• 雑誌:KOKKO(こっこう)
  • 出版社:堀之内出版
  • 発行間隔:年5回刊
  • 発売日:2,5,8,10,11月の10日
  • 雑誌:KOKKO(こっこう)
  • 出版社:堀之内出版
  • 発行間隔:年5回刊
  • 発売日:2,5,8,10,11月の10日

KOKKO(こっこう) 第51号 (発売日2023年05月22日)

堀之内出版
[第一特集]
仲間づくりのメソッド

●労働運動活性化に必要なスキル
日本の労働組合の組織率は2022年時点で16.5%と過去最低を記録しています。一方、欧米諸国では「ほとんどの公共交通機関が止まる(ドイ...

KOKKO(こっこう) 第51号 (発売日2023年05月22日)

堀之内出版
[第一特集]
仲間づくりのメソッド

●労働運動活性化に必要なスキル
日本の労働組合の組織率は2022年時点で16.5%と過去最低を記録しています。一方、欧米諸国では「ほとんどの公共交通機関が止まる(ドイ...

ご注文はこちら

初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
KOKKO(こっこう)のレビューを投稿する
2023年05月22日発売号単品
定期購読でご注文
レビュー
500円
割引可
この号なら
1,540円
送料無料
2024年02月26日発売号から購読開始号が選べます。
定期購読なら送料無料

KOKKO(こっこう) 第51号 (発売日2023年05月22日) の目次
  • 紙版
  • デジタル版

  • 紙版
  • デジタル版
[第一特集]
仲間づくりのメソッド

●労働運動活性化に必要なスキル
日本の労働組合の組織率は2022年時点で16.5%と過去最低を記録しています。一方、欧米諸国では「ほとんどの公共交通機関が止まる(ドイツ)」など物価高騰に見合う大幅な賃上げを求める大規模なストライキが相次いでいます。とりわけアメリカでは、最低賃金15ドル運動、全米規模に広がる教員スト、アップルやアマゾン、スタバなどでの組合結成と労働運動が大きく盛り上がっています。しかもZ 世代(1997年以降生まれ)が運動の中心。2022年の労組支持率71%は1965年以降で最高となり、18~34歳は77%が労組支持。先日、アメリカ在住の知人とオンラインで話す機会があり、「なぜ若い世代が労働組合運動を活性化させているのか?」と問うと、知人は「いまの若い世代は#MeToo運動やBlack Lives Matter運動などを学生時代に経験していて、労働組合運動を推進するときに大切な対話やスピーチのスキルが高い。そこにアメリカ労働運動がコミュニティ・オーガナイジングを活用して戦略キャンペーンに取り組んでいるので活性化している」との回答。日本においてもコミュニティ・オーガナイジングの活用が労働組合運動を活性化させる鍵です。


[第二特集]
国家公務員の宿舎

●公務員宿舎の「失われた30年」?
2010年前後に公務員宿舎が「公務員優遇」であるとメディア上で批判され、民主党政権下で宿舎の売却と削減、新設凍結が方針化され、職員が宿舎に入居できる要件は「5類型」に厳格化されました。その後、現在に至るまで老朽化した宿舎の本格的な改修も進まず、とりわけ若年層職員の宿舎離れが加速し、空き部屋が問題化しています。
2021年(令和3年)11月に財務省の「行政財産の未来像研究会」がとりまとめた報告書では、これまでの方針を見直し、「借受と建設のコスト比較を早急に実施し、適切に宿舎確保を進めるべき」「個々の宿舎の状況に応じて長寿命化を図りつつ、必要に応じてコスト比較の上、借受移行や建替などから費用対効果の高い方法を実行し、計画的・効率的に行う必要がある」こと等を今後の基本的な対応方針として打ち出しました。
本特集では、公務員志望者の急減や若手職員の離職増が問題化するなか、今後の国家公務員の住まいのあり方について、宿舎等の実情と職員の声を中心にして考えます。


