PIPERS(パイパーズ) 発売日・バックナンバー

全153件中 91 〜 105 件を表示
922円
● 特集
○「現代のアンドレ」の期待を担うトランペット
パーチョ・フローレス
9種類の楽器を吹き分けてグラモフォンからデビュー

ラテンアメリカから初めて世界に雄飛しただけでなく、今最も注目を集めるトランペットの若手ソロイストがこの人。そのデビューアルバムではストンビ特製の9種類もの楽器を吹き分けてみせた。(Photo : Juan Martinez)
------------------------------------------------------------------------

○ザルツブルク音楽祭で現地インタビュー
アンサンブル・ウィーン=ベルリン
結成30周年・細川俊夫の委嘱曲を世界初演

結成30周年を迎えたアンサンブル・ウィーン=ベルリンがザルツブルク音楽祭に7年ぶりに登場。3月に急逝したヴォルフガング・シュルツの後継者として、この7月4日から新メンバーとなったカール=ハインツ・シュッツを迎えての新体制でのEWBとなる。(Photo : Silvia Lelli)
-------------------------------------------------------------------------

○集中連載:血統をかけた仁義なき戦い
サクソフォン興亡史
第2回:二つに分かれたアドルフ・サックスの血脈

サクソフォンは誕生以来さまざまな火種を抱えつつ、また頑なにオリジンを守ろうとしながら波乱に満ちた歴史を辿る。今回は時間を巻き戻し、サクソフォンが誕生してから、どのように仁義なきメーカーどうしの戦いに発展していったのかに焦点を当ててご紹介。
------------------------------------------------------------------------

○コンパクトな音のコアと豊かな響きのフレアを求めて
ヴィンテージ派の僕がヤマハ82Zを吹く理由
サクソフォン三木俊雄

発売10年を経て、先月8月に大幅にフルモデルチェンジを遂げたヤマハ・カスタムサクソフォン82Z。アルトだけでなく今回はテナーにも要注目! 日本を代表するテナー奏者で、これまでヴィンテージしか吹かなかった三木俊雄さんがもうバリバリに使い出している。
------------------------------------------------------------------------

○バーゼルと日本を拠点に活躍
クラリネット:田中香織
「見せる音楽」で現代作品の楽しさを伝えたい!

スイスの講習会でフランソワ・ベンダに出会い、バーゼル市立音楽院に留学。各国から集まったクラスメイトたちにも刺激を受けて、それまでの壁を打ち破ることが出来たという田中さんは、今「見せる音楽」のレパートリーに取り組んでいる。
------------------------------------------------------------------------

○マイケル・サックスのトランペットコラム
トランペットとティンパニのパートナーシップ
クリーブランド管弦楽団のインサイドから(後篇)

クリーブランド管弦楽団首席トランペットのマイケル・サックスと首席ティンパニのポール・ヤンチッチ両氏によるオーケストラ・スタディ。古典派のオーケストラ曲における両パートのアンサンブルの勘どころを解説する。
------------------------------------------------------------------------

○リポート!
国際トロンボーンフェスティバル
アルトからバストロまで名演の数々

去る6月にアメリカ・ジョージア州のコロンバス大学で行われたトロンボーンの祭典をリポート。アルトからバストロまでを駆使した名手たちの中でも、チャールズ・ヴァーノンの演奏で会場のボルテージは最高潮に!
-------------------------------------------------------------------------

○カルテット・ジェラートでも活躍!
カナダに出現した異色のオーボエ奏者
コリン・マイヤー

クラシックの室内楽からオペラアリア、タンゴなど様々なジャンルを楽器を自由に持ち替えて聞かせる「カルテット・ジェラート」のメンバーでもあり、ソロでもマルチな才能を発揮するカナダのオーボイストを国際ダブルリード協会機関誌のオーボエ部門編集者が直撃インタビュー!
------------------------------------------------------------------------

○短期集中連載⑤(最終回)
エリザ・ホールと「ラプソディ」の謎
ドビュッシー唯一のSax曲を委嘱した米国の女性サクソフォン奏者

史上初の女性サクソフォニストという以上に、ドビュッシー唯一のサクソフォン曲を委嘱した裕福な女性として知られるエリザ・ホール。彼女と《ラプソディ》をめぐる多くの謎を検証する。
------------------------------------------------------------------------

●トピックス
○「ア・ソング・フォー・ジャパン」の生みの親
スティーブン・フェルヘルスト

------------------------------------------------------------------------

● 連載・コラム・その他
中川英二郎のトロンボーンアルバム/No Name Horsesの東北キャラバンツアー 
DAIROの「白バリ」道中記/ヤマハ音楽教室
平野公崇の多事奏音/審査員①
吉井瑞穂のヨーロッパ通信/ワールドツアー後半の部 
ナイディック&大島クラリネット講座/2本のクラリネットのための「比翼」
ロジャー・ボボの考えるTuba/ホルン・レッスン①
スクランブル/フルート・アンサンブル・トリプティーク 
僕のマイスター武者修行/ネット取引にはご用心
ハーバート・クラークの鑞管を手に入れた
フルート工藤重典のニューアルバム「シャコンヌ」  
-----------------------------------------------------------------------

● PRODUCTS
シルキー・トランペットHCシリーズ
ヤマハ・ゼノ・アーティストモデル
------------------------------------------------------------------------

● CD評
木幡一誠の今月のCD
------------------------------------------------------------------------

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室
922円
● 特集
○師から楽器を受け継いだアリマニー氏を迎えて
師ランパルのヘインズを語る
対談:クラウディ・アリマニー×工藤重典

ジャン=ピエール・ランパルは生涯ヘインズを愛用した。その楽器を師から受け継いだのが先ごろ来日したスペインのフルート奏者クラウディ・アリマニー氏。ランパルが生涯愛し「黄金のサウンド」を生み続けたその楽器とはどんな楽器なのか? ランパルに愛されたお二人に語っていただいた。
------------------------------------------------------------------------

○遊んでいるわけではない……では何が足りないのか?
トロンボーン山本浩一郎
「学生気分」で学生はつとまらない

若くして管打楽器コンクールに優勝し、将来を嘱望された山本さんでも「本当に目覚めたのは25才になってから」だという。日本とヨーロッパ、さらに米国で学び、現在は各国で指導にも当たる立場から日本の学生たちにおくるアドバイス。
-------------------------------------------------------------------------

○集中連載:血統をかけた仁義なき戦い
サクソフォン興亡史
第1回:花開くアメリカンサックスと欧州からの脅威

サクソフォンほど社会や音楽の変化に敏感に即応し、今でも変化を続けている楽器は他にない。サクソフォンという楽器には熾烈な生存競争と、その結果といえる進化の歴史が刻まれている。サクソフォンの黄金時代といわれた三つの時代に焦点を当て、その進化の歴史を3回にわたってご紹介する。
------------------------------------------------------------------------

○大阪フィルハーモニー交響楽団オーボエ奏者
大島弥州夫
生き方の強烈な二人の師に学んだ「オーボエを吹く以前の問題」

昨年大阪フィルに入団し、この1月に東京オペラシティのリサイタルシリーズ「B→C」に出演するなどオーケストラやソロで活躍する大島さんが、フリーランス時代の長い下積み経験をもとに若い人たちに伝えたいこと。
------------------------------------------------------------------------

○マイケル・サックスのトランペットコラム
トランペットとティンパニのパートナーシップ
クリーブランド管弦楽団のインサイドから(中編)

クリーブランド管弦楽団首席トランペットのマイケル・サックスと首席ティンパニのポール・ヤンチッチ両氏によるオーケストラ・スタディ。古典派のオーケストラ曲における両パートのアンサンブルの勘どころを解説する。
------------------------------------------------------------------------

○すべては数学!?
インテリジェントなホルン製作とは?
エンゲルベルト・シュミットのノウハウ

ベルリンフィルからホルン製作者の道に進んだ現代の名工は「数学的な考え方と自分自身の演奏経験との融合を目指した」と語る。
------------------------------------------------------------------------

○カルテット・ジェラートでも活躍!
カナダに出現した異色のオーボエ奏者
コリン・マイヤー

クラシックの室内楽からオペラアリア、タンゴなど様々なジャンルを楽器を自由に持ち替えて聞かせる「カルテット・ジェラート」のメンバーでもあり、ソロでもマルチな才能を発揮するカナダのオーボイストを国際ダブルリード協会機関誌のオーボエ部門編集者が直撃インタビュー!
------------------------------------------------------------------------

○短期集中連載④
エリザ・ホールと「ラプソディ」の謎
ドビュッシー唯一のSax曲を委嘱した米国の女性サクソフォン奏者 by佐藤淳一

史上初の女性サクソフォニストという以上に、ドビュッシー唯一のサクソフォン曲を委嘱した裕福な女性として知られるエリザ・ホール。彼女と《ラプソディ》をめぐる多くの謎を検証する。
------------------------------------------------------------------------

○日本の叙情歌から世界初演曲まで多彩なプログラム
ホルン福川伸陽のデュオリサイタル

4月に2枚目のソロアルバムをリリースしたN響ホルンの福川伸陽さんが、CDでも共演したピアノの三浦友理枝さんとヤマハホールで行ったデュオリサイタルをリポート。
-------------------------------------------------------------------------

●トピックス
○全国11都市で日本との「絆」を深めた
インターナショナル・トロンボーンアンサンブル

------------------------------------------------------------------------

● 連載・コラム・その他
中川英二郎のトロンボーンアルバム/日本のライブハウス「寄席」でジャズを演奏 
DAIROの「白バリ」道中記/出た!ヤマハサクソフォンNEW82Z
平野公崇の多事奏音/青 春②
吉井瑞穂のヨーロッパ通信/3週間にわたるワールドツアー 
ナイディック&大島クラリネット講座/メトリック・モジュレーション
スクランブル/SAX四重奏「クワチュール・ベー」
僕のマイスター武者修行/時間と利益の変換率 
-----------------------------------------------------------------------

● PRODUCTS
レジェール・バスーン用リード
P.ハンミッヒ・ピッコロ「Limited」
------------------------------------------------------------------------

● CD評
木幡一誠の今月のCD
------------------------------------------------------------------------

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室
922円
● 特集
○「聞こえてからではもう遅い」
宮本文昭
オーケストラで合奏能力を高めるには?

2007年3月にオーボエ奏者としての40年の演奏活動にピリオドを打ったあと指揮活動に専念。昨年4月から東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団の初代音楽監督に就任した宮本さんに、改めて指揮台から見たオーケストラの「風景」を語っていただいた。
------------------------------------------------------------------------

○今最も旬なトロンボーン・マウスピース
甲府の町工場から起こしたMpsルネッサンス
willie’s Custom Brassを訪ねた

甲府市郊外ののどかな畑の中。一見して町工場と分かるその建物こそ、いま話題のマウスピースの発信基地だった。レーシングマシン用ブレーキパーツなども手がけたという精密旋盤の仕事からマウスピース作りへと転身した中込昌仁さんの「プロジェクトX」!
-------------------------------------------------------------------------

○関西トランペット協会レポート
アンソニー・プログのマスタークラス
世界的トランペット奏者にして作曲家が与えた自作曲へのアドバイス

4月23日、関西トランペット協会(KTPA)主催のアンソニー・プログ金管マスタークラスが、大阪市北区のドルチェ楽器アーティスト・サロン大阪で行われた。ソロ一人、金管クインテット2組が受講してきわめて中身の濃いマスタークラスとなった。
------------------------------------------------------------------------

○米国のテューバ・ユーフォニアム・カンファレンス
SWRTECをロジャー・ボボがリポート
この時代の利点を生かし、発展の先を見据えよう!

