※最新号の表紙とは限りません

美術手帖

美術出版社
定期購読サービス実施中!新規・更新ともに割引価格にてご提供いたします。
美術の専門雑誌という枠組みにとらわれず、さまざまなジャンルを横断する斬新な内容に定評。
資料性の高いヴィジュアル・マガジンとして海外からも熱い注目を浴びている。1948年の創刊以来、たえずアートシーンをリードしつづけるオピニオン雑誌。

美術手帖の
定期購読 雑誌・電子書籍(デジタル版)

おすすめの購読プラン
すべての購読プラン
初めてのご購入で500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、500円割引(5000円以上のご注文にご利用可)となります。 ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に表示されます。
レビュー投稿で500円割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、すぐにメールで500円割引ギフト券(5000円以上のご注文にご利用可)と、10%割引ギフト券(5000円以下の定期購読にご利用可)が届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
美術手帖のレビューを投稿する
  • + 紙版+デジタル版
  • 毎号価格
    50%
    OFF
    最新号は880円(税込)
    (4冊目以降は10%割引です)
  • ◆ 送料:
    無料
  • ◆ 月額払いとは?
    • 毎号、停止の依頼があるまでお送りします。
    • お支払いは、毎月自動引き落としとなります。
    • 詳しくはこちら
  • ◆ 紙+デジタルとは?
    • 「自宅にお届けする雑誌」と「PC、スマートフォンで見るデジタル版」の両方セットの定期購読です。
    • 外出先など、いつでもどこでも雑誌を読むことができます。資料として活用するのに最適です。
    • 詳しくはこちら
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android (印刷可)
    • 購読開始号と同じ号からデジタル版の閲覧が可能です。
    • 定期購読中に限り、デジタル版の閲覧が可能です。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。
  • + 紙版+デジタル版
  • 9,717円(税込)
    8%
    OFF
    1冊あたり1,620円
  • ◆ 送料:
    無料
  • ◆ 紙+デジタルとは?
    • 「自宅にお届けする雑誌」と「PC、スマートフォンで見るデジタル版」の両方セットの定期購読です。
    • 外出先など、いつでもどこでも雑誌を読むことができます。資料として活用するのに最適です。
    • 詳しくはこちら
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android (印刷可)
    • 購読開始号と同じ号からデジタル版の閲覧が可能です。
    • 定期購読中に限り、デジタル版の閲覧が可能です。
    • この購読プランは、ご注文完了後の解約は原則受け付けておりません。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。
  • + 紙版+デジタル版
  • 17,954円(税込)
    15%
    OFF
    1冊あたり1,496円
  • ◆ 送料:
    無料
  • ◆ 紙+デジタルとは?
    • 「自宅にお届けする雑誌」と「PC、スマートフォンで見るデジタル版」の両方セットの定期購読です。
    • 外出先など、いつでもどこでも雑誌を読むことができます。資料として活用するのに最適です。
    • 詳しくはこちら
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android (印刷可)
    • 購読開始号と同じ号からデジタル版の閲覧が可能です。
    • 定期購読中に限り、デジタル版の閲覧が可能です。
    • この購読プランは、ご注文完了後の解約は原則受け付けておりません。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。
  • + 紙版+デジタル版
  • 9,503円(税込)
    10%
    OFF
    1冊あたり1,584円
  • ◆ 送料:
    無料
  • ◆ 紙+デジタルとは?
    • 「自宅にお届けする雑誌」と「PC、スマートフォンで見るデジタル版」の両方セットの定期購読です。
    • 外出先など、いつでもどこでも雑誌を読むことができます。資料として活用するのに最適です。
    • 詳しくはこちら
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android (印刷可)
    • 購読開始号と同じ号からデジタル版の閲覧が可能です。
    • 定期購読中に限り、デジタル版の閲覧が可能です。
    • この購読プランは、ご注文完了後の解約は原則受け付けておりません。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。
  • + 紙版+デジタル版
  • 9,503円(税込)
    10%
    OFF
    1冊あたり1,584円
  • ◆ 送料:
    無料
  • ◆ 紙+デジタルとは?
    • 「自宅にお届けする雑誌」と「PC、スマートフォンで見るデジタル版」の両方セットの定期購読です。
    • 外出先など、いつでもどこでも雑誌を読むことができます。資料として活用するのに最適です。
    • 詳しくはこちら
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android (印刷可)
    • 購読開始号と同じ号からデジタル版の閲覧が可能です。
    • 定期購読中に限り、デジタル版の閲覧が可能です。
    • この購読プランは、ご注文完了後の解約は原則受け付けておりません。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。
  • デジタル版
  • 8,446円(税込)
    20%
    OFF
    1冊あたり1,408円
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android (印刷可)
    • 海外にお住まいのお客様は中途解約できません。
    • プリント版と発売日が異なる場合がございます。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。

