PIPERS(パイパーズ) 発売日・バックナンバー

全154件中 76 〜 90 件を表示
935円
● 特集
○ベルリンフィルハーモニー管弦楽団首席ホルン
シュテファン・ドール
ホルンの基本奏法と楽器の話

昨年11月に単独で来日しヤマハホールでのリサイタルやミニクリニックなどを行ったドールに、アレキサンダー103とヤマハ・トリプルホルンの使い分けや奏法の話を聞く。
------------------------------------------------------------------------

○コンチェルト・デビュー10年
クラリネット橋本杏奈
ロンドンの主要オケで客演首席として活躍中!

イギリス室内管弦楽団とコンチェルト・デビューして10周年、と言ってもまだ20代半ば。そんな橋本さんが今ではBBC響やフィルハーモニア管などで客演首席を務め、ソロ、室内楽、指導にと活躍の場を拡げている!
------------------------------------------------------------------------

○研鑽と演奏活動での10年の日々……
トランペット高見信行
トランペットで体験した僕のドイツ

ある日、知らない劇場から「ブランデンブルクが吹けますか?」という電話が入り……。主要オケから村の小さな教会に至る様々な場でドイツ・トランペット界の「日常」を身をもって体験し、一昨年帰国した高見さんに聞く。
-------------------------------------------------------------------------

○オーケストラでシルキーを使う魅力!
シルキー・トランペット対談
対談:高橋 敦(東京都交響楽団首席Trp)×田中敏雄(読売日本交響楽団Trp)

シルキーのシンフォニックモデル「HDシリーズ」にニューモデルが追加され、オーケストラや吹奏楽でにわかにシルキーの存在感が高まりつつある。
------------------------------------------------------------------------

○バリ島に魅せられて……
ジャズオーボエからアジアへの「音旅」
オーボエ奏者:tomoca

クラシックのオーボエ奏者としてフリーランスで活動するうちにジャズの世界に踏み込み、その後バリ島に魅せられてバリのミュージシャンたちと共演。メジャーレーベルでのデビューも果たした。
------------------------------------------------------------------------

○集中連載第9回
19世紀のトランペットの歴史
ロマン派のオーケストラではどんなトランペットが使われていたのか?

古典派以降、ロマン派から近代までのオーケストラでは実にさまざまなトランペットが使われて来た。国によって、あるいは作曲者によっても異なるその用法を詳しく解説し、日本では知識が大きく欠落しているこの時代のトランペットの姿を明らかにする。
------------------------------------------------------------------------

○連載第9回
ヴィンテージSAXの遊び方
セルマー「マークVI」アルトサクソフォン

アドルフ・サックス生誕100年の陰で、こちらは生誕60周年。「セルマー一人勝ち」の時代を築いた名器のポートレート。
------------------------------------------------------------------------

○北ドイツ放送交響楽団首席トランペット
イエルーン・ベルワルツ
マスタークラス&ミニコンサートReport

アンドレ国際コンクールやプラハの春国際コンクールに優勝し、現代音楽のスペシャリストとして細川俊夫のトランペット協奏曲ほかを初演するなど日本とも縁の深いベルワルツのマスタークラス&ミニコンサートをリポート。
------------------------------------------------------------------------

○イタリアが世界に誇る金管コンクールをリポート
ポルチア国際金管コンクールTrp部門

イタリアが世界に誇る金管コンクールで審査員、スタッフ全員がプライドをかけて守り抜いた6日間分刻みのハードスケジュール。
------------------------------------------------------------------------

○イザベラ・カンピオンの公開講座
演奏家のための運動療法

フォーカル・ジストニアから演奏復帰したクラリネット奏者をモデルに、楽器を支える右手親指と
人差し指との良いポジションなどを指導。
------------------------------------------------------------------------

●トピックス
○第2回ウィルソンユーフォニアム祭
ウィルソン100本大集合!

------------------------------------------------------------------------

● 連載・コラム・その他
中川英二郎のトロンボーンアルバム/息の流れの重要性    
DAIROの「白バリ」道中記/虚空遍歴
平野公崇の多事奏音/日本海
吉井瑞穂のヨーロッパ通信/オーボエを「楽しく楽に吹こう!」 
ナイディック&大島クラリネット講座/シューマン「幻想小曲集」第2楽章②
ロジャー・ボボの考えるテューバ/ストラヴィンスキー
スクランブル/アンサンブル・ラ・レヴェランス
トレヴァー・ワイの笛吹き列伝/ドップラー兄弟
-----------------------------------------------------------------------

● PRODUCTS
レゼルヴ新リード 
セルマー「ニュー・ヴァルールIIアルトSax」
------------------------------------------------------------------------

● CD評
木幡一誠の今月のCD
------------------------------------------------------------------------

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室
935円
● 特集
○パリ・オペラ座管弦楽団首席フルート奏者
カトリーヌ・カンタン
「私の演奏哲学は動かないこと」

師ランパルから演奏芸術のエッセンスを吸収し、オペラ座での長い活動を通して独自のフルート哲学を構築。名教師が多いフランスにあって某世界的フルート奏者に「いま若い人がフルートを習うのなら彼女しかいない」とまで言わしめたカンタン女史の指導法を聞く。
------------------------------------------------------------------------

○アドルフ・サックス国際サクソフォンコンクール2位
サクソフォン上野耕平
ディナンでは順位よりも大切なことを教えられました

アドルフ・サックス生誕の町、ベルギーのディナンで去る11月に本選が行われたアドルフ・サックス国際サクソフォンコンクールで、上野さんが2位、田中拓也さんが6位に入賞したニュースは日本でもいち早く報道された。上野さんは10月にデビューアルバムをリリースしたばかり。
------------------------------------------------------------------------

○なぜ欧米のレベルに追い付けないのか?
基礎力の不足を考える
トロンボーン:玉木 優

奏法やテクニック上の問題の答えを求めてアメリカやヨーロッパを巡り歩き、イアン・バウスフィールドに出会って開眼。自身のそうした体験を伝えるべく2014年夏にトロンボーン・ワークショップを開いた玉木さんに聞く。
-------------------------------------------------------------------------

○テューバ/ユーフォニアム奏者
アーロン・ティンダル
「日本はテューバとユーフォニアムのホットスポットだ!」

ユーフォニアムを専攻しながらロジャー・ボボの影響でテューバも始め、今では双方の楽器で国際的に活躍中。Face Time を駆使して生徒を遠隔レッスンし、新しいダウンロード方式のソロアルバムでも注目される21世紀型のアーティスト。
------------------------------------------------------------------------

○栃本浩規のTrpこだわり対談
日本で一番バックに詳しい技術者を迎えて
飯塚丈人(ノナカ・テクニカルサービス)

日本に輸入されるバック社の製品を技術面から統括し、バック製品の開発にも携わる飯塚さんは、ブラスプレイヤーには知る人ぞ知る存在。そんな氏に日頃の疑問をぶつけてみた。2回連載の後編。
------------------------------------------------------------------------

○集中連載第8回
19世紀のトランペットの歴史
ロマン派のオーケストラではどんなトランペットが使われていたのか?

古典派以降、ロマン派から近代までのオーケストラでは実にさまざまなトランペットが使われて来た。国によって、あるいは作曲者によっても異なるその用法を詳しく解説し、日本では知識が大きく欠落しているこの時代のトランペットの姿を明らかにする。
------------------------------------------------------------------------

○連載第8回
ヴィンテージSAXの遊び方
ヤマハYASー62シリーズ

セルマーの独走を許していた世界市場に参入し大ヒット!最も身近なヴィンテージ・サックスだが、あなどれない魅力も……
------------------------------------------------------------------------

○ボブ・リーブス氏に聞く
バルブ・アライメントとは?
バルブの位置が正しくないと様々な問題が起きる!

トランペットのマウスピース製作者として知られるボブ・リーブスが語る楽器調整法。「バルブ・アライメントはマウスピース選びの出発点です」
------------------------------------------------------------------------

○ポルトガルで行われた低音金管フェスティバル
“Gravissimo!!”リポート

セルジオ・カロリーノが主催してこの夏ポルトガルで開催されたローブラスのフェスティバルをリポート。
------------------------------------------------------------------------

○神奈川フィルと初共演!
アンドレアス・オッテンザマー

ベルリンフィルの首席になったかと思えば、ソロでもドイツ・グラモフォンと契約。疾風のように世界の表舞台に躍り出たアンドレアス・オッテンザマーが2月の神奈川フィルとの協演に向けたメッセージ。
------------------------------------------------------------------------

○製作者に聞く
パトリコラ・クラリネットの魅力

銀座にリニューアルオープンした銀座山野楽器本店の管楽器フロアで、パトリコラの製作者が特別イベントを開催。
------------------------------------------------------------------------

●トピックス
○結成10周年の記念ツアー
ジャパン・エックスオー・トロンボーンクァルテット

------------------------------------------------------------------------

● 連載・コラム・その他
銀座山野楽器本店管楽器フロア リニューアルオープン
中川英二郎のトロンボーンアルバム/練習しないで上手くなる方法    
DAIROの「白バリ」道中記/2015 開幕の火蓋は切って落とされた 
平野公崇の多事奏音/ディナンDVD予選② 
吉井瑞穂のヨーロッパ通信/ルツェルン、ウィーン、ブリュッセルの旅 
ナイディック&大島クラリネット講座/シューマン「幻想小曲集」第2楽章① 
ロジャー・ボボの考えるテューバ/歌と歌詞 
スクランブル/フルート赤木りえ 
トレヴァー・ワイの笛吹き列伝/ロバート・シドニー・プラテン
-----------------------------------------------------------------------

● PRODUCTS
マリゴ・グランルメール 
ナガハラ・ミニ
------------------------------------------------------------------------

● CD評
木幡一誠の今月のCD
------------------------------------------------------------------------

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室
935円
● 特集
○ウィーンフィル・ホルンメンバーによる座談会
ウィンナホルンの伝統を守る!
出席:J.ライフ、T.イェプストル、J.ヤンコヴィッチ

ヤマハのウィンナホルンがウィーン・フィル伝統のサウンドをしっかりと守っていることは、去る9月に来日した同団の公演で目にした人も多かったはず。同団の3人のホルン奏者にウィンナホルンの魅力を語ってもらった。
------------------------------------------------------------------------

○ウィーンフィル首席フルート
カール=ハインツ・シュッツ
「牧神の午後」を一息で吹くために私がやったこと

ウィーン・フィルの若き首席でソロイストとしても活躍する氏は、オーストリア生まれながらニコレに師事し、仏でフィリップ・ベルノルドにも学んだ。多くのフルーティストを驚嘆させるその柔軟なテクニックと音楽性の源泉はどこから来るのか?
------------------------------------------------------------------------

○クラリネット奏者
ロマン・ギュイオ
オペラ座の「日常」からの転身

層が厚いフランス・クラリネット界の中堅世代を代表する一人。早くから才能を開花させ22才でパリ・オペラ座の首席になりながら10年で退団、ソロと室内楽で国外で多く活動する国際派。欧州最高峰のモンブランでクラリネットを吹くなど行動派としても知られる。
-------------------------------------------------------------------------

○南西ドイツ放送交響楽団首席トロンボーン
清水真弓
「ソロではパフォーマンス性の高い演奏をしたい」

慶應大学大学院時代に演奏家の道を志し、ドイツの放送交響楽団で日本人初の首席トロンボーンのポストを手にすると同時にベルリンフィルなどにも度々客演している清水さんは、一方でソロ活動にも情熱を燃やしている。
------------------------------------------------------------------------

○栃本浩規のTrpこだわり対談
日本で一番バックに詳しい技術者を迎えて
飯塚丈人(ノナカ・テクニカルサービス)

日本に輸入されるバック社の製品を技術面から統括し、バック製品の開発にも携わる飯塚さんは、ブラスプレイヤーには知る人ぞ知る存在。そんな氏に日頃の疑問をぶつけてみた。2回連載の前編。
------------------------------------------------------------------------

○集中連載第7回
19世紀のトランペットの歴史
ロマン派のオーケストラではどんなトランペットが使われていたのか?