毎春、アメリカの五つの地域に分かれて開催されるテューバ・ユーフォニアムのカンファレンスの一つSWRTEC(南西地区カンファレンス)に、テューバのロジャー・ボボ氏とユーフォニアムの赤星美沙さんが参加。ボボ氏自らそのリポートを勝って出てくれた。
------------------------------------------------------------------------

○マイケル・サックスのトランペットコラム
トランペットとティンパニのパートナーシップ
クリーブランド管弦楽団のインサイドから(前編)

クリーブランド管弦楽団首席トランペットのマイケル・サックスと首席ティンパニのポール・ヤンチッチ両氏によるオーケストラ・スタディ。古典派のオーケストラ曲における両パートのアンサンブルの勘どころを解説する。
------------------------------------------------------------------------

○「音程、発音、響きをどこよりも究める!」
モースマン・ファゴットから見る良い楽器の条件
対談:ベルント・モースマン×岡崎耕治

台頭著しい新世代のファゴットの中で着実に世界に販路を広げているモースマンの生みの親ベルント・モースマン氏が、モースマンの選定にもかかわっている岡崎耕治さんを迎えて語り合う。
------------------------------------------------------------------------

○何がベストのコンディションなのか?
ISHIMORIがタンポを自作する理由
本当のパッド合わせには膨大なサイズが必要

単なる修理にとどまらず楽器やマウスピース、リガチャー、リードの開発まで手がける石森管楽器は、クラリネットなどのタンポを自社で製作している。その工程をご紹介するとともにタンポを自作する理由を聞く。
------------------------------------------------------------------------

○短期集中連載㈫
エリザ・ホールと「ラプソディ」の謎
ドビュッシー唯一のSax曲を委嘱した米国の女性サクソフォン奏者 by佐藤淳一

史上初の女性サクソフォニストという以上に、ドビュッシー唯一のサクソフォン曲を委嘱した裕福な女性として知られるエリザ・ホール。彼女と《ラプソディ》をめぐる多くの謎を検証する。
------------------------------------------------------------------------

○新連載:竹内明彦の楽器学ノート
楽器学のすすめ
第6回:管楽器の発音③

「物理は苦手」という人も、管楽器奏者であればこれだけは知っておきたい……。長年管楽器の設計に携わった著者が、演奏者や修理技術者たちの素朴な疑問をもとに「生きた楽器学」を提供するシリーズ。
-------------------------------------------------------------------------

○「土田作品を後世に残したいとの思いから…」
三界秀実さんのファーストソロアルバム

オーケストラにソロに室内楽にと活躍する三界さんだが、何とこれが初のソロアルバム。10年越しにプログラムを練り続けて「自分なりに発信したいと思うものがようやくCD1枚分になった」という。
-------------------------------------------------------------------------

●トピックス
○4年ぶりに来日し全国で6公演
ブライアン・ボーマン日本ツアー

------------------------------------------------------------------------

● 連載・コラム・その他
桜材のベルで歌う日本の叙情歌/福川伸陽さんのセカンドアルバム
中川英二郎のトロンボーンアルバム/金管プレイヤーに歯は命
DAIROの「白バリ」道中記/楽屋の練習
平野公崇の多事奏音/青 春①
吉井瑞穂のヨーロッパ通信/ベートーヴェン・ジャーニー
ナイディック&大島クラリネット講座/《GRA》フレーズの動きを強弱で示す
スクランブル/オイロス・アンサンブル・クインテット
僕のマイスター武者修行/手ぶらで演奏旅行が出来る夢のような話
-----------------------------------------------------------------------

● PRODUCTS
ヤマハ・コルネットNeoシリーズ
ヤマハ・サクソフォン62シリーズ
------------------------------------------------------------------------

● CD評
木幡一誠の今月のCD
------------------------------------------------------------------------

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室
922円
● 特集
○元シカゴ交響楽団名誉首席トランペット
追悼アドルフ・ハーセス
シンフォニートランペットの最も偉大な巨匠を偲ぶ

シカゴ交響楽団で18年間ハーセスの横で演奏したティモシー・ケントと、ハーセスと最も密接な交流を保った日本人トランペット奏者・戸部豊氏が氏との日々を追想する。あわせてシカゴにあるハーセスの自宅スタジオの写真等も公開。
------------------------------------------------------------------------

○シカゴ交響楽団首席フルート
マチュー・デュフォー
ホールを満たす響きへの挑戦

「ニコレの一言が無かったら、シカゴ響で順応できていたかどうか分からない」……まだ20代の若さでパリ・オペラ座からシカゴ響に招かれ、文化や環境の異なる中で自らのフルートをさらに磨き上げていったデュフォー氏の「心技体」に迫る。
-------------------------------------------------------------------------

○アメリカから初来日した新世代ユーフォニアムの名手
デモンドレ・サーマン
ユーフォニアムのスタンダードなレパートリーとは? 

現代アメリカを代表するユーフォニアム奏者の一人でミラフォン・アーティスト。日本では内外のコンクールに優勝して注目を集める安東京平氏の先生として知られる。北海道ユーフォニアム・テューバ協会主催のキャンプに講師として招かれ、これが初来日。
------------------------------------------------------------------------

○女性だけのサクソフォン・カルテット
「アテナ」成熟のデビュー!
選曲から音楽作りまで一つの作品に時間をかけるのが私たちらしい部分

昨年のデビューリサイタルから1年、初のCDがリリースされ彼女らの熟成したアンサンブルが誰でも聴けるようになった。今最も注目される女性カルテットのデビューまでの足取りを聞く。
------------------------------------------------------------------------

○東京交響楽団クラリネット奏者(研修生)
吉野亜希菜
パリ音楽院でのM.アリニョンとの日々

高校卒業と同時にフランスに渡り、パリ音楽院でミシェル・アリニョンの薫陶を受ける。同院のクラリネット科で松本健司氏(N響首席)以来じつに10数年ぶりの日本人卒業生となった吉野さんに、パリ音楽院での研鑽の日々を聞く。
------------------------------------------------------------------------

○マイケル・サックスのトランペットコラム
オーケストラ曲でTrpを使い分ける
クリーブランド管弦楽団で私はどう楽器を使い分けているか?(後編)

米国オーケストラ・トランペット界の第一人者が、オーケストラ曲で各種トランペットを使い分ける実践例を公開。
------------------------------------------------------------------------

○短期集中連載②
エリザ・ホールと「ラプソディ」の謎
ドビュッシー唯一のSax曲を委嘱した米国の女性サクソフォン奏者

史上初の女性サクソフォニストという以上に、ドビュッシー唯一のサクソフォン曲を委嘱した裕福な女性として知られるエリザ・ホール。彼女と《ラプソディ》をめぐる多くの謎を検証する。
------------------------------------------------------------------------

○新連載:竹内明彦の楽器学ノート
楽器学のすすめ
第5回:管楽器の発音②

「物理は苦手」という人も、管楽器奏者であればこれだけは知っておきたい……。長年管楽器の設計に携わった著者が、演奏者や修理技術者たちの素朴な疑問をもとに「生きた楽器学」を提供するシリーズ。
------------------------------------------------------------------------

○注目の2モデルを一気に新発売
BACHアルティザン・トロンボーン発表会

トロンボーンにも待望のアルティザン・モデルが登場! バック製作責任者のテッド・ワゴナー氏と都響首席の小田桐寛之氏を迎えて行われた製品発表会をリポート。
-------------------------------------------------------------------------

●トピックス
○日本のトランペット奏者たちが演奏と献花
アドルフ・ハーセス追悼式

------------------------------------------------------------------------

● 連載・コラム・その他
オレゴンでマルチな音楽生活を楽しむ(Part2)/飯森理信
中川英二郎のトロンボーンアルバム/趣味の最上位は「食」
DAIROの「白バリ」道中記/ALSと闘ったT氏を見送る 
平野公崇の多事奏音/続・ケニー・ギャレットをレッスンした話 
吉井瑞穂のヨーロッパ通信/アバド&アルゲリッチとの共演ツアー
ナイディック&大島クラリネット講座/《GRA》異なるテンポの示し方
ロジャー・ボボの考えるテューバ/イントネーション 
フルート加藤元章:趣味と本業がコラボ
僕のマイスター武者修行/あなたの楽器は宇宙から生まれている
-----------------------------------------------------------------------

● PRODUCTS
ビュッフェ・クランポンE12シリーズ 
フォサッティ製バスオーボエ
------------------------------------------------------------------------

● CD評
木幡一誠の今月のCD
------------------------------------------------------------------------

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室
922円
● 特集
○古典派時代、トランペットは高音域を極めていた!
トランペットの「暗黒時代」と超高音域
インタビュー:島田俊雄

ハイドンやモーツァルトが限定的なトランペットの使い方をしていた時代、一部の作曲家たちはナチュラルトランペットの超高音域を駆使した曲を書いていた。日本ではあまり演奏されないそうした作品でリサイタルを行った島田俊雄さんに聞く。
------------------------------------------------------------------------

○リポート
第8回神戸国際フルートコンクール
ジャコーとカルデリーニが共に1位を分け合う 
by吉岡美恵子

3月28日~4月6日に神戸文化ホールで行われた第8回神戸国際フルートコンクールをリポート。日本人二人を含む6名が臨んだ本選では、木管と14Kを1次から吹き分けたジャコーと美しい音色を聞かせたカルデリーニがともに1位を分けた。
-------------------------------------------------------------------------

○YouTubeで世界が驚愕!
ジークフリート「ホルンコール」の妖精
アナミア・ラーソンAnnamia Larsson 

異星から降り立ったような小柄な女性が、いきなりジークフリートのホルンコールの圧巻の演奏を披露!YouTubeのビデオクリップで一躍シンデレラガールになった話題の女性を、ピアノで共演した金丸智子さんがアメリカでインタビュー。
------------------------------------------------------------------------

○アジアで育った中低音金管楽器の国際フェスティバル
テューバマニアの熱気を体験した
ユーフォニアム奏者:赤星美沙

世界のテューバ・ユーフォニアム界屈指のイベントとして定着したテューバマニアに、ユーフォニアムの赤星さんが初参加。その熱気をリポートしてくれた。ロジャー・ボボとスティーブン・ミードも迎えて過去最大級のイベントに。
------------------------------------------------------------------------

○マイケル・サックスのトランペットコラム
オーケストラ曲でTrpを使い分ける
クリーブランド管弦楽団で私はどう楽器を使い分けているか?(前編)

米国オーケストラ・トランペット界の第一人者が、オーケストラ曲で各種トランペットを使い分ける実践例を公開。
------------------------------------------------------------------------

○短期集中連載①
エリザ・ホールと「ラプソディ」の謎
ドビュッシー唯一のSax曲を委嘱した米国の女性サクソフォン奏者

史上初の女性サクソフォニストという以上に、ドビュッシー唯一のサクソフォン曲を委嘱した裕福な女性として知られるエリザ・ホール。彼女と《ラプソディ》をめぐる多くの謎を検証する。
------------------------------------------------------------------------

○新連載:竹内明彦の楽器学ノート
楽器学のすすめ
第4回:管楽器の発音㈰

「物理は苦手」という人も、管楽器奏者であればこれだけは知っておきたい……。長年管楽器の設計に携わった著者が、演奏者や修理技術者たちの素朴な疑問をもとに「生きた楽器学」を提供するシリーズ。
------------------------------------------------------------------------

○ヨーロッパ最大のトロンボーンの祭典
スライドファクトリー2013

世界から数多くのゲストを迎え、オランダのロッテルダムで開催された欧州最大のトロンボーンの祭典を詳細リポート。参加者の声も聞いてみた。
-------------------------------------------------------------------------

●トピックス
○ベルギーからユーフォニアムのスター誕生
グレン・ヴォンローイ


------------------------------------------------------------------------

● 連載・コラム・その他
オレゴンでマルチな音楽生活を楽しむ(Part1)/飯森理信
講座リポート/ジストニアからの帰還
寄稿/プシェミスル・ヴォイタの初CD録音記
中川英二郎のトロンボーンアルバム/練習嫌いは筋金入り
DAIROの「白バリ」道中記/白バリ吹きの裏芸
平野公崇の多事奏音/ケニー・ギャレットをレッスンした話 
吉井瑞穂のヨーロッパ通信/バーレーン王国でガラコンサート
ナイディック&大島クラリネット講座/《GRA》冒頭から最初の「終止」まで 
ロジャー・ボボの考えるテューバ/94人は一体どうなる? 
名フィル首席Trb田中宏史さんのリサイタル 
僕のマイスター武者修行/エッセンフィルの中西氏を中心に同窓会
プロとフルートDUOを楽しむ集い
-----------------------------------------------------------------------

● PRODUCTS
クラリネットZoomバレル 
ヤマハ・オーボエH-Limited 
------------------------------------------------------------------------

