※定期購読のイメージ画像
  • 雑誌:プラスチックス
  • 出版社:日本工業出版
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月5日
  • 参考価格:1,628円
※定期購読のイメージ画像
  • 雑誌:プラスチックス
  • 出版社:日本工業出版
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月5日
  • 参考価格:1,628円
  • 雑誌

プラスチックス

リニューアル新創刊!!
  • 雑誌

プラスチックス

リニューアル新創刊!!

定期購読のお申込み

初めてのご購入で500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、500円割引(5000円以上のご注文にご利用可)となります。 ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に表示されます。
レビュー投稿で500円割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、すぐにメールで500円割引ギフト券(5000円以上のご注文にご利用可)と、10%割引ギフト券(5000円以下の定期購読にご利用可)が届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
プラスチックスのレビューを投稿する

雑誌の形式を選ぶ

支払い方を選ぶ i

「デジタル版の取扱い開始のお知らせ」を希望の方はこちら

プラスチックス 雑誌の内容

  • 出版社:日本工業出版
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月5日
  • 参考価格:1,628円
日本プラスチック工業連盟誌「プラスチックス」はプラスチック業界に役立つ本創りを目指して新創刊いたします。
樹脂の動向・展望、また樹脂別生産・出荷などの統計資料等のベーシックな情報をはじめ、成形加工技術での、射出成形、ブロー成形、押出成形におけるシステム、成形機の研究・開発等に注目し、それらの技術解説を幅広く紹介。また、環境・省エネルギー問題、海外のプラスチックの現状、展示会にも焦点を当て編集。技術者の疑問解消やスキルアップに繋がる基礎から学べる講座、わかり易い法令・規格解説、日本プラスチック工業連盟ニュースなど、プラスチックにたずさわる技術者や組織にとって役立つ様々な情報をご提供いたします。

プラスチックス 2021年11月号 (発売日2021年11月05日) の目次

■特集:プラスチックの環境問題と対策
本特集では、プラスチックの環境対策についてリサイクル環境調和型素材とリサイクルの二つの観点から紹介して頂きました。注目すべき分野の最新動向を実感頂ければ幸いです。

○プラスチック廃棄物の熱分解ガス化/つくば環境工学 小寺洋一/住ベリサイクル㈱/山本哲司/住友ベークライト㈱/石川英治
バーナー加熱のロータリーキルン形式のベンチプラントで、熱分解ガス化の研究を行い得られた物質収支とエネルギー収支を基にスケールアップシミュレーションを行った。これをもとに、本稿では、熱分解プロセスの研究開発の手順、商業運転の事業収支の試算のあらましを解説する。

○プラスチック一括回収の現状と課題/ヴェオリア・ジャパン㈱/宮川英樹
一括回収を行う上で、新たに製品のプラスチックを回収する場合、その仕組みが根付いていることが重要である。また、回収した後にどのように仕分けをするのかシステムを見直す必要がある。同時に、一括回収を市民に多く知ってもらうため、ごみ分別アプリやSNSを活用した積極的な広報活動が必要になる。

○架橋ポリエチレンの再資源化技術と事業化/㈱オオハシ/塩野武男
当社では再生ポリエチレンを用いた敷板「リピーボード」を製造しているが、近年良質な再生ポリエチレンの安定的入手が難しくなり、架橋ポリエチレンのマテリアルリサイクル化を検討した。本稿ではその概要を説明する。

○プラスチックごみ低温化学分解炭素化装置/㈱Alles Klar/中村英樹
本稿で紹介するC works Proはプラスチックごみを低温にて化学分解炭素化する装置である。プラスチックごみより生成された粉末状炭素(カーボン粉末)は、カーボン素材として利用可能となり資源循環による環境負荷低減やコスト抑制につながる。

○セルロース(植物繊維)を用いたプラスチック代替素材の特徴と事例/㈱アミカテラ/増田厚司
modo-cellTMは、セルロースを主原料とするプラスチック代替素材である。植物残渣の有効活用が可能であり、環境性も高い。また既存のプラスチック成形設備での成形も可能で、適用の幅も広い。国内工場の稼働を契機に、プラスチック問題解決の一翼を担えるよう進めていきたい。

○サステナブルな可塑剤による樹脂/ゴムの改質効果/ユングブンツラワー・ジャパン㈱/内田典一
近年、サステナビリティがメガトレンドとなってきていることによりSDGsへ対応することが必要不可欠となってきている。その中で、樹脂添加剤においてもサステナブルな製品への代替が検討されている。そこで、今回CITROFOLを樹脂への可塑剤として評価を行った結果、サステナブルな樹脂改質剤として幅広い用途で使用できることが分かった。

■特設記事:炭素繊維2021
「強くて軽い」炭素繊維に地球環境への貢献の観点で注目が集まっています。本特設記事では炭素繊維に関する最新の取り組みを紹介して頂きました。

○高耐熱CFRPの成形技術と展開/ティーシーエム(同)/松岡幹人
炭素繊維複合材(CFRP)は優れた先端材料として普及が進んでいるが、さらなる要求の一つに耐熱性が挙げられる。一般的なエポキシ系CFRPと高耐熱のポリイミドCFRPとを比較し、特性や成形技術の違いを説明する。

○木造構造物の耐震補強へのCFRPの適用/デザインアンドイノベーション㈱/坂本明男
首都直下地震では2万人超の死者が想定され、木造構造物の崩壊とその後の火災が発生する。地震時に炭素繊維が徐々に切れることでエネルギーを吸収し、木造構造物の柱が土台から抜けることに依る突然の崩壊を防ぐCFRP製の柱脚部補強板AIプレートを開発した。

○脊髄損傷者向けCFRP製長下肢装具の特徴/㈱UCHIDA/落合隼平
事故や怪我などにより脊髄損傷と診断され車いす生活を余儀なくされている方に、もう一度自分の足で歩く喜び・歩く機会を提供することを目的に開発した、従来装具の課題を解決するCFRP製長下肢装具「C-FREX」について紹介する。

■一般記事
○蒸着法により銅合金コーティングした抗ウイルスフィルムの特徴と事例/三井化学㈱/小田川健二・廣田幸治・福本晴彦

■連載
○大自然を科楽する 第67回/青野哲士
○トヨタ生産方式をプラスチック成形に応用しよう 第13回/技術オフィスTech-T/高原忠良/アルファブレインコンサルツ㈱/坪井 淳
○世界のバイオプラスチックは今 第46回/ITIコンサルタント事務所/猪股 勲
○プラスチック成形における不安定流動の制御 第93回/藤山ポリマーリサーチ/藤山光美
○これ、プラスチックで作りました 第41回/バンドー化学㈱/阿部勇喜
○アジアそして世界におけるプラスチックリサイクルの状況(前編)/ ICIS Japan/久戸瀬極

+   プラスチックスの目次配信サービス

プラスチックスのレビュー
総合評価: ★★★★★ 5.00
全てのレビュー:3件

レビュー投稿で500円割引!
プラスチックスを購読して
★★★★★2021年04月28日 ヒサニー 会社員
前々からプラスチックの業界誌を探していました。 2月から定期購読をさせていただいていますが、業界情報満載で業務の上で大変役に立っています。 今後も新しい情報提供宜しくお願いいたします。 全国の成形工場でこんな仕事できますと言った情報があれば、仕事依頼などでもっと広がっていくと思っています。 毎号楽しみに購読させていただいています。
プラスチックスを購読して
★★★★★2021年04月28日 ヒサニー 会社員
前々からプラスチックの業界誌を探していました。 2月から定期購読をさせていただいていますが、業界情報満載で業務の上で大変役に立っています。 今後も新しい情報提供宜しくお願いいたします。 全国の成形工場でこんな仕事できますと言った情報があれば、仕事依頼などでもっと広がっていくと思っています。 毎号楽しみに購読させていただいています。
プラスチックに関わる方たちへ
★★★★★2015年12月10日 ますだ 会社員
化学品メーカーの営業をしています。主にプラスチックの原料の取引をしていますが、プラスチックのことがよくわかります。プラスチックに関わる人には大変勉強になると思います。

