労働科学 発売日・バックナンバー

全60件中 1 〜 15 件を表示
1,528円
・号数:94巻6号

【総説】
昭和期における労働科学研究所の国際協力
斉藤一,川上剛
労働科学,94(6),149~160,(2018)
International Technical Cooperation of Institute for Science of Labour in the Showa Period
Hajime SAITO, Tsuyoshi KAWAKAMI
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR, Vol.94, No.6, 149-160, (2018)

□学会だより
<第4回労働時間日本学会>

□文献紹介
<交代勤務者のクイック・リターンズと睡眠妨害>
<夜勤専従および常日勤看護職の摂食行動に関する実験的研究>
<伝統的な日勤と異なる勤務開始時刻が睡眠と神経行動指標に及ぼす影響>
<2009年版ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドライン:環境騒音と睡眠への影響に関する系統的レビュー>
<宇宙飛行士の軌道での睡眠の問題と対策>
<長時間労働と交代勤務が看護師の認知エラーに及ぼす影響>
<イタリアの8時間勤務看護師の行動的な眠気>
<うつ病と睡眠>
<看護師のクイックリターンズと夜勤が及ぼす労働起因性の事故>
<サーカディアンリズムと眠気ホメオスタシスが及ぼす交代勤務者の眠気と運転>
<ヘルスケアワーカーの交代勤務が睡眠,覚醒度,パフォーマンスに及ぼす影響>
<ヘルスケアワーカーの交代勤務と代謝性疾患:朝方―夜型性向の関わり>
<夜勤と流産:デンマークの記録データに基づいたコーホート研究>
<デンマークの病院労働者の勤務シフトのインターバルの短さと怪我のリスク>
<北欧三国の看護師における労働時間の比較研究>
1,528円
・号数:94巻5号

・目次:
追悼の辞 木村菊治さん
中明賢二
労働科学,94(5),127~128,(2018)
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR, Vol.94, No.5, 127-128, (2018)

木村菊二先生のご逝去を悼む
伊藤昭好
労働科学,94(5),129~131,(2018)
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR, Vol.94, No.5, 129-131, (2018)

【資料】
医療に係る安全管理のための職員研修に関する事例報告:研修義務化直後の6病院での取り組みを通して
安達悠子,松本友一郎,臼井伸之介
労働科学,94(5),132~141,(2018)
Descriptive Study on Implementation Efforts in Six Hospitals Shortly after Mandating Safety Training
Yuko ADACHI, Tomoichiro MATSUMOTO, Shinnosuke USUI
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR, Vol.94, No.5, 132-141, (2018)

□学会だより
<第77回全国産業安全衛生大会>
<第1回普及と実装科学研究会>

□文献紹介
<トラック運転手の不眠と事故の関係>
<スプリット勤務が市バス運転手の眠気に及ぼす実車公道研究>
<職業ドライバーは一般ドライバーより眠気を感じない?>
<看護職の長時間シフトは病欠を増やさない>
1,528円
【原著】
急ぎ・焦りエラーに関する体験型教育の効果
森泉慎吾,臼井伸之介,和田一成,上田真由子
労働科学,94(4),99~107,(2018)
Effect of Experience-based Safety Education on Human Errors Triggered by Urgency
Shingo MORIIZUMI, Shinnosuke USUI, Kazushige WADA, Mayuko UEDA
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR, Vol.94, No.4, 99-107, (2018)

【資料】
宅配便ドライバーの勤務日における身体活動量と食事の実態
上田茉莉子,長谷川爽,赤松利恵
労働科学,94(4),108~116,(2018)
Daily physical activity and diets of Japanese male home delivery drivers
Mariko UEDA, Sayaka HASEGAWA, Rie AKAMATSU
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR, Vol.94, No.4, 108-116, (2018)

□文献紹介
<夜間にとる仮眠が運転中のパフォーマンスとその後の昼間睡眠に及ぼす効果はあるのか?>
<オーストラリア看護師の夜勤・交代勤務による概日リズム変調対策:仮眠とカフェインの相乗効果>
<夜勤では誰がより眠いのか?-夜勤看護婦の主観的な眠気に及ぼす生理・心理・社会要因>
<座席の背もたれの角度が昼間睡眠における睡眠の量と質に及ぼす影響>
1,528円
【原著】
運輸業の宅配ドライバーにおける昼食摂取状況による生活習慣,健康状態―昼食が14時までの者,14時よりも遅い者,食べない者の比較―
新保みさ,持田久実,赤松利恵
労働科学,94(3),65~73,(2018)
Lifestyle and health related to lunch habits in home-delivery drivers: comparison of those whose lunch time was before 14:00, those whose lunch time was after 14:00 and those who did not have lunch
Misa SHIMPO, Kumi MOCHIDA, Rie AKAMATSU
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR, Vol.94, No.3, 65-73, (2018)

【原著】
自動車運転支援とパニック的行動の関連について実験的研究
北島洋樹,曽我重司,黒田学
労働科学,94(3),74~90,(2018)
Experimental Research on the Relationship between Driving supports and Panic-like Behaviours
Hiroki KITAJIMA, Shigeji SOGA, Manabu KURODA
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR, Vol.94, No.3, 74-90, (2018)

□学会だより
<日本人間工学会第59回大会>
<産業・組織心理学会第34回大会>
<第29回国際応用心理学会>
<第24回欧州睡眠学会>
□文献紹介
<看護婦の夜勤中の認知機能:年齢,時刻,先行覚醒時間,主観的眠気の影響>
<訪問看護師の夜間オンコール勤務が就寝前の自律神経機能,睡眠深度と睡眠感に及ぼす影響>
1,528円
【原著】
高さ可変デスクを使用したデスクワークへの立位姿勢の導入が身体違和感、疲労、下腿周囲長に及ぼす影響2-立位作業の適切な挿入時間の検討
茂木伸之,鈴木一弥,山本崇之,岸 一晃,浅田晴之
労働科学,94(2),27~38,(2018)
Effects of intermittent standing during desk work using a height-adjustable desk on discomfort of the body,subjective fatigue and lower-leg swelling (Part 2): -Study of the suitable insertion time of standing work
Nobuyuki MOTEGI, Kazuya SUZUKI, Takayuki YAMAMOTO, Kazuaki KISHI, Haruyuki ASADA
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR, Vol.94, No.2, 27-38, (2018)

【論説】
「児科雑誌」に発表された仮称所謂脳膜炎(鉛毒性脳症)に関する研究の足跡(13)1931年から内務省令実施(1935年)まで(第4報)
堀口俊一,寺本敬子,西尾久英,林 千代
労働科学,94(2),39~50,(2018)
The Studies of Lead Encephalopathy in Infants in Acta Paediatrica Japonica from 1931 to 1935: When the Ministerial Ordinance Came into Force (the fourth part)
Shun’ichi HORIGUCHI, Keiko TERAMOTO, Hisahide NISHIO, Chiyo HAYASHI
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR, Vol.94, No.2, 39-50, (2018)

□学会だより
<第91回産業衛生学会>
<第32回米国睡眠学会>
<日本睡眠学会43回的学術集会>
<産業・組織心理学会 第130回 部門別研究会 - 人事部門>
<「医療機器の企業“Finisher”人材を創出する座学・実学融合プログラム」ベーシックコース>
□文献紹介
<自宅ポリフラフィー研究における深夜の短時間睡眠の年齢と性別に及ぼす影響>
<インターン・研修医の夜間勤務の延長が睡眠と覚醒の客観指標に及ぼす影響>
<4連続夜勤看護師のパフォーマンスの適応>
<タブレットを寝る前に使うと就床時間が遅延して概日リズムと覚醒度に悪影響を及ぼす>
<1か月交代で勤務する女性看護師のシフトが起床時コルチゾール反応への影響>
<家に帰るの覚えてる?救急医の睡眠不足を評価する>
<客観的な睡眠時間は血管内皮の健康を予測する>
<病院に勤務する日勤者および交代勤務者と比較した夜勤専従者の睡眠と心理要因>
<朝型-夜型性向と疾病罹患率および死亡との関係:英国バイオバンク前向きコーホート研究>
<一般市民と比較した客室乗務員のがん罹患率>
<同じ救急救命病棟で働く医師,レジデント,看護師の夜勤認識の違い>
<16時間2交代勤務看護師の疲労感と身体活動,睡眠指標の関係>
1,528円
○目次
【原著】
難病患者および介護者の就労に関する患者ADLの影響についての検討~平成26年度鳥取県特定疾患医療受給者就労実態調査より~
伊藤 悟,佐々木貴史,原田孝弘,林 幸子,瀧川洋史,中島健二,古和久典,花島律子
【資料】
インターネットのうつ病の診断に関する情報は信頼できるか?
石丸知宏,宮内健悟,桑原恵介,服部理裕,根本博
□学会だより
<第1回 日英認知症会議>
□文献紹介
<分割睡眠/覚醒スケジュールは連続作業中の眠気を増加させるか,それとも減少させるか?>
<「過労」が血栓形成反応を加速させることが過労死のメカニズムではないか?>
<6時間労働-6時間休息のスプリット勤務が神経行動機能,睡眠と眠気に及ぼす影響>
<翌日の不安はコルチゾールには影響するが睡眠や睡眠感には影響しない>
<労働時間の短縮が常勤労働者の労働負担と回復時間に及ぼす影響>
<客室乗務員の健康に関する横断研究>

○抄録
【原著】
難病患者および介護者の就労に関する患者ADL の影響についての検討~平成26 年度鳥取県特定疾患医療受給者就労実態調査より~
伊藤 悟,佐々木貴史,原田孝弘,林 幸子,瀧川洋史,中島健二,古和久典,花島律子
労働科学,94(1),1~11,(2018)

アンケートにて鳥取県における難病患者の就労状況を調査した。平成26年度に,特定疾患治療研究事業対象56疾患,4,388名を対象に調査し,2,364人から回答を得た。平均年齢は62.3歳で,男女比1:1.38であった。modified Rankin Scale(mRS)を用いたADL評価では,介助不要のmRS0~1が51.1%,介助を要するmRS2以上が43.5%だった。全体の40.3%が就業中で,21.0%は病気を理由に失業していた。患者ADLがmRS2以上になると患者の就業率が有意に低下し,mRS3以上になると介護者の就業率も低下していた。患者のADLに応じて就業支援を調整する必要がある。(図5 表4)

キーワード: 雇用;介護者;日常生活動作;アンケート;ランキンスケール

Influence of activities of daily living on the employment situation for intractable disease patients and their caregivers
Satoru ITO, Sasaki TAKAFUMI, Takahiro HARADA, Sachiko HAYASHI, Hiroshi TAKIGAWA, Nakashima KENJI, Hisanori KOWA, Ritsuko HANAJIMA
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR, Vol.94, No.1, 1-11, (2018)

We investigated the employment situation of intractable disease patients in Tottori Prefecture.In 2014, we sent questionnaires to 4,388 patients of 56 diseases receiving public financial aids for treatment from the Ministry of Health, Labour and Welfare in Japan. We obtained replies from 2,364 patients. The average age of the respondents was 62.3 years and their sex ratio was 1:1.38. By the ADL evaluation using the modified Rankin Scale (mRS), the ratio of assistance-free patients (mRS0 and mRS1) was 51.1%, and patients requiring assistance (mRS2 to mRS5) accounted for 43.5%. As many as 40.3% of the whole respondents were working, but 21.0% had lost their jobs by the reason of a disease. When the patients’ ADL became worse than mRS2, the employment ratio of the patients significantly decreased, and the employment ratio of their caregivers decreased when it became worse than mRS3. It is necessary to coordinate job assistance services for these patients depending on their ADL levels.

