月刊おりがみ 413号 (2009年12月01日発売)

日本折紙協会
特集「お正月」 新しい出発の年にあたって 日本折紙協会理事長 大橋晧也

明けましておめでとうございます。昨年、日本折紙協会は3つの支部が新たに発足、作家シリーズ3冊目となる新単行本の発行、環境問題...
初めてのご購入で500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、500円割引(5000円以上のご注文にご利用可)となります。 ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に表示されます。
レビュー投稿で500円割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、すぐにメールで500円割引ギフト券(5000円以上のご注文にご利用可)と、10%割引ギフト券(5000円以下の定期購読にご利用可)が届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
月刊おりがみのレビューを投稿する
  • 801円(税込)

    413号 (2009年12月01日発売)
  • ◆ 送料
    通常280円 (詳細) ※3,000円以上送料無料
  • ◆ 発送予定時期
    ご入金確認後1~2週間
  • ◆ 特記事項
    • ご入金のタイミングにより品切れとなる場合がございます。万が一品切れの場合は、ご注文はキャンセルし全額ご返金いたしますのでご了承ください。(支払手数料は除く)

月刊おりがみの商品詳細

季節にあった折り紙の折り方がたくさん載った楽しい雑誌「月刊おりがみ」毎年の行事にあわせた内容を特集します
幼稚園、保育園の壁紙飾りや教材として、また、四季折々の暮らしを飾り、ゆとりある豊かな気持ちを育み子どもから大人まで楽しめます。

月刊おりがみの無料サンプル

436号 (2011年11月01日発売)
436号 (2011年11月01日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

月刊おりがみ 413号 (2009年12月01日発売) の目次

特集「お正月」 新しい出発の年にあたって 日本折紙協会理事長 大橋晧也

明けましておめでとうございます。昨年、日本折紙協会は3つの支部が新たに発足、作家シリーズ3冊目となる新単行本の発行、環境問題をテーマにした「第16回おりがみカーニバル」の開催など、皆さまの惜しみないご協力のおかげで折り紙普及活動がいっそう盛んになりました。
また、各支部に制作を依頼した「世界おりがみ展」の新しいシリーズ「護ろう世界遺産」のブースは、支部の皆さんのご尽力で素晴らしい作品が完成しました。そのブースをインドネシアの首都ジャカルタで公開し、絶賛を博しました。開会式には国務大臣をはじめ多くの要人たちが参加し、展示場は見学者で連日賑わい、折り紙指導のコーナーもいつも満員という状況でした。改めてインドネシアの人々の親日心と折り紙に対する関心の強さを痛感しました。
さらに、昨年は日本折紙協会が一昨年から申請していた世界折紙センター(WORD ORIGMI CENTER)も正式に認められ、そのための組織作りも着々と整えられつつあります。いよいよ日本折紙協会も新しき出発の時を迎えたということです。
今年のシンポジウムは香川の琴平です。空海の足跡・源平合戦の史跡・高松城や栗林公園、石彫の里(庵治町・牟礼町)など周辺には見るべき遺産がたくさんあります。是非また、香川でお会いしましょう。
皆さまにとってますますよい年でありますよう祈っております。

①コロジー・くわばらさよこ
本名は虎子郎、動物園生まれのトラの子どもです。特技はお腹の下に小さなものを隠すこと。少し甘えん坊で、ケンカと注射が苦手な草食系です。縁起のよい白虎や色々なトラの仲間が加わって楽しい寅年になりますように。

②虎・郷原利夫
迫力のある虎の表情を折り出したいと思いました。とくに吊り上がった目を表現するのに苦心しましたが、28からの工程でどうにか強い虎らしい表情に出会いました。上あごが開いてしまうので、内側からテープでとめてください。

③張子風とら・成田光明
張子とらの最大の特徴である首振り機能を折り紙で工夫しました。用紙は黄色と赤の両面がよいと思います。好みに応じて、目は市販のシールを貼り、模様は短冊状の用紙で折り出すかサインペンなどで描いてください。

ミニ知識・トラ
アジアで百獣の王といわれるトラは、猛獣として恐れられる一方で、人の力をこえる力を持つことから、守護神または魔除けの象徴と考えられてきました。また、皮も邪悪なものを避ける力を持つとされ、勇猛さを象徴するため、武具に用いられたり、鬼が着るものと信じられました。
トラは日本には生息していませんが、古くから書物などからその存在は知られ、毛皮や絵画で姿も伝えられてきました。奈良県明日香村のキトラ古墳には中国の四神の一つとして白虎が描かれており、その保存作業は記憶に新しいニュースです。室町時代後期から、「竜虎」や「竹に虎」の組み合わせで虎がよく描かれるようになりましたが、見せ物として虎を庶民が実際に見たのは、江戸時代前半のことだそうです。

