※最新号の表紙とは限りません

化学

化学同人
年間購読なら,最大18%OFF!!デジタル版で登場
最新の情報から話題のトピックスまで,研究者がいちばん知りたい,化学のおもしろい情報を満載した総合誌
ナノテク,バイオ,環境など今話題の研究は,もとをただせば原子と分子の世界,つまり化学です.21世紀の化学はさまざまな周辺領域に広がりながら新しい学問を生みだし続けています.本誌は,第一線で活躍する研究者が解説した「注目の論文」や「最新のトピックス」をはじめ,研究に役立つスキルの向上を目的とした連載講座,研究者自身の人柄や研究姿勢などをテーマに独自の切り口で編集した記事を多数掲載.「内容は高く,表現はやさしく」をモットーに,化学のおもしろい情報と話題を提供します。

化学の
定期購読 雑誌・電子書籍(デジタル版)

おすすめの購読プラン
すべての購読プラン
初めてのご購入で500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、500円割引(5000円以上のご注文にご利用可)となります。 ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に表示されます。
レビュー投稿で500円割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、すぐにメールで500円割引ギフト券(5000円以上のご注文にご利用可)と、10%割引ギフト券(5000円以下の定期購読にご利用可)が届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
化学のレビューを投稿する
  • 紙版
  • 8,700円(税込)
    18%
    OFF
    1冊あたり725円
  • ◆ 送料:
    無料
  • ◆ 注意事項
    • この購読プランは、ご注文完了後の解約は原則受け付けておりません。
  • デジタル版
  • 毎号価格
    最新号は880円(税込)
  • ◆ 月額払いとは?
    • 毎号、停止の依頼があるまでお送りします。
    • お支払いは、毎月自動引き落としとなります。
    • 詳しくはこちら
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android (印刷可)
    • プリント版と発売日が異なる場合がございます。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。
  • デジタル版
  • 8,700円(税込)
    18%
    OFF
    1冊あたり725円
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android (印刷可)
    • 海外にお住まいのお客様は中途解約できません。
    • プリント版と発売日が異なる場合がございます。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。

化学の商品詳細

  • 出版社名:化学同人
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月18日
  • サイズ:A4変
  • 1冊定価:[紙版]880円 [デジタル版]880円
最新の情報から話題のトピックスまで,研究者がいちばん知りたい,化学のおもしろい情報を満載した総合誌
ナノテク,バイオ,環境など今話題の研究は,もとをただせば原子と分子の世界,つまり化学です.21世紀の化学はさまざまな周辺領域に広がりながら新しい学問を生みだし続けています.本誌は,第一線で活躍する研究者が解説した「注目の論文」や「最新のトピックス」をはじめ,研究に役立つスキルの向上を目的とした連載講座,研究者自身の人柄や研究姿勢などをテーマに独自の切り口で編集した記事を多数掲載.「内容は高く,表現はやさしく」をモットーに,化学のおもしろい情報と話題を提供します。

化学 6月号 (2020年05月19日発売) の目次

【研究物語】世界初! グラフェンナノリボンの完全精密合成
──8年間の集大成「リビングAPEX重合」の実現と研究裏話 ●伊藤英人・矢野裕太・伊丹健一郎

【解説】光共振器で化学反応を制御──量子ゆらぎと有機反応の接点 ●平井健二

【解説】局所U-Pb年代分析で拓く太陽系年代学 ●寺田健太郎 

【解説】タンパク質の構造や動きを解析するSiPex法
──情報・数理科学を応用したNMR 信号の分離と情報抽出 ●葛西卓磨・木川隆則

★好評連載★

◆カガクへの視点 広く豊かな世界へ
──エンターテインメントとしての科学コミュニケーション ●西村美里

◆誰も教えてくれない! 物理化学(14)赤外分光って何?──振動のエネルギーは何で決まる?(PART 2) ●宮川雅矢

◆化学つれづれ草 (38)新型コロナウイルス感染症と自触媒反応 ●田中一義

◆化学の特許はおまかせ! 中務先生のやさしいカガク特許講座(17)メディカル関連特許の特殊性 ●中務茂樹

◆分析機器の進化から見た 現代化学史(18)電子分光法の発展──表面科学や触媒科学へ大きな貢献 ●廣田 襄

◆研究会へようこそ!(6)分子アーキテクト二クス研究会
──分野融合で分子エレクトロニクスの第三ステージへ ●松本卓也

◆化学ナンバープレイス

◆化学の本だな 書評・新刊紹介

◆化学掲示板(4月)

◆編集室から

【2020年の化学】

<注目の論文>

リチウムイオンの空間電荷層を観る/夢の糖をつくる/発光波長で光学純度を見る/高温高圧でバラバラに!