Key words: Employment; Caregiver; Activities of Daily Living; Questionnaire; Modified Rankin Scale

【資料】
インターネットのうつ病の診断に関する情報は信頼できるか?
石丸知宏,宮内健悟,桑原恵介,服部理裕,根本博
労働科学,94(1),12~18,(2018)

うつ病の診断に関するWebサイトの信頼性を評価した。Google とYahoo!で「うつ病(または鬱病・うつ・鬱)」と「診断」を組み合わせた単語を検索し,59サイトが対象となった。著者の名前や所属,引用文献や情報源,投稿日を記載していたWebサイトは約1-2割であった。独自の自己評価尺度(33.0%),除外基準の記載がない(18.6%),質問項目数や選択肢数の不足(16.9%)などの不適切な情報が認められた。Webサイト運営者の種類によってWebサイトの信頼性は異なった。運営者による医療情報の質の差を考慮しながら,適切な情報が提供されるように,インターネット上の医療情報の仕組みづくりや利用者の判断力を向上させるような啓発を促進する必要がある。(表3)

キーワード: インターネット; うつ病; 情報の質; 診断; メンタルヘルス

Quality of online information regarding diagnosis of depression
Tomohiro ISHIMARU, Kengo MIYAUCHI, Keisuke KUWAHARA, Michihiro HATTORI, Hiroshi NEMOTO
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR, Vol.94, No.1, 12-18, (2018)

This study was designed to evaluate the quality of information available on the Internet regarding diagnosis of depression. We evaluated the results returned for a search of both “utsubyou” (depressive disorder) or “utsu” (depression) and “shindan” (diagnosis) on each of the Google Japan and Yahoo! Japan search engines. Of the 400 websites analyzed, 59 displayed information about diagnosis of depression. Information regarding the attribution, disclosure and currency of the disease were displayed on 11.9–22.0% (7-13/59). Inaccurate self-rating scales of depression were found concerning original scales (33.0%), lack of exclusion criteria (18.6%) and shortage of questions or answer choices (16.9%). The quality of medical information was associated with the types of website administrators. These findings offer insight into developing strategies for improving the quality of medical information on the Internet and for educating users while taking into account the types of website administrators.

Key words: Internet; Depression; Quality of information; Diagnosis, Mental health
1,528円
○目次

【資料】
母子世帯の都道府県別貧困率に及ぼす母親の就労要因の影響度の分析
田辺和俊, 鈴木孝弘
【論説】
「児科雑誌」に発表された仮称所謂脳膜炎(鉛毒性症)に関する研究の足跡(12)1931年から内務省令実施(1935)まで(第3報)
堀口俊一, 寺本敬子, 西尾久英, 林千代
□学会だより
<産業・組織心理学会33回大会>
<第7回国際睡眠学会>
<第12回日本応用老年学会>
<日本社会心理学会第58回大会>
□文献紹介
<“取りたいけど,取らない”:日本での育児休暇取得を阻害する多元的無知>
<どのような勤務スケジュールが労働者に大きな問題を生じさせるのか?スウェーデンの交替勤務者の事例>
<乳がんと航空機,自動車,鉄道騒音曝露:健康保険記録を用いた症例対照研究>
<ありがとう神様,今日は睡眠が改善する金曜日だ!>
<交代勤務者の睡眠時間と慢性疲労は食習慣と異なる関連を示す>
<企業における労働安全衛生マネジメントの実践に影響する要因の横断的研究>
<6時間労働-6時間休息のスプリット勤務が神経行動機能,睡眠と眠気に及ぼす影響>
<夜勤者の夜勤後の運転事故リスクは高い>

○抄録
母子世帯の都道府県別貧困率に及ぼす母親の就労要因の影響度の分析
田辺 和俊, 鈴木 孝弘
労働科学,93(6),165~177,(2017)

母子世帯の貧困原因に関する情報を得るために,母子世帯の貧困率の推定とその要因分析を行う実証研究を試みた。まず,住宅・土地統計調査の所得階級別世帯数の公開データを用いて都道府県別の母子世帯の貧困率を推定し,貧困の地域格差を検証した。次に,母子世帯の貧困の決定要因を探るために,都道府県別の貧困率を目的変数とし,それと何らかの関連が想定される母親の就労など30種の説明変数を用いた非線形回帰分析を実施した。その結果,貧困率の決定要因として,母親の生産工程職,専門・技術職,販売職,サービス職への就業率,臨時雇率,高卒率,幼児世帯率の7種が求まり,これらの要因が母子世帯の貧困率に影響しているという新たな知見を得た。

キーワード: 貧困率, 母子世帯, 就労要因, 都道府県格差, 非線形回帰分析

Analysis of the Effects of Working Conditions of Single Mothers on Poverty Rates of Mother-children Households in Prefectures
Kazutoshi TANABE, Takahiro SUZUKI
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR, Vol.93, No.6, 165-177, (2017)

An empirical analysis was performed to obtain information on the reasons of the poverty situation of mother-children households by estimating poverty rates and searching their determinants. On the basis of the open data of household numbers in income classes of the Housing and Land Survey, the poverty rates of mother-children households in 47 prefectures were estimated, and the disparity of the poverty situation of mother-children households in local areas was discussed. Determinants of poverty rates were searched by applying a nonlinear regression analysis to the estimated poverty rates in prefectures as an objective variable, and many related factors mainly relevant to working conditions of single mothers as explanatory variables. Seven determinants were obtained: mothers’ employment rates as manufacturing process workers, professional and engineering workers, sales workers and service workers, rates of temporary employees, rates of high school graduates as final educational background and rates of households with children under 6 years of age. It is newly found that mothers’ employment rates by occupation significantly affect the poverty rates of mother-children households.

Key words: Poverty rate, Mother-children households Working factors, Prefectural disparity, Nonlinear regression analysis


「児科雑誌」に発表された仮称所謂脳膜炎(鉛毒性症)に関する研究の足跡(12)1931年から内務省令実施(1935)まで(第3報)
堀口俊一, 寺本敬子, 西尾久英, 林千代
労働科学,93(6),178~187,(2017)

1895(明治28)年、「所謂脳膜炎」と仮称される乳幼児の疾病が伊東祐彦らによって報告された。その後、約30年にわたる研究を経て、1923(大正12)年、平井毓太郎によって、その主たる原因が母親の用いる白粉中の鉛白による中毒であることが究明された。著者らは年代を追って、「児科雑誌」により、該疾患に対する研究の足跡を論考してきた。今回は、1930(昭和5)年、鉛白使用化粧品に対する規制が明文化されて以降、1931(昭和6)年から上記規則が実施に移された1935(昭和10)までの5年間に発表された関連文献のうち、前報に取り上げた検査項目(生体試料及び白粉・膏薬中の鉛測定)に続く血液関連の検査、各種生理学的・生化学的検査、骨・歯牙のレントゲン検査、その他の検査を取り上げて論考した。

キーワード: 仮称所謂脳膜炎, 鉛毒性脳症, 鉛白の法規制明文化後の諸研究(1931~1935), 平井毓太郎, 児科雑誌

The Studies of Lead Encephalopathy in Infants in Acta Japonica from 1931 to 1935 When the Ministerial Ordinance Came into Force (the third part)
Shun'ichi HORIGUCHI, Keiko TERAMOTO, Hisahide NISHIO, Chiyo HAYASHI
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR, Vol.93, No.6, 178-187, (2017)

An infant disorder, so-called meningitis in infancy (SCMI), was reported by Sukehiko Itoh et al. in the 28th year of Meiji Era (1895) in Japan. Twenty-eight years later, Ikutaro Hirai, a professor at Kyoto University, clarified in the 12th year of Taisho Era (1923) that SCMI was a chronic lead-poisoning disease caused by white lead included in the mothers’ cosmetic powder. Then, regulation of white lead was stipulated in the 5th year of Showa Era (1930) and came into force in the 10th year of Showa Era (1935). In the present study, we examined the outline of SCMI research in this period from the perspective of clinical and laboratory findings including those by blood tests, physiological function tests, biochemical tests and X-ray examinations of bones and teeth.

Key words: So-called meningitis named tentatively, Lead encephalopathy, Studies after stipulation of the regulation of white lead (1931-1935), Ikutaro Hirai, "Zika-zasshi" (Acta paediatrica Japonica)
1,528円
○目次

【原著】
日勤短縮による深夜勤前の勤務間隔時間の延長が看護師の睡眠と疲労感に及ぼす効果
松元 俊
健常者の車いす下り坂走行時の動作と心理に及ぼす身体動作制限の影響
三上ゆみ, 中村孝文, 田内雅規
□学会だより
<日本応用心理学会第84回大会>
□文献紹介
<ヨーロッパ27会社におけるゼロ事故ビジョン実施のためのコミットメントとコミュニケーション、文化、学習の重要性>
<バス運転手のスプリット勤務とストレス,健康,心理社会的労働要因の関係>

○抄録
【原著】
日勤短縮による深夜勤前の勤務間隔時間の延長が看護師の睡眠と疲労感に及ぼす効果
松元 俊
労働科学,93(5),139~147,(2017)

公立病院の8時間3交代制に就く22名の看護師に対して深夜勤前の日勤を半日勤に試行的に変更した。その結果,深夜勤務前の日中にとられる仮眠は日勤条件に比して勤務間隔の延長をともなう半日勤条件で長く(p<0.01),また半日勤条件における仮眠は分割してとるほうが一括でとるよりも睡眠時間が長かった(p<0.01)。半日勤条件では日勤条件に比して,日勤終了時もしくは半日勤終了時から深夜勤終了時までの疲労感は抑制された(p<0.001)。しかし,勤務条件および仮眠のとり方(一括もしくは分割)による睡眠時間の長さにかかわらず,深夜勤時の疲労感は開始時から終了時に向かい増加し,改善されなかった。(図3表1)

キーワード: 逆循環シフト, 看護師, 半日勤, クイックリターン, 仮眠, 疲労感

Effects of changing the shift pattern from a full-day shift to a half-day shift before a night shift on sleep and subjective fatigue I hospital nurses
Shun MATSUMOTO
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR, Vol.93, No.5, 139-147, (2017)

The effects of changing the shift pattern from a full-day shift to a half-day shift before a subsequent night shift on sleep and subjective fatigue were investigated in 20 nurses working on the same ward of a public hospital. They participated in both conditions of the full-day shift and the half-day shift before a night shift each for one month. A total of 16 nurses (14 females and 2 males, mean age 37.4±8.4) completed daily work and sleep logs and subjective fatigue questionnaires during each shift condition. As a result, the nap taken before a night shift was significantly longer on the half-day shift condition than on the full-day shift condition (p<0 .01). Subjective fatigue from the day shift start to the night shift end was significantly suppressed on the half-day shift condition in comparison with the full-day shift condition (p<0 .001). However, when the effects of the prophylactic nap time of the full-day and the half-day shift conditions were compared between either one nap time or two nap times, subjective fatigue at the night shift did not significantly decrease in the studied shift conditions and nap times. Therefore, it became clear that although subjective fatigue was significantly suppressed on the half-day shift condition in comparison with the full-day shift condition, subjective fatigue of the night shift did not decrease by changing the length of the prophylactic nap time.

