教育家庭新聞 発売日・バックナンバー

全142件中 1 〜 15 件を表示
食育・学校給食…【2面】
今では世界が認めるスーパーフード‘おとうふ’や味噌作りを指導。手と身体を動かし自分で作った体験から、食材の大切さや環境問題に目をむけさせる活動を寺田代表に聞いた。

入札・落札情報…【3面】
千葉・芝山町教委が2026年稼働予定の新給食センターの整備を進めている。アレルギー対応食の他、省エネルギー、省力化に優れた最新機器を導入する予定。

熱中症特集…【5面】
地球規模での気候変動により熱中症等をはじめ様々なリスクが予想される。危険予測の機器や熱中症の予防グッズ、冷却機器等の最新情報を集めた。

教育旅行・SDGs…【6・7面】
首都圏から関西方面をはじめ、北海道から沖縄まで全国各方面への修学旅行が、本格的シーズンを迎えた。専用列車だけでなく航空機利用も年々増えている。

学校図書館…【8面】
雑誌『子供の科学』が創刊100周年を迎えた。長きにわたり、あらゆる事を科学的な視点からとらえ、子供たちの知的好奇心に応え続けている。その歴史と魅力について土舘建太郎編集長に話を聞いた。


<連載>
おいしい献立写真 第9回 …【2面】

高等学校入試に関わる出願書類の提出には、大半の中学校が持参か郵送で行われ、所要時間は1校当たり7~20時間。データ整理が行われていないためで、デジタル庁の調査研究は「土台が整っているが最適化できていない」と指摘している


学校施設・整備…【3面】

春の学校図書館…【4‐5面】

生成AIの教育活用…【6面】 

教育委員会対象セミナー名古屋…【8面】
 
教育委員会対象セミナー神戸…【9面】

教育旅行・体験学習…【10面】



食育特集…【3面】
中学生が冷凍食品を活用し自分でお弁当を作って食べるという特別企画。参加した生徒からは「大変さが分かった」「栄養バランスを初めて意識した」などの声が聞かれた。

学校保健・学校安全…【4面】
全国養護教諭連絡協議会の研究協議会における文科省教科調査官・松﨑美枝氏の基調講演では、養護教諭の役割の一つに毎日の健康観察であると述べた。またICTを活用した観察・相談システム一覧表を掲載。

環境教育・SDGs…【5面】
「SDGsのまちづくり」がテーマの第5回Minecraftカップ全国大会が行われ、部門別各賞、学校賞など決定。審査員から「本気の学びが見られた」と講評された各部門の最優秀賞を紹介する。

入札・落札情報…【7面】
京都市立小学校体育館を、トイレや倉庫などを整備して防災機能を強化する計画で、同市教育委員会が基本計画の策定事業者について公募型簡易プロポーザルを実施。他に群馬・富岡市の学校長寿命化、静岡・湖西市の給食センター等。

学校図書館…【10面】
応募11万8603作品で過去最多となった第27回「図書館を使った調べる学習コンクール」の入賞作品が先ごろ決定。テーマは多様で「読みたくなる」作品がそろった。

<連載>
教職員のメンタルヘルス 最終回…【1面】
おいしい献立写真    第8回 …【2面】


学校保健・学校安全…【2面】
 学校保健統計調査では、身長・体重の伸びは2000年代がピークでその後ほぼ横ばい。肥満傾向は男女ともに近年は増加傾向であることが分かった。特に小学校高学年の割合が高く、10歳男子は15%に達している。

入札・調達情報…【3面】

食育・学校給食特集…【4・5面】
 教育委員会の学校給食・施設担当者、栄養教諭・学校栄養士などを対象に弊社が開催した「学校給食向上セミナー」の講演概要を報告。給食費徴収の公会計化、学校給食センターの効率的な運営や衛生管理、ICTを活用した食の指導等、課題への情報提供の機会とした。

環境教育・SDGs…【6・7面】
 「持続可能な社会づくりのための環境教育の推進」をテーマに掲げ、全国小中学校環境教育研究会、東京都小中学校環境教育研究会が対面とオンラインのハイブリッド開催による第55回全国小中学校環境教育研究大会(東京大会)第59回東京都小中学校環境教育研究発表会を都内で開催。地域の特色を生かした環境教育やESD実践の報告が行われた。