<最新のトピックス>

有機溶媒がいらない!?/形状記憶ハイブリッド材料/2種類のモノマー単位が交互につながった高分子/特異な光学特性を示すアズレン誘導体

化学 10月号(2019-09-18発売) の特集を少しご紹介

柔らかい分子で巨大な構造体をつくる!
完全人工タンパク質の創出に向けた基礎技術
P.12~P.16
柔軟な骨格がつくりだす空間は,生体システムに限らず,人工的なシステムにおいても高選択的・高効率な複合機能を創出するうえで重要なモチーフである.しかし,柔軟な骨格による巨大空間を人工的に形成することは,エントロピー的に不利なため非常に難しく,その基礎技術の開発は次世代の機能性物質・材料の創出に向け重要な課題の一つである.今回,柔 軟なペプチド分子を金属配位結合により組み上げることで,タンパク質に匹敵するサイズの空間をもつ巨大環状錯体の合成に成功した. 柔軟な空間がつくりだす高度な複合機能 生体高分子がつくりだす機能の効率性や正確性などには,人工的に合成した分子では実現が難しいものが多い.生体のシステムは,柔軟な骨格の連動した構造変換によって複数の ユニットを協同的に働かせることで,さまざまな高度な機能を実現している.多様な配座をとる柔軟な骨格で,目的に応じて構造間のエネルギー差を絶妙に設計できることが,生体 高分子の高度な機能の肝であろう.
天然ナノチューブ「微小管」内部へ分子を導入
細胞機能制御から分子ロボット開発まで
P.28~P.33
生体内に存在するチューブ状タンパク質集合体「微小管」は,抗がん剤の標的から分子ロボット開発まで,幅広い分野で注目を集めている.これまで着目されてこなかった微小管の「なか」を覗くことで,新たなサイエンスの発展が期待できる.ここでは,微小管 内部に分子を導入するペプチドの開拓と,それを用いた微小管の安定化や細胞内微小管イメージングについて紹介する. 微小管とは? 私たちの細胞内に存在する「微小管」というナノチューブ構造体をご存知だろうか? 生体内ではタンパク質が自己集合してさまざまな超分子構造をつくり,生体活動を維持するた めに必要不可欠な役割を果たしている.とくに「細胞骨格」と呼ばれる繊維状のタンパク質集合体は,その名のとおり細胞の骨格として機能することに加え,細胞内における分子輸送 や細胞分裂,筋肉の収縮など,幅広い機能に関与している.微小管は細胞骨格の一つであり,非常にユニークな構造や機能をもつことが知られている
光スイッチをもつ分子カプセル
分子の内包と放出ができる“賢いナノ道具
P.48~P.52
光を外部刺激として,変色する分子や変形する材料がさかんに開発されている.今回,π-スタッキングを利用した分子カプセルに光スイッチを組み込むことで,さまざまな大きさや形の化合物の内包と光刺激に応答した内包物の放出に成功した. これまでの分子カプセル ウイルスのキャプシドやフェリチンのように,生物は周囲から隔離された数十ナノメートルの空間をもつカプセル構造をタンパク質の自己組織化で精密に作製している1).一方, 合成化学的には,二つのボウル型分子を共有結合で連結したCram らの牢屋型の分子カプセル(図1 a) 2)や,同じく二つのC 型分子を多点の水素結合でつなぎ合わせたRebek らの分子ソフトボール(図1 b) 3),さらには複数の三角パネル分子を金属イオンで架橋した藤田らの多面体カプセルなどが報告されている.

化学 9月号(2019-08-17発売) の特集を少しご紹介

放射線によるDNA 切断反応の瞬間
飛びだした電子が分子の結合を切る!
P.12~P.17
放射線を用いたがん治療は,身体への負担が小さい治療法としてすでに世界各国で広く行われ,外科的治療や化学療法と並んでがん治療における有力な選択肢となっている. 人体に放射線が照射された際,最初に起こる過程として,放射線が人体を構成する最も大きな成分である水分子から電子を弾き飛ばす「イオン化」を考えてみる.孤立した水分子の第一イオン化エネルギーはおよそ12.6 eV なので,一般にこれより大きいエネルギーが放射線によって電子へ与えられてイオン化が引き起こされる.イオン化の収量について,「G値」あるいは「W 値」という指標が放射線化学分野においてよく用いられており1),G 値は放射線によって与えられたエネルギー100 eV あたりの反応数,逆にW 値は一つのイオン化を引き起こすために平均的に必要なエネルギーとして定義されている.
結晶? 液晶? 液体?どれにも分類されない新物質を発見
分子自己集合体の科学における新しい知見
P.35~P.40
通常,私たちの身のまわりの物質は,固体,液体,気体のいずれかの状態で存在している.加えて,固体(結晶)と液体の性質を併せもつ液晶や,柔粘性結晶と呼ばれる状態を示す物質がある1). 液晶2)は一般に棒状や円盤状といった異方的な構造をもつ分子が発現する中間相であり,液体のような流動性と結晶に見られる分子の相対的な向き(「配向」と呼ぶ)の秩序をもつことから,液体(liquid)の「液」と結晶(crystal)の「晶」の字を取って名づけられた.すなわち,結晶状態において,構成要素である分子は三次元的な位置の秩序をもって集まっているのに対して,液晶状態にある分子は三次元的な位置の秩序をもたず,その配向だけを一次元または二次元の規則性を生じるように揃えてゆるく集まっている.それゆえ,液晶状態では異方的*1 な分子の回転運動や並進運動が可能である.液晶状態にある物質を加熱すると配向秩序もなくなり,分子が制限を受けず自由に運動できる液体状態へと変化する.
ケミストが語る形成・美容外科学 よもやま話
?発毛のカガク(前編) ─発毛剤ミノキシジルの歴史とGuinter Kahn 博士
P.20~P.24
2014 年9 月17 日の朝, アメリカのフロリダ州マイアミ市内にあるホスピスでGuinterKahn 博士が永眠した(享年81歳).これからお話しする発毛剤ミノキシジルの歴史は,大胆不敵に研究開発を進めたKahn博士抜きではけっして語ることはできない. 今から133 年前の1886 年,アメリカ中西部のミシガン州カラマズー市にUpjohn Pill & Granule 社(以下Upjohn社)という製薬会社が設立された.創業者は地元・ミシガン大学医学部を卒業した,当時弱冠33 歳のWilliam ErastusUpjohn 氏である.飲み薬の形態がそれまで主流だった粉薬から錠剤へ移行しつつある時期に,消化・吸収されやすい「もろい錠剤(friable pills)」を開発し,その製造販売をはじめたUpjohn 社は,「親指で粉になるのはUpjohn 製」というロゴ(図1)で実にキャッチーなプロモーションを仕掛けて事業を拡大した.