Key words: Counterclockwize rotating shift, Hospital nurses, Half-day shift, Quick return, Prophylactic nap, Subjective fatigue

健常者の車いす下り坂走行時の動作と心理に及ぼす身体動作制限の影響
三上ゆみ, 中村孝文, 田内雅規
労働科学,93(5),148~159,(2017)

健常者に身体動作制限を施して下り坂走行をした場合の影響について,生理,心理,行動面から明らかにすることを目的とした。健常成人19名を被験者とし,下り坂の制動を繰り返しながら走行する際のトルク,筋電図,足底圧,制動効果に対する不安感を計測した。脊髄損傷を想定し,体幹の固定と足底を浮かせることによる動作制限を加えた。動作制限がない場合は,フットレストを踏むことで生じる足底への反力を利用して体幹姿勢を固定し制動していた。一方,制限が有る場合は,制動時の肘の屈曲やハンドリム把持力を強めていた。下肢では各筋群の等尺性収縮が観察され,体幹では腹直筋の活動が高まった。これらは制限を代償するための反応と解釈された。心理計測では,制限により,制動中の十分な制動力の発揮及び完全な停止と停止状態の維持への不安が増加した。身体動作制限により代償動作が生じたが,制動効果に対する不安感は有意に増加した。今回の制限方法に関する知見は、技法開発の基礎資料になり得ると考えられた。(図6)

キーワード: 車いす, 脊髄損傷, 障害, 制動, 下り坂, まちづくり

Behavioral and psychological effects of physical movement restriction of able-bodied subjects incurred while descending on ramps of various steepness by a wheelchair
Yumi MIKAMI, Takabun NAKAMURA, Masaki TAUCHI
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR, Vol.93, No.5, 148-159, (2017)

Purpose: To evaluate the effects of the physical movement restriction of able-bodied subjects incurred while descending on ramps by a wheelchair from a physiological, psychological, and behavioral perspective. Methods: The subjects included 19 healthy adults. Measurements of torque, electromyography, plantar pressure, and anxiety about the effectiveness of braking were performed while subjects braked repeatedly on a downhill slope. Their trunks were immobilized and their legs were lifted to restrict their movement. Results: In the absence of restrictions on movement, subjects braked while using the reactive force generated against the soles of the feet, by pressing their feet down on the footrest to maintain their trunk posture. When movement was restricted, subjects displayed increased elbow flexion while braking. Isometric contractions of the leg muscles were observed, as well as increased activity of the rectus abdominis. These were interpreted as compensatory reactions to the restrictions. Psychometric tests showed that anxiety about the effectiveness of braking and the ability to perform and maintain complete stop increased by the restrictions on movement. Conclusion: Although restrictions of physical movement caused compensatory actions, the significant increase in anxieties to braking effect suggests that the restrictions seems effective at simulating partly the experience of a disability to allow healthy subjects to appreciate the perspective of a wheelchair user.

Key words: wheelchair, spinal code injury, impairment, braking downhill slope, accessible design
1,528円
○目次

【学術集会報告】
外食産業における働きやすさ向上シンポジウム
労働科学編集委員会
【資料】
長距離運航乗務員の疲労に関する質問紙による予備調査
佐々木 司,奥平 隆
□学会だより
<産業・組織心理学会第126回部門別研究会>
<第8回Applied Human Factors and Ergonomics>
<Japan IT Week 春2017>
□文献紹介
<職場いじめと病気欠勤:文献に対するシステマティック・レビューとメタ分析>
<夜勤と男性の前立腺がん:スウェーデンの前向きコーホート研究>

○抄録
【学術集会報告】
「外食産業における働きやすさ向上シンポジウム」
「労働科学」編集委員会, 公益財団法人大原記念労働科学研究所
労働科学,93(4),112~115,(2017)

わが国の第12次労働災害防止計画(平成25年度~平成29年度)では、労働災害による死傷者数が増えている飲食業等を含む第三次産業を最重点業種に位置づけて集中的取り組みを実施することとしている。(公財)大原記念労働科学研究所では、国の競争的研究資金を獲得して実施している「飲食業の労働災害防止のための自主対応を促進するサポート技術の開発とその展開方法に関する研究」の成果を社会へ還元する試みとして、「外食産業における働きやすさ向上」と題した公開シンポジウムを開催した。本報告は、実際に飲食業を経営している方々を講演者とした当該シンポジウムの開催要領、企画概要、プログラム、シンポジウム内容を紹介したものである。(写真2)

Report of the Scientific Meetings By The Editorial Board of the Journal of Science of Labour
The Ohara Memorial Institute for Science of Labour
No English abstract

【資料】
長距離運航乗務員の疲労に関する質問紙による予備調査
佐々木 司,奥平 隆
労働科学,93(4),116~133,(2017)

222名の運航乗務員が疲労についての予備調査に回答した。疲労は長距離乗務,シングル編成,深夜乗務,離発着時にWOCLがある乗務,時差乗務,早朝乗務,宿泊を伴う乗務の7項目から分析された。運航乗務員は長距離乗務に強い疲労を感じていた。また中距離のアジア乗務においても疲労が強い場合は,その前後に長距離乗務が配置されていた。シングル編成で強い疲労が生じていた。乗務前中後に十分な仮眠が取れないため夜間乗務に負担と感じていた。時差乗務では,睡眠障害,倦怠感,生体リズム変調を強く感じていた。運航乗務員は乗務前に体調を管理しようと努力するが,必ずしも成功しないと回答した。そのため早朝乗務前は2日以内,深夜乗務後で2日以上,欧州や北米路線乗務後では4日間のインターバルを望んだ。乗務前に眠れた場合は143分,眠れなかった場合は207.4分の仮眠を乗務中に分割で取りたいと回答した。(図3 表6)

A preliminary questionnaire study on fatigue of long-haul commercial flight crew members
Tsukasa SASAKI, Takashi OKUDAIRA
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR, Vol.93, No.4, 116-133, (2017)

A total of 222 flight crew members of a Japanese commercial airline company responded anonymously to a preliminary questionnaire with respect to their fatigue. We analyzed the data of 196 flight crew members of two large airline companies who had experience of long sequences of transmeridian international flights on B767, B777and B787. For analyzing the pilots' fatigue, we used long-haul operations (8 hours or more in length), two-person crews each consisting of a captain and a first officer without relief crews, night time operations between 22:00-05:00 and flights around departure or arrival times during windows of circadian low (WOCL;02:00-06:00), flights of multiple time zones and early morning operations before 7:00. Flight crews of Company A and Company B also felt fatigue strongly on the long-haul operations. These long-haul operations were placed before and after middle range Asian operations. Flight crews of Company A felt more tired than flight crews of Company B because their long-haul operations were performed by only two-person crews. The reason why the flight crews experienced strong fatigue during the night operations were because they could not be taking naps before and after the operations. Also, in transmeridian flights, they felt strong sleep disturbance, dullness and circadian disruptions. Flight crews strive to control their physical conditions before the flight, but they often do not necessarily succeed. Therefore, they claim to have an interval of two days before the early morning flights, two days or more after late night flights, four days after the westward and the eastward flights. They would like to take a nap at the bunk on an airplane several times rather than only once. In addition, they claimed taking a nap of 143.0 min if they could take a nap before flights and 207.4 min. if they could not take it.
1,528円
○目次
【原著】
夜間にとる120 分間仮眠がその後の睡眠と身体活動量に及ぼす影響-夜勤を想定した夜間にとる仮眠の影響-
折山 早苗,宮腰 由紀子
東日本大震災の被災地で災害対応と復興支援にあたる自治体職員の心理的ストレス―震災後1年目に実施したメンタルヘルス調査の結果から―
山田泰行,長須美和子,原知之,川本淳,西田一美,青木真理子,酒井一博
□学会だより
<日本産業衛生学会第35回労働衛生国際協力研究会>
<第56回日本生体医学工学会大会>
<Japan IT Week 春2017>
<第90回日本産業衛生学会>
<第3回過労死防止学会>
<労働時間日本学会第2回研究会>
<ACED2017国際会議>
<日韓ジョイントシンポジウム2017>
<日本人間工学会58回大会>
<第31回米国睡眠学会>
<第52回人類働態学会全国大会>
<第23回交代勤務と労働時間国際シンポジウム>
□文献紹介
<組織戦略に基づいたゼロ事故ビジョン:革新的な展望>
<ノルウェーの航空乗務員の心身愁訴,職業性ストレス,自己効力感>
<交代勤務者のクイック・リターンと睡眠妨害>
<何が連続夜勤の好みを決めるか?デンマーク警察官における介入研究>
< 仕事や家庭の要求がパートナーの疲労に与える影響:日本の共働き夫婦を対象とした研究>
<連続夜勤日数と夜勤時間の長さが看視能力と眠気に及ぼす影響:フィールド調査の結果>

○抄録
【原著】
夜間にとる120 分間仮眠がその後の睡眠と身体活動量に及ぼす影響-夜勤を想定した夜間にとる仮眠の影響-
折山 早苗,宮腰 由紀子
労働科学,93(3),67~79,(2017)

本研究の目的は,看護師の16時間夜勤時間(16:00-09:00)を想定し,120分間の仮眠が,実験後の睡眠と活動量に及ぼす影響を単位時間毎に測定した身体活動量より明らかにすることである。被験者は,成人女性10人(21.5±0.71歳)とした。16時間夜勤時間帯(16:00-09:00)に22:00-00:00(22時仮眠),00:00-02:00(0時仮眠),02:00-04:00(2時仮眠)の3条件の仮眠を設定し,アクティグラフを装着し,実験後の仮眠および主睡眠の質と昼間の平均身体活動量(カウント/min)を測定した。22時仮眠の模擬夜勤後の仮眠時間は,3条件の中で有意に長時間であった。また,2時仮眠は仮眠の睡眠効率が良い方が,主睡眠の睡眠時間が短時間であった。さらに,仮眠により疲労感が低下し,実験後の身体活動量も22時仮眠より有意に増加した。以上より,2時仮眠は,勤務後の生活活動創出に優れていることが示唆された。(図5,表2)

The Influence of a 120-minute Nap on Physical Activity and Subsequent Sleep: Impact of Nighttime Napping during a simulated Night Shift
Sanae ORIYAMA, Yukiko MIYAKOSHI
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR, Vol.93, No.3, 67-79, (2017)

The objective of this study was to analyze the influence of a 120-minute nap on daytime sleep and physical activity in nurses who worked 16-hour night shifts. To accomplish this, we measured the amount of physical activity for different nap groups. The subjects were 10 females (mean age, 21.5 years; standard deviation, 0.71). Three nap groups were established for separate nights during 16-hour night shifts: those taking a nap from 22:00-00:00 (22:00 nap), 00:00-02:00 (00:00 nap) or 02:00-04:00 (02:00 nap). The subjects were fitted with actigraphs, and their average amount of physical activity during the day (steps/min) and the quality of their nap and main sleep were measured. The 22:00 nap group had a longer nap time than 00:00 and 02:00 nap groups. Although the 22:00 nap group had a shorter total main sleep time, sleep efficiency was better. Moreover, fatigue in the 02:00 nap group decreased after the nap, and subjects in the 02:00 nap group had higher average levels of physical activity than the 22:00 nap group. These results suggest that a 120-minute nap starting at 02:00 is the most appropriate for individuals wanting to undertake physical activity after completing a 16-hour shift.

