労働科学 発売日・バックナンバー

全65件中 1 〜 15 件を表示
1,528円
・号数:94巻6号

【総説】
昭和期における労働科学研究所の国際協力
斉藤一,川上剛
労働科学,94(6),149~160,(2018)
International Technical Cooperation of Institute for Science of Labour in the Showa Period
Hajime SAITO, Tsuyoshi KAWAKAMI
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR, Vol.94, No.6, 149-160, (2018)

□学会だより
<第4回労働時間日本学会>

□文献紹介
<交代勤務者のクイック・リターンズと睡眠妨害>
<夜勤専従および常日勤看護職の摂食行動に関する実験的研究>
<伝統的な日勤と異なる勤務開始時刻が睡眠と神経行動指標に及ぼす影響>
<2009年版ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドライン:環境騒音と睡眠への影響に関する系統的レビュー>
<宇宙飛行士の軌道での睡眠の問題と対策>
<長時間労働と交代勤務が看護師の認知エラーに及ぼす影響>
<イタリアの8時間勤務看護師の行動的な眠気>
<うつ病と睡眠>
<看護師のクイックリターンズと夜勤が及ぼす労働起因性の事故>
<サーカディアンリズムと眠気ホメオスタシスが及ぼす交代勤務者の眠気と運転>
<ヘルスケアワーカーの交代勤務が睡眠,覚醒度,パフォーマンスに及ぼす影響>
<ヘルスケアワーカーの交代勤務と代謝性疾患:朝方―夜型性向の関わり>
<夜勤と流産:デンマークの記録データに基づいたコーホート研究>
<デンマークの病院労働者の勤務シフトのインターバルの短さと怪我のリスク>
<北欧三国の看護師における労働時間の比較研究>
1,528円
・号数:94巻5号

・目次:
追悼の辞 木村菊治さん
中明賢二
労働科学,94(5),127~128,(2018)
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR, Vol.94, No.5, 127-128, (2018)

木村菊二先生のご逝去を悼む
伊藤昭好
労働科学,94(5),129~131,(2018)
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR, Vol.94, No.5, 129-131, (2018)

【資料】
医療に係る安全管理のための職員研修に関する事例報告:研修義務化直後の6病院での取り組みを通して
安達悠子,松本友一郎,臼井伸之介
労働科学,94(5),132~141,(2018)
Descriptive Study on Implementation Efforts in Six Hospitals Shortly after Mandating Safety Training
Yuko ADACHI, Tomoichiro MATSUMOTO, Shinnosuke USUI
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR, Vol.94, No.5, 132-141, (2018)

□学会だより
<第77回全国産業安全衛生大会>
<第1回普及と実装科学研究会>

□文献紹介
<トラック運転手の不眠と事故の関係>
<スプリット勤務が市バス運転手の眠気に及ぼす実車公道研究>
<職業ドライバーは一般ドライバーより眠気を感じない?>
<看護職の長時間シフトは病欠を増やさない>
1,528円
【原著】
急ぎ・焦りエラーに関する体験型教育の効果
森泉慎吾,臼井伸之介,和田一成,上田真由子
労働科学,94(4),99~107,(2018)
Effect of Experience-based Safety Education on Human Errors Triggered by Urgency
Shingo MORIIZUMI, Shinnosuke USUI, Kazushige WADA, Mayuko UEDA
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR, Vol.94, No.4, 99-107, (2018)

【資料】
宅配便ドライバーの勤務日における身体活動量と食事の実態
上田茉莉子,長谷川爽,赤松利恵
労働科学,94(4),108~116,(2018)
Daily physical activity and diets of Japanese male home delivery drivers
Mariko UEDA, Sayaka HASEGAWA, Rie AKAMATSU
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR, Vol.94, No.4, 108-116, (2018)

□文献紹介
<夜間にとる仮眠が運転中のパフォーマンスとその後の昼間睡眠に及ぼす効果はあるのか?>
<オーストラリア看護師の夜勤・交代勤務による概日リズム変調対策:仮眠とカフェインの相乗効果>
<夜勤では誰がより眠いのか?-夜勤看護婦の主観的な眠気に及ぼす生理・心理・社会要因>
<座席の背もたれの角度が昼間睡眠における睡眠の量と質に及ぼす影響>
1,528円
【原著】
運輸業の宅配ドライバーにおける昼食摂取状況による生活習慣,健康状態―昼食が14時までの者,14時よりも遅い者,食べない者の比較―
新保みさ,持田久実,赤松利恵
労働科学,94(3),65~73,(2018)
Lifestyle and health related to lunch habits in home-delivery drivers: comparison of those whose lunch time was before 14:00, those whose lunch time was after 14:00 and those who did not have lunch
Misa SHIMPO, Kumi MOCHIDA, Rie AKAMATSU
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR, Vol.94, No.3, 65-73, (2018)