古典派以降、ロマン派から近代までのオーケストラでは実にさまざまなトランペットが使われて来た。国によって、あるいは作曲者によっても異なるその用法を詳しく解説し、日本では知識が大きく欠落しているこの時代のトランペットの姿を明らかにする。
------------------------------------------------------------------------

○連載第7回
ヴィンテージSAXの遊び方
M.ミュール絶頂期の録音を支えたケノン

サクソフォンの発明当時から現行機種ギリギリまで数あるヴィンテージ・サクソフォンを、毎号1本ずつ写真とともに紹介し、楽器史という側面からこの楽器の歴史と物欲の泥沼へご案内!
------------------------------------------------------------------------

○IDRS東京コンファレンスに向けて
2015年夏、オーボエとバスーンの祭典開催!

今年のIDRSニューヨークコンファレンスの執行委員会で、東京コンファレンスに向けたプレゼンテーションが行われた。同時にNYコンファレンスの模様を写真で紹介。
------------------------------------------------------------------------

○レポート
関西トランペット協会フェスティバル

特別ゲストにヨウコ・ハルヤンネ氏を迎えた第6回関西トランペット協会フェスティバルの模様をリポート。
------------------------------------------------------------------------

●トピックス
○「演奏でつまずくのは音階練習が身体に染みついていないから!」
ゴールウェイ、フルートを語る

------------------------------------------------------------------------

● 連載・コラム・その他
ヤマノ・フルートサロン
中川英二郎のトロンボーンアルバム/リズムを身体で感じる方法   
DAIROの「白バリ」道中記/デイルームにて(前編) 
平野公崇の多事奏音/アドルフ・サックス国際コンクール
吉井瑞穂のヨーロッパ通信/ベートーヴェン・ジャーニー
ナイディック&大島クラリネット講座/シューマン「幻想小曲集」第1楽章⑤
ロジャー・ボボの考えるテューバ/「B」プラン
スクランブル/オーボエ奏者tomoca
トレヴァー・ワイの笛吹き列伝/パン
-----------------------------------------------------------------------

● PRODUCTS
レッチェのチンバッソ
バック「コマーシャル・トランペット」
------------------------------------------------------------------------

● CD評
木幡一誠の今月のCD(今月は休載します)
------------------------------------------------------------------------

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室
935円
● 特集
○金管5人によるシンフォニック・ブラスの魅力!
カスタム・ブラスの15年
座談会:「基本的に我々のテンポはゆっくりなんです」

日本のオーケストラ界を代表する名手5人がシンフォニックなサウンドを届けて来たカスタム・ブラスは、今年結成15周年を迎える。メンバー3氏に15年の歩みやアンサンブルワークの秘密を聞いた。
------------------------------------------------------------------------

○ピッツバーグ交響楽団首席フルート
ローナ・マギー
師のベネットが「聴く人の魂をゆさぶるフルーティスト」と絶賛

ベネット門下の間では早くからその類いまれな才能が噂されていたスコットランド生まれの逸材が、この夏日本で初めてヴェールを脱いだ。大学で人文哲学を勉強するなど一時フルートから遠ざかりながら、その後米国のメジャーオケで復帰したという変わった経歴を持つ。
------------------------------------------------------------------------

○日本初開催のビッグなコンクールをリポート
ジャック・ランスロ国際クラリネットコンクール
世界の若手が1次予選から高いレベルで競う

日本初開催。世界15の国や地域から165人が応募。1次予選からレベルの高さが話題を呼んだコンクールをリポート。
-------------------------------------------------------------------------

○不調の時には「休む勇気」を持て
重度の顔面神経麻痺からの復帰
トロンボーン奏者:大内邦靖

顔面神経麻痺は10万人に20~30人は発症する決して珍しくない病気だという。7割ほどは無治療でも完治するといわれるが、大内さんの場合、重度の麻痺と診断され演奏活動への復帰は絶望視されていた。
------------------------------------------------------------------------

○世界でも珍しいバスフルートユニット
BASUYA始動!
バスフルートの豊かな可能性を信じて…

まだまだ特殊楽器としかみなされないバスフルートの魅力と豊かな可能性を信じて、世界でも珍しいバスフルートのユニットがデビューした。
------------------------------------------------------------------------

○ショルティ国際指揮者コンクール優勝者
指揮者シズオZクワハラ
東京佼成ウインドオーケストラと初共演

国際コンクールに優勝し、米国のオーガスタ響音楽監督に就任して期待を集める指揮者のクワハラさんが、11月に東京佼成ウインドオーケストラと初共演する。イーストマンではフレデリック・フェネルの指揮も体験するなど吹奏楽との縁も深い。
------------------------------------------------------------------------

○対談
ミラフォン・テューバを選ぶ!
潮見裕章×マルクス・タイネルト

革新的なF管テューバ「ファイヤーバード」が世界的な人気を博して以来、ミラフォン社は次々と時代を先取りしたモデルを発表。大阪交響楽団テューバ奏者でソロでも活躍する潮見裕章さんとミラフォン社社長がその魅力を語り合う。
------------------------------------------------------------------------

○集中連載第6回
19世紀のトランペットの歴史
ロマン派のオーケストラではどんなトランペットが使われていたのか?

古典派以降、ロマン派から近代までのオーケストラでは実にさまざまなトランペットが使われて来た。国によって、あるいは作曲者によっても異なるその用法を詳しく解説し、日本では知識が大きく欠落しているこの時代のトランペットの姿を明らかにする。
------------------------------------------------------------------------

○連載第6回
ヴィンテージSAXの遊び方
アドルフ・サックス生誕200年を記念して

サクソフォンの発明当時から現行機種ギリギリまで数あるヴィンテージ・サクソフォンを、毎号1本ずつ写真とともに紹介し、楽器史という側面からこの楽器の歴史と物欲の泥沼へご案内!
------------------------------------------------------------------------

○ユーフォニアム?それともテューバ?
Tuphoただいま見参!

「テューバ寄りのサウンドを出せるユーフォニアム」を狙ってヤマYEP321Sを改造。出来上がった楽器は、オーケストラやアンサンブル、ソロにも大きな可能性を感じさせるものだった……。
------------------------------------------------------------------------

●トピックス
○オーボエ、サクソフォン、パーカッション、マリンバの4部門で開催
第31回日本管打楽器コンクール

------------------------------------------------------------------------

● 連載・コラム・その他
フルート瀬尾和紀:コンサートツアーと新録音
関西トランペット協会コンクール
SEGGELKEクラリネット・インタビュー:渡邊一毅
中川英二郎のトロンボーンアルバム/目から鱗のクリニック   
DAIROの「白バリ」道中記/二つの悲願(後編) 
平野公崇の多事奏音/伊福部 昭(続)
吉井瑞穂のヨーロッパ通信/ルツェルン祝祭音楽祭(続)
ナイディック&大島クラリネット講座/シューマン「幻想小曲集」第1楽章④ 
ロジャー・ボボの考えるテューバ/第15倍音、これは便利! 
スクランブル/七吹神喇叭倶楽部
トレヴァー・ワイの笛吹き列伝/マクシミリアン・シュヴェードラー 
-----------------------------------------------------------------------

● PRODUCTS
バンドーレン社の高性能リードカッター
三響バスフルート
------------------------------------------------------------------------

● CD評
木幡一誠の今月のCD
------------------------------------------------------------------------

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室
935円
● 特集
○バイエルン放送交響楽団首席オーボエ奏者
ラモン・オルテガ・ケロ
ホリガー、ブルグ以来ミュンヘン史上3人目のOb部門1位

19才でミュンヘン国際コンクールを制覇し、20才で名門バイエルン放送響の首席となるなど文字どおり彗星のごとく現れたスペインの俊英。去る7月に浜離宮朝日ホールで鮮烈なソロデビューを飾ったばかりの氏に直撃取材。
------------------------------------------------------------------------

○元ボストン交響楽団バストロンボーン奏者
ダグラス・ヨー
バストロンボーン奏者にこそ豊かな感性が必要だ!

ボストン響の不動の低音金管奏者として著名な指揮者たちの信頼を克ち得たダグラス・ヨー氏が、この夏の浜松管楽器アカデミーに登場。このアカデミーでヨー氏に出会い、今日のキャリアを築いた日本センチュリー響の笠野さんとヨー氏の「バストロ哲学」を聞く。
------------------------------------------------------------------------

○栃本浩規のトランペット「こだわり」対談
リラックスすることの大切さ
ジェラルド・メトライエ(スイス・ロマンド管弦楽団首席Trp奏者)

トランペットの栃本さんが「この人の話を聞きたい!」というこだわりの人を招くトランペット対談の新シリーズ。第2回は7月に来日したスイス・ロマンド管弦楽団首席を迎えた。
-------------------------------------------------------------------------

○第4回J.M.ロンデックス国際サクソフォンコンクール1位
世界のビッグタイトルをこうして掴んだ!
インタビュー:1位=松下洋/4位=伊藤あさぎ

日本人として平野公崇さん以来の1位というビッグタイトルを獲得した松下さんは、今年になるまでコンクールで1次を通ったことがなかったという。何が氏の転機となったのか?
------------------------------------------------------------------------

○フランス国家警察音楽隊ユーフォニアム奏者
バスティアン・ボーメ
フランスから世界へ、ユーフォニアム界の新星!

サクソルンバスの国から鮮やかに登場した若きユーフォニアム奏者に世界が注目!この7月に日本デビューしたフランスの新星の横顔をご紹介。
------------------------------------------------------------------------

○集中連載第5回
19世紀のトランペットの歴史
ロマン派のオーケストラではどんなトランペットが使われていたのか?

古典派以降、ロマン派から近代までのオーケストラでは実にさまざまなトランペットが使われて来た。国によって、あるいは作曲者によっても異なるその用法を詳しく解説し、日本では知識が大きく欠落しているこの時代のトランペットの姿を明らかにする。
------------------------------------------------------------------------

○新連載第5回
ヴィンテージSAXの遊び方
新連載第5回:1887年製ビュッフェ・クランポン・ソプラノサクソフォン

サクソフォンの発明当時から現行機種ギリギリまで数あるヴィンテージ・サクソフォンを、毎号1本ずつ写真とともに紹介し、楽器史という側面からこの楽器の歴史と物欲の泥沼へご案内!
------------------------------------------------------------------------

○ベルン交響楽団副首席ファゴット奏者
西ノ村徳仁
副首席とコントラファゴットを兼任

スイスの首都ベルンに本拠を置くオーケストラで副首席ファゴットとコントラファゴットを兼任する西ノ村さんは、シンフォニーやオペラで多忙・充足の日々を過ごしている。
------------------------------------------------------------------------

○ヴィズッティ流「大回転奏法」も披露した!
アレン・ヴィズッティTrpコンサート

------------------------------------------------------------------------

○この夏のイベントリポート
第20回浜松国際管楽器フェスティバル/オーボエの祭典

------------------------------------------------------------------------

●トピックス
○玉木優トロンボーンワークショップで……
バウスフィールドのオケスタ講座

------------------------------------------------------------------------

●トピックス
○ベルリンフィル・バストロンボーン奏者
シュテファン・シュルツのリサイタル

------------------------------------------------------------------------

● 連載・コラム・その他
チャールズ・ナイディックのレクチャー/音色とリズムの密接な関係
中川英二郎のトロンボーンアルバム/僕のウォーミングアップ法    
DAIROの「白バリ」道中記/二つの悲願(前編) 
平野公崇の多事奏音/伊福部 昭 
吉井瑞穂のヨーロッパ通信/ルツェルン祝祭音楽祭 
ナイディック&大島クラリネット講座/シューマン「幻想小曲集」第1楽章③  
スクランブル/小谷口直子:ウールのエチュードをCDに
トレヴァー・ワイの笛吹き列伝/ジェフリー・ギルバート 
-----------------------------------------------------------------------