東日本大震災の被災地で災害対応と復興支援にあたる自治体職員の心理的ストレス―震災後1年目に実施したメンタルヘルス調査の結果から―
山田泰行,長須美和子,原知之,川本淳,西田一美,青木真理子,酒井一博
労働科学,93(3),80~94,(2017)

本研究では,東日本大震災に被災した岩手,宮城,福島の自治体職員(被災自治体職員)の震災1年後における災害応急対策業務の状況を把握し,ストレッサーとストレス反応の関連を明らかにするための質問票調査を行った(n=6,073)。本研究の結果,災害応急対策業務は時間の経過とともに軽減する傾向があること,1年が経過しても約2割の被災自治体職員が高ストレス者に該当すること,居住環境,災害応急対策業務,労働安全衛生,惨事ストレス,感情労働のストレッサーはストレス反応と有意な関連を示すことが明らかとなった。これにより,被災自治体職員を対象とする長期的なストレスチェックやメンタルヘルスサポートシステムの必要性が示唆された。(図6,表3)

Psychological Stress Among Local Government Employees Engaged in Disaster Response and Reconstruction Assistance after the Great East Japan Earthquake: Mental Health Research Conducted in One Year after the Disaster
Yamada Y, Nagasu M, Hara T, Kawamoto J, Nishida K, Aoki M, Sakai K
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR, Vol.93, No.3, 80-94, (2017)

This study was conducted to identify the workload of disaster emergency response and the relationship between stress-related factors and mental health conditions among local government employees one year after the 2011 Great East Japan Earthquake. A cross-sectional questionnaire study of 6,073 employees from 34 local government unit associations in Iwate, Miyagi and Fukushima Prefectures was undertaken from April to May 2012. The workload of disaster emergency response decreased gradually during one year after the disaster. About 20 percent of the participants showed a high degree of the psychological distress scale. The stressors, living conditions, disaster emergency response work, occupational she werealth and safety system, critical incidence stress and emotional labour, were significantly associated to the stress response outcome. Assessing mental health conditions regularly and building a mental health support system for a long term after the disaster may be needed for the local government employees in the disaster-stricken area.
1,528円
井上枝一郎
産業事故の調査とその方法について―ヒューマンエラーが関与する事故を中心として―
労働科学,93(2),35~47,(2017)
 産業事故の調査方法について述べたものである。指摘事項は,調査が様々な阻害要因によって真の原因把握に至らないこと,その結果,事故原因は「分かり易い原因」,「早い結論が得られる原因」,「対策コストが掛からない原因」となる。したがって,対策と言えば,人間系に絡む「意識高揚」や「安全教育」となる。この認識から,事故調査には次の視点が必要である。1,調査スタッフは独立し,強い権限が与えられていなければならない。2,科学的な手法で行われなければならない。3,原因には必ず組織要因が存在すると考えておかなければならない。この観点を具体化するため,調査を行う側の備えるべき技法と態度とをRCA法を例に採って記述している。
キーワード:産業事故,人的過誤,事故分析,事故報告書,事故面接

SHIICHIRO INOUE
About the investigation of an industrial accident with the focus on human error causes of the accident
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR, 93 (2), 35-47, (2017)
This article describes points of attention derived from conventional experiences about investigation methods of human error accidents in the industrial world. The following points are emphasized. First, a true cause of an accident cannot be grasped in accident investigations due to various disincentives. Second, we are not able to take effective measures accordingly. As a result, a cause of the accident is always referred to as "the cause easy to understand for everyone", "the cause from which a quick conclusion is obtained" and "the cause by which a countermeasure does not cost a lot of money". Therefore, in most cases, a cause is found to be a human error thus defined. And a measure may be recommended as a conclusion relying on hu- man reorientation based on this etiology. Any accident investigation has to be performed from the following points of view based on this recognition. First, the investigation staff must be independent of all relevant organizations. Second, the investigation staff should have the strong authority. Third, the investigations have to be performed by using scientific methods. Fourth, an investigation staff member must consider organizational factors that do exist within a cause of the accident. At the end of the discussion, the "actual example" performed by an actual business establishment is introduced as a useful reference for other business establishments.
Key Words: Industrial accident, Human error, Accident analysis, Accident report, Accident interview

福岡幸二
事故モデルの動向と各産業に適用できる事故モデル
労働科学,93(2),48~60,(2017)
 事故は,産業の種類を問わず発生し,毎年多くの人命と財産が失われ,事故防止は喫緊の課題である。本研究は,各産業が効果的な事故防止策を講じることができるようになることを目的として事故モデルの歴史的背景と事故モデルの適用分野について紹介する。事故モデルは,連続的事故モデル, 疫学的事故モデル及びシステミック事故モデルに分類され, 産業の特質である追跡の難度及び結合の度合い並びに事故の形態に応じて選択すべきことを鑑み,事故防止策には,各産業に適した科学的事故調査,事故モデルの使用を含む体系的な防止策が必要であることを示した。
キーワード:事故モデル;事故防止;安全;スイスチーズモデル;STAMP

Koji FUKUOKA
Accident models and their applicable industries
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR, 93 (2), 48-60, (2017)
Accidents occur in every industry, incurring great loss of life and property. Therefore, accident prevention adjusted to particular types of accidents is an urgent issue. The objective of this study is to introduce the history and application of accident models in each industry and suggest effective accident prevention measures taking these models into account. Accident models are divided into major categories: sequential, epidemiological, and systemic. The accident model suited to each situation should be selected in accordance with the degree of tractability and coupling in the characteristics of each industry as well as the type of accident. Organizations must establish systematic accident prevention measures, which include scientific investigations and accident models that are applicable to the industry.
Key Words: Accident model; Accident prevention; Safety; Swiss cheese model; STAMP
1,528円
足達淑子, 上野 くみ子, 深町尚子, 足達教,神代雅晴, 杠岳文
AUDIT(Alcohol Use Disorders Identification Test)を用いた自己スクリーニングとセルフ教材が勤労男性の問題飲酒に及ぼす影響
労働科学,93(1),1~10,(2017)
 某企業の飲酒男性100名に対するクラスターランダム比較試験により、飲酒教材を配布する集団アプローチの効果を6か月後まで追跡した。両群に行った自己スクリーニングはAUDITを含み、介入群54名に提供したセルフ教材は適正飲酒情報と行動変容ワークシートであった。主な評価指標はAUDIT得点、リスク飲酒者(AUDIT≧8点)の比率、問題飲酒者(≧12点)の比率、週間多量飲酒者(≧10合/週)の比率であった。Intention To Treat 分析により2群を比較した。その結果6か月後に問題飲酒率は介入群のみが有意に減少し、簡易な集団アプローチでAUDITと問題飲酒が改善される可能性が示唆された。
キーワード:問題飲酒,アルコール問題の自己スクリーニング,セルフ教材,勤労男性,集団アプローチ

Yoshiko ADACHI, Kumiko UENO, Naoko FUKAMACHI, Kyo ADACHI, Masaharu KUMASIRO, Takefumi YUZURIHA
Effectiveness of self-screening of alcohol use disorders and self-educational materials for hazarous drinking reduction among Japanese working men
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR, 93 (1), 1-10, (2017)
To examine the effectiveness of self-screening and self-educational materials of a brief alcohol intervention among working men. The research was conducted by a prospective cohort design with cluster sampling controls in a work place. A total 100 men who had consumed more than 60g of alcohol at least once in the past year and responded to the initial survey. They were allocated into an intervention group (n = 54) and a control group (n = 46) by the location of working sites. After the initial survey with self-screening for alcohol use disorders, an intervention group received two kinds of simple self-educational leaflet. One was a knowledge about appropriate drinking, and the other was a work-sheet of target- behavior setting and self- monitoring. A control group was conducted only survey with the self-screening. The two groups were followed up at 1 month and 6 month later with the questionnaire. Main measurements were AUDIT score and the ratios of at-risk drinking (AUDIT ≧ 8), hazardous drinking (AUDIT ≧ 12), and weekly heavy drinking (pure alcohol ≧ 200g / week). The collected data were assessed by intention to treat analysis. At 6 months, the ratio of hazardous drinking and the AUDIT score were significantly decreased in the intervention group. In the control group, these were not changed. Our findings indicate that self-screening and information of brief alcohol intervention were effective on hazardous drinking reduction in the working men. It suggests that self- educational materials distribution have some potential to improve alcohol drinking behaviors.
Key Words: Hazardous drinking, Self-screening for alcohol use disorders, Self-educational tools of brief intervention, Working men, Population approach

佐々木司,松元 俊
睡眠構築バランス理論からみた過労死発症モデルについて
労働科学,93(1),11~23,(2017)
 本論説では,過労死の発症メカニズムのモデルを睡眠の質の点から検討した。睡眠は,質の異なる徐波睡眠とレム睡眠から構成される。前者はホメオスタシス性,後者はリズム性で出現する特徴がある。通常の睡眠構築では,レム睡眠出現量が徐波睡眠出現量より多い。しかし労働時間が長くなり,その結果,睡眠時間が短くなると,徐波睡眠圧が強まり,レム睡眠出現量が減少する。同時にレム睡眠圧が高まり,やがて通常の睡眠では生じない睡眠開始時レム睡眠も出現する。この時,徐波睡眠のホメオスタシス性とレム睡眠のリズム性の同調が崩れ,アロスタシス負担状態となる。このアロスタシス負担状態が繰り返されると,やがて通常のレム睡眠時に亢進する交感神経が一層亢進し,循環器負担が強まり,過労死へ至ると考えられる。
キーワード:過労死,過労自死,睡眠構築,レム睡眠,睡眠構築バランス,動的適応能

Tsukasa SASAKI, Shun MATSUMOTO
The development a theoretical model of "karoshi" in terms of sleep architecture
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR, 93 (1), 11-23, (2017)
In this article, we examined the development of a model for "karoshi" (death by cerebrovascular and cardiovascular diseases due to overwork) in terms of sleep architecture. The normal sleep architecture mainly consists of slow wave sleep (SWS) and rapid eye movement (REM) sleep which result in different time courses and functions. Slow wave sleep is associated with homeostatic regulation, and on the other hand, distribution of REM sleep is entrained by the circadian rhythm. In the normal sleep, the absolute amount of REM sleep is much higher than that of SWS. When working hours are prolonged and prior wakefulness duration increases, SWS pressure is estimated to simultaneously rise and then the amount of REM sleep will decrease and REM sleep pressure will be much higher. After that, REM latency could result in premature sleep-onset REM periods (SOREMPs). In this condition, homeostatic regulation in SWS and circadian regulation in REM sleep will be changed under further allostatic regulation (McEwen;1998). Therefore, we may hypothesize that if allostatic load continually repeats over time, then sympathetic nerves system activity during REM sleep will be elevated. This may result in increased brain and cardiovascular loads that will lead to a prodromal stage of karoshi.
Key Words: Karoshi (death by cerebrovascular and cardiovascular diseases due to overwork), Karojishi (Suicide due to overwork), Sleep architecture, REM sleep, Balance of sleep architecture, Allostasis
2,852円
平光良充,木戸内清,吉川徹
針刺しの報告率に関する文献レビュー
労働科学,92(5/6),63~70,(2016)
 わが国における針刺しの報告率について実態を把握する目的で,2006 ~ 2015年に国内外で発行された論文について文献レビューを行った。針刺しの報告率の調査方法は,「針刺し経験者のうち報告した人の割合」を調査する方法と「発生した針刺しのうち報告された件数の割合」を調査する方法の2種類に分類され,前者を調査した論文のほうが多かった。いずれの方法によっても報告率が50%以下とする結果が多く みられた。報告しなかった主な理由は,使用前の鋭利器材で あった,患者の感染症が陰性であった,忙しかった,などであった。医療従事者に対して,使用前の鋭利器材による針刺しを含めたすべての針刺し経験を必ず報告するように啓発する必要があると考えられる。
キーワード:注射針;損傷;未報告;報告率;文献レビュー

Yoshimichi HIRAMITSU, Kiyoshi KIDOUCHI, Toru YOSHIKAWA
Literature Review on Reported Rate of Needlestick Injuries
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR, 92 (5/6), 63-70, (2016)
We reviewed papers published from 2006 to 2015 to grasp the reported rate of needlestick injuries in Japan. The papers are classified into two groups by method of investigating the reported rate: one group is investigating the rate of reported workers to all workers who have experienced needlestick injuries, and the other group is investigating the rate of reported cases to all needlestick injuries. The former was major than the latter. In either group, many papers said that the reported rate was less than 50%. The main reasons for unreported are that needles were unused, that patients did not have infection, and that they were too busy. We need to educate health care workers to always report when they experience a needlestick injury, including a case in which a needle is unused.
Key Words: Neeldlestick; Injury; Unreport; Reported Rate; Literature Review

