週刊トラベルジャーナル 発売日・バックナンバー

全473件中 106 〜 120 件を表示
■□■□■□■□ TJ編集部より ■□■□■□

 双方向の観光交流の重要性。そんな視点がこれまでインバウンドに注力してきた自治体からも芽生えてきました。福岡市によるアウトバウンド促進に向けた方策の取りまとめは、地方自治体として極めて珍しいケースです。特集「インバウンド偏重からの反動」はそんな機運にある自治体の動向などについてまとめました。観光庁も日本人の旅行振興に軸足を置きます。「期待に応えるための手段と予算は十分与えられているとみなされている」という本保芳明・初代観光庁長官の言葉が思い起こされます。

  ■□■□■□■□ 12月17日号の目次 ■□■□■□

【特集】
 *インバウンド偏重からの反動
  観光庁・自治体に変化の機運

 日本の観光立国の取り組みは、これまでインバウンド施策に大きな比重が置かれてきた。しかし、訪日旅行市場の拡大に成果を上げる一方で、一方向に偏った市場環境に危機感を抱く自治体が出始めている。観光庁もアウトバウンド促進に向けた体制を整えるなど、変化が生まれつつある。

  ▽主な自治体のアウトバウンド促進策
  ▽偏重リスク 旅行市場
   平林潤(アクセンチュア デジタルコンサルティング本部シニア・マネジャー)
  ▽偏重リスク 航空座席供給量
   戸崎肇(首都大学東京都市環境学部特任教授)
  ▽地域振興につながる海旅促進策
   佐藤真一(バリュー・クリエーション・サービス代表取締役)

---------------------------------------------------------------------

注目の事例
 *旅職人がつくる居酒屋AGARI
  沖縄ツーリストが飲食業に進出

注目のニュース
  ルフトハンザ、旅行サービス一元化
  国際会議、過去最高の3313件
  デジタル活用度、日本は後進国
  8月旅行取扱額、0.9%増

誌上セミナー
 *JNTO発外客攻略のヒント
  『英国人の嗜好を知ることから』
  柿崎茂(JNTOロンドン事務所次長)

コラム
 *視座 高橋敦司(ジェイアール東日本企画常務取締役営業本部長チーフ・デジタル・オフィサー)
 *宿泊ビジネスの灯
 *ビジネスパーソンの日々雑感 鎌田智子(元ホステル支配人)

統計・資料
 *旅行業主要49社 8月の取扱状況
■□■□■□■□ TJ編集部より ■□■□■□

 観光版の流行語大賞があれば、今年間違いなくノミネートされていたと思われるブレイクワードの1つが「MaaS(マース)」です。国土交通政策研究所の露木伸宏所長によると、「ICTを活用して交通をクラウド化し、(中略)マイカー以外のすべての交通手段によるモビリティ(移動)を1つのサービスととらえ、シームレスにつなぐ新たな移動の概念」。特集はMaaSの動きをフックに2次交通の問題を考察、そして地域間の「観光地格差を解消できるか」と問いかけました。

■□■□■□■□ 12月10日号の目次 ■□■□■□

【特集】
 *観光地格差を解消できるか
  MaaS活用で2次交通改善を

 さまざまな交通サービスを統合し、一つの移動サービスとして提供する欧州生まれの新構想、MaaS(Mobility as a Service=マース)。実現へ向けた動きが日本でもスタートし、観光分野にも波及してきた。背景には、観光地間の格差拡大を助長する地方都市が抱える課題がある。

 ▽日本に波及する欧州発祥の概念
 ▽観光地格差の本質
  高橋敦司(ジェイアール東日本企画常務取締役営業本部長チーフ・デジタル・オフィサー)
 ▽格差解消への問いかけ
  Theme1 縦割り文化を変えられるか
  小高直弘(九州産交ツーリズム代表取締役社長)
  Theme2 コンテンツをどう掘り起こすか
  村瀬茂高(ウィラーグループ代表)
  Theme3 次世代交通をどう生かすか
  井上岳一(日本総合研究所創発戦略センター シニアマネジャー)

---------------------------------------------------------------------

統計・資料
 *渡航先別日本人訪問客数
 *国・地域別訪日外国人客数

注目のニュース
 大阪万博が決定、観光に弾み
 GW10連休、早期予約が急増
 新位置情報サービスの注目度上昇
 外国人入国者、2空港で減少

誌上セミナー
 *ショッピングツーリズムABC

コラム
 *視座 中村好明(日本インバウンド連合会理事長)
 *SCRAP ニュースに見る海外の旅行ビジネストレンド
 *観光振興に効くインフルエンサー活用術 柴田啓(ベンチャーリパブリック代表取締役社長兼CEO)
 *KANSAI六都観光
 *ビジネスパーソンの日々雑感 篠塚孝哉(ロコパートナーズ代表取締役社長)

取材報告
 *成長続けるITBアジア、出展国にも広がり
■□■□■□■□ TJ編集部より ■□■□■□

 IR実施法が施行され、焦点は日本版IRが誕生する3地域がいつどのように選定されていくのか、地域がどのIR事業者と手を組んでどのような日本版IRの姿を描いていくことになるのかに移りました。特集「日本版IR」では、活発化する自治体や外資の動向などを踏まえ、IR誘致のポイントや目指すべきIR像についてまとめました。依然カジノの功罪についての議論が利用者目線で行われますが、観光産業が夢のある日本版IR像を提示して日本ならではのIR誕生をリードしていけたら理想です。

■□■□■□■□ 12月3日号の目次 ■□■□■□

【特集】
 *日本版IR
  誕生までのロードマップと動静

 日本版IRの法的枠組みを示すIR実施法が7月に成立。IRの設置が認められるのは全国で3カ所までと明示された。これによりIR開設を目指す自治体の誘致競争と、カジノの運営権獲得を狙う外資系企業の動きがいよいよ本格化している。

  ▽長崎、大阪、和歌山が名乗り
  ▽IR誘致に重要なこと
   仁木一彦(有限責任監査法人トーマツパートナー デロイトトーマツグループIRビジネスグループリーダー)
  ▽日本の目指すべきIR
   前野伸幸(ホットスケープ代表取締役)
   佐々木一彰(東洋大学准教授)

---------------------------------------------------------------------

誌上採録
 *危機管理としての広報対応とは
  三隅説夫氏(NPO法人広報駆け込み寺代表)

注目のニュース
 ABTA総会誘致、NHが立役者
 JTB、欧州旅行改革を宣言
 海外ロングステイ、過去最高に
 9月百貨店外客売上、6.3%増

 誌上セミナー
 *中国人客の購買パワー獲得術

コラム
*視座 大下幸夫(IGRいわて銀河鉄道銀河鉄道観光所長)
 *SCRAP ニュースに見る海外の旅行ビジネストレンド
 *ひと 永井一浩氏(観光庁旅行振興参事官)
 *統計データは語る
 *KANSAI六都観光
 *ビジネスパーソンの日々雑感
■□■□■□■□ TJ編集部より ■□■□■□

 被災した時の状況は連日、これでもかと報道するくせに、復興状況についてはほとんど報じない。メディアの責任とは一体なんだろうか……。そんな議論が観光関係者のSNSで熱く盛り上がっているのを目にしました。メディアに身を置くものとしていろいろ考えさせられるSNSでしたが、特集「リバイバルジャパン」では相次ぐ自然災害による打撃からの観光復興の現状について取材しました。完全回復にはまだまだ時間がかかりそうですが、メディアの責任として引き続き報じていきたいと思います。

■□■□■□■□ 11月26日号の目次 ■□■□■□

【特集】
 *リバイバルジャパン
  観光復興のこれからを展望する

 日本列島を台風が襲い地震が揺るがす。相次ぐ自然災害はニッポンの観光も直撃したが、復興へ向けた取り組みも始まっている。被災から約3カ月、関西と北海道の復興への動きを検証する。

 ▽被災から3カ月、復旧への取り組み
 ▽韓国市場はどう動くか
 ▽中国市場はどう動くか
  劉瀟瀟(三菱総合研究所研究員)
 ▽いま観光産業は何をすべきか
  野澤肇(JTB総合研究所代表取締役社長)

---------------------------------------------------------------------

論文
 *学校実施の海外教育旅行の受注型企画旅行契約における安全配慮義務の課題について(後編)
  古川彰洋(JTBコーポレートセールス)