学校図書館…【8面】

<連載>
教職員のメンタルヘルス 第100回…【1面】
おいしい献立写真    第7回…【5面】



★1月1日号★ 

・GIGAスクール構想第2期を成功へ~
・文科省など省庁関連15人、全国47都道府県教育長、校長会など教育関連団体38団体のご寄稿を一挙掲
 載(年頭所感)
・メンタルヘルスで学校を元気に!ポートフォリオがメンタルヘルスに効果
・教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン2023年度改訂の方向性
・国土強靭化に向けた補正予算の学校施設施設備関係は2333億円計上
・環境教育の教材に、地球にやさしい「地熱発電」を知ろう!

≪年頭所感≫ ●文部科学省・省庁(2・3面) ●教育関連団体(4‐7面) ●47都道府県教育長(8‐11面・13面)

●学校施設特集(16‐17面) ●新春対談2024(18面)
食育・学校給食特集…【2・3面】
第74回全国学校給食研究協議大会が開催され、初日の全体会で文科省初中局健康教育・食育課の南野課長が学校給食の現状と課題を説明。調査結果を元に「食の指導」に関する栄養教諭への期待を述べた。

環境教育・SDGs…【5面】
SDGsに関する授業が盛ん。その反面で実践のコツがわからないという声も少なくない。全国小中学校環境教育研究会・關口寿也会長は「学校内だけで完結しようとするのでなく、外部の組織や企業、地域と連携すること」と助言する。

教育旅行…【6・7面】
徳川家康と天下統一への大舞台となった関ケ原が注目されている。その古戦場に設置された岐阜関ケ原古戦場記念館は、映像や資料で体験的に歴史を学べる教育旅行の学習施設だ。

入札・調達情報…【7面】
福島・南相馬市は児童生徒数減少の影響で、学校給食の安定的供給が課題。その解決に向け、単独調理だったところを市内小中学校3000食をまかなう給食センターに集約し、今月7日から公募型プロポーザルを開始した。

学校図書館…【8面】
「聴く」読書、オーディオブックが注目されている。東京・渋谷に期間限定の「聴ける本屋さん」がオープンした他、チェーン店がフェアを開催。多様な読書スタイルを発信している。


<連載>
教職員のメンタルヘルス 第99回…1面
おいしい献立写真    第6回 …2面








学校保健・安全特集…【2・3面】
高等学校保健体育に昨年度から約40年ぶりで取り上げられ、若年からの発症が多い「精神疾患」などメンタルケアについて改めて注目されている。「世界メンタルヘルスデー」(10月10日)に合わせ開催されたオンラインセミナーで国立精神・神経医療研究センター・山口創生氏は、精神疾患・精神障害等への正しい理解と共生を妨げるスティグマ(偏見や差別)として「知識・態度・行動」という3つの課題の克服を訴えた。

食育・学校給食特集…【4・5面】
9月20~22日のFOOD展の一環で開催された衛生管理がテーマの学校給食セミナーで東京顕微鏡院・伊藤武氏はO157発生時の状況を振り返りながら、それを機に制定された「学校給食衛生管理基準」の主旨と果たしている効果を解説。食中毒への備えを今後も維持しなければならないと述べた。

教育旅行・SDGs…【6・7面】
多様な自然に恵まれた大地、豊かな農水産物、自然エネルギーの集積地など、さまざまな切り口からSDGsに即した体験学習ができる北海道について、教育旅行の引率経験豊かな中・高校教員が現地視察。SDGsの学習ポイントを様々な視点から報告する。

入札・調達情報…【7面】
千葉市教育委員会は休日の部活動に指導者を派遣し、指導計画作成・指導や安全管理、引率などの3案件の委託を、先ごろ公募プロポーザル方式で事業者決定した。

学校図書館…【8面】
ICT活用や探究学習のための資料の充実により、学校図書館ではどのような子供の学びが行われているか、何が求められるのか。「『子どもの学び』市民フォーラムin東京」が先ごろ開催された。