● PRODUCTS
ヒッパー社プロファイリング・マシーン
アムラインTrbカーボンファイバーベル・モデル
------------------------------------------------------------------------

● CD評
木幡一誠の今月のCD
------------------------------------------------------------------------

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室
935円
● 特集
○あたかもミュートを付けていない感覚で吹ける
サイレントブラスを科学する!
新サイレントブラスに使われたヤマハ自慢のテクノロジー

小型・軽量化され吹き心地も向上したピックアップミュートと、生楽器の音を再現する新技術を搭載したパーソナルスタジオを組み合わせることで、これまでにない自然な吹き心地を提供するヤマハの新しいサイレントブラスには、ヤマハが世界に誇るさまざまな技術が凝縮されていた。
------------------------------------------------------------------------

○第8回神戸国際フルートコンクール1位
セバスチャン・ジャコー
驚異の「無手勝流」フルート奏者

「アイスダンスはペア競技でスイスで準優勝、サーカスも20年ほどやっています」……いったい誰のインタビューなんだ、と混乱してしまいそうだが、昨年の「神戸」で圧倒的な演奏を聞かせたフルーティストに間違いはない。数度にわたる密着取材を敢行してさらに面白い話を聞き出した!
------------------------------------------------------------------------

○栃本浩規のトランペット「こだわり」対談
「粘膜奏法」に悩む人たちの救世主
ゲスト:中山隆崇さん(都響Trp奏者)

トランペットの栃本さんが「この人の話を聞きたい!」というこだわりの人を招くトランペット対談の新シリーズ。第1回は、意外に見落とされがちな奏法の基本問題について都響の中山さんに聞いた。
-------------------------------------------------------------------------

○フレッシュ・インタビュー
オーボエ:荒川文吉
初のオーディションで東フィル首席に合格

東京藝大在学中に東フィルの首席オーディションに合格し、大学院に通いながらのオーケストラ生活に踏み出したばかり。中2のときから広田智之氏に師事し、自身「純粋培養で育ったようなもの」と語る荒川さんにも、藝大時代にスランプはあったという。
------------------------------------------------------------------------

○アメリカで行われたトランペットの祭典
国際トランペット・ギルド2014カンファレンス
若手の台頭とベテランの健在ぶりをこの目で見た!

世界のトランペット界の動向を目の当たりにできる年に一度の国際カンファレンス。今回も豪華なゲストを世界から迎えて演奏やレクチャーを堪能できた。また、日本人には嬉しいビッグニュースも!
------------------------------------------------------------------------

○集中連載第4回
19世紀のトランペットの歴史
ロマン派のオーケストラではどんなトランペットが使われていたのか?

古典派以降、ロマン派から近代までのオーケストラでは実にさまざまなトランペットが使われて来た。国によって、あるいは作曲者によっても異なるその用法を詳しく解説し、日本では知識が大きく欠落しているこの時代のトランペットの姿を明らかにする。
------------------------------------------------------------------------

○新連載第4回
ヴィンテージSAXの遊び方
新連載第4回:コーン「ネイキッド・レディ」

サクソフォンの発明当時から現行機種ギリギリまで数あるヴィンテージ・サクソフォンを、毎号1本ずつ写真とともに紹介し、楽器史という側面からこの楽器の歴史と物欲の泥沼へご案内!
------------------------------------------------------------------------

○ハンス・ホイヤーで奏でる
ホルンカルテット「DUSHI」デビュー
どこよりも親密で楽しいアンサンブルを目指す!

この10月、注目のホルンカルテットがデビューする。従来のブランドイメージをさらに高めて世界のホルン奏者たちに愛用者を増やしているハンス・ホイヤーを手に、どこよりも親密で楽しいアンサンブルを目指す4人に聞いた。
------------------------------------------------------------------------

●トピックス
○英国の伝統あるブラスバンドのイベントに初出場
ネオブラスバンド

------------------------------------------------------------------------

● 連載・コラム・その他
中川英二郎のトロンボーンアルバム/山下洋輔スペシャルビッグバンド     
DAIROの「白バリ」道中記/グローバルに展開中!2014(続) 
平野公崇の多事奏音/寿司  
吉井瑞穂のヨーロッパ通信/ドイツとイタリアでマスタークラス 
ナイディック&大島クラリネット講座/シューマン「幻想小曲集」第2回 
スクランブル/オーボエ渡辺克也さんの新CD
トレヴァー・ワイの笛吹き列伝/ヘクソ 
-----------------------------------------------------------------------

● PRODUCTS
Bambuリガチャー 
ストンビ・フレンチホルン「タイタン」
------------------------------------------------------------------------

● CD評
木幡一誠の今月のCD
------------------------------------------------------------------------

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室
935円
● 特集
○群馬交響楽団第1トランペット奏者:太田恭史
トランペットのパースペクティブ
オーケストラでナチュラルTrpと長管Trpを使う意味

ナチュラルトランペットや長管トランペットをオーケストラで使うことは、単なるピリオド志向とは異なる、すべてのトランペット奏者にとって大事な意味を持つ。群馬交響楽団の二人の試みをご紹介する。
------------------------------------------------------------------------

○フランクフルト歌劇場管弦楽団首席フルート奏者
サラ・ルヴィオン
「音を出す前から聴き、出し終わってもまだ聴き続けることの大切さ」

2001年の第5回神戸国際フルートコンクールに優勝して一躍その名が知られた。大学で数学や物理学を専攻したという知性派フルーティストとしても知られる彼女は、去る5月に来日してマスタークラスも行い「日本人受講者の多くはアタックのクリアさに欠ける気がした」と語る。
------------------------------------------------------------------------

○国際テューバ・ユーフォニアム・カンファレンス
ITEC2014リポート
楽器の枠を超えて「音楽する」ことのすばらしさ!

2年に一度のテューバとユーフォニアムの祭典が去る5月に米国のインディアナ大学で開催された。演奏やリハーサルの過密スケジュールを縫って、安東さんが垣間見た世界のテューバ・ユーフォ界NOW!
-------------------------------------------------------------------------

○ITEC2014テューバ・ソロコンクール1位!
台湾から世界を眺めるテュービスト
台湾国家交響楽団首席テューバ奏者:宮西 純

2010年から台湾のトップオーケストラで活躍中の宮西さんが、去る5月に行われた国際ユーフォニアム・テューバ協会主催のソロコンクールで1位を獲得。たまたま帰国中の氏にコンクールの模様と台湾のオーケストラ事情などを聞いた。
------------------------------------------------------------------------

○プリヴィレッジ・ニューバージョンとプレザンスの登場で……
セルマー・クラリネットの新時代
都響首席クラリネット対談:三界秀実×サトーミチヨ

セルマーの個性をしっかりと持ちつつ、かつてなかった自由な吹き心地を提供するニューモデル2機種の登場で、セルマー・クラリネットの選択肢は大きく拡がった。セルマーを長年愛用する東京都交響楽団首席の二人が、今まさに到来した「セルマー新時代」を語り合う。
------------------------------------------------------------------------

○集中連載第3回
19世紀のトランペットの歴史
ロマン派のオーケストラではどんなトランペットが使われていたのか?

古典派以降、ロマン派から近代までのオーケストラでは実にさまざまなトランペットが使われて来た。国によって、あるいは作曲者によっても異なるその用法を詳しく解説し、日本では知識が大きく欠落しているこの時代のトランペットの姿を明らかにする。
------------------------------------------------------------------------

○新連載第3回
ヴィンテージSAXの遊び方
新連載第2回:アドルフ・サックス社製アルトサクソフォン

サクソフォンの発明当時から現行機種ギリギリまで数あるヴィンテージ・サクソフォンを、毎号1本ずつ写真とともに紹介し、楽器史という側面からこの楽器の歴史と物欲の泥沼へご案内!
------------------------------------------------------------------------

○奈良女子大の大学院生が調査
日本の古代に金管楽器はあったのか?
存在した痕跡はこんなにある!

世界最古のトランペットがツタンカーメンの王墓から発見されているように、世界では古くから金管楽器の存在が確認されているにもかかわらず、日本では未だその確たる証拠が見つかっていない。自身トランペットを吹く松枝さんは、その歴史の闇の中に分け入った。
------------------------------------------------------------------------

○第2弾!「修理・改造大国アメリカ」の金管楽器技術者たち
フランケン・テューバは生き残るのか?
米国の有名な2つの金管ショップを訪ねた

本誌394号でご紹介した「フランケン・テューバをつくる人たち」に続き、今回はNYのジョン・バルティモア・ミュージックとニュージャージーにあるディロン・ミュージック見聞記をご紹介する。
------------------------------------------------------------------------

○信州でウィーンの音楽を学び楽しむ5日間
上田-ウィーンアカデミー

元ウィーンフィル・バストロンボーン奏者のカール・ヤイトラー氏を音楽監督に迎え、自然豊かな山々に囲まれた長野県上田市の信州国際音楽村で、ウィーン・ザルツブルクの音楽と文化に触れながらウィーンのトロンボーンや管楽器音楽を共に学ぶ「上田-ウィーンアカデミー2014」が9月に開催される。
------------------------------------------------------------------------

●トピックス
○68歳にしてますます円熟期を迎え……
ブライアン・ボーマン日本ツアー

------------------------------------------------------------------------

● 連載・コラム・その他
中川英二郎のトロンボーンアルバム/ライブ感ってなんだ?     
DAIROの「白バリ」道中記/グローバルに展開中!2014  
平野公崇の多事奏音/タバコ  
吉井瑞穂のヨーロッパ通信/ドレスデンの聖母教会で  
ナイディック&大島クラリネット講座/シューマン「幻想小曲集」㈰  
スクランブル/藤井洋子リサイタル 
トレヴァー・ワイの笛吹き列伝/テオバルト・ベーム 
-----------------------------------------------------------------------

● PRODUCTS
ジンガーのロータリートランペット
マンケ製ピッコロ頭部管
------------------------------------------------------------------------

● CD評
木幡一誠の今月のCD
------------------------------------------------------------------------

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室
935円
● 特集
○集中連載:第1回
19世紀のトランペットの歴史
ロマン派のオーケストラではどんなトランペットが使われたのか?

古典派以降、ロマン派から近代までのオーケストラでは実にさまざまなトランペットが使われて来た。国によって、あるいは作曲者によっても異なるその用法を詳しく解説し、日本では知識が大きく欠落しているこの時代のトランペットの姿を明らかにする。
------------------------------------------------------------------------

○洗足学園音楽大学准教授
サクソフォン大和田雅洋
ジャズ少年が受けたクラシカル・サクソフォンの強烈な洗礼

小学5年生でジャズサックスを始め、高校2年までジャズ一筋でやって来た大和田さんは、吹奏楽部に指導に来た服部吉之氏の演奏を聴いてクラシックへの転向を決意する。
------------------------------------------------------------------------

○全長なんと10メートル!
ハイパーバス・フルートを作る!
ダブルコントラバスFlより1オクターブ低い!

直径12センチ以上、全長なんと10メートル。巨大なアナコンダがのたうち回るかの如き世界最大のフルート。しかもこの楽器、完全クロマティック・ベームフルートなんです!
-------------------------------------------------------------------------

○修理・改造大国アメリカの金管楽器技術者たち
フランケン・テューバを作る人たち
とびきり有能で個性も強い金管工房をご紹介!