注目のニュース
 ANA総研、地域の誘客支援へ協議会
 MICE誘致のDMO、丸の内に拠点
 訪日中国人、現金決済は少数派
 10月の客室利用率86.3%

誌上セミナー
 *今日からできる120%予算達成術

コラム
 *視座 原優二(風の旅行社代表取締役社長)
 *SCRAP ニュースに見る海外の旅行ビジネストレンド
 *黒須靖史のミステリーショッパー
 *ビジネスパーソンの日々雑感 津田佳明(ANAホールディングス デジタル・デザイン・ラボ チーフ・ディレクター)
■□■□■□■□ TJ編集部より ■□■□■□

 企業の業務渡航を旅行会社が包括管理するBTM。日本に上陸した1990年代後半、レジャー分野でもコンサルティングフィー収受を模索していた旅行業界にとってBTMの成否が今後の旅行ビジネスを占う試金石になるとの見方がありました。あれから20年。結果としてBTMは旅行業界の期待ほど日本市場で定着しなかったというのが実情でしょう。そして今、SMMに注目が集まります。企業のミーティングやイベントを一括管理するモデル。BTMの検証を踏まえたアプローチが不可欠です。

  ■□■□■□■□ 11月19日号の目次 ■□■□■□

【特集】
 *熱帯びるSMM
  ミーティングビジネスの新潮流

 MICEビジネスの分野で、企業のミーティングやイベントを一括管理するストラテジック・ミーティング・マネジメント(SMM)の考え方が広がりを見せている。主に欧米で展開されてきたビジネスモデルだが、ここへきて日本でも本格化の兆しがある。

  ▽BTMより大きな収益源
  ▽主要旅行会社の動向
  ▽企業側の視点
   日本アルコンプロフェショナル・アフェアーズ部・福島安秀部長に聞く
  ▽求められる演出
   渡邉賢一(エクスペリエンス・デザイナー/XPJP代表取締役社長)

---------------------------------------------------------------------

注目の事例
 *日本橋夢屋の業務渡航ソリューション
  ワンストップと分業制であらゆる要望に対応

注目のニュース
  日旅、海旅事業運営を子会社に集約
  クラツー、女性限定の新ブランド
  ブリージャー、全世界で2割増
  7月旅行取扱額、0.2%増

誌上セミナー
 *JNTO発外客攻略のヒント
  『米国人旅行者200万人へ』
  伊勢尚史(JNTOニューヨーク事務所長)

コラム
 *視座 高橋敦司(ジェイアール東日本企画常務取締役営業本部長チーフ・デジタル・オフィサー)
 *SCRAP ニュースに見る海外の旅行ビジネストレンド
 *宿泊ビジネスの灯
 *ビジネスパーソンの日々雑感 鎌田智子(元ホステル支配人)

現地取材報告
 *静岡県浜松・浜名湖
 鉄道に歴史遺産と素材多彩

統計・資料
 *旅行業主要49社 7月の取扱状況
■□■□■□■□ TJ編集部より ■□■□■□

 特集は「事業者団体のあるべき姿」。観光の時代の推進役として現状の機能で果たしていいのかと尋ねると、識者の皆さんから実に手厳しい意見が飛び出しました。既存の団体だけでは役不足とJISの中村好明さんが訴えれば、固有の機能も果たしていないと弁護士の三浦雅生さん。元事業者団体事務局職員としての経験を踏まえた平石泰基さんの本質論も腹にすとんと落ちます。果たして観光立国を強力に推進する事業者団体は、日観振なのかJATA・ANTAなのか旅館協会なのか、それとも…。

■□■□■□■□ 11月12日号の目次 ■□■□■□

【特集】
 *事業者団体のあるべき姿
  観光の時代の推進役として

 あらゆる産業、業界に存在する事業者団体。もちろん観光産業も例外ではないが、極めて裾野の広い産業だけに、その活動にはさまざまな難しさが立ちはだかる。観光立国を強力に推進する事業者団体のあるべき姿とは--。

 ▽観光関連の主な事業者団体
 ▽事業者団体の本質
  平石泰基(元事業者団体事務局職員)
 ▽事業者団体への問題提起
  Theme1 観光立国推進の運動体になれるか
  中村好明(日本インバウンド連合会理事長)
  Theme2 なぜ地域の観光を束ねられないか
  木下斉(エリア・イノベーション・アライアンス代表理事)
  Theme3 観光の時代に何が求められるか
  三浦雅生(弁護士)

---------------------------------------------------------------------

統計・資料
 *渡航先別日本人訪問客数
 *国・地域別訪日外国人客数

注目のニュース
 HIS、自社チャーター事業撤退
 東京都、11島の観光振興に本腰
 世界の航空旅客、37年に82億人
 外国人入国者、西日本低調

誌上セミナー
 *ショッピングツーリズムABC

コラム
 *視座 中村好明(日本インバウンド連合会理事長)
 *観光振興に効くインフルエンサー活用術 柴田啓(ベンチャーリパブリック代表取締役社長兼CEO)
 *ビジネスパーソンの日々雑感 篠塚孝哉(ロコパートナーズ代表取締役社長)
■□■□■□■□ TJ編集部より ■□■□■□

 カマキリ先生こと香川照之が昆虫の生態について熱弁をふるうNHK「昆虫すごいぜ!」は「人間よ、昆虫に学べ!」がテーマになっています。巷で人気の番組にあやかり、特集は「この本すごいぜ!」。観光のビジネスにおける解が導き出しにくい時代だからこそ、「業界人よ、本に学ぼう!」と企画しました。観光産業のキーパーソンの頭の中が少しだけのぞけたりもします。最近では読書の量が多い人ほど健康寿命が長いといった分析も出てきました。さて、お気に入りの1冊は見つかりましたか。

■□■□■□■□ 11月5日号の目次 ■□■□■□

【特集】
 *この本すごいぜ!
  いま業界人に届けたい1冊

 観光立国を支えるキーパーソンたちは、一体どのような書物に心突き動かされ、行動の糧にし、発想のヒントにしてきたのだろう。読書の秋恒例の選書企画。今年はカマキリ先生ばりに「この本すごいぜ!」と、9人のキーパーソンに極上の1冊を紹介いただいた。

  ▽9人のキーパーソンが選ぶ1冊
   早川慶治郎(足利フラワーリゾート代表取締役会長/日本商工会議所観光専門委員会委員長)
   南安(ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツ常務取締役営業統括部長)
   津田佳明(ANAホールディングス デジタル・デザイン・ラボ チーフ・ディレクター)
   荒木篤実(パクサヴィア創業パートナー)
   加藤史子(ワメイジング代表取締役)
   高山傑(スピリット・オブ・ジャパン・トラベル代表取締役)
   澤田秀太(ベストワンドットコム代表取締役社長)
   福永香織(公益財団法人日本交通公社旅の図書館館長)
   紀陸武史(ハバー代表取締役CEO)

---------------------------------------------------------------------

誌上採録
 *GDPRで変わる個人データの処理と移転
  杉本武重氏(バード・アンド・バード法律事務所ブリュッセルオフィス・パートナー)

注目のニュース
 DMM、海外視察ツアーに商機
 サンスターがヘルスツーリズム
 中国、観光の国際組織を主導
 8月百貨店外客売上、2割増

 誌上セミナー
 *中国人客の購買パワー獲得術

コラム
*視座 大下幸夫(IGRいわて銀河鉄道銀河鉄道観光所長)
 *ひと 岡部智氏(ギャラクシー・エンターテインメント・グループ日本地区総支配人)
 *統計データは語る
 *KANSAI六都観光
 *ビジネスパーソンの日々雑感
■□■□■□■□ TJ編集部より ■□■□■□

 MICEによる訪日外国人消費額を30年に8000億円に--。観光庁が意欲的な目標を打ち出しました。16年の消費額は約1500億円としており5.3倍となりますが、観光庁では現実的な目標設定というから驚きます。特集「MICEで稼ぐ」では、コンベンションビューローの強化、会議の国際化、地域貢献という3つのキーワードから目標達成へのロードマップを展望しました。来年10月には英国旅行業協会(ABTA)の年次会議が東京で開催されることも発表され、幸先のいいスタートです。

■□■□■□■□ 10月29日号の目次 ■□■□■□

【特集】
 *MICEで稼ぐ
  8000億円市場へのロードマップ

 政府はMICEで30年に訪日外国人消費額8000億円を稼ぐ一大目標を打ち出した。商機拡大のチャンスとなる19年のラグビー・ワールドカップ、20年の東京オリンピック・パラリンピックなどのビッグイベントに恵まれているとはいえ、ハードルは高い。目標達成への道筋を読む。