目次
[第一特集]仲間づくりのメソッド

〈座談会〉一人ひとりの力を引き出し問題解決できる労働組合へ
―コミュニティ・オーガナイジングは仲間づくりの処方箋
伊藤賢太 北海道勤医労執行委員/北海道医労連執行委員/道労連事務局次長
更科ひかり 北海道高教組中央執行委員/さっぽろ青年ユニオン執行委員
福本えりか 京都市職労書記長
小松康則 大阪府職労委員長
司会 井上伸 国公労連中央執行委員

〈インタビュー〉みんなの力引き出すファシリテーション
―会議が変われば組織文化は変わる
嶋田 至 組織開発ファシリテーター

全員参加型の運動スタイル追求の到達点と課題
―これからの国公労働運動を考える全国会議から1年にあたって
大門晋平 国公労連中央執行委員


[第二特集]国家公務員の宿舎

国家公務員宿舎をめぐる経過と今後の在り方について
浅野龍一 国公労連書記長

国家公務員の宿舎と住まいの実態とは?
本誌編集部

民間企業の住宅支援施策の動向
本誌編集部


[単発]メディアのMeToo運動
―ジェンダー平等で労働組合の活性化を
吉永磨美 新聞労連前中央執行委員長

[単発]「国公労連2023年非正規で働く仲間の要求アンケート」結果について
国公労連調査政策部

[連載] スミレとヒマワリ 第16回
母が勝ち取ったこと―「女性には無理」の誤り
白神優理子 弁護士

[連載]運動のヌーヴェルヴァーグ FridaysForFuture⑧
「エネルギー貧困」と気候変動はいかにつながっているか
鴫原宏一朗 Fridays For Future Sendai

[連載] KENちゃんの職場訪問記
第7回 東京出入国在留管理局の巻
KEN

[連載] 国家公務員の労働条件Q&Aきほんの「き」から
第39回 男女賃金格差の公表、公務職場では?
国公労連

[書評]KOKKO Editor’s Book Review
『何が問題か マイナンバーカードで健康保険証廃止』/『こんな大人になりました』/『学校で育むアナキズム』
KOKKO編集部


連載「難民アートプロジェクト」「8プロ映画部日誌」は都合により休載いたします。


表紙イラスト オカヤイヅミ
デザイン ナルティス/末吉亮(図工ファイブ)
本文組版 はあどわあく
[第一特集]
仲間づくりのメソッド

●労働運動活性化に必要なスキル
日本の労働組合の組織率は2022年時点で16.5%と過去最低を記録しています。一方、欧米諸国では「ほとんどの公共交通機関が止まる(ドイツ)」など物価高騰に見合う大幅な賃上げを求める大規模なストライキが相次いでいます。とりわけアメリカでは、最低賃金15ドル運動、全米規模に広がる教員スト、アップルやアマゾン、スタバなどでの組合結成と労働運動が大きく盛り上がっています。しかもZ 世代(1997年以降生まれ)が運動の中心。2022年の労組支持率71%は1965年以降で最高となり、18~34歳は77%が労組支持。先日、アメリカ在住の知人とオンラインで話す機会があり、「なぜ若い世代が労働組合運動を活性化させているのか?」と問うと、知人は「いまの若い世代は#MeToo運動やBlack Lives Matter運動などを学生時代に経験していて、労働組合運動を推進するときに大切な対話やスピーチのスキルが高い。そこにアメリカ労働運動がコミュニティ・オーガナイジングを活用して戦略キャンペーンに取り組んでいるので活性化している」との回答。日本においてもコミュニティ・オーガナイジングの活用が労働組合運動を活性化させる鍵です。


