週刊トラベルジャーナル 発売日・バックナンバー

全636件中 631 〜 636 件を表示
■□■□■□■□ 6月13日号の目次 ■□■□■□

【FEATURE: 経営戦略 <時の話題>】
*振り替え続く関西発修学旅行
体験学習も人気、震災後の安心感確保へ

3月11日に発生した東日本大震災の影響で、5月から6月に実施される修学
旅行の行き先変更が相次いでいる。中部地区は大阪や広島へ、関西地区は
九州や沖縄へ。対応に追われる修学旅行の現状を追った。

【国際観光】
*訪日市場復活への足取り (第2回)香港
低価格商品が牽引 夏以降が正念場に

東日本大震災の影響で、最もマイナス幅が大きかった香港からの訪日旅行。
窮地からの脱却に向けて、日本と現地の業界関係者だけでなく、香港の学生
たちも日本へ駆けつけた。FIT比率が7割を占めるといわれる香港市場の復活
には、FIT層を動かすための風評被害の払拭と団体層へのテコ入れが不可欠
となりそうだ。

【CLOSE UP】
*中国発海外旅行をJTBなど3社に認可
首脳会談で発表、震災復興策として

*日中韓観光大臣、危機管理で共同歩調
情報共有化を検討、原発対応への指摘も

【誌上採録】
*観光業チャリティービジネスセミナー
顔晴ろう!観光産業「こんな時に」を「こんな時だからこそ」へ
西川丈次氏(観光業経営コンサルタント)

---------------------------------------------------------------------

FROM THE WORLD:
*海外事情「CWT、脱GDSなら手数料微収」他

COLUMN:
*中村好明 風車小屋だより
*収益アップの仕入れ交渉術 森 栄蔵(BTMAジャパン代表)
*DATA 旅行業主要61社 3月の取扱状況

----------------------------------------------------------------------

NEWS DIGEST:
(行政・流通・運輸・関連ニュースなど)

専門家のアドバイス:
(法律相談・健康相談・税務知識・トラブル対応など)
■□■□■□■□ 6月6日号の目次 ■□■□■□

【FEATURE: 経営戦略 <時の話題>】
*インハウスのこれから
大手TMCの攻勢、親会社の意識変化の狭間で

インハウス系旅行会社が岐路に立たされている。ゼロコミッションと
いった航空会社の施策だけでなく、経済の状況を踏まえ、顧客である
親会社がコスト圧縮を強めているからだ。一方、大手のTMCの動向も
「インハウスのこれから」に大きな影響をもたらしつつある。

【国際観光】
*訪日市場復活への足取り(第1回)台湾
強い危機意識が市場を動かす

東日本大震災と福島の原発事故で大きな打撃を受けた訪日市場。
各国政府による渡航自粛の緩和や官民による懸命の取り組みなどにより、
少しずつ市場での動きが見られつつある。特にアジアの重点市場を中心
に、今号から連載でその足取りを追う。初回は、航空会社主導で早々と
視察などが実施された台湾市場に着目した。

【CLOSE UP】
*WTTCサミットで復興支援呼びかけ
世界65ケ国に来年の日本開催をアピール

*国際旅客チャーター、10年度は6割増
国交省の許可実績 中口の勢い続く

【DATA】
*旅行業主要63社 10年度取扱状況

---------------------------------------------------------------------

FROM THE WORLD:
*海外事情「A&K、ひとり旅需要狙い新施策」他

COLUMN:
*大西誠 明日へ向けて
*今日からできる120%予算達成術 西川丈次(観光業経営コンサルタント)
*サイト見聞録 鶴本浩司(マーケティング・ボイス代表取締役)

----------------------------------------------------------------------

NEWS DIGEST:
(行政・流通・運輸・関連ニュースなど)

専門家のアドバイス:
(法律相談・健康相談・税務知識・トラブル対応など)
■□■□■□■□ 5月30日号の目次 ■□■□■□

【FEATURE: 経営戦略 <時の話題>】
*GW商戦を総括する
需要回復に勢い、間際での上積み顕著に

今年、ゴールデンウイーク(GW)の海外旅行は、東日本大震災による
自粛ムードで一時的にキャンセルが続出したものの、4月に入ってから
の間際予約で近場の需要が盛り返した。
特にオンライン系旅行会社の販売は好調に推移した。

【Case Study:注目の事例】
*東北観光を途切れさせるな!
地場・中小が踏み出した 復興支援への一歩

被災、自粛、風評に打ちのめされながらも、復興に向けた動きが出て
きた東北観光。絶望感が漂っていた4月の段階で、信念を持ってスピー
ディーに動いた地場や中小の旅行会社があった。