化学 8月号(2019-07-18発売) の特集を少しご紹介

オリゴ核酸を10 分で細胞質内へ送達!
核酸医薬実用化への新たな一歩
P.34~P.37
近年期待を集めている核酸医薬では,薬効分子であるオリゴ核酸を効率的に細胞内へ導入する技術が重要である.従来のデリバリー手法は,送達効率・時間や分子の均一性などの観点から必ずしも医薬応用には適しておらず,いずれの方法でもオリゴ核酸はエンドソームに移行し,細胞質へ放出される効率が悪い.オリゴ核酸の末端にジスルフィドユニットを5 個導入するという非常にシンプルな分子設計を基盤として,従来法では不可能だった薬理活性オリゴ核酸の細胞質内への直接導入に成功した.核酸医薬に適したオリゴ核酸の細胞質内デリバリー法として非常に有望である. 近年,アンチセンス核酸やRNA 干渉を利用した核酸医薬に注目が集まっている.これらの方法では,配列を設計したオリゴ核酸を生体に導入するだけで,標的とするメッセンジャーRNA (mRNA)からのタンパク質合成を特異的に止めることができる(図1).この原理を利用すれば,病気の原因となるmRNA のタンパク質発現を止めることで病気の治療が可能となる.
高性能な“低毒性” 量子ドットを開発!
イメージングとディスプレイへの応用が期待できる新素材
P.44~P.48
近年,毒性の高いCd を含まない量子ドットの一つであるI-III-VI 族半導体量子ドットの液相合成法の開発と,その高性能化を目指す研究が世界的にさかんである.ごく最近,筆者らは鋭いバンド端発光ピークを示すAg-III-VI 族量子ドットを液相合成し,粒子組成による発光波長の制御を報告した. “量子ドット”  漢字カタカナ交じりの風変わりな単語であるが,次世代のさまざまなデバイスに応用が期待されるナノ材料を表す技術用語として,最近よく目にするようになった.この用語が表すものは,単結晶などの大きな固体と分子とのあいだの中間的なサイズ領域に位置する材料である. 量子ドット(quantum dot)は,半導体ナノ粒子,半導体ナノ結晶,QD とも呼ばれ,粒径が2 ~ 10 nm 程度の(原子数では102 ~ 104 個程度から構成される)半導体からなる非常に小さな粒子である.
あ と一歩まで近づいていた日本人による核分裂の発見
悔恨の思いの仁科芳雄と木村健二郎
P.12~P.18
原子核が分裂する現象の発見は,20 世紀最大の科学的発見といえる.しかし,この発見からわずか数年で原子爆弾の製造へとつながり,広島・長崎の悲劇を生んだ.さらに原子炉でもチェルノブイリや福島第一原子力発電所の事故により負の側面を晒しだした.このように人類社会にきわめて大きな影響を与えた核分裂は,O. Hahn が1938 年に発見したが,同じころ日本においても,仁科芳雄と木村健二郎が核分裂の発見に迫っていたことを忘れてはならない. 核分裂の発見は,E. Fermi による人工放射性核種の生成実験にまで遡る.1934 年初頭にJoliot-Curie 夫妻はAl (アルミニウム), B( ホウ素), Mg( マグネシウム)にα粒子を照射し,人工放射性核種 30P( リン), 13N( 窒素), 28Al の生成にはじめて成功したが1),原子番号が大きい原子にα 粒子を当てても,同様の核反応は起きなかった.Fermi は電荷をもたない中性子を照射すれば多くの元素で人工放射性核種ができると考え,226Ra (ラジウム)のα 線をBe (ベリリウム)粉末に当ててできる中性子線を63 種の元素に照射し,約40 種の元素で放射性核種を発見した2).