<連載>
教職員のメンタルヘルス 第98回…1面
おいしい献立写真    第5回…4面


学校図書館特集…【2・3面】
1人1台端末の配備が進むなどICT環境整備によって大きく変わる学びの環境。今年3月策定された第五次「子供の読書活動の推進に関する基本的な計画」等により、学校図書館と子供の読書活動はどのように進化するのか、そして自治体の予算化などについて文科省の図書館・学校図書館振興室長・朝倉博美氏に聞いた。

食育・学校給食特集…【4・5面】
冷凍食品の活用が学校給食の課題を解決する一助になる…日本冷凍食品協会主催、弊社共催で静岡市で開催した学校給食セミナーを紙上報告。また今年で13年を迎える日本の「味覚の一週間」が10月2日から始まる。全国193校で食のプロフェッショナルが授業する「味覚の授業」® など、子供に食の楽しさ奥深さを伝える取組だ。

教育旅行・SDGs…【6面】
リサイクル率93%を超えるスチール缶の製造からリサイクルまでの工程を見て学ぶ、教員対象見学会を弊社協力で開催、同行レポートをお届けする。

入札・調達情報…【7面】
 東京・国立市は新学校給食センター「くにたち食育推進・給食ステーション」を2学期からオープン。安全でおいしい給食の提供だけでなく、施設見学や試食会を通して家庭に向けた食育の情報発信も担う。

学校保健・学校安全…【8面】
 軽視されがちな子供の「居眠り」だが、成長期の子供には成育発達に影響する深刻な事態につながることもある。健康な睡眠のための日常の心がけをセミナーで専門医が指導した。


<連載>
教職員のメンタルヘルス 第97回…1面
おいしい献立写真第   第4回…5面
新連載・いじめ防止対談 第2回…8面


学校保健・学校安全…【2・3面】
「いじめ防止標語コンテスト」(AIG損保:協賛)が、標語制作のためにクラスで話し合うなど、「当事者意識」をもつ教育のきっかけとなっている。応募総数40万点を超す同コンテストの意義や保護者・学校関係者に向けたメッセージを実行委員長と選考委員から聞いた。

食育・学校給食…【4面】
和食の継承の実践報告として今回は、子供たちが考案した「みそ汁」を提供する学校給食センターの取組を紹介。連載「おいしい献立写真」の今回のテーマは、プロでもむずかしいとされる「汁もの」。

教育旅行・SDGs…【6面】
災害学習や歴史・自然環境の素材に満ちた東北で教育旅行を実施する意義など、セミナーからの実施事例やプログラムを紹介する。

入札・調達情報…【7面】
東京・町田市は2025年度中の「中学校全員給食」を目指し、給食センター等の給食施設整備に取り組んでいる。運営業務委託の委託先は公募型プロポーザルで進められる。

学校図書館…【8面】
学校図書館法公布70周年記念式典のようすを伝える。また第55回日本子どもの本研究会全国大会は7月29・30日、都内で開催。記念講演、基本報告、講座や分科会などが開催された。

<連載>
教職員のメンタルヘルス   第96回…1面
新連載・いじめ防止対談   第1回…2面
おいしい献立写真      第3回…4面
食育・学校給食…【2・3面】
今年の全国栄養教諭・学校栄養職員研究大会が開催される鳥取県は9月の県民の日、県内一斉“梨”の献立による学校給食を実施。食の指導では特産品を味わいながら地域を大切にする心を育んでいる。短期連載「日本の伝統的な食文化を引き継ぐ」第2回目は東京・新島村から、真鯛、明日葉などの地場食材を取入れた和食給食の話題。代々の栄養士が多くの地元食材を食べさせたいと願った取組が引き継がれている。

教育旅行・SDGs…【5面】
再生可能エネルギーの一つである地熱発電のメリットとデメリットについて専門家から学び、有効に活用するにはどうしたらよいかを考え話し合う出前授業が東京・多摩市立連光寺小学校で実施された。自然エネルギーの活用と環境保全という対立する社会的課題を、議論を通して選択する力を養うことが目的。

