※最新号の表紙とは限りません

MOSTLY CLASSIC(モーストリークラシック)

産経新聞社
完売となった2009年5月号、2010年2月号、4月号、8月号、12月号、2011年6月号、8月号、12月号がデジタル版で 復活!
クラシック音楽をもっと楽しむための月刊情報誌
クラッシック音楽の楽しさを、より立体的に、より多角的に伝える新しいスタイルのナビゲーション・マガジンです。MOSTLY CLASSIC(モーストリークラシック)は過去の巨匠達の偉業だけでなく、小澤征爾氏やアルド・チッコリーニ氏など、世界的アーティストの最新情報ををお届け。ソリスト達の生の意見が聞ける楽器や作曲者の特集も濃密な内容。クラシックに対する知識と聞く楽しみを教えてくれる初心者にもやさしい専門誌です。

MOSTLY CLASSIC(モーストリークラシック)の
定期購読 雑誌

おすすめの購読プラン
すべての購読プラン
初めてのご購入で500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、500円割引(5000円以上のご注文にご利用可)となります。 ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に表示されます。
レビュー投稿で500円割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、すぐにメールで500円割引ギフト券(5000円以上のご注文にご利用可)と、10%割引ギフト券(5000円以下の定期購読にご利用可)が届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
MOSTLY CLASSIC(モーストリークラシック)のレビューを投稿する
  • 紙版
  • 9,700円(税込)
    22%
    OFF
    1冊あたり808円
  • ◆ 送料:
    無料
  • 紙版
  • 毎号価格
    25%
    OFF
    最新号は810円(税込)
  • ◆ 送料:
    無料
  • ◆ 月額払いとは?
    • 毎号、停止の依頼があるまでお送りします。
    • お支払いは、毎月自動引き落としとなります。
    • 詳しくはこちら

MOSTLY CLASSIC(モーストリークラシック)の商品詳細

  • 出版社名:産経新聞社
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月20日
  • サイズ:A4
  • 1冊定価:1,030円
クラシック音楽をもっと楽しむための月刊情報誌
クラッシック音楽の楽しさを、より立体的に、より多角的に伝える新しいスタイルのナビゲーション・マガジンです。MOSTLY CLASSIC(モーストリークラシック)は過去の巨匠達の偉業だけでなく、小澤征爾氏やアルド・チッコリーニ氏など、世界的アーティストの最新情報ををお届け。ソリスト達の生の意見が聞ける楽器や作曲者の特集も濃密な内容。クラシックに対する知識と聞く楽しみを教えてくれる初心者にもやさしい専門誌です。
完売のため今や入手出来ないバックナンバーがデジタル版として復活!!
  • 2011年12月号をお求めの方はコチラから
  • 2009年5月号をお求めの方はコチラから
  • 2010年2月号をお求めの方はコチラから
  • 2010年8月号をお求めの方はコチラから
  • 2010年4月号をお求めの方はコチラから
  • 2010年12月号をお求めの方はコチラから
  • 2011年8月号をお求めの方はコチラから
  • 2011年6月号をお求めの方はコチラから
皆様からの多数のご要望にお応えして実現しました!パソコン、スマートフォン、タブレットで閲覧することができます。

MOSTLY CLASSIC(モーストリークラシック)の無料サンプル

176号 (2011年11月20日発売)
176号 (2011年11月20日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