+   化学の目次配信サービス

化学のレビュー
総合評価: ★★★★☆ 4.27
全てのレビュー:22件

レビュー投稿で500円割引!
最新化学を楽しく、わかりやすくよめる
★★★★★2020年05月31日 YS 会社員
本雑誌は、最新化学を楽しくわかりやすく読め、一旦この分野を離れたとしても、最新情報を得る際、最初に手にするにはベター。 いつの時代になっても、その時々のトレンドが記載されており、今後も長く続いてほしい化学雑誌の1つ。
雑誌 化学 を船便からreal-timeで読むことに
★★★★★2017年04月18日 Berliner2016 課長
雑誌化学を冊子体で購入して20年になりますが,これまでは冊子体で読んで来ました.雑誌そのものは期待通り最新の化学/科学を分かりやすく解説したり,難しい内容をシリーズで丁寧に解読してくれます.
便利です
★★★☆☆2017年02月06日 まさ 会社員
定期購読で安くなり、確実に配送されるので助かっています。
それなりに敷居は高い
★★★★☆2016年08月20日 kyte 医者
ポピュラーサイエンスと言うには少し難し目ですが、じっくり読めば分かる内容。化学に興味があって、ちょっと骨太な記事を読みたい人は是非。
おもしろい!
★★★★★2014年04月17日 ばっさー 学生
最先端の化学の話題が豊富でとても面白いです。最近では2014 4月号から連載が始まった有機軌道論に関する記事がとても興味深いです。
他分野の勉強のため
★★★★☆2014年01月08日 みほりん 専門職
生物系の研究者ですが、化学的な知識も必要なことが多いので勉強のため購入しました。基礎学力がそれほどないので専門用語はあまりわかりませんが、興味深く読んでいます。有名な化学者の生き方や考え方は自分も考えさせられる内容です。生物と関わる内容の記事もあり、引き出しは多い方がいいので、自分の研究の参考に出来たらいいなと思っています。
高校教員にもオススメ
★★★★★2010年10月04日 ねこ 教職員
公立高校の化学教員です。Ph.D.を持っているのですが、最近はジャーナルも電子化され、研究機関に属していないと読めません。一般向けの科学雑誌では物足りなく、かといって学術誌は読めない状況で、本誌は適度な専門性もあり、情報収集に役立っています。
最新の化学情報を満遍なく得られる!
★★★★★2010年01月10日 pako 会社員
大学では化学を専攻しており、その後翻訳会社に就職しました。どんどん最先端の化学情報が分からなくなっていく中、何かよい情報源はないかと考えあぐねていました。その時、大学時代に購読していた「化学」のことを思い出し、再購読することにしました。翻訳の需要も増えてきている生化学の分野に関する記載があるなど、大変役に立ちます。分量も多すぎず、毎月全てに目を通すことが出来ることも魅力です。
幅広い化学知識及び動向を把握したい方、必見!
★★★★★2009年10月19日 サッシ 大学院生
化学系研究室所属の方、企業に勤務なさっている方で大学等での基礎研究や世界の動向を知りたい方にはもってこいです。最新の論文をその分野のエキスパートが解説しくれているところも分り易くためになってます。また各分野を牽引してきた研究者のインタビューはその方の研究姿勢や哲学が学べるので日々の研究で行き詰ったときに参考になります。
最先端の研究動向がわかる!
★★★★☆2009年01月16日 vomisa caasi 無職
昨年秋から購読をはじめました。現在の化学研究の状況がよくわかり、とても面白い。なかには専門的すぎて理解できない記事もありますが、概ね満足しています。私のおすすめは、「ヒットの秘訣」という連載です。毎回、最先端化学を応用したヒット商品の開発について、企業の担当者さんの話が聞けるのが、とてもいい。
レビューをさらに表示

化学を買った人はこんな雑誌も買っています!

テクノロジー・科学 雑誌の売上ランキング

1 Newton(ニュートン)

ニュートンプレス.

Newton(ニュートン)

2020年05月26日発売

目次: Newton Special

だれもがむかえる「終わり」を考える
死を科学する
監修 岩瀬博太郎/川上嘉明/小林武彦
執筆 小松研吾(編集部)・板倉 龍(編集部)
だれにとっても,いずれは必ず訪れる「死」。死とは,いったい何なのだろうか。死にゆく体では何がおきるのか。死を克服するすべはあるのか。死の科学について多角的に考えていく。

PART1 「死ぬ」とはどういうことか

PART2 死にゆく体では何がおきるのか

PART3 死と向かい合う心理

PART4 死は克服できるか

FOCUS Plus
医学
既存の薬を転用して 「新型コロナ」の治療をめざす
監修 馬場昌範
執筆 西村尚子
物理学
「反粒子消滅」の謎の解明に
つながる実験が大きく前進
協力 市川温子
執筆 鈴木彰容(編集部)
物理学
東京スカイツリーで相対性理論を検証
協力 香取秀俊
執筆 財部薫乃子(編集部)

Cosmic Wonder
キュリオシティがとらえた雄大な火星
【試し読み】
クレーター中心にそびえ立つ「シャープ山」への旅路を進む
監修 臼井寛裕
執筆 川村 晶

Topic
食のリスクと「基準値」の正体
【試し読み】
食品に関する安全・安心の「線引き問題」を考える
監修 永井孝志
執筆 北原逸美

Topic
実は身近な「不安障害」
【試し読み】
全国1000万人以上が一度は経験する
「不安の病」を正しく知ろう
監修 松永寿人
執筆 前田 武

Topic
進化しつづける最新ガラスの科学
【試し読み】
人類の発展を支えつづけてきた
“古くて新しい物質”ガラスの秘密にせまる
監修 田中 肇/前田 敬
執筆 山田久美

教えて!「○○科」のお医者さん!
脳神経外科
監修 山田茂樹
執筆 小野寺佑紀

あっとおどろく数学の定理
ゲーデルの不完全性定理
監修 林 晋
執筆 山田久美

参考価格: 1,089円

驚きと興奮のサイエンスマガジン 『ニュートン』

  • 2020/04/25
    発売号

  • 2020/03/26
    発売号

  • 2020/02/26
    発売号

  • 2020/01/24
    発売号

  • 2019/12/26
    発売号

  • 2019/11/26
    発売号

2 ナショナル ジオグラフィック日本版

日経ナショナル ジオグラフィック社

最大
34%
OFF
送料
無料

ナショナル ジオグラフィック日本版

2020年05月29日発売

目次: 【特集】
●終結から75年 大戦の記憶をつなぐ
推定6600万人もの死者を出した第2次世界大戦。その終結からまもなく75年が経過しようとしていて、戦争の記憶は風化する一方だ。当時を知る人々が少なくなるなか、米国、ヨーロッパ、ロシア、そして日本で、存命の数少ない戦争体験者から貴重な証言を聞いた。
●氷とコウテイペンギン
温暖化が止まらず、生存に必要な氷が解け続ければ、コウテイペンギンたちは消えてしまうかもしれない。
●動き回る動物たち
陸上の動物は移動するために、さまざまな方法を進化させてきた。いくつかを、グラフィックで見てみよう。
●女性政治家たちの苦闘
政治の世界での女性の影響力は強まりつつあるが、文化に根差した反発は依然強く、時に暴力へと発展する。
●米西海岸 スケボー天国
南カリフォルニアで誕生したスケートボード。オリンピック競技に仲間入りし、世界的なスポーツとなった。


【コラム】
●PROOF 世界を見る「都市封鎖で家から出られない人々」
新型コロナウイルスが猛威を振るい、外出が厳しく禁止されたイタリアのミラノで、写真家のガブリエレ・ガリンベルティは外出できなくなった住民たちを、家の外から撮影した。
●EXPLORE 探求するココロ
「壮大な歴史を歩く」「シカの角とがん遺伝子」「アンデスの食材を守る」
●THROUGH THE LENS レンズの先に「迷子のベルーガの物語」
ノルウェー北部の海で、漁師が不思議なベルーガ(シロイルカ)を発見した。体にハーネスを着けているうえに、妙に人なつっこい。どこから来たのだろうか?

