PIPERS(パイパーズ) 発売日・バックナンバー

全156件中 1 〜 15 件を表示
935円
● 特集
○トランペット対談
デイヴィッド・エルトン×松居洋輔
耳が変われば音は成長する!

シカゴで同じ師に学び、シドニー交響楽団でも一時席を並べて演奏した二人は、その後それぞれのオーケストラの道を歩んで活躍中。ロンドン響&シドニー響首席のエルトン、九響首席の松居両氏は「聴く」ことで成長したと語る。
----------------------------------------------------------------------

○ジュリアード音楽院が中国にやって来た!
天津ジュリアード音楽院での1年
ファゴット教授:小山昭雄

ジュリアード音楽院初の海外分校として注目を集める天津ジュリアード音楽院が昨年9月、中国の天津市に開校。ファゴット科の教授に就任した小山昭雄さんにスタートしたばかりの同校の様子を聞いた。
----------------------------------------------------------------------

○バロック以前のフルートに取り憑かれて
調和を奏でるフルートたち
ヒストリカルフルート奏者:前田りり子

早くから中世・ルネサンス時代のフルートで活動を始め、フルート600年の歴史を網羅した著書もある前田さんに、バロック以前のフルートの変遷とその魅力を語って頂いた(2回連載)。
----------------------------------------------------------------------

○クラシックとジャズで活躍した大ベテラン
喜多原和人のバストロンボーン人生
「シングルロータリーの音の美しさを知って欲しい」

「僕が演奏活動を始めた頃、トロンボーンは細管が主体で、バストロンボーンは単なる3番パートの位置づけだった。」
----------------------------------------------------------------------

○Trp奏者のアイデアが生んだ器具
トランペットは左手次第?
補助具「Sacchivo」の効能

トランペット奏者のアイデアから生まれた演奏補助具がプロに注目される理由は?
----------------------------------------------------------------------

○クラシック演奏家のための
「宅録」入門
短期連載②:宅録で広がる音楽表現

デジタル音痴だった筆者が短期間で出来るようになった「宅録」のスキルを公開。編集しだいで誰でもノーミスの録音を残したりネット配信ができる。
----------------------------------------------------------------------

○短期集中連載④最終回
香港の吹奏楽の歴史
日本の隣人の吹奏楽の歴史を知る

1842年から1997年まで英国統治下にあった香港では早くから吹奏楽が盛んだった。知られざるその歴史を4回にわたりご紹介し、今回が最終回。
----------------------------------------------------------------------

○アーカイブ記事
ピーター・サリヴァン
ピッツバーグ交響楽団首席トロンボーン奏者

トロンボーンは“歌う楽器”、だからこそ人によって楽器も違う!」。米国オーケストラ界の名手、2008年来日時のインタビュー記事を再録。
----------------------------------------------------------------------

● 連載・コラム・その他
国内オーケストラ管打楽器奏者一覧
中川英二郎のトロンボーンアルバム/一人ジャズのコツ
トランペット“管”話休題/お腹の支えについて
平野公崇の多事奏音/「展覧会の絵」の苦い思い出
ミードと暮らす/王立ノーザン大のオンラインマスタークラス
ナイディック&大島クラリネット講座/ジョセフィン・ベイカー
ヴィンテージSAXの遊び方/C.G.コーンとサクソフォンの野望
カゲヤマ博士の演奏心理学/自信をもって演奏するには
ロブ・スチュワートのブラスギャラリー/ファンサイズ・フリューゲルホルン
管楽器をフィーチャーした国内オーケストラ・コンサート一覧
----------------------------------------------------------------------

● PRODUCTS
ビュッフェ・クランポン「レジェンド」オーボエ
今月のピックアップ
----------------------------------------------------------------------

● CD評
木幡一誠の今月のCD(今月は休載します)
----------------------------------------------------------------------

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室
935円
● 特集
○生涯バッハを愛したオーボエの名伯楽
追悼:ヘルムート・ヴィンシャーマン
その足跡と先生の思い出:末政圭志

ドイツ・バッハゾリステンを率い、デトモルトで数多くのオーボエ奏者を育てたヘルムート・ヴィンシャーマンが今年3月、101歳の誕生日を前にして亡くなった。その足跡を辿る。
----------------------------------------------------------------------

○ウィーンフィル・フルート奏者
ヴォルフガング・ブラインシュミット
絵に描いたウィーンフィルへの道

何も知らず10歳の時に描いた絵は、曲折を重ねて辿り着いたその後の私の人生を見通していた……。
----------------------------------------------------------------------

○ブラームスのクラリネット・ソナタが私的に演奏された日
「クララ邸の夜会」へご招待!(続)
対談:吉田誠cl×小菅優pf

ブラームスのクラリネット・ソナタ初演2ヶ月前にクララ・シューマン邸で行われたプライベートコンサート。最晩年のブラームスとクララが心を通わせたその夜会に二人は想いを馳せる。前号に続く後編。
----------------------------------------------------------------------

○バロックとロマン派の狭間の時代に……
フルートとベートーヴェン時代
対談:前田りり子×柴田俊幸

フラウト・トラヴェルソから多鍵式フルートへ……正にその過渡期に当たったベートーヴェン時代のフルートを語る。
----------------------------------------------------------------------

○ピッコロトランペットからE♭/D管までの賢い使い方
シルキー特殊管ワールドへの誘い(続)
対談:高橋敦 × 内藤知裕

知っているようでよく分からない特殊管トランペットの世界。この世界で圧倒的なシェアを誇るシルキーの特殊管を様々に使いこなす二人に、各トランペットの賢い使い方を聞いた。前号に続く後編。
----------------------------------------------------------------------

○クラシック演奏家のための
「宅録」入門
短期連載①:宅録ってこんなに簡単、こんなにズルできる!

デジタル音痴だった筆者が短期間で出来るようになった「宅録」のスキルを公開。編集しだいで誰でもノーミスの録音を残したりネット配信ができる。
----------------------------------------------------------------------

○短期集中連載③
香港の吹奏楽の歴史
日本の隣人の吹奏楽の歴史を知る

1842年から1997年まで英国統治下にあった香港では早くから吹奏楽が盛んだった。知られざるその歴史を4回に分けてご紹介する。
----------------------------------------------------------------------

○トピックス
英国の小さな教会の大きな試み
無観客の室内楽コンサートを無料配信

無観客の無料コンサートをボランティアで配信し続けるセントメアリーズ・ペリヴェイル教会に注目。
----------------------------------------------------------------------

○アーカイブ記事
ジャン=イブ・フルモー
サクソフォン奏者

「サクソフォンが最も発達した時代の音楽の魅力を伝えたい!」2008年のインタビュー記事の再録。
----------------------------------------------------------------------

● 連載・コラム・その他
中川英二郎のトロンボーンアルバム/発音の音程のズレを矯正する方法
トランペット“管”話休題/アドルフ・ハーセス生誕100年に寄せて
平野公崇の多事奏音/バッハと2人のチェリスト
ミードと暮らす/中高生が無理なく演奏できて聴き映えのする曲を
ナイディック&大島クラリネット講座/ウィル・マリオン・クック
ヴィンテージSAXの遊び方/セルマーの軍楽隊用サクソフォン
カゲヤマ博士の演奏心理学/身体の中のリズム感を高めるには
ロブ・スチュワートのブラスギャラリー/1850年代のベッソンのコルネット
----------------------------------------------------------------------

● PRODUCTS
ブリッツ・フレンチホルン
今月のピックアップ
----------------------------------------------------------------------

● CD評
木幡一誠の今月のCD
----------------------------------------------------------------------

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室
935円
● 特集
○ブラームスのクラリネット・ソナタが私的に演奏された日
「クララ邸の夜会」へご招待!
対談:吉田誠cl×小菅優pf

1894年11月、ブラームスのクラリネット・ソナタ初演2ヶ月前にクララ・シューマン邸で行われたプライベートコンサート。最晩年のブラームスとクララが心を通わせたその夜会に二人は想いを馳せる。
----------------------------------------------------------------------

○コロナ禍の中でオケ生活をスタート!
札響の低音を支えるニューフェイス
対談:下川朗cb×澤山雄介btb

一人は入団直後に未曾有のオケ生活に直面し、もう一人はパンデミックの最中に正団員に採用。異例のオーケストラ生活をスタートさせた二人のフレッシュな話。
----------------------------------------------------------------------

○「オーケストラで吹くストレスが無くなった!」
ヤマハXeno“YSL-825”誕生!
桒田晃(読響首席tb)×金剛明彦(ヤマハ設計者)

4月にヤマハから発売された新Xenoトロンボーンは、一見普通のトラディショナルバルブ搭載モデルに見えて、その中には熟成を重ねた様々なアイデアが盛り込まれている。
----------------------------------------------------------------------

○管楽器のアンブシュア
息のポイントはスピードではなく圧力!
李源冀博士に聞く(後編)

初級者の息は上級者とどう違う? 「音がまとまる」とはどういうこと? 低音域と高音域で息はどうなる? 明るい音、暗い音の違いはどこから? こんな疑問へのヒントがここに……。
----------------------------------------------------------------------

○ピッコロトランペットからE♭/D管までの賢い使い方
シルキー特殊管ワールドへの誘い
対談:高橋敦 × 内藤知裕

知っているようでよく分からない特殊管トランペットの世界。この世界で圧倒的なシェアを誇るシルキーの特殊管を様々に使いこなす二人に、各トランペットの賢い使い方を聞いた。
----------------------------------------------------------------------

○伝統工芸との融合でまた一つ進化!
ヤナギサワの漆のソプラノを吹いてみた
試奏:野原孝 × 野原朝宇

ヤナギサワにまた一つ青漆に沈金を施した豪奢なソプラノが誕生した。意匠の新しさだけでなく新たなサウンドの創出にも本格的に取り組んだこの楽器を「W 野原」が試奏。
----------------------------------------------------------------------

○テューバ・パパたちの幼児虐待?
赤ちゃんミュート
英米の家族アルバムに遺された写真

赤ちゃんや子供をテューバのベルの中に押し込んで撮った英米の古い写真の数々をご覧あれ!
----------------------------------------------------------------------