MOSTLY CLASSIC(モーストリークラシック) 272 (2019年11月20日発売) の目次

 生誕250年記念のベートーヴェン特集も今月号が最後。3号目は1816年から亡くなる27年までの後期にスポットを当てている。「傑作の森」と言われた中期に比べ、作品は圧倒的に少なくなったが、その分、深化している。
交響曲は第9番「合唱付」のみ。「第九」は1818年ごろからスケッチが掛かれ、完成したのは1824年。初演は同年5月7日、ウィーンのケルントナートーア劇場で行われた。ベートーヴェンが亡くなる約3年前になる。
第4楽章に歌われるシラーの詩「歓喜に寄す」は、ベートーヴェンの言葉「おお、友よ、これらの調べではない!もっと快い調べをともに歌おうではないか、もっと喜びあふれる調べを」が加えられた。シラーの詩には40人以上の作曲家が作曲しているが、音楽学の平野昭氏は「ベートーヴェン1人だけが『共和主義』と『世界平和』を祈念するようなメッセージとして仕立てたのだ」と書く。
「第九」の名盤は数多い。音楽評論家の岡本稔氏と鈴木淳史氏が、フルトヴェングラー、トスカニーニ、ワルター、バーンスタイン、ベーム、カラヤン、ノリントン、ティーレマン、ラトルらの演奏を取り上げている。
晩年の大作といえば「ミサ・ソレムニス」をあげなければならない。ベートーヴェンにとって最大のパトロンだったルドルフ大公が1820年、モラヴィアのオルミュッツの大司教に就任することになった。ベートーヴェンは就任式で上演するためのミサ曲の作曲を約束、それが「ミサ・ソレムニス」。結局、就任式には間に合わず、1823年3月26日、サンクトペテルブルクで初演された。自筆総譜の冒頭にベートーヴェンは「心より出でて、心に至らんことを」と書いた。ルドルフ大公に捧げられたのは写譜家による楽譜で、この言葉が書かれた自筆譜は誰にも渡さず、死ぬまで手元に留めた。ベートーヴェンの本心なのだ。
ピアノ曲は第28番から第32番までのソナタ5曲、小品のバガテル、そして33もの変奏曲からなる「ディアベリ変奏曲」が生まれている。なかでも第29番「ハンマークラヴィーア」は現在でも演奏至難な作品で知られる。なにしろベートーヴェン自身が「50年も経てば演奏されるだろう」と豪語したほど。1824年に内輪の集まりで弟子チェルニーが初演、公開初演はベートーヴェン死後の36年、チェルニーの弟子リストが行った。どちらも当時の大ヴィルトゥオーゾだ。1819年に出版されているので、今年はちょうど200年になる。
  「ディアベリ変奏曲」の成り立ちも変わっている。ウィーンの音楽家で出版業者のアントン・ディアベリは「独立開業記念・楽譜出版プロジェクト」を企てた。1818年、ディアベリは自作のワルツをオーストリアの多数の作曲家に送り、これを元に変奏曲を書いてくれるように依頼。ベートーヴェンもその1人で、スケッチは書かれたが、「ミサ・ソレムニス」の仕事などで放っておかれたまま。ディアベリは矢の催促を行い、結局足かけ4年かけてベートーヴェン1人だけの「ディアベリ変奏曲」が完成した。この作品の初演もチェルニーが行っている。
他に、◎ベートーヴェン、その劇的生涯◎シューベルト、ベートーヴェンを語る◎弦楽四重奏曲第12~第16番◎ベートーヴェン時代のピアノ◎楽譜出版の勃興にも敏感だったベートーヴェン、などです。
表紙は、1820年のベートーヴェンです。

◎BIGが語る
第31回高松宮殿下記念世界文化賞・音楽部門受賞
アンネ=ゾフィー・ムター ヴァイオリン(下)

 3回連続のムターのインタビュー連載も最終回。ムターはルトスワスキ、リーム、デュティユー、グバイドゥーリナ、ペンデレツキら多くの現代音楽を積極的に演奏している。「音楽家の崇高な使命は、聴衆を多彩な音楽の世界へ導く旅に誘い、教育することです。来る何世紀にもわたって、演奏者、聴衆、共に音楽に対する理解を深め、拡大する必要があるのです」と話す。ムターは来年2月に再び来日、ベートーヴェン生誕250年記念の「サントリーホール スペシャルステージ」を行う。ベートーヴェンの三重協奏曲、室内楽、リサイタル、マスタークラスと多彩なスケジュールが組まれている。

◎「宮本文昭の気軽に話そう」ゲスト ヴァイオリン 服部百音

 父は作曲家服部隆之、祖父は服部克久、曾祖父は服部良一という代々作曲家の音楽一家に生まれた。ドア1枚を隔てて練習をしていると父親が「いま変ニ長調の曲を書いているんだからハ短調の曲を弾かないでくれ」と言われたことも。ロシア出身の名匠ザハール・ブロンに師事している。「音楽を感覚で捉えたり弾いたりするのではなく、1つの音やフレーズをきちんと理屈で考えることが大事」と教わった。11月22日に紀尾井ホールでリサイタルを行う。R.シュトラウスのソナタにラヴェルの「ツィガーヌ」などを演奏する。

このほか
◎中野雄の音楽人間模様
◎青島広志の「押しもしないが押されてばかり」
◎外山雄三の「オーケストラと暮らして60年」
◎小山実稚恵の「ピアノと私」
◎「鍵盤の血脈 井口基成」中丸美繪
など、おもしろい連載、記事が満載です。