ミニ知識・張子の虎
張子とは、木製の型の回りに、紙を何枚も張り重ね、乾いてから中の型を抜き取って作った細工ものです。平安時代末には、張子製の祓いのための道具があったと考えられています。江戸時代になると、各地で張子の玩具が作られるようになり、首振り虎、だるま、お面、犬、福助などが流行しました。
動物をテーマにした玩具はほとんどが日常生活の中にいる家畜や小動物を扱ったものですが、虎は異国の猛獣を扱った点で異色とされ、しかも首を振ったり、車が付いていたり、姿がユーモラスに表現されています。耳などが赤く彩色されているのは、子どもの疱瘡除けのまじないのためだと考えられています。

④奴さんカード・青柳祥子
親戚のおば様から手紙が届きました。封筒を開けると、和紙できれいに折った奴さんがひとつ入っていました。奴さんを開くと、「いつもありがとう」と書かれていました。うれしくて涙が出ました。それがきっかけでこの作品ができたのを覚えています。

⑤打出の小槌・長谷川太市郎
ねずみ年のお正月の色紙に合わせよう!と考え出したものです。ケース・バイ・ケースですが、めでたさの出る、柄模様の折り紙で折るとよいのかなあ!と思います。はて、さて、なにを打ち出しましょうか。「ロト6」当たれ!

ミニ知識・打出の小槌
打てば望みが叶うとされる槌で、御伽草子の一寸法師の話が有名です。おめでたい文様の「宝尽し文」にも絵柄のひとつとして描かれています。また、槌は「ものみな大地より生じる」といわれる土に通じるところから、豊穣をつかさどる神である大黒様の持ち物と考えられています。なお、京都府の寶積寺(宝寺)の小槌宮には、龍神が723年に唐土からもたらしたとされる御神器の「打出」と「小槌」が祀られていて、打出と小槌が別々になった珍しいお守りも売られているそうです。

⑥ポチ袋・安藤明子
紙幣はお国により大きさがいろいろですが、三つ折に畳むと24cm角で折ったこのポチ袋にすんなり入ります。前側には写真や各種カードなどをはさんだりすることもでき(写真小)、まん中にティーパックをはさんで香りも一緒に楽しめる袋はいかがですか。

ミニ知識・十干十二支
中国で古くから年を表すのに用いられてきました。十干は、木、火、土、金、水の五行(宇宙の万有を作っている元)をそれぞれ兄と弟に分けたもので、申、乙、丙、丁、戌、己、庚、辛、壬、癸の総称です。2010年の寅年は庚寅です。

⑦鏡もち・川手章子
ずいぶんとどっしりとしたおもちが重なっているようです。緑色のシダの葉を出すところをちょっとだけ工夫してみました。⑨~⑪は⑫となることをイメージして折ってみてくださいね。

ミニ知識・鏡餅
古くから祭祀のために用いられた鏡は、人の姿や魂を映す神聖な道具と信じられていました。また、餅は威力のある食物と考えられていました。白くて丸い形の餅は、正月にやって来る年神様の魂と信じられ、それを鏡に見立てた鏡餅は正月の特別な飾り物です。なお、お年玉はもともとは正月に小さな丸餅を「年(とし)霊(だま)(年神の魂)」や「年賜(年神からの賜り物)」として配ったものでした。

⑧梅の輪飾り・永田紀子
日溜りに、咲き始めの梅数輪を見たとき、「そうだ、枝を輪に見立てて花を散らばせばリースになりそう」と思い、できあがった作品です。裏返すと梅一輪の型ぬきシルエットが出ているのも気に入っています。

ミニ知識・梅
梅は寒い冬の最中、あらゆる花に先駆けて可憐な花を咲かせ、よい香りを放ちます。「春告草」という和名もそこからついたと考えられています。また、中国の故事に梅は学問が栄える時により芳しくなるという話があり、「好文(こうぶん)木(ぼく)」とも呼ばれたそうです。