メーカーに頼れない改造や修理を一手に引き受け、ときにパーツを集めてクライアントが望む楽器までも作ってしまうのがアメリカの技術者たち。中でも全米のプレイヤーの信頼を集めるテクニシャンたちをご紹介する。
------------------------------------------------------------------------

○東京交響楽団首席ホルン
大野雄太
4種類のホルンを使ってバッハから現代曲まで

シューマンの〈アダージョとアレグロ〉より20年以上も前にバルブホルンのために書かれた作品を中心に据えて、東京オペラシティリサイタルシリーズに登場する大野さん。コルノ・ダ・カッチャまでもが登場するそのプログラムは極めて意欲的!
------------------------------------------------------------------------

○あなたに合うものが必ず見つかる!
RICOクラリネットリードの見つけ方
水越裕二&齋藤雄介

良質のケーンを使い、高性能カッティングマシーンで精度の高い仕上げを誇るリコ・リード。その7種のリードを二人のクラリネット奏者が試奏し、選定のヒントを与える。
------------------------------------------------------------------------

○リポート
ベッケ&ライエンTrbキャンプ
ウォームアップ講座からレッスン、コンサートまで

ミシェル・ベッケ、ユルゲン・ファン・ライエンを講師に迎えて伊豆・修善寺で行われた〈アントワンヌ・クルトワ〉トロンボーン・キャンプを参加者がリポートする。
------------------------------------------------------------------------

○連載:竹内明彦の楽器学ノート
楽器学のすすめ
第13回:管楽器の設計⑥

「物理は苦手」という人も、管楽器奏者であればこれだけは知っておきたい……。長年管楽器の設計に携わった著者が、演奏者や修理技術者たちの素朴な疑問をもとに「生きた楽器学」を提供するシリーズ。
-------------------------------------------------------------------------

○新連載
ヴィンテージSAXの遊び方
「あの方」も愛用したケノン・モノポール2

サクソフォンの発明当時から現行機種ギリギリまで数あるヴィンテージ・サクソフォンを、毎号1本ずつ写真とともに紹介し、楽器史という側面からこの楽器の歴史と物欲の泥沼へご案内!
------------------------------------------------------------------------

○シドニー響ピッコロ奏者が体験した
龍笛事始め

日本の国外に和楽器演奏家を増やす目的でスタートしたコロンビア大学のプロジェクト「東京和楽器音楽院」。その第1回研修生に選ばれたシドニー響ピッコロ奏者の体験リポート。
------------------------------------------------------------------------

●トピックス
○M.ベッケ&J.V.ライエンによる初のキャンプ
クルトワ・トロンボーンキャンプ

------------------------------------------------------------------------

● 連載・コラム・その他
中川英二郎のトロンボーンアルバム/作・編曲の楽しみと苦労     
DAIROの「白バリ」道中記/マルチで単身欧州巡業!ウィーン本番日 
平野公崇の多事奏音/バッハ③  
吉井瑞穂のヨーロッパ通信/イタリア、ドイツ、ベルギーの旅  
ナイディック&大島クラリネット講座/「音楽は理屈ではない」に答える  
ロジャー・ボボの考えるTuba/アムステルダム
スクランブル/サクソフォーン・カルテット・アテナ2枚目のCD 
トレヴァー・ワイの笛吹き列伝/マルセル・モイーズ
-----------------------------------------------------------------------

● PRODUCTS
E.シュミットのナチュラルホルン
ヴァイマン・トランペット
------------------------------------------------------------------------

● CD評
木幡一誠の今月のCD
------------------------------------------------------------------------

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室
935円
● 特集
○集中連載:第1回
19世紀のトランペットの歴史
ロマン派のオーケストラではどんなトランペットが使われたのか?

古典派以降、ロマン派から近代までのオーケストラでは実にさまざまなトランペットが使われて来た。国によって、あるいは作曲者によっても異なるその用法を詳しく解説し、日本では知識が大きく欠落しているこの時代のトランペットの姿を明らかにする。
------------------------------------------------------------------------

○洗足学園音楽大学准教授
サクソフォン大和田雅洋
ジャズ少年が受けたクラシカル・サクソフォンの強烈な洗礼

小学5年生でジャズサックスを始め、高校2年までジャズ一筋でやって来た大和田さんは、吹奏楽部に指導に来た服部吉之氏の演奏を聴いてクラシックへの転向を決意する。
------------------------------------------------------------------------

○全長なんと10メートル!
ハイパーバス・フルートを作る!
ダブルコントラバスFlより1オクターブ低い!

直径12センチ以上、全長なんと10メートル。巨大なアナコンダがのたうち回るかの如き世界最大のフルート。しかもこの楽器、完全クロマティック・ベームフルートなんです!
-------------------------------------------------------------------------

○修理・改造大国アメリカの金管楽器技術者たち
フランケン・テューバを作る人たち
とびきり有能で個性も強い金管工房をご紹介!

メーカーに頼れない改造や修理を一手に引き受け、ときにパーツを集めてクライアントが望む楽器までも作ってしまうのがアメリカの技術者たち。中でも全米のプレイヤーの信頼を集めるテクニシャンたちをご紹介する。
------------------------------------------------------------------------

○東京交響楽団首席ホルン
大野雄太
4種類のホルンを使ってバッハから現代曲まで

シューマンの〈アダージョとアレグロ〉より20年以上も前にバルブホルンのために書かれた作品を中心に据えて、東京オペラシティリサイタルシリーズに登場する大野さん。コルノ・ダ・カッチャまでもが登場するそのプログラムは極めて意欲的!
------------------------------------------------------------------------

○あなたに合うものが必ず見つかる!
RICOクラリネットリードの見つけ方
水越裕二&齋藤雄介

良質のケーンを使い、高性能カッティングマシーンで精度の高い仕上げを誇るリコ・リード。その7種のリードを二人のクラリネット奏者が試奏し、選定のヒントを与える。
------------------------------------------------------------------------

○リポート
ベッケ&ライエンTrbキャンプ
ウォームアップ講座からレッスン、コンサートまで

ミシェル・ベッケ、ユルゲン・ファン・ライエンを講師に迎えて伊豆・修善寺で行われた〈アントワンヌ・クルトワ〉トロンボーン・キャンプを参加者がリポートする。
------------------------------------------------------------------------

○連載:竹内明彦の楽器学ノート
楽器学のすすめ
第13回:管楽器の設計⑥

「物理は苦手」という人も、管楽器奏者であればこれだけは知っておきたい……。長年管楽器の設計に携わった著者が、演奏者や修理技術者たちの素朴な疑問をもとに「生きた楽器学」を提供するシリーズ。
-------------------------------------------------------------------------

○新連載
ヴィンテージSAXの遊び方
「あの方」も愛用したケノン・モノポール2

サクソフォンの発明当時から現行機種ギリギリまで数あるヴィンテージ・サクソフォンを、毎号1本ずつ写真とともに紹介し、楽器史という側面からこの楽器の歴史と物欲の泥沼へご案内!
------------------------------------------------------------------------

○シドニー響ピッコロ奏者が体験した
龍笛事始め

日本の国外に和楽器演奏家を増やす目的でスタートしたコロンビア大学のプロジェクト「東京和楽器音楽院」。その第1回研修生に選ばれたシドニー響ピッコロ奏者の体験リポート。
------------------------------------------------------------------------

●トピックス
○M.ベッケ&J.V.ライエンによる初のキャンプ
クルトワ・トロンボーンキャンプ

------------------------------------------------------------------------

● 連載・コラム・その他
中川英二郎のトロンボーンアルバム/作・編曲の楽しみと苦労     
DAIROの「白バリ」道中記/マルチで単身欧州巡業!ウィーン本番日 
平野公崇の多事奏音/バッハ③  
吉井瑞穂のヨーロッパ通信/イタリア、ドイツ、ベルギーの旅  
ナイディック&大島クラリネット講座/「音楽は理屈ではない」に答える  
ロジャー・ボボの考えるTuba/アムステルダム
スクランブル/サクソフォーン・カルテット・アテナ2枚目のCD 
トレヴァー・ワイの笛吹き列伝/マルセル・モイーズ
-----------------------------------------------------------------------

● PRODUCTS
E.シュミットのナチュラルホルン
ヴァイマン・トランペット
------------------------------------------------------------------------

● CD評
木幡一誠の今月のCD
------------------------------------------------------------------------

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室
935円
○ニューヨークフィル・トロンボーン奏者
世界で最も有名な2番Trb奏者
デイヴィッド・フィンレイソン

前号でジョセフ・アレッシと山本浩一郎の両氏に絶賛されたフィンレイソン氏が登場! アレッシ氏と同年にNYフィルに入団し、以来30年近く不動の2番奏者としてセクションの扇の要をつとめた大ベテランが語る。
------------------------------------------------------------------------

○「N響時代から僕を支えた……」
栃本浩規さんのトランペット・ルーティン
「唇で何かをしようと考えないこと」

N響退団後、東京藝大准教授として後進の指導に活動の重点を移し今年で3年目。その指導の根底にあるものは何なのか? 氏自身が長く守り続けてきたルーティンやトランペットの基本奏法、マウスピースの問題などについて聞いてみた。
-------------------------------------------------------------------------

○この楽器にも長くて面白い歴史がある!
バスクラリネットの昔と現在
独のバスクラカンファレンスを覗いた

さすが「本場」ドイツで行われたイベント。ワーグナーのA管バスクラからC管バスクラの珍品まで歴史的な楽器が次々と登場。知的刺激に満ちたカンファレンスをリポートする。
------------------------------------------------------------------------

○世界最小のサックス!
ソプリロとその魅力
「ソプラニーノにはない音の細さに惹かれる!」

ミュンヘンの楽器メーカー、エッペルスハイムが開発した世界最小のサクソフォン「ソプリロ」は、ソプラニーノなどとは違ったどんな魅力があるのか? ソプリロを手にアンサンブルやソロで活動する各川さんに聞いた。
------------------------------------------------------------------------

○2013年ノーベル医学生理学賞受賞
バスーニストからノーベル賞受賞者へ
トーマス・スードフ博士インタビュー

昨年のノーベル医学生理学賞を受賞した米国・スタンフォード大教授のスードフ博士は、若い頃にドイツでバスーンを学び、音楽家を志したこともある異色の経歴の持ち主。
------------------------------------------------------------------------

○元シカゴ響首席オーボエ
追想レイ・スティル
オーボエ界の巨匠逝く

日本の多くのオーボイストを育て、日本フィルとも交流が深かった元シカゴ交響楽団首席オーボエのレイ・スティル氏が去る3月に94才の生涯を閉じた。
------------------------------------------------------------------------

○連載:竹内明彦の楽器学ノート
楽器学のすすめ
第12回:管楽器の設計⑤

「物理は苦手」という人も、管楽器奏者であればこれだけは知っておきたい……。長年管楽器の設計に携わった著者が、演奏者や修理技術者たちの素朴な疑問をもとに「生きた楽器学」を提供するシリーズ。
-------------------------------------------------------------------------

○卒業生にも手厚いケア
中部楽器技術専門学校
「卒業生研修会」をリポート

在学中の限られた期間だけでなく、学校で学んだ技術と腕が本当に試される卒業後をも見据え様々なカリキュラムを組んでいる中部楽器技術専門学校。中でもユニークな試みである「卒業生研修会」の貴重な講義をリポート。
------------------------------------------------------------------------

○リポート
JETAソロコンクール&フェスティバル
日本ユーフォニアム・テューバ協会主催

ユーフォニアムとテューバの学生ソロコンクールに、今年は北海道から沖縄までの全国から多くの参加があり高い関心がうかがえた。同時に開催されたアンサンブルフェスティバルもリポート。
------------------------------------------------------------------------

●トピックス
○都響ホルンの五十畑勉さんがシンガポール響へ
都響←→シンガポール響楽員交流

------------------------------------------------------------------------

● 連載・コラム・その他
中川英二郎のトロンボーンアルバム/キレイな音を出すために    
DAIROの「白バリ」道中記/マルチで単身欧州巡業!ウィーン
平野公崇の多事奏音/バッハ②  
吉井瑞穂のヨーロッパ通信/マーラー・チェンバー・オーケストラ  
ナイディック&大島クラリネット講座/木管五重奏曲「9 by 5」  
ロジャー・ボボの考えるTuba/フィードバック
スクランブル/ホルン池田重一さんのCD 
トレヴァー・ワイの笛吹き列伝/ルイ・ドルーエ
-----------------------------------------------------------------------

● PRODUCTS
シャーゲル・トランペット
アルタスフルート限定モデル
------------------------------------------------------------------------

● CD評
木幡一誠の今月のCD
------------------------------------------------------------------------

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室
935円
● 特集
○山本浩一郎さんが聞いた
ジョセフ・アレッシ
ニューヨークフィル入団までの軌跡!