【原著】
自動車運転支援とパニック的行動の関連について実験的研究
北島洋樹,曽我重司,黒田学
労働科学,94(3),74~90,(2018)
Experimental Research on the Relationship between Driving supports and Panic-like Behaviours
Hiroki KITAJIMA, Shigeji SOGA, Manabu KURODA
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR, Vol.94, No.3, 74-90, (2018)

□学会だより
<日本人間工学会第59回大会>
<産業・組織心理学会第34回大会>
<第29回国際応用心理学会>
<第24回欧州睡眠学会>
□文献紹介
<看護婦の夜勤中の認知機能:年齢,時刻,先行覚醒時間,主観的眠気の影響>
<訪問看護師の夜間オンコール勤務が就寝前の自律神経機能,睡眠深度と睡眠感に及ぼす影響>
1,528円
【原著】
高さ可変デスクを使用したデスクワークへの立位姿勢の導入が身体違和感、疲労、下腿周囲長に及ぼす影響2-立位作業の適切な挿入時間の検討
茂木伸之,鈴木一弥,山本崇之,岸 一晃,浅田晴之
労働科学,94(2),27~38,(2018)
Effects of intermittent standing during desk work using a height-adjustable desk on discomfort of the body,subjective fatigue and lower-leg swelling (Part 2): -Study of the suitable insertion time of standing work
Nobuyuki MOTEGI, Kazuya SUZUKI, Takayuki YAMAMOTO, Kazuaki KISHI, Haruyuki ASADA
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR, Vol.94, No.2, 27-38, (2018)

【論説】
「児科雑誌」に発表された仮称所謂脳膜炎(鉛毒性脳症)に関する研究の足跡(13)1931年から内務省令実施(1935年)まで(第4報)
堀口俊一,寺本敬子,西尾久英,林 千代
労働科学,94(2),39~50,(2018)
The Studies of Lead Encephalopathy in Infants in Acta Paediatrica Japonica from 1931 to 1935: When the Ministerial Ordinance Came into Force (the fourth part)
Shun’ichi HORIGUCHI, Keiko TERAMOTO, Hisahide NISHIO, Chiyo HAYASHI
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR, Vol.94, No.2, 39-50, (2018)

□学会だより
<第91回産業衛生学会>
<第32回米国睡眠学会>
<日本睡眠学会43回的学術集会>
<産業・組織心理学会 第130回 部門別研究会 - 人事部門>
<「医療機器の企業“Finisher”人材を創出する座学・実学融合プログラム」ベーシックコース>
□文献紹介
<自宅ポリフラフィー研究における深夜の短時間睡眠の年齢と性別に及ぼす影響>
<インターン・研修医の夜間勤務の延長が睡眠と覚醒の客観指標に及ぼす影響>
<4連続夜勤看護師のパフォーマンスの適応>
<タブレットを寝る前に使うと就床時間が遅延して概日リズムと覚醒度に悪影響を及ぼす>
<1か月交代で勤務する女性看護師のシフトが起床時コルチゾール反応への影響>
<家に帰るの覚えてる?救急医の睡眠不足を評価する>
<客観的な睡眠時間は血管内皮の健康を予測する>
<病院に勤務する日勤者および交代勤務者と比較した夜勤専従者の睡眠と心理要因>
<朝型-夜型性向と疾病罹患率および死亡との関係:英国バイオバンク前向きコーホート研究>
<一般市民と比較した客室乗務員のがん罹患率>
<同じ救急救命病棟で働く医師,レジデント,看護師の夜勤認識の違い>
<16時間2交代勤務看護師の疲労感と身体活動,睡眠指標の関係>
1,528円
○目次
【原著】
難病患者および介護者の就労に関する患者ADLの影響についての検討~平成26年度鳥取県特定疾患医療受給者就労実態調査より~
伊藤 悟,佐々木貴史,原田孝弘,林 幸子,瀧川洋史,中島健二,古和久典,花島律子
【資料】
インターネットのうつ病の診断に関する情報は信頼できるか?
石丸知宏,宮内健悟,桑原恵介,服部理裕,根本博
□学会だより
<第1回 日英認知症会議>
□文献紹介
<分割睡眠/覚醒スケジュールは連続作業中の眠気を増加させるか,それとも減少させるか?>
<「過労」が血栓形成反応を加速させることが過労死のメカニズムではないか?>
<6時間労働-6時間休息のスプリット勤務が神経行動機能,睡眠と眠気に及ぼす影響>
<翌日の不安はコルチゾールには影響するが睡眠や睡眠感には影響しない>
<労働時間の短縮が常勤労働者の労働負担と回復時間に及ぼす影響>
<客室乗務員の健康に関する横断研究>