●写真家の撮っておき
●読者の声
●テレビでナショジオ
●次号予告
●日本の百年「沖縄の闘牛」
●今月の表紙
南極の氷の上で、身を寄せ合うコウテイペンギンのひなたち。親鳥は海へ餌を捕りに行っているのだろう。温暖化が進むなか、繁殖に必要な海上の氷が減っている。

参考価格: 1,210円 定期購読(3年プラン)なら1冊:794円

テレビや新聞では報道されない、世界の“いま”を知ることができます。

  • 2020/04/30
    発売号

  • 2020/03/30
    発売号

  • 2020/02/29
    発売号

  • 2020/01/30
    発売号

  • 2019/12/28
    発売号

  • 2019/11/30
    発売号

3 日経サイエンス

日経サイエンス

最大
21%
OFF
送料
無料

日経サイエンス

2020年05月25日発売

目次: 特集:COVID-19パンデミック
世界中に広がった新型コロナウイルスは,今後数年にわたって人間社会から消えることはないだろう。感染症との闘いは長期化しそうだ。

追跡 新型ウイルスの起源  中国のコウモリ洞窟を探る
治療薬開発 3つの戦略 細胞への侵入阻止,ウイルス増殖を抑制…
医療現場を蝕む心の危機
医療従事者が語る パンデミックの最前線
ワクチン迅速開発へ新手法 ウイルスの核酸を合成
パンデミック終息へのシナリオ
長期戦略の模索 第2波に備える
---------------------------------------

特集:核酸医薬
人工のDNAやRNAによって遺伝子発現の異常を正す核酸医薬が,長年の研究開発の末についに有効な治療法となってきた。

希少疾患に光明 アンチセンス核酸医薬
遺伝性プリオン病 発症前治療への挑戦
---------------------------------------
中生代の空の怪物 翼竜
翼竜がどうやって飛び立っていたのか,長年の疑問がついに解けた。
---------------------------------------
進化で読み解く歯の健康学 
虫歯や不正咬合などのトラブルを生んだ根本的な原因は……。
---------------------------------------
水素エネルギー再評価
電力網と工業を脱炭素化するための手段として注目されている。
---------------------------------------



ダイジェスト


◇サイエンス考古学
神経と行動について/アスベストの価値/ダーウィンに関する議論/記念碑的な建物

◇フロントランナー挑む
重力レンズ天文学誕生に貢献 謎の天体ダークマターに迫る:大栗真宗

◇NEWS SCAN
●国内ウォッチ
プラ製品や塗料に抗ウイルス機能/推進力はマイクロ波/情報科学との連携活発に/TOPICS 6G,テラヘルツ波で巻き返し/航空エンジン,高温でも傷点検/CPU 無しで微小ロボ動作/iPS 研究,日本の強弱/脳神経の働き観察し薬処方//血糖測定,長く安定して/軟骨培養の足場,簡単に合成/免疫力で感染防ぐ/一般相対性理論,屋内で実証
●海外ウォッチ
移植用肝臓を生かし続ける/巨大波の発生/秒読みに入った商業クルー打ち上げ/DIYで細胞に穴開け/雷には電気で反撃/渡りの学習/脳内の寄生虫/アリの攻撃性/ニュース・クリップ/デルタ地帯の行方

◇From nature ダイジェスト:人工知能でマウスの表情を解読
◇ANTI GRAVITY:憎まれコロナ世にはばかる S. マースキー
◇パズルの国のアリス:外れるとヒントがもらえる賭け
◇グラフィック・サイエンス:COVID-19拡大の様子
◇ヘルス・トピックス:肥満がはらむがんリスク
◇ブックレビュー
『新型インフルエンザパンデミックに日本はいかに立ち向かってきたか』丸山 敬
『銀河の片隅で科学夜話』関場大一郎
<連載>森山和道の読書日記 ほか
中高生が学ぶサイエンス講義
Information
次号予告
SEMICOLON
今月の科学英語

科学の「先端」「発見の快感」を伝える一般向けの総合科学誌

  • 2020/04/25
    発売号

  • 2020/03/25
    発売号

  • 2020/02/25
    発売号

  • 2020/01/24
    発売号

  • 2019/12/25
    発売号

  • 2019/11/25
    発売号

4 天文ガイド

誠文堂新光社

天文ガイド

2020年06月05日発売

目次: 特集は期待の新彗星NEOWISE彗星C/2020 F3。
崩壊したアトラス彗星、南半球でみごとな姿を見せたスワン彗星に次いで、日本国内で見られる肉眼彗星となるか?
最新予報を紹介します。
ATLAS彗星、SWAN彗星をとらえた画像もギャラリーページで紹介。
ほか、絶対見たい6月21日の部分日食の観測ガイド、自粛期間中に広がった、オンラインで星を楽しむさまざまな活動を紹介。
天文ファンが自分で星空を配信する方法、ポータブル赤道儀SWAT-350V-specの詳細レビュー、はやぶさ2が採取したサンプルからわかってきた小惑星リュウグウ表面の様子など、盛りだくさんの内容でお届けします。