トロンボーンに限らず世界の金管界に大きな影響力を持ちつづける恩師ジョセフ・アレッシ氏に、ジュリアード音楽院で学んだ山本浩一郎さんが迫る! 早熟の子供時代からニューヨークフィル入団までの軌跡。
------------------------------------------------------------------------

○「それは自分の人生の立ち位置が決まった瞬間だった…」
フルート白尾兄弟が語る「A.ジョネの世界」
インタビュー:白尾 彰&白尾 隆

それぞれ別々にヨーロッパに学び、ヨーロッパのオーケストラで活躍したキャリアを持つお二人は、奇しくも同じような理由でアンドレ・ジョネの門を叩き、その後の音楽人生のかけがえのない指針を得たという。
-------------------------------------------------------------------------

○「静寂感のある響き」を作ることの大切さと難しさ
丸山勉のホルン「音色哲学」
ホルンを征するには「p」から……

ギターとホルンとのデュオという予想外の組み合わせでホルン界をあっと言わせた丸山さん。その背景には、ホルンに対する氏のユニークな音色哲学があった。
------------------------------------------------------------------------

○初のクラシック奏者向けモデルを発売
ヤナギサワNEW!マウスピース
エボナイト製のソプラノからバリトンまで4モデル

クラシック奏者や吹奏楽向けに開発された新マウスピース。ソプラノからバリトンまでのラインナップを一気に揃え、どれも低音から高音まで鳴りのバランスを徹底的に追究したものとしてサクソフォーン奏者たちの熱い視線を浴びている。
------------------------------------------------------------------------

○26才の音楽「武者修行」
クラリネット吉田誠
指揮を勉強してクラリネットに見えて来たこと

クラリネットのソロで活躍する一方、ロームファンデーションの指揮セミナーに参加して小澤征爾氏らの薫陶も受ける26才。その音楽「武者修行」の軌跡。
------------------------------------------------------------------------

○龍笛奏者・笹本武志さんの
ボディーボックス奏法のすすめ
鳴らない楽器ほど身体を共鳴させて吹け

「楽器は鳴らさずに鳴らす。鳴らない楽器ほど身体を共鳴させて吹け……」という龍笛奏者・笹本武志さんは、和洋の管楽器に共通する「ボディーボックス奏法」を説く。
------------------------------------------------------------------------

○明治時代の記録から探る
本邦クラリネット導入の歴史
by伊藤めぐみ

クラリネットが日本に初上陸したといわれるペリーの黒船以来、日本人の手でこの楽器がどのように我が国に導入されていったのかを明治時代の資料を中心に探る。
------------------------------------------------------------------------

○緊急提言第2弾!
トロンボーン:学校現場での悲惨な現実
萩谷克己

本誌389号でテナーバスとバストロンボーンをきちんと区別できていない学校現場の問題を指摘した萩谷さんが、今度はあまりに拙劣な楽器管理から来る笑えない問題を、自身の体験から紹介する。
-------------------------------------------------------------------------

○新連載
トレヴァー・ワイの笛吹き列伝
第1回「Umzugxstsghr」

英国の世界的フルート奏者トレヴァー・ワイワイ氏が、フルートの歴史に名を残した名手たちをユーモアあふれる筆致でスケッチする新シリーズ。
------------------------------------------------------------------------

●トピックス
○師弟のデュオとソロをいっぺんに聴く醍醐味!
ベッケ&ライエンのジョイントリサイタル

------------------------------------------------------------------------

● 連載・コラム・その他
シャーゲル・ブラスフェスティバル
中川英二郎のトロンボーンアルバム/アンブシュアの簡単チェック法    
DAIROの「白バリ」道中記/マルチで単身欧州巡業!ブッパータール&ウィーン 
平野公崇の多事奏音/バッハ 
吉井瑞穂のヨーロッパ通信/クラウディオ・アバドの想い出  
ナイディック&大島クラリネット講座/木管五重奏曲「9 by 5」 
ロジャー・ボボの考えるTuba/引退だって?とんでもない!
スクランブル/ティンツ初演「竹取物語」の楽譜を発売
僕のマイスター武者修行(最終回)/楽器職人になりたい人たちへ(後編)
-----------------------------------------------------------------------

● PRODUCTS
I.M.リガチャー
カーブド・ソプラニーノサクソフォン
------------------------------------------------------------------------

● CD評
木幡一誠の今月のCD
------------------------------------------------------------------------

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室
922円
● 特集
○日本の若い人たちへのメッセージ
惜別「マエストロ・ボボ」
ロジャー・ボボ、日本での8年間をふり返る

武蔵野音大客員教授として日本に拠点を置いて指導に当たってきた世界的なテューバ奏者ロジャー・ボボ氏が、この春をもって日本での指導に区切りをつけて帰国する。70台半ばになる今もマスタークラスで世界を飛び回る氏が日本での8年間を振り返る。
------------------------------------------------------------------------

○ヤマハ管楽器新人演奏会金管楽器部門30周年記念
私が「新人」だったとき
座談会:井手詩朗、吉野竜城、久良木文

毎年5月に行われているヤマハ管楽器新人演奏会は、今では若い音楽家たちの登竜門の一つ。金管部門の新人演奏会が今年30周年を迎えるのを記念して、ここを巣立った3氏に集まっていただいた。
-------------------------------------------------------------------------

○東京フィルハーモニー交響楽団首席ホルン
森 博文
原点は小学生時代のオーケストラ体験

侍BRASSやブラス・ヘキサゴンでアンサンブルを下支えし、ときに驚異的なパワーで縦横無尽のソロも聞かせる……オーケストラにアンサンブルにと活躍する森さんは、小学生のときすでにホルニストになると決めていた。
------------------------------------------------------------------------

○フランクフルト歌劇場管弦楽団首席オーボエ
近藤那々子
ドイツの名門オペラで3シーズン目!

日本音楽コンクール1位、国際オーボエコンクール軽井沢3位などの実績がある近藤さんは、2011年3月にフランクフルト歌劇場のオーディションに合格して3年目になる。
------------------------------------------------------------------------

○ビュッフェ・クランポン
“Divine”で「密度の濃い音」をめざす
日本フィル首席クラリネット:伊藤寛隆

ビュッフェ・クランポンのクラリネットのなかでトスカと双璧をなすディヴィンヌ。伊藤寛隆さんはこの楽器の個性や音に独自の視点から注目し、楽器と一緒に理想とする音づくりを探求している。
------------------------------------------------------------------------

○ヘッケルフォンを超えるか?
LUPOPHONE(ルポフォン)
新時代のバスオーボエでCDをリリース
加納律子

ドイツのグントラム・ヴォルフが開発した新しいバスオーボエを使って世界でも珍しいCDをリリースしたオーケストラ・アンサンブル金沢の加納律子さんが、この楽器の構造と魅力を紹介する。
------------------------------------------------------------------------

○第82回日本音楽コンクール1位
フルート松木さや
七転び八起きのコンクール挑戦

藝大4年春までは良くて入選どまり。なのに夏の日本管打楽器コンクールで1位入賞すると、その勢いで同年の日本木管コンクールと昨年の日本音楽コンクールも制覇した松木さん。いったい何が転機となったのか?
------------------------------------------------------------------------

○連載:竹内明彦の楽器学ノート
楽器学のすすめ
第11回:管楽器の設計④

「物理は苦手」という人も、管楽器奏者であればこれだけは知っておきたい……。長年管楽器の設計に携わった著者が、演奏者や修理技術者たちの素朴な疑問をもとに「生きた楽器学」を提供するシリーズ。
-------------------------------------------------------------------------

○「ソシエテ」が日本初演
木管室内楽協会と知られざる七重奏曲
Th.グーヴィーの七重奏曲

木管アンサンブルの人気とレパートリー拡大に大きく貢献したタファネルの木管室内楽協会にならい、日本でもその楽しさを伝えようと旗揚げした「ソシエテ」が、3月に本邦初演曲を含むプログラムで初公演を行う。
------------------------------------------------------------------------

●トピックス
○びわ湖国際フルートコンクールを征した韓国の天才少女
ハン・ヨジン

------------------------------------------------------------------------

● 連載・コラム・その他
国際ダブルリード協会2015年東京コンファレンス趣意書
中川英二郎のトロンボーンアルバム/じつは難しいマイク選び   
DAIROの「白バリ」道中記/マルチで単身欧州巡業!ブッパータール② 
平野公崇の多事奏音/銀 山  
吉井瑞穂のヨーロッパ通信/オーボエVファイブ演奏会  
ナイディック&大島クラリネット講座/木管五重奏曲 
ロジャー・ボボの考えるTuba/島国に「パッション」は存在するのか? 
スクランブル/トロンボーン三重奏「トリオ・ディーゼル」
僕のマイスター武者修行/楽器職人になりたい人たちへ(前編)
-----------------------------------------------------------------------

● PRODUCTS
コントラフォルテ!
セルマーParis「プリヴィレッジ」
------------------------------------------------------------------------

● CD評
木幡一誠の今月のCD
------------------------------------------------------------------------

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室
922円
● 特集
○市販マウスピース一挙紹介!
フレンチホルン・マウスピース・ガイド
定番マウスピースから最新トレンドまで

一説によると「ホルンプレイヤーこそマウスピースおたく」なんだとか……。注ぎ込んだお金は100万円は下らないという人は少なくないという。
そんなことで、トランペットとトロンボーンに続き読者からも要望が多かったホルンの市販マウスピース・ガイドをここに一挙掲載! -------------------------------------------------------------------------

○トランペットセクションが語る
コンセルトヘボウ管弦楽団の魅力!
「互いによく聴き合い一緒に演奏する楽しみを共有…」

各セクションにソリスト級の名手をそろえるだけでなく、合奏精度の高さでも世界最高レベルのオーケストラとして知られるロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団が昨年11月に来日。東京公演の合間にトランペット・セクションの4人がヤマハアトリエ東京に集まった。
------------------------------------------------------------------------

○金管プレイヤーのための
オートマチック・エコ奏法 by金澤 茂
金管楽器のアンブシュアと発音で最も大切なこと

金管楽器の奏法についてはさまざまな教則本が世に出て百人百様のレッスンが行われているが、意外にもすべての金管楽器に通じる「シンプルで最も大切な原則」が見落とされがちだ。元東京交響楽団トロンボーン奏者の金澤茂さんが解説する。
------------------------------------------------------------------------

○日欧で演奏を展開する
ヒストリカル・ファゴット村上由紀子
ファゴットの真髄は通奏低音にあり

「全ての音をきれいに並べるのではなく、いかにだいじでない音を捨てるかなんです」……オランダを拠点にヨーロッパと日本で活躍する村上さんにヒストリカル・ファゴットと古楽の演奏世界を聞く。
------------------------------------------------------------------------

○5枚目のソロCDをリリース!
ユーフォニアム牛上隆司
「リンコラの協奏曲を録音できるまでに13年かかった」

2000年の第1回リサイタルとデビューアルバム「ユーフォリア」の発売以来、リサイタルとCDのリリースをセットでこなして来た牛上さん。5枚目となる今回のCDは2000年以来取り組んで来た難曲を録音した「渾身の一作」となった。
------------------------------------------------------------------------