堀口俊一,寺本敬子,西尾久英,林千代
「児科雑誌」に発表された仮称所謂脳膜炎(鉛毒性脳症)に関する研究の足跡(11) 1931年から内務省令実施(1935年)まで(第 2 報)
労働科学,92(5/6),71~82,(2016)
 1895(明治28)年,「所謂脳膜炎」と仮称される乳幼児の疾病が伊東祐彦らによって報告された。その後,約30年にわたる研究を経て,1923(大正12)年,平井毓太郎によって, その主たる原因が母親の用いる白粉中の鉛白による中毒であることが究明された。著者らは年代を追って,「児科雑誌」により,該疾患に対する研究の足跡を論考してきた。今回は,1930(昭和5)年,鉛白使用化粧品に対する規制が明文化されて以降,1931(昭和6)年から上記規則が実施に移された1935(昭和10)までの5年間に発表された関連文献のうち, 臨床,病理,検査(このうち生体試料及び白粉・膏薬中の鉛測定)を取り上げて論考した。
キーワード:仮称所謂脳膜炎;鉛毒性脳症;鉛白の法規制明文化後の諸研究(1931~1935);平井毓太郎;児科雑誌

Shun'ichi HORIGUCHI, Keiko TERAMOTO, Hisahide NISHIO, Chiyo HAYASHI
The Studies of Lead Encephalopathy in Infants in Acta Paediatrica Japonica from 1931 to 1935 When the Ministrial Ordinance Came into Force (the second part)
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR, 92 (5/6), 71-82, (2016)
An infant disorder, so-called meningitis in infancy (SCMI), was firstly reported in the 28th year of the Meiji era (1895) in Japan. Professor Ikutaro Hirai at the Kyoto University Department of Pediatrics clarified in the 12th year of the Taisho era (1923) that SCMI was a chronic lead-poisoning disease caused by white lead contaminated in the mothers' cosmetic powder. The special regulation of white lead was stipulated in the 5th year of the Showa era (1930) and came into force in the 10th year of the Showa era (1935). We traced the history of SCMI research using the publications in the pediatric medicine in 1931-1935.: we studied 132 SCMI articles which were published in Acta Paediatrica Japonica issued in this period. These articles were classified into seven groups, namely, reviews, statistical studies, case studies, clinical observations, laboratory findings, pathology and experimental study articles. In this study, we took up and discussed the review, statistics and case study articles.
Key Words: So-called meningitis named tentatively; Lead encephalopathy; Studies after stipulation of the regulation of white lead (1931 ~ 1935); Ikutaro Hirai; "Zika-zasshi" (Acta paediatrica Japonica)
2,852円
高橋明子,高木元也,三品誠,島崎敢,石田敏郎
経験の浅い作業者の危険予知訓練による危険認知能力と自己評価の変化
労働科学,92(3/4),33~41,(2016)
 建築技術専門校訓練生34名を対象に,2種類の既存の危険予知訓練の手法(タブレット端末式KYと自問自答KY)による危険認知能力と自己評価の訓練効果を実験的に検討した. その結果,学習すべき危険要因が表示されるタブレット端末式KYは危険認知能力が上がり,危険認知に関する自己評価が安全側に変化した.一方,学習すべき危険要因が表示され ない自問自答KYは危険認知に関する実際の技能と自己評価にギャップが生じ,このギャップによって作業に伴うリスクが高まる可能性が示唆された.安全教育・安全活動をする場合は,対象者の経験に合わせて危険予知訓練の手法を選択する必要がある。
キーワード:危険予知活動;訓練効果;自己評価;危険認知;経験の浅い作業者

Akiko TAKAHASHI, Motoya TAKAGI, Makoto MISHINA, Kan SHIMAZAKI and Toshiro ISHIDA
Change of risk perception and self-evaluation induced by safety activities for inexperienced workers
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR, 92 (3/4), 33-41, (2016)
In this study, the effectiveness of two kinds of existing safety activity for inexperienced workers was investigated experimentally from the viewpoint of performance of risk perception and from that of self-evaluation of risk perception. Thirty-four workers participated in the experiment and were divided into a tablet-based safety activity group and a self-directed safety activity group. They conducted a risk-prediction test and evaluated their usual risk perception at work before and after each kind of safety activity. In the tablet-based safety activity group, the performance of the risk-prediction test increased and the self-evaluation of risk perception became safer after the safety activity, suggesting that such activity could improve safety at work. In the self-directed safety activity group, while the performance of the risk-prediction test did not increase, the confidence in answering the risk-prediction test did, suggesting that this group might have falsely thought that they could perceive hazards that they could not really do so. Although a safety activity could be changed according to the situation of each work site, these results showed that some kind of safety activity might have a negative influence for inexperienced workers in a dangerous way. Therefore, contents of safety activity should be selected after considering the participants’ experience.
Key Words: Safety activity; Effectiveness; Self-evaluation; Risk perception; Inexperienced workers

木全明子,眞茅みゆき
婦人科がんサバイバーの就労状況および就労支援に関する研究の現状と課題
労働科学,92(3/4),42~61,(2016)
 本研究では,婦人科がんサバイバーの就労状況および就労支援の現状に関する国内外の文献34編のレビューを行い,医 療者による就労支援の課題を検討した。分析の結果,婦人科 がんサバイバーが就労を継続できない要因には,治療に伴う合併症による苦痛やこれらに対するセルフマネジメントの困 難感といった医学的問題を含むことが明らかとなった。婦人科がんサバイバーの治療と就労の両立を促進するためには, 医学的問題への治療,ケアを包含した医療者による教育的支援が必要であることが示唆された。今後,国内での実態調査により,就労を阻害する潜在要因を明らかにし,医療者が参画する包括的な就労支援プログラムを開発することが求められる。
キーワード:婦人科がん,サバイバー,就労状況,復職,就労支援

Akiko KIMATA, Miyuki MAKAYA
Status and Issues of Research on Employment and Job Support of Gynecological Cancer Survivors
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR, 92 (3/4), 42-61, (2016)
This study reviewed 34 Japanese and foreign literatures on the employment status of gynecological cancer survivors and the job assistance provided to them, and it examined the issues faced by medical professionals when providing job support to cancer survivors. The findings revealed that medical problems are among the factors that prevent gynecological cancer survivors from being able to continue working; these problems include distress due to complications of treatment and the difficulty of self-management those complications. It was suggested that treatment for medical problem and patient education including care by medical professional should allow gynecological cancer survivors to both receive treatment and continue working. In the future, a domestic survey needs to ascertain factors that can potentially prevent cancer survivors from working, and a comprehensive program to help them continue working needs to be developed with the involvement of medical professional.
Key Words: Gynecological Cancer, Survivor, Employment Status, Return to Work, Job Support
2,852円
斉藤良夫
労働者の疲労研究における生理的実体理論の批判的検討
労働科学,92(1/2),1~16,(2016)
 人間の疲労に関する最初の研究方法論である生理的実体理論が、労働者の疲労研究に有効ではなかった理由を歴史的に明らかにした。この理論では、作業によって労働者の作業能力は必ず低下すること、そして疲労の原因は乳酸などの化学物質の蓄積やエネルギ―消費に基づくと仮定された。労働者の疲労研究は、彼らが職場で作業を行うときモチベーションや欲求などの心理的機能が作用して、彼らの作業パフォーマンスは必ずしも減少するとは限らないことを示してきた。また、その研究は、作業時間の短縮、休憩の挿入、物理的環境の改善、機械の設計の改良などの方策によって、彼らの疲労が軽減することを明らかにしてきた。20世紀前半の終わりには、労働者の疲労の原因は生理的実体理論によって説明できないことが明白になった。
キーワード:疲労の生理的実体理論;乳酸の蓄積;疲労概念の科学批判;労働者の疲労研究の歴史;作業能力の低下

Yoshio SAITO
A critical comment on the physiological entity theory of human fatigue from a viewpoint of workers’ fatigue study
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR, 92 (1/2), 1-16, (2016)
In more than 100 years of the history of human fatigue study, there have been proposed several study methods, the first of which was named the physiological entity theory of human fatigue. This theory was established on the basis of the results of physiological experimental studies at the beginning of the 20th century. It was asserted in the theory that human fatigue should be physiologically defined and assessed, depending on physiological mechanisms of accumulation of metabolites such as lactic acid due to activity, depletion of substances necessary for activity and so on. The theory hypothesized that an industrial worker’s fatigue was a condition caused by work, in which his/her work capacity was diminished, inevitably resulting in a decrease in work performance, and that the diminution of the work capacity should be due to the functions of the physiological mechanisms. The purpose of the present paper was to make clear the reason why it had been found out in the history of workers’ fatigue studies that the physiological entity theory was not applicable to the studies, with reference to Muscio (1921) and Browne (1954). The present paper discussed that studies on workers’ fatigue had adduced evidence that when they continued to work in different types of tasks, their work performance increased or decreased, affected by psychological functions such as motivation, needs and emotion. It was also discussed that the studies had proved it effective in reducing their fatigue to take measures to decrease long hours of work, to introduce adequate rest pauses, to improve work environmental factors such as illumination, temperature and noise, to make better design of a machine and equipment in a workplace, and so on. The author of the present paper admitted that at the end of the first half of the 20th century, it was proved that the physiological entity theory of human fatigue was not able to assess work performance of industrial workers in actual workplaces, and therefore, that it was invalid for the explanation of the cause of their fatigue.
Key Words: Physiological entity theory of fatigue; Accumulation of latic acid; Scientific criticism on the concept of fatigue; History of workers' fatigue studies; Diminution of work capacity

岩橋明子,由田克士,福村智恵
トラック運転手を対象とした健康教室がメタボリックシンドローム関連指標の改善に及ぼす効果についての試行的検討
労働科学,92(1/2),17~25,(2016)
 中小運送事業所において運転業務に従事する男性従業員を対象に健康教室を実施し,知識の習得及び行動変容,メタボリックシンドロームの改善等に及ぼす効果を明らかにすることを目的として研究を行った。短期間の健康教室では,参加者の体重コントロールや収縮期血圧を除くメタボリックシンドローム関連指標の改善効果を及ぼすことは困難であったが,食習慣及び昼食摂取状況において各自が実践可能な項目の取り組みの実践を促すことは可能であった。健康教育の機会に恵まれにくい業種への普及を目指すには,経営者等に従業員の健康管理の必要性を認識させるとともに,小規模事業所においても実践可能な負荷の小さなプログラムの検討が重要であることが示唆された。
キーワード:トラック運転手;運輸交通業;行動変容;健康教室;メタボリックシンドローム

Akiko IWAHASHI, Katsushi YOSHITA, Tomoe FUKUMURA
Trial investigation of the effects to metabolic syndrome related indicators of the health education program for truck drivers
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR, 92 (1/2), 17-25, (2016)
We evaluated the impact of a health education program carried out for male employees, employed at small and medium-sized transportation office, on the knowledge and behavior modification of the subjects in terms of weight control and reduction in the incidence of metabolic syndrome. There were effects to encourage the practice of their possible implementation items of efforts on the eating habits and lunch intake; however, it is difficult to bring about changes in the weight and metabolic syndrome related indicators through short-term health education programs. To spread health education to those with fewer opportunities, it is important for the senior management to recognize the need for health management of employees and the occupational health and safety personnel, and to consider the programs in small-sized workplaces with minimum burden on participants.
Key Words: Truck Drivers; Transportation industry; Behavior modification; Health education program; Metabolic syndrome
おすすめの購読プラン

労働科学 雑誌の内容

80年以上の歴史! 安全・環境・健康に関わる労働科学研究のためのわが国唯一の学術専門誌。
安全・安心は、現代社会が求める重要な条件のひとつです。『労働科学』は1924年に創刊。「労働と生活と環境に関する総合的研究」を標榜し、産業安全・産業保健・職場環境をテーマとする労働科学研究によって、働く人=生活者の安全・安心をめざしています。原著・総説・諸外国の文献紹介・学会だより等の内容で、国内外の学者・研究者に活用されています。

+   労働科学の目次配信サービス

労働科学を買った人はこんな雑誌も買っています!

