• 雑誌:BRUTUS(ブルータス)
  • 出版社:マガジンハウス
  • 発行間隔:月2回刊
  • 発売日:毎月1,15日
  • 参考価格:[紙版]600円
  • 雑誌:BRUTUS(ブルータス)
  • 出版社:マガジンハウス
  • 発行間隔:月2回刊
  • 発売日:毎月1,15日
  • 参考価格:[紙版]600円

BRUTUS(ブルータス) 2024年6/1号 (発売日2024年05月15日)

マガジンハウス
※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。
※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます...

BRUTUS(ブルータス) 2024年6/1号 (発売日2024年05月15日)

マガジンハウス
※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。
※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます...

ご注文はこちら

2024年05月15日発売号単品
  • 売り切れ
キャンペーン
定期購読でご注文
最大
20%
OFF
この号なら
672円
送料:1配送 40円
2024年06月17日発売号から購読開始号が選べます。
定期購読なら毎号お手元に確実にお届けします!

BRUTUS(ブルータス) 2024年6/1号 (発売日2024年05月15日) の目次
  • 紙版
  • デジタル版

  • 紙版
  • デジタル版
女優・佐々木希さんが表紙&撮り下ろしで登場。
「人生を変えた」というナチュラルワイン
との出会いと、愛する一本も掲載。

ワインは知識や体系よりも、人とストーリーで楽しむ時代になりました。
飲み手は、昔のように緊張してワインリストを睨まなくても、
格付けや地域や品質をムリに学ばなくても、
もっと自然に、今日の美味しい一杯に出会える。
その流れを作ったのが、ナチュラルワインです。
この新しい流れを、飲み手から飲食店、酒販売、インポータ―、
そして源流となる生産者へと遡ってみましょう。

目次
Prologue
今パリで最も話題のバー。ワインはもちろんナチュラルです。

Introduction
ナチュラルワインってなんだろう?

特集
Natural Wine, Please!
ナチュラルワイン、どう選ぶ?

飲む人/ワイン好き
自然に楽しむ飲み手に聞いた、私の好きな一本。

注ぐ人/飲食店主、ソムリエ
その一杯を注いで、飲み手の世界を広げる。

注ぐ人で味が変わる、はやっぱり本当です。

トップソムリエたちも、普段はナチュラルです。

売る人/酒販店主
あまたの飲食店主へとつなぐ、地方都市のハブとして。

輸入する人/インポーター
造り手から魂の一本をつなぎ、日本へ。

造る人/生産者
日本の岡山で“未来のワイン"を造り始めた人たち。

沖縄、宮古島。
そこはいつの間にかナチュラルワインの楽園でした。

Epilogue
そしてワインは、もっと自由に。

Book in Book
NATURAL WINE BAR & RESTAURANT SHOP GUIDE 53
全国、ナチュラルワインを飲める&買える店とその店主ガイド。
※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。
※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。

特集
一行だけで。明日のための言葉300

言葉は、誰かを傷つけるためにあるのではない。
明日への希望を、前を向く勇気を与えてくれるのが、言葉です。
その豊かな力に触れるには、たった一行だけでいい。
巧みな表現で無限の世界を描く、短歌や現代詩。
たった十七音で刹那を切り取る俳句や川柳。
語感とともにより身体的に訴えかけてくる歌詞。
強い説得力を持った誰かの発言や、映画や漫画の名セリフ。
この特集では、あらゆるジャンルで、心を揺さぶるたった一行の言葉を見つけに行きます。
あなたの明日のための言葉が、きっと見つかるはずです。



表紙
目次
Et tu, Brute? 「ネリー&アシャンティ」ほか
特集 一行だけで。 明日のための言葉300
一行の力って。 佐藤文香×木下龍也×柴田聡子
私の忘れたくない一行。 短歌 俵 万智/穂村 弘/枡野浩一/岡本真帆/くどうれいん ほか
芸人たちも、短歌に夢中。 又吉直樹×鈴木ジェロニモ
名歌に返す、一行。 谷川由里子/伊舎堂 仁/川野芽生/青松 輝
世界を開く、歌人・寺山修司の一行。 永井玲衣
私の忘れたくない一行。 詩 広瀬大志/カニエ・ナハ/大崎清夏/菅原 敏/黒川隆介 ほか
今を生きる詩人たちの本。 岸波 龍/熊谷充紘
20世紀の詩人を発掘して読む。 高田怜央/長尾早苗
アートの中の、詩的な一行。 布施琳太郎/青柳菜摘/百瀬 文/TOLTA
「大人になってもどぎまぎしたっていいんだな」 川島小鳥×臼田あさ美
私の忘れたくない一行。 俳句・川柳 せきしろ/小津夜景/堀本裕樹/小池正博/なかはられいこ ほか
新進俳人・夏の季語三番勝負。 藤田哲史/岩田 奎/黒岩徳将/斉藤志歩
現代川柳は、奇天烈だ! 暮田真名
私の忘れたくない一行。 歌詞 小西康陽/槇原敬之/吉澤嘉代子/塩塚モエカ/LEX ほか
現代日本のフォークとラップ。 岡村詩野/二木 信
詩歌の本は美しい。 穂村 弘×名久井直子
書店で聞いた、忘れたくない一行。1
Book in Book 人生の一行。
書店で聞いた、忘れたくない一行。2
今を生きる私たちの喜怒哀楽は、すべて『ピーナッツ』に描かれていました。
Brutus Best Bets 新製品情報
BRUTUS BACK ISSUES/定期購読募集
Brutus Best Beauty 機能性ボディケアで夏支度
BRUTUS WATCH ACADEMY 20 カルティエ
積年の孤読 VOL.9 「黎明について」
BRUTUSCOPE 「クレール・ドゥニ」ほか
BRUT@STYLE 524 樂
グルマン温故知新 639 臺所/マンション台北
みやげもん 413 無垢塩草/次号予告

BRUTUS(ブルータス) 2024年05月15日発売号掲載の次号予告

アイスクリームの進化& 深化が止まりません!
次号は特集「本当においしいアイスクリーム」。
アイスは素材を通して、その土地の味や職人の技術、製作の背景を伝えます。
一方、スパイスやハーブ、様々な味で料理やカクテルのように構築されたアイスを作る人たちが。
ワインやカクテル、コーヒーと合わせ、楽しみが無限に広がる予感。
そのほか、厳選のお取り寄せ、パフェ、スーパー&コンビニアイスに沖縄、北海道のアイス旅も。

BRUTUS(ブルータス)の内容

徹底的な特集主義で読者の興味を引くものの入り口を探す
雑誌大賞グランプリを受賞したアート&カルチャー誌『ブルータス』。徹底的に特集内容にこだわった紙面で多くの読者をひきつける。ファッション、アート、FOOD、旅、本、宗教…ブルータスの特集テーマには限りがありません。読者の興味の入り口を知っている雑誌です。新しく、かつ深い特集で、今の生活を楽しむ読者 をリードしてゆきます!毎号買うか、特集に惹かれて買うか、あなたに合った読み方を探してみてください。

BRUTUS(ブルータス)の目次配信サービス

BRUTUS(ブルータス)最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。
おすすめの購読プラン

BRUTUS(ブルータス)の無料記事

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

BRUTUS(ブルータス)の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.