プレジデントファミリー(PRESIDENT Family)の編集長インタビュー

編集長プロフィール

プレジデント社
「プレジデントファミリー」編集長 鈴木勝彦さん

すずきかつひこ 1968年静岡県生まれ。91年慶應義塾大学卒、プレジデント社入社。2003年よりビジネス誌「プレジデント」副編集長、「話し方革命」「数字のナゾ、お金のカラクリ」などの特集デスクを担当。06年「プレジデントFamily」創刊、編集長に着任。

編集長写真

第45回 プレジデントファミリー 編集長 鈴木勝彦さん

父親に分かりやすく、母親にも新鮮に

―この雑誌は、もともと「プレジデント」誌の別冊でしたよね。

最初の2冊は「プレジデント」の別冊だった
最初の2冊は「プレジデント」の別冊だった

ええ、別冊で2冊出しました。それから2006年に月刊化し、私が編集長をつとめています。私は1994年から「プレジデント」誌の編集に携わっておりました。
そこでよく「学力と学歴」とか「金持ち家族、貧乏家族」といった特集をしたのですが、これが人気が高かったんですね。ですからその部分を切り出して、独立してやっていこうということになったんです。この雑誌が生まれたのはそんな経緯なんです。

―仕事をする男たちの家庭観がちょうど変わるころだったのでしょうか。

そうですね、それまでは正直、家庭を顧みないスタイルが主流だったと思います。90年代に職場が結構世知辛くなって、家庭をもっと大切にしなきゃといった風潮が生まれました。仕事と家庭は両輪、家庭は仕事の基礎固めの場所として見直されるようになりました。
そんな風潮の中、地位も上がり責任も重くなった、年齢で言うと40歳くらいで、小中学生の子供がいるような男たちに、この雑誌はメッセージを送ることになったんです。

―家庭をとりあげながら、目線は男性なんですね。

今と変わらない創刊号のスタイル
今と変わらない創刊号のスタイル

ええ、基本は「プレジデント」読者ですね。その目線で家庭や教育を取り上げてみたということです。そうしたら結構反響が大きくて(笑)。やはり、この世代はみんな家庭のこと、子供のこと、教育のことが一番の関心ごとだったんですね。でもアンケート取ってみると読者の6~7割が女性だったんですよ。

―奥さんが買って旦那に読ませると。

そうですね。ですから、教育現場や様々なデータをしっかり見せて現状を把握してもらえるようなことにも気をつかっています。父親に分かりやすく、母親にも新鮮に、という配慮をしています。

―鈴木さんの考える「いいファミリー」というのは、どういう人になるのでしょう。

いいファミリーってなかなか一言では言えませんが、たとえば夫なら嫁さんの相談者になっているかどうか。これ重要だと思うんです。それをちゃんとするためには、常に自分の妻がどういう状況に置かれているかを気にかけていなければいけない。女性は往々にして共感を求めるものなので、それにちゃんと応えることが父の力で、これがないファミリーは難しいですよね。
また母親も、子供との距離をもっととるようにしないとまずいと思っています。やはりイライラしている母親って結構いるんです。雑誌でもイライラなどといった言葉を使うと反応が大きかったりします。父親もそれを感じていて、そんなタイトルの雑誌を母親に見せたがったりする。それで反響が大きくなるんです。

―鈴木さんの家庭はいかがなんですか。

私は修行の身ですから(笑)。自分の小さい頃を振り返って思うのは、母が教育ママで、テストで悪い点とったときに包丁持って追い回された記憶があるんです(笑)。こんなのはまずいだろうなって思うんですよ。
この前、東大生たちと話してて面白かったのは、彼らは間違いはラッキーだって言うんです。つまり間違うとそこで自分が何が分からなかったのかが分かると。だからそこを正していけばいいと。なるほどなって思って。で、同時に、そんな風に私も教育して欲しかったと思うんですよ(笑)。
間違ったら、じゃあどうしよう、どう解決していこう、といった発想につなげていけるような教育ができる家庭でありたいと思っていますね。

―いわゆる徳育などについては取り上げたりするんですか。

ええ、やりますよ。家庭教育の一環ですから。まあ定番は受験、教材もの、お金にまつわる話、食べ物の話などが中心で、基本すべて教育や受験といったものに結びついたもの。それなかで礼儀とか躾とかの問題も出てきますからね。「一流の家と二流の家の違い」といった特集なども人気が高かったですね。

―企画のヒントってどんなところにあるのでしょう。

編集部は整然とした新オフィス内にある
編集部は整然とした新オフィス内にある
編集部の本棚には、受験や教育関係の本が目立つ
編集部の本棚には、受験や教育関係の本が目立つ

私の場合は自分の周りの家ではどんなことが話されているのかが大切ですね。やはりその場になって気づくことって多いと思うんです。高校受験を目の前にして、え~今ってそんなことになっているの~なんていっても、もう遅かったりします。やはり世間の常識というか、普通の人たちが日々話題にしているような話に聞き耳を立てて、よく観察するといろいろ見えてきますね。
そんな具合で、メインテーマは私が考えて、それを編集者に振って、編集とライターで取材をしていくというのが通常のスタイルです。9人体制の編集部で、年間12冊の雑誌と別冊6冊を出しています。