 ▽競争力強化への提言とアクションプラン
 ▽コンベンションビューローの強化
  川嶋久男(川嶋アソシエイツ代表/VISIT JAPAN大使)
 ▽会議の国際化
  武内紀子(コングレ代表取締役社長)
 ▽地域貢献
  熊田順一(JTB総合研究所主席研究員)

---------------------------------------------------------------------

論文
 *学校実施の海外教育旅行の受注型企画旅行契約における安全配慮義務の課題について(前編)
  古川彰洋(JTBコーポレートセールス)

注目のニュース
 文化財活用へ新観光ファンド
 民泊利用、外国人が8割
 訪日客、5年8カ月ぶりマイナス
 9月の客室利用率82.9%

誌上セミナー
 *今日からできる120%予算達成術

コラム
 *視座 原優二(風の旅行社代表取締役社長)
 *SCRAP ニュースに見る海外の旅行ビジネストレンド
 *黒須靖史のミステリーショッパー
 *ビジネスパーソンの日々雑感 津田佳明(ANAホールディングス デジタル・デザイン・ラボ チーフ・ディレクター)

現地取材報告
 *熊本県南阿蘇村
  共生する着地型で誘客
■□■□■□■□ TJ編集部より ■□■□■□

 成田、関西、羽田…とくれば、次は中部と考えますが、国際線の週間提供座席数や旅客数においてはすでにその構図が崩れています。旺盛な訪日需要の取り込みに成功する福岡や新千歳が急激に成長しているからです。特集「どうした中部」では、中部空港をめぐるインバウンド市場の現状をつまびらかにしながら、中部圏の観光について考察しました。「重要なのは相対的な弱さであり中部の動向だけを見ていては本質を見失う」。アクセンチュア平林潤さんの指摘が特集の根底に流れています。

  ■□■□■□■□ 10月22日号の目次 ■□■□■□

【特集】
 *どうした中部
  訪日需要取り込みで後塵拝する

 訪日旅行市場における中部空港の存在感が低下している。国際線の旅客数は17年度に福岡空港の後塵を拝し、本誌が実施する日本発航空座席調査では、国際線の週間提供座席数で17年冬期まで4期連続の前年割れを喫した。中部空港をめぐるインバウンド市場はこのままでいいのだろうか。

  ▽数字で見る中部の現状
   平林潤(アクセンチュア デジタルコンサルティング本部シニア・マネジャー)
  ▽空港会社とDMOの戦略
  ▽空港政策は盤石か
   戸崎肇(首都大学東京都市環境学部特任教授)
  ▽訪日客誘致策見直しは
   佐藤真一(バリュー・クリエーション・サービス代表取締役)

---------------------------------------------------------------------

注目の事例
 *TABIPPOの旅人採用
  旅行経験者の就活を支援

注目のニュース
 北海道復興へキャンペーン
 観光をてこに海事振興
 初めての旅行予約先、OTAが約半数
 6月旅行取扱額、3.7%増

誌上セミナー
 *JNTO発外客攻略のヒント
  『航空座席が逼迫するなかで』
  服部真樹(JNTO北京事務所長)

コラム
 *視座 高橋敦司(ジェイアール東日本企画常務取締役営業本部長チーフ・デジタル・オフィサー)
 *SCRAP ニュースに見る海外の旅行ビジネストレンド
 *宿泊ビジネスの灯
 *ビジネスパーソンの日々雑感 鎌田智子(元ホステル支配人)

統計・資料
 *旅行業主要49社 6月の取扱状況
■□■□■□■□ TJ編集部より ■□■□■□

 「あなたに会いたいから添乗するツアーに参加する」「あなたが手配してくれて本当によかった」「あなたの企画する旅はいつもわくわくする」。旅行業界人なら誰もがこんな言葉をかけられたいのではないでしょうか。そして、旅行業の現場は実際、顧客のこんな言葉に支えられているのだと思います。特集「人のチカラ」では、無形の商品を扱う旅行業はもっと人のチカラを前面に打ち出す戦術も必要では、と問いかけました。「人間、最後は心、情」という平田進也さんにも参画いただきました。

■□■□■□■□ 10月15日号の目次 ■□■□■□

【特集】
 *人のチカラ
  感動創出産業としての演出を

  無形の商品を扱う旅行業において、もともと重視されて然るべき「人のチカラ」。ましてや大量生産・大量販売の時代が終わり、感動創出産業への脱皮が求められるいま、人のチカラにはもっと目が向けられるべきではないか。

 ▽旅行業における人のチカラ
 ▽人のチカラの本質
  平田進也(日本旅行おもしろ旅企画ヒラタ屋代表)
 ▽人のチカラについての問題提起
  Theme1 なぜ旅の前面に打ち出さないのか
  萬年良子(ベルトラ取締役)
  Theme2 現場での演出をしているか
  西川丈次(観光ビジネスコンサルタンツ代表取締役)
  Theme3 業界人は自身を磨いているか
  橋本亮一(ブルーム・アンド・グロウ代表取締役)

---------------------------------------------------------------------

統計・資料
 *2018トラベル懇話会政策提言
 *渡航先別日本人訪問客数
 *国・地域別訪日外国人客数

注目のニュース
 JR東日本、2次交通統合サービス
 災害時対応、情報発信で緊急対策
 星野リゾート、20代向け新ホテル
 出入国者、主要7空港で増

誌上セミナー
 *ショッピングツーリズムABC

コラム
 *視座 中村好明(日本インバウンド連合会理事長)
 *観光振興に効くインフルエンサー活用術 柴田啓(ベンチャーリパブリック代表取締役社長兼CEO)
 *ビジネスパーソンの日々雑感 篠塚孝哉(ロコパートナーズ代表取締役社長)
■□■□■□■□ TJ編集部より ■□■□■□

 客室、食堂などを含め町全体を1つのホテルに見立てるという最近のトレンドは、イタリアの伝統集落再生の試み(アルベルゴ・ディフーゾ)に起源があるといいます。イタリア語で、アルベルゴ(albergo)はホテル、ディフーゾ(diffuso)は分散の意。特集「出でよ分散型ホテル」では、日本各地で進む分散型ホテルの動向と地域活性化の手法としての成功の要件について考えました。古民家、泊食分離、まち歩き、現地での交流…。よく見れば現代の旅行者をとらえるキーワードが散りばめられています。

■□■□■□■□ 10月8日号の目次 ■□■□■□

【特集】
 *出でよ分散型ホテル
  日本版アルベルゴ・ディフーゾ

 旺盛な訪日旅行需要などを背景に全国各地で宿泊施設の建設計画が進んでいる。そのなかで新たな宿泊形態として注目を集めるのが分散型ホテルだ。イタリアの「アルベルゴ・ディフーゾ」が原型とされる分散型ホテルがなぜいま注目されているのか。

  ▽日本初のアルベルゴ・ディフーゾ誕生
  ▽分散型ホテルの現状
   せきねきょうこ(ホテルジャーナリスト)
  ▽普及に動く両備グループ
  ▽日本版成功の要件
   井門隆夫(高崎経済大学地域政策学部准教授)

---------------------------------------------------------------------

誌上採録
 *海外DMOから学ぶ世界水準の観光地経営
  古屋秀樹氏(東洋大学国際観光学部国際観光学科教授)

注目のニュース
 需要回復へ関西リバイバルプラン
 アドベンチャー観光推進へ協議会
 17年の業務渡航支出、1.3兆円
 7月百貨店外客売上、2割増

 誌上セミナー
 *中国人客の購買パワー獲得術

コラム
*視座 大下幸夫(IGRいわて銀河鉄道銀河鉄道観光所長)
 *SCRAP ニュースに見る海外の旅行ビジネストレンド
 *統計データは語る
 *ビジネスパーソンの日々雑感
■□■□■□■□ TJ編集部より ■□■□■□

 産業界悲願の観光庁発足からすでに10年の歳月が流れようとしています。事業仕分けにストレートに不満をぶつけた本保さんをはじめ、難しい仕事こそ目立たずやるべきと哲学を語った井手さん、やり残したのは産業界の改革ともらした田村さん…。特集はそんな歴代長官のコメントも織り交ぜながら、「観光庁の10年」を振り返りました。久しぶりに本誌に思いを寄せた本保さんが、これまではよかったが、これからは日本人の海外・国内旅行促進に成果が求められると説いているのが印象的です。