毎月の天文現象と、新製品のニュースをお伝えします。

  • 2020/05/02
    発売号

  • 2020/04/05
    発売号

  • 2020/03/05
    発売号

  • 2020/02/05
    発売号

  • 2020/01/04
    発売号

  • 2019/12/05
    発売号

5 月刊星ナビ

アストロアーツ

送料
無料

月刊星ナビ

2020年06月05日発売

目次: ★表紙画像
三本松尚雄さんが撮影した、南十字とコールサックです。本誌では、表紙写真を撮影した三本松さん自身によるオーストラリア遠征のレポートを掲載しています。

★今、頭上に輝く星空を見上げる おうちで天文(解説・作例・レポート/藤井龍二・山口千宗・川村 晶・宮川治・畑中駿平)
外出自粛が推奨されている今、天文ファンの皆さんはどう過ごしていますか? 予定していた遠征や天文イベントがなくなり気落ちしている人もいると思いますが、家からでも楽しめるのが天文趣味のいいところ。自宅の窓やベランダ、散歩をしながらの星見や、YouTubeやZoomでの星見会といった新しい楽しみ方までまとめて紹介します。

★Deepな天体写真 豪州遠征記1 星嵐のオーストラリア(報告・撮影/三本松尚雄・崎山義夫・荒井俊也)
「星ナビギャラリー」でお馴染みの3人が2月、オーストラリアに14日間の撮影遠征に出かけました。2月の南半球といえば星空を見る最適期。大マゼラン雲、ηカリーナ、南十字など一度は撮影したい天体が目白押しです。第1回の今回は、遠征で撮った美しい天体写真とともに、渡航前の撮影戦略を中心に報告します。

★6月21日 全国で部分日食(解説/浅田英夫・谷川正夫)
このごろ日本では、昨年1月、12月、今回と立て続けに3回日食が起こり、珍しい現象という印象が薄らいでいますが、これは本当に稀なこと。実は今回を逃すと、日本で観測できる見ごたえのある日食は10年後の2030年6月! 絶対見ておきたい今回の日食の観測概要、安全に観測・撮影するためのノウハウを解説します。

★天文外史 刻々の100年<後編> ”秒”の意識と天文学(解説/井上 毅)
「時の記念日」の誕生から100年を迎える今年6月。後編では「1秒」の定義の変化、マルチメッセンジャー天文学、GPSなど、人々の生活や現在の科学とも深く関係する「時」を「1秒」に注目して紹介していきます。

★愛され続けるアマチュア天文の聖地 復活の花山天文台(紹介/柴田一成)
京都大学花山天文台は大学天文台としては2番目に古い歴史的な天文台です。アマチュア天文学にも大きく貢献してきた天文台ですが、運営費の削減により存続の危機に陥っていました。支援の輪によって閉鎖の危機を乗り越えたアマチュア天文台の聖地が目指す夢とは何でしょうか。

参考価格: 960円

星空の楽しみ方を提案する新しいスタイルの情報誌

  • 2020/05/02
    発売号

  • 2020/04/03
    発売号

  • 2020/03/05
    発売号

  • 2020/02/05
    発売号

  • 2020/01/04
    発売号

  • 2019/12/05
    発売号

6 Nature(個人購読専用)

ネイチャー・ジャパン株式会社

最大
93%
OFF
送料
無料

世界No.1総合科学ジャーナル 『Natureで、最先端の科学に出会う!』

  • 2018/04/05
    発売号

  • 2018/03/01
    発売号

  • 2018/02/01
    発売号

  • 2018/01/04
    発売号

  • 2017/12/07
    発売号

  • 2017/11/02
    発売号

送料
無料

月刊マテリアルフロー

2020年06月01日発売

目次: 創刊60周年記念特集//サプライチェーン・ロジスティクスが国を支える
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
お陰様で,本誌は創刊60周年を迎えることができた。少々手前みそだとは自覚しながら,この機会に,読者の皆様に支持していただいてきた極めて長い期間を一望する意味で,本誌編集長による謝辞に続き,当社創業者である現会長とJMFI会長との60年史対談,そして,メーカー物流と小売物流を熟知する2人のエキスパートによるサプライチェーン最適化対談をお届けする。奇しくも,構造的な労働力不足を背景に恒常的な物流危機下にある我が国を,コロナ禍が席巻するという緊迫した状況の中,「サプライチェーン・ロジスティクスが国を支える」という広範な意味合いの特集テーマが,にわかに,より具体的かつシンボリックなメッセージを伴って浮かび上がってくることとなった。さらに共同輸送スキームに関する対談およびデジタルロジスティクス推進協議会キーマンインタビューを通じて,サプライチェーンの未来へ向けての取り組みの一端をお届けする。そして特集の総まとめとして各界から頂戴したお祝いメッセージでメモリアルな特集を華やかに彩らせていただく。(編集部)
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

■特集
[編集長謝辞]
月刊「マテリアルフロー」はサプライチェーン全体最適に向けて情報プラットフォームを目指します
◎流通研究社・菊田一郎 社長

[記念対談]
本誌から見た我が国の物流60年史
◎JMFI・大庭靖雄 会長×流通研究社・間野勉 会長

[記念対談]
“ポスト新型コロナ”で問われるサステナブルな物流への意識改革
◎JMFI・飯原正浩 調査・企画委員長×流通研究社・中原安篤 編集企画アドバイザー

[対談/共同輸送スキーム]
荷主・物流の連携・協働で新たな幹線共同輸送スキームが始動
◎NEXT Logistics Japan・梅村幸生 社長×トランコム・上林亮 取締役