+   MOSTLY CLASSIC(モーストリークラシック)の目次配信サービス

MOSTLY CLASSIC(モーストリークラシック)のレビュー
総合評価: ★★★★☆ 4.36
全てのレビュー:47件

レビュー投稿で500円割引!
音楽の楽しさ
★★★★☆2019年12月10日 りんご 専業主婦
モーストリークラシックを定期購読しています。チェロの佐藤さんが活躍していて、以前、小澤征爾さんと出ていてずっと心にとめておいたのですが、このたび 賞をとられてやっぱりとうれしく思いました。ぜひこの目で耳で聴いてみたい人です。そんな情報もこの本を定期購読しているからこそ知ることができました。 これからもいろいろな情報を得て、わくわくして、楽しみのある生活をおくりたいです。
定期購読
★★★★★2019年11月22日 よっちゃん 自営業
今までは気に入った作曲家のバックナンバーばかり購読していたが 本格的にクラシックを勉強したくなり定期購読することにしました。
クラシックの今昔物語
★★★★☆2019年09月29日 マリアマスカラス 会社員
クラシックに関する知り得たい種々の項目がバランスよく網羅されていると思います。
濃い内容です
★★★★★2019年09月12日 Goromaru 専業主婦
ブラームスが大好きなので、ブラームス特集を買ってみました。とても濃い内容で、知りたいことはだいたい書いてある感じでした(完全に網羅しているわけではありませんが、それでも満足できます)。曲のジャンル別(交響曲、ピアノソナタ、ピアノ小品、協奏曲、などなど)に分かれていますが、それぞれにお勧めのディスクCDも紹介されており、いずれも王道で参考になります。次の号が来たら捨てるというたぐいの雑誌ではなく、そのまま本棚に置いておいて、時々読みたくなること間違いなしです。
クラシック音楽の中級者に最適な読み物。
★★★★☆2019年03月15日 おはらし。 会社員
他の音楽雑誌にはないクラシック音楽の奥深い内容が載ってます。
初心者の方にもおすすめです
★★★★★2019年01月19日 ターチャイナ 会社員
一つのタイトルが2ページから数ページで完結し、気楽に読めます。上質な薄い紙なので160ページぐらいありますが、軽くできています。
音楽大好きだから
★★★★★2019年01月15日 ちさらら 主婦
音楽大好きだから、ピアノを心から愛しているから、モーストリークラシックは、その月々のタイトルについつい手に取ってしまう。 大作曲家や、曲を取り上げて深く掘り下げていく内容には、驚かされる。たまにしか購入していなかったが、この度はついに年間購読しようかと思っている。これからにも期待大だ。
長年の素人にうってつけ
★★★★★2018年11月29日 黄昏天使 会社員
クラシックの理論や歴史をきちんと勉強したわけではないが、何となく好きでコンサートにも行き、その範囲での知識は多少ある、といった私のような人間にはぴったりの雑誌だ。とにかく特集記事の分量や範囲が半端ではない。小さな字でびっしり書かれているが、本人の肖像から縁の地の風景まで美しいカラー図版がふんだんに使われているから退屈しない。しかも、それぞれの項目は独立しているから、全部読み終えないうちに次号が来ても挫折感を味わう必要はない。
便利なクラッシック音楽雑誌
★★★★★2018年11月27日 Seiko2 役員
特集の内容も面白いが、数あるコンサートの批評がなかなか面白い。
クラシックの雑誌の中で一番好きです
★★★★★2018年09月26日 bwv 会社員
見開き2ページごとに専門分野を生かした執筆陣による記事が満載で、図版やCD情報もフルカラーで楽しむことができます。レイアウトやデザインも洗練されており、ツヤのある紙質のページをめくる感触も心地よいです。特集は素人から玄人まで幅広い層がそれぞれの読み方で大いに参考になる内容で、本当によくできた雑誌だと感心してしまいます。これからも末永く刊行されていくことを願っています。
レビューをさらに表示

MOSTLY CLASSIC(モーストリークラシック)をFujisan.co.jpスタッフが紹介します

MOSTLY CLASSIC(モーストリークラシック)は、クラシック音楽を専門に扱う月刊誌です。毎号取り上げるテーマの基礎知識や、専門家による上質な記事などが掲載されていて、クラシック初心者にも分かりやすい、優しい内容の雑誌となっています。また、様々な角度から描かれるクラシック音楽の魅力や分析、解説などの記事は、クラシックに造詣の深い人にも楽しめます。作曲家の肖像画や、楽曲に関連する写真などカラー面も充実、聴くだけに留まらず、ビジュアルや文章からもクラシック音楽の良さが伝わってきます。

さらに、コンサートの紹介や感想、批評など、一つの分野にも深く掘り下げた記事を掲載、連載やコラムなどもバラエティーに富んでいて読みごたえがあります。作曲家の歴史的背景や生涯を、史実と共に描く手法など、読み手が理解しやすい手法で綴られる文章は、いつ読み返しても飽きが来ない程です。また、過去の人物や楽曲だけではなく、最新のクラシック音楽界の情報まで提供、対談やインタビュー、CD&DVDの新譜紹介など、記事のジャンルも多岐に渡ります。クラシックを好む全ての人が、よりクラシック音楽を楽しめ、極められる重厚な内容は、知識を深めると共にクラシックに対する好奇心も駆り立てます。

MOSTLY CLASSIC(モーストリークラシック)のバックナンバー

1,080円
1,080円
1,049円
1,049円
1,049円
1,049円

MOSTLY CLASSIC(モーストリークラシック)を買った人はこんな雑誌も買っています!

芸能・音楽 雑誌の売上ランキング

MOSTLY CLASSIC(モーストリークラシック)の所属カテゴリ一覧

キャンペーン&TOPICS

ご存知ですか?
Fujisan.co.jpにはお得なサービスが満載です!
定期購読
雑誌は定期購読がお得です!初めての方500円割引♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