■□■□■□■□ 10月1日号の目次 ■□■□■□

【特集】
 *観光庁の10年
  何が変わり何が変わらなかったか

 国土交通省の外局として観光庁が設置されたのは08年10月。いまや訪日外国人旅行者数は当時の3倍以上に増え、20年4000万人突破も射程圏内に入る。観光庁の存在は日本の観光の何を変え、何が変わらなかったのか。10年間の歩みを振り返る。

 ▽観光庁の10年を振り返る
 ▽観光庁10年の総括と注文
  本保芳明(国連世界観光機関〔UNWTO〕駐日事務所代表/初代観光庁長官)
  須田寬(東海旅客鉄道相談役)
 ▽新長官に聞くこれから

---------------------------------------------------------------------

論文
 *シェアリングエコノミー時代における企業研修・働き方の一考察
  森泉直樹(JTB宇都宮支店業務課長)

注目のニュース
 JTB、SMMに着手
 渋谷・新宿区、夜間観光でタッグ
 福岡市、海外旅行振興に焦点
 8月の客室利用率86.9%

誌上セミナー
 *今日からできる120%予算達成術

コラム
 *視座 原優二(風の旅行社代表取締役社長)
 *SCRAP ニュースに見る海外の旅行ビジネストレンド
 *黒須靖史のミステリーショッパー
 *KANSAI六都観光
 *ビジネスパーソンの日々雑感 津田佳明(ANAホールディングス デジタル・デザイン・ラボ チーフ・ディレクター)
■□■□■□■□ TJ編集部より ■□■□■□

 特集は「旅のハードル」。旅先の選定から手配まですべて丸投げできたり、代金10万円までなら2カ月後に支払う形でいますぐ旅行に行けるなど、旅のハードルをぐっと下げるサービスの人気に着目しながら、腰の重い若年男子の動かし方を考えました。旅行は時間負担が大きいとの指摘がありますが、これに心理的なハードルが加わります。「旅行会社の店舗って、そもそもふらっと入っていいものなんですか」。以前、20代男子からこんな質問を受けたことを思い出しました。

  ■□■□■□■□ 9月24日号の目次 ■□■□■□

【特集】
 *旅のハードル
  「手軽さ」で20代男子動かす

 海外旅行のハードルが指摘されて久しい。特定層に物理的にも精神的にも高くそびえ立ち、特に20代男性市場の腰を重くしている。そんななかで登場した旅のハードルを下げる旅行系アプリの賑わいからは、若年男性市場攻略のヒントが垣間見える。

  ▽若年男子の旅のハードル
   平林潤(アクセンチュア デジタルコンサルティング本部シニア・マネジャー)
  ▽ハードル下げるひと工夫
  ▽旅のハードルを下げるために
   松田久一(ジェイ・エム・アール生活総合研究所代表取締役社長)
   安田亘宏(西武文理大学サービス経営学部教授)

---------------------------------------------------------------------

注目の事例
 *社員の声が生んだ日旅の働き方改革
  PJ☆SOLで女性が活躍する環境づくり

注目のニュース
  関空被災、訪日市場に大打撃
  JTB、新型店舗を相次ぎ開業
  世界の国際観光客、17年13.2億人
  5月旅行取扱額、1.9%増

誌上セミナー
 *JNTO発外客攻略のヒント
  『食好きの若者が熱い』
  坂本卓也(JNTOシドニー事務所次長)

コラム
 *視座 高橋敦司(ジェイアール東日本企画常務取締役営業本部長チーフ・デジタル・オフィサー)
 *SCRAP ニュースに見る海外の旅行ビジネストレンド
 *ひと デフネ・オズアルプ氏(トルコ共和国大使館・文化広報参事官室日本・韓国・台湾代表)
 *宿泊ビジネスの灯
 *ビジネスパーソンの日々雑感 鎌田智子(元ホステル支配人)

統計・資料
 *旅行業主要50社 5月の取扱状況
■□■□■□■□ TJ編集部より ■□■□■□

 旅行業界から「新入社員が3年でやめてしまう」という声が聞こえてきたのは一昔前のこと。いまや、そもそもいい人材が業界に入ってきてくれない状況のようです。観光の時代が到来しているにもかかわらず、です。特集「業界の魅力発信できてますか」では、人々の価値観が変化するなか、旅行業界が発信する働き方の魅力が受け手に響くものになっているのか、問いかけました。先週号の災害時の外国人対応もそうですが、「伝える」のでなく「伝わる」ことに意識を置くことの重要性を感じます。

■□■□■□■□ 9月17日号の目次 ■□■□■□

【特集】
 *業界の魅力発信できてますか
  受け手に響くアプローチを

 企業の採用活動の積極化に伴い、近年の就職市場は人材争奪戦の様相を呈している。今後も労働人口の減少で売り手市場が進行すると予想される。そんな状況の下、就職人気が低迷する旅行業界は人材獲得のため何をすべきか。

 ▽旅行業界が直面する試練
 ▽魅力発信の本質
  高橋敦司(ジェイアール東日本企画常務取締役営業本部長チーフ・デジタル・オフィサー)
 ▽魅力発信への問題提起
  Theme1 旅行業の魅力を育てられるか
  安部敏樹(リディラバ代表取締役)
  Theme2 アイコン的存在を生み出せるか
  茶谷幸治(ツーリズム・プロデューサー)
  Theme3 情報をいかに受け手に届けるか
  森下晶美(東洋大学国際観光学部教授)

---------------------------------------------------------------------

統計・資料
 *国・地域別訪日外国人客数
 *渡航先別日本人訪問客数

注目のニュース
 観光庁概算要求、2.7倍の740億円
 大型MICE施設、建設相次ぐ
 空飛ぶ車で官民協議会
 日本人出国者、6空港で増

誌上セミナー
 *ショッピングツーリズムABC

コラム
 *視座 中村好明(日本インバウンド連合会理事長)
 *観光振興に効くインフルエンサー活用術 柴田啓(ベンチャーリパブリック代表取締役社長兼CEO)
 *ビジネスパーソンの日々雑感 篠塚孝哉(ロコパートナーズ代表取締役社長)
■□■□■□■□ TJ編集部より ■□■□■□

 地震大国ニッポン。東日本大震災の教訓を生かして、災害時の訪日外国人への対応について各地でマニュアル整備などが進んでいるようですが、6月の大阪北部地震では果たして十分な対応ができたのでしょうか。特集「災害時対応に黄信号」では、そのとき何が起きていたのかを振り返りながら、訪日外国人に対峙する観光事業者に求められる役割について、あらためて考えてみました。自然災害が日常化した今、もはや「忘れた頃にやってくる」などと構えていられない現実があります。

■□■□■□■□ 9月10日号の目次 ■□■□■□

【特集】
 *災害時対応に黄信号
  問われる観光事業者の役割

 急増する訪日外国人旅行者に対応する災害時の体制に問題はないのか。6月に発生した大阪北部地震はそんな問いを日本に突き付けた。今回は幸いにして直接的な被害や大きな混乱はなかったものの、自然災害が相次ぐなか、早急な課題抽出と改善が求められている。

  ▽情報提供のあり方に課題
  ▽そのとき観光事業者は
  ▽大丸有エリアの防災対策
  ▽訪日FIT時代の情報伝達
   倉田和己(名古屋大学減災連携研究センター特任准教授)
  ▽観光事業者に求められる役割
   高松正人(JTB総合研究所 上席研究理事・観光危機管理研究室長)

---------------------------------------------------------------------

論文
 *ホールセラーに偏らない“ロシア専門旅行会社”への事業転換
  早坂賢一(プロコ・エアサービス旅客営業本部執行役員営業本部長)

注目のニュース
 田端長官「観光施策の調整役に」
 訪日客数、災害で伸びに陰り
 クルーズ寄港数、マイナスに転換
 6月百貨店外客売上、1.5倍

 誌上セミナー
 *中国人客の購買パワー獲得術

コラム
*視座 大下幸夫(IGRいわて銀河鉄道銀河鉄道観光所長)
 *SCRAP ニュースに見る海外の旅行ビジネストレンド
 *統計データは語る
 *ビジネスパーソンの日々雑感
おすすめの購読プラン

週刊トラベルジャーナル 雑誌の内容

観光の時代のビジネス情報が満載 経営・マーケティング戦略からインバウンド受け入れのヒントまで
1964年に創刊した日本で最も実績のある観光産業のビジネス専門誌です。政府が目標に掲げる訪日外国人旅行者(インバウンド)4000万人と日本人海外旅行者(アウトバウンド)2000万人時代の到来を見据え、ツーウェイツーリズムの視点からビジネスソリューションにつながる情報提供に努めています。毎週、観光産業のタイムリーな話題を取り上げ、さまざまな角度から深堀した編集特集を企画しています。この他にも識者によるコラムなど必読のコンテンツが充実しています。

週刊トラベルジャーナルの無料サンプル

2019年10/7号 (2019年10月07日発売)
2019年10/7号 (2019年10月07日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

+   週刊トラベルジャーナルの目次配信サービス

週刊トラベルジャーナルの今すぐ読める無料記事

週刊トラベルジャーナルを買った人はこんな雑誌も買っています!