⑨巫女さんのおみくじ・青柳祥子
巫女さんの頭は、巻くように折るより、巻物のようにくるくると巻いてしまった方が楽です。大好きな「おうちのおりがみ」が巫女さんになりうれしいです。

⑩タイの箸袋、エビの箸袋・山田勝久
難しい箸袋の折り方なので折り方を覚えても1つ折るのに6分はかかります。来客の間際に思いつきで試すと、食事の準備時間がなくなりますのでご注意ください。

ミニ知識・お節
お節とは節供のことで、節供と呼ばれる行事日に、神様に捧げる料理のことでしたが、もっとも重要な節供の正月の料理のことをさすようになりました。料理ひとつひとつに新年を祝う意味が込められています。エビは老人に見立てられて長寿を、また定期的に脱皮をするため生命の再生を象徴しています。お頭付きの焼いたタイは「めでたい」に通じています。香りで邪気をはらう橙には、子孫「代々」の繁栄の願いが込められています。

⑪着せ替え人形・北条久子
和服の前姿を1枚折りで試行錯誤、その型に展開した時と、ショウワグリムの「しぼり千代紙」との出会いとに感動し、何枚も何枚も折りました。かわいい折り紙の柄に、「着せ替え人形」と1つの作品にしてみました。

ミニ知識・成人の日
1948年に制定された「おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」という国民の祝日で、宮中や貴族社会、武家社会で、行われていた元服や裳着といった成年儀礼がもととなっています。

⑫ユニットランタン・川手章子
透けた和紙などの紙で折り、中にあかりを入れてつりさげたらステキかなと思いました。2色、4色などで組み合わせても楽しめそうです。楽しんでみてくださいね。

ミニ知識・旧正月
月の満ち欠けの周期に太陽暦の要素を合わせた太陰太陽暦に基づく旧暦の正月のことで、日本以外の東南アジアの国では現在も盛大に祝われます。日本でも長崎市や横浜市など中国にゆかりのある町では、「ランタンフェスティバル」などが開催されます。


⑬鶴の基本形皿(星皿)・小宮はじめ
皆さんは、「鶴の基本形」を折って開いたことがありますか。「鶴の基本形」は折り鶴という見事な作品になりますが、その折り線だけを見ていても素晴らしさを感じました。折り線を利用して、何かできないかと考えたのがこの作品です。どうぞ楽しんでご活用ください。

ミニ知識・参考図書
「記念日・祝日の事典」「郷土玩具事典」(東京堂出版)、「年中行事事典」(三省堂)、「世界大百科事典」(平凡社)、「日本大百科全書」「正月の来た道」(小学館)、「京都ご利益めぐり」(ナツメ社)、「神秘の道具日本編」(新紀元社)、「英語で話す日本の心」(講談社)

~インフォメーション~
●秋期講師講習会・大阪Eコース
2009年10月11日(日)14:00より、グランキューブ大阪(大阪国際会議場)1202号室で、折紙師範・講師対象の講師講習(Eコース)を開催しました。
講師の大橋晧也理事長は、インドネシア・ジャカルタで10月2日(金)~5日(月)に開催された「世界おりがみ展」に参加され、5日前に帰国されたばかりですが、お疲れの様子もなく広い会場をマイクなしでお話くださいました。冒頭、インドネシアで購入したヤシの葉を細工した民芸品を受講者に見せながら、インドネシアで見聞きした風俗や民芸品などについて、日本の文化と比較しながら、共通性や相違点を論じてくださいました。
講師講習会は「折紙師範」の資格審査要件のひとつですが、中でもEコースは講習会の集大成として重要です。大橋先生は、「折紙師範」を目指す受講者の皆様に、指導法から研究論文のまとめ方まで、自作のレジメに従い丁寧にご指導くださいました。実は、インドネシアのお話にも「折紙師範」研究論文の題材となるヒントが幾つも含まれており、受講者の皆様は参考にしながら研究論文をまとめていただきたいと思います。(参加者50名)