○短期集中連載②
香港の吹奏楽の歴史
日本の隣人の吹奏楽の歴史を知る

1842年から1997年まで英国統治下にあった香港では早くから吹奏楽が盛んだった。知られざるその歴史を4回に分けてご紹介する。
----------------------------------------------------------------------

○アーカイブ記事
ラドヴァン・ヴラトコヴィチ
ホルン奏者

ペンデレツキの新作ホルン協奏曲《ヴィンターライゼ(冬の旅)》を初演した2008 年来日時のインタビュー記事を再録。
----------------------------------------------------------------------

● 連載・コラム・その他
中川英二郎のトロンボーンアルバム/発音の瞬間の音程のズレを測定する
トランペット“管”話休題/エチュードに伴奏を!
平野公崇の多事奏音/こだわり
ミードと暮らす/私の米国初リサイタルとスワボーダさん
ナイディック&大島クラリネット講座/ウィル・マリオン・クック
ヴィンテージSAXの遊び方/録音技術とサクソフォンの進歩
カゲヤマ博士の演奏心理学/アンサンブルでの対立を避けるには
ロブ・スチュワートのブラスギャラリー/彫刻入りのバック・トランペット
----------------------------------------------------------------------

● PRODUCTS
セルマー新アルトサクソフォン「シュプレーム」
今月のピックアップ
----------------------------------------------------------------------

● CD評
木幡一誠の今月のCD
----------------------------------------------------------------------

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室
935円
● 特集
○クラリネットだけでなくホルンもトランペットも……
ニコラ・バルデイルー
一人オーケストラによる「超絶動画」の舞台裏

ピアノやヴァイオリンの超絶技巧曲を苦もなく吹いてのけるだけでなく、「ルスランとルドミュラ」や「ウィリアムテル」などの人気序曲で一人何役もこなす動画がいま大人気!
----------------------------------------------------------------------

○フランスのトランペットの「歌姫」
裸足のルシエンヌ
3枚目の新録音はピアソラ

「ピアソラのどの作品からも豊かな物語が感じられる……」日本デビューから2年、ルシエンヌ・ルノダン=ヴァリの現在。
----------------------------------------------------------------------

○管楽器のアンブシュア
息のポイントはスピードではなく圧力!
李源冀博士に聞く(前編)

初級者の息は上級者とどう違う? 「音がまとまる」とはどういうこと? 低音域と高音域で息はどうなる? 明るい音、暗い音の違いはどこから? こんな疑問へのヒントがここに……。
----------------------------------------------------------------------

○世界につながるヤマハ中低音の響き!
ボトムズアップユーフォニアム・テューバ・カルテット
メンバーの4人に聞く

新井秀昇、安東京平、次田心平、ピート・リンク……ヤマハのユーフォニアムとテューバを愛用し、海外への発信力も高い4人が語るボトムズと世界とのつながり。
----------------------------------------------------------------------

○2枚の新アルバムに込めた想い
ラインホルト・フリードリヒ
「我らの叫びを聞きたまえ」

世界が閉塞的な状況に陥っているいま、稀代の名手が2枚の新アルバムを通して心の底から私たちに問いかけるものは?……ライナーノート全文公開
----------------------------------------------------------------------

○写真で見る19世紀〜20世紀の
コミック・バンド
カズーありゾボあり!

英国や米国では、カズーやゾボ(カズーに似た管楽器形の簡易楽器)を交えたブラスバンドが19世紀末から広く楽しまれていた。古い写真で見る娯楽バンドの数々。
----------------------------------------------------------------------

○ネジ1本で世界が変わる!
ヤナギサワ「ヤニー・ブースター」徹底試奏
試奏:松下洋×宮越悠貴

ネック止めのネジ1本でサクソフォンの音を変えてしまう話題の「Yany BooStar 」に、クラシック奏者には見逃せない2タイプのメッキが新登場。クラシックとジャズで活躍する二人が徹底試奏した。
----------------------------------------------------------------------

○短期集中連載①
香港の吹奏楽の歴史
日本の隣人の吹奏楽の歴史を知る

1842年から1997年まで英国統治下にあった香港では早くから吹奏楽が盛んだった。知られざるその歴史を4回に分けてご紹介する。
----------------------------------------------------------------------

○アーカイブ記事
ポール・メルケロ
モントリオール交響楽団首席トランペット奏者

「私の胸にはいつもドクシツェルの美しい音楽がある」……オーケストラとソロの両面で活躍する「歌うトランペット」のルーツ(2008年7月号掲載記事の再録)。
----------------------------------------------------------------------

● 連載・コラム・その他
海外オケ動画配信情報(オセアニア&アフリカ編)
中川英二郎のトロンボーンアルバム/コンピュータ録音になって一番変わったこと
トランペット“管”話休題/白水大介アワー「BUZZっていいとも!」
平野公崇の多事奏音/リラックス
ミードと暮らす/腹筋をよく使う管楽器奏者に多いそうです
ナイディック&大島クラリネット講座/ウィル・マリオン・クック
ヴィンテージSAXの遊び方/脇役サクソフォンの物語
カゲヤマ博士の演奏心理学/小さなことも楽しむ効能
ロブ・スチュワートのブラスギャラリー/2ダブルピストンのドイツトランペット
----------------------------------------------------------------------

● PRODUCTS
ウィルソン・ユーフォニアム「佐藤采香モデル」
今月のピックアップ
----------------------------------------------------------------------

● CD評
木幡一誠の今月のCD(今月は休載します)
----------------------------------------------------------------------

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室
935円
● 特集
○2枚の新アルバムに込めた想い……
ラインホルト・フリードリヒ
Part1:トランペットの失われたロマン派時代を求めて

世界が閉塞的な状況に陥っているいま、稀代の名手が2枚の新アルバムを通して心の底から私たちに問いかけるものは?……ライナーノート全文公開
----------------------------------------------------------------------

○ジャズの聖地でいま起きていること
ニューオーリンズジャズの灯は消えない
トロンボーン菊池ハルカ

東京藝大の楽理科からジャズトロンボーン奏者の道を歩み、2013年からニューオーリンズで活躍を続ける菊池ハルカ。コロナ禍で人が消えたジャズの聖地では今さまざまな動きが起きているという。
----------------------------------------------------------------------

○N響首席トランペット奏者の新アルバム
トランペット菊本和昭の《JOKER》
いま残しておきたかった音、伝えたかった音楽

2枚目のソロアルバム『ジョーカー』を2月にリリース!経験と技術の和が頂点を迎える40歳の節目の年に残して
おきたかった音、伝えたかった音楽。
----------------------------------------------------------------------

○125年前の研究が発した警告
金管プレイヤーは禿げる!?
トロンボーン奏者は81%、ユーフォニアム奏者は63%……

今から125年前、米国の科学雑誌『サイエンティフィック・アメリカン』に驚くべき研究が掲載されて波紋を呼んだ。
----------------------------------------------------------------------

○名手たちに学び演奏で交流
スペインのサクソフォン事情
塙美里(サクソフォン奏者)

管楽器の躍進著しいスペインではサクソフォン界も熱い!昨年末に文化庁の海外派遣研修生としてスペインで短期研修行った塙さんのリポート。
----------------------------------------------------------------------

○世界であなただけの彫刻を
管楽器を彫る!
楽器彫刻師:森脇康晴

自分の楽器に自分のためだけの彫刻を施すことが出来たら……誰もが思うそんな願いを叶える人がいる。日本では数少ない楽器彫刻師として独立、多くの人たちの想いを彫り続けて来た。
----------------------------------------------------------------------

○初心者でもフラジオ音域をマスターできる!
「声道共鳴」を利用したサクソフォンの練習法
李源冀

口の中の容積をコントロールすることで、音色や音程、フラジオ奏法などのさまざまな奏法を劇的に改善できることを示した注目の論文、前号に続く後篇。
----------------------------------------------------------------------

○対談
シルキー「i」シリーズを語る
高橋敦×川田修一

明るく輝かしい音色で日本にも多くのファンを持つシルキー・トランペットの新しいベストセラー「innovation シリーズ」、その魅力を語る。
----------------------------------------------------------------------

○アーカイブ記事
ジェフリー・ケナー
フィラデルフィア管弦楽団首席フルート奏者

空間を音で満たす意識を!「音はレーザー光線ではなく空間に浸透していくもの」(2008年8月号掲載記事の再録)。
----------------------------------------------------------------------

● 連載・コラム・その他
中川英二郎のトロンボーンアルバム/どうせ録るなら良い音で「宅録」を
トランペット“管”話休題/アルフレッド・リードのトランペット協奏曲
平野公崇の多事奏音/我が愛器
ミードと暮らす/アジアのベッソンユーフォニアム奏者を世界へ
ナイディック&大島クラリネット講座/ジェームス・レーズ・ヨーロップ
ヴィンテージSAXの遊び方/3世代の「アドルフ・サックス」
カゲヤマ博士の演奏心理学/毎日少しずつ自信をつけるには
ロブ・スチュワートのブラスギャラリー/T.E.ブノワのC管サクソルン
----------------------------------------------------------------------

● PRODUCTS
ビュッフェ・クランポン「GALA」クラリネット
今月のピックアップ
----------------------------------------------------------------------

● CD評
木幡一誠の今月のCD
----------------------------------------------------------------------

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室
935円
● 特集
○父子3人が歩む道
サクソフォン親子鷹
彦坂ファミリーの物語

子供が親と同じ道を歩むケースはそれほど珍しくはないが、父子3人ともに同じ楽器でプロとして活動する例は多くはない。トルヴェール・クヮルテットでおなじみ彦坂眞一郎さんのファミリーの物語。
----------------------------------------------------------------------

○日本の「トランペット博士第1号」のテーマは……
キートランペットの研究
赤堀裕之史

トランペットで博士号を取得した赤堀さんのテーマは、ハイドンのトランペット協奏曲のオリジナル楽器として知られるキートランペット。近年、演奏や録音が多くなったこの楽器については未だよく分からないことが多いと語る。
----------------------------------------------------------------------

○日欧で最初に体験したオケがN響とベルリンフィル!
カラヤン・アカデミーに学ぶ
ファゴット奏者:古谷拳一

2019 年のベルリンフィル日本公演で話題になった「2番ファゴットの東洋人」が古谷さん。東京藝大からチューリッヒ芸術大学に学び、その後、狭き門で知られるカラヤン・アカデミーに合格。現在もそこで学びながらソロやクインテットで活躍中。
----------------------------------------------------------------------