○抄録
【原著】
難病患者および介護者の就労に関する患者ADL の影響についての検討~平成26 年度鳥取県特定疾患医療受給者就労実態調査より~
伊藤 悟,佐々木貴史,原田孝弘,林 幸子,瀧川洋史,中島健二,古和久典,花島律子
労働科学,94(1),1~11,(2018)

アンケートにて鳥取県における難病患者の就労状況を調査した。平成26年度に,特定疾患治療研究事業対象56疾患,4,388名を対象に調査し,2,364人から回答を得た。平均年齢は62.3歳で,男女比1:1.38であった。modified Rankin Scale(mRS)を用いたADL評価では,介助不要のmRS0~1が51.1%,介助を要するmRS2以上が43.5%だった。全体の40.3%が就業中で,21.0%は病気を理由に失業していた。患者ADLがmRS2以上になると患者の就業率が有意に低下し,mRS3以上になると介護者の就業率も低下していた。患者のADLに応じて就業支援を調整する必要がある。(図5 表4)

キーワード: 雇用;介護者;日常生活動作;アンケート;ランキンスケール

Influence of activities of daily living on the employment situation for intractable disease patients and their caregivers
Satoru ITO, Sasaki TAKAFUMI, Takahiro HARADA, Sachiko HAYASHI, Hiroshi TAKIGAWA, Nakashima KENJI, Hisanori KOWA, Ritsuko HANAJIMA
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR, Vol.94, No.1, 1-11, (2018)

We investigated the employment situation of intractable disease patients in Tottori Prefecture.In 2014, we sent questionnaires to 4,388 patients of 56 diseases receiving public financial aids for treatment from the Ministry of Health, Labour and Welfare in Japan. We obtained replies from 2,364 patients. The average age of the respondents was 62.3 years and their sex ratio was 1:1.38. By the ADL evaluation using the modified Rankin Scale (mRS), the ratio of assistance-free patients (mRS0 and mRS1) was 51.1%, and patients requiring assistance (mRS2 to mRS5) accounted for 43.5%. As many as 40.3% of the whole respondents were working, but 21.0% had lost their jobs by the reason of a disease. When the patients’ ADL became worse than mRS2, the employment ratio of the patients significantly decreased, and the employment ratio of their caregivers decreased when it became worse than mRS3. It is necessary to coordinate job assistance services for these patients depending on their ADL levels.

Key words: Employment; Caregiver; Activities of Daily Living; Questionnaire; Modified Rankin Scale

【資料】
インターネットのうつ病の診断に関する情報は信頼できるか?
石丸知宏,宮内健悟,桑原恵介,服部理裕,根本博
労働科学,94(1),12~18,(2018)

うつ病の診断に関するWebサイトの信頼性を評価した。Google とYahoo!で「うつ病(または鬱病・うつ・鬱)」と「診断」を組み合わせた単語を検索し,59サイトが対象となった。著者の名前や所属,引用文献や情報源,投稿日を記載していたWebサイトは約1-2割であった。独自の自己評価尺度(33.0%),除外基準の記載がない(18.6%),質問項目数や選択肢数の不足(16.9%)などの不適切な情報が認められた。Webサイト運営者の種類によってWebサイトの信頼性は異なった。運営者による医療情報の質の差を考慮しながら,適切な情報が提供されるように,インターネット上の医療情報の仕組みづくりや利用者の判断力を向上させるような啓発を促進する必要がある。(表3)

キーワード: インターネット; うつ病; 情報の質; 診断; メンタルヘルス

Quality of online information regarding diagnosis of depression
Tomohiro ISHIMARU, Kengo MIYAUCHI, Keisuke KUWAHARA, Michihiro HATTORI, Hiroshi NEMOTO
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR, Vol.94, No.1, 12-18, (2018)

This study was designed to evaluate the quality of information available on the Internet regarding diagnosis of depression. We evaluated the results returned for a search of both “utsubyou” (depressive disorder) or “utsu” (depression) and “shindan” (diagnosis) on each of the Google Japan and Yahoo! Japan search engines. Of the 400 websites analyzed, 59 displayed information about diagnosis of depression. Information regarding the attribution, disclosure and currency of the disease were displayed on 11.9–22.0% (7-13/59). Inaccurate self-rating scales of depression were found concerning original scales (33.0%), lack of exclusion criteria (18.6%) and shortage of questions or answer choices (16.9%). The quality of medical information was associated with the types of website administrators. These findings offer insight into developing strategies for improving the quality of medical information on the Internet and for educating users while taking into account the types of website administrators.