美術手帖の商品詳細

  • 出版社名:美術出版社
  • 発行間隔:隔月刊
  • 発売日:奇数月7日
  • サイズ:A5
  • 1冊定価:[紙版]1,760円 [デジタル版]1,408円
美術の専門雑誌という枠組みにとらわれず、さまざまなジャンルを横断する斬新な内容に定評。
資料性の高いヴィジュアル・マガジンとして海外からも熱い注目を浴びている。1948年の創刊以来、たえずアートシーンをリードしつづけるオピニオン雑誌。

美術手帖 2020年4月号 (2020年03月06日発売) の目次

特集
表現の自由 とは何か?


一企画「表現の不自由展・その後」の中止と再開、そして文化庁の補助金不交付決定を引き起こした、あいちトリエンナーレ2019。その過程で、介入と規制、芸術祭や文化行政、市民社会における美術のあり方など、美術や表現の前提となる制度上の問題が浮き彫りとなった。
本特集では、再び同じことが繰り返されないために、また自主規制を回避するために、まずは「規制」を生み出す仕組みや原因を明らかにし、それに対処するにはどんな方法があるのかを紹介する。そしてこれからも現代美術を生み出し、伝え続けるために、この事件から顕在化した、できるだけ多くの論点や提言を掲載し、議論を続ける端緒としたい。


PART1
検証:あいちトリエンナーレ2019

ReFreedom_Aichi 
藤井光×加藤翼×キュンチョメ
「あいち宣言・プロトコル」全文掲載 
村山悟郎=解題

津田大介インタビュー

黒瀬陽平インタビュー

CHRONOLOGY

PART2
アーティストに聞く規制対処術

会田誠×卯城竜太(Chim↑Pom)
パブリックに美術をどう開くのか?

岡本光博 
規制とどうつき合っていくか?

小沢剛
コードをすり抜ける変化球の投げ方

ブレット・べイリー
ポストコロニアル世界における戦い方

アンドレ・ライポルト
政治的アクションと芸術活動の相関関係
 

PART3
規制に対処するための基礎知識

全米反検閲連盟(NCAC) スヴェトラーナ・ミンチェバインタビュー
検閲回避完全マニュアル

表現の自由をめぐる事件簿
コラム:「アトピック・サイト」展/
「アトミックサンシャインの中へin沖縄」展/ろくでなし子事件

「規制」をめぐるキーワード解説
表現の自由/天皇制/国家と検閲/日本軍「慰安婦」/わいせつ

図解:現代日本の文化政策基礎講座
作田知樹=解説


PART4
美術を続けるための議論と提言

国家による芸術支援は必要か?
林道郎×志田陽子×明戸隆浩

現代美術を学び、伝えるための環境づくりとは?
神野真吾×高嶺格×会田大也

美術館は観客にどう開かれるべきか?
遠藤水城×片岡真実×相馬千秋 司会=成相肇

美術と表現を続けるための21の提言
天野太郎/アンドリュー・マークル/伊藤ガビン/碓井ゆい/加須屋明子/小池一子/白川昌生/住友文彦/田中功起/手塚愛子/土屋誠一/中垣克久/仲山ひふみ/能勢陽子/日比野克彦/藤幡正樹/星野太/馬渕明子/水沢勉/藪前知子/米田知子


翻訳連載
絵画の約束
イザベレ・グラーフ=文 大森俊克=翻訳

ARTIST PICK UP
青野文昭 清水建人=聞き手

角田純 松下徹=聞き手

WORLD NEWS
New York /London /Brussels /Goa /Taipei /Art Scene /Insight

ARTIST INTERVIEW
カミーユ・アンロ
三木あき子=聞き手

REVIEWS
目[mé]「非常にはっきりとわからない」展 椹木野衣=文
金サジ「白の虹 アルの炎」+田附勝「KAKERA きこえてこなかった、私たちの声」展 清水穣=文