ビジネス・経済 雑誌の売上ランキング

最大
15%
OFF
送料
無料

ダイヤモンドZAi(ザイ)

2021年01月21日発売

目次: ◎別冊付録
老後にもぴったり
桐谷さんはじめて米国株を買う
初心者向けオススメ株5も

◎第1特集
コロナ禍の乱世を生き延びて覇権を握る王者が降臨!
最強日本株
●2021年はどうなる? 4人の戦術アナリストがクロスレビュー!
日本株5大攻略法
●Round01日本を変える強者たちが集結 国内活躍株12
マネーフォワードVSバルテス
●Round02世界に君臨する猛者株が激突 海外進出株12
ソニーVSトヨタ自動車
●Round03小回りを利かせて戦略的に勝て 5万円株12
ENEOS HDVSセブン銀行
●Round04攻守の両輪で盤石の構え株主優待株12
KDDIVSオリックス
●Round05十分な定期補給で千人力 高配当株12
三菱商事VSソフトバンク
●Round 06下剋上を虎視眈々と狙う有望株 10倍株12
ステムリムVSリスクモンスター

◎第2特集
スマホ&入力方法を全52ページで丁寧に解説!
確定申告ー2021年3月提出分ー
[PART1]給与や年金などの所得や控除の入力
[PART2]ふるさと納税で自治体に寄附した人
[PART3]株や投信で儲けた人/損した人
[PART4]投信の分配金や株の配当を得た人
[PART5]FXや先物取引で儲けた人/損した人
[PART6]市販の薬代や医療費が高額な人

◎第3特集
2020年成績トップ級のファンド運用者が集結!
スゴ腕ファンドマネージャー4人が語る2021年の儲け方
投資テーマや目の付けどころ、戦略まで
●並外れた成績に注目!
「DIAM新興市場日本株ファンド」アセットマネジメント・One岩谷渉平さん
「ダイワ新興企業株ファンド」大和アセットマネジメント・椎名諒さん
「ザ・2020ビジョン」コモンズ投信社長・伊井哲朗さん
「ミュータント」日興アセットマネジメント・北原淳平さん

◎第4特集
2021年絶対定価で買わない! 宣言
すぐできるオトクワザ88
[準備1]買い物をする前にクレカとスマホを整える
[準備2]情報はマメにチェック商品券も組み合わせる!
[テーマ1]電子クーポンをフル活用、セール時にまとめ買い
[テーマ2]フードロス対策やリサイクルも狙い目

◎人気連載にも注目!
●10倍株を探せ! IPO株研究所2020年12月編
「大型IPOも好調で初値割れは2銘柄のみ! 」
●自腹でガチンコ投資! AKB48株ガチバトルサード・シーズン
「アノマリー投資でトップに追いつけ! 」編
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活(ライフ)!
「元手10万円からリスタート! 」
●株入門マンガ恋する株式相場!
VOL.53「携帯会社の仁義なき戦いがチャンスに!?」
●マンガどこから来てどこへ行くのか日本国
「ピンキリの謎を解く葬儀のおかね高くなるカラクリは
●人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ
「グローバル債券型の本当の利回りはプラスを維持」

参考価格: 750円 定期購読(1年プラン)なら1冊:638円

マネービギナーのための楽勝攻略マガジン。お金や投資に役立つ情報が満載!

  • 2020/12/21
    発売号

  • 2020/11/20
    発売号

  • 2020/10/21
    発売号

  • 2020/09/19
    発売号

  • 2020/08/21
    発売号

  • 2020/07/21
    発売号

2 PRESIDENT(プレジデント)

プレジデント社

最大
58%
OFF
送料
無料

PRESIDENT(プレジデント)

2021年01月22日発売

目次: 歴史が証明! 1億貯める最短コース&銘柄

株・投資完全ガイド
日経平均4万円時代 ローリスク・ハイリターンの株だけ買いなさい

コロナ後の爆発的値上がりに備えよ 投資6箇条 ◎村上世彰/馬渕磨理子
市場が上がる理由がわかれば下がる前に逃げられる

上がる日経平均の秘密 ◎竹中平蔵
徹底検証!マネー誌特集を全部比べてわかった

「お宝銘柄」最強ランキング2021
▼10倍株…………………………今年、超有力銘柄にありつく4つの法則
▼バリュー株……………………純資産と時価総額だけで投資すべき企業がわかる
▼高配当株……………………株価が下がっても利回りは上がるハッピー銘柄
▼バフェット投資……………なぜ、投資の神様は「社長なんて誰でもいい」と言うのか
▼テーマ株………………………緊急事態宣言で加速度MAX! 脱炭素銘柄、5G銘柄、DX銘柄
コラム▼しがないサラリーマンが100万円を2億円に増やした術
実名告発! 日経が持て囃した「すごいベンチャー」の残念な実態
激変◎桐谷さんがコロナ禍に買い込んでる株主待リスト18
知識ゼロからの株・投資の小学校 いまさら聞けない超キホン! 編集部が恥を忍んで質問します

すみません、そもそも「投資」ってなんですか?
▼結局、老後はいくら必要ですか?
▼なぜ実体経済はボロボロなのに、株価だけが上がるのですか?
▼株高はいつまで続くのですか?
▼401k、iDeCo、NISAをもう一回わかりやすく教えてください
▼貯金ではダメですか? 虎の子の貯金をいくらまで投資していいですか?
40年で34倍に市場が成長するという驚異…

初心者にもできる米国株鉄板銘柄ベスト42 ◎岡元兵八郎/もみあげ
グーグル/アップル/アマゾン/テスラ/ナイキ……
特別付録

夢の毎月配当! ローリスクで年利5%を実現する魔法のカレンダー2~6月版
年収が上がる街、年収が下がる街、人生が終わる街
緊急独占インタビュー 祝・ソフトバンクホークス4連覇

甲斐拓也・日本最強キャッチャーの「見抜く力」
見えた、総理大臣への道!

行革担当相・河野太郎「はじめよう、進撃の日本」
TOPICS
行くぞっ! 逆境に強い「緊急事態銘柄」26選
バイデンがもたらす「株高」は一体いつまで続く?
元経済ヤクザが直言「コロナを収める力は『暴力』しかない」
ヒートテックで運動すると体がかゆくなる理由
好評連載
人間邂逅[782]

●仲 暁子×真鍋大度

一点突破の創造力
茂木健一郎の「成功への物語」[230]

バブルに沸く仮想通貨はリスクだらけ
大前研一の「日本のカラクリ」[260]

東京オリンピック強行でコロナ勝利宣言など笑止千万
飯島 勲の「リーダーの掟」[283]

私が小池百合子知事に激怒した理由
齋藤孝の「人生がうまくいく古典の名言」[54]

理不尽に苦しんでも自分を失わない生き方
「橋下 徹」通信[116]

緊急事態宣言が「遅かった」と批判する前に考えること
猫組長の「ダークサイド経済日誌」[22]

コロナを収める力は「暴力」しかない
伊藤詩織の「ドーナツてるの?」[19]

40年以上も精神科病棟に押し込まれた男性の魂の叫び
鈴木宗男×佐藤 優の「世界大地図」[24]

上司と喧嘩して勝つたったひとつの方法
三浦瑠麗の「山王日記」[23]

迫真のノンフィクション『安倍・菅政権vs.検察庁』
本田 健の「賢者は年収3000万の小金持ちを目指す」[24]

大富豪がやっている! 好感度が上がる「すごい断り方」
池上 彰と増田ユリヤの「ドキドキ大冒険」[55]

移民国家フランスの現実
笹井恵里子の「あなた vs 〇〇〇」[22]

発熱下着
銀座ザボン・水口素子の「愛しい人」[14]

節分の日、銀座の女は「お化け」になる
渡瀬裕哉のワシントン便り[7]

バイデンがもたらす「株高」はいつまで?
浜ちゃん総研「プロフェッショナル仕事論」[48]

社員一人ひとりがどこに行っても通用するスター集団をめざす
職場の心理学[720]

寄付をすればするほど年収が上がるのはなぜなのか
マネーの新流儀 [318]●黒田尚子

児童手当の削減決定! 賢い教育費の使い方
探せ! みんなの新定番体当たりレビュー部

仕事効率化グッズ
新刊書評

レベッカ・ヘンダーソン 著『資本主義の再構築 公正で持続可能な世界をどう実現するか』
クローズアップ・ニッポン

著者インタビュー

漆原正貴 著『はじめての催眠術』
著者インタビュー

清武英利 著『サラリーマン球団社長』
経営者たちの四十代[270]●街風隆雄

●NEC会長・遠藤信博

設計が悪いと、コストが下がらない
プレジデント言行録
エディターズノート

参考価格: 780円 定期購読(学割6ヶ月プラン)なら1冊:325円

現代の悩めるビジネスリーダーの「問題解決のバイブル」として、米国FORTUNEの日本版として始まりました日本一のビジネス誌「プレジデント」を!

  • 2021/01/08
    発売号

  • 2020/12/25
    発売号

  • 2020/12/11
    発売号

  • 2020/11/27
    発売号

  • 2020/11/13
    発売号

  • 2020/10/23
    発売号

4 週刊東洋経済

東洋経済新報社

最大
46%
OFF
送料
無料

週刊東洋経済

2021年01月25日発売

目次: 【特集】1億人の「職業地図」
パンデミック、AI、脱炭素… 激変する雇用環境 2030年に消える仕事・残る仕事
「エンタメで働く意義を問い直し さらに価値あるものを創造した」 LDH チーフ・クリエイティブ・オフィサー EXILE HIRO

Part1
コロナ後も構造変化についていけるか
「消える仕事」 18業種の現在と未来
01 銀行員 マイナス金利、再編圧力、AIで支店は激減
02 タクシー運転手 配車アプリが浸透し、将来は自動運転も
03 パイロット コロナで需要蒸発、オートパイロットも脅威
04 アパレル店員 在宅ならファッションは不要、店舗閉鎖続く
05 飲食店オーナー コロナ後も悪条件変わらず、閉店が加速
06 コンビニオーナー 24時間見直しでビジネスモデルに転機
07 大学教授 「大学全入時代」から淘汰へ、ポスドクも深刻
08 弁護士 「過払金バブル」はじけ、供給過剰にAIも
09 自動車セールス ガソリン車は消滅? サブスクも両刃の剣
10 保険外交員 義理人情は過去、ネットやショップが台頭
11 新聞記者 ネット普及で部数激減、毎日が4位転落か
12 広告営業 ネット広告の新技術に乗り遅れたら致命傷に
13 ディーラー・トレーダー 高頻度取引に押され、市場での役割は低下
14 受付 無人受付システムで効率化・非接触の流れ
15 機械オペレーター NC+ロボットが普及、一層の省人化進む
16 警備員 防犯カメラ等、機械警備へのシフトは止まらず
17 通訳 音声認識は人間に追いつくか、技術との闘い
18 添乗員 個人旅行シフトで低迷、イベントリスクも不安
武田薬品が大規模リストラ 花形職「MR」に見る悲哀
「ライブ配信が飛躍 今後は短尺動画で演者を応援する」 SHOWROOM社長 前田裕二