学校施設・学校設備…【6面】
文科省調査によると2021年度の新しく建築された学校施設の75%が木造、又は木材利用施設。木造学校施設は全体の8.7%で3万棟余りだった。CO2削減や環境教育の生きた教材として木材活用を今後も推進するとしている。

入札・調達情報…【7面】
東京・狛江市は市内4中学校の休日運動部活動の地域移行を計画、管理運営等業務の委託業者の選定を公募型プロポーザルで実施している。野球部、他1種目を予定。

学校図書館…【8面】
全国学校図書館協議会「第3回情報活用授業コンクール」優秀賞を受賞した静岡市立城山中学校は、図書資料の統計データをもとに数学ソフトでグラフを作成。その過程では他教科の学習活動が総合的に発揮された。


<連載>
教職員のメンタルヘルス   第95回…1面
おいしい献立写真      第2回…3面
食育・学校給食…【2面】
新たな連載企画「おいしい献立写真 撮影のポイント」がスタート。学校や給食センターのWebページなどに掲載する機会の多い献立写真だが、撮影時のちょっとした工夫で見栄えが変わる。特別な機材がなくても明日から真似できるプロのコツを伝授する。

教育旅行・体験学習…【3面】
例年5月のGWが過ぎたころから始まる。本格的な修学旅行シーズン。約3年にわたった
コロナ禍を経験し、万全な感染症対策をとりながらもほぼ例年通りの実施が今年は戻ってきた。出発式での関係者の喜びの声を集めた。

学校保健・熱中症対策特集…【4面・5面】
普通教室のエアコン設置率が95%に達するなど、教育環境の改善が進んでいる一方、野外や冷房が効きにくい体育館などの大空間での活動に有効な、機器や体調管理の情報を集めた。

体験学習・SDGs…【6面】
オンラインの特性を生かし、誰でもどこからでも学べる「ZEN大学」が2025年開設を目指す。子供の成育・学習保障に注力している日本財団が、オンライン高校「N高」などの運営実績をもつ角川ドワンゴを提携したもの。

入札・調達情報…【7面】
市内3小中学校の給食業務の委託先をプロポーザル方式で募集している山梨県・韮崎市は「食育のまちづくり」を基本目標に掲げ、138人の食生活改善推進員が地域で「食改さん」、「ヘルスメイト」などの愛称で呼ばれ活躍している。

学校図書館…【8面】

<連載>
教職員のメンタルヘルス   第94回…1面
おいしい献立写真      第1回…2面




春の学校図書館…【2・3面】
探求活動を通して主体的・協働的な学びへ―。学校図書館の活用を推奨する神戸市の中学校から、司書教諭と学校司書、各教科の教員との連携や資料提供の工夫、単元の進め方など実践のポイントを紹介する

学校施設・学校設備…【4面】
カーボンニュートラル実現に向け学校施設の「ZEB化」の取組が推奨される。省エネ効果だけでなく、施設そのものが環境教育の教材であり、災害時のエネルギー自立等メリットも少なくない。

入札・調達情報…【5面】
埼玉・所沢市が2024年春運営開始を目指す学校給食センター「トコろんキッチン」はPFI方式で設計から運用までの民間のノウハウを活用。食育や環境にも配慮した取組もみられる。

学校保健・学校安全…【6面】
災害発生時の私立学校では、在校生の安全確保や地域住民の避難所機能としての役割等、私学ならではの課題がある。「感染症と災害」をテーマにシンポジウムが開かれた。

教育旅行・SDGs…【7面】
高等学校で昨年から始められた探求学習の実践における課題について、ファシリテーターのリードのもと教員らが情報交換した。

食育・学校給食…【8面】
農水省への調査では、食への感謝の気持ちは「おいしい料理」や「旬の食材」に触れた時に感じるとした回答が多かった。
食育・学校給食…【2・3面】
農水省の食育推進フォーラムでは、食育の最前線で取り組んでいる生産者や研究家などによるパネルディスカッションが開催され、リアルな体験やオンライン等ICTを駆使した、新しい時代に対応した実践の報告が行われた。