○ヤナギサワ新アルトサクソフォーン
WOシリーズを吹く!
栃尾克樹さんが試奏

1月21日にヤナギサワの新アルトサクソフォーン「WOシリーズ」が全国で発売される。材料や設計のすべてを見直して旧モデルを大幅にグレードアップさせた話題のニューモデルを、東京佼成ウインドオーケストラやソロで活躍する栃尾克樹さんが試奏した。
------------------------------------------------------------------------

○連載:竹内明彦の楽器学ノート
楽器学のすすめ
第10回:管楽器の設計③

「物理は苦手」という人も、管楽器奏者であればこれだけは知っておきたい……。長年管楽器の設計に携わった著者が、演奏者や修理技術者たちの素朴な疑問をもとに「生きた楽器学」を提供するシリーズ。
-------------------------------------------------------------------------

○こんなにある!
ワーバートンの演奏支援ツール

プレイヤー目線に立った開発とは正にこのこと。「どうやったらもっと効率良く上達できるか」の視点で生まれたワーバートン氏のアイデア商品の数々をご紹介。
------------------------------------------------------------------------

○関西トランペット協会
KTPAフェスティバル

発足5年目を迎えた関西トランペット協会が11月に5回目のトランペットフェスティバルを開催。各音大アンサンブルや日本音コン1位入賞者の競演、レクチャー、講演など今回も充実したプログラム。
------------------------------------------------------------------------

●トピックス
○クラリネットで管打コン二人目の大賞受賞者
箱崎由衣

------------------------------------------------------------------------

● 連載・コラム・その他
中川英二郎のトロンボーンアルバム/姿勢・筋肉・舌の使い方  
マルチで単身欧州巡業!ブッパータール①
平野公崇の多事奏音/続・音程  
吉井瑞穂のヨーロッパ通信/MCOの2013年〆のコンサート  
ナイディック&大島クラリネット講座/クラリネット五重奏曲(その2)
ロジャー・ボボの考えるTuba/練習のやり過ぎは危険だ! 
スクランブル/水野信行ホルン生活50年記念コンサート
僕のマイスター武者修行/クリスマスの教会で演奏して分かったこと 
サクソフォン有村純親の録音ノート/ヒンデミットでテナーSaxを使った理由 
-----------------------------------------------------------------------

● PRODUCTS
ユーベル・クラリネット
ハンス・ホイヤー「K10」
------------------------------------------------------------------------

● CD評
木幡一誠の今月のCD
------------------------------------------------------------------------

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室
922円
● 特集
○2010年ミュンヘン国際コンクール「完全優勝」
プジェミスル・ヴォイタ
バボラークに続きチェコから登場したホルンの俊英

2010年のミュンヘン国際コンクールでホルン部門1位とあわせ、聴衆賞、新作演奏賞、オーケストラ特別賞も受賞し「完全優勝」として話題を呼んだチェコの新星。
------------------------------------------------------------------------

○「低音が出ないならバスTrbも勉強しよう」の一声で…
ウィーンフィル・バスTrb奏者への道
マーク・ガール

カール・ヤイトラー氏の後任として2012年からウィーンフィルのバストロンボーン奏者。もともとトロンボーンで入団し、途中からポジション替えをした異色の経歴を持つ。B&Sの監修者にも抜擢され、注目度が高まるウィーン期待のトロンボニスト。
-------------------------------------------------------------------------

○日本で活躍するウクライナの新星
ヤマハの新クラリネット「KF」を吹く!
対談:タラス・デムチシン×藤井一男

ヤマハの新クラリネットはこれまでのヤマハには無かった数々のアイデアが盛り込まれている。この楽器に魅了されたデムチシン氏は九州交響楽団で活躍する話題の若手。開発にかかわった藤井一男氏が聞く。
------------------------------------------------------------------------

○「マーラーはほとんどA足部管付きで吹く」
A足部管フルートの活用法
東京交響楽団・高野成之さんに聞く

三響フルートが開発した最低音が通常のH足よりも2半音分さらに低く出るA足部管付きのフルートに注目し、オーケストラで使っているという高野さん。その活用法とあわせ、様々なアイデアに満ちた氏のフルート世界を覗かせていただいた。
------------------------------------------------------------------------

○ミラノ・スカラ座首席オーボエ
ファビアン・トゥーアン
「リードに依存し過ぎないほうが良い!」

名門ミラノ・スカラ座で大歌手たちの名脇役をつとめる首席オーボエ奏者は、フランスに生まれパリ音楽院に学んだフランス人。スイスのルガノ、ロンドンのロイヤルカレッジでも教え、指導にも定評がある。
------------------------------------------------------------------------

○2008年から採用された新制度
サックスで初めてパリ音楽院第2課程に学ぶ
伊藤あさぎ

一般大学と同じような卒業資格を与えるために2008年から第1課程(学士3年)と第2課程(修士2年)の二つのコースに分かれた国立パリ高等音楽院。伊藤さんはその修士課程に学んだサクソフォニストの第1号となった。
------------------------------------------------------------------------

○連載:竹内明彦の楽器学ノート
楽器学のすすめ
第9回:管楽器の設計②

「物理は苦手」という人も、管楽器奏者であればこれだけは知っておきたい……。長年管楽器の設計に携わった著者が、演奏者や修理技術者たちの素朴な疑問をもとに「生きた楽器学」を提供するシリーズ。
-------------------------------------------------------------------------

○実態は深刻!
トロンボーンを巡る学校吹奏楽現場での混乱
萩谷克己氏が緊急提言

トロンボーン以外の読者の皆さん、左の二つのトロンボーンの違いがお分かりですか? 指導者に恵まれた学校はともかく、弱小のスクールバンドほど楽器の知識は乏しくなる。「特にトロンボーンの場合は問題が深刻だ」と萩谷克己さんが緊急提言。
------------------------------------------------------------------------

○浜松に響く
ウィーンスタイルの吹奏楽とトランペットコアー
K.ヤイトラー+天竜楽友吹奏楽団+浜松トランペットコアー

ウィーン音楽文化の担い手の一つとしてウィーンの多くの音楽家を育んだウィーンスタイルの吹奏楽とトランペットコアー。その響きに見せられた浜松の愛好家たち。
------------------------------------------------------------------------

○チェコの若きDr.クラリネット!
イルヴィン・ヴェニシュ
フォルクローレから現代音楽までをカバー

チェコの若い世代で最も活躍するクラリネット奏者の一人は、名門プラハ芸術アカデミーで博士号を取得。のみならず東欧の民俗的なクラリネット音楽も積極的に演奏し、クラリネットのレパートリーに新しいジャンルを切り開いている。
------------------------------------------------------------------------

●トピックス
○第7回東京音楽コンクール木管部門1位
コハーン・イシュトヴァーン

------------------------------------------------------------------------

● 連載・コラム・その他
中川英二郎のトロンボーンアルバム/むかしの自分に重ね合わせ…  
DAIROの「白バリ」道中記/マルチで単身欧州巡業!
平野公崇の多事奏音/音程②  
吉井瑞穂のヨーロッパ通信/アンスネス氏とベートーヴェンジャーニー  
ナイディック&大島クラリネット講座/クラリネット五重奏曲(その1)
ロジャー・ボボの考えるTuba/島国に「パッション」は存在するのか? 
スクランブル/ユーフォニアム岩黒綾乃デビューCD
僕のマイスター武者修行/Trp高見信行君のこと 
コハーン・イシュトヴァーン/クレズマーが身近にあった 
-----------------------------------------------------------------------

● PRODUCTS
パルメノン・フルート
ビュッフェ・クランポン「センゾ」
------------------------------------------------------------------------

● CD評
木幡一誠の今月のCD
------------------------------------------------------------------------

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室
922円
● 特集
○飛躍のきっかけは何だった?
管打コンTp部門入賞者に聞く
座談会:栃本浩規(東京藝大准教授)、松山萌(1位)、籠谷春香(2位)

今年の日本管打楽器コンクール・トランペット部門では現役音大生二人が他を圧して入賞し、話題を呼んだ。そんな二人も1~2年の頃はみんなと同じ悩み多き音大生だった。二人の共通の師・栃本浩規さんが、彼女らの飛躍の秘密に迫る!
------------------------------------------------------------------------

○フランス国立放送フィル首席クラリネット
ジェローム・ヴォワザン
「人間、固まってしまったら終わりだよ」

この夏の浜松国際管楽器アカデミー&フェスティバルに講師として初参加し、演奏でも大きな感銘を与えた氏は、欧米のクラリネット界に急速に浸透中のヤマハの新クラリネットCSGIII(日本では「イデアルG」)の開発にも関わった。
-------------------------------------------------------------------------

○管楽器の大切なパートナーの歴史を知る
フォルテピアノの魅力とその歴史
インタビュー:小倉貴久子

ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンからショパンやリストまで……大作曲家の音楽はフォルテピアノと共にあった。なのに、そのオリジナルの楽器とスタイルはまだまだ一般には知られていない。この楽器の第一人者、小倉喜久子さんに聞く。
------------------------------------------------------------------------

○ジャパン・テューバ・ソロイスツの4人が…
テューバ大試奏!
B&S、マイネル・ウェストン篇

管楽器専門店ダクのスペースDoに並んだテューバ、その数70本!年に一度の日本最大のテューバフェアに合わせてジャパン・テューバ・ソロイスツの人気テュービスト4人が大試奏を敢行。その中からB&Sとマイネル・ウェストンのモデルをご紹介する。
------------------------------------------------------------------------

○フィンランド放送響首席トランペット
ヨウコ・ハルヤンネの「わが楽器遍歴」
なぜスパーダなのか?

「音を作らなくてもイメージどおりの音が出るか、音色や音量の変化を意識しただけで変化してくれるかが楽器選びの基準。だが、すべては楽器とマウスピースの手前、つまり自分の脳にあることを忘れないでほしい。
------------------------------------------------------------------------

○サクソフォン奏者
平野公崇とブルーオーロラSaxカルテットの世界
すべての一瞬が演奏者の精神と音楽性のドキュメント

「書かれた台本通りに演奏するのではなく、すべての一瞬が演奏者の精神と音楽性のドキュメンタリー」……ブルーオーロラサクソフォン・カルテットの演奏を聴くと、そんな平野さんの言葉に誰もが納得させられる。
------------------------------------------------------------------------

○連載:竹内明彦の楽器学ノート
楽器学のすすめ
第8回:管楽器の設計①

「物理は苦手」という人も、管楽器奏者であればこれだけは知っておきたい……。長年管楽器の設計に携わった著者が、演奏者や修理技術者たちの素朴な疑問をもとに「生きた楽器学」を提供するシリーズ。
-------------------------------------------------------------------------

○ユーフォとテューバの「世界遺産」をめざすDUO
「ワーヘリ」始動!
外囿祥一郎×次田心平

ユーフォニアムの外囿祥一郎と読響テューバ奏者の次田心平両氏がデュオを結成。「世界遺産=ワールドヘリテージ」を略した「ワーヘリ」を名乗って初のアルバム『スマイル』をリリースした。
------------------------------------------------------------------------

○メーカー・インタビュー
Van Laar代表に聞く
トランペット&フリューゲルホルンで注目

1990年に設立された比較的新しいメーカーでありながら、ハンドメイドメーカーとして急速に注目を集め、米国のジャズ奏者から欧州のオーケストラ奏者にまで愛用者を増やしているヴァン・ラー社の代表に聞く。
------------------------------------------------------------------------

●トピックス
○フィンランドの名手カリ・クリーックとAvanti!のメンバーによる
一柳慧のクラリネット六重奏曲を初演

------------------------------------------------------------------------

● 連載・コラム・その他
マルクノイキルヒェン国際器楽コンクール案内
中川英二郎のトロンボーンアルバム/トロンボーン奏法のヒント  
DAIROの「白バリ」道中記/ボストン弾けた!
平野公崇の多事奏音/音程① 
吉井瑞穂のヨーロッパ通信/ドイツとベルギーの4都市を巡る  
ナイディック&大島クラリネット講座/クラリネット協奏曲(その2)
ロジャー・ボボの考えるTuba/5000年の孤独 
スクランブル/日高剛さんの「ホルンと彫刻の夕べ」
僕のマイスター武者修行/なんかおかしくね? 
-----------------------------------------------------------------------

● PRODUCTS
P.ハンミッヒ製木製アルトフルート
キューンル&ホイヤー「M’sモデル」
------------------------------------------------------------------------

● CD評
木幡一誠の今月のCD
------------------------------------------------------------------------

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室
おすすめの購読プラン

PIPERS(パイパーズ) 雑誌の内容

  • 出版社:杉原書店
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月20日
「もう少し知りたい、もう一歩上手くなりたい」人のための管楽器情報誌
話題の新人プレイヤーや世界の名手たちを、いつも一歩先どりしてインタビュー。その音楽、奏法、楽器などを紹介しながら、彼らの本音にも迫る。また、楽器づくりの話、新製品の紹介、楽器の選び方やメンテナン法なども特集。新しい視点で広く音楽の話題もとりあげる。

+   PIPERS(パイパーズ)の目次配信サービス

PIPERS(パイパーズ)を買った人はこんな雑誌も買っています!