プラスチックスのバックナンバー

■特集:プラスチックの環境問題と対策
本特集では、プラスチックの環境対策についてリサイクル環境調和型素材とリサイクルの二つの観点から紹介して頂きました。注目すべき分野の最新動向を実感頂ければ幸いです。

○プラスチック廃棄物の熱分解ガス化/つくば環境工学 小寺洋一/住ベリサイクル㈱/山本哲司/住友ベークライト㈱/石川英治
バーナー加熱のロータリーキルン形式のベンチプラントで、熱分解ガス化の研究を行い得られた物質収支とエネルギー収支を基にスケールアップシミュレーションを行った。これをもとに、本稿では、熱分解プロセスの研究開発の手順、商業運転の事業収支の試算のあらましを解説する。

○プラスチック一括回収の現状と課題/ヴェオリア・ジャパン㈱/宮川英樹
一括回収を行う上で、新たに製品のプラスチックを回収する場合、その仕組みが根付いていることが重要である。また、回収した後にどのように仕分けをするのかシステムを見直す必要がある。同時に、一括回収を市民に多く知ってもらうため、ごみ分別アプリやSNSを活用した積極的な広報活動が必要になる。

○架橋ポリエチレンの再資源化技術と事業化/㈱オオハシ/塩野武男
当社では再生ポリエチレンを用いた敷板「リピーボード」を製造しているが、近年良質な再生ポリエチレンの安定的入手が難しくなり、架橋ポリエチレンのマテリアルリサイクル化を検討した。本稿ではその概要を説明する。

○プラスチックごみ低温化学分解炭素化装置/㈱Alles Klar/中村英樹
本稿で紹介するC works Proはプラスチックごみを低温にて化学分解炭素化する装置である。プラスチックごみより生成された粉末状炭素(カーボン粉末)は、カーボン素材として利用可能となり資源循環による環境負荷低減やコスト抑制につながる。

○セルロース(植物繊維)を用いたプラスチック代替素材の特徴と事例/㈱アミカテラ/増田厚司
modo-cellTMは、セルロースを主原料とするプラスチック代替素材である。植物残渣の有効活用が可能であり、環境性も高い。また既存のプラスチック成形設備での成形も可能で、適用の幅も広い。国内工場の稼働を契機に、プラスチック問題解決の一翼を担えるよう進めていきたい。

○サステナブルな可塑剤による樹脂/ゴムの改質効果/ユングブンツラワー・ジャパン㈱/内田典一
近年、サステナビリティがメガトレンドとなってきていることによりSDGsへ対応することが必要不可欠となってきている。その中で、樹脂添加剤においてもサステナブルな製品への代替が検討されている。そこで、今回CITROFOLを樹脂への可塑剤として評価を行った結果、サステナブルな樹脂改質剤として幅広い用途で使用できることが分かった。

■特設記事:炭素繊維2021
「強くて軽い」炭素繊維に地球環境への貢献の観点で注目が集まっています。本特設記事では炭素繊維に関する最新の取り組みを紹介して頂きました。

○高耐熱CFRPの成形技術と展開/ティーシーエム(同)/松岡幹人
炭素繊維複合材(CFRP)は優れた先端材料として普及が進んでいるが、さらなる要求の一つに耐熱性が挙げられる。一般的なエポキシ系CFRPと高耐熱のポリイミドCFRPとを比較し、特性や成形技術の違いを説明する。

○木造構造物の耐震補強へのCFRPの適用/デザインアンドイノベーション㈱/坂本明男
首都直下地震では2万人超の死者が想定され、木造構造物の崩壊とその後の火災が発生する。地震時に炭素繊維が徐々に切れることでエネルギーを吸収し、木造構造物の柱が土台から抜けることに依る突然の崩壊を防ぐCFRP製の柱脚部補強板AIプレートを開発した。

○脊髄損傷者向けCFRP製長下肢装具の特徴/㈱UCHIDA/落合隼平
事故や怪我などにより脊髄損傷と診断され車いす生活を余儀なくされている方に、もう一度自分の足で歩く喜び・歩く機会を提供することを目的に開発した、従来装具の課題を解決するCFRP製長下肢装具「C-FREX」について紹介する。

■一般記事
○蒸着法により銅合金コーティングした抗ウイルスフィルムの特徴と事例/三井化学㈱/小田川健二・廣田幸治・福本晴彦

■連載
○大自然を科楽する 第67回/青野哲士
○トヨタ生産方式をプラスチック成形に応用しよう 第13回/技術オフィスTech-T/高原忠良/アルファブレインコンサルツ㈱/坪井 淳
○世界のバイオプラスチックは今 第46回/ITIコンサルタント事務所/猪股 勲
○プラスチック成形における不安定流動の制御 第93回/藤山ポリマーリサーチ/藤山光美
○これ、プラスチックで作りました 第41回/バンドー化学㈱/阿部勇喜
○アジアそして世界におけるプラスチックリサイクルの状況(前編)/ ICIS Japan/久戸瀬極

■特集:プラスチックの検査・測定から分析まで
プラスチック成形品の品質向上には、検査・測定・分析のプロセスが不可欠です。本特集ではこの分野の最新動向と事例について紹介頂きました。

○海洋中におけるプラスチックの生分解性の評価方法/化学物質評価研究機構/田口浩然・菊地貴子
近年、プラスチックによる海洋汚染が問題化し、その解決策として「海洋生分解性プラスチック」の開発・普及が期待されている。本稿では、材料の海洋生分解性の評価方法に関するISO規格の評価や、実海域での簡易的評価の事例について紹介する。

○微小紫外線(マイクロUV)照射による樹脂材料・製品の耐候性加速試験/OKIエンジニアリング㈱/高貫智久
耐候性試験とは、JISやISOなどで決められた規格試験の一つで、屋外環境を模した状態を再現した環境に長時間放置し、試験対象の劣化の度合いを評価する試験である。本稿では、従来の耐候性試験の課題を補う新たな試験方法を紹介する。

○分光測色計によるプラスチックの色/光沢管理/コニカミノルタ㈱/岸田彩花
意匠性が高いプラスチック製品が開発される中で、色の評価だけでなく、光沢を評価する重要性が高まっている。当社が開発した分光測色計「CM-36dG」は、色と光沢の同時測定を可能にした。高精度でロバスト性の高いCM-36dGを用いて、色と光沢を測定する効果を紹介する。

○三次元マルチセンサー測定機の特徴と事例/イースタン電子工業㈱/津田信一
マイクロ・ビューの三次元測定機は使い易さを追求したシステムで、広範な測定範囲と測定重量を提供し、かつ業界最高水準の高精度と高性能並びに高速度を提供する。本稿では、その特徴と用途を紹介する。

○コンセプト装置で見る、より良い検査の形/ヴィスコ・テクノロジーズ㈱/亀田明彦
6面外観検査装置「無双Ⅱ」は、汎用型画像処理検査装置「VTV-9000」シリーズを搭載するコンセプト装置である。マッチ箱大の立体成形物の全6面を検査するために独自に考案されている。本稿では、その特徴と事例を紹介する。

○凍粉砕による高分子分析の前処理の特徴と事例/日本分析工業㈱/大栗直毅
プラスチック添加剤の分析のため溶媒抽出を効率的に行うには試料の微粉砕化が必要となる。本稿では、プラスチックや加硫ゴムの添加剤分析の前処理用に開発された冷凍粉砕機を紹介する。
■特設記事:不織布の現在
コロナ禍で大活躍した素材の一つが繊維を絡み合わせて製造する不織布。本特設記事では不織布の現状と応用展開について紹介頂きました。