○プレスティージュとソヴリンを愛用する二人が語る
ベッソン・ユーフォニアム対談
対談:牛上隆司×鎌田裕子

音の魅力に取り憑かれてユーフォニアムを始めた人も、一度はその「音」ゆえに上達の壁に直面する。そうした中で何を考え、自分の楽器とどう向き合ってきたのか、それぞれベッソンのプレスティージュとソヴリンを愛用する二人が語る。
----------------------------------------------------------------------

○フリーランス音楽家への
日本の「コロナ給付金」総まとめ
これからのフリーランスに求められる3つの条件

音楽家はGoToの恩恵とは無縁。コロナ禍で収入の道が絶たれてしまったフリーランスたちが最後に頼れる政府や自治体のコロナ支援策を総まとめ。
----------------------------------------------------------------------

○フランスの伝説的なホルン奏者
ルシアン・テヴェの軌跡
フランソワーズ・テヴェ

アンドレ・クリュイタンス指揮パリ音楽院管弦楽団によるラヴェル「亡き王女のためのパヴァーヌ」の演奏で有名な伝説のホルン奏者の生涯を息女が綴る。
----------------------------------------------------------------------

○初心者でもフラジオ音域をマスターできる!
「声道共鳴」を利用したサクソフォンの練習法
李源冀

口の中の容積をコントロールすることで、音色や音程、フラジオ奏法などのさまざまな奏法を劇的に改善できることを示した注目の論文を2回に分けて掲載。
----------------------------------------------------------------------

○ロブ・スチュワートのブラスギャラリー
テナー・ノーマフォンの修復

サクソフォンの衣をまとったバルブトロンボーン。1920年代のサクソフォンブームにあやかりドイツで作られたが、現存するものは少ない。
----------------------------------------------------------------------

○アーカイブ記事
エリック・イウェイゼン
「演奏家と作曲家のコラボレーションこそが大切!」

管楽器界でいま最も演奏されている作曲家の一人が、アメリカの数多くの名手たちとの交流から生まれた自作曲について語る(2008年6月号掲載記事の再録)。
----------------------------------------------------------------------

● 連載・コラム・その他
海外オーケストラ動画配信情報(アジア編)
中川英二郎のトロンボーンアルバム/シネマコンサートの舞台裏
トランペット“管”話休題/ハイドンのTrp協奏曲に仕掛けられたウィット
平野公崇の多事奏音/コロナと卓球
ミードと暮らす/2020年を振り返る
ナイディック&大島クラリネット講座/ストラヴィンスキー《3つの小品》最終回
ヴィンテージSAXの遊び方/ジャズとクラシックの2つの顔
カゲヤマ博士の演奏心理学/人を真似てモチベーションを上げる
----------------------------------------------------------------------

● PRODUCTS
R.セントパリの新テューバ「TWOBA」
今月のピックアップ
----------------------------------------------------------------------

● CD評
木幡一誠の今月のCD(今月は休載します)
----------------------------------------------------------------------

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室
935円
● 特集
○N響公演で僕たちはこう吹いた……
ホルン福川伸陽
シューマンのコンツェルトシュトゥックに新しい光を当てる!

去る9⽉にN響でシューマンの《コンツェルトシュトゥック》を演奏したN響ホルンセクション。その素晴らしい演奏と共に新鮮な解釈にも衝撃を受けた読者が多かったに違いない。1番ソロホルンを吹いた福川さんに話を伺った。
----------------------------------------------------------------------

○コロナ禍の英国で経験したこと
クラリネット橋本杏奈
ロックダウンのロンドンから

11月から再びロックダウンに入った英国。出口の見えない状況の中で、英国のフリーランサーたちも様々な試練を経験している。ロンドンを拠点にクラリネットで国際的に活躍中の橋本杏奈さんが編集部に寄せてくれた手記。
----------------------------------------------------------------------

○2枚のソロアルバムに記録された体験
ユーフォニアム佐藤采香
スイス留学のビフォー&アフター

ロームミュージックファンデーション奨学生として2年間スイスのベルン芸術大学に留学。ユーフォニアムに限らず欧州の文化芸術全般に大きな刺激を受けて帰国した佐藤さんが、2枚目のアルバムにその成果を刻んだ。
----------------------------------------------------------------------

○ヤマハ新カスタムクラリネット誕生
師弟が語る新「CSVR」の響き!
対談:ロジェ・ヴォワザン&サロメ・ギャンブレティエール

欧米での高い評価を受けて日本に逆上陸! それが12月に発売されたヤマハの新カスタムクラリネット「CSVR」だ。フランスを代表するクラリネット奏者の一人とその門下生が語る、ヤマハの新しい響き!
----------------------------------------------------------------------

○「二番煎じはやりたくない!」
トロンボーン中路英明
日本のラテンポップス界を牽引するトロンボーン奏者の軌跡

オルケスタ・デ・ラ・ルスを皮切りに、熱帯ジャズ楽団はじめ日本のポップス界を彩った数多くの重要な現場に立ち会って来たトロンボーン奏者、中路英明さんの軌跡。
----------------------------------------------------------------------

○自ら開発したケーナフルートで世界的に活動
エスニックフルートの先へ!
ルイス・デラカイエ

ケーナとフルートを合体させた「デラカイエ・ケーナフルート」で新しいフォルクローレ音楽を奏でるルイス・デラカイエ。欧州のアカデミーも認めたその楽器を演奏する一方で、ケーナとアンデスの音楽の研究も続ける異色のキャリアを辿る。
----------------------------------------------------------------------

○コロナ禍の音楽授業を考える
指揮法を音楽の授業に…
愛媛県・松山東高校の試み

漱石が教え、子規が学んだ四国の伝統ある名門校で、コロナ禍での授業の制約を逆手にとり、音楽の授業に指揮法を取り入れて大きな成果を挙げている。
----------------------------------------------------------------------

○在京オケ奏者による華麗なTpサウンド
ザ・シルキー・ファイブ

在京オーケストラの5人の精鋭がシルキーの長短トランペットを駆使して華麗なアンサンブルを聞かせるザ・シルキー・ファイブ。1月に行う2021年コンサートツアー第1弾を前に話を聞いた。
----------------------------------------------------------------------

○ロブ・スチュワートのブラスギャラリー
ヘッケルの長管Fトランペット

F.A.ヘッケルは近代ファゴットを開発したヴィルヘルム・ヘッケルの従兄弟で、一族は全員楽器製造に携わり、創業は1831年に遡る。
----------------------------------------------------------------------

○アーカイブ記事
エリック・ホープリッチ
バセットクラリネットとクラリネット史に残る疑問

古典クラリネットからロマン派のクラリネットまで、各時代の楽器を使って精力的に演奏活動を行うエリック・ホープリッチ氏が2007年6月に来日した時のインタビュー記事を採録。
----------------------------------------------------------------------

● 連載・コラム・その他
中川英二郎のトロンボーンアルバム/中川家総出のプロジェクト
トランペット“管”話休題/フンメルのトランペット協奏曲
平野公崇の多事奏音/オンラインの日々で
ミードと暮らす/オンラインイベントに参加
ナイディック&大島クラリネット講座/ストラヴィンスキー《3つの小品》
ヴィンテージSAXの遊び方/超巨大サクソフォンの歴史と革命
カゲヤマ博士の演奏心理学/自分の頭にある批評家に邪魔されるな
----------------------------------------------------------------------

● PRODUCTS
ヤマハ・カスタムクラリネット「CSVR」
今月のピックアップ
----------------------------------------------------------------------

● CD評
木幡一誠の今月のCD
----------------------------------------------------------------------

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室
935円
● 特集
○フリーランサーの立場から
独のコロナ給付金は本当に手厚い?
芸術家支援の現状:廣井明子

コロナ禍のフリーランサーに対する日本政府の支援策が論議を呼んだ最中、「ドイツでは○十万円が即座に振り込まれた」という話題がSNS上を賑わした。ところがその実態は? 廣井さんの手記。
----------------------------------------------------------------------

○様々な言説を検証
私はなぜルイ・ロットにこだわるのか?
今もその価値を失わない理由:榎田雅祥

30年間在籍した大阪フィルはもとより、ソロでもルイ・ロットを愛用し続けて来た筆者がロットにまつわる様々な言説を検証し、その本当の価値のあり所を語る。
----------------------------------------------------------------------

○「コハーン・メソッド」のすすめ
コハーン・イシュトヴァーン
スケールさえ練習すればどんな曲でも攻略できる!

ハンガリーから日本に拠点を移し、今では後進の指導にも積極的なクラリネットのコハーン氏。その超絶的なテクニックと個性的なスタイルの基礎を築き上げたもの、それは独自のスケール練習にあった。
----------------------------------------------------------------------

○「自由に歌える!」「伸びやかな音!」
ヤマハ・カスタム・バリトンサクソフォン誕生!
対談:田中靖人、竹村直哉

長く発売が待たれていたヤマハ・バリトンサクソフォンのカスタムモデルが遂に登場! 開発に関わったクラシックとジャズ・ポップス界を代表するお二人に聞いた。
----------------------------------------------------------------------

○萩谷克己のトロンボーン講座(後編)
アンブシュアと息の角度のシフトを考える
自分のアンブシュアの特徴を知りシフトをスムーズに行うために

現役引退後に練習量が低下し歯並びも変わる中でコンディションの維持と奏法改善を考えたら、これまで気づかなかった大切なことが見えて来た!前号に続く後編。
----------------------------------------------------------------------

○ナニワの熱血愛好家
Nikkanを味わい尽くす!
収集から改造まで:新町陽秀

国産ヴィンテージ「ニッカン」の楽器を集めるだけでなく、実際に吹いて楽しむ人たちもいる中で、ユニークな楽器に改造してその魅力を味わい尽くしている熱血愛好家をご紹介。
----------------------------------------------------------------------

○ゲストはサンフランシスコ響副首席ホルン奏者
サラ・ウィリスのホルンハングアウト
肺と呼吸のメカニズムをオーモンド博士に聞く

ベルリンフィルのホルン奏者サラ・ウィリスの人気サイトから最新の対談を載録。名門大学に学んだ呼吸器内科の専門医で、今はサンフランシスコ響副首席ホルン奏者のオーモンド博士に呼吸の正しいメカニズムを聞く。(2回連載後編)
----------------------------------------------------------------------

○「ガラスの街とやま」と桐朋学園大とのコラボで
ガラスのフラウト・トラヴェルソ誕生!