平山昌尚「つづく」39話
追悼 奈良原一高 蔦谷典子=文
青柳龍太「我、発見せり。」(13)
プレイバック! 美術手帖

KYOTO STEAM-世界文化交流祭-2020
「Mechanical Wonders|機械じかけの生命」展
岩間朝子 美術手帖×VOLVO ART PROJECT
Go Artists Go! 赤羽佑樹

BOOK
月刊美術史
常備店リスト
バックナンバー案内
次号予告
目次
Editor's note
特集 「表現の自由」とは何か?
PART1 検証:あいちトリエンナーレ2019
ReFreedom_Aichi座談会 藤井光×加藤翼×キュンチョメ
ビジュアルで見る、あいちトリエンナーレ
「あいち宣言・プロトコル」全文掲載
津田大介インタビュー
CHRONOLOGY
黒瀬陽平インタビュー
PART2 アーティストに聞く規制対処術
会田誠×卯城竜太(Chim↑Pom) パブリックに美術をどう開くのか?
岡本光博 規制とどうつき合っていくか?
小沢剛 コードをすり抜ける変化球の投げ方
ブレット・べイリー ポストコロニアル世界における戦い方
アンドレ・ライポルト 政治的アクションと芸術活動の相関関係
PART3 規制に対処するための基礎知識
全米反検閲連盟(NCAC)スヴェトラーナ・ミンチェバインタビュー
検閲回避完全マニュアル
表現の自由をめぐる事件簿
コラム:「アトピック・サイト」展
コラム:「アトミックサンシャインの中へin沖縄」展
コラム:ろくでなし子事件
「規制」をめぐるキーワード解説
図解:現代日本の文化政策基礎講座
PART4 美術を続けるための議論と提言
国家による芸術支援は必要か? 林道郎×志田陽子×明戸隆浩
現代美術を学び、伝えるための環境づくりとは? 神野真吾×高嶺格×会田大也
美術館は観客にどう開かれるべきか? 遠藤水城×片岡真実×相馬千秋 司会=成相肇
美術と表現を続けるための21の提言
KYOTO STEAM—世界文化交流祭-2020
「Mechanical Wonders│機械じかけの生命」展
翻訳連載 絵画の約束 イザベレ・グラーフ=文 大森俊克=翻訳
岩間朝子 美術手帖×VOLVO ART PROJECT
Go Aritsts Go!赤羽佑樹
ARTIST PICK UP 青野文昭
ARTIST PICK UP 角田純
WORLD NEWS
ARTIST INTERVIEW カミーユ・アンロ
平山昌尚「つづく」39話
レビュー 目[mé]「非常にはっきりとわからない」展 椹木野衣=文
レビュー 金サジ「白の虹 アルの炎」+田附勝「KAKERA きこえてこなかった、私たちの声」展 清水穣=文
追悼 奈良原一高
青柳龍太「我、発見せり。」(13)
プレイバック! 美術手帖
BOOK
月刊美術史
常備店リスト
バックナンバー案内
次号予告

美術手帖 2019年10月号(2019-09-06発売) の特集を少しご紹介

アーティストのための宇宙論
P.8~P.107
2019年、史上初めてブラックホールの撮影が成功し、JAXAの探査機・はやぶさ2が小惑星リュウグウに着陸。宇宙ベンチャーも注目を浴び、研究開発は加速的に進歩している。いっぽうで、宇宙はいつの時代も科学にとどまらず、幅広い思想や文化に接続されてきたテーマでもある。宇宙がますます身近なものになり、私たちの認識や身体感覚も変容させていく時代に、表現とはどのようなものでありうるのか?本特集では、宇宙とアートの関わりや、そこに通底する問題意識を様々な角度から探る。宇宙とアートの交点はどこにあるのか? 多くのアーティストが宇宙をテーマとしてきただけでなく、宇宙がもたらすイメージ、地球外生命体への想像力、さらには地球外での表現のあり方など、その論点も可能性もまさに無限に広がる。
金氏徹平 S.F. (Splash Factory)
P.141~P.154
《S.F.(Splash Factory)》は、今年4月に京都で開催された「KYOTOGRAPHIE 2019」の参加作品として京都新聞ビル内の旧印刷工場で発表された(企画はキュレーターの金島隆弘)。本記事は同作品を誌面展開したものである。烏丸丸太町という京都の街中にある京都新聞本社の地下に、2015年に閉鎖されるまで約40年間稼働した、印刷工場が残っている。機械はすべて撤去され、空洞であるが、巨大な紙のロールを移動させるためのレールや機械の設置などは残っており、不特定多数の人間が訪れるには危険な場所であるため、転用できない。しかし、このスペースを取り壊してつくり替えるには、新聞社全体の改修が必要になってしまうなど様々な要因が重なって、奇跡的に街のど真ん中に存在する空洞である。
ARTIST INTERVIEW ENRICO ISAMU OYAMA
P.188~P.203
私は、QTSが自在にドライヴし、拡散していく空間を提供するだけです。「からっぽの記号」を集合的な意味とする、ライティング文化の視覚言語を構造化したモチーフ「クイックターン・ストラクチャー(QTS)」をベースに作品を制作する大山エンリコイサム。中村キース・ヘリング美術館(山梨)での個展に際し、自身のアートに対する思想と、今後の展望を聞いた。QTSの造形原理 ──大山さんは現在ニューヨークを拠点にして、エアロゾル塗料で都市の地下鉄や壁に名前(タグ・ネーム)をかくエアロゾル・ライティング(グラフィティ)の文化から、文字を取り除き、線の動きのみを抽出し、反復・拡張させた「クイックターン・ストラクチャー(QTS)」というモチーフを軸に表現を続けています。はじめに中村キース・ヘリング美術館における個展の展覧会名「VIRAL」についてうかがえますか。