Part2
必要なのは高度なスキルか創造力か
「残る仕事」 18業種の現在と未来
01 データサイエンティスト ビッグデータこそ経営の中核、人材奪い合う
02 精神科医・心療内科医 ストレスで患者増、膨らみ続ける需要
03 警察官 途切れぬ社会不安、サイバー犯罪対応も
04 介護福祉士 増える要介護者、ハードゆえに期待も大
05 美容師 ネイルやエステで単価増、メンズに浸透
06 YouTuber 成功すれば年収十億超、動画以外の稼ぎも
07 お笑い芸人 MC等活躍の場が拡大、新陳代謝激しく
08 フードデリバリー ウーバー軸に再編、ギグワーカーが増殖
09 ダンスインストラクター 五輪採用で脚光、部活・サークルでも花形に
10 eスポーツ(プロゲーマー) 20代ピークの短期勝負、大会賞金は高額化
11 ペットショップ店員 子どもより多いペット数、猫ブームも後押し
12 オンラインサロン 西野亮廣「独走」状態で、ほとんどは副業
13 1級建築士 老朽化に伴う需要大、デザインで差別化も可能
14 リフォーム業者 新築より中古志向、バリアフリーも追い風に
15 パティシエ スイーツ人気根強いが、勤め先は安定志向
16 棋士(将棋) 藤井効果で裾野拡大、ただAIは不気味な存在
17 経営コンサルタント 「コンサルバブル」はいつまでか、DX需要が追い風
18 スタートアップ起業家 将来は小学生起業家も続々? 脱炭素に脚光
電通が始めた“独立支援” 退職しても10年は固定報酬
「複数の仕事をできるほうが可能性は広がる」 サイボウズ社長 青野慶久

Part3
自分の年収と待遇は見合うか
会社員が知りたい9職種の「市場価値」
01 営業 飛び込みは古い、データとリモートで説得
02 財務・経理 資金を戦略的に管理、時に経営判断も左右
03 法務 コンプラ重視社会、ハラスメントには過敏
04 広報 炎上対策に奔走、問われるのは危機管理能力
05 人事 採用は年中行事で繁忙、残業もつねにチェック
06 生産 増減産で機敏に反応、環境への配慮も
07 情報システム 便利屋になりがち、高度化・複雑化に備える
08 秘書 日程管理で役員補助、いつまで調整力は必要か
09 一般事務 守備範囲は広いが、職場のDX化で厳しく
「フリーだから挑戦、仕事にNGなし 働いた分だけ入る」 フリーアナウンサー 鷲見玲奈
就活人気企業の10年前・5年前・今
職業別に見た自殺者の傾向
データで見る職業地図
129職種別 年収ランキング
70業界別 年収ランキング

ニュース最前線
岡藤CEOの存在感示した 伊藤忠「2つのトップ人事」
NHKが総務省に「回答」 それでも続く値下げ圧力
寒波とLNG不足が直撃 長期化する電力の逼迫

連載
|経済を見る眼|生活保護に至る前の支援の意義|藤森克彦
|ニュースの核心|北朝鮮党大会で露呈した超えがたい経済苦|福田恵介
|トップに直撃|安川電機社長 小笠原 浩
|フォーカス政治|再燃し始めた通商交渉への「不安」|軽部謙介
|グローバル・アイ|コロナ禍前から続く構造問題 バイデン政権に希望はあるか|ダロン・アセモグル
|INSIDE USA|MARsに見る人民の怒り トランプ現象は終わらない|会田弘継
|中国動態|軍備拡張の新たな概念「発展利益」|小原凡司
|財新|中国「高級ブランド品」市場が5割成長/アリババが果物の流通をデジタル化
|マネー潮流|電力危機から得られた教訓|高井裕之
|少数異見|パンデミックより怖いもの
|知の技法 出世の作法|「金正恩主義」の確立へ 動いた朝鮮労働党大会|佐藤 優
|経済学者が読み解く 現代社会のリアル|なぜ地方出身者は 東京に「染まる」のか|佐藤泰裕
|リーダーのためのDX超入門| 米展示会「CES」でわかる世界のDX強者|山本康正
|人が集まる街 逃げる街|東京都墨田区 錦糸町駅近辺|牧野知弘
|クラシック音楽最新事情(最終回)|レッツ・エンジョイ! 音楽はビジネスにも効く|田中 泰
|話題の本|『「探求」する学びをつくる』 著者 藤原さと氏に聞く ほか
|経済クロスワード|働き方と職業
|「英語雑談力」入門|a glimmer of hope|柴田真一
|編集部から|
|読者の手紙 次号予告|

定期購読(1年(デジタルサービス付き)プラン)なら1冊:396円

ビジネスリーダー必携の総合経済誌 『週刊東洋経済』

  • 2021/01/18
    発売号

  • 2021/01/12
    発売号

  • 2021/01/04
    発売号

  • 2020/12/21
    発売号

  • 2020/12/14
    発売号

  • 2020/12/07
    発売号

5 正論

産経新聞社

最大
12%
OFF
送料
無料

正論

2020年12月26日発売

目次:
<スクープ>武漢ウイルス発生から1年
中国の「隠滅」指示全文
「財新」恫喝文も入手     本誌編集部 

求心力失う菅政権と国家国民守らない政治 本誌編集部 


【特集 先人に倣(なら)う】
「自由主義」貫いた河合栄治郎      国家基本問題研究所主任研究員 湯浅 博 
日本人の「軸」護った白石正一郎  産経新聞編集委員 宮本雅史 
「革命難民」救出の裏に情報将校 評論家 三浦小太郎 
ユダヤ人が忘れない男 安江仙弘陸軍大佐   作家 将口泰浩 
日本と台湾の歩みが教えるもの   ノンフィクション作家 早坂 隆 
親日の種まいたポーランド人孤児   ワルシャワ日本語学校教頭 坂本龍太朗 
中国共産党と闘った産経新聞     元産経新聞論説委員長 吉田信行

【特集 歴史戦】
マルクス主義支配の歴史学界を憂える    東京大学名誉教授 伊藤 隆×評論家 江崎道朗 
シベリア抑留体験を英文で書いたのは誰か シベリア抑留問題研究者・翻訳家 長勢了治 
司法も事実認定した元朝日記者の「ねつ造」 本誌編集部 安藤慶太 

▽中共が奪うハリウッドの魅力 映画評論家 瀬戸川宗太 
▽本当の米国を描いたおススメ映画3本 麗澤大学准教授 ジェイソン・モーガン 
▽激動香港 中国が統制強化を急ぐ真因  <チャイナ監視台>   産経新聞台北支局長 矢板明夫 

【特集 憲法改正を訴える】
国会に憲法改正論議を求める 「美しい日本の憲法をつくる国民の会」国民集会
ジャーナリスト 櫻井よしこ/自民党憲法改正推進本部長 衛藤征士郎/
       公明党憲法調査会事務局長 浜地雅一/日本維新の会幹事長 馬場伸幸/国民民主党憲法調査会会長 山尾志桜里

欠陥だらけの「国会」規定 城西大学准教授 小野義典 

【特集 朝鮮半島情勢】
日本との交渉を北が必要とする理由  麗澤大学客員教授、モラロジー研究所教授 西岡 力 
韓国の次期〝反日〟大使 姜昌一氏は何者か                        産経新聞編集委員 久保田るり子 
核保有国の北朝鮮と日本―INFオプション 元米国防副次官 リチャード・ローレス 
「拉致解決」優先求め森総理に土下座 拉致被害者・増元るみ子さんの弟 増元照明 


第36回 正論大賞・ 第21回正論新風賞 受賞者の声        
国外で暗躍する北のIT技術者        安全保障問題専門家・元国連安保理北朝鮮制裁専門家パネル委員 古川勝久 
「皇女」制度は問題だらけ   連載特別版 作家 竹田恒泰 


ウソ、ねつ造満載の「アイヌ」副教材   医療法人健光会旭川ペインクリニック病院理事長 的場光昭 
副教材が教える 楠木正成は「悪い人」 学習塾講師 上田真弓 


【好評連載!】
小説 寒い国から来た工作員(スパイ) 第4回 「報道」
 特定失踪者問題調査会代表 荒木和博 

昭和の大戦とあの東京裁判―同時代を生きた比較史家が振り返る―
第11回 贖罪意識を植え付けたペンの力        東京大学名誉教授 平川祐弘 


【グラビア】
巻頭カラー 皇室歳時記  それぞれのお誕生日 
        日本の銅像  義と美の狭間に立つもの  写真・文 廣田勇介
文字のふるさと                         瀧野喜星 
不肖・宮嶋の現場  斬新な二番艦 
業田良家 それ行け!天安悶 
西原理恵子 ぬるま湯正論 
文人論客壺中之天  岡本かの子 「浅草駒形 どぜう」 取材・構成 将口泰浩 


激流世界を読む         杏林大学名誉教授 田久保忠衛 
フロント・アベニュー  麗澤大学教授 八木秀次 
フィフィの本音   タレント フィフィ 
経済快快 産経新聞特別記者 田村秀男 
政界なんだかなあ  産経新聞政治部編集委員兼論説委員  阿比留瑠比 
SEIRON時評  評論家 江崎道朗 
アメリカの深層  福井県立大学教授 島田洋一 

シリーズ対談 日本が好き! 先人の思いを歌い紡いでいく 
                シンガー saya/ ジャーナリスト 井上和彦
シネマ異聞 そこまで言う⁉  読売テレビ・チーフプロデューサー 結城豊弘 
読書の時間 潮匡人/桑原聡のこの本を見よ  
編集者へ・編集者から 
メディア裏通信簿  
折節の記  
操舵室から  

参考価格: 900円 定期購読(1年プラン)なら1冊:790円

日本人の鼓動が響く雑誌です。~オピニオン誌「正論」~

  • 2020/12/01
    発売号

  • 2020/10/30
    発売号

  • 2020/10/01
    発売号

  • 2020/09/01
    発売号

  • 2020/07/31
    発売号

  • 2020/07/01
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japan

2021年01月26日発売

目次: Special Report
バイデン2つの選択
新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か
オバマ路線は継承するのか見直すのか
米政治 トランプ後のアメリカが始まった
新大統領 バイデンは彼らを許すのか
視点  オバマの過ちから学ぶべき理由
政策 バイデン新政権の外交10大課題
オピニオン そしてトランプにさようなら

■陰謀論の次の標的は5G
治安 「コロナ禍の元凶は電磁波」という偽情報に基づく基地局攻撃が始まった

Periscope
UNITED STATES 世代をつなぐ「ワクチン部隊」を切り札に
SOUTH KOREA アジアの勢力図を変える韓国空母
GUATEMALA 中南米移民キャラバンの攻防戦再び
GO FIGURE 欧州で消え去らないアメリカへの不信感

Commentary
ロシア ナワリヌイより注目すべき重要人物──河東哲夫
主張 ワクチン優先順位の倫理学──ピーター・シンガー
共産党 中国「ワクチン外交」とウイグル人──飯山陽
米社会 NRAが存続の危機に陥った理由──グレン・カール
Economics Explainer 経済ニュース超解説
国民皆保険「見直し」の衝撃度── 加谷珪一
Help Wanted 人生相談からアメリカが見える
子供のそばでも銃を手放さない兄
Just a Joke たかがジョーク、されどジョーク
だから彼には投票したくないね── 早坂隆

Features
生活 2021年をいい年にする誓いの言葉

Life/Style
Drama 現代のルパンがパリに現れた
Drama 世代を超えるベスト・キッドたちの物語
Music ノマド男、安住の地を見つける
Food ベジタリアン旋風が焼き肉王国・韓国に
Language 卑語の世界へようこそ
Travel ロストバゲージの奇妙な世界

Picture Power
開発の奔流がバンコクを侵食する

Tokyo Eye 外国人リレーコラム── 李娜兀
日本政治が目指すべき「ちょうど良さ」

参考価格: 480円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:240円

日本だけのニュースを読むか、世界と同じニュースを読むか。世界と同じニュースを読む!それが、ニューズウィーク・バリュー

  • 2021/01/19
    発売号

  • 2021/01/13
    発売号

  • 2021/01/05
    発売号

  • 2020/12/22
    発売号

  • 2020/12/15
    発売号

  • 2020/12/08
    発売号

最大
10%
OFF
送料
無料

企業診断

2020年12月28日発売

目次: ■特集1 特集 令和3年度の2次対策──令和2年度試験から読み解く EBA中小企業診断士スクール統括講師/中小企業診断士 江口明宏

第1章 事例I──経営ビジョンを実現する企業買収と公正な人事制度の課題
第2章 事例II──大手主導のブランド戦略から地域ブランド戦略への転換
第3章 事例III──受注制約に応える製販連携と生産性の改善
第4章 事例IV──企業買収評価とROIの中小企業への活用課題
第5章 事例I 例題──先着50名様限定の添削付き