その音は柔らかな色彩感を持ち、レスポンスも良く……今月号の表紙も飾った世界でも珍しい楽器を、N響首席フルートの神田寛明さんが紹介。
----------------------------------------------------------------------

○ロブ・スチュワートのブラス・ギャラリー
コーン製の初期のE♭管テューバ

ユニークなバルブの設計は極めてシンプルかつ賢明。ピストンは軽く小さくて済みアクションも非常に素速い。なのに短命に終わった……。
----------------------------------------------------------------------

○アーカイブ記事
マティアス・ヘフス
世界的なトランペット・ソロイスト

「ヘフスの時代」とまで囁かれるハンブルクの名手、2007年来日時のインタビュー記事(再掲載)。
----------------------------------------------------------------------

● 連載・コラム・その他
中川英二郎のトロンボーンアルバム/進化する私のマウスピース
トランペット“管”話休題/ルロイ・アンダーソン名曲誕生のエピソード
カゲヤマ博士の演奏心理学/指導者の選び方
平野公崇の多事奏音/絵本の郷で「物語」る
ミードと暮らす/第2波のなか大学のレッスン再開
ナイディック&大島クラリネット講座/ストラヴィンスキー《3つの小品》
ヴィンテージSAXの遊び方/サクソフォン原理主義のための神具
----------------------------------------------------------------------

● PRODUCTS
ヤマハ・バリトンサクソフォン
今月のピックアップ
----------------------------------------------------------------------

● CD評
木幡一誠の今月のCD
----------------------------------------------------------------------

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室
935円
● 特集
○フルート奏者/指揮者
アレクシ・コセンコ
ルネサンスから現代までのフルートを吹きこなす鬼才

時代もスタイルも異なる26曲のフルート作品を、24本の異なる楽器を駆使して吹いてのけるコセンコ氏のYouTube動画が、いま話題を呼んでいる。
----------------------------------------------------------------------

○僕らの苦労、学生たちに伝わってますかね?
コロナ禍の音大金管教員奮戦記
座談会:古賀慎治、阿部雅人、神代修

レッスンができない、合奏ができない……飛沫感染で特に風当たりの強い金管楽器の先生たちは授業の構築と学生たちのケアに奮戦中!
----------------------------------------------------------------------

○ワイマール州立歌劇場管弦楽団トランペット奏者
トランペット:髙田瑠奈
ワイマールに学び、ワイマールで花開く

この6月にワイマール州立歌劇場管弦楽団に入団した髙田さんは、ドイツのオケに就職した初のアジア人女性トランペット奏者。編集部はさっそくスカイプ取材した。
----------------------------------------------------------------------

○萩谷克己のトロンボーン講座①
アンブシュアと息の角度のシフトを考える
自分のアンブシュアの特徴を知りシフトをスムーズに行うために

現役引退後に練習量が低下し歯並びも変わる中でコンディションの維持と奏法改善を考えたら、これまで気づかなかった大切なことが見えて来た!
----------------------------------------------------------------------

○バリエーション豊かなゼノの響きを楽しむ!
Xenoトランペット30周年記念コンサートを前に
座談会:上田じん、菊本和昭、神代修、白水大介、杉山眞彦、早坂宏明

ヤマハXenoトランペット30 周年を記念するコンサートが東京と大阪で行われるのを前に、東西の出演者6名にコンサートの聴きどころなどを聞いた。
----------------------------------------------------------------------

○ゲストはサンフランシスコ響副首席ホルン奏者
サラ・ウィリスのホルンハングアウト
肺と呼吸のメカニズムをオーモンド博士に聞く

ベルリンフィルのホルン奏者サラ・ウィリスの人気サイトから最新の対談を載録。名門大学に学んだ呼吸器内科の専門医で、今はサンフランシスコ響副首席ホルン奏者のオーモンド博士に呼吸の正しいメカニズムを聞く。(2回連載)
----------------------------------------------------------------------

○オンラインによるホルンオーディション
ジャパンホルンオーディション2020
リポート:丸山勉

募集や審査のすべてをオンラインで実施する新しい形のオープンなホルン・オーディションがこの夏に行われ、約200人が参加。
----------------------------------------------------------------------

○ロブ・スチュワートのブラス・ギャラリー
純銀製E♭管ポケットコルネット

1800年代中期にアメリカで作られた貴重な純銀製Eb管ポケットコルネットを修復した話。
----------------------------------------------------------------------

○アーカイブ記事
ボブ・リーブス
金管楽器技術者、マウスピース製作家

マウスピースのギャップが音に与える影響と、独自のバルブ・アラインメントによる楽器性能の向上について語る。
----------------------------------------------------------------------

○インフォメーション
国内プロオーケストラの動画配信情報
----------------------------------------------------------------------

○コンクール結果
第18回東京音楽コンクール
----------------------------------------------------------------------

● 連載・コラム・その他
中川英二郎のトロンボーンアルバム/ミックスエンジニア・デビュー
トランペット“管”話休題/トランペットはファンファーレがよく似合う
カゲヤマ博士の演奏心理学/心理的な休息の必要性
平野公崇の多事奏音/カルチャーショック
ミードと暮らす/上手なプロに見えるアーティスト写真
ナイディック&大島クラリネット講座/ストラヴィンスキー《3つの小品》
ヴィンテージSAXの遊び方/名実ともにフランス合理主義の具現
----------------------------------------------------------------------

● PRODUCTS
ヘインズ「アマデウス」ピッコロ
今月のピックアップ
----------------------------------------------------------------------

● CD評
木幡一誠の今月のCD(今月は休載します)
----------------------------------------------------------------------

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室
935円
● 特集
○古楽のパイオニアたちの肖像
オーボエ:北里孝浩
私が出会ったバロックオーボエと古楽の偉人たち

1970年代にオランダに留学して以来、ヨーロッパの名だたる古楽オーケストラで古楽の最前線に立ち続けて40年以上。共演して来た古楽パイオニアたちとその音楽を語る。
----------------------------------------------------------------------

○トランペットの歴史的研究に生涯を捧げた
[追悼]エドワード・タール
神代修さんが見たトランペットの「知の巨人」

トランペットの歴史的研究と演奏に生涯を捧げ、バロックや古典派時代のナチュラル・トランペットの復興にも大きな足跡を残したエドワード・H・タールを偲ぶ。
----------------------------------------------------------------------

○スウェーデン王立歌劇場管首席
トランペット:清水慶太郎
背水の覚悟で受けた研修生のオーディションからその後の道が開けた

500年もの歴史を誇るオーケストラの首席に就任。ワイマールで学び、結果が出ずに一時は帰国まで考えたという清水さんが掴んだチャンスとは……
----------------------------------------------------------------------

○都響で42年間にわたり活躍
井上順平さんのバストロンボーン人生
インタビュアー:津﨑知之

東京都交響楽団で42年間にわたりバストロンボーン奏者として活躍し、日本トロンボーン協会会長として日本のトロンボーン界の「顔」も務めた井上さんに、愛弟子で氏の初CDをプロデュースした津﨑さんがインタビュー。
----------------------------------------------------------------------

○日本で学んだサクソフォンで人と人とをつなぐ
サクソフォン:崔師碩
アジアのサクソフォンの架け橋になる!

母国は中国。中学3年から日本で学んだサクソフォンでアジアの人と人とをつなぐ。
----------------------------------------------------------------------

○元フィラデルフィア管弦楽団打楽器奏者
追悼:アラン・エーベル
フィラデルフィア管弦楽団メンバー3人の追悼の言葉

新型コロナウイルスによる合併症のために亡くなった米国の伝説的な打楽器奏者の生涯を、フィラデルフィア管のティンパニと打楽器メンバーが偲ぶ。
----------------------------------------------------------------------

○集中連載第6回(最終回)
ビュッフェ・クラリネット開発70年の歴史
R13からトスカ、ディヴィンヌなどの最新モデルまで

現代クラリネットの一つの規範となったR13から、トスカ、ディヴィンヌの最新モデルまで、その設計開発の細部までをも当事者たちが明らかにする注目の集中連載。今回が最終回。
----------------------------------------------------------------------

○ロブ・スチュワートのブラス・ギャラリー
コーン&デュポン「フォー・イン・ワン」コルネット

Eb管、C管、Bb管、A管の4つの調で演奏できる1879年製の「フォー・イン・ワン」コルネットを修復した話。
----------------------------------------------------------------------

○アーカイブ記事
マリー=ルイーズ・ノイネッカー
「ホルン奏者に大切なのは強い精神!」

元フランクフルト放送響首席として活躍後、指導とソロで活躍するドイツの女性ホルン奏者。
----------------------------------------------------------------------

○インフォメーション
海外オーケストラ管楽器特集コンサート
----------------------------------------------------------------------

○コンサート・リポート
オーケストラ奏者たちが奏でたバロックTrpの響き
----------------------------------------------------------------------

● 連載・コラム・その他
中川英二郎のトロンボーンアルバム/演奏を再開して気づいたこと
トランペット“管”話休題/トランペットが活躍する古今のマーチ
カゲヤマ博士の演奏心理学/不安を軽減するメンタルタイムトラベル
平野公崇の多事奏音/ボーイスカウト
ミードと暮らす/ロックダウン以来初のスティーブの演奏旅行
ナイディック&大島クラリネット講座/ストラヴィンスキー《3つの小品》
ヴィンテージSAXの遊び方/クラシック音楽のためのヴィンテージSAX
----------------------------------------------------------------------

● PRODUCTS
シルバースタイン・アンビポリ・リード
今月のピックアップ
----------------------------------------------------------------------

● CD評
木幡一誠の今月のCD(今月は休載します)
----------------------------------------------------------------------

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室
935円
● 特集
○サンフランシスコ交響楽団首席トランペット奏者
マーク・イノウエ
「ウィントンに飛び込みでレッスンを受け僕の人生は変わった!」

サンフランシスコ響で輝かしいサウンドを奏で、ジャズで心に響くCDをリリースするなどマルチに活躍。そのトランペットのスタートは誰とも違っていた!(Photo by Nobuo Mikawa)
------------------------------------------------------------------------

