• 雑誌:週刊トラベルジャーナル
  • 出版社:トラベルジャーナル
  • 発行間隔:週刊
  • 発売日:毎週月曜日
  • 参考価格:[紙版]660円 [デジタル版]550円
  • 雑誌:週刊トラベルジャーナル
  • 出版社:トラベルジャーナル
  • 発行間隔:週刊
  • 発売日:毎週月曜日
  • 参考価格:[紙版]660円 [デジタル版]550円

週刊トラベルジャーナル 2022年5/30号 (発売日2022年05月30日)

トラベルジャーナル
■□■□■□■□ TJ編集部より ■□■□■□■□

 テレビが旅行商品の有力な流通チャネルとして定着している韓国と違い、日本は旅行ブランドの訴求が中心です。しかし、ここに来て、地域振興を...

週刊トラベルジャーナル 2022年5/30号 (発売日2022年05月30日)

トラベルジャーナル
■□■□■□■□ TJ編集部より ■□■□■□■□

 テレビが旅行商品の有力な流通チャネルとして定着している韓国と違い、日本は旅行ブランドの訴求が中心です。しかし、ここに来て、地域振興を...

ご注文はこちら

2022年05月30日発売号単品
キャンペーン
定期購読でご注文
最大
17%
OFF
550円 / 冊
2024年07月15日発売号から購読開始号が選べます。
ツーリズムビジネス専門誌 『週刊トラベルジャーナル』

週刊トラベルジャーナル 2022年5/30号 (発売日2022年05月30日) の目次

■□■□■□■□ TJ編集部より ■□■□■□■□

 テレビが旅行商品の有力な流通チャネルとして定着している韓国と違い、日本は旅行ブランドの訴求が中心です。しかし、ここに来て、地域振興を支援するという観点から、テレビ業界とツーリズム業界の新たな関係が生まれています。BS番組表を見ると、旅行や地域の文字がそこかしこに。一方、成長領域である地域振興ビジネスという側面で捉えた場合、テレビ局という新たなプレーヤーが加われば、競争の激化が予想されます。特集では地域振興とテレビの関わりについて考察しました。

■□■□■□■□ 5月30日号の目次 ■□■□■□■□

【特集】
 *テレビと地域振興
  BS開局続々で誘客に新局面

 旅番組や地域紹介番組をメインとするBS放送局の新規参入が相次いでいる。BSJapanextとBSよしもとはいずれも地域創生を目的に開局。テレビ通販会社も旅や地域をコンテンツとして強化しており、大手メディアの参入で地域振興は新たな局面を迎えそうだ。

  ▽地域関連番組続々と
  ▽テレビ東京ダイレクトの戦略
  ▽地域側からの視点
   山田拓(美ら地球代表取締役)
  ▽入札競争への視点
   佐藤真一(バリュー・クリエーション・サービス代表取締役)
  ▽マスパワーの復権いかに
   茶谷幸治(ツーリズムプロデューサー)

---------------------------------------------------------------------

論文
 *企業の社会的責任(CSR)をめぐる近年の諸論調(4)
  大橋昭一(和歌山大学客員教授・名誉教授)

注目のニュース
 訪日実証ツアーで観光再開へ前進
 「このままでは観光孤立国に」
 クルーズで関西の広域観光模索
 4月の客室利用率63.8%

誌上セミナー
 *今日からできる120%予算達成術
 『ネット活用で道を切り開く』

コラム
 *視座 荒木篤実(パクサヴィア創業パートナー)
 *観光学の扉 鮫島卓
 *黒須靖史のミステリーショッパー
 *三浦雅生弁護士が答えるよろず相談
 *山田静のツレヅレナルママニ
 *ビジネスパーソンの日々雑感 板村康

週刊トラベルジャーナルの内容

観光の時代のビジネス情報が満載 経営・マーケティング戦略からインバウンド受け入れのヒントまで
1964年に創刊した日本で最も実績のある観光産業のビジネス専門誌です。政府が目標に掲げる訪日外国人旅行者(インバウンド)4000万人と日本人海外旅行者(アウトバウンド)2000万人時代の到来を見据え、ツーウェイツーリズムの視点からビジネスソリューションにつながる情報提供に努めています。毎週、観光産業のタイムリーな話題を取り上げ、さまざまな角度から深堀した編集特集を企画しています。この他にも識者によるコラムなど必読のコンテンツが充実しています。

週刊トラベルジャーナルの無料サンプル

2023年4/3号 (2023年04月03日発売)
2023年4/3号 (2023年04月03日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

週刊トラベルジャーナルの目次配信サービス

週刊トラベルジャーナル最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。
おすすめの購読プラン

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

週刊トラベルジャーナルの所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.