■特集2 中小企業経営のデジタル化

第1章 デジタル時代の中小企業戦略──「つながる」から「価値創造」へ 岡田浩一
第2章 中小企業デジタル化応援隊事業──専門家支援によるデジタル化・経営変革 中小企業庁経営支援部技術・経営革新課
第3章 経営デジタル化の意義──環境変化に対応できる業務へ 魚谷幸一
第4章 板金加工業のデジタル化事例──株式会社今野製作所の15年にわたる取り組み 魚谷幸一
第5章 経営のデジタル・トランスフォーメーションへ──中小企業診断士が果たすべき役割 魚谷幸一

■連載 インタビュー Umano! #32
変革期の日本を牽引するアカデミック・リーダー
東京大学大学院経済学研究科教授 柳川範之さん

■インタビュー 「あたたかさ」をベースに「スピード」を求める テレワーク時代のコミュニケーション
明治大学文学部教授 齋藤孝さん

■インタビュー ミッションは人類の孤独の解消 分身ロボットで仲間と目指す適材適所社会
株式会社オリィ研究所代表取締役CEO/ロボットコミュニケーター 吉藤健太朗さん

■新春企画 早稲田大学ビジネススクール 入山章栄教授に聞く
2021年,世界標準の経営理論──コロナの時代こそ経営理論を使って「変えていく」

■論考 複雑な環境で生き残る中小企業経営の創造──コロナ危機から企業変革へ

■講座 中小企業診断士試験 実戦! 錬成問題集
第1次試験対応 経済学・経済政策/財務・会計/企業経営理論/運営管理/経営法務/経営情報システム/中小企業経営・中小企業政策
第2次試験対応 事例I 組織(人事を含む)に関する事例/事例II マーケティング・流通に関する事例

など

参考価格: 1,430円 定期購読(月額払いプラン)なら1冊:1,287円

1953年創刊以来、ビジネス・クリエーターのための情報誌として高く評価されています

  • 2020/11/27
    発売号

  • 2020/10/28
    発売号

  • 2020/09/28
    発売号

  • 2020/08/27
    発売号

  • 2020/07/29
    発売号

  • 2020/06/27
    発売号

最大
5%
OFF
送料
無料

日経マネー

2021年01月21日発売

目次: ■特集1 優待&高配当株 2021年の稼ぎ方

●優待&高配当株 2021年の稼ぎ方 コロナに負けない高利回り株を狙え! (020p)
●ずっと儲かる 優待株&高配当株はこう探す! (022p)
●2021年もますます充実 桐谷さんの新優待生活24時(024p)
●スゴ腕4人に聞いて分かった ウイズコロナ時代の優待必勝法&有望銘柄(028p)
●攻めと守りを巧みに使い分け スゴ腕の対コロナ優待戦略(029p)
●スゴ腕投資家の新優待ライフ Case1廃止 ・ 改悪リスクを警戒 優待の安定性に注目する(030p)
●スゴ腕投資家の新優待ライフ Case2 大型優待で守りを固め来る買い場に備える(032p)
●スゴ腕投資家の新優待ライフ Case3 下落局面の買いに備えコロナ禍逆風株に注目(034p)
●スゴ腕投資家の新優待ライフ Case4 業績をチェックして 「買える」 外食を物色中(036p)
●優待達人11人が選んだ 21年相場で期待できるお値打ち優待36銘柄(038p)
●コロナで優待投資は変わった? 達人の新 ・ 優待戦略を一挙公開(039p)
●2021年に優待達人が狙う 2 ・ 3月権利 優待銘柄はこれ! (040p)
●自社商品から特産 ・ 名産品まで 飲料 ・ 食品類(041p)
●コロナ下で 「優待株投資をしていてよかった」 と思った3つのシーン(043p)
●テークアウトに使える優待も 外食 ・ 食事券(044p)
●商品を選ぶのも楽しい カタログギフト(046p)
●家電やカー用品がお得に 買い物券(048p)
●利回り重視の優待族に人気 金券類(050p)
●優待をもらって利益も得る! 達人に学ぶ 優待株で稼ぐワザ(051p)
●廃止 ・ 改悪リスクを賢く回避 コロナ下でも安心! 長期保有に向く優待(052p)
●コロナ禍で廃止 ・ 改悪急増 重要性高まる 「安定優待銘柄」 (053p)
● 「3つの前兆」 と 「非自社系優待」 に要注意 優待廃止 ・ 改悪リスクを事前に察知! (054p)
● 「安定優待銘柄」 は値上がり益にも期待 コロナ下でも業績好調! (056p)
●廃止 ・ 改悪リスクが薄い 「安定優待」 19銘柄(057p)
●安定配当&値上がりも狙える 高配当株、今仕込むならこの銘柄! (062p)
●高配当&値上がりで儲ける 配当投資の勝戦略はこれだ! (063p)
●今こそ高配当株投資の好機 狙い目は景気敏感株プロ1 株式アナリスト 鈴木一之さん(064p)
●新型コロナ収束後に業績改善する銘柄を仕込むプロ2 マーケットアナリスト 藤本誠之さん(065p)
●大型優良株を長期保有 利回りよりも成長力を重視プロ3 マーケット ・ ジャーナリスト 和島英樹さん(066p)
●コロナ禍の厳しい環境が株主還元力を浮き彫りにプロ4 NSNアナリスト 宇野沢茂樹さん(067p)
●テーマ×配当で選ぶ 注目は再生エネ、自動車電動化プロ5 株式アナリスト 佐藤勝己さん(068p)
●権利落ちがチャンス 12月決算銘柄の押し目を狙え! (069p)
●来期増配予想の好業績株を狙え 最新アナリスト予想で発掘! (070p)
●お得感2倍! の年イチ高配当株 一度に配当をたくさんもらえる(072p)


■特集2 プロ&スゴ腕に学ぶ米国株&ETFの稼ぎ方

●プロ&スゴ腕に学ぶ米国株&ETFの稼ぎ方バイデン政権発足で2021年も上昇継続 ?! (074p)
●人気投資ブロガーが厳選! レベル別 オススメ投資&有望株(076p)
●辣腕のプロに聞く米国株投資の醍醐味/奥野一成 農林中金バリューインベストメンツCIO良質な米国企業の株は高くて当然 構造的に強靱な会社に投資せよ(082p)
●投資の神様 バフェットが20年に仕込んだ株は? 製薬会社株をまとめ買い 新規上場の新興株の購入も(084p)
●ソロス ・ ファンドとゲイツ財団の新規投資ITの新興企業株を購入 コロナ後の有望株にも食指(086p)


■特集3 運用期間別 資産が増える投信ベストバイ

●運用期間別 資産が増える投信ベストバイ(093p)
●短期(3年程度) 基本はバランス型で安定運用を(094p)
●中期(5年程度) 期待リターンに応じ株式比率を調整(096p)
●長期(10年以上) 積極的運用で大きなリターンを(098p)


■表紙の人

●森川 葵 女優 できないことを、そのままにしたくない。壁を越える作品にしたい(012p)


■先読みTIMES

●2度目の緊急事態宣言 前回より影響は軽微? 新型コロナ第3波の拡大続く(015p)
● 「トリプルブルー」 下の株高、死角はないのか(016p)


■先読みカレンダー 2021 2月

●菅政権を揺さぶるコロナと五輪の行方(018p)


■ろくすけさんの勝てる株式投資入門

●コストと規模による 「堀」 を学ぶ(090p)


■株の達人に聞く 今月の注目銘柄

●2021年の注目銘柄(100p)


■クローズアップ企業

●ウェルスナビ 国内ロボアド初上場 働く世代の資産づくり担う(106p)


■Money Interview

●佐藤可士和 クリエイティブディレクター複雑な情報を整理して本質を提示する クリエイティブの力で社会を変える(108p)


■クイズで学ぶ会計知識

●EC大手の損益計算書(112p)


■澤上篤人のゴキゲン長期投資

●痛い目にあって学んでも遅いよ(114p)


■豊島逸夫の世界経済の深層真理

●深まる米国の分断 かげりゆく米ドル(116p)


■広木隆のザ ・ 相場道

●日本株 「一極集中」 の裏にあるもの(118p)


■滝田洋一の経済ニュースここだけの話

●株高で日銀のETF買いに転機到来か(120p)


■岡崎良介のマーケット ・ アナライズ

●FRBが懸念する不確実性 コロナ前に戻らない米国(122p)


■エミン ・ ユルマズの未来観測

●世界各国の環境規制強化 「脱炭素時代」 の到来は日本にとっての好機だ(124p)


■もっと得する株主優待生活

●mtipsさんが選ぶ 2月に取れるお得優待(126p)


■マネーの達人に学ぶ お金に強い子供の育て方

●CONNECT 社長 大槻竜児さん大切なのは判断力と継続力。 親なしで自立できる子を育てる(128p)


■マルトクセレクション

●保険連動対応のバイク用ドラレコ ほか(131p)


■特許で騰がる株を探せ! 工藤特許探偵事務所 Special

●医療以外の応用分野も要注目 「バイオテクノロジー」 関連銘柄(132p)


■山本伸のネクスト爆騰銘柄

●再生エネ関連はこれからが本番 太陽光、電池、風力の爆騰期待3銘柄(134p)


■関大介のREITウオッチ

●21年はREIT高へ 背景にある2つの理由(136p)


■最新! 投信ランキング

●約4000億円を集めたESG投信(137p)


■佐々木明子のモーサテ日記

●米アップルが自動車を開発? 改めて思い起こす、iPhone誕生時の記憶(138p)


■生保損保 業界ウオッチ

●難解な保険の180日ルール 正しく理解して商品を選ぶ(139p)


■ネット証券DATA

●1月4日現在(10%税込み表記) (140p)


■マネー ・ データバンク

●1月7日現在(142p)


■Readers’ FORUM

●2021年の日本株有望テーマ(144p)


■Money Books

●金融が解る世界の歴史 ほか(145p)


■別冊付録

●投資家のための確定申告ガイド 2021

参考価格: 750円 定期購読(1年プラン)なら1冊:713円

日経グループがお届けする、信頼できるマネー情報誌です!

  • 2020/12/21
    発売号

  • 2020/11/20
    発売号

  • 2020/10/21
    発売号

  • 2020/09/19
    発売号

  • 2020/08/21
    発売号

  • 2020/07/21
    発売号

9 投資手帖

日本株式新聞社

最大
6%
OFF
送料
無料

投資手帖

2021年01月20日発売

目次: 特集
先送りされた設備投資が噴き出す&#8252;「FA関連」が活況へ 厳選⑧銘柄

スコープ
「丑つまずき」の押し目から「辰巳天井」が訪れる!?
21年の日本株市場は「バリュー株」の見直しへ

クローズアップ
日米欧が揃ってカーボンニュートラルに向けて加速
世界的な”脱炭素”の流れに乗る「環境関連株」

特別銘柄企画
21年相場も上昇基調が続き、年足チャートは3年連続陽線へ

参考価格: 800円 定期購読(1年プラン)なら1冊:750円

投資手帖は、豊かな明日を創る投資情報誌です。

  • 2020/12/19
    発売号

  • 2020/11/20
    発売号

  • 2020/10/20
    発売号

  • 2020/09/19
    発売号

  • 2020/08/20
    発売号

  • 2020/07/20
    発売号

労働科学の所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