ビジネス・経済 雑誌の売上ランキング

最大
15%
OFF
送料
無料

ダイヤモンドZAi(ザイ)

2021年02月20日発売

目次: ◎巻頭企画
最新決算で判明! 本当に強い株36
●追い風継続
●不況でも成長
●高配当好業績

◎第1特集
5万円株は48!
いま買いの10万円株132
●高配当の5万円株ベスト100「買い」×「売り」診断
複数持って利回り安定! ほとんど利回り3%以上!
●桐谷さんオススメ! 高利回りな株主優待株22
「カタログ」「金券」「食事券・買い物券」
●高成長のテーマ株24
「DX」「環境」「半導体」「脱コロナ」
●過去10年で最高益の好業績株16
●業績が急回復中の株10
●10倍期待のIPO株11

◎別冊付録
定年前後の不安を解消!
800万円も差がつく! 老後のダンドリ確認BOOK
手取りを増やすワザが満載
退職金・失業手当・年金・健康保険・税金
裏はチェックリストに!

◎第2特集
旬の食材を旬の時期に!
ふるさと納税2021年年間計画
●品切れ必至の人気フルーツ&野菜先回り計画カレンダー
●一回の申し込みであとはラクラク旬が届く定期便8
●返礼品カタログ33
果物・野菜・果物・魚介類・肉(牛・豚・鶏)
●おうち時間が充実の返礼品10

◎第3特集
6タイプの利回りが改善!
毎月分配型投信100本の本当の利回り

◎ZAI NEWS CHANNEL
トピック1「政権のハナシ!」
アノマリーで見ると菅政権の終わりは近い!?
トピック2「退職金のハナシ!」
退職金専用定期預金が好利回りな22行を公開!

◎人気連載も注目!
●自腹でガチンコ投資! AKB48株ガチバトルサード・シーズン
「智代梨がついに首位!次の一手は?」編
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活! ライフ
「“風の時代”に突入!」
●株入門マンガ恋する株式相場!
VOL.54 「恋も株も新フェイズへ」
●マンガどこから来てどこへ行くのか日本国
「費用と人情の板挟み墓は作るのもしまうのも一苦労!」

参考価格: 750円 定期購読(1年プラン)なら1冊:638円

マネービギナーのための楽勝攻略マガジン。お金や投資に役立つ情報が満載!

  • 2021/01/21
    発売号

  • 2020/12/21
    発売号

  • 2020/11/20
    発売号

  • 2020/10/21
    発売号

  • 2020/09/19
    発売号

  • 2020/08/21
    発売号

2 PRESIDENT(プレジデント)

プレジデント社

最大
58%
OFF
送料
無料

PRESIDENT(プレジデント)

2021年02月26日発売

目次: なぜ、三菱は「人生は常にこれから」と考えるか

常勝財閥 三菱 歴史的名訓
他の追随を許さぬ岩崎家4代の人間力

魂を紐解く ◎武田晴人
激動の時代こそ日本人の原点に学ぶ
◎三菱重工業会長 宮永俊一/三菱商事会長 小林 健/三菱みらい育成財団理事長(MUFG会長) 平野信行
人間を磨く、信じれば花開く

最強「三菱」語録50
「三菱財界人」不屈の金言
●若し、人、不正を以て争わば、我は正義を以て闘う可きである。
●景気の悪い会社の社長は胸を張って、いつも朗らかな顔をして歩け。
●豊かさの中にあってこそ却って「ハンブル・ライフ」の精神を尊重していかなければならない。
●男性が会社人間をいいことに家庭を大事にしないのは間違っている。
●モスト・リバブル・カントリーを目指すべき。
●経営者は教育者でなければならない。
●企業もまた『人』を育て続ける責務があるのです。
トップたちが心を鍛錬した言葉
●向こう傷は武士の勲章だ。
●大きな目標に挑む際には、三菱の仲間として連携する。
●仕事が人を育て、人が仕事を拓く。
●先輩を乗り越えていく。
●三菱グループは結集せよ。
●易きになじまず難きにつく。
●目先の利益に飛びつくな。
●刹那な利益を得るために信頼を失うな。
●王道を歩め。
●仕事や社会に対して常に誠実であれ。
●フェアプレーで事業を運営せよ。
●時代の要請に応えよ。
●企業は人や社会に求められてこそ存続できる。
●時代の変化を捉えて、常に時代の先を走れ。
●新・三綱領は「パブリック」「フェア」「グローバル」。
●どんな仕事にも愛着を持て。
●チャレンジこそがDNA。
●「三綱領」と遺訓を令和に生かす。
●私たちの守る伝統とは、古いものを壊すことだ。
●国難と共に歩み、国民と共に栄える。
叩き込まれた三菱イズム
●三菱は“奇跡のベンチャー”なのです。
●こんなにお金をかけて社員に本物を見せてくれる企業があるんだ。
●人材にエネルギーとコストをかけて良質な組織をつくり上げる。
●良い組織をつくるには経営者が百万回訓示するより、多くの一流に触れてもらうほうが近道です。
●ベンチャーづくりは人づくりだ。
●真実は現場にある。
●可能性の大きな市場を勢いのある若手に任せてみよう。
●決意が固いならやってみたらいい。
●正しいと判断したなら必ずやり切る、やり切れば花開くと信じ突き進む。
●(震災時に)こんなときは自分で見ないと判断できない。
●相手も同じ人間だ。
●毎朝下っ腹に力を入れろ。健闘を祈る。
岩崎家の教え
●人は天の道にそむかないこと。
●子に苦労をかけないこと。
●他人の中傷で心を動かさないこと。
●一家を大切に守ること。
●無病のときに油断しないこと。
●貧しいときのことを忘れないこと。
●常に忍耐の心を失わないこと。
●桃李不言。下自成蹊。
●機会は雲中に現れる蚊龍のごときのもの。これを捕捉するのには、透徹明敏なる注意と、豪邁なる胆力が必要である。
私が見た「三菱の品格」
●三菱グループのトップは、皆さん、一言で言えば紳士。
●「組織の三菱」は結束力の高さを象徴しているが、縦割り組織が強いことでもある。“三菱の品格”を維持する意味でも、長期的視点は大事にしていただきたい。
●三菱総研は未来志向の強いシンクタンクであり、その点は大学とも共通点がある。
●「課題先進国」の日本、シンクタンクが担う役割は以前にも増して重要になる。
●今後の課題は強過ぎる縦割り組織を打破し、いかに横断的な組織に変えていけるか。
●三菱重工を含めた三菱グループ各社は日本社会の縮図です。
●退職してからも、無意識のうちに「あれはウチで造ったのよ」と。
●三菱重工さんの教育はみごとだなァ。
「三菱」は結婚相手としての価値があるか ◎鈴木涼美
岩崎弥太郎と渋沢栄一の大喧嘩 ◎鹿島 茂
給料、結婚、他財閥……有価証券報告書と調査データで読みとく

現代の日本で、三菱で働くということ。
「日々感謝、日々感動。」三菱とともにに生きる

覆面座談会 半沢頭取「出世」の秘密
「三菱」が出てくる10冊の読書案内

名著に心を洗う
竜馬がゆく/雄気堂々/暁の群像/オレたちバブル入行組ほか
他財閥が「三菱さん」に言いたいことがある

ライバルの言葉に耳を傾ける
特別付録

巨人たちが遺した東京「財閥庭園」巡りマップ
一念が道をひらく ◎三菱ケミカルホールディングス会長 小林喜光
NEWS & INTERVIEWS
PEOPLE 大河ドラマ『青天を衝け』主演・吉沢 亮
日本のエスタブリッシュメントを支える“三菱の結婚相談所”
独占・“前澤金配り”企画が強盗・詐欺のカモリストに
官邸が怯える「『NO』と言える小池百合子」
好評連載
人間邂逅[784]

●五十嵐光喜×大井川和彦

「ビリ県」脱出
茂木健一郎の「成功への物語」[232]

岩崎弥太郎の教えが現代の日本を救う
大前研一の「日本のカラクリ」[262]