―取材を通じて出会われたユニークな家庭も多いでしょうね。

そうですね、ノートを使わないでホワイトボードで勉強してたり、国語辞典をあらゆる部屋に設置していつでも調べられる環境を用意してあったり・・・。医者志望の家で、リビングの壁にずっと解剖の映像を流している家もありましたよ(笑)。その家の子はめでたく医者になりましたけど。

―いろいろ子供に対して環境を整えてあげるんだけど、今の子って昔より学力が落ちているとも聞くんですが。

相対的に学力が劣っているというより、すごく出来る子と普通の子との格差が大きくなったんだと思います。一流校に進む子は確かに熾烈な受験戦争を勝ち残らねばならないので、必死にやりますが、普通の子はそこまでやらない。またやらなくても、今はいろんな選択肢があるのでそれでいいんですよね。工業高校を出てから、また東大の大学院に行ったりする子もいますし、このご時世に100%の就職率を誇る商業高校があったりもする。いろんな可能性があっていいんだと思います。

―我々の子供の頃と比べて、家庭ってどう変わったんでしょう。

こんなお洒落なカフェが編集部内に
こんなお洒落なカフェが編集部内に

私は、みんな内向きになりすぎてると思うんです。セキュリティーの問題に神経質になりすぎていて、厳重にカギをかけて狭い生活空間で暮らしてる。昔のようにもっとオープンにして近所付き合いもきっちりしたほうが安全に違いないんです。いじめの問題も内向きであるがゆえの問題ですよね。もっと暮らしをオープンにしたほうが、楽な気持ちで生活できると思います。
また、子供は大事な存在に決まっていますが、子供のために何でも、といったような考えを一度捨ててみることも重要かなって思うんです。子供への過度の優しさがかえって家庭を苦しめているという現実もあるようですから。
私の息子は野球をやってまして、休日、私は審判で参加してるんです。息子のポジションはピッチャーなんですが、彼が本当にやりたいのは審判。将来はプロ野球の主審をやりたいという。子供って本当に妙なことを言い出しますよね。かなえてやりたいって思っても、どうしたらなれるのかわからない。だから審判に関する本を与えてみたんですが、大人向けの本なのに食い入るように読んでいました。いったい息子はこれからどんな方向に進むのか見当がつきませんが、親はそれを見ているしかないんでしょうね。

編集長の愛読誌

(2010年10月)

取材後記
プレジデント社の新しいオフィスに初めてお邪魔しました。皇居を目の前に見渡せる都内の一等地にあるオフィスの応接室で、編集長の鈴木さんから話を聞かせていただきました。皇居を見ながらということも手伝ったのでしょうか、鈴木さんの顔が皇室の方のお顔に似てるような印象も受けました。かといって、やんごとなき話をするわけにもいかず、リアルな家庭の話をいくつかきかせていただいたわけです。確かに「仕事」と「家庭」は両輪関係。ビジネスマンにはバランスが求められる時代です。
実はプレジデント社の元社長で作家で名編集者だった諸井薫こと本多光夫さんからは、何度かお話を伺ったことがあります。それも、そもそも編集者たるものは、といった濃い内容のものでした。何よりも男気や粋といったものを大事にされた諸井さんでしたが、生きておられたら現在の一般的「ファミリー」というものにどんなコメントをされるのか、ちょっとだけ聞いてみたい気にもなりました。

インタビュアー:小西克博

大学卒業後に渡欧し編集と広告を学ぶ。共同通信社を経て中央公論社で「GQ」日本版の創刊に参画。 「リクウ」、「カイラス」創刊編集長などを歴任し、富士山マガジンサービス顧問・編集長。著書に「遊覧の極地」など。

小西克博写真

プレジデントファミリー(PRESIDENT Family)の商品詳細

  • 出版社名:プレジデント社
  • 発行間隔:季刊
  • 発売日:3,6,9,12月の5日
  • サイズ:A4変型
子供を元気にする、親も元気になる
これまで「プレジデント」は、ビジネスマンの問題解決マガジンとしてそのノウハウを提供してまいりましたが、「プレジデントファミリー」では舞台を職場から家庭に移して、「子供を元気にする、親も元気になる」ための父親スキルを追求します。 かつて日本の会社には家族的風土がありましたが、今は社員個人がドライな人間関係のなかで自立して働く時代となりました。そのため家庭はビジネスマンの地盤、心の拠り所としていっそう重要度を増しています。子供の教育から妻、老親との付き合い方、家づくり、将来設計まで。これから「プレジデントファミリー」が家庭を上手にマネジメントする方策をお教えします。

プレジデントファミリー(PRESIDENT Family)の無料サンプル

958034
2013年9月号 (2013年07月18日発売)
2013年9月号 (2013年07月18日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

+   プレジデントファミリー(PRESIDENT Family)の目次配信サービス

プレジデントファミリー(PRESIDENT Family)の今すぐ読める無料記事

プレジデントファミリー(PRESIDENT Family)を買った人はこんな雑誌も買っています!

教育・語学 雑誌の売上ランキング

ご存知ですか?
Fujisan.co.jpにはお得なサービスが満載です!
定期購読
雑誌は定期購読がお得です!初めての方500円割引♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