○トロンボーン奏者
ファブリス・ミリシェー
パリ音楽院教授に就任して3年目のいま……

パリ音楽院の教授に抜擢され「エコール・フランセーズを受け継ぎつつ新しい文化を発信していきたい!」
------------------------------------------------------------------------

○歴史から消えた世界初のSAX大スター!
サクソフォン史上最大の風雲児
アリ・ベン・ス・アール

サクソフォンが発明されて間もないころ、独自に改良したサクソフォンを携えて世界を駆け巡った大スターがいた。
------------------------------------------------------------------------

○ベルギーのフルートとフルーティスト
もう一つの新旧フルート抗争
どこよりも早くベーム式フルートが花開いた国(後編)

様々な対立を生みながらフランスよりも早くベーム式フルートを導入し、ロマン派のフルート音楽を開花させたベルギーのフルーティストとフルート音楽を前号に続けてご紹介。
------------------------------------------------------------------------

○元フィラデルフィア管弦楽団打楽器奏者
追悼:アラン・エーベル
オーケストラと指導に情熱を捧げたその生涯

新型コロナウイルスによる合併症のために亡くなった米国の伝説的な打楽器奏者の生涯。
------------------------------------------------------------------------

○集中連載第5回
ビュッフェ・クラリネット開発70年の歴史
R13からトスカ、ディヴィンヌなどの最新モデルまで

現代クラリネットの一つの規範となったR13から、トスカ、ディヴィンヌの最新モデルまで、その設計開発の細部までをも当事者たちが明らかにする注目の集中連載。
------------------------------------------------------------------------

○「森の五重奏団」の主宰者
クラリネット:大藤豪一郎
木管五重奏の魅力を全国に……

全国の子供たちのための演奏会にユニークな演出とプログラム構成で真剣に取り組む「森の五重奏団」、その主宰者の横顔。
------------------------------------------------------------------------

○ロブ・スチュワートのブラス・ギャラリー
エドワードE.テルトウのB♭コルネット

無名のメーカーの状態も悪いこの楽器は、アメリカの初期金管楽器の歴史に関わる興味深い楽器だった。
------------------------------------------------------------------------

○アーカイブ記事
エルンスト・オッテンザマー
元ウィーンフィル首席クラリネット奏者(故人)

二人の息子とクラリネットの「親子鷹」でウィーン伝統の継承を……。
------------------------------------------------------------------------

○インフォメーション
国内オーケストラの管楽器特集コンサート
------------------------------------------------------------------------

● 連載・コラム・その他
中川英二郎のトロンボーンアルバム/リアルタイムでオンライン合奏できるアプリ
トランペット“管”話休題/ジャズとクラシック縦横無尽
カゲヤマ博士の演奏心理学/潜在能力のすべてを活用しているか?
平野公崇の多事奏音/即興演奏と日本人的なもの⑦
ミードと暮らす/その言葉、差別につながってませんか?
ナイディック&大島クラリネット講座/ストラヴィンスキー《3つの小品》
ヴィンテージSAXの遊び方/テールフィンとプレキシグラスの夢
-----------------------------------------------------------------------

● PRODUCTS
バンブー・リガチャーNOVAシリーズ
今月のピックアップ
------------------------------------------------------------------------

● CD評
木幡一誠の今月のCD
------------------------------------------------------------------------

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室
935円
● 特集
○クリーブランド管弦楽団首席テューバ奏者
テューバ:杉山康人
「軽く、クリアに、明るくが僕のモットー」

名門クリーブランド管弦楽団に入団して14年目。米国メジャーオケでのこれまでの豊富な体験を日本の後進にも伝えたい、と意欲をみせる。
------------------------------------------------------------------------

○管楽器は感染リスクを高めるか?
管楽器のCovid-19感染拡大リスク
ドイツとオーストリアで行われた検証実験をレポート

管楽器を使ったコンサートは再開しても大丈夫なのだろうか? バンベルク交響楽団やウィーンフィルなどでも行われた検証実験の結果をご紹介する。
------------------------------------------------------------------------

○ベルギーのフルートとフルーティスト
もう一つの新旧フルート抗争
どこよりも早くベーム式フルートが花開いた国(前編)

様々な対立を生みながらフランスよりも早くベーム式フルートを導入し、ロマン派のフルート音楽を開花させたベルギーのフルーティストとフルート音楽を2回に分けてご紹介。
------------------------------------------------------------------------

○フリッツ・ヴェーゼニックに学んだこと
私のロータリーTrp原体験
トランペット:武内安幸

1970年代にドイツに留学し、後にバイロイト祝祭管のメンバーとしてドイツの音と音楽の神髄に触れた武内さんに聞く、ロータリー・トランペット、その楽器と吹き方のエッセンス
------------------------------------------------------------------------

○山形交響楽団首席オーボエ奏者
オーボエ:柴田祐太
プロ生活の第一歩は「食と温泉の国のオーケストラ」で

日本のオーケストラでピリオド奏法を先駆けて実践し、ロマン派の意欲的なプログラムでもファンの多い山形交響楽団の新しい首席オーボエに就任して3年目。
------------------------------------------------------------------------

○集中連載第4回
ビュッフェ・クラリネット開発70年の歴史
R13からトスカ、ディヴィンヌなどの最新モデルまで

現代クラリネットの一つの規範となったR13から、トスカ、ディヴィンヌの最新モデルまで、その設計開発の細部までをも当事者たちが明らかにする注目の集中連載。
------------------------------------------------------------------------

○オケのテレワーク合奏を成功させた
新日本フィルのテレワーク舞台裏
「仕掛け人」が語る:山口尚人

世界に先駆けてオーケストラのテレワーク合奏を実現させた新日本フィルの仕掛け人が語る舞台裏。
------------------------------------------------------------------------

○ロブ・スチュワートのブラス・ギャラリー
グレイヴズ&Co.のポストホルン

19世紀中ごろに米国で作られた3本のダブル・ピストンバルブを修復した話。ヨーロッパの伝統から外れたこの楽器がなぜポストホルンと呼ばれるようになったかは不明。
------------------------------------------------------------------------

○アーカイブ記事
マウスピースをカスタマイズする話
青柳秀一(ヤマハアトリエ東京)

内外の有名プレイヤーはじめ多くのプロ奏者たちの悩みや要望に「最前線」で応えるヤマハアトリエ東京。そのマウスピース・カスタマイジングの現場を訪ねた。
------------------------------------------------------------------------

○レポート
日本フィルと宮古高校吹奏楽部のオンライン座談会
------------------------------------------------------------------------

○インフォメーション
海外オーケストラ動画配信情報
------------------------------------------------------------------------

● 連載・コラム・その他
中川英二郎のトロンボーンアルバム/ソーシャルディスタンスでの演奏
トランペット“管”話休題/フィリップ・ジョーンズ没後20年
カゲヤマ博士の演奏心理学/隠されたエラーを検出する方法
平野公崇の多事奏音/即興演奏と日本人的なもの⑥
ミードと暮らす/誕生日の記念動画はローランドの曲で
ナイディック&大島クラリネット講座/ストラヴィンスキー《3つの小品》
ヴィンテージSAXの遊び方/小さな小さなベビーサクソフォン
-----------------------------------------------------------------------

● PRODUCTS
シャーゲルの新トランペット「Raweni」
今月のピックアップ
-----------------------------------------------------------------------
● CD評
木幡一誠の今月のCD(今月は休載します)
------------------------------------------------------------------------

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室
935円
● 特集
○バロックトランペットは今や古楽器の枠を超えた!
普段着のバロックトランペット
対談:霧生貴之×松山萌

音程補正の穴を持つバロックトランペットは日本のモダンのオーケストラでもよく目にするようになった。そんな中、日本のプロオーケストラ奏者を中心としたこの楽器のコンサートが7月に東京で行われる。
------------------------------------------------------------------------

○けっこう出来ちゃうじゃない!?
おうちでサイレントブラス
対談:照喜名俊典×曽根麻央

世界中が「ステイ・アット・ホーム」に突入すると同時に、ヤマハ・サイレントブラスの需要はうなぎ上りに高まった。金管楽器の「在宅ワーク」を支援するこのツールの可能性は新しいオンライン時代にまで拡がる……。
------------------------------------------------------------------------

○誌上リポート
オンラインレッスンをやってみた!
初めての「Zoom」体験

やっている人はやっている……でも、指をくわえて見ていてはいられません! 話題のZoomを使ったオンラインレッスンに挑んだ体験記。
------------------------------------------------------------------------

○待望のソロアルバムをリリース
サクソフォン田中拓也
「サクソフォンは一つの手段、その思いは変わらない」

人より遅くサクソフォンを始めながら、わずか6年目にして管打楽器コンクール特別大賞を受賞したのが2008年。待望のソロアルバムに込めたその思いとは……。
------------------------------------------------------------------------

○ライブが出来ない今だからこそ…
トランペット柴山貴生
宅録とネット配信で世界を拡げる

ミュージカル、吹奏楽、金管バンド、スタジオと幅広く活躍する柴山さんがチャレンジする新しい表現舞台。
------------------------------------------------------------------------

○集中連載第3回
ビュッフェ・クラリネット開発70年の歴史
R13からトスカ、ディヴィンヌなどの最新モデルまで

現代クラリネットの一つの規範となったR13から、トスカ、ディヴィンヌの最新モデルまで、その設計開発の細部までをも当事者たちが明らかにする注目の集中連載。
------------------------------------------------------------------------

○金管鼎談
The Brass Gym をひも解く
金管基礎トレーニング教本の使い方:木村寛仁、二階堂光憲、嶋田明

サム・ピラフィアンとパトリック・シェリダンの二人のテューバ奏者が著した人気トレーニング教本の使い方を、ピラフィアンに直接師事したテューバ奏者を迎えて語り合う、集中連載の第3回(最終回)。
------------------------------------------------------------------------

○ロブ・スチュワートのブラス・ギャラリー
ドレスデン・キービューグル

19世紀半ばにドレスデンで作られた珍しいキー付きビューグルを修復した話。当時の製作法の一端なども見えて来た。
------------------------------------------------------------------------

○アーカイブ記事
フロイディス・リー・ヴェクレ
世界のホルン奏者がこの人に学ぶ!