●ドイツのTVで折り紙を紹介 青山絵里子(ドイツ)
2009年7月6日(月)ドイツのテレビ(SWR3:Suedwest Rundfunk)で折り紙を紹介しました。趣味、伝統工芸、園芸、料理、旅行など生活に役立つ情報を紹介している番組で、10分間の生放送でした。番組タイトルが「コーヒーかお茶?」(Kaffee oder Ter)なので、お茶セットを紹介しようと思いました。「387号」に掲載された青柳祥子さん作のティーポットの封筒を大きめに折り、折り紙仲間が送ってくれたティーカップとあわせて素敵なセットになりました。その後伝承のコップをコーヒーカップに見立てて講習。アナウンサーの方は折りたてのコップで水を飲むパフォーマンスも披露しました。
バリエーションとして笠原邦彦さんのジャンボこまや、ほかにも色々な方の作品を紹介(展示)しました。限られた時間でたくさん紹介し、お話したかったので大変でしたが、皆とても優しくサポートしてくれたので、楽しかったです。待合室では、アシスタントの方もコップ折りで盛り上がっていました。

◇支部だより◇
2009年7月16日(木)、高松市丸亀町レッツホールで岡村昌夫先生、鈴木恵美子先生をお迎えして、香川支部主催の講習会を開催しました。「おりがみ」連載“勾当さんの折り紙”最終回(「409号」)発刊の月に講習会が開けたのは、大変ありがたいことでした。ちょうど先生が広島県福山市主催の講習会(後述)で近くにいらっしゃるということで、高松に立ち寄っていただけることになったのです。準備期間は2か月。支部会員も連鶴やツイストローズの制作にとりかかりました。
講習会当日、午前は鈴木恵美子先生の「素材を楽しむ折り紙」。サービス精神いっぱいの講習で、先生の話術にひきこまれました。「丁寧でわかりやすい指導でとても楽しかった」「木の折り紙は初めてで折りにくかったがこれから何度も折ってみます」など、今後に続く感想が多く聞かれました。午後は、岡村先生。“勾当さんの折り紙”折り鶴の由来など、貴重なお話の後、連鶴の「妹背山」と「風車」を難度に合わせてご指導いただきました。また、香川の伝統郷土玩具「奉公さん」のお話も。とても勉強になりました。半日では足りない、もっともっとお話が聞きたいと思いました。両先生、ぜひまた香川に!
7月18日(土)「勾当さんの折り紙を折ろう」講習会に参加。福山市の神辺文化会館で福山市主催の講習会が開かれました。講習は午後からで、当日にもかかわらず、午前中、私たちのために岡村先生自ら菅茶山記念会館と葛原勾当さんの実家を案内してくださいました。
記念館では葛原勾当遺品折り紙や、勾当さんのためにお母様が選んだミニチュアの玩具など、貴重な展示物をみることができました。実家では、地元の方が集って二弦琴のお稽古がなされていて、今もかんなべに生まれた偉人を大切に受け継いでいる様子がうかがえました。
中国新聞“備後”(6月12日付)での第一面に「日本最古級の折り紙」と題された岡村先生のコメントが掲載され、地元の盛り上がりを感じました。講習会は大盛況で、あとからつめかけた人たちのために親切な館の人たちは机を出すのに大忙しでした。
このたびの講習会は香川支部にとっても、私にとってもとても貴重なものでした。遠く、九州、広島、岡山、大阪、徳島から参加いただいた会員の方々ありがとうございました。また、「近くまで来てるから」とはいえ、海をわたって来てくださった、岡村先生、鈴木先生、ほんとうにありがとうございました。これからも、よろしくご指導のほどお願いいたします。

協会ホームページに折り紙用紙のショッピングカートができました
約400種のラインナップをそろえてお待ちしています!
http://origami-noa.com(トップページへ)

協会ホームページでバックナンバーの折り図を公開
http://origami-noa.com→「こんな本しってる?」→「バックナンバー」で作品名をクリックすると折り図が見られます。「折紙協会」でも検索できます。
※印刷後に配布したり、商業利用は禁じております。

~日本折紙協会(http://origami-noa.com)とは~
NIPPON ORIGAMI ASSOCIATION (NOA)
日本折紙協会は、折り紙を世界の国々により一層普及させたいという思いと、幼児教育に限らず、大人の趣味、高齢者や身障者の方のリハビリテーションなど様々な可能性をもつ「おりがみ」普及の一助となりたいという考えから1973年10月27日に結成されました。
現在では、月刊「おりがみ」の発行、「世界のおりがみ展」「折紙シンポジウム」の開催、「おりがみ級」「折紙講師」「折紙師範」「折紙上級師範」の認定、「おりがみの日」記念イベントの実施、「日本折紙博物館」との提携など、おりがみ普及のためにさまざまな活動を行っています。