芸能・音楽 雑誌の売上ランキング

明星(Myojo)

2021年04月22日発売

目次: [表紙]HiHi Jets

[ウラ表紙]美 少年

[ピンナップ]永瀬 廉/高橋海人

[全8面・厚紙Wピンナップ]45人が登場! SMILEメッセージカード

[10000字インタビュー SixTONES・Snow Man編]第12回・渡辺翔太

[恋人にしたいJr.・短期連載]西畑大吾/川島如恵留

King & Princeは、春からの新生活に役立つヒントを伝授!

Snow Manは、グループ内での部活動を紹介!?

SixTONESは、忙しい日々の中でのリラックスタイムを教えてくれたよ。

50年以上の歴史を持つアイドル・タレントの写真情報雑誌『Myojo』

  • 2021/03/22
    発売号

  • 2021/02/22
    発売号

  • 2021/01/22
    発売号

  • 2020/12/22
    発売号

  • 2020/11/21
    発売号

  • 2020/10/22
    発売号

2 ダ・ヴィンチ

メディアファクトリー

最大
50%
OFF
送料
無料

ダ・ヴィンチ

2021年04月06日発売

目次: 表紙★中村倫也

●特集
いま、小説と出会い直す読書体験。
凪良ゆう、カケル

◎連続対談「作家×凪良ゆう」
山本文緒/芦沢央/ヤマシタトモコ
◎「声優×凪良ゆう」
特別書き下ろし小説「ニューワールド」を斉藤壮馬が朗読!
◎「読者×凪良ゆう」
[インタビュー]横浜流星、長濱ねる
読者、書店員、担当編集者の声も!
◎「マンガ×凪良ゆう」
本屋大賞ノミネート作『滅びの前のシャングリラ』を浅野いにおがコミカライズ!
◎「私×凪良ゆう」
凪良ゆうロングインタビュー


●特集
書籍『THEやんごとなき雑談』を発表!
ますます彼の、虜になる。
中村倫也のクリエイティブ

◎大反響!エッセイ集『THEやんごとなき雑談』刊行記念
中村倫也ロングインタビュー
◎あの人はどう読んだのか『THEやんごとなき雑談』特別寄稿
佐々木敦/丸山ゴンザレス/ぬまがさワタリ/吉田大助
◎『珈琲いかがでしょう』×『THEやんごとなき雑談』
[マンガ]コナリミサト
◎全国書店員さんが描いた『THEやんごとなき雑談』直筆ポップ&コメント紹介!
◎マネージャーは見た!
中村倫也のクリエイティブな日常
[マンガ]服部昇大
◎中村さんが敬愛する芸人・バナナマンに聞く!
中村倫也ってこんな人!?
◎エッセイを書く俳優は、なぜこんなに魅力的なのか?(後編)
[特別対談]大泉洋×中村倫也


●インタビュー&対談
津村記久子、知念実希人、久坂部羊、岡部えつ、松山ケンイチ、今田耕司、山崎怜奈(乃木坂46)、DEAN FUJIOKA、今泉力哉、ハナレグミ、吉住、和田彩花×飯窪春菜 ほか

●コミック ダ・ヴィンチ
命と、心と向き合う―
医療マンガ最前線!
『プラタナスの実』東元俊哉インタビュー

●ノベル ダ・ヴィンチ
手塚治虫の構想から新たな物語が誕生
『小説 火の鳥 大地編』
桜庭一樹インタビュー

●好評連載中
荒木経惟「男 ―アラーキーの裸ノ顔―」鈴鹿央士
北尾トロ「走れ!トロイカ学習帳」
益田ミリ「スーパーマーケット宇宙」
櫻井孝宏「ロール・プレイング眼鏡」
穂村 弘「短歌ください」
和牛「和牛の一歩ずつ、一歩ずつ。」
中原たか穂「ジェリコー」
メグ・シェリー「メグさんの読書占い」
弘中綾香「アンクールな人生」
長濱ねる「夕暮れの昼寝」
松下洸平「フキサチーフ」
カメントツ「ねこおばあさんぼく」

●【旬の本棚】
昭和レトロ

●【特別企画】
試される“一家”の絆!
4月16日全国ロードショー!
劇場版『名探偵コナン緋色の弾丸』

◎[インタビュー]青山剛昌/浜辺美波
◎“あの人”が語る赤井ー家
[キャストインタビュー]高山みなみ/山崎和佳奈/杉本ゆう
◎『名探偵コナン』に愛を込めて
[インタビュー]井上裕介(NON STYLE)/小坂菜緒(日向坂46)/小松未可子/田辺智加(ぼる塾)

参考価格: 700円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:350円

本とコミックの情報マガジン『ダ・ヴィンチ』

  • 2021/03/05
    発売号

  • 2021/02/05
    発売号

  • 2021/01/06
    発売号

  • 2020/12/04
    発売号

  • 2020/11/06
    発売号

  • 2020/10/06
    発売号

3 月刊ピアノ

ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス

最大
8%
OFF
送料
無料

月刊ピアノ

2021年04月20日発売

目次: ■特集
作曲家時代のファッションと文化
■Pick Up Artist
まらしぃ/ござ / 西村由紀江 /三浦謙司
■好評連載
<講座>
●森本麻衣のピアニスト道
●セロリの電Pパーク!
●コードの時間
●音楽史を歩こう
●事務員Gの名曲タイムトリップ
●ずっしーの即わかり音楽理論教室
●白ヒゲ先生の楽典を知りつくそう!
●ござさんのAll that Goza's Piano Arrange ほか

<連載>
●西村由紀江のMy Favorite Songs
●加羽沢美濃の音楽ミステリーはお好き?
●ストリートピアノ
●響け★卵たちの毎日
●ピアノを愛する大人たち
●言葉の時間
●学マン!~涙と笑いの音楽マンガ~
●愛と気づきのエンタテインメント
●大学で音楽を学ぼう
●音楽の知識とピアノの技術が役立つ仕事 ほか

■収載予定楽曲
【マンスリー・ピアノ・セレクション】
♪ Poppin’ Shakin’(NiziU)
♪ 桜晴(優里)
♪ 僕が僕じゃないみたいだ(SixTONES)
【いつか必ず弾きたい とっておきの1曲】
♪ 想い出は遠くの日々(天門)
【編集部オススメ! 話題曲】
♪ 廻廻奇譚(Eve)
【気軽に楽しむ!! かんたん弾き語り♪】
♪ 変わらないもの(奥 華子)
【事務員Gの名曲タイムトリップ】
♪ My Favorite Things ―私のお気に入り―

※上記内容は、予告なく変更する場合があります。あらかじめご了承ください。

参考価格: 763円 定期購読(1年プラン)なら1冊:702円

最新ヒット曲も話題のクラシック曲も、ピアノでどんどん弾いちゃおう!

  • 2021/03/19
    発売号

  • 2021/02/20
    発売号

  • 2021/01/20
    発売号

  • 2020/12/19
    発売号

  • 2020/11/20
    発売号

  • 2020/10/20
    発売号

4 GALAC(ギャラク)

放送批評懇談会

送料
無料

GALAC(ギャラク)

2021年04月06日発売

目次: ◆表紙とインタビュー

表紙・旬の顔
福原 遥 自分の言葉で、自分を表現したい。

THE PERSON
馬場マコト 「減らす」マーケティングの発想を


◆特集:ミニ番組に注目!

ミニ番組の現状と魅力
高堀冬彦

素晴らしきミニ番組
NHK Eテレ「0655/2355」
テレビ朝日「世界の街道をゆく」
テレビ東京「生きるを伝える」

ネット時代のショートコンテンツとミニ番組
鈴木健司


◆番組解剖「チェリまほ」の魔法とは?

制作者に聞く「チェリまほ」ストーリー
テレビ東京プロデューサー 本間かなみ 
「心のつながりや愛しさを描きたい」

「チェリまほ」が提示した時代性と優しさ
永 麻理 

アジアBLドラマの勢いは止まらない
滝野俊一


◆連載
21世紀の断片~テレビドラマの世界 藤田真文
番組制作基礎講座 渡邊 悟
テレビ・ラジオ お助け法律相談所 梅田康宏
今月のダラクシー賞 桧山珠美
ドラマのミカタ 木村隆志
報道番組に喝! NEWS WATCHING 伊藤友治
海外メディア最新事情[ニューヨーク] 安 暎姫
GALAC NEWS 砂川浩慶
GALAXY CREATORS[武道優美子]戸部田 誠
TV/RADIO/CM BEST&WORST
BOOK REVIEW 国枝智樹・兼高聖雄

◆ギャラクシー賞
テレビ部門:月間賞ほか
ラジオ部門、CM部門、報道活動部門

参考価格: 780円

見たいテレビ、聞きたいラジオ!いまのテレビとラジオじゃ満足できない人のための新時代メディア批評!!

  • 2021/03/05
    発売号

  • 2021/02/05
    発売号

  • 2021/01/06
    発売号

  • 2020/12/04
    発売号

  • 2020/11/06
    発売号

  • 2020/10/06
    発売号

Duet(デュエット)

2021年04月07日発売

目次: 表紙[岩本 照]
3 Hey! Say! JUMPピンナップ
7 King & Princeピンナップ
11 藤井流星ピンナップ
13 道枝駿佑ピンナップ
15 Travis JapanD:Jカード
17 岩本 照COVERスペシャル
20 King & Prince
27 SixTONES
33 Sexy Zone
38 ジャニーズWEST
45 Hey! Say! JUMP
53 Snow Man
62 中山優馬
65 テンパってるJ HiHi Jets&少年忍者
69 D:J Journal
74 D:J TV 有岡大貴『探偵☆星鴨』、Snow Man『ガンバラーナ』ほか
78 D:J BOX 読者ページ
81 月刊!平成ジャンプ
84 Hey! Say! 7 Ultra RADIO JUMP
85 A.B.C-Zのえびらんど
86 ジャニーズWESTyle 桐山照史&中間淳太
88 Sexy Zone A La Mode 菊池風磨
90 HUG the King & Prince
92 キスラジGO!藤ヶ谷太輔・横尾 渉、藤ヶ谷太輔・二階堂高嗣
94 関ジュ鑑 Boys be、連載コラム
97 Jr. BANG 寺西拓人、大東立樹・阿達 慶・小鯛詩恩・竹村実悟・滝本海都・尾崎龍星、矢花 黎&豊田陸人、織山尚大&青木滉平、川﨑皇輝&川﨑星輝
103 犬飼貴丈
104 瀬戸利樹
105 高橋文哉
106 中尾暢樹
107 日向 亘
108 奥野 壮
109 TAKARAZUKA“d”COLLECTION 雪組公演
110 今江大地・河下 楽
111 越岡裕貴・室 龍太
112 林 翔太
113 D:J MOVIE 春のおススメ映画特集
114 スノケン
115 SixTONES LAB
116 舞台『ANOTHER 新たなる冒険』レポート
117 D:J SEARCH
118 D:J FORTUNE ラッキーカラー占い
119 HOT SHOT!
120 目次
121 なにわ男子
126 Travis Japan
131 HiHi Jets
136 美 少年
141 Aぇ! group
144 7 MEN 侍
147 岡 佑吏・河下 楽・福井宏志朗・澤田雅也・吉川太郎・奥村颯太
148 Lil かんさい
150 少年忍者
156 Jr.SP
157 IMPACTors
161 A.B.C-Z
166 ふぉ~ゆ~
168 J-novel 3rd SEASON 大橋和也
170 表紙IMPACTors
★別冊ジャニーズJr.『D;J+.2021』7月15日(木)発売予定!(雑誌コード/68101-28)