● CD評
木幡一誠の今月のCD
------------------------------------------------------------------------

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室
922円
● 特集
○雅楽、ひいては宮中祭祀での奏楽も滅びの道へ?
篳篥の音が消えてしまう?
鵜殿のヨシ原(大阪府高槻市)を高速道路建設から守れ

篳篥のリードの材料となるヨシ(葦)材の日本唯一・最高の生育・採取地として名高い「鵜殿のヨシ原」で、新名神高速道路の建設が近く始まる。着工されれば、篳篥用ヨシの生育と質に深刻な問題が生じ、雅楽滅亡の危機、さらには宮中祭祀での奏楽にまで影響を与えるのではないかと懸念されている。
------------------------------------------------------------------------

○主要メーカー22社を一挙紹介(後編)
市販トランペット・マウスピース・ガイド
最新トレンドから定番まで…

前号の13社につづき、残り9社をご紹介。本誌「金管ヴィンテージの知恵袋」を連載した吉野さんが、各メーカーの由来と代表的なモデルの特徴を解説する。
-------------------------------------------------------------------------

○クラリネットとサックスの柔軟なアンブシュアのバロメーター
マウスピースだけで音を変えられますか?
対談:山中良之(Sax)×谷尻詩宜(Cla)

マウスピースだけの練習はサクソフォンでは比較的有名だが、なぜかクラリネットではほとんど知られていない。倍音の練習と合わせてその意味を考える……。
------------------------------------------------------------------------

○「二人になるとすぐに足し算モードになる」
フルート・デュオ「櫻舞」
白石法久&山内豊瑞

2005年(デュオ部門)と2011年(アンサンブル部門)の日本フルート・コンヴェンション・コンクールで1位、第10回びわ湖国際フルート・コンクール(アンサンブル部門)で最高位とコンクール3連覇し、「合いすぎるほど合う」と評された話題の二人に迫った。
------------------------------------------------------------------------

○デュトワが絶賛したマリンバの新星
マリンバ塚越慎子
大学3年まではキャリアウーマンに憧れ……

第2回パリ国際マリンバコンクール1位はじめ内外の多くのコンクールに入賞し、打楽器で初の出光音楽賞を受賞するなどソロイストとして急速に注目を集めるマリンバ界の新星。
------------------------------------------------------------------------

○レ・ミュジシャン・デュ・ルーヴル=グルノーブル首席トロンボーン
イヴリズ・ジラール
四つの扉を開いたフランス初の女性トロンボーン奏者(後編)

フランスの管楽器界では意外にも女性の進出は遅れており、国立パリ高等音楽院を卒業した初の女性トロンボーン奏者はこの人をもって嚆矢とする。女性に対する偏見渦巻くなかで、さまざまな困難に遭いながらも確実に道を開いてきたジラール氏の半生を、前号につづき紹介。
------------------------------------------------------------------------

○新連載:竹内明彦の楽器学ノート
楽器学のすすめ
第3回:定在波と管楽器の振動

「物理は苦手」という人も、管楽器奏者であればこれだけは知っておきたい……。長年管楽器の設計に携わった著者が、演奏者や修理技術者たちの素朴な疑問をもとに「生きた楽器学」を提供する新シリーズ。
------------------------------------------------------------------------

○集中連載⑦最終回
サクソフォンのヴィブラート
イベールでヴィブラートを実践する

クラシカル・サクソフォンのヴィブラートの誕生と発展を跡づけ、イベールを始めとするさまざまな曲での演奏例とヴィブラートの訓練法を詳しく分析。今回が最終回。
-------------------------------------------------------------------------

○スペインから初来日
ホルンのパコ・ロドリゲス

この3月にフジコ・ヘミングと日本ツアーを行ったカメラータ21オーケストラで初来日。スペインを代表するホルン奏者の一人である氏は、カタルーニャ・ホルン協会会長を務めるなど同国のホルンの啓蒙と指導に力を入れている。
-------------------------------------------------------------------------

●トピックス
○ホルン・ガールズたちのシンボルとなるか?
ホルンアンサンブル「ヴィーナス」


------------------------------------------------------------------------

● 連載・コラム・その他
今月の表紙の楽器「キード・トラペット」製作ノート/島田俊雄
中川英二郎のトロンボーンアルバム/NHKスクールライブショーの1年間
DAIROの「白バリ」道中記/甲子園で吹きまくれ!
平野公崇の多事奏音/即興18
吉井瑞穂のヨーロッパ通信/内田光子さんとスペインツアー
ナイディック&大島クラリネット講座/《GRA》の音組織「All Triad Hexachord」
ロジャー・ボボの考えるテューバ/オンラインレッスン 
トロンボーンカルテット・ティンツ 
僕のマイスター武者修行/メッセで楽器製作のデモ?
-----------------------------------------------------------------------

● PRODUCTS
Cla&Sax用消音補助器具
バックTrp野中アニバーサリーモデル
------------------------------------------------------------------------

● CD評
木幡一誠の今月のCD
------------------------------------------------------------------------

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室
------------------------------------------------------------------------
922円
● 特集
○レ・ミュジシャン・デュ・ルーヴル=グルノーブル首席トロンボーン
イヴリズ・ジラール
四つの扉を開いたフランス初の女性トロンボーン奏者

フランスの管楽器界では意外にも女性の進出は遅れており、国立パリ高等音楽院を卒業した初の女性トロンボーン奏者はこの人をもって嚆矢とする。女性に対する偏見渦巻くなかで、さまざまな困難に遭いながらも確実に道を開いてきたジラール氏の半生を、次号との2回にわたってご紹介する。
------------------------------------------------------------------------

○主要メーカー22社を一挙紹介(前編)
市販トランペット・マウスピース・ガイド
最新トレンドから定番まで…

前号のトロンボーンにつづき、今号と次号でトランペット・マウスピース22社をご紹介する。本誌「金管ヴィンテージの知恵袋」を連載した吉野和孝氏が各メーカーの由来と代表的なモデルの特徴を解説。
-------------------------------------------------------------------------

○金管五重奏団
Buzz Five
不動のメンバーで16年

東京藝大の室内楽の授業で立ち上げたアンサンブルが、顔ぶれも変わらずに16年間も活動を続け、日本を代表するブラスクインテットの一つに成長した軌跡を追う。
------------------------------------------------------------------------

○バイキングの国のビッグなテュービスト!
エリック・ジェルデビック
音域も音量も歌も、すべてがビッグ!

「世の中にはまだまだこんな傑物がいる!」と誰もが驚いたのではないだろうか? 2月14日の「ザ・テューバ・バンド」第10回記念演奏会にゲスト出演した氏は、これが初来日。テューバの限界を一回り大きくしたテクニックに支えられて朗々たる歌を聞かせ、聴衆を魅了した。
------------------------------------------------------------------------

○誰にでも出来る良いリードの見分け方
良いリード、悪いリード
リードの内部構造を観察する

箱から出して試し吹きする前に、ほんのわずかの手間でリードの「素性」を判断できる方法を発見! 国際クラリネット協会機関誌に掲載された興味深い記事をご紹介する。
------------------------------------------------------------------------

○札幌交響楽団首席オーボエ
金子亜未
国際オーボエコンクール・軽井沢を振り返る

第1回コンクールの辻功さん以来の快挙を成し遂げた金子さんは、昨年7月、札幌交響楽団で首席としてオーケストラ生活をスタートさせたばかり。充分な準備も出来ないまま、オーケストラの仕事の重圧を抱えながらコンクールに臨んだという。
------------------------------------------------------------------------

○新連載:竹内明彦の楽器学ノート
楽器学のすすめ
第2回:波の正体

「物理は苦手」という人も、管楽器奏者であればこれだけは知っておきたい……。長年管楽器の設計に携わった著者が、演奏者や修理技術者たちの素朴な疑問をもとに「生きた楽器学」を提供する新シリーズ。
------------------------------------------------------------------------

●写真はなしでお願いします
○集中連載⑥
サクソフォンのヴィブラート
サクソフォン奏者のヴィブラート比較

クラシカル・サクソフォンのヴィブラートの誕生と発展を跡づけ、イベールを始めとするさまざまな曲での演奏例とヴィブラートの訓練法を詳しく分析する。
-------------------------------------------------------------------------

○Weissさん、加瀬さんの記事を読んで…
オレゴンから日本の皆さんへ
飯森理信

米国オレゴン州のポートランドで教鞭をとるかたわら、さまざまな楽器で演奏活動を行っている飯森さんから本誌の記事について投稿を頂いた。
-------------------------------------------------------------------------

●トピックス
○金管版「全国上手い者市」
ジャパン・シンフォニー・ブラス・リング


------------------------------------------------------------------------

● 連載・コラム・その他
中川英二郎のトロンボーンアルバム/ジャズのルーツは私の原点
DAIROの「白バリ」道中記/旅立ちのとき
平野公崇の多事奏音/即興17
吉井瑞穂のヨーロッパ通信/2月にあった三つのイベント
ナイディック&大島クラリネット講座/《GRA》二つの異なるキャラクターと「3」
ロジャー・ボボの考えるテューバ/マグダレーナ(続)
クラリネット橋本杏奈
僕のマイスター武者修行/またしても恐怖のTV取材
-----------------------------------------------------------------------

● PRODUCTS
フルート頭部管「Song」
B&Sテューバ「ペラントーニ・モデル」
AZUMI Flute byアルタス
------------------------------------------------------------------------

● CD評
木幡一誠の今月のCD
------------------------------------------------------------------------

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室
922円
● 特集
○スペインの超新星トランペット
マヌエル・ブランコ
ミュンヘン国際コンクール史上最高得点で優勝!

アンドレ、ゲリエに次ぐ3人目の1位優勝者になっただけでなく、同コンクール60年の歴史の中での最高得点というビッグなおまけまで付けて2011年の覇者となったブランコが1月に日本デビュー。
------------------------------------------------------------------------

○「軽井沢」から世界に羽ばたいた逸材の横顔
オリヴィエ・スタンキエーヴィチ
パリ音楽院で学んだのはオーボエだけじゃない!

昨秋開かれた国際オーボエコンクール・軽井沢の覇者に、クラリネットの生島繁さんが現地インタビュー。そこから見えて来た氏の音楽的バックボーンは、フランスの音楽教育の豊かな先進性に支えられていた!
-------------------------------------------------------------------------

○主要25ブランドの特徴と売れ筋
市販トロンボーン・マウスピースガイド
最新トレンドから定番まで一挙紹介

前号「トロンボーン・マウスピースの選び方」に続き、今号では市販マウスピースの主要ブランドを一挙ご紹介! 今人気のマウスピースには、もちろんそれなりの理由がある。
------------------------------------------------------------------------

○第81回日本音楽コンクールTrp部門1位
トランペット篠崎 孝
「4年間は死ぬほど頑張ってみようと…」

ストレートで大学に入り、ストレートで大阪フィルのポジションを手にするという、誰よりも順調な道を歩んで来た篠崎さんだが、その間に経験した浮き沈みも誰よりも激しかった……
------------------------------------------------------------------------

○管打楽器コンクール史上最年少で特別大賞受賞
サクソフォン上野耕平
「一音で聴く人を圧倒したい…」

早くから須川展也氏の薫陶を受け、日本のサクソフォン界では異例のスピードで才能を開花。東京藝大に入学した年に管打楽器コンクールで1位、併せて全部門の最優秀者に贈られる特別大賞も受賞して話題を呼んだサクソフォン界のホープ。
------------------------------------------------------------------------

○話題のクラリネット新マウスピース
リコレゼルヴ・マウスピース開発者に聞く
あえてヴィンテージマウスピースと同じ方法で製作

「最高品質のマウスピースを低価格で提供する」、これが昨年12月に発売されたリコ・レゼルヴ・マウスピースのコンセプト。そのために開発陣が行った様々なチャレンジとは?
------------------------------------------------------------------------

○新連載:竹内明彦の楽器学ノート
楽器学のすすめ
第1回:開管と閉管の謎

「物理は苦手」という人も、管楽器奏者であればこれだけは知っておきたい……。長年管楽器の設計に携わった著者が、演奏者や修理技術者たちの素朴な疑問をもとに「生きた楽器学」を提供する新シリーズ。
------------------------------------------------------------------------