~会員になるには~
月刊「おりがみ」の年間購読を申し込めばどなたでも会員になれます。会員の特典として、協会発行単行本と協会取扱い折り紙商品の割引購入、月刊「おりがみ」への創作作品投稿、「世界のおりがみ展」「おりがみの日」「折紙シンポジウム」など協会主催行事に参加および作品を応募できるほか、「おりがみ級」「折紙講師」の申請資格があたえられます。

~月刊「おりがみ」とは~
会員から投稿される創作折り紙作品(話題の動物やキャラクター、季節にそった行事・イベントに関するもの)の折り図(折り方を図で順番に説明したもの)を紹介するほか、会員の折り紙活動を紹介します。折り図の順番通りに折っていけば完成できるので、小学生から90代の方まで1万人を超える会員の方がおりがみを楽しんでいます。
月刊「おりがみ」は毎月末ごろお届けします。

~世界のおりがみ展とは~
さまざまな情景を折り紙で表現した立体パノラマ作品(おりがみブースといいます)と個人作品の展示コーナーにおりがみ教室を加えたイベントが『世界のおりがみ展』です。もちろん書籍や折り紙用紙の物販コーナーを加えることもできます。

現在、世の中では様々なイベントが行われていますが「世界のおりがみ展」は動員催事と文化催事を兼ね備えた独特の巡回展で、1976年の第1回展より20年以上の歴史があります。

3年に1度ひとつのテーマにそって制作され、お子様ばかりではなく大人の方にも十分楽しんで頂き、毎回皆様に驚きと感動の世界を展開しています。なお、「世界のおりがみ展」には、外務省と文化庁の後援を戴いております。他に都道府県・市町村・地元教育委員会・マスコミ等に後援を戴いている場合もございます。

おりがみ展は、おりがみブース・個人作品展示とおりがみ教室に、オプションの[販売コーナー]で構成するおりがみイベントです。
[おりがみブース]は、数え切れないほどの作品によって作られたジオラマが、所狭しと展示されています。約90㎝角の展示台(ブース)とパネル(壁面)作品を基本に組合せて大小変化にとんだ装飾を可能にしています。又、この展示台は折りたたみ式で、運搬時には箱型に収納して運べるようになっています。

[個人作品]は、折り紙作品コンクールの対象になり、日本国内のみならず、世界20数カ国から送られてきた作品が、200余点集まります。その中から、外務大臣賞、国際交流基金理事長賞、NHK会長賞などの賞が授与されています。さらに、折紙著名人の作品も招待作品として展示します。

[おりがみ教室]は、日本折紙協会認定の折紙講師により行われています。1回40分の講座が1日数回行われ、いずれの会場でも連日大好評を頂いております。

[販売コーナー]は、日本折紙協会編集発行の月刊誌「おりがみ」、折り紙専門書、有名折り紙メーカーの商品(折り紙用紙等)を豊富に取り揃え、販売しています。これらの商品は、日本折紙協会がまとめて会場へ搬入・搬出致します。

この「世界のおりがみ展」は過去には全国の有名百貨店の催事として多く実施され、開催期間は標準で6日間前後です。集客には実績があり、「これほど折り紙が人気のあるものとは思わなかった」と催事のご担当者には必ず驚かれ、喜ばれます。昨年夏には日本橋三越本店催事場で実施し、大好評のうちに幕を閉じました。

来訪者としては、年配の方はもちろんですが、お子様連れのファミリー層も多いです。ベテランの折紙講師が懇切丁寧に教えますので、親子で皆さん楽しんでいかれます。当協会が活動趣旨に掲げている「折り紙の普及」にご協賛いただき、ぜひとも開催をご検討いただきたいと存じます。