美術手帖 2019年8月号(2019-07-05発売) の特集を少しご紹介

塩田千春
生きることはつくること 魂で紡ぐ芸術の実存
P.8~P.97
ベルリンを拠点に国際的に活躍する塩田千春は、記憶、存在、生と死、沈黙といった、人間の根源的な問いをテーマにした大型インスタレーションなどで知られる。彼女の作品は、その制作の多くが極私的な体験から出発するにもかかわらず、世界中の多くの場所で人々に受け入れられている。本特集では、ベルリンのアトリエで収録した最新インタビューとともに、6月から始まった森美術館での個展レポート、300以上にわたる展覧会歴と私的なエピソードによる年表、関係者へのインタビュー、論考などから、塩田千春の人生と作品にある思想に迫る。2019 記憶を越えて 光の庭のようなアトリウムに白い毛糸の雲が広がり、つながり合う。白い糸は時空の超越を思わせ、雲のなかには建物の歴史をめぐる文書がいくつも結え付けられた。
沖縄の美術
P.114~P.137
沖縄の美術を特集する。琉球王国の時代からアジア諸国と交流し、独自の文化を形成してきた沖縄には、その地理的、歴史的背景から様々な画家や文化人が訪れている。この土地で培われた表現を、第2次世界大戦後、焦土と化した沖縄で立ち上がった美術家らによる生活共同体「ニシムイ美術村」から、現代に続く美術の流れのなかで見ていきたい。現在、沖縄を拠点にする若いアーティストたちは、コレクティブやオルタナティブスペースを運営しながらそれぞれの立場で緩やかなつながりを形成し活動を広げている。彼らは旧来の制度から戦略的に外れ、自分たちの力で立て直す方法論を、集団の力によってうまく機能させている。この特集では、沖縄を拠点に活動するアーティストへのインタビューや、美術関係者らによる座談会、戦後美術史を振り返りながら、沖縄の美術について考える。沖縄の美術とは、何か。
ARTIST INTERVIEW TOM SACHS
P.192~P.207
アートにとって重要なのは、自分のコミュニティのために作品をつくることだ。 ブランドのロゴやキャラクターを転用した彫刻など、ユーモアを持って資本主義社会を風刺する作品で知られるトム・サックス。茶道をテーマにした東京オペラシティ アートギャラリーでの個展「ティーセレモニー」に際し、友人でもある野村訓市がその制作について聞いた。 儀式としての茶道 ──初めに、どのようにして今回の展示のテーマである茶道に興味を持ったのかを教えてほしい。いつ茶道と出合ったか覚えている? サックス 15年前、ニューヨークで友人が裏千家茶道の教室に連れて行ってくれたのがきっかけだね。「ヘイ、アッパーイーストサイドの移動式納屋で、10ドルで茶道のデモンストレーションが見られるんだ。茶道の基礎も教えてもらえるんだよ」という感じで誘われたけど、僕は最初は興味がなかった。