Key words: Internet; Depression; Quality of information; Diagnosis, Mental health
1,528円
○目次

【資料】
母子世帯の都道府県別貧困率に及ぼす母親の就労要因の影響度の分析
田辺和俊, 鈴木孝弘
【論説】
「児科雑誌」に発表された仮称所謂脳膜炎(鉛毒性症)に関する研究の足跡(12)1931年から内務省令実施(1935)まで(第3報)
堀口俊一, 寺本敬子, 西尾久英, 林千代
□学会だより
<産業・組織心理学会33回大会>
<第7回国際睡眠学会>
<第12回日本応用老年学会>
<日本社会心理学会第58回大会>
□文献紹介
<“取りたいけど,取らない”:日本での育児休暇取得を阻害する多元的無知>
<どのような勤務スケジュールが労働者に大きな問題を生じさせるのか?スウェーデンの交替勤務者の事例>
<乳がんと航空機,自動車,鉄道騒音曝露:健康保険記録を用いた症例対照研究>
<ありがとう神様,今日は睡眠が改善する金曜日だ!>
<交代勤務者の睡眠時間と慢性疲労は食習慣と異なる関連を示す>
<企業における労働安全衛生マネジメントの実践に影響する要因の横断的研究>
<6時間労働-6時間休息のスプリット勤務が神経行動機能,睡眠と眠気に及ぼす影響>
<夜勤者の夜勤後の運転事故リスクは高い>

○抄録
母子世帯の都道府県別貧困率に及ぼす母親の就労要因の影響度の分析
田辺 和俊, 鈴木 孝弘
労働科学,93(6),165~177,(2017)

母子世帯の貧困原因に関する情報を得るために,母子世帯の貧困率の推定とその要因分析を行う実証研究を試みた。まず,住宅・土地統計調査の所得階級別世帯数の公開データを用いて都道府県別の母子世帯の貧困率を推定し,貧困の地域格差を検証した。次に,母子世帯の貧困の決定要因を探るために,都道府県別の貧困率を目的変数とし,それと何らかの関連が想定される母親の就労など30種の説明変数を用いた非線形回帰分析を実施した。その結果,貧困率の決定要因として,母親の生産工程職,専門・技術職,販売職,サービス職への就業率,臨時雇率,高卒率,幼児世帯率の7種が求まり,これらの要因が母子世帯の貧困率に影響しているという新たな知見を得た。

キーワード: 貧困率, 母子世帯, 就労要因, 都道府県格差, 非線形回帰分析

Analysis of the Effects of Working Conditions of Single Mothers on Poverty Rates of Mother-children Households in Prefectures
Kazutoshi TANABE, Takahiro SUZUKI
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR, Vol.93, No.6, 165-177, (2017)

An empirical analysis was performed to obtain information on the reasons of the poverty situation of mother-children households by estimating poverty rates and searching their determinants. On the basis of the open data of household numbers in income classes of the Housing and Land Survey, the poverty rates of mother-children households in 47 prefectures were estimated, and the disparity of the poverty situation of mother-children households in local areas was discussed. Determinants of poverty rates were searched by applying a nonlinear regression analysis to the estimated poverty rates in prefectures as an objective variable, and many related factors mainly relevant to working conditions of single mothers as explanatory variables. Seven determinants were obtained: mothers’ employment rates as manufacturing process workers, professional and engineering workers, sales workers and service workers, rates of temporary employees, rates of high school graduates as final educational background and rates of households with children under 6 years of age. It is newly found that mothers’ employment rates by occupation significantly affect the poverty rates of mother-children households.

Key words: Poverty rate, Mother-children households Working factors, Prefectural disparity, Nonlinear regression analysis


「児科雑誌」に発表された仮称所謂脳膜炎(鉛毒性症)に関する研究の足跡(12)1931年から内務省令実施(1935)まで(第3報)
堀口俊一, 寺本敬子, 西尾久英, 林千代
労働科学,93(6),178~187,(2017)

1895(明治28)年、「所謂脳膜炎」と仮称される乳幼児の疾病が伊東祐彦らによって報告された。その後、約30年にわたる研究を経て、1923(大正12)年、平井毓太郎によって、その主たる原因が母親の用いる白粉中の鉛白による中毒であることが究明された。著者らは年代を追って、「児科雑誌」により、該疾患に対する研究の足跡を論考してきた。今回は、1930(昭和5)年、鉛白使用化粧品に対する規制が明文化されて以降、1931(昭和6)年から上記規則が実施に移された1935(昭和10)までの5年間に発表された関連文献のうち、前報に取り上げた検査項目(生体試料及び白粉・膏薬中の鉛測定)に続く血液関連の検査、各種生理学的・生化学的検査、骨・歯牙のレントゲン検査、その他の検査を取り上げて論考した。