○アレル物質低減加工不織布の機能と特長<ユニダイヤ>/ユニチカ㈱/千塚健史
バインダー樹脂を用いて無機系機能性微粒子を繊維上に担持させたポリエステルスパンボンド不織布「ユニダイヤ」は、1枚の不織布でアレル物質低減効果等の六つの繊維上の機能を有する高機能不織布である。本稿では、これらの機能の評価結果や用途例などを紹介する。

○生分解性不織布の特徴と事例<BioPBSTM>/㈱アクシス/三輪信一郎
ポリブチレンサクシネート(PBS)は土中の微生物により、水と二酸化炭素に自然分解される生分解性プラスチックである。当社では環境保護の観点からPBSを用いたスパンボンド不織布の製造に着手した。本稿では、その特徴と事例を紹介する。

■一般記事
○[解説]樹脂加工に特化した水溶性切削油の特徴と効果/㈱RAISER MOON/根本達広
○[解説]APF方式による樹脂3Dプリンタの特徴と造形事例/㈱シーケービー/樋浦 匠

■連 載
○大自然を科楽する 第66回/青野哲士
○トヨタ生産方式をプラスチック成形に応用しよう 第12回/技術オフィスTech-T/高原忠良
○世界のバイオプラスチックは今 第45回/ITIコンサルタント事務所/猪股 勲
○分子切断速度(n0k)で楽々シミュレーション 第5回/(元)アモコ・パフォーマンス・プロダクツ/安永茂樹
○プラスチック成形における不安定流動の制御 第92回/藤山ポリマーリサーチ/藤山光美
○これ、プラスチックで作りました 第40回/㈱三洋/三砂 仁
○繊維強化プラスチック短信 第2回/FRP Consultant㈱/吉田州一郎
○助っ人工業デザイナーの独り言 第74回/㈱H&Adesigners/鈴木英夫

■特別企画
◆2021名古屋プラスチック工業展 出展製品紹介
1,650円
■特集:添加剤・フィラーを活用する
機能性に富んだプラスチック製品の実現には、添加剤、フィラーの使用が必要不可欠です。本特集では、進展著しい添加剤・フィラーの最新情報を紹介して頂きました。

○新規リキッドマスターバッチによるプラスチック成形品の着色/トーヨーカラー㈱/五島 宏
身の回りで使用されるプラスチックの用途はさまざまで、多種多様なデザインが存在する。また、プラスチック成形品に加飾することで、多様なデザインの表現が可能となる。リキッドマスターバッチは、染料・顔料・添加剤などを液状分散媒に分散したプラスチック用着色剤で、低添加部数でも分配性が良好で、特に淡色・透過色の着色に優れる。

○熱伝導フィラーとしての窒化アルミニウム粉末の特徴と事例/東洋アルミニウム㈱/菅野周平・札場哲哉・上霜浩昭
当社熱伝導フィラーとして、金属の中で比較的熱伝導率の高いアルミニウム粉末と、絶縁でかつ熱伝導率の高いセラミックスである窒化アルミニウム粉末の2種類をラインアップしている。熱伝導フィラーには絶縁性能を要求される用途が多く、本稿では主に窒化アルミニウム粉末のTFZシリーズについて紹介する。

○サステナビリティ時代の生分解性改質剤の特徴/ユングブンツラワー・ジャパン㈱/内田典一
昨今の地球環境問題に対応するために、石油代替製品の使用は緊急性を要している。その中でCITROFOLは、安全性の高い生分解性のバイオベース可塑剤として有用であり、さまざまな樹脂、およびPLA等のバイオプラスチックにとても相性のよい改質剤となっている。

○生分解性プラスチック促進剤の生分解機構とその市場展開/ピーライフ・ジャパン・インク㈱/冨山 績
当社は、本来生分解が困難なポリオレフィン樹脂を微生物による分解を促す添加剤「P-Life」を開発・販売している。本稿では、本材料の特徴、ポリオレフィンポリマーの生分解機構、さらには国内外での市場展開について述べる。

○銀イオン抗菌パウダーの特徴と事例/AETP Japan(同)/丹羽秀人
Nanox社の銀イオン抗菌パウダー「NNX-TECH1000」のベース材であるシリカは多孔質で吸着能力に優れているため、銀イオンを保持するのに最適である。食品接触材ということもあり、米国食品医薬品局から承認を受けている。本稿ではその特徴を紹介する。

○ポリスチレン製ナノ粒子の特徴と事例/ナノ・ミール㈱/内山昌一
ポリスチレン製ナノ粒子は、アクリルやシリカ粒子にない優れた特徴を持つ。これらの特徴、およびこれを生かした構造色や3次元規則性配列多孔体、ナノスフィアリソグラフィなど今後期待される応用例を紹介する。

○ABSの耐薬品性を向上する添加剤/三洋化成工業㈱/徳永浩信・樋口晋太郎
ABS樹脂は機械強度のバランスや成形加工性に優れるが、薬品への耐性が低い。当社の耐薬品性向上剤により、ABSの耐薬品性の大幅向上が可能となった。作用メカニズムおよび適用例を紹介する。

○フッ素系改質剤の特徴と事例/AGCセイミケミカル㈱/三橋雅人
フッ素の持つ特徴から、フッ素系界面活性剤は樹脂に添加した際に、撥水撥油性や表面移行性を発現する。対象となる樹脂によっては、加工温度が高くなるが、それに耐える耐熱性を持たせることにも成功した。本稿ではその概要を紹介する。

■特設記事:試作少量生産の現況
プラスチック製品の試作・少量生産には多様なアプローチが存在します。本特設記事ではその現況を紹介して頂きました。

○中小企業団体による試作特化型ソリューション提供サービス/京都試作ネット/本田将仁
小さな町工場の集まりが、如何にして顧客と共に社会課題の解決まで行えるようになったのか。原動力となった危機感とは何か。目の前の仕事だけではなく、未来を見据えた仕事に取り組んだ京都試作ネット20年間の歴史の紹介である。

○射出成形を用いた多品種小ロット生産への取り組み/㈲ヨネプラ金型/鈴木敦子
近年、量産よりも多品種小ロットが望まれる時代になり、開発商品のサンプル製作や小ロット製作の問い合わせが増えている。小ロット生産や開発商品製作は、世に出ていない商品に関われ、そしてそれらが売れるという夢もある。本稿では、当社の多品種小ロット生産への取り組みについて紹介する。

■一般記事
○[解説]ずっと滑らか~潤滑油と超高分子量ポリエチレンの複合部品/福井精機工業㈱/清水一蔵

■連載
○世界のバイオプラスチックは今 第44回/ITIコンサルタント事務所/猪股 勲
○分子切断速度(n0k)で楽々シミュレーション 第4回/(元)アモコ・パフォーマンス・プロダクツ/安永茂樹
○これ、プラスチックで作りました 第39回/㈱プラセス/甲村尚久
○のぞいてみよう、バイオミメティクス 第24回/東洋大学/窪田佳寛・望月 修・寺田信幸
○繊維強化プラスチック短信 第1回/FRP Consultant㈱/吉田州一郎
○助っ人工業デザイナーの独り言 第73回/㈱H&Adesigners/鈴木英夫
○大自然を科楽する 第65回/青野哲士

1,650円
■特集:海洋プラスチックごみ削減を目指して
海洋プラスチックごみ問題は今や、世界をあげて取り組むべき課題となりました。プラスチック業界も前向きにこの問題の解消へと取り組んでいます。弊誌初となる本特集ではそのアプローチの一端を紹介いたします。

○音響収束によるマイクロプラスチックの濃縮回収分析に向けて/信州大学/秋山佳丈
近年、微小なプラスチック片であるマイクロプラスチックの環境への影響が危惧されている。本稿では、超音波による音響収束を利用したマイクロプラスチックの濃縮回収技術開発に向けた基礎的検討結果に加えて、同技術を応用した連続画像分析について紹介する。