+   美術手帖の目次配信サービス

美術手帖のレビュー
総合評価: ★★★★☆ 4.22
全てのレビュー:86件

レビュー投稿で500円割引!
捨てられない雑誌第1位
★★★★★2020年02月11日 タブロー 教職員
ずっと定期購読をしていて。冊数が溜まってきたのでストップしたが、離れて数年するとその間の情報が抜け落ちていた。やはり必要と再認識。
デジタル付きで定期購入決意
★★★★☆2019年11月13日 310のhide 会社員
雑誌を買うならデジタル版付きが自分の基本姿勢。美術手帖が本の価格程度でデジタル付きだったのが、探した中ではFujisanだけ。美術手帖ホームページなら展覧会情報が豊富で、同社のファンになってしまった。
定期購読
★★★★★2019年05月26日 Penginz 会社員
67歳の造形芸術大学通信の学生してます 古本でこの雑誌見つけ購読をする事にしました
古いがこれしか無い
★★★☆☆2019年03月02日 m 会社員
良い点:他誌よりレベルが高い、海外も取り上げる、唯一この雑誌しか現代美術に無い。後で分かる事がある、隔月刊だと煩わしく無い。難点:カラー少ない、印刷雑、文字小さ過ぎ、文章分かりづらい、忖度し過ぎ、論調古い、批評家古い、古い作家ばかり、偉ぶり過ぎ、広告少なくなった、紙面構成古い。
楽しみにしてます
★★★★☆2019年02月03日 pia1012 主婦
アーティストや、作品の新しい発見が出来るのが楽しみです。
非常に参考になりました。
★★★★★2019年01月09日 白ハヤブサ 社長
池田学には以前より注目していましたが、今回はこの画風にいたるまでの作者の考えや経歴はよくわかる大変勉強になりました。
イマのアートを読む
★★★★☆2019年01月03日 705号室 会社員
国内外の美術の最新情報なら美術手帖。毎日読めるTwitter やLINEも展示会情報が満載!価格が高いのが玉にキズ、星4つ。
アート情報をチェックするならまずこれから
★★★★☆2018年11月06日 まゆまゆ 自営業
現代の日本のアートシーンを知りたいなら大体の情報が網羅されているので、美術関係の仕事をしていた時は毎号チェックしていました。
専門性とわかりやすさ
★★★★☆2018年10月02日 まかちん 役員
美術手帳の読者は一筋縄ではいかない。一癖も二癖もある。そういう読者をいかに満足させるか。専門的すぎてもいけない。センスがあり思わずニヤリとさせる紙面が魅力だ。今後も期待している。
現代美術に携わる人必携です
★★★★★2018年09月16日 torieste 会社員
30年以上購読しているが、現代美術に携わる人にとっては実に便利な雑誌である。これがあれば、日本、世界のアートの動きを知ることができる。また、深い考察に基づき、編集されていて大変内容が濃い。現代美術といえば、BRUTUSのような雑誌のほうが一般には受け入れられるかもしれないが、内容の深さ、専門性では美術手帖に勝るものはない。
レビューをさらに表示

美術手帖をFujisan.co.jpスタッフが紹介します

1948年に創刊した美術手帖は、その時代の日本のアートを紹介している雑誌です。アーティストの活動や創作の秘密など、具体的な情報が満載なので人気を得ています。この雑誌は一般的な美術に関する本と違い、当事者としてどのように行うか書かれている特徴があります。例えばアーティストして生きていくためのコツなど、普通の雑誌では学べない知識を得られます。内容は軽いものもありますが、重く深い意味を持った記事も少なくありません。美術に関する仕事をしている方の情報源として使いやすく、日本のアートの傾向を知る時にも利用できます。

美術手帖ではアーティストに必要な、感性を磨ける特集も行われています。絵はただ見るだけではなくなぜそのような表現がいるのか、分からないと深く理解できません。美術手帖には作品を作った背景や、作者へのインタビューなどが書かれています。雑誌を読んでいれば芸術品が作られた理由が分かり、自分が制作する時のヒントを得られる時もあります。アートメディアとして古い歴史のあるこの雑誌は、本格的な美術に関する知識を得たい時に価値のある商品です。特定の芸術家にスポットを当てた記事も多く、興味のあるアーティストを理解したい時にも役に立ちます。

美術手帖の今すぐ読める無料記事

美術手帖を買った人はこんな雑誌も買っています!

趣味・芸術 雑誌の売上ランキング

美術手帖の所属カテゴリ一覧

キャンペーン&TOPICS

%{{pickup_service}}% %{{app_download_link}}% %{{category_list}}%