[第二特集]
国家公務員の宿舎

●公務員宿舎の「失われた30年」?
2010年前後に公務員宿舎が「公務員優遇」であるとメディア上で批判され、民主党政権下で宿舎の売却と削減、新設凍結が方針化され、職員が宿舎に入居できる要件は「5類型」に厳格化されました。その後、現在に至るまで老朽化した宿舎の本格的な改修も進まず、とりわけ若年層職員の宿舎離れが加速し、空き部屋が問題化しています。
2021年(令和3年)11月に財務省の「行政財産の未来像研究会」がとりまとめた報告書では、これまでの方針を見直し、「借受と建設のコスト比較を早急に実施し、適切に宿舎確保を進めるべき」「個々の宿舎の状況に応じて長寿命化を図りつつ、必要に応じてコスト比較の上、借受移行や建替などから費用対効果の高い方法を実行し、計画的・効率的に行う必要がある」こと等を今後の基本的な対応方針として打ち出しました。
本特集では、公務員志望者の急減や若手職員の離職増が問題化するなか、今後の国家公務員の住まいのあり方について、宿舎等の実情と職員の声を中心にして考えます。


目次
[第一特集]仲間づくりのメソッド

〈座談会〉一人ひとりの力を引き出し問題解決できる労働組合へ
―コミュニティ・オーガナイジングは仲間づくりの処方箋
伊藤賢太 北海道勤医労執行委員/北海道医労連執行委員/道労連事務局次長
更科ひかり 北海道高教組中央執行委員/さっぽろ青年ユニオン執行委員
福本えりか 京都市職労書記長
小松康則 大阪府職労委員長
司会 井上伸 国公労連中央執行委員

〈インタビュー〉みんなの力引き出すファシリテーション
―会議が変われば組織文化は変わる
嶋田 至 組織開発ファシリテーター

全員参加型の運動スタイル追求の到達点と課題
―これからの国公労働運動を考える全国会議から1年にあたって
大門晋平 国公労連中央執行委員


[第二特集]国家公務員の宿舎

国家公務員宿舎をめぐる経過と今後の在り方について
浅野龍一 国公労連書記長

国家公務員の宿舎と住まいの実態とは?
本誌編集部

民間企業の住宅支援施策の動向
本誌編集部


[単発]メディアのMeToo運動
―ジェンダー平等で労働組合の活性化を
吉永磨美 新聞労連前中央執行委員長

[単発]「国公労連2023年非正規で働く仲間の要求アンケート」結果について
国公労連調査政策部

[連載] スミレとヒマワリ 第16回
母が勝ち取ったこと―「女性には無理」の誤り
白神優理子 弁護士

[連載]運動のヌーヴェルヴァーグ FridaysForFuture⑧
「エネルギー貧困」と気候変動はいかにつながっているか
鴫原宏一朗 Fridays For Future Sendai

[連載] KENちゃんの職場訪問記
第7回 東京出入国在留管理局の巻
KEN

[連載] 国家公務員の労働条件Q&Aきほんの「き」から
第39回 男女賃金格差の公表、公務職場では?
国公労連

[書評]KOKKO Editor’s Book Review
『何が問題か マイナンバーカードで健康保険証廃止』/『こんな大人になりました』/『学校で育むアナキズム』
KOKKO編集部


連載「難民アートプロジェクト」「8プロ映画部日誌」は都合により休載いたします。


表紙イラスト オカヤイヅミ
デザイン ナルティス/末吉亮(図工ファイブ)
本文組版 はあどわあく

KOKKO(こっこう)の内容

  • 出版社:堀之内出版
  • 発行間隔:年5回刊
  • 発売日:2,5,8,10,11月の10日
「国(くに)」と「公(おおやけ)」を現場から問い直す情報誌
公務員や公共に関わって働く人たちの「はたらく」を応援します。「公務員」と聞くと自分には関係ないかな?と思いがちですが、役場で働く方だけが「国」と「公」に関わっているわけではありません。また、仕事相手や生活で関わる方も多くおられると思います。毎号、時事にそったテーマを特集。公務員の働き方から日本で働くことの全体が見えてきます。

KOKKO(こっこう)の目次配信サービス

KOKKO(こっこう)最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。
おすすめの購読プラン

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

KOKKO(こっこう)の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.