○船外機用マイクロプラスチック回収装置の特徴と効果/スズキ㈱/佐藤卓弥
水中のマイクロプラスチックを回収するために、船外機のエンジン冷却を終えた冷却水に着目し、戻し水通路上に専用フィルタを組み込んだ回収装置を開発した。この装置の構造説明と海外・国内で実施したモニタリング試験結果を紹介する。

○きれいな水辺を実現するマイクロプラスチック回収装置の特徴と事例/㈱平泉洋行/池田 隆
マイクロプラスチックの回収は研究・調査目的で行われることが多く、その原因の特定がされつつある。マイクロプラスチック回収装置として、浮桟橋固定型のシービンと海洋ドローン型(リモート運転、自動運転)のジェリフィッシュボットの2種類を紹介する。

○環境に優しい酢酸セルロース球状微粒子の特徴と事例/㈱ダイセル/小林慧子
当社は、成形のしやすさと柔らかさを持つ酢酸セルロースを用いて微粒子素材の開発を試みた。酢酸セルロースは、天然に存在する木材パルプと酢酸を使用して製造される。今回、酢酸セルロースからなるエコフレンドリーで柔らかい真球状微粒子BELLOCEAについて報告する。

○新しい赤外分光法によるマイクロプラスチック分析へのアプローチ/アジレント・テクノロジー㈱/親泊安基・金岡 智
近年、環境を汚染するマイクロプラスチックについて様々な研究が行われている。その中で、赤外分光法による種類判別は重要な分析項目である。ここでは、 Laser Direct Infraredケミカルイメージングシステムによるマイクロプラスチック分析について紹介する。

■特設記事:効率化進む成形プロセス
プラスチック成形工程において、成形機以外の機器、システムでさまざまな手法を用い、高効率化が図られています。本特集ではその手法について各社にご紹介頂きました。

○スマートファクトリー実現のための無人倉庫の構築について/サンプラスチックス㈱/小西智也
ネットワークで一元管理されている工場のことを、当社ではスマートファクトリーと呼んでいる。スマートファクトリー実現に向けた自動物流倉庫システムの構築と無人フォークリフト(AGF)の運用方法について紹介する。

○町工場の日報見える化アプリの特徴と事例/㈱サンコー技研/田中 敬
スマホとQRコードで簡単に作業の記録&データ見える化を実現する作業日報アプリ【スマファク!】は、町工場がつくった町工場のためのモノづくり現場に最適な作業日報アプリである。本稿では、スマファク!を開発に至った背景とサービスの特徴、そして可視化による効果について紹介する。

○金型メンテナンス支援システムの特徴/㈱松井製作所/井奥健也
自らは、いかなる情報も発しない金型の見える化を可能とする【Smart Shot Counter】。金型管理の最も基本となるショット数を簡単かつ確実に管理しつつ、成形現場のIoT化を促進させる拡張性や、センシングデバイスとしての多様性を持ち合わせた次世代のショットカウンタを紹介する。

■短期連載
○成形加工のDX試行 後編/技術オフィスTech-T/高原忠良/㈱富士テクニカルリサーチ /名取 孝・大友一之・永洞和宏/㈱プラスチック工学研究所/辰巳昌典・鬼防 崇

■連載
○大自然を科楽する 第64回/青野哲士
○トヨタ生産方式をプラスチック成形に応用しよう 第11回/技術オフィス Tech-T/高原忠良
○世界のバイオプラスチックは今 第43回/ITIコンサルタント事務所/猪股 勲
○分子切断速度(n0k)で楽々シミュレーション 第3回/(元)アモコ・パフォーマンス・プロダクツ/安永茂樹
○プラスチック成形における不安定流動の制御 第91回/藤山ポリマーリサーチ/藤山光美
○のぞいてみよう、バイオミメティクス 第23回/東京大学/吉田 亮
○助っ人工業デザイナーの独り言 第72回/㈱H&Adesigners/鈴木英夫

■特別企画
<プラスチック関連輸入機器・ソフトウェア/ファイル>

1,650円
■特集:複合材料は今
複合材料への注目は、自動車や工業製品への軽量・高強度化へのニーズにより留まるところを知りません。本特集では最新の複合材料と製造技術について紹介して頂きました。

○バインダーを用いない炭素繊維三次元構造体の高速形成/龍谷大学/森 正和/岡山大学/池田 直
炭素繊維の成形技術には、不織布製造法、静電植毛法、加圧成形法などがある。われわれは、従来の炭素繊維成形技術とは異なる、バインダーを必要としない炭素短繊維成形法を開発したので紹介する。

○炭素繊維強化樹脂(CFRP)の再資源化技術/千葉大学/和嶋隆晶
炭素繊維強化樹脂の動向とその再資源化技術に関する研究・開発について概説し、本研究室で研究・開発を進めているアルカリ水酸化物を活用した廃炭素繊維強化樹脂の再資源化技術について紹介する。

○次世代を担うセルロースファイバー高配合複合樹脂/エフピー化成工業㈱/赤澤英郎・望月彩実
プラスチック製品のごみ問題や、処理における炭素排出量の問題が叫ばれる中、環境に配慮した複合樹脂の開発に成功した。植物由来のカーボンニュートラルな素材であるセルロースファイバーを高配合でき、流動特性も調整できる。石油由来樹脂の使用を大幅削減できる樹脂である。

○FPR特殊塗装工法の成り立ち.耐蝕性発現のメカニズムと特徴/㈱FRPカジ/佐藤政志
FRP特殊塗装工法Rはビス系ビニルエステル樹脂を主成分とする高耐薬品性マトリックス樹脂に、強化繊維であるガラス繊維を組み合わせることで、材料そのものの機械特性、物理特性を向上した。本稿では当該工法の特徴とメッキ/表面処理工場での暴露試験結果について述べる。

○複合材3Dプリンタの特徴と事例/東レエンジニアリング㈱/酒井博史
既存の複合材3Dプリンタは、造形における3Dプリンタ特有の課題があった。当社では、この問題を解決可能な独自のコアシェル方式を着想し、新たな複合材3Dプリンタを開発したのでその概要を紹介する。

■特設記事:ホットメルトモールディングの動向
本特設記事では、ホットメルトモールディングの最新動向、成形装置および使用材料について紹介して頂きました。

○ポッティングを代替する電装部品の封止技術/松本加工㈱/澁谷雅一
自動車部品、IoT分野などで、電装部品封止の需要が高まっている。従来電装部品の封止には2液ポッティングが多く用いられているが、小型化の難しさ、長い硬化時間など設計面、工程面の課題も多い。本文では、上記課題を解決する代替封止技術「ホットメルトモールディング」の特徴、ポッティングとの違い、代表的な採用実例を紹介する。

○ホットメルトモールディング用射出成形機の特徴と最新事例/日精樹脂工業㈱/戸澤啓一
ホットメルトモールディングの最新事例について使用用途や特徴などを述べる。そして、それらホットメルトモールディングに適する最新の射出成形機STXシリーズを紹介する。

○低圧射出成形用ポリアミドホットメルトの特徴と事例/ボスティック・ニッタ㈱/奥山麻依子
近年、特に自動車や家電製品の分野において、ホットメルト接着剤による低圧射出成形(LPM)が注目されている。本稿では、その成形工法の特徴とそれに用いられる当社ポリアミドホットメルト製品「Thermelt(サーメルト)」について紹介する。

■短期連載
○成形加工のDX試行 前編/技術オフィスTech-T/高原忠良/㈱富士テクニカルリサーチ/名取 孝・大友一之・永洞和宏/㈱プラスチック工学研究所/辰巳昌典・鬼防 崇