○集中連載⑤
サクソフォンのヴィブラート
サクソフォン奏者のヴィブラート比較

クラシカル・サクソフォンのヴィブラートの誕生と発展を跡づけ、イベールを始めとするさまざまな曲での演奏例とヴィブラートの訓練法を詳しく分析する。
-------------------------------------------------------------------------

○アジアと世界への連携へ向け
ダブルリード事務局「東奔西走」

2015年東京開催のIDRS国際ダブルリード・コンファレンスはじめ、アジア・ダブルリード協会のイベントなど、日本のオーボエ・バスーン界の国際交流はいよいよ活発になっていく……。
-------------------------------------------------------------------------

○マーク・シャルパンティエ
リード界の名匠、シュトイヤーで腕を振るう

世界的なリード会社の工場長を務めたフランスの名匠がドイツ・リードの名門シュトイヤーに移籍。満を持してベーム・クラリネット用の新リードを発表した。
-------------------------------------------------------------------------


●トピックス
○NYフィル首席ホルンとの至福に満ちた共演のひととき
フィリップ・マイヤース


------------------------------------------------------------------------

● 連載・コラム・その他
中川英二郎のトロンボーンアルバム/音楽家をとりまく最新デジタル事情 
DAIROの「白バリ」道中記/RAILWAYS 
平野公崇の多事奏音/即興15 中川くん  
吉井瑞穂のヨーロッパ通信/指揮者アンドリス・ネルソンスと初の共演  
ナイディック&大島クラリネット講座/カーター作品中のキャラクター
ロジャー・ボボの考えるテューバ/マグダレーナ 
島田俊雄トランペット・リサイタル 
僕のマイスター武者修行/「いいなぁ、楽器が作れて…」
-----------------------------------------------------------------------

● PRODUCTS
三響フルート限定モデル
シュトイヤー新フレンチカットリード
ブランネン「15/85ブローガー」フルート
------------------------------------------------------------------------

● CD評
木幡一誠の今月のCD
------------------------------------------------------------------------

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室
922円
● 特集
○バイエルン放送交響楽団首席ホルン
エリック・テルヴィリガー
アメリカからドイツへのホルン人生

アメリカからドイツに渡り、ドイツのオーケストラ界の代表的なホルニストにまで上り詰めたテルヴィリガー氏の異色のキャリアを追う。
------------------------------------------------------------------------

○楽器より大切なパートナー!
トロンボーンマウスピースの選び方
萩谷克己

「金管楽器はマウスピースが命で、楽器はその次」とまでいう萩谷さんには、これまでのトロンボーン人生の中で培ったマウスピース選びのノウハウがぎっしりと詰まっていた。
-------------------------------------------------------------------------

○東京フィル首席フルート奏者
斎藤和志の世界
「上達する、ということへの誤解」

オーケストラだけでなく、現代音楽やコンテンポラリーなポップスなどでも特殊奏法を駆使し、コントラバスフルートでも新境地を開拓する斎藤和志さんが、自身の「技術論」を開陳!
------------------------------------------------------------------------

○スイスのクラリネットの名手
フランソワ・ベンダ
楽器の改良に意欲を燃やす

ロマン派時代の楽器から多くのヒントを得てベルやバレルを開発するなど、演奏や指導で世界的に活躍するだけでなくクラリネットの開発・研究家としての顔も持つ異能の人をご紹介。
------------------------------------------------------------------------

○フィンランド放送響トランペット
「京芸」から北欧第一のオーケストラへ
櫻木厚子

スウェーデン、ドイツに学び、ついには北欧の名門オーケストラ、フィンランド放送交響楽団のオーディションを突破、名手ヨウコ・ハルヤンネが率いるトランペット・セクションの一員として迎えられた女流トランペット。
------------------------------------------------------------------------

○仙台フィル首席オーボエが語る
師・宮本文昭との日々 
西沢澄博

多くのオーケストラ奏者を生み出している東京音楽大学の宮本文昭門下で、最初にオーケストラに就職を果たしたのが仙台フィルの西沢さんだ。師の熱いレッスンぶりを振り返ってもらった。
------------------------------------------------------------------------

○リード・オプティマイザー
「ぶるぶるくん」見参!
鳴りにくいリードが鳴りやすくなる!?(後編)

リード調整の時間を劇的に縮め「音楽する時間」を増やそう。研鑽6年、「ぶるぶるくん」が完成。鳴りにくいリードが鳴りやすくなり、へたったリードも9割が蘇生する! 興味津々の発明と発見の軌跡を追う。
------------------------------------------------------------------------

●写真はなしでお願いします
○集中連載④
サクソフォンのヴィブラート
フェルリング48のエチュードを使って

クラシカル・サクソフォンのヴィブラートの誕生と発展を跡づけ、イベールを始めとするさまざまな曲での演奏例とヴィブラートの訓練法を詳しく分析する。
-------------------------------------------------------------------------

○グラーツ歌劇場テューバ奏者エァリッヒ・ベンデル
師コーラーの遺産を継ぐ「オケスタ」を出版

グラーツ歌劇場テューバ奏者のエァリッヒ・ベンデルが、師のウィーンフィルでの演奏の経験を記した「手書きの教材」をもとにオーケストラ・スタディの校訂譜を出版。
-------------------------------------------------------------------------

○リポート
ウィルソン・ユーフォニアムフェスティバル

舞台所狭しと並んだユーフォニアム奏者、その数100人超! その全部がウィルソンプレイヤー! 日本を代表するユーフォニアム奏者たちの競演・熱演が繰り広げられたユーフォニアムファンにはスペシャルな一日をリポート。
-------------------------------------------------------------------------


●トピックス
○サンフランシスコ交響楽団副首席ホルン
ニコラ・キャッシュ


------------------------------------------------------------------------

● 連載・コラム・その他
中川英二郎のトロンボーンアルバム/コンサートの美味しいプログラミング法 
DAIROの「白バリ」道中記/練習の愉しみ
平野公崇の多事奏音/即興 15 
吉井瑞穂のヨーロッパ通信/アンスネス、オロスコ=エストラーダとの共演 
ナイディック&大島クラリネット講座/エリオット・カーターのクラリネット作品
ロジャー・ボボの考えるテューバ/ウォーミングアップはどんな人に必要か? 
ホルン日高剛さんのソロアルバム  
僕のマイスター武者修行/楽器作りの分業化は悪いことか?
-----------------------------------------------------------------------

● PRODUCTS
パウエル・ソノーレ・ピッコロ 
シャイアーズC管Trp「ビルガーモデル」
------------------------------------------------------------------------

● CD評
木幡一誠の今月のCD
------------------------------------------------------------------------

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室
922円
● 特集
○イザベル・カンピオン氏に聞く
音楽家のための運動療法
肩の力を抜くのは禁物!

ジストニアや腱鞘炎など音楽家に多い難病の治療にあたりながら、予防の啓蒙活動も行っているフランスの運動療法士イザベル・カンピオン氏
が11月に来日した。運動療法から見た管楽器演奏のポイントについて聞く。
------------------------------------------------------------------------

○すべての管楽器に応用できる
カーマイン・カルーソー・メソド
ジョナサン・ハミル(東京交響楽団首席ホルン奏者)

6つの音を使った練習から始まるカルーソーをルール通りに正しくやっていけば、突然に音が花開くことも夢ではない。ジュリアードで4年間カルーソー・メソドを学んだハミル氏が詳しく紹介!
-------------------------------------------------------------------------

○技術者になりたいなら本気で行動を起こせ!
ドイツ人金管マイスターヤマハアトリエで奮闘中
トーマス・ルービッツ(ヤマハアトリエハンブルク)

アメリカに於けるボブ・マローンと同じく、ヨーロッパのヤマハアトリエで演奏家たちの大きな信頼を得ているのがトーマス・ルービッツ氏。ドイツの有名メーカーを経てヤマハに入社したドイツ人マイスターの「覚悟」と「姿勢」……。
------------------------------------------------------------------------

○第81回日本音楽コンクールクラリネット部門1位
川上一道
バセットクラリネットを手にしたのは沖縄県芸3年のとき…

緊張の大舞台で一人だけバセットクラリネットを手に本選に臨み、見事に1位入賞した川上さんは、オーケストラ(山形交響楽団)でも曲によってエーラー管を使い分けている。その発想の元になっているのは、あくまでも「音色」に対するこだわりだった。
------------------------------------------------------------------------

○九州交響楽団首席ファゴット奏者
山下菜美子
「忍耐強さはファゴット吹きの特徴!」

ストラヴィンスキーやマーラーをはじめとする難曲が次々と押し寄せるオーケストラの世界に飛び込んで4年目。「いつになったら余裕ができるのか、安息は訪れるのか、ベテランの方に尋ねてみたい」という山下さんは「忍耐強さはファゴット吹きの特徴」と語る。
------------------------------------------------------------------------

○リード・オプティマイザー
「ぶるぶるくん」見参!
鳴りにくいリードが鳴りやすくなる!?(中編)

リード調整の時間を劇的に縮め「音楽する時間」を増やそう。研鑽6年、「ぶるぶるくん」が完成。鳴りにくいリードが鳴りやすくなり、へたったリードも9割が蘇生する! 興味津々の発明と発見の軌跡を追う。
------------------------------------------------------------------------

○マウスピースの「ギャップ」の意味を初めて体系化
ボブ・リーブスのマウスピース哲学
81歳の情熱を支えるもの

トランペットのマウスピースで世界にその名が知られるボブ・リーブス。ハリウッドに工房を構えて以来、一貫してプレイヤーサイドに立ったマウスピース作りを行って来た御年81歳の氏に「マウスピース哲学」を聞く。
------------------------------------------------------------------------
●写真はなしでお願いします
○集中連載③
サクソフォンのヴィブラート
ヴィブラートの訓練法

クラシカル・サクソフォンのヴィブラートの誕生と発展を跡づけ、イベールを始めとするさまざまな曲での演奏例とヴィブラートの訓練法を詳しく分析する。
-------------------------------------------------------------------------

○ロシアの打楽器奏者列伝
アルナメク・ガラヤン
親子2代モスクワの名門オケでティンパニを叩く

旧モスクワフィルで活躍した父エドワルドと、旧モスクワ放送響(現チャイコフスキー記念大交響楽団)で活躍するアルナメクの2代にわたるティンパニ奏者の軌跡。
-------------------------------------------------------------------------

○リポート
第4回関西トランペット協会フェスティバル

発足4年目を迎え快進撃を続ける関西トランペット協会のフェスティバル。コンサートとピエール・デュト氏の圧巻のレッスンもリポート!
-------------------------------------------------------------------------


●トピックス
○リヨンから10人の「使者」たちが来日
トロンボーンアンサンブル・アッサイ

------------------------------------------------------------------------

● 連載・コラム・その他
中川英二郎のトロンボーンアルバム/録音現場はアナログからデジタルまで様々
DAIROの「白バリ」道中記/ピンクボンゴ・ツアー 
平野公崇の多事奏音/サンシン
吉井瑞穂のヨーロッパ通信/ミンコフスキーのペールギュント 
ナイディック&大島クラリネット講座/ソナタ第2番第3楽章コーダ
マルコ・フィオリンド国際クラリネットコンクール 
ロジャー・ボボの考えるテューバ/逃げ隠れしても問題は解決されない  
オーボエ大島弥州夫の「B→C」 
僕のマイスター武者修行/近所の教会にはポザウネンコアだらけ
-----------------------------------------------------------------------

● PRODUCTS
スピリ社製「daCarbo」トランペット  
リコ・レゼルヴ・クラリネットマウスピース  
------------------------------------------------------------------------

● CD評
木幡一誠の今月のCD
------------------------------------------------------------------------

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室
922円
● 特集
○ピッコロ/フルート奏者
ジャン=ルイ・ボーマディエ
ソロ・ピッコロのパイオニアはマルセイユ楽派

誰よりも早くピッコロ・ソロのジャンルを開拓し、現在まで多くの録音を残しつつ、さらにレパートリーの開拓を現代の作曲家たちにまで拡大しようとするパイオニア精神は今なお変わらない。
------------------------------------------------------------------------

○フランスのTpの名教師が日本の金管楽器教育へ提言
ピエール・デュト
大学レベルに達していない音大生をどう教えるか?