[インタビュー/デジタルロジスティクス推進協議会]
物流情報のデジタル化と標準化で企業間ロジスティクスの連携推進
◎JPR・野町雅俊 執行役員/検崎朴郎 グループ長

[各界からの祝辞]
創刊60周年記念号を祝して日本の物流と共に歩んできた本誌へのエールと今後の期待

■企画
[旬のマテリアルフロー 184]
コロナ危機に対峙するEC物流現場,WEB会議で連携を維持
◎エスプールロジスティクス/COMP/KURANDO

[クローズアップ]鴻池運輸
<第1部/戦略,運営管理>
オフィス用品の通販物流集約拠点,徹底改善で機械と人の能力をフルに発揮
◎自動化第2ステップで自律搬送ロボットが活躍開始

<第2部/現場スペシャルレポート>
優しき“物流改善の鬼”たちが実現,人と機械で生み出す最高効率
◎関西中央支店・西大阪流通センター

[Interview ACADEMIA 18]
アジアの経済発展背景に 日本の航空産業の国際地位低下の危機
◎獨協大学・井上泰日子特任教授×日本マテリアルフロー研究センター(JMFI)・眞島良雄名誉所長

[統計調査REPORT 1]
COVID-19感染の現況と世界経済への影響を定点調査(4/23時点)
◎ローランドベルガー

[統計調査REPORT 2]
業務用サービスロボット市場に関する調査
◎矢野経済研究所

■連載
[ロジスティクスセンター“きほんのき”]24
6.ロジスティクスセンターのシステムレイアウトデザイン(4)
◎ロジスティクスシステムコンサルタント/小柳浩二

[システムの眼Ⅱ]47
ハクビシンよ、君は何のために生きるのか?
◎早稲田大学 名誉教授/高橋輝男

[5分で読める教養講座 69 《おススメ書籍》ひとくちガイド]
チャイナスタンダード~世界を席巻する中国式(朝日新聞出版)/東大法学部という洗脳~日本国憲法最大の呪いを解く!(ビジネス社)/日本縦断! 地下鉄の謎~「地下鉄」の定義ってなんだろう!?(実業之日本社)
◎小泉事務所 代表/小泉 豊

参考価格: 1,980円

物流現場・人とITを結び付け、ロジスティクスを具現化する

  • 2020/05/01
    発売号

  • 2020/04/01
    発売号

  • 2020/03/01
    発売号

  • 2020/02/01
    発売号

  • 2020/01/01
    発売号

  • 2019/12/01
    発売号

8 環境ビジネス

日本ビジネス出版

送料
無料

環境ビジネス

2020年03月16日発売

目次: ◆特集
環境経営のためのビル・オフィス脱炭素化ソリューション

総論
ビル・オフィスから攻める環境経営 「低炭素」と「働き方」は両輪

先進事例
環境負荷ゼロを目指すソニー Road to Zeroへの挑戦

解説
ZEBはESG投資促進に貢献/田辺新一教授(工学博士 早稲田大学理工学術院)

潮流
企業や地域の価値を高めるグリーンビルディングの重要性 世界の共通言語「グリーンビル認証」/平松宏城氏(グリーンビルディング・ジャパン(GBI)共同代表理事)

産業最前線
中長期改革プランで掲げる"請負と脱請負の融合" 総合インフラサービス企業を目指す/前田建設工業

新技術
窓の回収でZEB化に貢献 簡単施工で省エネ&快適空間を実現/AGC ビルディング・産業ガラスカンパニー

運用
〈快適性〉と〈経済性〉を両立 我慢しないZEBを実現 運用段階でのさらなる低炭素改善に自信/ダイダン

付加価値
ZEBは環境性能にプラスして働き方、BCPなどの観点を考慮することも必要 フロー社会からストック社会へ/NTTファシリティーズ

最先端物流
配送から物流へ テナント、ビルオーナー、地域に喜ばれる〈館内物流〉 SDGs時代の最先端物流/佐川急便

ソリューション
これからは環境配慮だけではなく、健康・快適性など従業員の働き方も意識 未来のオフィス空間を体現/イトーキ

政策
一歩一歩確実に低炭素化へ近づく取り組み グリーン購入の意義と効果


◆LED照明ガイド2020
省エネ照明

2021年以降、一般照明用の高圧水銀ランプの製造・輸出・輸入が禁止に 水銀灯の廃棄には注意が必要

あかりの質向上と環境への貢献目指す 高圧水銀ランプからLEDへ/日本照明工業会

省エネに取り組む原動機メーカーの工場で進むLED化/IHI原動機

高天井LEDメーカー/主要企業一覧(岩崎電気・カメイ・ティーネットジャパン・東芝ライテック・パナソニック・三菱電機)


◆TOPICS
丸井
ステークホルダーは「将来世代」
丸井の共創サステナビリティ経営

藤田産業
"脱塩ビ"環境配慮型次世代サインアイテム
店舗・イベント等で採用が加速

ファーウェイ・ジャパン
低圧パワコンを投入
300%過積載を実現可能に!
太陽光発電のトータルコスト低減

丸紅
地産地消型太陽光発電の普及、日系企業の海外進出を促進
三方良しの総合力

HTソーラー
独自技術により最高クラス出力モジュールの量産化に成功
ハイコストパフォーマンスを実現

第一法規
環境マネジメント担当者のための環境条例総合データベース
環境条例管理を万全にサポート

オムロン
太陽光+蓄電池活用で賃貸経営をサポートする
オムロンの「エネサプリ」

トヨタ
自動運転、スマートホーム、2,000人が住む“未来都市”
静岡にAI都市建設

カネカ
新国立競技場にカネカの太陽電池採用
シースルー仕様で採光性向上

栃木銀行
「地域ESG融資促進利子補給事業」初活用
道路灯LED化事業に融資


◆電力完全自由化で新たに活性化する再エネ電力市場
再エネ100%電力の選択肢
SBT・RE100・ESG・SDGs目標達成に向けて 多様な需要家(大口需要家・地域)の再エネ活用モデル