■連載
○大自然を科楽する 第63回/青野哲士
○トヨタ生産方式をプラスチック成形に応用しよう 第10回/技術オフィス Tech-T/高原忠良
○世界のバイオプラスチックは今 第42回/ITIコンサルタント事務所/猪股 勲
○プラスチック成形における不安定流動の制御 第90回/藤山ポリマーリサーチ/藤山光美
○これ、プラスチックで作りました 第38回/トーホー工業㈱/飯島俊英
○助っ人工業デザイナーの独り言 第71回/㈱H&Adesigners/鈴木英夫
1,870円
■特集:統計でみるプラスチック産業の一年~2020年産業統計資料集~
本特集では主要樹脂および製品の2020年の動きをまとめて頂きました。コロナ禍が世界を覆った一年であり、統計数値も例年のカーブとは違った特筆すべきものが並びました。

○JPIF 2020年統計資料集/概況/日本プラスチック工業連盟/加藤英仁
わが国の2020年のプラスチック生産量は前年比△8.3%の9,631千トンと大幅減少し、四半期毎の生産量は、2017年の第4四半期から13四半期連続で前年同期を下回っている。特に、緊急事態宣言発令の影響により2020年第2四半期が大きく落ち込んだ。本稿では国内外のプラスチック産業の動きを概観する。

○ポリエチレン/石油化学工業協会/飛田利雄
2020年の低密度/高密度ポリエチレンの生産・出荷は、定修系列数の増加に加えて、新型コロナウィルスの感染拡大に伴う製造業、サービス産業、個人消費の低迷に伴い、第2四半期に生産・出荷が大きく落ち込むこととなった。第3四半期以降、徐々に出荷の回復の兆しがみられるもその足取りは重く、年間では低密度/高密度ともに輸出を加えた出荷全体でも前年割れとなった。このような中、高密度ポリエチレンの出荷動向では、出荷先での変化が見られはじめ、レジ袋有料化も相俟って、フィルム用途向けの出荷割合が低下する代わりに、中空成形分野の出荷にシフトするなどの構造的な変換が見られた。

○ポリプロピレン/石油化学工業協会/飛田利雄
2020年のポリプロピレンの生産、出荷動向はポリエチレン系製品に比べて、産業分野の用途が多く、第2四半期には自動車産業の一時的な工場の停止等の生産調整の動きの影響を直接受け、生産、出荷ともに前年を大きく下回る状態を迎えることとなった。第3四半期以降は自動車産業等の生産の回復を受け、これに沿った出荷増加基調で推移するかたちとなるも、年間通して生産、国内出荷は前年割れ、唯一輸出のみが前年を上回った。また、通常は大きな変動がない繊維分野においては、感染防止のためのマスク、医療用従事者用ガウン等での利用が進み前年を5%上回るなど、新分野の台頭することとなった。

○ポリスチレン樹脂/日本スチレン工業会/後藤英明
2020年の生産、出荷は新型コロナによる需要減退で前年を下回った。国内出荷と輸入品を含めた国内総需要でも前年を下回り、63.7万トンとなった。アフターコロナを含め国内外の景気動向を注視している。2020年はポリスチレンメーカーよりポリスチレンリサイクルについて実証への取り組みを発表した年となった。サプライチェーン全体で連携しながらリサイクルに向けて進めており、今後の具体的成果を期待している。

○ABS樹脂/編集部
2020年ABS樹脂出荷は通期で29万5,376トンで、前年比86.3%であった。このうち国内用途が66.8%を占める。また、2020年国内用途別出荷実績を本稿で示す。軒並み10%前後減少の結果となった。

○塩化ビニル樹脂/塩ビ工業・環境協会/城田英之
2020年の塩化ビニル樹脂の生産量は新型コロナウイルスの影響により158.6万トンで対前年比93.9%、総出荷量は160.9万トンと対前年比94.8%であった。主要輸出先はインド、中国、ベトナムで全体の約88%を占めている。新型コロナの蔓延にも関わらずアジア圏で旺盛な需要が継続している。

○メタクリル樹脂/石油化学工業協会/飛田利雄
コロナ禍のもと、国内外の自動車産業等の川下産業における需要低迷の影響を受け、MMAモノマー、PMMAの成形材料は、第2四半期に大きな落ち込みがみられたが、国内での自動車生産の正常化の動きとともに中国の生産活動の急回復を受け、出荷が戻りつつも、MMAモノマーの生産、出荷は前年割れ、PMMAの成形材料でも生産、国内出荷が前年を下回った。他方、押出板、注型板関係では、2020年は感染防止対策からの仕切り版向けに出荷が増加するなど特殊需要による増加が見られ、年間でも生産、国内向けの出荷ともに二桁台の増加となった。

○液晶ポリマー/上野製薬㈱/大杉健太
液晶ポリマーは電気電子部品や情報通信関係部品等を中心に伸張してきたスーパーエンジニアリング・プラスチックである。本稿では最近の需要動向について、市場からの情報を例に解説する。また技術動向については当社の取り組みをもとに紹介する。

○変性ポリフェニレンエーテル/三菱エンジニアリングプラスチックス㈱/大木宏明
ポリフェニレンエーテル樹脂は、主に他の樹脂とのポリマーアロイ材(変性PPE)として利用される。低比重、耐熱性、寸法安定性、低吸水性、難燃性などの特徴を持ち、家電、自動車など電装部品や電気電子・OA機器に使用されるなど幅広い分野で使用されている。

○ポリアセタール樹脂/三菱エンジニアリングプラスチックス㈱/池田剛志
ポリアセタール(POM)は、1960年にDuPont社がホモポリマーを、1962年にCelanese社がコポリマーを相次いで商品化した60年の歴史を持つエンジニアリングプラスチックである。POMは結晶性が高く、機械物性、耐疲労性、耐摩擦・摩耗性、耐薬品性をバランス良く有した樹脂であり、このため、複雑なコンパウンドを施さない、いわゆる標準グレードが広く使用され、その用途は自動車、OA、電気・電子、衣料・雑貨など多岐に。ポリアセタール樹脂(POM)の世界需要は2018年には130万トンに達したと推算されていたが、2020年は110万トン程度まで落ち込んだと見られる。2020年はイレギュラーな年と捉え、本稿では2019年までの需給トレンドにも合わせて触れる。

○ふっ素樹脂/編集部
原料ふっ素樹脂の2020年国内生産量は2万5,066トンと5年ぶりの前年度割れとなった。ふっ素樹脂製品の品目別出荷額は92,702百万円で、ふっ素樹脂の金額が100%の加工品Aが23,241百万円、50%未満の複合品である加工品Cが14,909百万円。産業別で見ると電気機械器具がが41%を占めており、輸送機械器具,一般機械器具がそれに続く。

○軟質塩化ビニル製品/日本ビニル工業会/長草一人
コロナ禍の2020年、軟質塩ビは飛沫感染防止用の間仕切りに塩ビ製のフィルムやシートが数多く利用されるなど、新需要が生まれた。また、緊急事態宣言や巣ごもり効果などによる家庭食へのシフトも進んでいることから、ストレッチフィルムの需要が好調を続けていることも今回の特徴の一つと言える。

○プラスチック板/編集部
2020年のポリカーボネート平板・波板および硬質塩化ビニル平板・波板の生産出荷動向を紹介する。ポリカーボネート波板においては32波が生産の94%を占め残りが特派となった。ポリカーボネート平板はほぼ全量が国内向けに出荷されている。硬質塩化ビニル平板においては工業用途が56%を占める。輸出は3%程度である。

○硬質塩化ビニル管・継手/塩化ビニル管・継手協会/山口秀美
2020年度の硬質塩化ビニル管の生産累計は、21万199トン(前年比90.8%)、硬質塩化ビニル継手の生産累計は、1万9,817トン(前年比88.0%)である。 2020年度の出荷累計は、20万8,143トン、硬質塩化ビニル継手の出荷累計は、1万9,901トンとなっており、2020年度の出荷量は新型コロナウイルスの影響もあり、前年度より約1割の減少であった。