「トランペットの世界観だけでなく、人生までも間違いなく変える」とアンドレ・アンリ氏が断言するフランスの名教師。国からトランペット教師育成のトップに任命され、世界各国でマスタークラスを行っている氏が日本の金管楽器教育について様々なアドバイスを送る。
-------------------------------------------------------------------------

○クラリネット
ポール・メイエ
フランスの音と私の音、ディヴィンヌの音…

「音色は一つではなく、あらゆる可能性を引き出したい」……話題のディヴィンヌを手に旺盛なソロ活動をつづけ、指揮でも花を開かせつつあるクラリネット界のスターが語る「わがソノリテ」。
------------------------------------------------------------------------

○230年の歴史をもつ創業家に伝わる… 
アレキサンダー家のアルバム
名門楽器メーカーの歴史を写真と資料で辿る

創業者の家系が家族経営を貫いて来た稀有な楽器メーカー、アレキサンダー社230年の歴史を、7代目に当たる現社長フィリップ・ゲオルク・アレキサンダーの解説で振り返る。
------------------------------------------------------------------------

○知らないでは済まされない
コンセルヴァトワール式運指のすすめ
加瀬孝宏(東京フィル首席オーボエ)

現代のオーボエが開発されたと同時に編み出され、100年以上もの伝統がありながら日本ではいまだその正式な指使いが十分には浸透していないコンセルヴァトワール式の運指。東京フィル首席の加瀬さんは、「高音域を安定して演奏するには必須のもの。もっと広く認知されて欲しい」と呼びかける。
------------------------------------------------------------------------

○リード・オプティマイザー
「ぶるぶるくん」見参!
鳴りにくいリードが鳴りやすくなる!?(前編)

リード調整の時間を劇的に縮め「音楽する時間」を増やそう。研鑽6年、「ぶるぶるくん」が完成。鳴りにくいリードが鳴りやすくなり、へたったリードも9割が蘇生する! 興味津々の発明と発見の軌跡を追う。
------------------------------------------------------------------------

○国際ダブルリード協会誌特約
スタジオミュージシャンの世界
オーボエプレイヤーから見たハリウッドの掟(後編)

「たいていの人は、スタジオでの仕事はコンサート・オーケストラでの演奏とは全く違うということを知らない。そして、スタジオ・ミュージシャンの演奏レベルの高さと特殊なスキルを過小評価する人も多い……」
------------------------------------------------------------------------

○集中連載②
サクソフォンのヴィブラート
マルセル・ミュールから現代まで

クラシカル・サクソフォンのヴィブラートの誕生と発展を跡づけ、イベールを始めとするさまざまな曲での演奏例とヴィブラートの訓練法を詳しく分析する。
-------------------------------------------------------------------------

○打率8割のスラッガー!:宮崎真一(サクソフォン奏者)
NICKのマウスピースと樹脂製リード

ベルリンフィルやウィーンフィルのクラリネット・セクションが使い出したことで知られるNICKのマウスピースと樹脂製リードは、サクソフォンでも評価が高い。宮崎さんは「普通のリードがせいぜい打率3割だとしたら、Nickの組み合わせはとてつもなく高打率!」という。
-------------------------------------------------------------------------

●トピックス
○日本人二人が2位、3位に入賞!
第10回国際オーボエコンクール・軽井沢

○YouTubeが縁で隣国のトロンボーンQRに招待され
トロンボーンQRティンツの韓国公演

------------------------------------------------------------------------

● 連載・コラム・その他
中川英二郎のトロンボーンアルバム/超高速音階練習法
DAIROの「白バリ」道中記/音楽って素晴らしい! 
平野公崇の多事奏音/即興 14
吉井瑞穂のヨーロッパ通信/ルツェルン祝祭管弦楽団ツアー 
ナイディック&大島クラリネット講座/ソナタ第2番第3楽章のC♭ 
ロジャー・ボボの考えるテューバ/教え子に追い越されることは幸せだ  
オリパパの還暦コンサートとCD 
僕のマイスター武者修行/お金を払って貴重な経験を逃す?
-----------------------------------------------------------------------

● PRODUCTS
ヤマハ「スタンダード・シリーズ」 
マイネル・ウェストン2250TL 
------------------------------------------------------------------------

● CD評
木幡一誠の今月のCD
------------------------------------------------------------------------

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室
922円
● 特集
○現代トランペット界のカリスマが語る
ラインホルト・フリードリッヒ
インバル&マーラーとの出会い

「マーラーの音楽を、まるで両手の指先から脂がしたたり落ちるような解釈で演奏させる指揮者がいる。マーラーの音楽は
小さなフレーズの中に痛みがある。マーラーのこの心の痛みを見世物にしてはいけません」
------------------------------------------------------------------------

○新作初演が大きな話題を呼んで…
雲井カルテットの原点
雲井雅人:マスランカとの運命的な出会い

9月にヤマハホールでマスランカの新作初演を行い、世界への発信力を一層高めた雲井カルテットを率いつつ、自身のサクソフォン世界にますます円熟味を加える。
-------------------------------------------------------------------------

○神戸国際フルートコンクールから7年
フルート:小山裕幾 
目標はドイツのSクラスのオケに入ること

日本人で初めて神戸国際フルートコンクールに優勝し、その後は慶應義塾大学に進学。一時は演奏家と研究者の二足のわらじを履く将来を語ることもあった小山さんは、現在、スイスのバーゼル音楽院でフェリックス・レングリに学びながら充実した音楽生活を送っている。
------------------------------------------------------------------------

○伝説の名手を現代に甦らせる録音プロジェクト 
A.プライアー&J.アレッシ
時を超える共演

スーザ・バンドで活躍し「King of Trombones」ともいわれたアーサー・プライアーの作品を発掘、それをジョー・アレッシが演奏するだけでなく、プライアーとデュオで「共演」までする話題のCDの録音記。
------------------------------------------------------------------------

○原曲の本当の姿はどうだったのか?
アントン・シュタドラー、答えなさい!
モーツアルトのクラリネット協奏曲を巡る謎

不朽の名作として知られながら、自筆譜が失われてしまったために、誰もその完全な姿を知らないモーツァルトのクラリネット協奏曲。この曲とシュタドラーをめぐる関係に、いま新しい光が当てられつつある。
------------------------------------------------------------------------

○東京交響楽団クラリネット奏者
近藤千花子
英国ロイヤルアカデミーで留学生活スタート!

リサイタルのプログラミングなどに「クリエイティブであること」を目指す近藤さんは、この9月からロンドンのロイヤル・アカデミーで研鑽を積んでいる。どんな留学生活をスタートさせたのか?
------------------------------------------------------------------------

○国際ダブルリード協会誌特約
スタジオミュージシャンの世界
オーボエプレイヤーから見たハリウッドの掟(前編)

「たいていの人は、スタジオでの仕事はコンサート・オーケストラでの演奏とは全く違うということを知らない。そして、スタジオ・ミュージシャンの演奏レベルの高さと特殊なスキルを過小評価する人も多い……」
------------------------------------------------------------------------

○集中連載①
サクソフォンのヴィブラート
マルセル・ミュールから現代まで

クラシカル・サクソフォンのヴィブラートの誕生と発展を跡づけ、イベールを始めとするさまざまな曲での演奏例とヴィブラートの訓練法を詳しく分析する。
-------------------------------------------------------------------------

○トランペット・ケース拝見!
ザ・トランペット・コンサートのケーススタディ

9人のメンバーがこの日持参したラッパ、その数35本! 噂には聞いていたが、練習場に所狭しと並んだ楽器ケースを見て呆れ返ってしまった。「こりゃあ、ザ・トランペット・サーカスだ!」
-------------------------------------------------------------------------

●トピックス
○フルート、ホルン、トロンボーン、ユーフォニアムの4部門で開催
第29回日本管打楽器コンクール


------------------------------------------------------------------------

● 連載・コラム・その他
マスタークラス最前線/ミシェル・アリニョン&チャールズ・ナイディック
中川英二郎のトロンボーンアルバム/遠鳴りさせるためには 
DAIROの「白バリ」道中記/白バリ灼熱日記(続) 
平野公崇の多事奏音/即興 13 
吉井瑞穂のヨーロッパ通信/ルツェルン音楽祭  
ナイディック&大島クラリネット講座/ソナタ第2番・三つの疑問 
ロジャー・ボボの考えるテューバ/ジェイクはやはり正しかった 
エックスオー・トロンボーン八重奏団
僕のマイスター武者修行/山響・井上直樹さんが遊びに来た
-----------------------------------------------------------------------

● PRODUCTS
ブレッシング・セミハンドメイドトランペット
ウィルソン・ユーフォニアムUK
------------------------------------------------------------------------

● CD評
木幡一誠の今月のCD
------------------------------------------------------------------------

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室
922円
● 特集
○イーストマン教授のトランペット白熱教室
ジェイムス・トンプソン
『バズィング・ブック』の著者が金管吹きの脳を活性化させる

第18回浜松国際管楽器アカデミー&フェスティバルの講師として来日。『バズィング・ブック』の著者として知られる氏は、トランペットのあらゆる側面に深い見識をもち、その発言やアドバイスの一つ一つが我々の脳を活性化させてくれる。
------------------------------------------------------------------------

○ニューヨークフィル首席テューバ奏者
アラン・ベイアー
ニューヨークフィルのボトムを支える!

2004年からワーレン・デックの後を継いでウィリアム・ベル以来の伝統あるポジションを守り続ける。NYフィルの「ボトム」を支える重責を、同団ブラスクインテットで来日した氏に聞いてみた。
-------------------------------------------------------------------------

○日本語を母国語とする人のための新しいアプローチ法
古川仁美のフルート・ファウンデーション 
奏法の「土台」が日本人はこれほど違う!

「音楽も語学と同様に、自分が出せない音色・発音は聴き分けられていません」と語る古川さんは、W.ベネットのレッスンやイギリスでの演奏体験から「日本語を母国語としている人」のために新しいアプローチによるセミナーを開いている。
------------------------------------------------------------------------

○昔も論争の絶えないテーマだった… 
ヴィブラート、その解釈の歴史
ヴィブラートは時代によってどう使われて来たのか? 
by佐々田 剛

人間の感情が揺れ動いたとき、その自然な発露としてヴィブラートは生まれ、演奏表現に生かされる……とは言っても、ヴィブラートは時代や楽器によって実に様々な用い方がなされ、同時に論争の絶えないテーマともなって来た。(写真はクライスラー)
------------------------------------------------------------------------

○ケルン・ギュルツェニッヒ管弦楽団(契約団員)ホルン奏者
ドイツで六つのオーケストラを経験する
ホルン奏者:篠原 香

この9月に就いたケルンのオーケストラがドイツで六つ目のオーケストラ。そのうち四つがAクラス。「オーディションの招待状が来ると、さぁ、やってやろう!という気になります(笑)」
------------------------------------------------------------------------

○簡単な実験で検証!
管楽器の中では何が起こっているのか?
第3回:クラリネット編

どこでも手に入る機材を使って目には見えない楽器内の空気の振動を観察し、管楽器が鳴っているとき楽器の中では何が起こっているかをクラリネットを例に解説。
------------------------------------------------------------------------

○東京交響楽団首席ファゴット奏者
福士マリ子
東京オペラシティの「B→C」で初のソロ舞台

初のソロ舞台でバッハから父・福士則夫への委嘱新作までを演奏。「最初の音を聴いた瞬間に、その作品の時代や空気の匂いが伝わるような演奏を目指したい」
------------------------------------------------------------------------

○IDRS大会に12回参加
音楽で私たちは救われた
山下富美子さんのオーボエ人生

ジョン・マック・オーボエ・キャンプに18回、国際ダブルリード協会コンファレンスには12回参加。夫妻で音楽の楽しみを享受し、高次機能障害の夫を介護しながら、米国でなおアマチュアとして活動を継続する山下富美子さんのオーボエ人生。
-------------------------------------------------------------------------

○リポート
パリで開かれたトロンボーンの祭典

去る7月にフランスでは初の開催となる第41回国際トロンボーン・フェスティバルがパリで開かれた。各国のトロンボーン奏者や愛好家たちと一緒に過ごした濃密な4日間をリポート。
-------------------------------------------------------------------------

●トピックス
○女性13人のクラリネットアンサンブル
NYリコリッシュアンサンブル


------------------------------------------------------------------------

● 連載・コラム・その他
速報!2015年IDRSコンファレンスは東京で開催決定
N響団友会の30年を祝う
中川英二郎のトロンボーンアルバム/演奏会で緊張しない方法 
DAIROの「白バリ」道中記/白バリ灼熱日記  
平野公崇の多事奏音/即興 12 
吉井瑞穂のヨーロッパ通信/ルツェルン音楽祭  
ナイディック&大島クラリネット講座/ソナタ第2番・第3楽章
ロジャー・ボボの考えるテューバ/あるがままに聴く
ノー・ネーム・ホースィズ 
僕のマイスター武者修行/弟子のハネス君が職人試験に合格
-----------------------------------------------------------------------

● PRODUCTS
ダク・オリジナル ヤナギサワTRADモデル
NICK社のマウスピースとリード 
------------------------------------------------------------------------

● CD評
木幡一誠の今月のCD
------------------------------------------------------------------------

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室
922円
● 特集
○知られざるエピソードで綴る
追悼 モーリス・アンドレ
驚異の錬金術師としての偉大なカリスマ性

アンドレの華々しい経歴については既に語り尽くされている。残されているのは数限りない逸話だが、これらは時としてとても雄弁なことがある。金管専門誌「Brass Bulletin」創立者ジャン・ピエール・マテ氏が幾つかの逸話を語る。
------------------------------------------------------------------------

○世界のテューバ界Now!
次田心平のITECリポート
「本当にこれが同じ楽器?」と思うほど世界は進歩していた!