キーワード: 仮称所謂脳膜炎, 鉛毒性脳症, 鉛白の法規制明文化後の諸研究(1931~1935), 平井毓太郎, 児科雑誌

The Studies of Lead Encephalopathy in Infants in Acta Japonica from 1931 to 1935 When the Ministerial Ordinance Came into Force (the third part)
Shun'ichi HORIGUCHI, Keiko TERAMOTO, Hisahide NISHIO, Chiyo HAYASHI
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR, Vol.93, No.6, 178-187, (2017)

An infant disorder, so-called meningitis in infancy (SCMI), was reported by Sukehiko Itoh et al. in the 28th year of Meiji Era (1895) in Japan. Twenty-eight years later, Ikutaro Hirai, a professor at Kyoto University, clarified in the 12th year of Taisho Era (1923) that SCMI was a chronic lead-poisoning disease caused by white lead included in the mothers’ cosmetic powder. Then, regulation of white lead was stipulated in the 5th year of Showa Era (1930) and came into force in the 10th year of Showa Era (1935). In the present study, we examined the outline of SCMI research in this period from the perspective of clinical and laboratory findings including those by blood tests, physiological function tests, biochemical tests and X-ray examinations of bones and teeth.

Key words: So-called meningitis named tentatively, Lead encephalopathy, Studies after stipulation of the regulation of white lead (1931-1935), Ikutaro Hirai, "Zika-zasshi" (Acta paediatrica Japonica)
1,528円
○目次

【原著】
日勤短縮による深夜勤前の勤務間隔時間の延長が看護師の睡眠と疲労感に及ぼす効果
松元 俊
健常者の車いす下り坂走行時の動作と心理に及ぼす身体動作制限の影響
三上ゆみ, 中村孝文, 田内雅規
□学会だより
<日本応用心理学会第84回大会>
□文献紹介
<ヨーロッパ27会社におけるゼロ事故ビジョン実施のためのコミットメントとコミュニケーション、文化、学習の重要性>
<バス運転手のスプリット勤務とストレス,健康,心理社会的労働要因の関係>

○抄録
【原著】
日勤短縮による深夜勤前の勤務間隔時間の延長が看護師の睡眠と疲労感に及ぼす効果
松元 俊
労働科学,93(5),139~147,(2017)

公立病院の8時間3交代制に就く22名の看護師に対して深夜勤前の日勤を半日勤に試行的に変更した。その結果,深夜勤務前の日中にとられる仮眠は日勤条件に比して勤務間隔の延長をともなう半日勤条件で長く(p<0.01),また半日勤条件における仮眠は分割してとるほうが一括でとるよりも睡眠時間が長かった(p<0.01)。半日勤条件では日勤条件に比して,日勤終了時もしくは半日勤終了時から深夜勤終了時までの疲労感は抑制された(p<0.001)。しかし,勤務条件および仮眠のとり方(一括もしくは分割)による睡眠時間の長さにかかわらず,深夜勤時の疲労感は開始時から終了時に向かい増加し,改善されなかった。(図3表1)

キーワード: 逆循環シフト, 看護師, 半日勤, クイックリターン, 仮眠, 疲労感

Effects of changing the shift pattern from a full-day shift to a half-day shift before a night shift on sleep and subjective fatigue I hospital nurses
Shun MATSUMOTO
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR, Vol.93, No.5, 139-147, (2017)

The effects of changing the shift pattern from a full-day shift to a half-day shift before a subsequent night shift on sleep and subjective fatigue were investigated in 20 nurses working on the same ward of a public hospital. They participated in both conditions of the full-day shift and the half-day shift before a night shift each for one month. A total of 16 nurses (14 females and 2 males, mean age 37.4±8.4) completed daily work and sleep logs and subjective fatigue questionnaires during each shift condition. As a result, the nap taken before a night shift was significantly longer on the half-day shift condition than on the full-day shift condition (p<0 .01). Subjective fatigue from the day shift start to the night shift end was significantly suppressed on the half-day shift condition in comparison with the full-day shift condition (p<0 .001). However, when the effects of the prophylactic nap time of the full-day and the half-day shift conditions were compared between either one nap time or two nap times, subjective fatigue at the night shift did not significantly decrease in the studied shift conditions and nap times. Therefore, it became clear that although subjective fatigue was significantly suppressed on the half-day shift condition in comparison with the full-day shift condition, subjective fatigue of the night shift did not decrease by changing the length of the prophylactic nap time.