【国際観光】
*都道府県に聞く 11年度外客誘致予算
増加傾向も震災直撃、緊急対策相次ぐ

【CLOSE UP】
*メディア系が一部総額表示に
燃油サーチャージ高騰で安心感訴求

*震災余波で労使交渉が長期化
今後の雇用環境悪化に懸念高まる

---------------------------------------------------------------------

FROM THE WORLD:
*海外事情「航空各社、燃料高騰で運賃上昇」他

COLUMN:
*東良和 南方鼠の独り言
*クラウド活用のイロハ 正源太郎(アイディディ・ソフトウェア)
*寄稿 登誠一郎(ICSコンベンションデザイン特別顧問)

----------------------------------------------------------------------

NEWS DIGEST:
(行政・流通・運輸・関連ニュースなど)

専門家のアドバイス:
(法律相談・健康相談・税務知識・トラブル対応など)

INFORMATION
-----------------------------------------------------------------------
■□■□■□■□ 5月23日号の目次 ■□■□■□

【FEATUERE: 経営戦略 <時の話題>】
*訪日旅行市場復活にかける
震災後の需要回復へ続く奮闘

震災後、かつてない需要の低迷に直面しているインバウンド産業。
長期化が予想される危機的状況をどのように乗り切っていくのか。
激減した外国人観光客を再び日本に呼び戻そうと、民間レベルでの
取り組みが続けられている。

【国際観光】
*諸外国に学ぶ危機からのリカバリー(3)米同時多発テロ事件
政府を動かした民間の強固な連携

01年9月11日にニューヨークで起きた同時多発テロ事件。
その首謀者とされるオサマ・ビンラディン容疑者が殺害されたニュースに、
当時の記憶をよみがえらせた者は少なくないはずだ。事件後、テロへの恐
怖や航空機に搭乗することへの忌避感が世界中に蔓延し、旅行業界は絶望
の縁に立たされた。だが、危機を乗り越えようと、即座に民間企業が立ち
上がった。


【CLOSE UP】
*震災関連倒産、ホテル・旅館が最多
帝国データ調べ 旅行業も予断許さず

*外客取り戻しへ 関空/京都格安切符
官民が連携、期間限定で片道1200円

---------------------------------------------------------------------

FROM THE WORLD:
*海外事情「WN、エアトランの買収完了」他

COLUMN:
*佐藤茂雄 千里の眼
*SCRAP ニュースに見る海外の旅行ビジネストレンド
*今だから話そう業法改正の舞台裏 鈴木伸一

----------------------------------------------------------------------

NEWS DIGEST:
(行政・流通・運輸・関連ニュースなど)

専門家のアドバイス:
(法律相談・健康相談・税務知識・トラブル対応など)

INFORMATION 他
660円
【経営戦略】
[時の話題]
◆航空各社、夏期休暇に照準
  “気分転換”訴求し旅行需要回復へ

[CLOSE UP ニュースの視点]
◆震災後の海外市場は4月半ばで底
  財団JTBが分析、5月に上昇も予後厳しく
◆観光復興へ行政・財界が議論
  京都円卓会議、危機管理などの課題示す

【国際観光】
◆諸外国に学ぶ危機からのリカバリー② SARS
  需要回復策を集中的に投入
◆新コラム 観光局に聞く外客誘致のアプローチ
◆新コラム 外国人観光客の消費トレンド

【特別企画】
◆大震災関連 3つの質問に答える
  本邦内経由便への変更について再説

【企画特集】
◆「島を楽しむ」ハワイ商品&素材ガイド
660円
おすすめの購読プラン

週刊トラベルジャーナルの内容

観光の時代のビジネス情報が満載 経営・マーケティング戦略からインバウンド受け入れのヒントまで
1964年に創刊した日本で最も実績のある観光産業のビジネス専門誌です。政府が目標に掲げる訪日外国人旅行者(インバウンド)4000万人と日本人海外旅行者(アウトバウンド)2000万人時代の到来を見据え、ツーウェイツーリズムの視点からビジネスソリューションにつながる情報提供に努めています。毎週、観光産業のタイムリーな話題を取り上げ、さまざまな角度から深堀した編集特集を企画しています。この他にも識者によるコラムなど必読のコンテンツが充実しています。

週刊トラベルジャーナルの無料サンプル

2023年4/3号 (2023年04月03日発売)
2023年4/3号 (2023年04月03日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

週刊トラベルジャーナルの目次配信サービス

週刊トラベルジャーナル最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

週刊トラベルジャーナルの所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.