参考価格: 381円

ジャニーズ中心の写真・企画・連載が面白い雑誌『DUET』

  • 2021/03/05
    発売号

  • 2021/02/05
    発売号

  • 2021/01/07
    発売号

  • 2020/12/07
    発売号

  • 2020/11/07
    発売号

  • 2020/10/07
    発売号

おとなのデジタルTVnavi(全国版)

2021年03月24日発売

目次: ■今月の表紙
広瀬すず&櫻井翔

★春の新ドラマ徹底ガイド! ひと目でわかる!人物相関図&曜日別早見表付き

◆春の新番組みどころナビ 今春スタートするオススメ番組をピックアップ

◆「ぐるナイ」ゴチの新メンバー・中条あやみ&松下洸平

好評連載

■【連載最終回】大林宣彦&恭子のふたりで旅したキネマの世界
■倉本聰の「TVの国から」
■池上彰のニュースそうだったのか!!おとな学習帳
■カータンちゃんねる

◆番組表  地上波        : 3/29(月)~4/30(金)
      BS・4K8K/CS : 4/01(木)~4/30(金)

日本で一番!見やすいテレビ番組表

  • 2021/02/24
    発売号

  • 2021/01/22
    発売号

  • 2020/12/16
    発売号

  • 2020/11/24
    発売号

  • 2020/10/24
    発売号

  • 2020/09/24
    発売号

7 デジタルTVガイド全国版

東京ニュース通信社

デジタルTVガイド全国版

2021年03月24日発売

目次: ●表紙&巻頭グラビアインタビュー
『中村倫也』
主演ドラマ「珈琲いかがでしょう」がいよいよスタート!
「“中村倫也って名前がなくなればいいのに”と思ってる」
中村ならではの言葉で語る
作品に懸ける思いが詰まったロングインタビュー

●特別付録1
永久保存版! 中村倫也スペシャルピンナップ

●特別付録2
3カ月使える! 2021春ドラマ時間割

●見やすい!使いやすい!1日6ページ番組表
[地上波][BS][4K]3・29→4・30 [CS]4・1→4・30

●スペシャルインタビュー
竹野内豊
広瀬すず&櫻井翔
菅田将暉&有村架純&神木隆之介&仲野太賀&古川琴音
川口春奈&横浜流星
鈴木伸之&瀬戸利樹
松山ケンイチ

●特集1
「おかえりモネ」「ドラゴン桜」ほか、注目作の人間関係を総まとめ!
春ドラマ完全カタログ

●特集2
新番組、ゴールデン進出etc.
'21春の改編7大トピックス

●特集3
ジャンル別 春の特番ガイド

●特集4
「有田Pおもてなす」放送100回記念
有田哲平スペシャルインタビュー

●特集5
JO1河野純喜&與那城奨らが語る
オーディション番組 熱狂の理由

●連載
星田英利インタビュー&あらすじ解説 連続テレビ小説「おちょやん」
橋本愛インタビュー&あらすじ解説 大河ドラマ「青天を衝け」

●TVイチオシ番組
「’21年度NHK語学番組」

●BSイチオシ番組
「鉄道伝説」

●CSイチオシ番組
「女神降臨」

●ジャンル別おすすめプログラム
映画、スポーツ、音楽、エンターテインメント、国内ドラマ、海外ドラマ
アジアドラマ、紀行・ドキュメンタリー、アニメ

●特別企画&レギュラー
(1)BSフジ「今月の特選番組」
(2)GAORA SPORTS で注目スポーツの新シーズンを目撃せよ!
(3)新作動画 (4)新作映画 (5)新作音楽 (6)新着情報
(7)定期購読案内
(8)プレゼント&アンケート

●巻末企画
1700本超! 地上波TV・BS・4K・CS 全放送映画インデックス

多チャンネル時代の“オールインワン”TV情報誌

  • 2021/02/24
    発売号

  • 2021/01/22
    発売号

  • 2020/12/16
    発売号

  • 2020/11/24
    発売号

  • 2020/10/24
    発売号

  • 2020/09/24
    発売号

教育音楽 小学版

2021年04月16日発売

目次: ●特集Ⅰ
新年度の実態調査
4月からの授業どうしてる?
[こんな活動からスタートします!]
 【1・2年生】「遊び」の要素をたくさん取り入れて 笠原壮史
 【5・6年生】新しいクラスや進級した自分に期待が持てる楽しい時間に 古宮真美子
 【2~6年生】コロナ禍のコミュニケーション活動 金田美奈子
[アンケート結果]

●特集Ⅱ
タブレットで何ができる?
アンケート結果
どのタブレットでもできる活用とは 小梨貴弘

●まるごとWATCH!
オペラシアターこんにゃく座創立50周年記念公演 オペラ《森は生きている》

●グラビア
私が教師になった理由 26 肘井千佳
「Withコロナ」で見いだす音楽授業の本質~2020年の筑波Diary~ 9 「音階を使った旋律づくり」の創造性の源 平野次郎
名教師に学ぶ 東京都荒川区立尾久第六小学校4年1組&石井ゆきこ先生

●連載
わたしの音楽室 2 緑がよく見える開放的な音楽室 成田美雪
ミマスの歌づくりの旅 26 皆既月食 科学 芸術 ミマス
教師の悩み相談室 134 わいせつ行為で教員が逮捕 子どもの動揺にどう対応するか 諸富祥彦
みんなでつなげる歌の授業 2 「アフターコロナ」につながる歌唱 眞鍋なな子
少人数でつくる! 楽しい音楽の授業 2 子どもが「主語」になる教育のために~学年の枠を超えた合同授業~ 小町谷 聖
歌で伝える子どもたちの思い~ruriko先生の音楽室から 14 歌の力を信じる 石川るり子
富澤流楽曲解釈のヒント~編曲者の視点から~ 14 旅立ちの時~Asian Dream Song~/メロディーとハーモニー 富澤 裕
「楽しい! おもしろい! すごい!と子どもが感じる器楽指導」14 打楽器の指導法と活用法について⑦リズムパターンによる打楽器アンサンブル 初山正博
Let’s Do 音楽づくり! 14 タブレットを使った音楽づくり~ジャムボードを使ったリズム遊び~ 近藤真子
「ダウンロードして使える! 授業で使えるパワポスライド」 14 歌唱の授業でパワーポイントを使おう 毛木大介
「授業に役立つ! ねらいに直結! 学習プリント」 98 言葉でリズムアンサンブルをつくろう 成田美雪
特別支援学校・学級 指導事例 2 手話で歌う奥深さ~情景を感じ取る手掛かりとして~ 柳澤幹人

●学年別●私の教材料理法
第1学年●歌唱教材『ひらいた ひらいた』わらべうた 小宮輝子
第2学年●歌唱・器楽教材『はしの上で』久野静夫日本語詞|フランス民謡 納見 梢
第3学年●歌唱教材『茶つみ』文部省唱歌 細谷 晋
第4学年●歌唱教材『さくら さくら』日本古謡 西澤美香
第5学年●歌唱教材『こいのぼり』文部省唱歌 松長 誠
第6学年●鑑賞教材 交響曲第5番『運命』第1楽章 ベートーベン作曲 脇田秀男

●教音ジャーナル
ネットワーク/おすすめの一冊 村山和幸/新刊案内/著者に聞く 矢野龍彦/全日音研ニュース/音楽・子ども・生き生き!マイ・スクール[鳥取県]/バックナンバーのお知らせ

●別冊付録●楽譜資料
演奏会&コンクールで歌おう!
たましいのスケジュール(二部合唱)覚 和歌子詩|横山潤子作曲
わたし(三部合唱)工藤直子詩|土田豊貴作曲

山ちゃんの楽しいリズムスクール パート9 鑑賞曲 de ボディパーカッション
《ホルベアの時代》より『プレリュード』(ボディパーカッション)グリーグ作曲|山田俊之編曲

●とじこみ付録●CD『カラピアノ付き合唱パート練習CD みんなで歌おう!』
【収録曲】
はじまりの予感(二部合唱)栗原 寛作詞|大藤 史 作曲|田中達也編曲
郷愁歌(二部合唱)田附 奏作詞・作曲
指導のために

……ほか

小学校音楽教師のための音楽教育・指導情報誌

  • 2021/03/18
    発売号

  • 2021/02/18
    発売号

  • 2021/01/18
    発売号

  • 2020/12/18
    発売号

  • 2020/11/18
    発売号

  • 2020/10/17
    発売号

送料
無料

TVnavi (テレビナビ) 首都圏版

2021年03月24日発売

目次: 表紙/横山裕&丸山隆平
横山裕&丸山隆平
「コタローは1人暮らし」&「着飾る恋には理由があって」

春ドラマ相関図&新番組・スペシャル番組
超ボリューム特大号!!!!

★グラビア&インタビュー

【特集】
赤楚衛二&町田啓太
「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」
対談&制作裏側interview

Snow Man
ライジングスター集団参上★

劇場版『名探偵コナン 緋色の弾丸』
池田秀一 interview

【ドラマ】
竹野内豊 :「イチケイのカラス」
中村倫也 :「珈琲いかがでしょう」
松坂桃李&井浦新&麻生久美子 :「あのときキスしておけば」
川口春奈&横浜流星 :「着飾る恋には理由があって」
菅田将暉&有村架純&仲野太賀&古川琴音&神木隆之介 :「コントが始まる」
広瀬すず&櫻井翔 :「ネメシス」
坂口健太郎 :「シグナル 長期未解決事件捜査班」SP&映画
なにわ男子
Aぇ! group
Lilかんさい
「ジモトに帰れないワケあり男子の14の事情」

【バラエティー・情報番組】
相葉雅紀&小峠英二&澤部佑 :「相葉マナブ」
中丸雄一 :「家事ヤロウ!!!」
Hey! Say! JUMP
中島裕翔&知念侑李
「いただきハイジャンプ」連載
濱家隆一&Snow Man :「ガンバラナー」
谷原章介 :「めざまし8」
松下洸平 :「ぐるぐるナインティナイン」

【舞台・音楽】
加藤シゲアキ :「モダンボーイズ」
中島健人 :「LET’S MUSIC」
Sexy Zone 10th Anniversaryインタビュー
藤井流星&小瀧望 :『rainboW』
川﨑皇輝&織山尚大(少年忍者) :“春のティーンズサミット”

★好評連載
橋本愛「青天を衝け」
明日海りお「おちょやん」
田中奏生&歌広場 淳「イケメンがなきゃ生きていけない!」
ミラクルボイス
宮本侑芽&石毛翔弥 :「ゴジラS.P<シンギュラポイント>」


地上波+BS+NHK BS4K・8K 35日間番組表 3/27→4/30

美しいグラビア&読み物充実の月刊TV情報誌

  • 2021/02/24
    発売号

  • 2021/01/22
    発売号

  • 2020/12/16
    発売号

  • 2020/11/24
    発売号

  • 2020/10/24
    発売号

  • 2020/09/24
    発売号

PIPERS(パイパーズ)の所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