Key words: Counterclockwize rotating shift, Hospital nurses, Half-day shift, Quick return, Prophylactic nap, Subjective fatigue

健常者の車いす下り坂走行時の動作と心理に及ぼす身体動作制限の影響
三上ゆみ, 中村孝文, 田内雅規
労働科学,93(5),148~159,(2017)

健常者に身体動作制限を施して下り坂走行をした場合の影響について,生理,心理,行動面から明らかにすることを目的とした。健常成人19名を被験者とし,下り坂の制動を繰り返しながら走行する際のトルク,筋電図,足底圧,制動効果に対する不安感を計測した。脊髄損傷を想定し,体幹の固定と足底を浮かせることによる動作制限を加えた。動作制限がない場合は,フットレストを踏むことで生じる足底への反力を利用して体幹姿勢を固定し制動していた。一方,制限が有る場合は,制動時の肘の屈曲やハンドリム把持力を強めていた。下肢では各筋群の等尺性収縮が観察され,体幹では腹直筋の活動が高まった。これらは制限を代償するための反応と解釈された。心理計測では,制限により,制動中の十分な制動力の発揮及び完全な停止と停止状態の維持への不安が増加した。身体動作制限により代償動作が生じたが,制動効果に対する不安感は有意に増加した。今回の制限方法に関する知見は、技法開発の基礎資料になり得ると考えられた。(図6)

キーワード: 車いす, 脊髄損傷, 障害, 制動, 下り坂, まちづくり

Behavioral and psychological effects of physical movement restriction of able-bodied subjects incurred while descending on ramps of various steepness by a wheelchair
Yumi MIKAMI, Takabun NAKAMURA, Masaki TAUCHI
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR, Vol.93, No.5, 148-159, (2017)

Purpose: To evaluate the effects of the physical movement restriction of able-bodied subjects incurred while descending on ramps by a wheelchair from a physiological, psychological, and behavioral perspective. Methods: The subjects included 19 healthy adults. Measurements of torque, electromyography, plantar pressure, and anxiety about the effectiveness of braking were performed while subjects braked repeatedly on a downhill slope. Their trunks were immobilized and their legs were lifted to restrict their movement. Results: In the absence of restrictions on movement, subjects braked while using the reactive force generated against the soles of the feet, by pressing their feet down on the footrest to maintain their trunk posture. When movement was restricted, subjects displayed increased elbow flexion while braking. Isometric contractions of the leg muscles were observed, as well as increased activity of the rectus abdominis. These were interpreted as compensatory reactions to the restrictions. Psychometric tests showed that anxiety about the effectiveness of braking and the ability to perform and maintain complete stop increased by the restrictions on movement. Conclusion: Although restrictions of physical movement caused compensatory actions, the significant increase in anxieties to braking effect suggests that the restrictions seems effective at simulating partly the experience of a disability to allow healthy subjects to appreciate the perspective of a wheelchair user.

Key words: wheelchair, spinal code injury, impairment, braking downhill slope, accessible design
1,528円
○目次

【学術集会報告】
外食産業における働きやすさ向上シンポジウム
労働科学編集委員会
【資料】
長距離運航乗務員の疲労に関する質問紙による予備調査
佐々木 司,奥平 隆
□学会だより
<産業・組織心理学会第126回部門別研究会>
<第8回Applied Human Factors and Ergonomics>
<Japan IT Week 春2017>
□文献紹介
<職場いじめと病気欠勤:文献に対するシステマティック・レビューとメタ分析>
<夜勤と男性の前立腺がん:スウェーデンの前向きコーホート研究>

○抄録
【学術集会報告】
「外食産業における働きやすさ向上シンポジウム」
「労働科学」編集委員会, 公益財団法人大原記念労働科学研究所
労働科学,93(4),112~115,(2017)

わが国の第12次労働災害防止計画(平成25年度~平成29年度)では、労働災害による死傷者数が増えている飲食業等を含む第三次産業を最重点業種に位置づけて集中的取り組みを実施することとしている。(公財)大原記念労働科学研究所では、国の競争的研究資金を獲得して実施している「飲食業の労働災害防止のための自主対応を促進するサポート技術の開発とその展開方法に関する研究」の成果を社会へ還元する試みとして、「外食産業における働きやすさ向上」と題した公開シンポジウムを開催した。本報告は、実際に飲食業を経営している方々を講演者とした当該シンポジウムの開催要領、企画概要、プログラム、シンポジウム内容を紹介したものである。(写真2)

Report of the Scientific Meetings By The Editorial Board of the Journal of Science of Labour
The Ohara Memorial Institute for Science of Labour
No English abstract

【資料】
長距離運航乗務員の疲労に関する質問紙による予備調査
佐々木 司,奥平 隆
労働科学,93(4),116~133,(2017)

