドラッグストア業界に1兆円企業が誕生することによって新たな息吹を吹き込んでくれる--。そんな「ワクワク感」を持てなかったからだ。

+   医薬経済の目次配信サービス

医薬経済のレビュー
総合評価: ★★★★☆ 4.15
全てのレビュー:13件

レビュー投稿で500円割引!
医薬業界に興味がある人に是非読んで頂きたい雑誌です。
★★★★★2016年01月12日 たえちゃん 会社員
私は現在ドラッグマガジンを購読しております。医薬経済はデジタル版で試読を致しております。この雑誌の良いところは色々な視点から医薬業界を論じていることです。特にこれからの医薬業界はこの雑誌のような色々な意見が必要だと思います。
好感がもてる
★★★☆☆2015年08月04日 yamakawa 会社員
業界や行政を正面から切り込むのはいい。参考にしている。数値の分析ももっとほしい。
医薬経済
★★★★★2014年04月28日 one 医者
非常に専門的かつ企業、病院及び大学に遠慮しない攻撃的姿勢の記事が多く好感を持てた。
情報源
★★★★★2012年05月30日 陛下 自営業
もとメーカーMR退職後調剤開局しております。会社に所属している頃は業務でいろんな雑誌から業会情報を得ておりましたがいまはそれが少なく寂しさも感じますが。月刊医療経済で実利と癒しを感じております。
最新情報が載ってる
★★★★★2011年02月27日 isi 自営業
医薬に関することの最新情報が載っています。可能ならば読むべきです。
医療制度の壁はベルリンの壁を崩壊させるより何万倍も大変です
★★★☆☆2010年12月28日 adajisan 社長
私は現在医療革命を目指し今までには在り得ない方法論で研究活動をしていますが、医療制度の壁に苦しんでおり治験データ収集のコストに苦しめられていますが、この本を読んでも解決にはならないのでそろそろ購読を止める積もりです。
興味深い内容
★★★★★2010年03月15日 老MR 会社員
MR(営業職)に関する本はいろいろとあるが、多くは自分がMR時代だった時の自慢したい体験談とか成功談のオンパレードばかりで、下手をするとその自慢話を聞かされに研修会などへ参加を勧められたりする。この佐藤陽夫先生は、どういう人なのか? 業界関連の人物なのかも含め、プロフィール不明だが示唆に富む内容を毎回サラリとアドバイスしてくれるところは実に興味深い存在だ。
ちょっと驚き
★★★★★2008年02月09日 年寄りMR 会社員
表面的な情報だけならば、新聞で十分。速報性ならネットでも十分だが、少し違った視点で読ませてくれる雑誌となると、なかなか無いものだと思う。妙に業界サイドに立つことも、お役人の顔色を窺うようなこともなく、面白い雑誌だと思う。MRには必要かも。
購読を継続すべきか、、、。
★★★★☆2007年08月02日 ウッキー 自営業
購読を開始して丁度1年半。当初は衝撃的で結構奥深い所まで取材されているなあ、と非常に感激したのを覚えておりましたが、自分が慣れてきたのか、最近読まずにとばす記事も増えました。熟考の末、購読を継続する事にしましたが、自民党のように賞味期限切れにならないよう、新しい取り組みにも期待したいものです。
読み漁る
★★★☆☆2006年01月18日 動向ハンター・stock コンサルタント
日経新聞を毎日読んでいると医療のニュースは、たくさん載っていてワクワク。しかし、たまに「記事の真相にまで踏み入って欲しいな」と思うことがある。一度放り出されたニュースに対しては、さまざまな見解があると思うが、私はニュースを多面的に見るためにこの雑誌も利用している。
レビューをさらに表示

医薬経済のQ&A

Q
「医薬経済」の発売日はいつですか?
A
医薬経済の発売日は、毎月1,15日です。最新号の発売日は2020年02月15日です。
Q
「医薬経済」の価格はいくらですか?
A
医薬経済の価格は、「最新号 [紙版]2,200円  [デジタル版]2,090円」、「【月額払い】:毎号価格 50%OFF」、「6ヶ月:25,080円(税込) 5%OFF」、「1年:39,600円(税込) 25%OFF」、「2年:68,640円(税込) 35%OFF」、「デジタル版 月額払い:毎号価格 」、「デジタル版 6ヶ月:19,800円(税込) 25%OFF」、「デジタル版 1年:31,680円(税込) 40%OFF」、「デジタル版 2年:52,800円(税込) 50%OFF」です。
Q
「医薬経済」の購入はどんな方法がありますか?
A
当サイトでの医薬経済の購入プランには、単品販売、月額払い購読、定期購読があります。
Q
「医薬経済」を無料で読むことは可能ですか?
A
「最新号の試し読み」と「1587号 (2019年05月01日発売)」をまるごと1冊でご覧いただけます。
2,200円
2,090円

医薬経済を買った人はこんな雑誌も買っています!

看護・医学・医療 雑誌の売上ランキング

医薬経済の所属カテゴリ一覧

キャンペーン&TOPICS

ご存知ですか?
Fujisan.co.jpにはお得なサービスが満載です!
定期購読
雑誌は定期購読がお得です!初めての方500円割引♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