次田さんは6月にオーストリアのリンツで行われた国際テューバ・ユーフォニアムカンファレンスに参加し、ソロコンサートも行った。同時にそこで観たものは、世界の若い世代の著しい台頭ぶりだった。
-------------------------------------------------------------------------

○新しいバックの魅力に取り憑かれてしまった!
アルティザン・トランペットを語る
対談:奧山泰三×松居洋輔

「最近いろんな人から“アルティザンどう?”と電話をもらうんですよ」というのは松居さん。2010年に発売された当初は従来のバックとの違いに戸惑う人たちも見られたが、ここに来て一気に注目度が増している。そこでお二人に聞いた……アルティザンどうですか?
------------------------------------------------------------------------

○サクソフォンで日本初の博士号を取得!
Dr.サクソフォン 佐藤淳一
テーマは「ルチアーノ・ベリオ」

サクソフォンの現代作品を数多く手がけるかたわら東京藝術大学の博士課程に在籍していた佐藤淳一さんが、この春に日本では初となるサクソフォンの音楽博士号を授与された。ベリオやブーレーズの詳細な論文と日本初演を含む学位審査のリサイタルは、大きな注目を集めた。
------------------------------------------------------------------------

○日課練習に効果的なトレーニング教本の使い方
トランペットのエチュードを使いこなす!
対談:佛坂咲千生×菊本和昭(後編)

トランペットの世界では数多くのエチュードの他に、基礎的なトレーニングを積むための様々なエクササイズ本も出版されている。そうしたものをどのようにレッスンや自分の練習に取り入れたら良いだろうか?
------------------------------------------------------------------------

○簡単な実験で検証!
管楽器の中では何が起こっているのか?
第2回:フルート編(後編)

どこでも手に入る機材を使って目には見えない楽器内の空気の振動を観察し、管楽器が鳴っているとき楽器の中では何が起こっているかをフルートを例に解説。

------------------------------------------------------------------------

○リポート
国際ホルンシンポジウム
すべてがビッグなテキサスで開催

国際ホルン協会が毎年開催するホルンシンポジウムは今年44回目を数え、5月にテキサス州デントンで開かれた。長い角を持つ同地の牛「LongHorn」をシンボルにしたこの大会をリポートする。
------------------------------------------------------------------------

○連載!第27回(最終回)
ハーセス王国に棲んだ日々
シカゴ響でハーセスと演奏を共にしたT.ケントの回想録

シカゴ響金管セクションに君臨した首席トランペット、アドルフ・ハーセス。その人を師と仰ぎ、18年間演奏の苦楽を共にした高弟ティモシー・ケントが綴る回想録、いよいよ最終回!
-------------------------------------------------------------------------

● トピックス
○ミュンヘン国際コンクール・ホルン部門の覇者
チェコの新星:プジェミスル・ヴォイタ

○ジャン=ルイ・アゴベの新作クラリネット協奏曲を
西澤春代さんパリで世界初演


------------------------------------------------------------------------

● 連載・コラム・その他
中川英二郎のトロンボーンアルバム/プロのリハーサル 
DAIROの「白バリ」道中記/夏い暑ッ! 
平野公崇の多事奏音/即興 11
吉井瑞穂のヨーロッパ通信/バルセロナでレッスン 
ナイディック&大島クラリネット講座/ソナタ第2番・第3楽章
ロジャー・ボボの考えるテューバ/私のテューバ人生②
小田桐寛之さんのニューアルバム 
僕のマイスター武者修行/リンツのITECでプレゼンテーション 
-----------------------------------------------------------------------

● PRODUCTS
ナガハラフルート「ゴールウェイ・モデル」
ミヤザワフルートのピッコロ  
------------------------------------------------------------------------

● CD評
木幡一誠の今月のCD
------------------------------------------------------------------------

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室
922円
● 特集
○ベルリンフィルからソロイストへの転身
ラデク・バボラーク
バボラークが「本音」も交えて大いに語った!

100年に一人の才能といわれたバボラークもソロイストとしてのキャリアは36歳にしてまだ2年目。ベルリンフィル首席というオーケストラ界の最高峰にまで上り詰めたこれまでの経験は、彼にとってどんな意味を持っていたのだろうか?
------------------------------------------------------------------------

○83歳の今なお現役!
ペーター=ルーカス・グラーフの心技体
「前に進んでいると思えなくなったらフルートをやめる」

78歳でバッハのソロアルバムを出し、80歳を超えてなお旺盛なソロ活動を展開するグラーフ氏に、誰もが聞きたいと思う質問をぶつけてみた。
------------------------------------------------------------------------

○日課練習に効果的なトレーニング教本の使い方
トランペットのエチュードを使いこます!
対談:佛坂咲千生×菊本和昭(前編)

トランペットの世界では数多くのエチュードの他に、基礎的なトレーニングを積むための様々なエクササイズ本も出版されている。そうしたものをどのようにレッスンや自分の練習に取り入れたら良いだろうか? 2回に分けてお届けする。
------------------------------------------------------------------------

○簡単な実験で検証!
管楽器の中では何が起こっているのか?
第1回:フルート編(前編)

どこでも手に入る機材を使って目には見えない楽器内の空気の振動を観察し、管楽器が鳴っているとき楽器の中では何が起こっているかをフルートを例に解説。
-------------------------------------------------------------------------

○グッドマンやアーティー・ショー等が愛した楽器
セルマー・ヴィンテージ・クラリネットの魅力
ジャズクラリネットの鈴木直樹さんに聞く

ジャズクラリネットの世界でセルマーがかつてない全盛を迎えた時代がアメリカにあった。ベニー・グッドマンやアーティー・ショーといったジャズ界の巨匠たちが愛したその楽器を手にすると、紛れもなくその時代の音がする……。
------------------------------------------------------------------------

○東京都交響楽団ホルン奏者
岸上 穣
エサ・タパーニ先生から学んだこと

東京藝大のマスタークラスでフィンランドの名手タパーニの音色に衝撃を受け、彼が教えるフランクフルト音大に留学。そこで学んだことは……。
------------------------------------------------------------------------

○ビュッフェ・クランポンのオーボエ
新製品「オルフェオ」を語る
対談:青山聖樹×エリック・スペラー

ビュッフェ・クランポンから新しく発売された「オルフェオ」は、グリーンラインの可能性を最大限に高めたモデルとして大きな話題を呼んでいる。開発に公式テスターとして関わったエリック・スペラー氏と、N響首席の青山聖樹さんにその魅力を語ってもらった。
------------------------------------------------------------------------

○北九州市・響ホールフェスティバル
オイロス・アンサンブルの響を堪能!

オイロス・アンサンブルがフルートの佐久間由美子氏のプロデュースによる多彩な編成と響きで、2日間にわたり室内アンサンブルの醍醐味を満喫させてくれた。
-------------------------------------------------------------------------

○連載!第26回
ハーセス王国に棲んだ日々
シカゴ響でハーセスと演奏を共にしたT.ケントの回想録

シカゴ響金管セクションに君臨した首席トランペット、アドルフ・ハーセス。その人を師と仰ぎ、18年間演奏の苦楽を共にした高弟ティモシー・ケントが綴る回想録。
-------------------------------------------------------------------------

● トピックス
○人気に支えられて9回目のリサイタル
ザ・テューバ・バンド

------------------------------------------------------------------------

● 連載・コラム・その他
中川英二郎のトロンボーンアルバム/音楽を人に伝える難しさ 
DAIROの「白バリ」道中記/Be Happy Jazz Festival 
平野公崇の多事奏音/即興 10
吉井瑞穂のヨーロッパ通信/わたしが魅せられた他の楽器たち②
ナイディック&大島クラリネット講座/ソナタ第2番・第3楽章/全体の構造 
ロジャー・ボボの考えるテューバ/私のテューバ人生① 
ブラス・エクストリーム・トウキョウのCD
僕のマイスター武者修行/日本で楽器屋さんを開く夢 
-----------------------------------------------------------------------

● PRODUCTS
リード調整器「リード・ギーク」
ヨーゼフ・クラリネットの新ラインナップ
------------------------------------------------------------------------

● CD評
木幡一誠の今月のCD
------------------------------------------------------------------------

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室
おすすめの購読プラン

PIPERS(パイパーズ) 雑誌の内容

  • 出版社:杉原書店
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月20日
「もう少し知りたい、もう一歩上手くなりたい」人のための管楽器情報誌
話題の新人プレイヤーや世界の名手たちを、いつも一歩先どりしてインタビュー。その音楽、奏法、楽器などを紹介しながら、彼らの本音にも迫る。また、楽器づくりの話、新製品の紹介、楽器の選び方やメンテナン法なども特集。新しい視点で広く音楽の話題もとりあげる。

+   PIPERS(パイパーズ)の目次配信サービス

PIPERS(パイパーズ)を買った人はこんな雑誌も買っています!

芸能・音楽 雑誌の売上ランキング

明星(Myojo)

2021年03月22日発売

目次: Myojo5月号のラインナップを紹介!

[表紙]なにわ男子
[ウラ表紙]西畑大吾(なにわ男子)
[別冊付録・36P!]新生活お悩み解決BOOK
[ピンナップ]Hey! Say! JUMP/Travis Japan
[厚紙(生)カード]両面・King & Prince/両面・この顔がスキ
[10000字インタビュー SixTONES・Snow Man編]第11回・京本大我
King & Princeは、学生生活を楽しむためのサークルを誌上で始動!
SixTONESは、ブレザーの制服姿で学生時代の思い出を語る♪
Snow Manは、メンバーの日常を探るニッチなQ&Aに全力で回答!


【内容紹介】
[表紙]なにわ男子
[ウラ表紙]西畑大吾(なにわ男子)
[別冊付録・36P!]新生活お悩み解決BOOK
[ピンナップ]Hey! Say! JUMP/Travis Japan
[厚紙(生)カード]両面・King & Prince/両面・この顔がスキ
[10000字インタビュー SixTONES・Snow Man編]第11回・京本大我
King & Princeは、学生生活を楽しむためのサークルを誌上で始動!
SixTONESは、ブレザーの制服姿で学生時代の思い出を語る♪
Snow Manは、メンバーの日常を探るニッチなQ&Aに全力で回答!