学校保健・学校安全…【4・5面】
全国養護教諭連絡協議会研究協議会がハイブリッドで開催。特別講演「スマホ時代に養護教諭が知っておきたい事」では兵庫県立大学・竹内和雄准教授が、急速に発展するネット社会で生きる子供たちと教員・親の世代との“常識”のギャップに気付いて、知ろうとすることが大切だと呼びかけた。

入札・調達情報…【6面】
〈学校施設/学校給食/図書館/洋式トイレ等〉
大阪・交野市は2025年4月開校予定の施設一体型小中一貫校について、2021年度に設計・施工を一括発注する基本設計先行型DB(デザインビルド)の一般競争入札で、戸田建設グループを昨年11月に決定。各教室前に学年ラウンジ、メディアセンターを設けた「みんながつながる」校舎となる。仙台市は給食センターの運営等調査の受託先を募集、3月末に決定する。

学校図書館…【8面】
「図書館を使った調べる学習コンクール」の入賞作品32点・3団体などが決定。中学生の受賞作品は5点すべて科学系のテーマだったこと、高校生の応募が増えたことなどが今回の特徴だった。

<連載>
教職員のメンタルヘルス   第92回…1面
学校給食は食育の教材    第85回…2面

学校保健・学校安全…【2面】
文科省専門家会議が養護教諭・栄養教諭の資質向上のため、専門性を活かした職務の範囲を「審議のまとめ」で明記。児童生徒の健康相談にSNSを活用するなど提案も盛り込まれた。

学校保健・災害教育…【3面】
関東大震災から100年、東日本大震災から12年を迎え、学校施設・設備を自然災害から守る、児童生徒や地域住民を災害から守る学校施設の在り方等が問われている。また文部科学省の2023年度新規事業としてスタートする「学校教員のメンタルヘルス対策」について、教職員不足解消につながるか期待が集まる。

食育・学校給食…【4・5面】
「箸育」が目指すのは箸のマナー教室ではなく、箸を通して、日本の「箸文化」を知り和食や和の心への理解を深めることと語る「みんなのお箸プロジェクト」にインタビュー“和食文化”ユネスコ無形文化遺産登録10周年の今年は、多方面で様々な食育イベントが企画されている。

教育旅行・SDGS…【6・7面】
東北観光推進機構は「震災・防災・減災学習」をはじめとする東北6県と新潟県の学びの魅力を学校関係者などに発信する「東北教育旅行オンラインセミナー~“こころ”と“いのち”の教育旅行・東北まなび旅~」を昨年12月開催した。


<連載>
・教職員のメンタルヘルス   第91回…1面
・学校給食は食育の教材    第84回…4面


<年頭所感>
文部科学省・省庁【2・3面】
教育関連団体【4‐7面】
47都道府県教育長【8‐12面】

教育委員会対象セミナー報告…【13面】
文部科学省・新潟市教育委員会・奈良市教育委員会が登壇

学校施設・設備…【17面】
学校全体を創造的な学びの場へ

教育旅行…【18・19面】
京都・舞鶴で平和について学ぶ

新春対談…【20面】
ゼロトラスト対応は段階的に進める
おすすめの購読プラン

教育家庭新聞の内容

学校教育現場に役立つ「旬」な情報を提供。「読むと必ず役に立つ」紙面作りがモットーです。
●管理職や養護教諭、学校栄養職員、保健体育担当の先生に向けて、児童生徒の心と体の健康教育に関する情報等を提供します。<紙面のポイント>1.学校給食や食育、安全教育、性教育など教育現場の「健康教育」や教科外情報の実践をレポート。2.専門家や団体のリーダーの解説により、これからの「健康教育」の在り方を探る。3.食品、機器、教材メーカーなどの最新情報も豊富で、現場の指導に役立つ。4..進路指導、PTA活動などの実践に役立つ各種団体・企業情報を提供。5、教育旅行情報や体験学習情報も満載。

教育家庭新聞の無料サンプル

2012年3月号 (2012年03月19日発売)
2012年3月号 (2012年03月19日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

教育家庭新聞の目次配信サービス

教育家庭新聞最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

教育家庭新聞の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.