222名の運航乗務員が疲労についての予備調査に回答した。疲労は長距離乗務,シングル編成,深夜乗務,離発着時にWOCLがある乗務,時差乗務,早朝乗務,宿泊を伴う乗務の7項目から分析された。運航乗務員は長距離乗務に強い疲労を感じていた。また中距離のアジア乗務においても疲労が強い場合は,その前後に長距離乗務が配置されていた。シングル編成で強い疲労が生じていた。乗務前中後に十分な仮眠が取れないため夜間乗務に負担と感じていた。時差乗務では,睡眠障害,倦怠感,生体リズム変調を強く感じていた。運航乗務員は乗務前に体調を管理しようと努力するが,必ずしも成功しないと回答した。そのため早朝乗務前は2日以内,深夜乗務後で2日以上,欧州や北米路線乗務後では4日間のインターバルを望んだ。乗務前に眠れた場合は143分,眠れなかった場合は207.4分の仮眠を乗務中に分割で取りたいと回答した。(図3 表6)

A preliminary questionnaire study on fatigue of long-haul commercial flight crew members
Tsukasa SASAKI, Takashi OKUDAIRA
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR, Vol.93, No.4, 116-133, (2017)

A total of 222 flight crew members of a Japanese commercial airline company responded anonymously to a preliminary questionnaire with respect to their fatigue. We analyzed the data of 196 flight crew members of two large airline companies who had experience of long sequences of transmeridian international flights on B767, B777and B787. For analyzing the pilots' fatigue, we used long-haul operations (8 hours or more in length), two-person crews each consisting of a captain and a first officer without relief crews, night time operations between 22:00-05:00 and flights around departure or arrival times during windows of circadian low (WOCL;02:00-06:00), flights of multiple time zones and early morning operations before 7:00. Flight crews of Company A and Company B also felt fatigue strongly on the long-haul operations. These long-haul operations were placed before and after middle range Asian operations. Flight crews of Company A felt more tired than flight crews of Company B because their long-haul operations were performed by only two-person crews. The reason why the flight crews experienced strong fatigue during the night operations were because they could not be taking naps before and after the operations. Also, in transmeridian flights, they felt strong sleep disturbance, dullness and circadian disruptions. Flight crews strive to control their physical conditions before the flight, but they often do not necessarily succeed. Therefore, they claim to have an interval of two days before the early morning flights, two days or more after late night flights, four days after the westward and the eastward flights. They would like to take a nap at the bunk on an airplane several times rather than only once. In addition, they claimed taking a nap of 143.0 min if they could take a nap before flights and 207.4 min. if they could not take it.
1,528円
○目次
【原著】
夜間にとる120 分間仮眠がその後の睡眠と身体活動量に及ぼす影響-夜勤を想定した夜間にとる仮眠の影響-
折山 早苗,宮腰 由紀子
東日本大震災の被災地で災害対応と復興支援にあたる自治体職員の心理的ストレス―震災後1年目に実施したメンタルヘルス調査の結果から―
山田泰行,長須美和子,原知之,川本淳,西田一美,青木真理子,酒井一博
□学会だより
<日本産業衛生学会第35回労働衛生国際協力研究会>
<第56回日本生体医学工学会大会>
<Japan IT Week 春2017>
<第90回日本産業衛生学会>
<第3回過労死防止学会>
<労働時間日本学会第2回研究会>
<ACED2017国際会議>
<日韓ジョイントシンポジウム2017>
<日本人間工学会58回大会>
<第31回米国睡眠学会>
<第52回人類働態学会全国大会>
<第23回交代勤務と労働時間国際シンポジウム>
□文献紹介
<組織戦略に基づいたゼロ事故ビジョン:革新的な展望>
<ノルウェーの航空乗務員の心身愁訴,職業性ストレス,自己効力感>
<交代勤務者のクイック・リターンと睡眠妨害>
<何が連続夜勤の好みを決めるか?デンマーク警察官における介入研究>
< 仕事や家庭の要求がパートナーの疲労に与える影響:日本の共働き夫婦を対象とした研究>
<連続夜勤日数と夜勤時間の長さが看視能力と眠気に及ぼす影響:フィールド調査の結果>

○抄録
【原著】
夜間にとる120 分間仮眠がその後の睡眠と身体活動量に及ぼす影響-夜勤を想定した夜間にとる仮眠の影響-
折山 早苗,宮腰 由紀子
労働科学,93(3),67~79,(2017)