50年以上の歴史を持つアイドル・タレントの写真情報雑誌『Myojo』

  • 2021/02/22
    発売号

  • 2021/01/22
    発売号

  • 2020/12/22
    発売号

  • 2020/11/21
    発売号

  • 2020/10/22
    発売号

  • 2020/09/23
    発売号

2 ダ・ヴィンチ

メディアファクトリー

最大
50%
OFF
送料
無料

ダ・ヴィンチ

2021年04月06日発売

目次: 表紙★中村倫也

●特集
いま、小説と出会い直す読書体験。
凪良ゆう、カケル

◎連続対談「作家×凪良ゆう」
山本文緒/芦沢央/ヤマシタトモコ
◎「声優×凪良ゆう」
特別書き下ろし小説「ニューワールド」を斉藤壮馬が朗読!
◎「読者×凪良ゆう」
[インタビュー]横浜流星、長濱ねる
読者、書店員、担当編集者の声も!
◎「マンガ×凪良ゆう」
本屋大賞ノミネート作『滅びの前のシャングリラ』を浅野いにおがコミカライズ!
◎「私×凪良ゆう」
凪良ゆうロングインタビュー


●特集
書籍『THEやんごとなき雑談』を発表!
ますます彼の、虜になる。
中村倫也のクリエイティブ

◎大反響!エッセイ集『THEやんごとなき雑談』刊行記念
中村倫也ロングインタビュー
◎あの人はどう読んだのか『THEやんごとなき雑談』特別寄稿
佐々木敦/丸山ゴンザレス/ぬまがさワタリ/吉田大助
◎『珈琲いかがでしょう』×『THEやんごとなき雑談』
[マンガ]コナリミサト
◎全国書店員さんが描いた『THEやんごとなき雑談』直筆ポップ&コメント紹介!
◎マネージャーは見た!
中村倫也のクリエイティブな日常
[マンガ]服部昇大
◎中村さんが敬愛する芸人・バナナマンに聞く!
中村倫也ってこんな人!?
◎エッセイを書く俳優は、なぜこんなに魅力的なのか?(後編)
[特別対談]大泉洋×中村倫也


●インタビュー&対談
津村記久子、知念実希人、久坂部羊、岡部えつ、松山ケンイチ、今田耕司、山崎怜奈(乃木坂46)、DEAN FUJIOKA、今泉力哉、ハナレグミ、吉住、和田彩花×飯窪春菜 ほか

●コミック ダ・ヴィンチ
命と、心と向き合う―
医療マンガ最前線!
『プラタナスの実』東元俊哉インタビュー

●ノベル ダ・ヴィンチ
手塚治虫の構想から新たな物語が誕生
『小説 火の鳥 大地編』
桜庭一樹インタビュー

●好評連載中
荒木経惟「男 ―アラーキーの裸ノ顔―」鈴鹿央士
北尾トロ「走れ!トロイカ学習帳」
益田ミリ「スーパーマーケット宇宙」
櫻井孝宏「ロール・プレイング眼鏡」
穂村 弘「短歌ください」
和牛「和牛の一歩ずつ、一歩ずつ。」
中原たか穂「ジェリコー」
メグ・シェリー「メグさんの読書占い」
弘中綾香「アンクールな人生」
長濱ねる「夕暮れの昼寝」
松下洸平「フキサチーフ」
カメントツ「ねこおばあさんぼく」

●【旬の本棚】
昭和レトロ

●【特別企画】
試される“一家”の絆!
4月16日全国ロードショー!
劇場版『名探偵コナン緋色の弾丸』

◎[インタビュー]青山剛昌/浜辺美波
◎“あの人”が語る赤井ー家
[キャストインタビュー]高山みなみ/山崎和佳奈/杉本ゆう
◎『名探偵コナン』に愛を込めて
[インタビュー]井上裕介(NON STYLE)/小坂菜緒(日向坂46)/小松未可子/田辺智加(ぼる塾)

参考価格: 700円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:350円

本とコミックの情報マガジン『ダ・ヴィンチ』

  • 2021/03/05
    発売号

  • 2021/02/05
    発売号

  • 2021/01/06
    発売号

  • 2020/12/04
    発売号

  • 2020/11/06
    発売号

  • 2020/10/06
    発売号

3 月刊ピアノ

ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス

最大
8%
OFF
送料
無料

月刊ピアノ

2021年03月19日発売

目次: 月刊ピアノ2021年4月号のオススメは『ねぴらぼ《INVENTION》』、『ピアニストの呼吸と姿勢』、『いつかきっと見に行きたい~日本に咲く 美しい桜』です。

【特集1】は『ねぴらぼ《INVENTION》』。昨年7月に開催され、大好評を得た《NEO PIANO CO.LABO.》(通称:ねぴらぼ)。2月11日に開催されたストリーミングライヴの2回目を、かてぃん、けいちゃん、菊池亮太、ござ のインタビューも加えたレポートでお届けします!

【特集2】は『ピアニストの呼吸と姿勢』。ピアノを演奏する時に大切な姿勢や複式呼吸について。ふだん無意識にしている胸式呼吸とは違って、マスターするには普段から気を付けておきたいことをわかりやすく解説します。

【特集3】は『日本に咲く 美しい桜』。桜の名所といわれる円山公園(京都)、五稜郭(北海道)、弘前公園(青森)、千鳥ヶ淵(東京)、根尾谷(岐阜)、吉野山(奈良)など、いつか見に行きたい壮観な桜を豪華な写真でご紹介します。

【インタビュー】は、ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ受賞、日本音楽コンクール優勝から間もなく2年。目くるめく成長をつづける19歳のピアニスト、亀井聖矢さん。そして連載『ネットシーンに光る逸材奏者』は人気上昇中の瀬戸一王さん。ストリートピアノからジャズ・ピアノに目覚めた興味深いお話を伺いました。

【コンサート・レポート】は2月23日にヤマハホールで行われた《LovePianoオンラインライブ》。よみぃ、ジェイコブ・コーラー、あさぴ(朝香智子)、みやけん、さなゑちゃんのコメントとともに、リレー形式で行われたライヴをレポートします!

今月のスコアは『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争2021』主題歌「Universe」(Official髭男dism)、テレビ東京系アニメ『ブラッククローバー』オープニングテーマ「Grandeur」(Snow Man)、フジテレビ“ノイタミナ”『約束のネバーランド』Season 2オープニングテーマ「アイデンティティ」(秋山黄色)、「ドライフラワー」(優里)、「うっせぇわ」(Ado)、「春を告げる」(yama)、「虹(初級)」(菅田将暉)、「One more time,One more chance」(山崎まさよし)、「2声インヴェンション 第1番(ジャズ・アレンジver.)」、「糸」など、最新ヒットから人気の定番曲まで全13曲を掲載。

初級から上級まで、今月も幅広いアレンジで魅力満載、充実の内容でお届けします!


【収載楽曲】
●マンスリー・ピアノ・スコア・セレクション
・Universe(Official髭男dism)/『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争2021』主題歌
・アイデンティティ(秋山 黄色)/フジテレビ“ノイタミナ”『約束のネバーランド』Season 2オープニングテーマ
・Grandeur(Snow Man)/テレビ東京系アニメ『ブラッククローバー』オープニングテーマ
●いつか必ず弾きたい とっておきの1曲
・ドライフラワー(優里)
●編集部オススメ!話題曲
・春を告げる(yama)
・うっせぇわ(Ado)
●月ピPremium! 上級アレンジで楽しむ極上のピアノ
・スペイン(チック・コリア)
●事務員Gの名曲タイムトリップ
・エイリアンズ(キリンジ)
●ゆるく!楽しく!!カッコよく!!!みんなのプチJAZZ
・2声インヴェンション 第1番(ジャズ・アレンジver.)(J.S.バッハ)
●やさしく弾ける♪お・す・す・め初級アレンジ
・虹(菅田 将暉)/映画『STAND BY ME ドラえもん 2』主題歌
●気軽に楽しむ!! かんたん弾き語り♪
・One more time,One more chance(山崎 まさよし)
●ござさんの All that Goza's Piano Arrange
・ウェストミンスターの鐘(壮大アレンジ)
●セロリの電Pパーク!
・糸(中島 みゆき)
●ずっしーの即わかり音楽理論教室
・ウェストミンスターの鐘(壮大アレンジ)  

参考価格: 763円 定期購読(1年プラン)なら1冊:702円

最新ヒット曲も話題のクラシック曲も、ピアノでどんどん弾いちゃおう!

  • 2021/02/20
    発売号

  • 2021/01/20
    発売号

  • 2020/12/19
    発売号

  • 2020/11/20
    発売号

  • 2020/10/20
    発売号

  • 2020/09/17
    発売号

4 GALAC(ギャラク)

放送批評懇談会

送料
無料

GALAC(ギャラク)

2021年04月06日発売

目次: ◆表紙とインタビュー

表紙・旬の顔
福原 遥 自分の言葉で、自分を表現したい。

THE PERSON
馬場マコト 「減らす」マーケティングの発想を


◆特集:ミニ番組に注目!

ミニ番組の現状と魅力
高堀冬彦

素晴らしきミニ番組
NHK Eテレ「0655/2355」
テレビ朝日「世界の街道をゆく」
テレビ東京「生きるを伝える」

ネット時代のショートコンテンツとミニ番組
鈴木健司


◆番組解剖「チェリまほ」の魔法とは?

制作者に聞く「チェリまほ」ストーリー
テレビ東京プロデューサー 本間かなみ 
「心のつながりや愛しさを描きたい」

「チェリまほ」が提示した時代性と優しさ
永 麻理 

アジアBLドラマの勢いは止まらない
滝野俊一


◆連載
21世紀の断片~テレビドラマの世界 藤田真文
番組制作基礎講座 渡邊 悟
テレビ・ラジオ お助け法律相談所 梅田康宏
今月のダラクシー賞 桧山珠美
ドラマのミカタ 木村隆志
報道番組に喝! NEWS WATCHING 伊藤友治
海外メディア最新事情[ニューヨーク] 安 暎姫
GALAC NEWS 砂川浩慶
GALAXY CREATORS[武道優美子]戸部田 誠
TV/RADIO/CM BEST&WORST
BOOK REVIEW 国枝智樹・兼高聖雄

◆ギャラクシー賞
テレビ部門:月間賞ほか
ラジオ部門、CM部門、報道活動部門

参考価格: 780円

見たいテレビ、聞きたいラジオ!いまのテレビとラジオじゃ満足できない人のための新時代メディア批評!!

  • 2021/03/05
    発売号

  • 2021/02/05
    発売号

  • 2021/01/06
    発売号

  • 2020/12/04
    発売号

  • 2020/11/06
    発売号

  • 2020/10/06
    発売号

Duet(デュエット)

2021年04月07日発売

目次: 表紙[岩本 照]
3 Hey! Say! JUMPピンナップ
7 King & Princeピンナップ
11 藤井流星ピンナップ
13 道枝駿佑ピンナップ
15 Travis JapanD:Jカード
17 岩本 照COVERスペシャル
20 King & Prince
27 SixTONES
33 Sexy Zone
38 ジャニーズWEST
45 Hey! Say! JUMP
53 Snow Man
62 中山優馬
65 テンパってるJ HiHi Jets&少年忍者
69 D:J Journal
74 D:J TV 有岡大貴『探偵☆星鴨』、Snow Man『ガンバラーナ』ほか
78 D:J BOX 読者ページ
81 月刊!平成ジャンプ
84 Hey! Say! 7 Ultra RADIO JUMP
85 A.B.C-Zのえびらんど
86 ジャニーズWESTyle 桐山照史&中間淳太
88 Sexy Zone A La Mode 菊池風磨
90 HUG the King & Prince
92 キスラジGO!藤ヶ谷太輔・横尾 渉、藤ヶ谷太輔・二階堂高嗣
94 関ジュ鑑 Boys be、連載コラム
97 Jr. BANG 寺西拓人、大東立樹・阿達 慶・小鯛詩恩・竹村実悟・滝本海都・尾崎龍星、矢花 黎&豊田陸人、織山尚大&青木滉平、川﨑皇輝&川﨑星輝
103 犬飼貴丈
104 瀬戸利樹
105 高橋文哉
106 中尾暢樹
107 日向 亘
108 奥野 壮
109 TAKARAZUKA“d”COLLECTION 雪組公演
110 今江大地・河下 楽
111 越岡裕貴・室 龍太
112 林 翔太
113 D:J MOVIE 春のおススメ映画特集
114 スノケン
115 SixTONES LAB
116 舞台『ANOTHER 新たなる冒険』レポート
117 D:J SEARCH
118 D:J FORTUNE ラッキーカラー占い
119 HOT SHOT!
120 目次
121 なにわ男子
126 Travis Japan
131 HiHi Jets
136 美 少年
141 Aぇ! group
144 7 MEN 侍
147 岡 佑吏・河下 楽・福井宏志朗・澤田雅也・吉川太郎・奥村颯太
148 Lil かんさい
150 少年忍者
156 Jr.SP
157 IMPACTors
161 A.B.C-Z
166 ふぉ~ゆ~
168 J-novel 3rd SEASON 大橋和也
170 表紙IMPACTors
★別冊ジャニーズJr.『D;J+.2021』7月15日(木)発売予定!(雑誌コード/68101-28)