国内の主要産業、事業における
CO2排出量の削減対策が動き出している

需要化の動向
再エネ活用の気運の高まり

国も積極的にSBT認定を推奨している

電力強靭化(レジリエンス・BCP)
広域自然災害の停電時に住宅太陽光発電の自立運転が活躍

脱炭素経営を推進させる多様なリソース・技術からいかに最適な対策を選ぶのか

再エネ導入の現状
再生可能エネルギー導入拡大に向けた取り組み

自家消費型太陽光発電
更なる再エネ拡大を実現するためのエネルギー需給革新が進んでいる

特定の再エネ電力を利活用
地域の資源である再エネを最大限利活用 その効果を加速化・最大化させる

COLUMN
大手企業を中心にSDGsが急速に浸透
生田孝史氏 富士通総研経済研究所 主席研究員

太陽光発電は日本でも最安電源へ
木村啓二氏 自然エネルギー財団 上級研究員

最適なPPAモデルやクリーン電力など
各サイトに適合した脱炭素ソリューション
錦 達哉氏 SMFLみらいパートナーズ エネルギーサービス部長

企業の再エネ電力供給を担うカギは
豊富なFIT再エネ電源の利用にある
三宅成也氏 みんな電力 専務取締役事業本部長


日本文明誕生の地 奈良盆地/竹村 公太郎氏

持続可能なファッションとして国連が評価/デハーン英利子氏

「気候資金」を巡る最近の動き/佐野 勉氏

買い物でプラスチックを使わない方法/田口理穂氏

桓武天皇の京都への脱出/竹村 公太郎氏

AIで建物の被災リスクを予測/デハーン英利子氏

寄稿:コミュニケーションの受け手から考える
SDGs経営のアピール施策/橋本純次氏

世界の脱プラ事情/佐々木田 鶴氏

2019年度 省エネ大賞 表彰式レポート

グラビア 映画「Fukushima50」他

参考価格: 1,324円 定期購読(月額払いプラン)なら1冊:1,300円

環境推進のための実務誌

  • 2019/12/15
    発売号

  • 2019/09/17
    発売号

  • 2019/06/17
    発売号

  • 2019/03/15
    発売号

  • 2018/12/15
    発売号

  • 2018/09/15
    発売号

9 設備と管理

オーム社

送料
無料

設備と管理

2020年05月11日発売

目次: ■付録

完全図解 ビル管理技術者のための電気設備の基礎知識<構内電気設備編>
大浜 庄司

わたしたちが日常ビル内で使用している電気設備について,その基礎知識を容易に理解するために完全図解により解説.「電動機設備」,「電動機設備の制御」,「照明設備」,「スイット・コンセント設備」など各機器について解説する.

■特設

・熟練技術者が現場で見つけた是正事項 Part5~探る力を身に付けよう~
高﨑 壽

2017年3月号「Part1 空調・給排水設備編」,5月号「Part2 建築と設備の融合編」,9月号「Part3 電気設備その他編」をまとめて2018年10月号で付録化し,2019年12月号特設で「Part4」を掲載した人気シリーズの第5弾.

・省エネ対策とリスクマネジメント
石川 敏行

省エネを推進することによってエネルギー消費量が減り,ランニングコストも減少するなど,多くの場合,さまざまなメリットを享受できることが期待される.しかし以前と異なる機器の導入や運用方法の変更によって思わぬ不具合・トラブル・クレームが発生してしまう可能性もある.

■ライセンス

2020年度建築物環境衛生管理技術者試験受験案内

2020年度の建築物環境衛生管理技術者試験は10月4日(日)に実施される予定だ.試験申込の手続きを行うにあたって,注意が必要な点を紹介する.

■ニュースラインナップ

・新型コロナウイルス感染症制御における「換気」に関して
・「換気」に関するQ&A
・感染症等流行時におけるマンション管理業務におけるガイドラインを発表
・「建築分野におけるBIMの標準ワークフローとその活用方策に関するガイドライン(第1版)」を策定

■フォトギャラリー

竹中技術研究所

■道草の拾い読み

東京 中央区 コレド室町テラス

■連載

・事例に学ぶ設備お悩み相談室/68 動画マニュアル活用による働き方改革
・設備英語の英絵おもしろ百科/マンションの所有形態による分類とその特徴
・のぞき窓を閉めないで/猫と同じで,出不精でして…!
・ビル設備メンテナンス早わかり/第3章 電気設備とメンテナンス/7.自家用高圧受電設備の試験
・マンションを100年持たせる再生シナリオ(実践編)/34.連結送水管の改修を考える
・現場ではたらくビル管INTERVIEW/105. 丸木 康寛(ららぽーと名古屋みなとアクルス/三井不動産ファシリティーズ・ウエスト)

参考価格: 1,650円

ビル・工場の設備を管理するエンジニアとマネージャのための専門誌

  • 2020/04/11
    発売号

  • 2020/03/11
    発売号

  • 2020/02/10
    発売号

  • 2020/01/11
    発売号

  • 2019/12/11
    発売号

  • 2019/11/11
    発売号

化学の所属カテゴリ一覧

キャンペーン&TOPICS

ご存知ですか?
Fujisan.co.jpにはお得なサービスが満載です!
定期購読とは
雑誌を毎号ご自宅へお届けします!初めての方500円割引♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