○ポリオレフィンフィルム/日本ポリオレフィンフィルム工業組合 中村好伸
2020年のポリオレフィンフィルムの出荷状況は、低密度ポリエチレンフィルムが30万3,273トン(対前年比93.8%)、高密度ポリエチレンフィルムが13万4,320トン(同79.5%)、ポリプロピレンフィルムは、4,094トン(対前年比67.5%)、合計では44万1,658トン(対前年比88.6%)となった。

○ポリプロピレンフィルム/編集部
2020年は、延伸ポリプロピレンフィルム(OPPフィルム)は内需が22万951トンで前年比98.3%減。輸出は3,033トンで同83.9%。合計22万3,984トンで前年比98.1%であった。

○ポリウレタンフォーム/ウレタンフォーム工業会/平松利夫
2020年のポリウレタンフォームの生産・出荷実績統計を示す。また、ポリウレタンフォーム業界として抱える課題と対応について紹介する。

○発泡スチレンシート/発泡スチレンシート工業会/草西 稔
2020年の発泡スチレンシートの出荷量は昨年を上回る103.1%の伸長率で106.8千トンの出荷実績となった。トレー用、一般反の出荷が多く、スーパー等での需要が大きく伸びた。今後も用途別の出荷状況を注視しつつ、国のプラスチック資源循環に対応したリサイクルを業界あげて取り組んでいく。

○PETボトル/PETボトルリサイクル推進協議会/浅野正彦
PETボトル用の樹脂需要は、2019年(暦年)75.7万トンで対前年比2.1%増。これは、清涼飲料等(2.2%増)の好調によるものであった。2019年度のPETボトルリサイクル率は85.8%と目標値の「85%以上の維持」を達成、世界トップレベルのリサイクル率を維持している。

○発泡スチロール/発泡スチロール協会/鈴木高徳
2020年の発泡スチロール(EPS:ビーズ法発泡ポリスチレン)の出荷実績は、122,609t(国産原料113,675t、輸入原料8,934t)で前年比95.7%。ライフグッズ向けは順調であったが、弱電部門と建材・土木部門は、前年を大きく下回る出荷実績であった。2019年、使用済みEPSの資源としての有効利用率は89.5%であった。

○不織布/日本不織布協会/北洞俊明
成長を続けている不織布産業。国内では、一昨年は米中経済問題、中国の転売規制法また日韓の諸問題等の影響から、衛生材料用、自動車用も減少し、前年対比計約6%の減少の32万トンとなった。2020年の年間生産量は30万トン程度に減少すると予想される。

○炭素繊維/編集部
品質、出荷量ともに世界をリードしている国内炭素繊維業界。2019年の炭素繊維出荷量は前年比0.5%増の24,876トンと前年比で微増ながらも、過去最大を更新した。期中では上半期が前年比増加したのに対し、下半期は減少した。用途別にみると産業用が減少し、全体で前年比1.0%減。輸出は航空宇宙用が好調で、全体で0.9%増となった。輸出比率は80.1%と前年から0.3ポイント上昇した。

○可塑剤/可塑剤工業会/山崎英夫
可塑剤とは、ある材料に柔軟性を与えたり、加工をしやすくするために添加する物質である。2020年の可塑剤の生産量としては22万8,419トン(前年比で11.8%減少)、出荷量としては23万6,133トン(前年比で8.1%減少)となった。

○廃プラスチックの処理/(一社)プラスチック循環利用協会/半場雅志
2019年の日本の廃プラスチック量は850万tで、そのうち有効に利用された廃プラスチックの量は726万tであった。廃プラスチックの有効利用率は、主にサーマルリサイクル量の増加により、前年に比べ2ポイント増の85%となった。

○プラスチック加工機械/日本プラスチック機械工業会/柴田 稔
2020年の成形機(射出、押出、ブロー)の生産は、昨年のプラスチック加工機械の生産等の統計をまとめる。受注は年後半からの中国の需要の急回復により2018年も2017年に引き続きプラスチック加工機械(各種成形機)の生産は高水準であった。生産金額では射出成形機が伸びたものの、押出機とブロー成形機は減少した。

■連載
○大自然を科楽する 第62回/青野哲士
○トヨタ生産方式をプラスチック成形に応用しよう 第9回/技術オフィス Tech –T/高原忠良
○世界のバイオプラスチックは今 第41回/ITIコンサルタント事務所/猪股 勲
○分子切断速度(n 0k)で楽々シミュレーション 第2回/(元)アモコ・パフォーマンス・プロダクツ/安永茂樹
○プラスチック成形における不安定流動の制御 第89回/藤山ポリマーリサーチ/藤山光美
○これ、プラスチックで作りました 第37回/福山大学/伍賀正典
○助っ人工業デザイナーの独り言 第70回/㈱H&Adesigners/鈴木英夫

新聞・業界紙の売上ランキング

最大
10%
OFF
送料
無料

The Japan Times Alpha(ジャパンタイムズアルファ)

2021年12月03日発売

目次: 今週号の主要コンテンツ

ニュース:国内外の主要な出来事や日本語メディアでは報じないニュースを英語でお届け
―――――――――――――――――――――――
[Top News]
Shohei Ohtani caps season with American League MVP award
大谷選手、満票でアメリカンリーグ MVP 受賞


[Easy Reading]
French dictionary adds nonbinary pronoun to online edition, sparking debate
仏語辞書、性差のない代名詞加える 一部閣僚らは反発


[National News]
Japan considering releasing oil reserves
政府、石油の国家備蓄放出を検討
、他


[World News]
More kids in hospital as smog smothers Delhi
ニューデリーで大気汚染による健康被害が深刻化
、他


[Business & Tech]
Alibaba’s Singles Day sales grow just 8.5%
アリババ「独身の日」セール、取扱高は過去最低の伸び


[Focus]
Fears of rising baguette prices pose crunch for the French
仏経済状況のバロメーター、バゲットの価格上昇か


[This Week’s OMG!]
Millionaire pooch selling Miami villa for $32M
犬、所有する大豪邸を36億円で売りに出す


コラム:ニュース以外の多様なジャンルの読み物記事
―――――――――――――――――――――――
[シネマ倶楽部]
今週お届けするのは、クラシック楽曲と世界を巡る、極上の音楽ミステリー “The Song of Names”です。


[Center Spread]
世界各国のニュースを美しいカラー写真と共にお届けします。今週はウズベキスタンで、異常気象で作物が不作、伝統料理プロフの価格高騰している現状についてお届けします。


[Essay]
世界各国に在住するライターから届くエッセーを紹介します。今週登場するのはサマンサ・ロンさんです。筆者は数ヵ月前、「黙殺」という言葉を知りました。物騒な漢字の組み合わせが心に残り調べてみると、無視をされることは人間にとって非常に大きな苦痛であり、文字通り人の命に関わる問題に発展し得る場合があるのだと分かりました。


[LUANN]
少しずつ成長を続ける主人公の大学生ルアンとその家族、友人の日常を描くほのぼのアメリカンコミック。生きた「いまどき英語」の宝庫です。


[Interview]
英語を使って世界で活躍する人を取り上げます。今週登場するのは15歳で渡米し、マイアミ大学を卒業した菊川万葉さんです。菊川さんは、7年前から父親と共に造ってきたツリーハウス・リゾート施設を今年8月、沖縄県名護市にオープンさせました。


学習コンテンツ:英語のさまざまなスキルを磨く連載
―――――――――――――――――――――――
[Small Talk About News]
ニュースで雑談するコーナー。北海道日本ハムファイターズの監督に米大リーグでも活躍した新庄剛志さんが就任しました。今週は新庄節がさく裂した就任会見を見た会社の同僚2人の会話を見てみましょう。