17歳でホルンを始め、女性のハンディをも克服したノルウェーの世界的ホルン奏者にして教育者の「知恵と才能と技術」。
------------------------------------------------------------------------

○インフォメーション
国内プロオーケストラ管打楽器メンバー一覧
------------------------------------------------------------------------

● 連載・コラム・その他
中川英二郎のトロンボーンアルバム/おうちdeビッグバンド
トランペット“管”話休題/A Hope For The Future
カゲヤマ博士の演奏心理学/パフォーマンスをビデオに録画する効果
平野公崇の多事奏音/即興演奏と日本人的なもの⑤
ミードと暮らす/もし音楽家以外の職業だったら…
ナイディック&大島クラリネット講座/ストラヴィンスキー《3つの小品》
ヴィンテージSAXの遊び方/戦後サクソフォンの番付表
-----------------------------------------------------------------------

● PRODUCTS
クルトワ新トロンボーン
今月のピックアップ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

● CD評
木幡一誠の今月のCD(今月は休載します)
------------------------------------------------------------------------

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室
935円
● 特集
○NYで学び花開いたサクソフォン・ソロの世界
サクソフォン李源冀(ウォンキ・リー)
母国語なしに外国語は喋れない

東京に生まれ、中学を卒業と同時に単身でニューヨークに留学。マンハッタン音楽院でポール・コーエンの下で研鑚を積んだあと、アメリカとアジアで旺盛なソロ活動を展開中!
------------------------------------------------------------------------

○九州交響楽団首席トランペット奏者
トランペット松居洋輔
シカゴで種をまき、シドニーで育てた音

シカゴで研鑚を積み、厳しいオーディションを勝ち抜きアジア人金管奏者として初めてシドニー交響楽団へ、2019年に九州交響楽団首席に就任した松居さんの 「音」 の軌跡。
------------------------------------------------------------------------

○スーザバンドの研究から分かった
ダブルベル・ユーフォニウムの知られざるルーツ
アメリカのユーフォニウムの意外な系譜

かつて大流行し、その後表舞台から消えて行ったダブルベル・ユーフォニウムを調べたらアメリカのユーフォニウムの意外な系譜が見えてきた!
------------------------------------------------------------------------

○各時代の名手たちが求めたマウスピース
サクソフォン・マウスピース
誕生から現在までの音の歴史

新しい音を求めてアイデアと工夫が凝らされた各時代のサクソフォン・マウスピース。その代表的なモデルを一挙ご紹介!
------------------------------------------------------------------------

○群馬交響楽団首席ホルン奏者
ホルン濱地宗
音の中心を捉えることの大切さ

日本音楽コンクール5度目の挑戦で1位を獲得。じつはその前年に心機一転ドイツに渡り、レッスンを受けまくって掴んだことがあったという。
------------------------------------------------------------------------

○集中連載第2回
ビュッフェ・クラリネット開発70年の歴史
R13からトスカ、ディヴィンヌなどの最新モデルまで

現代クラリネットの一つの規範となったR13から、トスカ、ディヴィンヌの最新モデルまで、その設計開発の細部までをも当事者たちが明らかにする注目の集中連載。
------------------------------------------------------------------------

○金管鼎談
The Brass Gym をひも解く
金管基礎トレーニング教本の使い方:木村寛仁、二階堂光憲、嶋田明

サム・ピラフィアンとパトリック・シェリダンの二人のテューバ奏者が著した人気トレーニング教本の使い方を、ピラフィアンに直接師事したテューバ奏者を迎えて語り合う、集中連載の第2回。
------------------------------------------------------------------------

○ロブ・スチュワートのブラス・ギャラリー
シンフォニーオケで愛用されたホルトンTrp

かつてメジャーなシンフォニー・オーケストラでホルトンのトランペットがハーセスを始めとする名手たちに使われていた時期があった。
------------------------------------------------------------------------

○アーカイブ記事
バスーン・ボーカルの全知識
田中雅仁(後編)

バス―ンのボーカルはそれ自体の音色を持つ重要なファクター。そのメカニズムと特性を徹底解剖するバスーニスト必読の特集!(1985年5月号に掲載された記事/2回連載)
------------------------------------------------------------------------

○インフォメーション
国内プロオーケストラの動画配信情報
------------------------------------------------------------------------

● 連載・コラム・その他
中川英二郎のトロンボーンアルバム/おうちdeスタジオミュージシャン
トランペット“管”話休題/J.ウィリアムズのトランペット協奏曲
カゲヤマ博士の演奏心理学/パフォーマンスをビデオに録画する効果
平野公崇の多事奏音/即興演奏と日本人的なもの④
ミードと暮らす/今こそユーフォニアム奏者たちも連帯
ナイディック&大島クラリネット講座/ストラヴィンスキー《3つの小品》
ヴィンテージSAXの遊び方/マルセル・ミュールとソプラノサクソフォン
-----------------------------------------------------------------------

● PRODUCTS
ザック・リガチャー
今月のピックアップ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

● CD評
木幡一誠の今月のCD
------------------------------------------------------------------------

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室
935円
● 特集
○ビュッフェ・クランポン「Senzo」との出会い
サクソフォン雲井雅人
60歳を過ぎて知ったサクソフォンを吹く新しい喜びと楽しみ

60歳を過ぎて出会った「Senzo」に、シンプルに音楽の魅力を伝える歌い方が今なお新鮮であることを改めて教えてもらったという。
------------------------------------------------------------------------

○日米欧のヤマハ技術者が語る
ヤマハ“Xeno”トランペット
世界的な成功モデルを生んだ開発秘話(後編)

ヤマハXenoトランペット誕生30年。世界のオーケストラに浸透し続けるXeno飛躍の歴史を、開発の最前線にいる4人の技術者に振り返ってもらった。前号に続く後編。
------------------------------------------------------------------------


○集中連載第1回
ビュッフェ・クラリネット開発70年の歴史
R13からトスカ、ディヴィンヌなどの最新モデルまで

現代クラリネットの一つの規範となったR13から、トスカ、ディヴィンヌの最新モデルまで、その設計開発の細部までをも当事者たちが明らかにする注目の集中連載。
------------------------------------------------------------------------

○金管鼎談
The Brass Gym をひも解く
金管基礎トレーニング教本の使い方:木村寛仁、二階堂光憲、嶋田明

サム・ピラフィアンとパトリック・シェリダンの二人のテューバ奏者が著した人気トレーニング教本の使い方を、ピラフィアンに直接師事したテューバ奏者を迎えて語り合う、集中連載の第1回。
------------------------------------------------------------------------

○ハイキーの実践的な使い方
ロータリーTrpのちょっとディープな話
オーケストラアンサンブル金沢Trp奏者:谷津謙一

知っているようでよく知らなかった? ロータリートランペットHigh-Keyにまつわる意外なエピソードと実践テクニック。
------------------------------------------------------------------------

○楽しさと未来がいっぱい詰まった……
鍵盤ハーモニカWonderland!
鍵盤ハーモニカ研究家&演奏家:南川朱生

まずは南川さんの演奏動画をご覧になってからお読みいただくと、この記事のインパクトはより強くなります。私たちが知らなかった鍵盤ハーモニカの世界とその魅力!
------------------------------------------------------------------------

○自筆スコアを発見!
音楽史初のサクソフォン協奏曲
ベルギーの作曲家ポール・ジルソンの作品

1901 年に作曲されたジルソンのサクソフォン協奏曲第1番の自筆スコアが発見された。サクソフォンのために書かれた史上初のコンチェルトとされる重要な作品を探る。
------------------------------------------------------------------------

○ロブ・スチュワートのブラス・ギャラリー
オールズTrpのポケットコンバージョン

オールズのミリタリートランペットをベルのハンマー仕上も復元しながらポケットトランペットに改造。
------------------------------------------------------------------------

○アーカイブ記事
バスーン・ボーカルの全知識
田中雅仁(前編)

バス―ンのボーカルはそれ自体の音色を持つ重要なファクター。そのメカニズムと特性を徹底解剖するバスーニスト必読の特集!(1985年5月号に掲載された記事/2回連載)
------------------------------------------------------------------------

●トピックス
○こんな時だからこそ集まれた未曾有の顔ぶれ!
ジャパン・ホルン・サウンド
------------------------------------------------------------------------

● 連載・コラム・その他
管楽器コンクール歴代入賞者一覧
コンサートリポート/ザ・シルキー・ファイブ東京公演
中川英二郎のトロンボーンアルバム/シグネチャーマウスピースいよいよ発売
トランペット“管”話休題/「真似る」は「学ぶ」
カゲヤマ博士の演奏心理学/げんをかつぐと結果は良くなる?
平野公崇の多事奏音/即興演奏と日本人的なもの③
ミードと暮らす/音楽家には厳しい状況の今できること
ナイディック&大島クラリネット講座/ストラヴィンスキー《3つの小品》
ヴィンテージSAXの遊び方/ビュッフェとパウエルの協業
-----------------------------------------------------------------------

● PRODUCTS
ウェス・ハッチ・カスタムホルン
今月のピックアップ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

● CD評
木幡一誠の今月のCD
------------------------------------------------------------------------

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室
おすすめの購読プラン

PIPERS(パイパーズ) 雑誌の内容

  • 出版社:杉原書店
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月20日
「もう少し知りたい、もう一歩上手くなりたい」人のための管楽器情報誌
話題の新人プレイヤーや世界の名手たちを、いつも一歩先どりしてインタビュー。その音楽、奏法、楽器などを紹介しながら、彼らの本音にも迫る。また、楽器づくりの話、新製品の紹介、楽器の選び方やメンテナン法なども特集。新しい視点で広く音楽の話題もとりあげる。

+   PIPERS(パイパーズ)の目次配信サービス

PIPERS(パイパーズ)を買った人はこんな雑誌も買っています!