バイデン新政権は日本軽視、台頭する中国とどう向き合うか
飯島 勲の「リーダーの掟」[285]

大騒動の舞台ウラ これが本当の木を見て「森」を見ず
齋藤孝の「人生がうまくいく古典の名言」[56]

不遇の連続でも、人生は一からやり直せる
「橋下 徹」通信[118]

権限がなくても人を動かせる「政治力」とは何か
猫組長の「ダークサイド経済日誌」[24]

人類を救うワクチンがコロナを暴力に変える
伊藤詩織の「ドーナツてるの?」[21]

「日本手話のポエム」を観たら、あなたは圧倒される
鈴木宗男×佐藤 優の「世界大地図」[26]

独房で学んだリモートワーク術
三浦瑠麗の「山王日記」[25]

『イデオロギーと日本政治』に見る「保守」「革新」の逆転現象
本田 健の「賢者は年収3000万の小金持ちを目指す」[26]

早熟な人が、一発屋で終わってしまう理由とは
池上 彰と増田ユリヤの「ドキドキ大冒険」[57]

知られざる情報収集力 バチカン市国
渡瀬裕哉のワシントン便り[8]

極左バイデンで世界は地獄に落ちる…
笹井恵里子の「あなた vs 〇〇〇」[24]

牛乳
銀座ザボン・水口素子の「愛しい人」[16]

ホステスと交際中のお客様が来店したときの対処法
職場の心理学[722]

社員の給料を「言い値」で払ったら、会社に何が起こるか
マネーの新流儀 [320]●山野祐介

携帯料金の新プラン、最強チョイスはこれだ!
探せ! みんなの新定番体当たりレビュー部

外部グッズを使ってスマホのスマートさを引き出せ!
新刊書評

森 功 著『鬼才 伝説の編集人 齋藤十一』
クローズアップ・ニッポン

著者インタビュー

布施川天馬 著『東大式節約勉強法』
著者インタビュー

森岡 毅 著『誰もが人を動かせる! あなたの人生を変えるリーダーシップ革命』
経営者たちの四十代[272]●街風隆雄

●トリドール社長・粟田貴也

誰もが当然とする道は、選ばない
プレジデント言行録
エディターズノート

参考価格: 780円 定期購読(学割6ヶ月プラン)なら1冊:325円

現代の悩めるビジネスリーダーの「問題解決のバイブル」として、米国FORTUNEの日本版として始まりました日本一のビジネス誌「プレジデント」を!

  • 2021/02/12
    発売号

  • 2021/01/22
    発売号

  • 2021/01/08
    発売号

  • 2020/12/25
    発売号

  • 2020/12/11
    発売号

  • 2020/11/27
    発売号

3 正論

産経新聞社

最大
12%
OFF
送料
無料

正論

2021年03月01日発売

目次:
【特集】軍事忌避の異常
            
匿名対談 現役学者が告発 軍事研究禁止の実態        
大学はこうやって軍事研究を禁じる(リスト付き)        本誌編集部  
陸自の「極秘合意」で暴走する沖縄メディア                本誌編集部 
「私的戦闘訓練」何が悪いのか    陸上自衛隊特殊作戦群初代群長  荒谷 卓 



森喜朗氏騒動と〝魔女狩り〟の恐怖   産経新聞政治部編集委員兼論説委員   阿比留瑠比   
徹底検証 森氏の発言は「女性蔑視」にあらず 情報検証研究所メンバー 田村和広  
東京五輪へ国家の覚悟見せろ    スポーツジャーナリスト 二宮清純 × 登山家 野口健 
                      


【特集】中国という禍   
ジェノサイド黙認は許されない      東京大学教授 平野聡 
ウイグル人弾圧で対応鈍い日本 日本ウイグル協会副会長 アフメット・レテプ  
北京冬季五輪開催に反対する 自由インド太平洋連盟副会長 石井英俊  
「植民地支配」に世界は抗議せよ    評論家 三浦小太郎 
中国「政治戦」の最終目標   元米海軍省戦略広報部長 ケリー・ガーシャネック 
聞き手 麗澤大学准教授 ジェイソン・モーガン
尖閣防衛けん制のフリするな   軍事社会学者 北村 淳 
バイデン政権はすでに中国忖度  麗澤大学特別教授 産経新聞ワシントン駐在客員特派員 古森義久 
南米とアジアで外交二連勝     チャイナ監視台  産経新聞台北支局長 矢板明夫 


米中を左右する東南アジア情勢    政策研究大学院大学客員教授 飯村 豊 
人権問題に声あげない日本  軍事ジャーナリスト 黒井文太郎 
アジアの核抑止に核シェアリングを  前内閣官房副長官補 同志社大学特別客員教授 兼原信克 

「CO2ゼロ」政策は国民経済破壊する    キヤノングローバル戦略研究所研究主幹 杉山大志 
フェミニズムに狙われる歴史教科書 麗澤大学特任教授 高橋史朗 


【特集】 東日本大震災から10年  
原発ゼロは国を亡ぼす  東京工業大学原子炉工学研究所助教 澤田哲生 
急げ、処理水の海洋放出  衆院議員 細野豪志  
                  産経新聞論説委員 長辻象平
甲状腺がん検査の中止を 福島県議会議員 渡辺康平  




【特集】武漢ウイルスとの闘い 
第3波後に向けて備えるべきこと  日本医科大学教授 松本 尚 
医療機関狙う もう一つのウイルス  NTTチーフ・サイバーセキュリティ・ストラテジスト 松原実穂子 
厚労官僚は今こそ「公」に尽くせ  元国税庁長官 寺村信行 


第36回正論大賞受賞記念論文
北の暗号資産詐欺と石炭密輸事件の接点 安全保障問題専門家・元国連安保理北朝鮮制裁専門家パネル委員
  古川勝久 
第21回正論新風賞受賞記念論文
日本はいつ建国したか  作家 竹田恒泰 


【好評連載!】
小説 寒い国から来た工作員(スパイ) 第6回 最期 特定失踪者問題調査会代表 荒木和博 

昭和の大戦とあの東京裁判―同時代を生きた比較史家が振り返る―
第13回 戦後民主主義世代への失望       東京大学名誉教授 平川祐弘 


【グラビア】
皇室歳時記  被災地に寄り添われ   
神話よよみがえれ 写真・文 廣田勇介       
文字のふるさと   瀧野喜星    
不肖・宮嶋の現場  砂かぶり席でのデモ 
業田良家 それ行け!天安悶 
西原理恵子 ぬるま湯正論 
文人論客壺中之天 三島由紀夫 「新宿三丁目 どん底」 取材・構成 将口泰浩 

巻頭コラム 激流世界を読む        田久保忠衛
フロント・アベニュー 麗澤大学教授 八木秀次
フィフィの本音    タレント  フィフィ
経済快快  産経新聞特別記者 田村秀男 
SEIRON時評   評論家 江崎道朗 
アメリカの深層  福井県立大学教授 島田洋一 
朝鮮半島藪睨み 産経新聞編集委員 國學院大學客員教授 久保田るり子
シリーズ対談 日本が好き! よく墓参りして報告します 
                芸人 友近/ ジャーナリスト 井上和彦
シネマ異聞 そこまで言う⁉  読売テレビ・チーフプロデューサー 結城豊弘 
読書の時間 潮匡人/桑原聡のこの本を見よ  
編集者へ・編集者から 
メディア裏通信簿  
折節の記  
操舵室から  

参考価格: 900円 定期購読(1年プラン)なら1冊:790円

日本人の鼓動が響く雑誌です。~オピニオン誌「正論」~

  • 2021/02/01
    発売号

  • 2020/12/26
    発売号

  • 2020/12/01
    発売号

  • 2020/10/30
    発売号

  • 2020/10/01
    発売号

  • 2020/09/01
    発売号

5 会社四季報

東洋経済新報社

最大
1%
OFF
送料
無料

会社四季報

2020年12月16日発売

目次: 業界担当記者が独自取材・独自分析で業績変化を先取り。
完全2期予想の会社四季報で自分だけの“成長企業"を探そう!

2021年1集新春号では、3月期決算企業の中間決算を踏まえ、業界担当記者が今期および来期の業績回復シナリオを先読み。
日本国内全上場3,800社をフルカバーした四季報で、2021年に輝く有望企業を見つけましょう!

株式投資はもちろんのこと、営業先開拓などのビジネスユースや就職活動などにも、ぜひお役立てください。

【今号のおもなトピック】
●コロナで株主還元も二極化
●配当総額の伸びを全社調査
●注目ランキング:V字回復、上振れ…サプライズ満載

【デジタル特典】
スマホで丸ごと読み!