[Fast Fun Facts]
英語で豆知識を楽しむコーナー。元は炭鉱労働者の作業着であったジーンズは、今ではカジュアルなファッションの定番アイテムとなりました。今回は、そんなジーンズの語源や、文化との関わりといったテーマについて読んでみましょう。


[英語なるほど Q&A]
このコーナーでは、読者の皆様からの英語に関する質問にお答えします。ご応募をお待ちしています!今週はもともと2つの単語が1つになったものを複合語についてご説明します。


[Odds&Ends]
やさしい英語の正しい使い方について学ぶコーナー。今週のテーマは”Black Friday”です。


[Word Wonders]
英語表現のトリビアをご紹介するコーナー。2つの語を組み合わせて作った言葉を「かばん語」という。かばん語は複雑な意味を端的に表すことができ非常に便利です。芸能から科学技術、政治に関するものまで、英語のかばん語を見てみましょう。


[Business Spotlight]
日本で、世界で成功している数々の企業。その成功の裏側にはどのような物語があるのでしょうか。企業の歴史、人、画期的な取り組みなどについて読んでみましょう。今週はカメラ事業撤退を昨年発表した、オリンパスについてです。


[教えて!日本のコト]
日本の大学に留学中のアメリカ人女性 Lillian。彼女が日本で生活する中で感じる疑問に、英語で答えてあげましょう。今週はケーキのようなサンドイッチのような菓子パンに目がくぎづけの彼女に「シベリア」について説明してみましょう。


[Crossword Puzzle]
英語でクロスパスワードに挑戦!正解者の中から、抽選で素敵な賞品も当たります。


[Life as an Expat]
トロント駐在中の須藤健の海外奮闘記をお届けします。











※この他、多数のコンテンツを掲載しています

参考価格: 320円 定期購読(月額払いプラン)なら1冊:288円

The Japan Times Alpha -- 英字新聞だから身につく 世界の視点、確かな英語力

  • 2021/11/26
    発売号

  • 2021/11/19
    発売号

  • 2021/11/12
    発売号

  • 2021/11/05
    発売号

  • 2021/10/29
    発売号

  • 2021/10/22
    発売号

送料
無料

The Japan Times / The New York Times Weekend Edition

2021年11月27日発売

目次: The Japan Times / The New York Times Weekend Edition
2021/11/27 No.43,549
The Japan Times section contents

NEWS
------------------------
[National]
・Cabinet approves draft extra budget
・Tokyo to relax dining guidelines ほか

[Business]
・Black Friday sales gain traction in Japan
・BOJ’s newest board member sees Japan inflation creeping up ほか

[World]
・China tensions spark riots in Solomon Islands
・Asia’s virtual influencers offer glimpse of ‘metaverse’ future ほか

[Sports]
・Keep calm and carry on: Jones keeps Orix alive
・Hitomi Miyashita’s long road to 1,000 wins in horse racing ほか

[week in review]
・As energy prices climb, hidden inflation hits Japan
・SoftBank’s Son bets on narcolepsy drug for sleep-deprived Japan ほか

[Media]
・Reporter’s death puts spotlight on media landscape

[Longform]
・Shaky ground: Is Tokyo prepared for the ‘Big One’?

OPINION
------------------------
・Release oil, but only to facilitate a transition to renewables

参考価格: 350円

国際的な視点に立って、国内の日刊紙では読めない幅広い話題を提供

  • 2021/11/20
    発売号

  • 2021/11/13
    発売号

  • 2021/11/06
    発売号

  • 2021/10/30
    発売号

  • 2021/03/28
    発売号

  • 2021/03/21
    発売号

週刊英和新聞Asahi Weekly (朝日ウイークリー)

2021年11月26日発売

目次: 週刊英和新聞 Asahi Weekly (朝日ウイークリー)

2021/11/28号

This Week
On the Cover
ベーブ・ルース以来の快挙

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手が、アメリカン・リーグの最優秀選手(MVP)に満票で選ばれました。本塁打数で首位を争いながら、先発投手としてマウンドに立ち続けたことがベーブ・ルース以来の快挙と評価されました。日本人の受賞はイチロー選手以来2人目です。28日号の表紙は、MVP発表を4日後に控え、東京都内の日本記者クラブで記者会見に臨んだ大谷選手です。


◇今週の注目記事 ================

◇Interview: 正しい英語発音法を伝授
DJや司会者として活躍中のピーター・バラカンさんが、英語を正しく発音するコツを教える本を出版しました。日頃仕事などを通して日本人の使っている英語にたくさんのアドバイスをしているというバラカンさんに、本を出版した背景と今の日本人の英語学習で必要なことについて聞きました。

◇Travel: 米テキサス州サンアントニオ
観光客に人気があるボートツアーのガイドが「米国一の幽霊都市です!」と説明する、米国で最も幽霊が出やすい都市の一つだと言われています。映画で有名なテキサス独立戦争の戦場アラモもあります。

◇Movies: ダ・ヴィンチは誰に微笑む
レオナルド・ダ・ヴィンチ最後の絵画とされ、長らく行方不明だった「サルバトール・ムンディ」が2017年、美術史上最高額の510億円で落札されました。この絵を巡る謎や裏話などを追いながら、アート界の闇に切り込むドキュメンタリーです。

◇Weekly Picks: セサミストリート初のアジア系マペット
子ども向け番組「セサミストリート」の仲間に、韓国系米国人の少女のジ・ヨンが加わりました。昨年来、アジア系住民を標的にした事件が多発したことから、米国社会の多様性を子どもたちにわかりやすく伝えるねらいがあるそうです。


=========================

◆好評連載

初級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆100語で読むニュース
南アフリカのアパルトヘイト(人種隔離政策)に終止符を打ったデクラーク元大統領が死去▽英国を象徴する赤い公衆電話ボックス、全面撤去を回避へ▽2022年に新型コロナウイルスの予防接種に必要な注射器が10億~20億本不足とWHOが試算▽映画「イルカと少年」に出演した人工尾びれのイルカ、ウィンターが死亡――の4本をお届けします。

◆Phrase It Right 句動詞で話そう
口語英語の宝庫と言われる「句動詞」を、実用性の高い例文を使ったクイズ形式で学びましょう。句動詞とは、「動詞+前置詞」または「動詞+副詞」で構成され、ひとつの動詞として機能する熟語(イディオム)のこと。ラテン語やギリシャ語系の高尚な単語も重要ですが、基本動詞を使いこなすことが表現力アップにつながります。tolerate(耐え忍ぶ)⇒ put up with、confiscate(取り上げる)⇒ take away、acquiesce(黙諾する)⇒ give in のように、日常会話では同じ意味を表す別の難しい動詞があっても、句動詞の方が好まれます。英字新聞の記事にも頻出し、大学入試や各種検定試験対策にも有益です。

◆Listen & Write  英語耳を鍛えよう 
無料アプリ「朝日コネクト」や朝日ウイークリーのウェブサイトで音声を聞きながらディクテーション問題に取り組めます。今年始まった大学入学共通テストの英語ではリスニング重視の傾向が鮮明になり、1回で聞き取れる能力が求められています。今週号のテーマは「ファーストレディー 教壇に復帰」です。

◆The Greenville Story やさしい単語で寸劇! 
米オレゴン州の架空の町、グリーンビルを舞台にした長寿連載です。高校生のマリーや友人、家族らが、寸劇(スキット)練習にぴったりな日常会話を繰り広げます。今週号では、メルバとマリーがそれぞれの親友について話しています。


◆On the Keyboard:  リレーエッセー
3カ月ごとに筆者が変わるリレーエッセーです。10~12月は、両親が中国出身でイタリア北西部ロンバルディア州生まれ、英スコットランドで学んでエディンバラ大学を卒業したジュゼッペ・リーさんのエッセーをお届けします。今年になって、2、3週間ほど九州で山歩きや観光を楽しんだリーさん。最後に長崎市を訪れて、まちの様々な場所で流れる曲に気づいたそうです。朝日コネクトや朝日ウイークリーのウェブサイトで、筆者自身の朗読による音声を聞くことができます。