芸能・音楽 雑誌の売上ランキング

最大
10%
OFF
送料
無料

Rolling Stone Japan(ローリングストーン ジャパン)

2021年03月25日発売

目次: FRONT COVER:三浦大知/BACK COVER:Tempalay
●三浦大知

FRONT COVERは通算28枚目のシングル「Backwards」を4月21日にリリースする三浦大知。表題曲では、これまでアルバム
『球体』やシングル「Blizzard」「Unlock」など数々の名トラックを生み出してきたNao’ymtと約3年ぶりのタッグが実現。
カップリングには、氏が提供
したもう1つの楽曲と、最も勝手知ったるクリエイターの1人、UTAを起用した2曲が収録されている。今回のインタビューでは、
全幅の信頼を寄せる2人のプロデューサーとのリレーションシップについて三浦がじっくりと語ってくれた。さらに、全曲Nao’ymt
プロデュースで制作され、多方面から“歴史に残る傑作”と称された『球体』の本人評、また三浦のこれまでの歩みと近年の音楽的
特徴・ライブを考察したコラムもお届けする。

●Tempalay

BACK COVERを飾るのは、2020年12月にシングル「EDEN」でメジャーデビューを果たした3人組バンドTempalay。
2014年に結成された彼らによる4枚目のフルアルバム『ゴーストアルバム』では、ポップとアヴァンギャルドの間を行き来しながら
サイケデリアやオリエンタリズムを大々的に導入。作品ごとに大きな進化を遂げている彼らに兼ねてから注目していた本誌では今回、
1万字のバンドインタビューと、小原綾斗(Vo, Gt)、John Natsuki(Dr)、AAAMYYY(Cho,Syn)へのソロインタビューを敢行した。
バンドと交流の深い、伊藤元気による撮り下ろし写真にも注目。

●オリジナルTVアニメ「ゾンビランドサガ リベンジ」

前作のTVアニメ「ゾンビランドサガ」を作り上げたキャスト、スタッフが再集結。本作を制作するのはアニメーションスタジオ
MAPPA(TVアニメ「呪術廻戦」、TVアニメ「進撃の巨人」The Final Seasonほか)。今年で設立10周年を迎える同スタジオの
集大成的な一本になるとのこと。前作以上の盛り上がりが期待できるが、本誌では2018年に続き、2回目の特集を掲載。
境宗久監督のインタビューに加え、2月27日に開催された「ゾンビランドサガLIVE~フランシュシュLIVE OF THE DEAD “R”~」
の完全レポートをお届け。さらに特別付録として、TVアニメ「ゾンビランドサガ リベンジ」綴じ込みスペシャルポスターも!

●川谷絵音

2012年4月にリリースされたindigo la Endのデビュー作『さようなら、素晴らしい世界』でミュージシャンとしてのキャリアを
スタートさせた川谷。それから10年の歩みを経て、 現在ではindigo la End、ゲスの極み乙女。、ジェニーハイ、 ichikoroという
4つのバンドを掛け持ち、さらにはDADARA のプロデュース、ソロプロジェクト「美的計画」の展開、楽曲提供/プロデュースを
行うなど、その多岐に渡る活動は多くの人に知られている。そこで今回はこれまで川谷が手がけた楽曲を 一年ごとに一曲ずつ
選んでもらい、その楽曲を紐解くことによって、この10年を振り返ってもらった。

●特集「未来を担う女性たち」

米ローリングストーン誌の特集「WOMEN SHAPING THE FUTURE」に登場する音楽アーティストにフォーカス。
トップを飾るのは、2018年の『Golden Hour』でグラミー4冠を達成し、現在はニューアルバムを制作中のケイシー・マスグレイヴス。
ライアン・マッギンレーによる美しい写真も交えながら、カントリーミュージックを刷新した彼女の世界観に迫る。
その他、ハイムやジャミーラ・ウッズなどトップアーティスト達が、ジョニ・ミッチェルやニーナ・シモンなど自分たちに
インスピレーションを与えてくれた女性たちについて語るコーナー「ICONS & INFLUENCES」も。

●「POP RULES THE WORLD」

音楽批評家の田中宗一郎とザ・サイン・マガジンによる好評連載企画。Z世代の超新星=オリヴィア・ロドリゴを除けば、
北米メインストリームはすっかり停滞気味。しかし各地ローカルやアンダーグラウンドに目を凝らせば、さまざまな地殻変動が進行中。
かつての2010年代初頭を彷彿させる、異なる出自やサウンドが互いに刺激し合うクロスオーバー現象の萌芽がいたるところに
散見できるのだ。そんな、輝かしき未来の兆しを中心にレポートする。

●「新しい時代のサウナと音楽、カルチャーのクロスオーバー」

2020年は空前のサウナ・ブームだった。サウナ施設もどんどん増えて、ソロサウナ、プライベート・サウナ、キャンプやフェスでの
サウナ、大自然の中の最高のロケーションにあるサウナ、さらには、サウナをデスティネーションにした旅や食事、仕事前に
ととのえる朝ウナといった、サウナの楽しみ方とスタイルもどんどん多様化している今サウナの世界で何が起きているのか、
カルチャー、音楽といった切り口で紹介。

●BABYMETAL

全10公演におよぶ日本武道館公演「10 BABYMETAL BUDOKAN」。1月・2月に開催された3公演のレポートをここではお届けする。
10年の歩みを総括したかのようなスペシャルなステージの全貌が明らかに。

●デュア・リパ

第63回グラミー賞で『Future Nostalgia』が最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバムを受賞。トレンドに背を向け、「女性の開拓者」
となったデュア・リパ。人々が無意識のうちに欲していたモダンなディスコクラシックを、彼女はいかにして生み出したのか。
米ローリングストーン誌のカバーストーリーを完全翻訳。

●Utena Kobayashi

スティールパン奏者として蓮沼執太フィル、D.A.N.、KID FRESINOなどに携わり、3人組エレクトロ・ユニット「Black Boboi」の
一員としても活躍する小林うてな。Utena Kobayashi名義のニューアルバム『6 roads』では壮大かつ神秘的なストーリーを展開。
ソロ活動での制作テーマは「希望のある受難・笑いながら泣く」。その背景には濃密なヒューマンドラマがあった。

Coffee and Cigarettes:
江口洋介
斉藤和義

ART:cherry chill will.

CLOSE-UP:小御門優一郎
etc.

参考価格: 1,100円 定期購読(月額払いプラン)なら1冊:990円

音楽やカルチャーを愛する人へ贈る、ミュージック・カルチャー・マガジン

  • 2020/12/25
    発売号

  • 2020/09/25
    発売号

  • 2020/07/28
    発売号

  • 2020/03/25
    発売号

  • 2019/12/25
    発売号

  • 2019/09/25
    発売号

最大
8%
OFF
送料
無料
定期購読(1年プラン)なら1冊:468円

日本で一番!見やすいテレビ番組表

明星(Myojo)

2021年06月22日発売

目次: [表紙]ジャニーズWEST
[ウラ表紙]ラウール
[ピンナップ]岸 優太/美 少年
[厚紙(生)カード]Snow Man『滝沢歌舞伎ZERO 2021』/この顔がスキ
[10000字インタビュー SixTONES・Snow Man編]第14回・ジェシー
[恋人にしたいJr.・短期連載]七五三掛龍也/浮所飛貴
[とじこみ付録・48P]MyojoLIVE! 2021春

King & Princeは、5人それぞれの、とある1週間の行動リストを公開!
Snow Manは、メンバーがメンバーに投票した全30部門のランキング"スノ大賞"を発表!
SixTONESは、メンバーの誕生日などグループ内での記念日のルールを聞いたよ。

50年以上の歴史を持つアイドル・タレントの写真情報雑誌『Myojo』

  • 2021/05/21
    発売号

  • 2021/04/22
    発売号

  • 2021/03/22
    発売号

  • 2021/02/22
    発売号

  • 2021/01/22
    発売号

  • 2020/12/22
    発売号

最大
8%
OFF
送料
無料
定期購読(1年プラン)なら1冊:468円

大きな文字でとっても見やすい番組表!

最大
8%
OFF
送料
無料

韓流ぴあ

2021年06月22日発売

目次: =*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
「韓流ぴあ」7月号
表紙&巻頭:ソン・ジュンギ
綴込みポスター:ソン・ジュンギ / CNBLUE
=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=


表紙・巻頭グラビア&インタビュー

みんな『ヴィンチェンツォ』に夢中!
ソン・ジュンギ
テギョン(2PM)

配信で人気を集めているドラマ『ヴィンチェンツォ』で、主役の
ヴィンチェンツォ・カサノを演じるソン・ジュンギを直撃。
キーパーソンとなるテギョン(2PM)のインタビューとともにお届け。

巻末特集
CNBLUE

2号連続インタビュー[後編]

特別企画

おうち時間をAmazon Prime Videoで充実させる!
『だから俺はアンチと結婚した』
『ハッシュ~沈黙注意報~』
『Oh!ご主人様~恋ができない僕とカノジョの同居生活~』

見逃し厳禁!
この夏見るべき韓国ドラマ特選
『Mine』『模範タクシー』
『先輩、その口紅塗らないで』『TIMES』

話題作がいよいよ日本初放送
『哲仁王后』 見どころ徹底ガイド

おうち時間を楽しく過ごす!
動画配信サービスのおすすめ作品を紹介

イベントレポート
『パク・ソジュン,Comma』
『パク・ジフン&ヨンフン in ドラマ「恋愛革命」ONLINE EVENT』

■コンテンツ
<ドラマ>

『ヴィンチェンツォ』
ソン・ジュンギ
テギョン(2PM)


『ゾンビ探偵』
チェ・ジニョク

『模範タクシー』
イ・ジェフン

『潜入弁護士~Class of Lies~』
ユン・ギュンサン
イ・ジュニョン(U-KISS ジュン)

『だから俺はアンチと結婚した』
チェ・テジュン

<ミュージカル>
『ジーザス・クライスト:スーパースター in コンサート』
マイケル・K・リー

<K-POP・音楽>
CNBLUE
P1Harmony

■最新エンタメ情報
in KOREA
スターの最新情報をまるごとキャッチ! スターワイド100
※今月は新型コロナウイルス感染症の影響により、50組のスターの近況をお届けします。

注目ドラマ詳細ガイド
『九尾の狐とキケンな同居』 チャン・ギヨン、ヘリ(Girl’s Day)
『ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた』ソ・イングク、パク・ボヨン
『五月の青春』イ・ドヒョン、コ・ミンシ
『ラケット少年団』キム・サンギョン、タン・ジュンサン

パーフェクトドラマガイド

バラエティ番組ガイド
広告・CM・映画・音楽ランキング

in JAPAN
今月のDVD&CD
今月の映画


好評連載中
気になるドラマの裏側、教えます! 『ホテルデルーナ~月明かりの恋人~』
『韓流ぴあ』調査隊が行く! ネクストブレイクを探せ  キ・ドフン
甘酸っぱいトキメキがいっぱい♥ドラマ『恋愛革命』大解剖!
K-POP番長のめざせ! サントラマスター
本当はイイ人 アン・ボヒョンの思い、お届けします。
古家正亨の韓流“考”
一見さんお断り! ソン・シギョンの日々是好日
ONEUSのお月さまがきれいだから~I♥U~

韓流TVぴあ
CS・BS・全国地上波韓国ドラマ放送情報
ドラマタイトル早見表


耳寄り情報
韓流ぴあ倶楽部 
今月の読者プレゼント
表紙の人 占ってみました~ ソン・ジュンギ

参考価格: 1,200円 定期購読(1年プラン)なら1冊:1,100円

韓国ドラマ&スター最詳最強マガジン!