※お知らせ:袋とじ付録は、ワイド版だけのオリジナル付録です。ご注意ください。

参考価格: 2,200円 定期購読(1年プラン)なら1冊:2,170円

3500社を超える企業情報ハンドブック

  • 2020/09/18
    発売号

  • 2020/06/26
    発売号

  • 2020/03/16
    発売号

  • 2019/12/13
    発売号

  • 2019/09/19
    発売号

  • 2019/06/18
    発売号

6 投資手帖

日本株式新聞社

最大
6%
OFF
送料
無料

投資手帖

2021年02月20日発売

目次: 特集
自動車業界が復活・新成長へ‼
出遅れ自動車株と電子部品株が狙い目

スコープ
菅義偉首相の「2050年カーボンニュートラル宣言」で一躍脚光
世界的な再生可能エネルギー導入の動きが追い風
「定置用蓄電池システム」関連銘柄の成長力に注目

クローズアップ
ワクチン接種で世界景気は正常化へ
IMFが世界景気見通しを上方修正、「割安株」を総点検

特別銘柄企画
待ち伏せ狙いの「低PBR・中低位株」
ワクチン接種が進み、経済活動の正常化とともに、株価は一段高へ

参考価格: 800円 定期購読(1年プラン)なら1冊:750円

投資手帖は、豊かな明日を創る投資情報誌です。

  • 2021/01/20
    発売号

  • 2020/12/19
    発売号

  • 2020/11/20
    発売号

  • 2020/10/20
    発売号

  • 2020/09/19
    発売号

  • 2020/08/20
    発売号

7 週刊東洋経済

東洋経済新報社

最大
46%
OFF
送料
無料

週刊東洋経済

2021年03月01日発売

目次: 【第1特集】
働き方と仕事の法律

Part1 働き方のルールが変わる
[21年施行]大企業に続いて中小企業でも開始 同一労働同一賃金の焦点
改正パート・有期法のポイントと対応策
[22年施行]すべての企業で対策が必要に ハラスメント対策を急げ!
従業員と取り決めを リモート勤務はここに注意!
仕事の成功率が上がる! ビジネス法 独学・情報収集術
[21年施行]Q&A 企業やベテラン社員はどうする? 70歳定年制度の基礎知識
[22年施行]家計や年金に大きな影響 人生設計変える改正続く

Part2 企業経営のルールが変わる
[21年施行]改正会社法で何が変わる? 企業統治の透明化進める
改正会社法Q&A 株主総会も変わる! ビジネスパーソンや投資家が知るべきポイントはどこか?
[22年施行]企業のトラブルは増えるか 「成年年齢18歳」の影響度
[22年施行]情報の「利用」を重視する 個人情報保護の規制強化
職場の法律問題 思わぬトラブルはこうして解決せよ!

Part3 改正民法を再確認せよ
売買Q&A 契約不適合責任へ改正 責任追及手段が多彩に
[法定利率]当面は3%に 交通事故の損害賠償に影響
[定型約款]定型取引に適用される新ルール 「みなし合意」が可能に
[短期消滅時効の廃止]飲食店にメリット 債権回収を5年に統一
[売買・請負]IT業界の対応は? 改正版契約書の導入急げ

【第2特集】
CSR企業ランキング 2021年版

総合上位企業 KDDIが2年連続トップ 積極的な社会貢献が光る
総合ランキング300
部門別上位企業 人材活用はANAが1位 CSR合計値ではSOMPO
人材活用/環境/企業統治+社会性/CSR合計/財務
金融機関 東京海上が僅差で首位 SOMPO、第一生命が続く
金融機関上位30社
総合ポイント上昇率&未上場企業 総合190位のナブテスコ 上昇率ではトップに
総合ポイント上昇率 上位5社
未上場企業 上位10社
広がるESG投資 情報の共通化をどう進める
ポストコロナの働き方 テレワーク普及に課題 評価制度の変更も必要に
[アンケート]ポストコロナ時代の働き方改革について聞いた

スペシャルリポート
脱ガソリンに揺れる軽自動車 電動化に立ちはだかる難題
 電動化時代に問われる存在意義 軽にも鳴り響く「EV化」の号砲

ニュース最前線
ホンダ、6年ぶりトップ交代 新社長に託されたEV戦略
熱狂なき日経平均3万円 「高値銘柄」の波乱に警戒
顧客のポイントを使い込み 日生で発覚した不正の衝撃

連載
|経済を見る眼|英国ワクチン大作戦に見る戦争の記憶|苅谷剛彦
|ニュースの核心|着実な回復へ今こそ賃上げが必要|大崎明子
|発見!成長企業|エスプール
|会社四季報 注目決算|今号の4社
|トップに直撃|イトーヨーカ堂 社長 三枝富博
|フォーカス政治|政府がこだわる「元号表記」への疑問|軽部謙介
|グローバル・アイ|ワクチンとゼロ金利の終わり 経済正常化で世界は大揺れに|ケネス・ロゴフ
|INSIDE USA|左右ポピュリストが共闘 大衆の怒りが生む新構図|会田弘継
|中国動態|海警法は尖閣奪取の布石か|小原凡司
|財新|第3世代原子炉「華龍1号」が運転開始/不正会計の新興カフェが米国で破産申請
|マネー潮流|ワクチンをめぐる新興国のリスク|中空麻奈
|少数異見|公正な金融市場を壊すMSワラントにNOを
|企業事件簿 【新連載】第1回|暴かれた架空循環取引 IT急成長の陰で蔓延した悪事|高橋篤史
|知の技法 出世の作法|「憲法に反することはしない」 プーチン大統領発言の含意|佐藤 優
|経済学者が読み解く 現代社会のリアル|オークションの売上額は 「売り方の工夫」で変わる|十河丈晴
|リーダーのためのDX超入門|イーロン・マスクもほれた「宇宙」の可能性|山本康正
|話題の本|『子育て支援の経済学』著者 山口慎太郎氏に聞く ほか
|経済クロスワード|法改正
|人が集まる街 逃げる街|宮城県仙台市太白区 長町|牧野知弘
|ゴルフざんまい|ゴルフの魅力を知る 3つの視点|小林浩美
|編集部から|
|読者の手紙 次号予告|

定期購読(1年(デジタルサービス付き)プラン)なら1冊:560円

ビジネスリーダー必携の総合経済誌 『週刊東洋経済』

  • 2021/02/22
    発売号

  • 2021/02/15
    発売号

  • 2021/02/08
    発売号

  • 2021/02/01
    発売号

  • 2021/01/25
    発売号

  • 2021/01/18
    発売号

最大
5%
OFF
送料
無料

日経マネー

2021年02月20日発売

目次:
■特集1 ニューノーマル時代の新10倍株で勝つ

●ニューノーマル時代の新10倍株で勝つ! (020p)
●10倍高も見込める大化け株で大きく儲ける 狙いは大きくテンバガー(022p)
●10倍株候補発掘の5つのポイントをつかむ チャートの特徴も要チェック! (024p)
●3大潮流で探す未来の10倍株 今からでも間に合う! 中長期保有で大化けも(026p)
●これが次世代の大化け3大テーマだ 長期でテンバガーも夢じゃない! (027p)
●3大テーマ1 ヘルスケアコロナ禍で医療は 「非接触」 にシフト ヘルステックは準トップに妙味(028p)
●3大テーマ2 DX企業、官公庁ともデジタル化は加速 20年急騰銘柄の押し目を狙え(032p)
●3大テーマ3 脱炭素脱炭素化は日本企業にとって好機 水素社会到来で中型株に大化け余地(036p)
●直近IPOで探せ! 最強の成長株 上場間もない新興株から10倍株の卵を発掘(040p)
●IPO株は“隠れ優良銘柄”で儲ける 10倍株の卵はここだ(041p)
●スゴ腕流 大化けIPO株の狙い方 CASE1人気薄の 「非DX銘柄」 を割安な水準で仕込む(042p)
●スゴ腕流 大化けIPO株の狙い方 CASE2利確を重ねて着実に勝つトレンドをいいとこ取り(044p)
●注目株を見逃すな! 直近IPO18銘柄を徹底査定直近IPOは割高感強いものも長期の事業成長が鍵に(046p)
●10倍株の利確テク チャートでは売り時を判定しない 決め手は株価より企業の成長度(052p)
●ここから上がる逆襲大化け株 コロナ逆風銘柄が狙い目! (054p)
●逆襲株を探し出す3つの戦略 出遅れと侮るなかれ(055p)
●コロナでダメージ大の銘柄ほど大化け期待 狙うのは大きな業績の変化率(056p)
●売上高大幅減の株、出遅れBtoB株を狙う 景気回復の伝播を期待(059p)
●注目は工作機械とパワー半導体関連銘柄 日本企業が強みを持つ分野(062p)
●スゴ腕が仕込んだ 逆襲株パナソニックで会心の投資再現狙う 三井金属はインフレで大化けを期待(064p)
●データで斬る! 出遅れ銘柄から選ぶ安定成長期待株(066p)
●トップファンマネに学ぶ大化け株発掘法 高パフォーマンスの鍵は銘柄選びにあり(067p)
●知る人ぞ知るトップマネジャー 塩住秀夫さんの成長株投資術3つの成長分野に狙いを絞る ウイズコロナ銘柄を新たな主力に(068p)
●中小型株投資の専門家集団 エンジェルジャパンの銘柄発掘利益成長の次のステップを見据えた企業へ投資(070p)
●伝説のファンドマネジャー ピーター ・ リンチ氏が説いたテンバガー投資アマチュアこそ10倍株が見つかる 現役の直弟子はニッチ銘柄を狙う(072p)