パノラマ作品の最新作は下記の「護ろう世界遺産シリーズ」であり、全39点あります。
1. 世界遺産/WORLD HERITAGE SITE
2. 危機遺産ガラパゴス
3. 動物たちのヨセミテサミット
4. 中央アマゾン自然保全群
5. エジプトのカフラー王・クフ王のピラミッド
6. セレンゲティ国立公園
7. オーストラリアの世界遺産
8. 世界最大のサンゴ礁 グレートバリアリーフ
9. 大熊猫の故郷、四川省臥龍山脈の奥深い森林(大地震前の保護地区です)
10. 世界遺産 万里の長城
11. 柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺
12. 世界文化遺産 国宝姫路城-いま・むかし-
13. 白神山地幻想
14. 京都 秋の金閣寺(鹿苑寺)とその庭園
15. ひだ白川郷の秋
16. 世界遺産・原爆ドーム(旧広島県産業奨励館)
17. 山紫水明に包まれた日光の世界遺産
18. 琉球王国のグスク及び関連遺産群「識名園」
19. 琉球王国のグスク及び関連遺跡群〔首里城・首里城正殿〕
20. 高野山奥の院
21. 世界遺産・自然遺産・しれとこ
22. インド タージマハル
23. ビッグベンにつどう物語りの主人公たち
24. オランダ自然との闘いから、自然との調和に
25. アルプス山脈と登山鉄道。スイスの山合い風景
26. 世界遺産 スペイン コルドバ歴史地区
27. グラン・プラス世界遺産フラワーカーペット
28. 水の都ヴェネツィアの建築とラグーン(潟)
29. ギリシャアクロポリスの丘 パルテノン神殿
30. 発掘されたトロイ遺跡と伝説の木馬

バックパネル・アブスト(ディスプレイ棚)・パーテーション・テーブル・椅子・販売ワゴン・ガラスケース・ストック棚等什器、電源・配線、看板・ポスター・チラシ・入場券、宣伝広告・広報・告知(宣材のポジはご用意致します)等はお願い致します。又、地元教育委員会・マスコミ等の後援も頂けるようお願い致します。
開催費用は、開催時期・開催期間・開催場所・内容等の条件によりご相談の上お見積りさせて頂きますが、おりがみブース全作品と個人作品展示、おりがみ教室、販売コーナーを設置した場合(フル装備)の最終的なご予算は「7桁」になるとお考えください。
「おりがみブース」は折り紙で制作した繊細な立体作品ですので、傷付かないようにダンボールで覆い、1個が2m弱の立方体になります。また運送方法にも細心の注意が必要となり、チャーター便で他荷物と混載せずに運ぶため、運送コストが通常よりもかかります。

展示作品数は会場スペースやご予算に応じて調整できますので、実施期間、会場の場所と規模、おりがみブースの展示数、おりがみ教室の実施日・時間・対象人数等と全体のご予算につきましては、お気軽に担当佐野までご相談ください。

日本折紙協会事務局
おりがみ展担当 佐野
TEL (03) 3262-4764
FAX (03) 3262-4479

~折紙シンポジウムとは~
全国各地で毎年夏(7月下旬)に開催。講演会、児童教育部会、歴史研究部会、創作部会、折り紙教室などにより新たな折り紙の世界に触れる機会として、また会員相互の情報交換や懇親の場として2泊3日の日程を行楽地(温泉地)で楽しく過ごします。世界各国から毎年300名を超えるおりがみファンが集まる世界最大の「おりがみイベント」です。

~NOAブックスとは~
日本折紙協会では、月刊「おりがみ」のほか、折り紙専門書籍を発刊しています。
「おりがみ4か国語テキスト」、「みんなくすだま」、「おりがみでクリスマス」、「おりがみでクリスマス2」、「おりがみでひなまつり」、「古典にみる折り紙」、「おりがみ傑作選1」、「おりがみ傑作選2」、「おりがみ傑作選3」、「おりがみ傑作選4」、「プレ創刊誌vol.1~3」の11点です。購入をご希望の方は、日本折紙協会のHP(http://origami-noa.com)の「こんな本知ってる?」のページで表紙画像をクリックすると、アマゾンの購入サイトへジャンプできます。代金引換やコンビニ払い等の各種お支払い方法で購入できます。

~おりがみの日(11月11日)とは~
この日は世界平和記念日であり、また数字の「1」が4つで正方形折り紙の4辺を表すことから、日本折紙協会では「おりがみの日」としています。この日を中心にして、会員の皆さんから寄せられた作品の展示会「おりがみカーニバル」や折紙講師勉強会を毎年10月にこどもの城(東京都渋谷区)で開催します。

~「おりがみ級」と「折紙講師」とは~
「おりがみ級」とは、主に16歳未満の会員のための資格です。月刊「おりがみ」で指定している作品を規定数折って協会に送付し、認定されると「おりがみ級認定証」が授与されます。最初は10級からスタートします。16歳未満の1級取得者には申請により「こどもおりがみ博士」認定証と、NOA特製バッジが授与されます。(詳細は月刊「おりがみ」をお読みください)