  • 2021/05/21
    発売号

  • 2021/04/22
    発売号

  • 2021/03/22
    発売号

  • 2021/02/22
    発売号

  • 2021/01/21
    発売号

  • 2020/12/22
    発売号

6 装苑

文化出版局

送料
無料

装苑

2021年05月28日発売

目次: 表紙  森 七菜 × 蜷川実花

特集  妄想・空想 自己表現のためのイマジネーション

◆ One Thousand and One Nights 蜷川実花と未来の女の子たち
 第六夜 森 七菜

◆ 空想スタイル写真館
 LiSA / SUMIRE / カネコアヤノ / マナ、カナ(CHAI)
 一岡伶奈、前田こころ、山﨑夢羽(BEYOOOOONDS)

◆ あの人のアタマノナカが見たい
 ジェニー・ビーヴァン / 長久 允 / 眉月じゅん / 堀 貴秀

◆ ヴィクトリア時代への想い 長濱ねる

◆ 空想を纏うものに
 モモコ チヂマツ / ジェニーファックス / ピリングス
 モトヒロ タンジ バイ ニットオールトゥギャザー
 フミカ_ウチダ / ファセッタズム / ナオキトミヅカ
 リコール

◆ 東 佳苗と飯嶋久美子の妄想
 solitary witchs あの × rurumu:

◆ YOKO FUCHIGAMIの妄想をカタチにする力

◆ 映画『Arc アーク』の空想世界へ
 永遠の命は妄想か? 
 芳根京子/ケン・リュウ × 石川 慶 ほか

◆ 松野仁美
 ジャパニーズ・サイケデリック・ゴッド
 Meirin(ZOMBIE-CHANG)

◆ 空想想像ANTHOLOGY
 児玉雨子 / 文月悠光 / 乗代雄介

◆ 半分少女 女優 見上 愛
 宇野亞喜良 × 見上 愛 
 女の子の存在と、自己肯定について語りたい。

◆ 私の空想の素
 M!DOR! / 伊藤万理華 / 小谷実由 / モーガン茉愛羅
 ソノダノア / 藤澤ゆき / 長井 短 / 諭吉佳作/men
 イ・ラン / 佐々木莉佳子 / 青木明子 / 前田エマ
 アオイヤマダ / 中瀬 萌 / 真舘晴子 / 枝 優花
 脇田あすか / 相澤 樹 / Oyui / 中村桃子


FEATURES
◇Chara & SUMIRE
 CHANEL MOTHER & DAUGHTER 継がれてゆくもの


REGULARS
◇ PLAY A SENSATION vol.40 中島セナ
◇ MFBB vol.19 EMBROIDERY
 増田貴久(NEWS)× 田中大資(tanakadaisuke)
◇ 装苑男子 vol.39 清水尋也
◇ このブランドの製図が見たい! vol.38 オウシーナン
◇ ヴィヴィアン・ウエストウッドからのメッセージ vol.54
◇ 杉咲 花の言葉と写真 蜜の音 vol.35 「萌芽」


SO-EN JAM  
◇ GIRL これからの、女の子 vol.43 菊池日菜子
◇ シネマ・コラージュ『5月の花嫁学校』
◇ BOOK 本好きの本棚 vol.19 永井玲衣
◇ COLUMN
 ・塩塚モエカ ここだけはエデン
 ・小林裕翔 記憶の中の美術館
 ・枝 優花 主人公になれないわたしたちへ
 ・Oliveの手仕事
◇ 福田里香のフード+1
◇ Creation from ONE SENTENCE 隠すより現る

参考価格: 748円

おしゃれファッションに夢中な女の子を応援する雑誌

  • 2021/03/27
    発売号

  • 2021/01/28
    発売号

  • 2020/11/27
    発売号

  • 2020/09/28
    発売号

  • 2020/07/28
    発売号

  • 2020/03/28
    発売号

8 月刊ピアノ

ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス

最大
8%
OFF
送料
無料

月刊ピアノ

2021年06月18日発売

目次: 特 集 1
月刊ピアノ 祝創刊25周年記念
6月号の「通巻300号」に続き、縁のピアニストや創刊以来のスタッフ等からのメッセージを掲載。
現在に至る月ピオリジナル企画の変遷を表紙や特集記事等でもご紹介いたします。

特 集 2
ピアノを続けるコツ(vol. 2)
6月号のvol.1に続き、7月号では人気のピアニスト5名のインタビューで「継続のコツ」をご紹介いたします。

インタビュー
ハラミちゃん/角野隼斗/西村由紀江/上原彩子
/けいちゃん/みやけん ほか
★新連載:亀井聖矢の謎とき
★新連載:アンディ・ウルフの音楽英会話

好 評 連 載
講 座
●事務員Gの名曲タイムトリップ
●ずっしーの即わかり音楽理論教室
●ござさんのAllthat Goza's Piano Arrange
●コードの時間
●森本麻衣のピアニスト道
●セロリの電Pパーク!(電子ピアノ講座)
●白ヒゲ先生の楽典を知りつくそう!
●音楽史を歩こう

連 載
●愛十二星座占い
●愛しのストリートピアノ
●西村由紀江のMy Favorite Songs
●加羽沢美濃の音楽ミステリーはお好き?
●村松健エッセイ
●ピアノを愛する大人たち
●海外直便エッセイ
●響け★卵たちの毎日
●言葉の時間
●読書ノススメ
●学マン!~涙と笑いの音楽マンガ~
●愛と気づきのエンタテインメント
●音楽の知識とピアノの技術が役立つ仕事
●大学で音楽を学ぼう
●和楽器図鑑
●街の音楽を探して
●アイ・ラブ・ピアノ
●悩み相談 QsAs room

収載予定楽曲
♪もう少しだけ(YOASOBI)
♪愛を知るまでは(あいみょん)
♪宝島(T-SQUARE)<とっておき>
♪浄土(けいちゃん)<上級>
♪『水上の音楽』第2組曲より「アラ・ホーンパイプ」
♪あこがれの夏『アナと雪の女王』挿入歌<初級>
♪浜辺の歌<プチジャズ>
♪愛をこめて花束を(Superfly)<事務員G>
♪LA・LA・LA・LOVE SONG(久保田利伸)<セロリの電P>
ほか

参考価格: 763円 定期購読(1年プラン)なら1冊:702円

最新ヒット曲も話題のクラシック曲も、ピアノでどんどん弾いちゃおう!

  • 2021/05/20
    発売号

  • 2021/04/20
    発売号

  • 2021/03/19
    発売号

  • 2021/02/20
    発売号

  • 2021/01/20
    発売号

  • 2020/12/19
    発売号

9 デジタルTVガイド全国版

東京ニュース通信社

デジタルTVガイド全国版

2021年05月24日発売

目次:

デジタルTVガイド7月号は、創刊20周年特別号!
TEAM NACSが表紙&巻頭グラビアに登場! 両面ピンナップも付いてくる!

●表紙&巻頭グラビアインタビュー
TEAM NACS

今年、結成25周年を迎えたTEAM NACS。
WOWOW開局30周年を記念した「がんばれ!TEAM NACS」で、ヒーローに扮したり、国民的グループを目指して楽曲を制作したり、新メンバー募集のオーディションを開催したり…と大奮闘する彼らが、このビッグプロジェクトが生まれた背景や見どころ、収録中のエピソード、また結成25周年への想いなどを、たっぷりと語るロング座談会を開催。

●見やすい!使いやすい!1日6ページ番組表
[地上波][BS][4K]5・29→6・30 [CS]6・1→6・30

●特集1
夏の新ドラマ大速報

●特集2
「ドラゴン桜」「大豆田とわ子と三人の元夫」注目の2作を深掘り!
春ドラマ クライマックスへ

●特集3
舞台「首切り王子と愚かな女」主演
井上芳雄


●特集4
日本初放送番組が目白押し
BTS大特集

●特集5
伝説のタイドラマ「2gether」が映画化
Bright&Win

●連載
大河ドラマ「青天を衝け」 草彅剛&磯村勇斗&田辺誠一&満島真之介
連続テレビ小説「おかえりモネ」 浜野謙太

●インタビュー
小林克也
岡田圭右
竹野内豊&石田ゆり子
吉田羊
芳根京子

●ジャンル別おすすめプログラム
映画、スポーツ、音楽、エンターテインメント、国内ドラマ、海外ドラマ
アジアドラマ、紀行・ドキュメンタリー、アニメ

●特別企画&レギュラー
(1)超豪華スター20人 サイン入りエコバックプレゼント!
(2)BSフジ「今月の特選番組」
(3)新作映画 (4)新作音楽 (5)新作動画 (6)新着情報
(7)プレゼント&アンケート

●巻末企画
地上波TV・BS・4K・CS 全放送映画インデックス

※表紙、ピンナップ、地上波番組表、映画インデックス、表紙撮影メーキングカット集、メンバーロングトーク、出演番組カレンダー以外の内容は、<デジタルTVガイド全国版7月号増刊 TEAM NACS×北海道スペシャル記念版>と同じ内容になります。

多チャンネル時代の“オールインワン”TV情報誌

  • 2021/04/24
    発売号

  • 2021/03/24
    発売号

  • 2021/02/24
    発売号

  • 2021/01/22
    発売号

  • 2020/12/16
    発売号

  • 2020/11/24
    発売号

PIPERS(パイパーズ)の所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