■特集2 ESGで上がる株&投信

●ESGで上がる株&投信 世界的潮流に乗って資産を増やす! (077p)
●世界でも日本でも拡大中 ESG投資で稼ぐ! (078p)
●ESGの大波を個別株で捉える プロが選んだ有望22銘柄(080p)
●ESG投信で波に乗る 今から買いたいESG投信3本(086p)


■特集3 介護にかかるお金&必要な備え

●介護にかかるお金&必要な備え 知っておきたい 親のために、自分のために(102p)
●公的介護保険の仕組みと自己負担の中身を知る 基本を押さえて賢く活用(104p)
●在宅介護と施設介護 かかるお金をチェック どんなサービスにいくらかかる? (106p)
●親の介護に備えやっておくべきこと できることから実行しよう(108p)


■表紙の人

●夏菜 女優 初の悪女役に挑戦 意識したのは丁寧な 「動き」 (012p)


■先読みTIMES

●脱炭素が迫る事業転換 第2のソニー登場の鍵か ソニーの時価総額が過去最高に(015p)
●業績改善が火をつけた割安日本株買い(016p)


■先読みカレンダー 2021 3月

●グリーン成長戦略に注目(018p)


■ろくすけさんの勝てる株式投資入門

● 「素晴らしい企業」 の探し方を学ぶ(074p)


■もっと得する株主優待生活

●人気のカタログギフト お薦め優待ベスト10(090p)
●3月に取れるお得優待(092p)


■株の達人に聞く 今月の注目銘柄

●上昇期待が高い 「10万円株」 (094p)


■クローズアップ企業

●プレミアアンチエイジング 定期購入と店頭販売を両立 新ブランドで海外展開も(100p)


■Money Interview

●パトリック ・ ハーラン タレント、東京工業大学非常勤講師相対的貧困に苦しむ子供たちの未来のため 日本社会に支援の輪を広げたい(110p)


■クイズで学ぶ会計知識

●教育業界の貸借対照表(114p)


■澤上篤人のゴキゲン長期投資

●中小企業の活性化が日本復興の近道(116p)


■豊島逸夫の世界経済の深層真理

●バイデン政権、じわり広がる市場との距離(118p)


■広木隆のザ ・ 相場道

●実は危うい 「株高はバブルではない」 説(120p)


■滝田洋一の経済ニュースここだけの話

●米株式市場SNSの乱とバイデン政権(122p)


■岡崎良介のマーケット ・ アナライズ

●サイズのローテーション 米国株は小型株優位の時代に(124p)


■エミン ・ ユルマズの未来観測

●バイデン新政権発足 随所に潜む急落リスク、楽観は禁物だ(126p)


■マネーの達人に学ぶ お金に強い子供の育て方

●イー ・ カンパニー 代表 ファイナンシャルプランナー 八木陽子さんマネー教育は実体験が何より重要。 頭に詰め込むより、学びがある(128p)


■マルトクセレクション

●非対面契約 ・ 手続きが拡大 ほか(131p)


■特許で騰がる株を探せ! 工藤特許探偵事務所 Special

●新型コロナ対策やEVも守備範囲 「繊維 ・ フィルム」 関連の技術割安株(132p)


■山本伸のネクスト爆騰銘柄

●半導体、環境、親子上場 株価材料満載の爆騰期待3銘柄(134p)


■関大介のREITウオッチ

●逆風ホテル型の価格堅調 分配金回復期待は本物か(136p)


■最新! 投信ランキング

●騰落率ランキング 首位は年125%上昇(137p)


■佐々木明子のモーサテ日記

●急ピッチで進む 「脱炭素」 への取り組み。 理想と現実のはざまで企業は(138p)


■生保損保 業界ウオッチ

●安全運転で保険料が安くなる テレマティクス保険が続々(139p)


■ネット証券DATA

●2月3日現在(10%税込み表記) (140p)


■マネー ・ データバンク

●2月8日現在(142p)


■Readers’ FORUM

●2021年にチャレンジしたいこと(144p)


■Money Books

●格差のない未来は創れるか? 今よりもイノベーティブで今よりも公平な未来 ほか(145p)


■別冊付録

●スマホ料金見直し&ネット証券活用術

参考価格: 750円 定期購読(1年プラン)なら1冊:713円

日経グループがお届けする、信頼できるマネー情報誌です!

  • 2021/01/21
    発売号

  • 2020/12/21
    発売号

  • 2020/11/20
    発売号

  • 2020/10/21
    発売号

  • 2020/09/19
    発売号

  • 2020/08/21
    発売号

最大
19%
OFF
送料
無料

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japan

2021年03月02日発売

目次: Special Report
人民元研究
一足先にデジタル化する「RMB」の実力
中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか
通貨 ドル支配の終わりと人民元時代の始まり
分析 基軸通貨への準備は万端
歴史 「弱小」人民元はこうして飛躍した
■タイムライン 人民元、国際通貨への足跡
視点 ドルと世界が迎える予測不可能な未来

◆ミャンマー軍はなぜ賭けに出た?
クーデター 暴挙に出た真の理由は組織の歴史から読み取れる

Periscope
SAUDI ARABIA 皇太子の「罪」認定でも制裁できない訳
UNITED STATES 「空爆」バイデンとイランの神経戦
HONG KONG 香港のコロナ対策を阻む政府不信
GO FIGURE コロナワクチンの副反応は心配無用?

Commentary
英国 偉人像攻撃の耐えられない単純さ──コリン・ジョイス
科学 火星開発は人類生存のため──クリストファー・メーソン
アメリカ 党内対立が民主党を強くする──サム・ポトリッキオ
Superpower Satire 風刺画で読み解く「超大国」の現実
保守派大スターの負の遺産──ロブ・ロジャース&パックン
Economics Explainer 経済ニュース超解説
ファミマが開く金融新時代の扉── 加谷珪一
Help Wanted 人生相談からアメリカが見える
不倫で生まれた娘に真実を話すべき?
Wrong Words その言葉への違和感
かくも悪質な「差別発言は冗談」論── 望月優大
Japanese Cinema Notes 森達也の私的邦画論
衝撃の初ジブリ体験は『風の谷のナウシカ』── 森達也

World Affairs
紛争 さらば、祖国アフガニスタンよ
国境問題 インドはどうやって中国を撃退したのか

Features
米政治 ポスト・トランプの隠しきれない野心

Life/Style
Movies ジョディ・フォスターの新作が最高に政治的な訳
Movies 何が歌姫ブリトニーを追い詰めたのか
Movies ディズニー伝説的悪役の知られざる過去
Books 「フランス式」が許した少女への虐待
Art 草間彌生のアートを追って世界中を旅したい
My Turn 警官として助けた女の子が家族になるまで

Picture Power
移民の祖国が払う高い代償

Tokyo Eye 外国人リレーコラム── 李娜兀
「女子東大生」が少ない本当の理由

参考価格: 480円 定期購読(月額払いプラン)なら1冊:389円

日本だけのニュースを読むか、世界と同じニュースを読むか。世界と同じニュースを読む!それが、ニューズウィーク・バリュー

  • 2021/02/24
    発売号

  • 2021/02/16
    発売号

  • 2021/02/09
    発売号

  • 2021/02/02
    発売号

  • 2021/01/26
    発売号

  • 2021/01/19
    発売号

週刊トラベルジャーナルの所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