本研究の目的は,看護師の16時間夜勤時間(16:00-09:00)を想定し,120分間の仮眠が,実験後の睡眠と活動量に及ぼす影響を単位時間毎に測定した身体活動量より明らかにすることである。被験者は,成人女性10人(21.5±0.71歳)とした。16時間夜勤時間帯(16:00-09:00)に22:00-00:00(22時仮眠),00:00-02:00(0時仮眠),02:00-04:00(2時仮眠)の3条件の仮眠を設定し,アクティグラフを装着し,実験後の仮眠および主睡眠の質と昼間の平均身体活動量(カウント/min)を測定した。22時仮眠の模擬夜勤後の仮眠時間は,3条件の中で有意に長時間であった。また,2時仮眠は仮眠の睡眠効率が良い方が,主睡眠の睡眠時間が短時間であった。さらに,仮眠により疲労感が低下し,実験後の身体活動量も22時仮眠より有意に増加した。以上より,2時仮眠は,勤務後の生活活動創出に優れていることが示唆された。(図5,表2)

The Influence of a 120-minute Nap on Physical Activity and Subsequent Sleep: Impact of Nighttime Napping during a simulated Night Shift
Sanae ORIYAMA, Yukiko MIYAKOSHI
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR, Vol.93, No.3, 67-79, (2017)

The objective of this study was to analyze the influence of a 120-minute nap on daytime sleep and physical activity in nurses who worked 16-hour night shifts. To accomplish this, we measured the amount of physical activity for different nap groups. The subjects were 10 females (mean age, 21.5 years; standard deviation, 0.71). Three nap groups were established for separate nights during 16-hour night shifts: those taking a nap from 22:00-00:00 (22:00 nap), 00:00-02:00 (00:00 nap) or 02:00-04:00 (02:00 nap). The subjects were fitted with actigraphs, and their average amount of physical activity during the day (steps/min) and the quality of their nap and main sleep were measured. The 22:00 nap group had a longer nap time than 00:00 and 02:00 nap groups. Although the 22:00 nap group had a shorter total main sleep time, sleep efficiency was better. Moreover, fatigue in the 02:00 nap group decreased after the nap, and subjects in the 02:00 nap group had higher average levels of physical activity than the 22:00 nap group. These results suggest that a 120-minute nap starting at 02:00 is the most appropriate for individuals wanting to undertake physical activity after completing a 16-hour shift.

東日本大震災の被災地で災害対応と復興支援にあたる自治体職員の心理的ストレス―震災後1年目に実施したメンタルヘルス調査の結果から―
山田泰行,長須美和子,原知之,川本淳,西田一美,青木真理子,酒井一博
労働科学,93(3),80~94,(2017)

本研究では,東日本大震災に被災した岩手,宮城,福島の自治体職員(被災自治体職員)の震災1年後における災害応急対策業務の状況を把握し,ストレッサーとストレス反応の関連を明らかにするための質問票調査を行った(n=6,073)。本研究の結果,災害応急対策業務は時間の経過とともに軽減する傾向があること,1年が経過しても約2割の被災自治体職員が高ストレス者に該当すること,居住環境,災害応急対策業務,労働安全衛生,惨事ストレス,感情労働のストレッサーはストレス反応と有意な関連を示すことが明らかとなった。これにより,被災自治体職員を対象とする長期的なストレスチェックやメンタルヘルスサポートシステムの必要性が示唆された。(図6,表3)

Psychological Stress Among Local Government Employees Engaged in Disaster Response and Reconstruction Assistance after the Great East Japan Earthquake: Mental Health Research Conducted in One Year after the Disaster
Yamada Y, Nagasu M, Hara T, Kawamoto J, Nishida K, Aoki M, Sakai K
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR, Vol.93, No.3, 80-94, (2017)

This study was conducted to identify the workload of disaster emergency response and the relationship between stress-related factors and mental health conditions among local government employees one year after the 2011 Great East Japan Earthquake. A cross-sectional questionnaire study of 6,073 employees from 34 local government unit associations in Iwate, Miyagi and Fukushima Prefectures was undertaken from April to May 2012. The workload of disaster emergency response decreased gradually during one year after the disaster. About 20 percent of the participants showed a high degree of the psychological distress scale. The stressors, living conditions, disaster emergency response work, occupational she werealth and safety system, critical incidence stress and emotional labour, were significantly associated to the stress response outcome. Assessing mental health conditions regularly and building a mental health support system for a long term after the disaster may be needed for the local government employees in the disaster-stricken area.

労働科学の内容

80年以上の歴史! 安全・環境・健康に関わる労働科学研究のためのわが国唯一の学術専門誌。
安全・安心は、現代社会が求める重要な条件のひとつです。『労働科学』は1924年に創刊。「労働と生活と環境に関する総合的研究」を標榜し、産業安全・産業保健・職場環境をテーマとする労働科学研究によって、働く人=生活者の安全・安心をめざしています。原著・総説・諸外国の文献紹介・学会だより等の内容で、国内外の学者・研究者に活用されています。

労働科学の目次配信サービス

労働科学最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

労働科学の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.