• 雑誌:KOKKO(こっこう)
  • 出版社:堀之内出版
  • 発行間隔:年5回刊
  • 発売日:2,5,8,10,11月の10日
  • 雑誌:KOKKO(こっこう)
  • 出版社:堀之内出版
  • 発行間隔:年5回刊
  • 発売日:2,5,8,10,11月の10日

KOKKO(こっこう) 第49号 (発売日2022年11月25日)

堀之内出版
[第一特集] 物価と公務員賃金
●物価上昇を上回る賃上げの波、公務から起こせ

2021年から世界規模でインフレが加速しています。これまで30年以上物価が動かなかった日本でも、輸入物価の上昇や円安等の影...

KOKKO(こっこう) 第49号 (発売日2022年11月25日)

堀之内出版
[第一特集] 物価と公務員賃金
●物価上昇を上回る賃上げの波、公務から起こせ

2021年から世界規模でインフレが加速しています。これまで30年以上物価が動かなかった日本でも、輸入物価の上昇や円安等の影...

ご注文はこちら

初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
KOKKO(こっこう)のレビューを投稿する
2022年11月25日発売号単品
定期購読でご注文
レビュー
500円
割引可
この号なら
1,540円
送料無料
2024年02月26日発売号から購読開始号が選べます。
定期購読なら送料無料

KOKKO(こっこう) 第49号 (発売日2022年11月25日) の目次

[第一特集] 物価と公務員賃金
●物価上昇を上回る賃上げの波、公務から起こせ

2021年から世界規模でインフレが加速しています。これまで30年以上物価が動かなかった日本でも、輸入物価の上昇や円安等の影響を受けて2022年に消費者物価指数が上昇局面に入りました。
 22年の春闘では、物価高騰のもとで実質賃金が下がらない水準のベースアップ確保が焦点になりましたが、コロナ前の水準である2%程度の賃上げにとどまりました。8月の人事院勧告の基礎となった職種別民間給与実態調査(民間事業所の4月分給与)では0.23%の官民較差しか出ず、それを受けた俸給表改定は原資が少ないために初任給近辺のみにとどまりました。公的セクターでも実質賃金低下が避けられない見通しです。
 そもそも物価変動を直接反映しない人事院勧告制度は、インフレ時に公務労働者の生活を保障できず、公務員賃金の社会的影響力の大きさからも制度の弊害が大きくなっています。本特集では、長らく等閑視されてきた物価と公務員賃金のあるべき関係について議論します。


[第二特集] 研究者使い捨てと科学技術衰退
●研究者数千人が雇止めの危機

いまだに「日本は解雇規制が強くて雇用の流動化が低いから衰退している」「解雇規制緩和で日本はハッピーになる」などと主張する方がいます。各国2019年のOECD統計によると加盟38か国の中で日本の正規雇用の解雇規制は強い方から27番目、弱い方から12番目。非正規雇用の解雇規制の強さは30番目で正規も非正規もすでに解雇規制は緩和されています。文部科学省の統計によると国立大学の40歳未満の任期付き教員の割合は2007年の38.7%から2021年の68.2%へ毎年右肩上がりに増えています。そして、今回の第二特集の中で榎木英介さんが指摘しているように、日本のトップ10%の論文数は世界4位から12位へと大きく落ち込み、研究者の「雇用の流動化」が高くなればなるほど日本の科学技術は衰退しています。さらに2023年3月末、国立大学や国立研究機関の任期付き研究者数千人が雇止めの危機にある問題などについて第二特集では考えます。

目次
[第一特集] 物価と公務員賃金

〈インタビュー〉日本の賃金が上がらないのはなぜか
――「管理」された春闘の失敗と今後のたたかい方
伊藤圭一 全労連 雇用・労働法制局長

公務員の賃金はどう決めるのがよいのか
――アメリカの事例から考える
山崎 憲 明治大学経営学部准教授

人事院勧告制度の矛盾と限界
浅野龍一 国公労連書記長


[第二特集] 研究者使い捨てと科学技術衰退

日本の科学技術力の衰退をまねいた研究体制の脆弱性
榎木英介 科学技術ジャーナリスト

理研の研究者大量雇止めは日本の研究力低下を加速させる
理化学研究所労働組合

経済安全保障法と国立研究機関
井原 聰 東北大学名誉教授


[単発]2022年度予算定員の分析
国公労連 調査政策部


[連載] 難民アートプロジェクト 第13回
《対談》 日本の移民・難民問題に対して何ができるのか?
指宿昭一 弁護士
西 亮太 中央大学法学部准教授

[連載] 国家公務員の労働条件Q&A
きほんの「き」から 第36回
人事院の「柔軟な働き方」研究会って?
国公労連

[書評] KOKKO Editor’s Book Review
『物価とは何か』/『ヨノナカを変える5つのステップ』/『外国人差別の現場』
KOKKO編集部


連載「スミレとヒマワリ」「KENちゃんの職場訪問記」「8プロ映画部日誌」は都合により休載といたします。

KOKKO(こっこう)の内容

  • 出版社:堀之内出版
  • 発行間隔:年5回刊
  • 発売日:2,5,8,10,11月の10日
「国(くに)」と「公(おおやけ)」を現場から問い直す情報誌
公務員や公共に関わって働く人たちの「はたらく」を応援します。「公務員」と聞くと自分には関係ないかな?と思いがちですが、役場で働く方だけが「国」と「公」に関わっているわけではありません。また、仕事相手や生活で関わる方も多くおられると思います。毎号、時事にそったテーマを特集。公務員の働き方から日本で働くことの全体が見えてきます。

KOKKO(こっこう)の目次配信サービス

KOKKO(こっこう)最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。
おすすめの購読プラン

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

KOKKO(こっこう)の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.