◆シミケンの英単語使い分け講座
KEN’S ENGLISH INSTITUTE代表の清水建二さんの名物コラムです。名詞を中心に、意味がよく似た単語の使い分けを解説します。冒頭にはクイズを用意し、各単語の特徴を説明しながら正解を示します。語源に関する簡潔な記述もあるので、単語の成り立ちを理解するのに便利です。記事の最後では、例文を通して取り上げた単語の違いが理解できるようになっています。今週号では「(猟)犬」を表す英単語の使い分けを解説します。


中級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆英語で案内してみよう!
通訳ガイドの伊東正子さんが、和楽器の歴史や独特の音色の隠れた秘密などを解説します。

◆放課後ブッククラブ
翻訳家であり、大学で米文学などを教える林剛司さんが、英語力向上に役立つ多読の方法やそれに適した本を紹介します。今週号では、多くの人におなじみの「不思議の国のアリス」と「クリスマス・キャロル」をとりあげます。

◆厚切りジェイソンの時事放談
米国出身の芸人・厚切りジェイソンさんは、倹約家を自認しています。子ども時代、少しの工夫が大きな違いにつながる節約の仕組みを母親から学んだといいます。同じ1ドルをどう生み出すのか、そしてそれをどう使うのか。今回は、日々お金と妥協なく向きあうジェイソンさんが、そのゆるぎない信念を語ってくれました。

◆Dear Annie 十人十色の人生模様
乗用車を運転するたびに同乗者から様々な指摘を受けて閉口している女性と、成長した子どもたちの巣立ちを恐れる父親の相談にアニーが答えます。


上級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆News  
米中首脳がバーチャルで「対面」会談し、台湾や人権問題で応酬▽ベラルーシのポーランド国境沿いに難民殺到▽ロシアがミサイル試射で人工衛星を破壊――をお伝えします。

◆Topics  
スヌーピーのぬいぐるみが無人飛行試験で宇宙へ行く話題と、新型コロナのワクチン接種を呼びかけた人気マペットのビッグバードが批判されてしまった話をお伝えします。

日本語ナビ付きでどんどん読める。レベル別で実力アップを実感。しかも面白い!初心者でも楽しく読める週刊英和新聞「朝日ウイークリー(Asahi Weekly)」

  • 2021/11/20
    発売号

  • 2021/11/13
    発売号

  • 2021/11/06
    発売号

  • 2021/10/30
    発売号

  • 2021/10/23
    発売号

  • 2021/10/16
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

エステティック通信(ESTHETICS WIRED JAPAN)

2021年11月10日発売

目次: 愛され続けて20年!
ロングセラーブランド『アクアヴィーナス』の軌跡と魅力



COSMETIC&BEAUTY TOOL
BEST ITEM 2021



テルズ&クイーン流
頼られサロンの育てかた Vol.2




ミトコンドリア×自律神経がカギを握る
『Lithap』と始める肌育生活 第4回



きれいのその先へ。
熟酵®シリーズはエステサロンで大人気!



『GLORIE』が炭酸美容を一新
心地よくまとう“白泡”が10分で肌をキメるエイジングケア誕生



グランドチャンピオンインタビュー
PUTRI-VARRYオーナー 藤島 純子さんが語る
THE BEAUTE DE LABOの魅力とイチオシ製品



慢性的な体の不調、ありませんか?
“バストケア”で胸も心も上向きに



Catch Up! News
発酵エキスの力で元気ときれいをチャージ!
ファスティング中でも気軽に摂取できるスペシャルキャンディー誕生



ご褒美コスメ人気ランキング



Close Up! News
おいしいから続けられる
「栄養機能食品」新時代酵素ドリンク







★好評連載も掲載中!

広告NG事例ファイル Vol.57
Esthetician File File#38
NEWS

参考価格: 500円 定期購読(3年プラン)なら1冊:250円

【エステティック業界専門】”今、人気の!”サロン専用コスメや美容機器。先取り情報満載!

  • 2021/10/10
    発売号

  • 2021/09/10
    発売号

  • 2021/08/10
    発売号

  • 2021/07/10
    発売号

  • 2021/06/10
    発売号

  • 2021/05/10
    発売号

7 月刊消防

東京法令出版

送料
無料

月刊消防

2021年12月01日発売

目次: CONTENTS

特集 雪に備える

■ホワイトアウト環境下における東北自動車道多重事故活動について 大崎地域広域行政事務組合消防本部(宮城県)
■雪山における救助技術 羊蹄山ろく消防組合消防本部(北海道)
■山岳救助に効果的な医療導入~冬山に備えて 山岳医療救助機構代表/国際山岳医 大城和恵

●【PICK UP】火災調査事例に学ぶ 迷走電流により出火した火災について 川崎市消防局(神奈川県)
●【PICK UP】火災事例に学ぶ 大火災!! リサイクル会社の大量商品燃え盛る中、消火活動! 和泉市消防本部(大阪府)

●消くんと防くんの危機管理アレコレ(25) 「雪に備える」 元消防庁次長・内閣審議官 日本防災士機構 特任アドバイザー 大庭誠司
●一ひろ巻きロープを使用した搬送法の考案 一宮市消防本部(愛知県)
●消防士の台所~これが真庭の消防めし!(21) 消防士だってクリスマス気分を味わいたい! シチュードリアと簡単ブッシュドノエル 真庭市消防本部
●事例に学ぶ法令改正(4) 千日デパート火災と法令改正 防火防災アドバイザー 中野秀作
●さいたま市消防局が指導!「法務省矯正局に災害対応の精強な部隊を2年で作り上げる!!」(5) ロープ降下・登はん訓練開始! 「月刊消防」編集室
●災害救助犬の活用に向けて(2) 災害・実働からの教訓!? NPO法人 災害救助犬ネットワーク
●救助の基本+α(65) 確保と引き込み(その2) 高槻市消防本部 中消防署 警備第二課 救急救助係 坂上紀之
●Information消防行政 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会における消防特別警戒 消防庁消防・救急課 消防庁予防課
●消防士ポテンシャルトレーニング(25) ~部下の“やる気”を引き出す目標管理~ 月ヶ瀬和利
●ハラスメントが発生しない消防(3) 人権 緑川久雄
●これで伝わる! 防火管理指導のひとくちメモ(45) 自然発火現象 池田和生
●消防心理学トピックス(69) パニックにまつわる話 加藤孝一
●設例から考える救急現場の法律実務(23) 設例からバイスタンダーの対応を考える(その2)
山岸法律事務所 山岸功宗
●後世へ伝える とある火災調査員の備忘録(8) たばことガソリン 火災原因改方
●CHEMICAL SOLDIERが解説!未来の活動のためのCBRNケースファイル(12) 救急車とガスマスク……質問、相談の多い事例の中で 濵田昌彦
●目指せ! ドローンの匠!!(37) オルソ画像作成の極意(その1) 国立研究開発法人 防災科学技術研究所 内山庄一郎
●情報のひろば
●消防吏員昇任試験合格講座

ESSAY & COLUMN
○月刊消防BOOK REVIEW
○救急隊員日記(211)
○ケアする心(20)
○Voice(71)
○一条くんのイチから消防(25)
○火掛り THE スタンダード(51)

※「Fire Engine Collection」「月刊消防Melody Line」「生活に息づく防火・防災の知恵」「消防法学入門」「予防技術検定トレーニング」はお休みします。

参考価格: 950円

消防実務に直結した情報誌

  • 2021/11/01
    発売号

  • 2021/10/01
    発売号

  • 2021/09/01
    発売号

  • 2021/08/01
    発売号

  • 2021/07/01
    発売号

  • 2021/06/01
    発売号

プラスチックスの所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