参考価格: 381円

ジャニーズ中心の写真・企画・連載が面白い雑誌『DUET』

  • 2021/03/05
    発売号

  • 2021/02/05
    発売号

  • 2021/01/07
    発売号

  • 2020/12/07
    発売号

  • 2020/11/07
    発売号

  • 2020/10/07
    発売号

6 デジタルTVガイド全国版

東京ニュース通信社

デジタルTVガイド全国版

2021年03月24日発売

目次: ●表紙&巻頭グラビアインタビュー
『中村倫也』
主演ドラマ「珈琲いかがでしょう」がいよいよスタート!
「“中村倫也って名前がなくなればいいのに”と思ってる」
中村ならではの言葉で語る
作品に懸ける思いが詰まったロングインタビュー

●特別付録1
永久保存版! 中村倫也スペシャルピンナップ

●特別付録2
3カ月使える! 2021春ドラマ時間割

●見やすい!使いやすい!1日6ページ番組表
[地上波][BS][4K]3・29→4・30 [CS]4・1→4・30

●スペシャルインタビュー
竹野内豊
広瀬すず&櫻井翔
菅田将暉&有村架純&神木隆之介&仲野太賀&古川琴音
川口春奈&横浜流星
鈴木伸之&瀬戸利樹
松山ケンイチ

●特集1
「おかえりモネ」「ドラゴン桜」ほか、注目作の人間関係を総まとめ!
春ドラマ完全カタログ

●特集2
新番組、ゴールデン進出etc.
'21春の改編7大トピックス

●特集3
ジャンル別 春の特番ガイド

●特集4
「有田Pおもてなす」放送100回記念
有田哲平スペシャルインタビュー

●特集5
JO1河野純喜&與那城奨らが語る
オーディション番組 熱狂の理由

●連載
星田英利インタビュー&あらすじ解説 連続テレビ小説「おちょやん」
橋本愛インタビュー&あらすじ解説 大河ドラマ「青天を衝け」

●TVイチオシ番組
「’21年度NHK語学番組」

●BSイチオシ番組
「鉄道伝説」

●CSイチオシ番組
「女神降臨」

●ジャンル別おすすめプログラム
映画、スポーツ、音楽、エンターテインメント、国内ドラマ、海外ドラマ
アジアドラマ、紀行・ドキュメンタリー、アニメ

●特別企画&レギュラー
(1)BSフジ「今月の特選番組」
(2)GAORA SPORTS で注目スポーツの新シーズンを目撃せよ!
(3)新作動画 (4)新作映画 (5)新作音楽 (6)新着情報
(7)定期購読案内
(8)プレゼント&アンケート

●巻末企画
1700本超! 地上波TV・BS・4K・CS 全放送映画インデックス

多チャンネル時代の“オールインワン”TV情報誌

  • 2021/02/24
    発売号

  • 2021/01/22
    発売号

  • 2020/12/16
    発売号

  • 2020/11/24
    発売号

  • 2020/10/24
    発売号

  • 2020/09/24
    発売号

送料
無料

韓流ぴあ

2021年03月22日発売

目次: 【 表紙&巻頭 】
チャウヌ(ASTRO)

【綴じ込み両面ポスター 】
チャウヌ(ASTRO)/ ONF


● 表紙・巻頭グラビア&インタビュー
『女神降臨』
チャウヌ(ASTRO)

MORE! チャウヌ
あなたはどれだけチャウヌを知っているか? 10の質問と主な出演作を紹介

● 巻末特集
ONF

〇 特別企画
K-POPアイドルが韓国ドラマ界を担う!?
演技ドルファイル2021
見逃し厳禁! この春見るべき韓国ドラマ特選
『ヴィンチェンツォ』『暗行御史:朝鮮秘密捜査団』
『結婚作詞 離婚作曲』『浮気したら死ぬ』

実直で誠実な銀行マンがメガバンク組織の不正を暴く社会派ドラマ
『ザ・バンカー』
本当に面白いからオススメしたい1本

おうち時間を楽しく過ごす!
動画配信サービス U-NEXT、Hulu、Netflixを紹介

■コンテンツ
< ドラマ >
『女神降臨』
チャウヌ(ASTRO)

『ライブオン』
ファン・ミンヒョン(NU'EST)

『飛べ小川の竜』
クォン・サンウ

『ヴィンチェンツォ』
ソン・ジュンギ

『君と世界が終わる日に』
キム・ジェヒョン(N.Flying)

< K-POP・音楽 >
ONF

■最新エンタメ情報
in KOREA
スターの最新情報をまるごとキャッチ! スターワイド100
※今月は新型コロナウイルス感染症の影響により、50組のスターの近況をお届けします。

注目ドラマ詳細ガイド
『月が浮かぶ川』 キム・ソヒョン
『シーシュポス: the myth』 チョ・スンウ、パク・シネ
『怪物』シン・ハギュン、ヨ・ジング
『タイムズ』イ・ソジン

パーフェクトドラマガイド

バラエティ番組ガイド
広告・CM・映画・音楽ランキング

In JAPAN
今月のDVD&CD
今月の映画

< 新連載 >
甘酸っぱいトキメキがいっぱい
ドラマ『恋愛革命』大解剖!

< 好評連載中 >
一見さんお断り! ソン・シギョンの日々是好日
ONEUSのお月さまがきれいだから~I love U~
古家正亨の韓流“考"
K-POP番長のめざせ! サントラマスター
気になるドラマの裏側、教えます!
『ストーブリーグ』
『韓流ぴあ』調査隊が行く! ネクストブレイクを探せ アン・ボヒョン
とっておきの作品教えます。やっぱり韓国ドラマはやめられない!!
『ミリオネア邸宅殺人事件』


< 韓流TVぴあ >
CS・BS・全国地上波韓国ドラマ放送情報
ドラマタイトル早見表

< 耳寄り情報 >
韓流ぴあ倶楽部
今月の読者プレゼント
表紙の人 占ってみました~ チャウヌ(ASTRO)

参考価格: 1,200円

韓国ドラマ&スター最詳最強マガジン!

  • 2021/02/22
    発売号

  • 2021/01/21
    発売号

  • 2020/12/22
    発売号

  • 2020/11/21
    発売号

  • 2020/10/22
    発売号

  • 2020/09/19
    発売号

おとなのデジタルTVnavi(全国版)

2021年03月24日発売

目次: ■今月の表紙
広瀬すず&櫻井翔

★春の新ドラマ徹底ガイド! ひと目でわかる!人物相関図&曜日別早見表付き

◆春の新番組みどころナビ 今春スタートするオススメ番組をピックアップ

◆「ぐるナイ」ゴチの新メンバー・中条あやみ&松下洸平

好評連載

■【連載最終回】大林宣彦&恭子のふたりで旅したキネマの世界
■倉本聰の「TVの国から」
■池上彰のニュースそうだったのか!!おとな学習帳
■カータンちゃんねる

◆番組表  地上波        : 3/29(月)~4/30(金)
      BS・4K8K/CS : 4/01(木)~4/30(金)

日本で一番!見やすいテレビ番組表

  • 2021/02/24
    発売号

  • 2021/01/22
    発売号

  • 2020/12/16
    発売号

  • 2020/11/24
    発売号

  • 2020/10/24
    発売号

  • 2020/09/24
    発売号

教育音楽 小学版

2021年03月18日発売

目次: ●特集Ⅰ
授業開きに使える!ウィズコロナの常時活動
[chapter1 ボディパ]
常時活動にボディパーカッションを取り入れよう! 山田俊之
[chapter2 歌唱につながる常時活動]
声を出す×体を動かす 坂本かおる
[chapter3 実践例]
コロナ禍でも歌唱の技能を磨く 岩井智宏
その後の活動に生きる「知識・技能」を育てる 加藤愛子

●特集Ⅱ
楽器のお手入れ・消毒&取り扱いガイド

●まるごとWATCH!
大阪府立和泉高等学校 第1回ボディパーカッションコンクール

●グラビア
私が教師になった理由 25 根本潤子
「Withコロナ」で見いだす音楽授業の本質~2020年の筑波Diary~ 8 頭と体・心を行き来する学び 髙倉弘光
名教師に学ぶ 横浜国立大学教育人間科学部附属横浜小学校6年3組と館 雅之先生

●連載
わたしの音楽室 新連載1 時間を忘れて夢中になれる音楽室 毛木大介
ミマスの歌づくりの旅 25 宇宙 星空 『Voyager』 ミマス
教師の悩み相談室 133 人気者の同僚を好きになったが、周りの目が怖くて行動に移せない 諸富祥彦
みんなでつなげる歌の授業 新連載1 今こそ一緒に音楽科教育について考えましょう! 眞鍋なな子
少人数でつくる! 楽しい音楽の授業 新連載1 大好きな奈川から 小町谷 聖
歌で伝える子どもたちの思い~ruriko先生の音楽室から 13 新年度に向けて~先生方からのメッセージ~ 石川るり子
富澤流楽曲解釈のヒント~編曲者の視点から~ 13 風のことば/伴奏で語る 富澤 裕
「楽しい! おもしろい! すごい!と子どもが感じる器楽指導」 13 打楽器の指導法と活用法について⑥その他の打楽器と音色の工夫 初山正博
Let’s Do 音楽づくり! 13 ウィズコロナの音楽づくり~歌唱・器楽・鑑賞につながる表現の根っこを伸ばそう~ 近藤真子
「ダウンロードして使える! 授業で使えるパワポスライド」 13 音楽の授業でパワーポイントを使おう 毛木大介
「授業に役立つ! ねらいに直結! 学習プリント」 97 二人の歌声による音楽のおもしろさを味わおう 成田美雪
特別支援学校・学級 指導事例 1 拍を感じて、主体的に表現しよう! 柳澤幹人

●学年別●私の教材料理法
第1学年●音楽って楽しいかも! ~音をよく聴こう~ 小宮輝子
第2学年●歌唱教材『かくれんぼ』文部省唱歌|林 柳波作詞|下総皖一作曲 納見 梢
第3学年●歌唱教材『春の小川』文部省唱歌|高野辰之作詞|岡野貞一作曲 細谷 晋
第4学年●歌唱教材『花束をあなたに』杉本竜一作詞・作曲 西澤美香
第5学年●常時活動「授業開きの常時活動」 松長 誠
第6学年●歌唱教材『おぼろ月夜』文部省唱歌|高野辰之作詞|岡野貞一作曲 脇田秀男

●教音ジャーナル
ネットワーク/おすすめの一冊 髙橋詩穂/新刊案内/著者に聞く 島添貴美子/全日音研ニュース/音楽・子ども・生き生き!マイ・スクール[埼玉県]/バックナンバーのお知らせ

●別冊付録●楽譜資料
合唱曲集
夢があるから(二部合唱)里乃塚玲央作詞|西澤健治作曲
ZENRYOKU~全力~(二部合唱)古宮真美子作詞・作曲
指導のために

山ちゃんの楽しいリズムスクール パート9 鑑賞曲 de ボディパーカッション
《白鳥の湖》より『スペインの踊り』(ボディパーカッション)チャイコフスキー作曲|山田俊之編曲

●とじこみ付録●CD『カラピアノ付き合唱パート練習CD みんなで歌おう!』
【収録曲】
ありがとうのはなかご(二部合唱)弓削田健介作詞・作曲
心に咲く花(二部合唱)理子作詞・作曲|ruriko編曲

……ほか

小学校音楽教師のための音楽教育・指導情報誌

  • 2021/02/18
    発売号

  • 2021/01/18
    発売号

  • 2020/12/18
    発売号

  • 2020/11/18
    発売号

  • 2020/10/17
    発売号

  • 2020/09/18
    発売号

PIPERS(パイパーズ)の所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