「折紙講師」資格は、16歳以上の会員であればどなたでも申請できます。協会発行の「おりがみ4か国語テキスト」を購入し、テキスト掲載の全作品約60点を自作完成させた形で申請書(テキスト巻末)とともに協会に送付し、申請料2,100円を納付(下記口座番号へ郵便振替)します。その後審査会が全作品合格と認定した方に折紙講師認定証と講師バッジを授与します。不合格作品があれば、その作品のみ折り直して再提出いただきます。(詳細は月刊「おりがみ」をお読みください)。

おりがみ4か国語テキストは、折紙協会のホームページ(折紙協会で検索)経由で購入できるほか(代引き・コンビニ払い)、郵便局にある払込取扱票の通信欄に「テキスト1冊」とご記入の上、テキスト代1,020円+送料290円=1,310円を下記へ郵便振替で送金していただければ入金日より約1週間でお届けいたします。
口座番号00110-6-188035 加入者名「日本折紙協会」

~おりがみをおしえる~
老人ホームや社会福祉施設、自治体主催のサークル、保育関係施設・学校、文化センター、カルチャー教室などなど、さまざまな場所でおりがみは活躍しています。
独自にボランティアで教えている会員の方も多くおられますが、協会には全国から「おりがみを教えてくれる方を紹介して欲しい」という依頼が毎月あり、折紙講師資格をお持ちの会員の方に指導をお願いしております(協会より報酬を支給)。
おりがみ教室では、お子さんから年配の方まで「おりがみをおぼえたい」という気持ちにこたえようと講師も真剣です。熱のこもった授業を終えて帰られる皆さんの表情は満足そうですが、講師の方は生徒の「ありがとう」の言葉に安心しつつも、もっとわかりやすい説明はないだろうかと考えるようです。毎回真剣勝負なので様々な苦労がありますが、いろいろな形で努力が報われるようです。

~おりがみ教室とは~
日本折紙協会事務局では、全国の日本折紙協会公認の折紙講師を派遣しています。
おりがみ教室をご依頼いただく際は、専用の申込書をご提出いただきますので、
協会ホームページをご覧ください。
必要事項をご記入の上、実施日の最低1~2月前にご提出ください。

[折り紙教室料金表]
1.講師報酬:講師1名につき、12,600円(拘束3時間以内・対象40名まで)
※対象60名まで2名、80名まで3名、100名まで4名の講師が必要です。
※標準的な時間割は、講習1コマ45分(2作品)、準備・休憩15分です。

2.超過料:3時間を越える1時間毎に講師1名につき、2,100円を加算
3.材料費(折り紙):実費(一人100円程度+会場宛送料)※そちらで用意する場合は不要。
4.教材費(教本等):実費(内容により不要)
5.講師交通費:実費
6.講師昼食代:実費(時間帯による)
7.講師宿泊費:実費(日程による)
8.管理費:上記1~7の合計金額の50%がマネージメント料として加算されます。
※上記料金は消費税込み

※折り紙教室料金のご請求とお支払いについて
折り紙教室実施後、講師が協会に提出する「折り紙教室実施報告書」に基づき請求書を作成し、ご送付申し上げますので、ご検収の上日本折紙協会へお支払いください。
※講師への報酬等は日本折紙協会から講師にお支払いいたします。

折り紙教室でご準備いただくもの
1.予定参加人数分の机とイスをご用意ください。
2.入門証等の証明パスが必要な場合は、手続き方法と通用口をお知らせください。
3.宿泊を必要とする場合は、宿泊場所の手配の有無をお知らせください。
4.講師の人数に応じた講師控え室を教室付近にご用意ください。
5.作品展示をご希望の場合は、事前にご相談ください(別料金)。


教室時間割(プログラム)その他ご不明・ご要望は担当佐野までお気軽にご相談ください。
TEL:03-3262-4764 / FAX:03-3262-4479

日本折紙協会の公式メールマガジンです。全国のおりがみイベントを告知しています。
http://www.mag2.com/m/0000023495.html

+   月刊おりがみの目次配信サービス

月刊おりがみのバックナンバー

801円
801円
801円
801円
801円
801円

月刊おりがみ413号 (2009年12月01日発売)を買った人はこんな雑誌も買っています!

趣味・芸術 雑誌の売上ランキング

月刊おりがみの所属カテゴリ一覧

キャンペーン&TOPICS

ご存知ですか?
Fujisan.co.jpにはお得なサービスが満載です!
定期購読
雑誌は定期購読がお得です!初めての方500円割引♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